ボディボード初心者におすすめ!道具の選び方と基本の乗り方を徹底解説!のイメージ

ボディボード初心者におすすめ!道具の選び方と基本の乗り方を徹底解説!

ボディボード初心者の方がボディボードを始める為に必要な道具のおすすめの選び方や初心者おすすめの波の選び方などを紹介していきます。この記事を読んでボディボードを始めたい!実際になってみようと思う方の参考になれば嬉しいです。

2018年10月17日更新

海風 萌花(うみかぜ もえか)
海風 萌花(うみかぜ もえか)
初めまして。海風 萌花(うみかぜ もえか)と申します。 私は旅行やガーデニングが大好きで特技を生かし、読んでいる方がわかりやすく、ちょっとした豆知識などをライティングできるよう心がけております。また、管理栄養士の資格を持っているので食に関する知識と経験に基づきライティングをさせて頂きます。 読んで下さる皆様に楽しんでもらえるような情報発信が出来たら嬉しいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ボディボードとは?
  2. ボディボードとサーフィンの違いは?
  3. ボディボード初心者におすすめの道具の選び方
  4. ボディボードに必要な道具①
  5. ボディボードに必要な道具②
  6. ボディボードに必要な道具③
  7. ボディボードに必要な道具④
  8. あると便利なグッズは?
  9. 実際にボディボードを楽しんでみましょう
  10. ボディボード、海でのマナー
  11. ボディボードの基本姿勢
  12. ボディボードの練習法
  13. ボディボードの基本的なキック
  14. ボディボードのテイクオフの仕方
  15. ボディボードで波に乗ろう
  16. ボディボードで簡単な技に挑戦!
  17. ボディボードのお手入れ方法は?
  18. まとめ

ボディボードとは?

ボディボードは1970年代にハワイ島で生まれたスポーツで、小型のボードに腹ばいになって波に乗るため、男性、女性と性別問わず安全に楽しめるのが魅力です。

mermaid_guysさんの投稿
32933168 1657027841077389 809183379143524352 n

ボディボードとサーフィンの違いは?

サーフィンは?

サーフィンはボードの上に立って乗り、波に乗るスポーツで、サーフィンボードについているフィンを使って推進します。ボードのサイズは160~190cmのショートボード、200~260cmのファンボード、274cm以上のロングボードがあり、安定感ではロングボードが良いです。

sayuriichkawaさんの投稿
13651980 1151057008295553 1713939681 n

サーフィンとの違い

サーフィンとの違いは長いボードの上に立って波に乗りますが、ボディーボードは短いボードに腹ばいになって乗り波を楽しむため、サーフィンより安全にマリンスポーツが楽しめるのです。推進力を得るためにフィンと言う足ひれを使って進みます。これを機会にボディボードを始めてみてはいかがでしょうか?

ボディボード初心者におすすめの道具の選び方

ボディボードを始めるにあたって、どんな道具が必要なのでしょうか?ボディボード関連用品も種類が多くて何を選んだらよいのかわからないと言う方もいらっしゃると思います。次からはボディボードに必要な道具とその選び方についてお伝えします。

umibouzu825471さんの投稿
30830204 513940572341927 6742016748163170304 n

ボディボードに必要な道具①

kumimiikuさんの投稿
11311548 869425403143564 281014417 n

必要な道具、ボディボードの種類と選び方

ボディボードに必要な道具はボードです。サーフィンとボディボードの違いはボードの長さです。サーフィンは身長より長いボードを使いますが、ボディボードは短いボードを使います。

初心者におすすめのボードの選び方のコツ①

初心者におすすめのボディボードの選び方のコツ①は、自分と平行に板を立てておへそくらいの長さの物で、腰骨にひじを当ててボードを掴んだ時にひじが90度に曲がるサイズの物が良いとされています。

