防水デジカメの人気おすすめ12選!画質を徹底比較!アウトドアにはこれ!

防水デジカメの人気おすすめ12選!画質を徹底比較!アウトドアにはこれ!

最近ではデジカメの機能も進化して防水機能を持つ防水デジカメの機種も多くなり、水中での神秘的なシーンを撮影したり、水辺やプールで遊ぶお子さんを撮ったりその撮影範囲も広がっています。
今回は防水デジカメの持つべ機能や各メーカー毎の機種についてご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.防水デジカメの人気おすすめ12選!
  2. 2.防水デジカメを選ぶ時のポイント!
  3. 3.画素数やF値もチェック!
  4. 4.ズーム機能も重要!
  5. 5.手ブレ補正は有り?
  6. 6.Wi-fi機能付き?
  7. 7.GPS機能付き?
  8. 8.人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑫
  9. 9.人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑪
  10. 10.人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑩
  11. 11.人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑨
  12. 12.人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑧
  13. 13.人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑦
  14. 14.人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑥
  15. 15.人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑤
  16. 16.人気の防水デジカメ、おすすめランキング④
  17. 17.人気の防水デジカメ、おすすめランキング③
  18. 18.人気の防水デジカメ、おすすめランキング②
  19. 19.人気の防水デジカメ、おすすめランキング①
  20. 20.まとめ:

防水デジカメの人気おすすめ12選!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%BC-SONY-MPKURX100A-SYH-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0-MPK-URX100A/dp/B01M24KUT2/ref=pd_sbs_421_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=54H500V8KHN8907V9MMT

本格的な水の季節が到来するとダイビングやシュノーケリングで海に潜り神秘的な水中のシーンをデジカメで撮影して記録に残したい!また、プールや海辺で遊ぶ楽しげな子供達を撮影したい!アウトドアのキャンプやアクティビティなどを撮影中の急な雨でも耐える防水や防塵機能を持つタフなカメラ欲しい!などの声に応えるべく各カメラメーカーが防水機能付きのデジカメを市場に多数提供しています。 今回はそんな防水デジカメが持つべき機能や仕様に関して比較し、また各メーカーが開発・製造している防水デジカメのレパートリィーに関してランキング形式でご紹介していきます。

防水デジカメを選ぶ時のポイント!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%A1%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9-%E5%B0%8F%E5%9E%8B%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E5%B0%82%E7%94%A8%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E7%94%A8%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9-%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%81-%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%91%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%BA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA%E5%AF%BE%E5%BF%9C-Canon%E3%83%BBNikon%E3%83%BBSony%E3%83%BBOlympus%E3%83%BBFujifilm%E3%83%BBCasio%E3%83%BBPanasonic%E3%83%BBYashica%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%A1%E5%AF%BE%E5%BF%9C/dp/B079BH8K2D/ref=sr_1_8?s=electronics&ie=UTF8&qid=1524436086&sr=1-8&keywords=%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%A1

まずは防水デジカメを選ぶ時のポイントなどについてご説明していきます。

防水のタイプを確認!

出典: https://www.amazon.co.jp/IFLYING-KG003-2-7%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E6%B6%B2%E6%99%B6%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-%E6%B0%B4%E4%B8%AD%E6%92%AE%E5%BD%B1%E3%81%AB%E9%81%A9%E7%94%A8/dp/B072XMH1TL/ref=sr_1_3?s=electronics&ie=UTF8&qid=1524622152&sr=1-3&keywords=%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9

アウトドアの水辺や急な雨に降られた時、また水中での写真や動画の撮影には防水のデジカメが大いに役立ちます。この防水デジカメには防水の為のいくつかのタイプがありますので、まずそれを見ていきましょう。

1. カメラ自体が防水!

出典: https://www.amazon.co.jp/Panasonic-%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-LUMIX-%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC-DMC-FT1-S/dp/B001QXD0ZM/ref=sr_1_7?s=electronics&ie=UTF8&qid=1524436086&sr=1-7&keywords=%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%A1&th=1

デジカメ自体が最初から防水機能を持っている機種があります。但し防水可能な水深とか潜水時間は機種によってそれぞれ違いがありますので、事前に比較して確認しましょう。

2. 防水ハウジングを使う!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%A4%E3%83%8E%E3%83%B3-15-Canon-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9-WP-DC35/dp/B002LZU2FA/ref=sr_1_6?s=electronics&ie=UTF8&qid=1524436757&sr=1-6&keywords=%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0

カメラ自体は防水機能をもっていないので、そのカメラを防水ハウジングといういわば防水のケースで囲んでしまう方法です。 防水デジカメよりも機能の多い、高性能のデジカメを使って水中で撮影できるので、画像の品質も高くなってきます。防水ハウジングはカメラとピタッと合い隙間が生じない必要がある為、カメラのメーカーと同じ純正部品を購入すればまず問題ないでしょう。

3.スマホ用の防水カバーを使用!