初心者におすすめのボードの選び方のコツ②

初心者におすすめのボディボードの選び方のコツ②は、ボードのサイズです。ボードのサイズは体重も関係します。体重が重い人は1サイズ大きめの物を選ぶと浮力が安定し、しっかりテイクオフできます。

初心者におすすめのボードの選び方のコツ③

初心者におすすめのボードの選び方のコツ③は、ボードの形です。初心者はアウトラインがなだらかで、ワイデストポイントがわずかにノーズ寄りのものが良いとされています。

初心者におすすめのボードの選び方のコツ④

初心者におすすめのボードの選び方のコツ④は、ボードの素材です。素材によってボードの浮力が違ってきます。ポリプロピレンやポリエチレンなどの発砲素材が入っています。また、ビーズ状の素材が使われている物もあります。

ボディーボード PEボディーボード ブラック リーシュ付

PEコアを使用したボードに手首用リーシュコードがセットになったボードです。

Amazonで詳細を見る

ボードの価格は?

安い物は5000円から、高い物は50000円とボードのサイズや種類によって価格は異なっています。安いボードは壊れやすいのでショップ店員さんに色々聞きながら購入されると良いでしょう。

ボディボード初心者におすすめ!初心者セット

オシャレ可愛いボードでボディボード始めたいあなたへ♪身長165cm前後の初心者におススメ3点セット色はホワイト★フルーツ・ジューシー99cm

ボディボード専門店サンタートルさんが売り出している初心者セットです。素敵なデザインのボードやフィン、フィンソックス、リーシュコード、ボード用ニットケース、ワックスが揃う6点セットです。何を選んでいいのかわからない時はおすすめです。サンタートルさんでは体験スクールや初心者スクールも開催してるのでボディボードを続けていきたい人はショップで購入するといいでしょう。

楽天で詳細を見る

ショップの中には初心者向けセットを販売している所もあります。ショップの店員さんに聞いてみるのもいいでしょう。ボディボード初心者には心強いです。

ボディボードに必要な道具②

ryo_m_i_u_r_aさんの投稿
30601600 164531310901239 4645329326185644032 n

リーシュコードの種類と選び方

リーシュコードはボディボードと自分をつなぐ綱の事を言います。リーシュコードの種類はサーフィン用やスノーボード用があり、ボディボード用を必ず選びましょう。

リーシュコードの種類

リーシュコードの種類は二の腕に通すアーム用と、手首に通す手首用、アーム、手首兼用の3つの種類があります。

do_1173さんの投稿
28429468 301715550352597 8112997345865498624 n

初心者におすすめのリーシュコードの種類と違い

初心者におすすめのリーシュコードの種類と違い、選び方を紹介します。

アーム用リーシュコード

アーム用は波にまかれた時に外れてしまうというデメリットがありますが、バンドリングの際は邪魔になりません。

手首用リーシュコード

手首用リーシュコードはバンドリングする際に邪魔になるデメリットがありますが、波にまかれた時に外れる心配はありません。

アーム、手首兼用リーシュコード

アーム、手首兼用のリーシュコードを選べばどちらでも使え、その時のコンディションや波に合わせて使い分けできるのでおすすめです。

ボディボードに必要な道具③

liveinclover_bodyboardshopさんの投稿
30923388 807974632731121 7116341775282733056 n

ボディボードとサーフィンの違いはボディボードは自分の足にフィンと言う道具を付けてバタ足をしながら沖まで行く事に対し、サーフィンはサーフボードにフィンがついている事です。

郵送指定で送料無料−代引決済不可"ツールストゥールス(TOOLS)ボディーボード用ソフトフィンTLS BB FIN SOFT BODY BOARD FIN/オレンジイエロー"ボディーボードの選び方つけ方格安人気おすすめ必要取り付けカップ位置サーフィンのタイムセール

しなやかさ、瞬発力、耐久性に優れたボディボード用フィン。女性や初心者におすすめ。2色のデザインがきれいです。

楽天で詳細を見る

フィンの種類と選び方

ボディボードに必要な道具③はフィンです。自分の足に合ったサイズの物や肩さの物を選ぶ事が大切です。こちらではフィンの種類と選び方を紹介します。

初心者におすすめのフィンの種類と選び方①

初心者におすすめのフィンの種類と選び方①は、フィンの硬さです。硬めのフィンは足の負担は大きいですが推進力に優れ、柔らかめの物は足の負担が少ないので初心者や女性におすすめです。足に合った硬さのフィンを選びましょう。

初心者におすすめのフィンの種類と選び方②

初心者におすすめのフィンの種類と選び方②は、フィンの面積です。フィンの面積が広い物はゆったりとしたビーディングでも進みますが、小さいフィンは細かくビーディングをしないと推進力を得ることが出来ません。

フィンソックス

ツールス トゥールス(TOOLS) ボディーボード用フィンソックス BODY BOARD FIN SOX

ウエット素材のフィンソックス。フィンずれを予防できます。

楽天で詳細を見る

フィンのサイズが大きめの場合、フィンソックスで調整します。フィンソックスがあるとすれ防止になります。自分に合うサイズの物を選びましょう。

フィンテザース

caco_b_bさんの投稿
13126809 1630514443940517 1159747907 n

フィンやフィンソックスと足が離れないようにつなぐ道具です。波に乗った時にフィンをなくすことを防止します。

ボディボードに必要な道具④

初心者におすすめの道具その他①

初心者におすすめの道具その他①はニットケースです。ボードの移動時や保管時に直射日光を浴びて板が傷つくことから防ぎます。色々な形やデザインがありますが、ショップの店員さんと相談しながら選びましょう。

hitomi19825さんの投稿
15035619 1217578788312388 8603022534171951104 n

初心者におすすめの道具その他②

初心者におすすめの道具その他②はワックスです。ボードになる時に手や肘が滑らないようにワックスを塗ります。

keisuke_snapper_suzukiさんの投稿
29416605 1399062550239895 7935156047356887040 n

ワックスの種類と選び方

ワックスの種類は夏用と冬用があり、季節によってワックスの硬さが変わります。最初はサーフィン用でも大丈夫です。

ワックスの種類

●BASE(すべての季節で使える下塗りに使用)●COLD(主に冬用。水温15度以下の時に使用)●COOL(秋冬用。水温14~19度程度の時に使用)●WARM(春夏用。水温19~28度の時に使用)●TROPICAL(夏用。水温24度以上の時に使用)

初心者におすすめの道具その他③

初心者におすすめの道具その他③はウェットスーツです。寒い時期はウェットスーツを着て波乗りを楽しみます。波などからすれを予防します。ラッシュガードやサーフパンツなどで、すれを防止するのもおすすめです。自分に合うサイズの物を探しましょう。

liveinclover_bodyboardshopさんの投稿
34684363 1749197038496374 3288118393634291712 n

あると便利なグッズは?

honwakanailさんの投稿
32036989 480576145688256 2068585034347970560 n

ビーチサンダル

夏の暑い砂浜を歩く時に、やけどだけではなくけがからも守ってくれるビーチサンダルはあると便利です。

keemeeeeeeさんの投稿
32178558 184507652378331 1428637840706633728 n

日焼け止め

紫外線からお肌を守る必須アイテムです。水に強いウォータープルーフタイプがおすすめです。

artwarp_instaさんの投稿
19985432 123165248294259 4719057224415051776 n

タオル

着替えや濡れた体を拭く時にあると便利です。。ポンチョタイプや大きめの物を選ぶといいでしょう。頭からかぶって体を覆い、ウエットスーツに着替えたり、水着で波に乗って寒くなってきた時に羽織る事で体の冷えや日焼け防止にもなります。