出典: https://www.amazon.co.jp/Anker-%E5%AE%8C%E5%85%A8%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9-IPX8%E8%A6%8F%E6%A0%BC-%E3%80%90iPhone-%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96%E6%9C%80%E5%A4%A76%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%81%AB%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%80%91/dp/B01IUSRI8U/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&qid=1519356350&sr=8-5&keywords=%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%80%80%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9&linkCode=sl1&tag=masa101408-22&linkId=787680c9a20602c25b0fa5b72518e87e

最近では、多くの人がスマホを使用して写真や動画の撮影をしますが、そのスマホに防水機能を持たせるカバーがありこれを使用してスマホを防水カメラに仕立てる方法です。 価格も千円前後で入手できますので、これを持っていると水中撮影はもちろん、急な雨に見舞われた時などにも役立ちます。

4.防水アクションカムで撮影!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91-GoPro-%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-HERO5-CHDHX-502/dp/B0744RPSQG/ref=sr_1_5?s=electronics&ie=UTF8&qid=1524439555&sr=1-5&keywords=gopro+%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9

最近では小型・軽量で動画撮影に特化したアクションカムが人気となっています。アクションカムの代表的な製品としてのGoProアクションカムには最初から水深10mの防水機能が備わっており、自撮り棒やヘッドバンドに装着し、また自転車などへの取り付けてダイナミックな臨場感のある映像撮影が可能となります。 特にダイビングをして鮮明な水中撮影やアウトドアアクション、スポーツなどの動画撮影を主に撮影する時には有効な選択肢の一つになるカメラです。

画素数やF値もチェック!

画素数をチェック!

デジカメのカタログなどによく、「600万画素」とか「メガピクセル」なんという言葉を見かけますが、この「画素数」とはどういう意味なのでしょうか? デジカメラのレンズから入ってきた画像や映像は光となって、撮像素子という箇所で光の強弱の割合によってデジタルデータ(=ピクセル)に変換されます。このマス目の数、ピクセル(=画素数)は画質と関連し、この数が多いと画像の細かい点や微妙な色の変化を記録することができますので、画素数が多いほど「高画質」といわれる鮮明で綺麗な画質の写真や映像を残せます。

画素数の多少は画質と関係しデジカメの一応評価のポイントになりますが、最近のデジカメは技術革新でどの機種も撮像素子の高画素化が充分に進んでおり、通常の撮影をしている場合においては充分な画像素子を搭載していますので、画素数の多少に関してはそれ程神経質になる必要はな無くある水準の画質の撮影は可能となります。画素数が大きくなると価格も高くなる傾向にありますので、撮影状況や画質とのバランスで考えれば良いようです。

F値もポイント!

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B079LF6HYY?aaxitk=jL2q1GLZ5q8BI2FQ-Hkhng&pd_rd_i=B079LF6HYY&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_p=528112529&pd_rd_wg=8VSOy&pf_rd_r=B1C30KFPHDFHHQ5MHTVT&pf_rd_s=desktop-sx-top-slot&pf_rd_t=301&pd_rd_w=X9nZS&pf_rd_i=%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA&pd_rd_r=67c98f40-c36f-4bac-b51f-8f74b3a8c047&hsa_cr_id=6342116620703

F値というのはデジカメに搭載されてレンズの光を受ける明るさを表わすF1.8とかF2.0などの数値のことを指し、このF値が小さいほど明るい画質の写真が撮影できることになります。特に防水カメラなどで水中にダイビングして撮影をする場合に深度が深くなっていくほど周囲が暗くなることが多いので、明るく綺麗な画質の写真を撮影したい場合には、F値が小さい明るいレンズほど有利となります。 主に海でダイビングをして水中写真を撮影する場合にはこのF値が画質と関係しポイントとなりますので事前にチェックしましょう。

ズーム機能も重要!