実際にボディボードを楽しんでみましょう

ボディボードの道具が揃ったら早速海へ!この動画は各道具の装着方法や海でのマナー、基本視線や波の乗り方などがわかりやすく載っています。

ボディボード、海でのマナー

manami_katoさんの投稿
33960712 429812834112784 6777166064728932352 n

波に乗る時

●一つの波に一人だけにしましょう。1つの波に複数の人が載ってしまうと怪我の危険や事故の原因につながります●波のピークに一番近い人がその波の優先権を持っています。●ドロップインや前乗りでテイクオフし始めた人を邪魔しないようにしましょう。

ルールを破ってしまったら

●誤って相手の邪魔をしてしまったら「ごめんなさい」と大きな声で謝りましょう●自分だけが波に乗りすぎたりせず、譲り合いの気持ちを持ちましょう。

安全に注意する

●ボードが外れて、他の人に当たって怪我や事故の危険がないようにリーシュコードは必ずつけましょう●悪天候や高波の時は無理せず様子を見ましょう。

海でのマナー

●大勢で一度に海に入ったり、大勢で騒がないようにしましょう。●路上駐車やごみの持ち帰り、トイレをきれいに使い、海岸に来るすべての人が快適に過ごせるように心がけましょう。

ボディボードの基本姿勢

ボディボードの波乗りのコツは、正しい姿勢で乗ることです。この基本姿勢で正しい乗り方をすることができれば、上達もしやすいです。

do_1173さんの投稿
17663148 1753523888292636 2601053278452056064 n

基本姿勢のとり方

①ボードの上に腰から上半身を乗せるようにボードの中央に腹ばいになって肘を90度に曲げボードの前方を掴みます。この時、肘がボードからはみ出ないよう、ボードの幅が少し狭くなっている部分を掴みます。②足の付根をボードの1番前側のテール部分に合わせるように置きます。③胸を反らせながら、しっかり前を見ます。ボディボードとサーフィンの違いは立って乗るか横になって乗るかで違いが出ています。

m.y.39516さんの投稿
31711511 2069332473354950 712257765547966464 n

基本姿勢のコツ

普段は胸を反る事がなかなかないのでなかなか難しいと思いますが、胸を反らす事を意識し、肘がボードから出ていないか、足の付け根がボードに乗せられているかチェックしながら乗ってみましょう。また、イメージトレーニングも上達のコツになります。

ボディボードの練習法

liveinclover_bodyboardshopさんの投稿
30592822 162737231063568 8121568932357210112 n

まず、海へ入ろう

準備運動が済んでフィンとボードを装着したら海に入りましょう。フィンを付けているので歩きにくいため、海に入る時は後ろ向きに入ります。海に入ったらまずは足の着くところまで行きます。最初は浅瀬で練習して上達して来たら沖へ行きましょう。

スープ(白い波)に乗ってみよう

足の着くところまで行き、スープ(白い波の崩れたところ)が来たら板を持ってジャンプしてみましょう。その時、ボードの浮力を生かしてスープに乗ってみます。

スープの選び方

スープの選び方は、波が割れて白い泡が出ている身体を押されるくらいの強さの波が初心者の練習に向いています。ボードの浮力が使いやすい波です。

ボディボードの基本的なキック

liveinclover_bodyboardshopさんの投稿
29740428 393452914459978 6158469497389842432 n

キッキング(ビーディング)とは

キッキング(ビーディング)とは、サーフィンと違い、ボディボードで沖に出る際はボードの浮力を利用しながらフィンを上手に使い膝から下をしならせるように大きくバタバタと動かします。波に乗る時は小さく早く蹴り上げます。

ボディボードのテイクオフの仕方

hiroyukiseinoさんの投稿
31236779 1794140377295735 826848502322561024 n

テイクオフとは

テイクオフとはボードの浮力を利用して波に乗ります。サーフィンとの違いは、サーフィンは板に立った時のことを言うのに対してボディボードでは板が滑り始めた状態のことを指します。

波の来るところで基本姿勢でスープを待ち、波が来たら足をキッキングで早く動かしてみると水面を走るような感覚があればテイクオフできたという事になります。足の力とボードの浮力で波の力に押される感覚がつかめてましたか?