出典: https://www.amazon.co.jp/CASIO-%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-EX-ZS210BE-%E6%89%8B%E3%83%96%E3%83%AC%E3%81%AB%E5%BC%B7%E3%81%84%E5%85%89%E5%AD%A612%E5%80%8D%E3%82%BA%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88/dp/B01CHI6Z4W/ref=sr_1_19?s=electronics&ie=UTF8&qid=1524613826&sr=1-19&keywords=%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%82%BA%E3%83%BC%E3%83%A0

デジカメのズーム機能には、「デジタルズーム」と「光学ズーム」の二つの方式があります。 ・「デジタルズーム」は、デジカメに内蔵されたセンサーが受けた映像をカメラ自体がズームで引き寄せるように画像処理で拡大する方式です。この方式ですと拡大した部分の画素が大きくなり画質が粗くなって画像の鮮明さを失うケースがあります。 ・「光学ズーム」方式は、デジカメに搭載されているレンズ自体が望遠鏡のような機能を持ちレンズで映像をズームで引き寄せ拡大します。従って「光学ズーム」方式の方が「デジタルズーム」に比較してより鮮明で繊細な画質の写真を撮影でき記録することができます。 デジカメには一般的に「光学ズーム」と「デジタルズーム」が併用されて使われていますが、「光学ズーム」の倍率の高いデジカメほどズームアップした時により高画質の画像となりますので、この値がチェックポイントとなります。

手ブレ補正は有り?

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E4%B8%80%E7%9C%BC%E3%83%AC%E3%83%95%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88-EF-S18-55mm-F3-5-5-6-KISSX8I-1855ISSTMLK/dp/B00T90G87G/ref=sr_1_3?s=electronics&ie=UTF8&qid=1524615264&sr=1-3&keywords=%E6%89%8B%E3%83%96%E3%83%AC%E8%A3%9C%E6%AD%A3%E4%BB%98%E3%81%8D%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%A1

鮮明で美しい画質の写真を撮影する時に欲しい機能が「手ブレ補正機能」です。特に遠くの被写体をズームアップする時とか暗い場所などで撮影するケースで発生しやすい手ブレによる画質への影響を減らしてくれる効果があります。 手ブレ補正機能には大きく「電子式」と「光学式」の2つの方式に分類できます。 ・「電子式」は、デジカメ自体の内部の画像処理で映像内のブレを修正する方式です。 ・「光学式」は、カメラのレンズやセンサーが作動して光の状態を察知してブレを軽減させる方式です。 一般的に「光学式」手ブレ補正機能の方が「電子式」よりも手ブレへの効果が高く、美しい画質の写真や映像を撮影できます。 防水カメラで暗い水中を撮影する場合などに高画質撮影に効果かある機能ですので、「手ブレ補正」の有無も要チェックです。

Wi-fi機能付き?

Wi-fi機能を持っているデジカメでは、スマホと連動して直接映像を転送したり、スマホ側から遠隔でシャッターを切ったりすることがきるようになるので便利な機能と言えます。写真を撮影してその場でスマホに転送しSNS等にアップして家族や友達とすぐに共有できるのて楽しく便利ですよね。 Wi-fi接続機能が無い場合はSDカード経由でパソコンなどに画像や映像を間接的に取り込む方式となります。

GPS機能付き?

デジカメにGPS機能が搭載されている場合には、その写真を撮影した場所の「位置情報」を画像に付加することができます。 この「位置情報」は後で写真をパソコンなどにアップして編集する場合に、その画像をどこの場所で撮影したのかその位置情報で分かるので、写真を整理する場合などに大変便利です!

人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑫

ここからは人気の防水デジカメの機種について機能やデザインを比較しながら、ランキング形式でご紹介していきます。

Nikon COOLPIX W100 防水デジカメ

ニコン Nikon 防水 耐衝撃デジカメ クールピクス COOLPIX W100 ブルー

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

このCOOLPIX W100は、メーカーであるニコンもお子さんでも簡単に使えるカメラとして強調しており、10メートルの防水性能に加えて、1.8メートルから落下させても耐える対衝撃性などを備え、頑丈な本体に加えてお子さんでも理解しやすい簡単な設定メニューなども搭載しています。また価格が安い所も大きなメリットとなっています。

出典: https://www.amazon.co.jp/Nikon-%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-COOLPIX-W100MR-%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%94%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/B01LWVAPAV/ref=sr_1_5?s=electronics&ie=UTF8&qid=1524530868&sr=1-5&keywords=%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%B3+COOLPIX+W100

また「SnapBridge」という、スマホと接続した時にカメラで撮影した映像を自動的に転送する機能が搭載されています。他のカメラでは手動でスマホに転送する機能はありますが自動転送してくれるのはこのデジカメのユニークな機能となっています。

【主な機能】

・防水:10m ・レンズF値 (広角側):f/3.3 ・ズーム倍率(光学式):3 ・対衝撃性:有 ・Wi-Fi機能:有 ・重量:177 g

人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑪

カシオ GZE 防水デジカメ

カシオ ウエアラブルカメラ ジーズアイ CASIO GZE-1 G’z EYE

楽天

防水・防塵、耐寒でアウトドアで活躍!

カシオ GZE-1は見るからにタフの固まりのような外観をしておりアウトドアに最適で、水深50mまで対応可能な防水性能は他カメラと比較しても群を抜いていますす。「G-SHOCK」を製造したメーカーらしく、とにかく耐久性を前面に出したカメラで、防水・防塵、衝撃や過酷な環境にも耐えられる性能を保有し特に過酷な環境のアウトドアで活躍します。

ただ背面にディスプレイが無いために、撮影する被写体をその場で映し出して映像を確認できないことはデメリットになるかもしれません。スマホと連動させることは可能ですが、ある程度の深度の水中では、スマホを防水ケーストに入れても限界が出てくる可能性もあります。

【主な機能】

防水性能 : 50m 有効画素数 : 690万 F値 : F2.8 焦点距離 : 13mm (35mm換算)のサーサイズ : 1/2.3 Wi-fi : 有 光学ズーム : 無 手ブレ補正 : 無 重量 : 340g

人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑩

Kenko 防水デジカメ DSC880DW

Kenko デュアルモニターデジタルカメラ DSC880DW IPX8相当防水 DSC880DW

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天12,000円

「ケンコー」は元々はレンズフィルターの開発・製造・販売をしている日本国内の最大手として知られているメーカーですが、レンズメーカーである「トキナー」と合併し、カメラや写真用品、光学関連製品を市場に出しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/Kenko-%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-DSC880DW-IPX8%E7%9B%B8%E5%BD%93%E9%98%B2%E6%B0%B4/dp/B00DS2Z5AM?SubscriptionId=AKIAJ5J74L77ATVX52HQ&tag=spacekey-yama-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00DS2Z5AM

そのケンコーが開発・製造した防水デジカメで、カメラ本体の両面にモニターを搭載したユニークなデザインとなっており、水中でダイビングしながら視認性の悪い場所でも簡単に自撮りが出来るところが特徴です。また動画の撮影も可能で価格も安いところも大きなメリットとなっています。

【主な機能】

・F値 (広角側):1.8 ・ズーム倍率:光学式 ・重量:129 g

人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑨

RICOH WG-40W

リコー タフネスカメラ ブルー WG-40W(1台)

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天22,800円

防水や耐寒、防塵性能でタフ! 価格も安い!

このRICOH WG-40Wは、14mの防水機能に加え、1.6mからの耐ショック性能、マイナス10度に対する対耐寒や防塵性能などタフさを備えたデジカメです。また握りやすいデザインやフォーカスの速度速さ、ストロボ使用時のセカンドシャッターの速さなど使い勝手が良いとユーザーの間でも好評です。

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B015R3X31C?tag=mybest_presses_439-22&th=1

小型で防水や防塵性能がウリで価格も安い!

またメニューの見やすさや本体についているボタンの大きさなど、見やすく扱いやすい点も評価されています。筐体全体も薄くて小さ目なので、アウトドアの撮影に持って行き易く、価格が安いところも人気になっています。

【主な機能】

・防水:14m ・耐衝撃:1.6m ・画素数:1600万画素 ・F値:F3.3~F5.5 ・手振れ補正:電子式

人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑧

FUJIFILM デジタルカメラ XP90 防水

FUJIFILM デジタルカメラ XP90 防水 ライム FX-XP90LM

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

機能と比較し安い!