ボディボードで波に乗ろう

liveinclover_bodyboardshopさんの投稿
31326475 249951348884596 3708434669293797376 n

テイクオフの感覚がつかめてきたら本格的に波に乗ってみましょう。ボディボードはボードの浮力を利用して波の斜面を滑るのを楽しむマリンスポーツです。これから波の乗り方について説明します。

波のうねりに乗ろう

基本姿勢でボードの浮力に任せて波を待ちます。うねりが来る前にキッキングを始め、肘を伸ばしながら重心を前にかけていきます。コツはボードのノーズ(先端)を気持ち下に向けていき、波が来たら肘を90度に曲げ、体を反らせて波に乗りましょう。目線は進行方向です。

ボディボードで簡単な技に挑戦!

surfingsaruさんの投稿
33640371 172172376962453 8838416815353757696 n

基本姿勢やテイクオフの基本が掴めて来たらちょっとした技に挑戦してみましょう。

ボトムターン

陸に向かって波に乗り、動画のようにターンし、沖に向かって波を超えていきます。常に海面にボード面が接しており、浮力を使う事が大切です。スピード感のあるサイズの波を待ち、テイクオフしましょう。

スピン

波の上を回転するのがスピンです。波の進行方向に回るフォワードスピンは波の力も必要となります。強めのサイズの波に乗り、ボードの浮力と波の力を使ってスピンをしていきます。体重移動とバランスが重要な技です。

エルロロ

ボディボードを浮かせ、その浮力で空中を一回転する技です。波が崩れる手前でボードを当て波と一緒に回転します。その時は体の力を抜きましょう。

エルロロの基本その①

エルロロの基本その①は波の後ろに降りるまでターンの練習をします。これはプルアウトと言います。

エルロロの基本その②

エルロロの基本その②はタイミングを合わせる事です。①で練習したプルアウトのタイミングを遅らせていくとエルロロに近づきます。タイミングは波によって違います。繰り返す事でタイミングを掴んでいきましょう。

エルロロの基本その③

エルロロの基本その③は波のリップでの回転姿勢に慣らしていき、慣れてきたら力を入れて回転します。

ボディボードのお手入れ方法は?

htzdelightさんの投稿
13298223 619979171484315 2101641565 n

お手入れに必要な道具

ボードのお手入れに必要な道具は ●ドライヤー ●雑巾 です。

お手入れ方法①

ドライヤーの温風をボードのワックスを塗った面に当てる。この時遠くから温風を当てる事。ボードは熱に弱いので、熱い温風を長時間当てるのはやめましょう。

お手入れ法②

ワックスが溶けてきたら雑巾で溶けた部分を拭き取ります。①②を繰り返し、ノーズが終わったらボトムもお手入れしていきます。

tasumi07さんの投稿
33428188 209100579911272 5251120242649726976 n

お手入れの注意点

●リムーバーは使わないようにしましょう。ワックスと共にデッキ素材も溶けていき、ボードが痛む原因になります。●シャワールームで温水をかけない。温水に流したワックスが冷えて固まると排水溝や水道管に詰まって場合によっては修理が必要になります。

まとめ

sariohharaさんの投稿
34312520 216014242513360 9116599695337062400 n

いかがでしたか。ボディボードはサーフィンと違い安全にマリンスポーツが楽しめるので、男性女性性別問わず、子供や女性の間でも人気です。もしもボディボードに挑戦したくなったら、インターネットでボディボードスクールを検索して体験してみるといいかもしれません。ボディボードは全身を使うので、体感を鍛えて痩せることが出来ますよ。日常から離れて海で楽しく波に乗りましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