このXP90は、色の再現が難しいと言われているダイビングによる水中撮影などのシーンでも、フジフィルムの高度な色彩再現技術力によって撮影者が見たままの水中のリアルなシーンを再現してくれます。従って水中での微妙な色彩や上からさす日の光、色の変化などリアル感のある被写体を画像や映像に納めたいという要求に応えてくれる防水カメラです。

出典: https://www.amazon.co.jp/FUJIFILM-%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-XP90-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC-FX-XP90BL/dp/B01AN86FXE%3Fpsc%3D1%26SubscriptionId%3DAKIAIRRCBO5OIHJ6PB5Q%26tag%3Drentio-jp-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB01AN86GLU?tag=mybest_presses_439-22&th=1

機能と比較し安い!

またWi-Fi機能も内蔵していますので、撮った写真をその場でスマホやタブレット端末にアップが可能で、またリモート撮影も簡単に出来て便利です。そしてこのカメラの一番のおすすめポイントは搭載されている機能が多彩なのに比較して価格が安いことです。

【主な機能】

防水深度 : 20m 画素数 : 1640万 F値 : F3.9-F4.9 焦点距離 : 28-140mm (35mm換算) センサーサイズ : 1/2.3 光学ズーム : 5倍 手ブレ補正 : 光学式 Wi-fi : 有 重量 : 186g

人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑦

Nikon デジタルカメラ S33

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B00TEY2MFY?tag=mybest_presses_439-22

防水、防塵、耐衝撃がウリ!

このNikonの防水デジカメ S33は、水深10mの防水設計や1.5mから落としても耐える対衝撃性能、及び防塵性能も備えていますので、ダイビングでの水中撮影、アウトドア・アクティビティとしての水辺のバーベキューやキャンプなどで撮影するのにピッタリでのデジカメです。またレンズの周りが窪んでいるデザインなので、カメラを構えた時にレンズの周りに指がかからず、映像への手の映り込みを防いでくれます。

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B00TEY2MFY?tag=mybest_presses_439-22

防水、防塵、耐衝撃でアウトドアにピッタリ!

さらに撮影方法もひらがな表示に切り替えられ、また分かりやすいイラストアイコンで説明されるので、お子さんや初めての方でも簡単に使えるなど随所に気配りがされている親切設計となっています。 さらに撮影後の映像は、例えば好きな色だけを残してあとは白黒にしたり、色々な装飾模様を追加できるなど加工・編集機能も楽しめる優れものデジカメです。

【主な機能】

・防水:10m ・防塵:保護等級6 ・耐衝撃:1.5m ・画素数:1317万画素 ・F値:W3.3~F5.9 ・手振れ補正:電子式(動画)

Nikon デジタルカメラ S33

人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑥

OLYMPUS STYLUS TG-870 Tough

OLYMPUS コンパクトデジタルカメラ STYLUS TG-870 Tough ホワイト 防水性能15m 180°可動式液晶 TG-870 WHT

Amazon
楽天

このOLYMPUSのSTYLUS TG-870 Toughは、全般に高水準の画素数や・耐衝撃性、防水性能に優れた機種です。また180度前面回転が可能なチルト式液晶画面など自撮りや、ツーショットなどの時に便利な機能です。

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B01BL2PXCK?tag=mybest_presses_439-22&th=1

またWi-f機能やGPS機能の搭載、21㎜の広角レンズ装着などオプションが豊富なところもメリットになっています。 機能面や使い勝手など全体的に非常にバランスのとれたカメラですので、ダイビングや水中撮影はもとより、室内、アウトドア撮影など様々なシーンで活躍するデジカメとなるでしょう。

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B01BL2PXCK?tag=mybest_presses_439-22&th=1

【主な機能】

・防水:15m ・防塵:保護等級6 ・耐衝撃:2.1m ・画素数:1600万画素 ・F値:F3.5~F5.7 ・手振れ補正:光学式(CMOSシフト方式)

OLYMPUS STYLUS TG-870 Tough

人気の防水デジカメ、おすすめランキング⑤

出典: https://www.amazon.co.jp/Canon-%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-Power-%E5%85%89%E5%AD%A65%E5%80%8D%E3%82%BA%E3%83%BC%E3%83%A0-PSD30/dp/B00IDVSPTQ/ref=sr_1_1?s=electronics&ie=UTF8&qid=1524443209&sr=1-1&keywords=%E3%82%AD%E3%83%A4%E3%83%8E%E3%83%B3+PowerShotD30

機能と比較し安い!

このCanon Power Shot D30は、25メートルまでの防水性能がありこのクラスでのカメラとしてはトップクラスの深度に対応しています。水中をかなりの深度までダイビングするようなケースでは頼りになるデジカメとなりますね。 ただレンズの明るさが開放F値で3.9とやや低めなので、水深が深く光が届かないような水中のシーンでは画像や映像もやや暗くなることも想定される点も考慮しておきましょう。

出典: https://www.amazon.co.jp/Canon-%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-Power-%E5%85%89%E5%AD%A65%E5%80%8D%E3%82%BA%E3%83%BC%E3%83%A0-PSD30/dp/B00IDVSPTQ/ref=sr_1_1?s=electronics&ie=UTF8&qid=1524443209&sr=1-1&keywords=%E3%82%AD%E3%83%A4%E3%83%8E%E3%83%B3+PowerShotD30

安い価格も魅力!

また防塵性やマイナス10度の耐寒性能、2.0mからの耐衝撃性能も備えているタフさも強い味方で、機能比較してリーズナブルな安い価格も魅力のポイントになっています。

【主な機能】

防水性能 : 25m防水 有効画素数 : 1210万 F値 : F3.9-F4.8 焦点距離 : 28-140mm (35mm換算) センサーサイズ : 1/2.3 光学ズーム : 5倍 手ブレ補正 : 光学式 GPS : 有 重量 : 218g

Canon デジタルカメラ Power Shot D30

人気の防水デジカメ、おすすめランキング④

富士フィルム FinePix XP120

富士フイルム デジタルカメラ FinePix XP120 FX-XP120Y イエロー 防水 防塵

楽天

このXP130はフジフィルムの最新バージョンとして登場した防水カメラで、水深が従来の15mから20mまで深くなっており、水中の色彩も原色に近い色を再現し、深い水中の神秘的なシーンを見たまま映像として記録してくれますのでダイビングなどで活躍します。また画像の綺麗さでは多くのユーザーが満足のコメントを残しています。

フジフィルム FinePix XP130 ホワイト デジタルカメラ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天21,928円

また水深20mの防水性能に加え、マイナス10℃の耐寒性能、1.75mからの耐衝撃、そして防塵性と4つのタフさを備えた機種で様々なアウトドア・アクテビティで活躍する頼りになるデジカメです。

【主な機能】

防水性能 : 20m 画素数 : 1640万 F値 : F3.9-F4.9 焦点距離 : 28-140mm (35mm換算) センサーサイズ : 1/2.3 GPS : 無 Wi-fi : 有 光学ズーム : 5倍 手ブレ補正 : 光学式 重量 : 209 g

富士フイルム デジタルカメラ XP130

人気の防水デジカメ、おすすめランキング③

RICOH 防水デジカメ「 WG-50」

リコー WG-50 ブラック

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

機能と比較し安い!

このRICOH WG-50防水デジカメは、当社独自開発の屋外向けの画面が明るい「アウトドアモニター」を採用していますので、屋外で使用する際にも見やすく、撮影の被写体をはっきり液晶上に確認することができ大変便利です。また光学式の5倍ズームにより離れた場所の被写体もズームアップして鮮明に撮影ができます。

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B072J97HT2?tag=mybest_presses_439-22

多彩な機能と比較し価格も安い!

また、一般的にダイビングして水中撮影をする時には青い色が強調されてしまうことが多いですが、このカメラでは極力この現象を抑え水中の風景も自然な色彩で撮影することが可能になっています。さらに一度のシャッターで、フラッシュ・オンとオフの状態の2枚を同時に撮影してくれますので、撮りたかった瞬間を失敗が少なく撮れる点も便利でユニークな機能ですね。 さらにマクロ撮影機能により、自然界の虫や草花などの繊細な被写体もより鮮明に近接撮影ができますので、アウトドア・ワークの現場でも大いに活躍します。

【主な機能】

・防水:14m ・防塵:保護等級6 ・耐衝撃:1.6m ・画素数:1600万画素 ・F値:W3.5~F5.5 ・手振れ補正:電子式/動画 電子式(Movie SR)

人気の防水デジカメ、おすすめランキング②

Nikon 防水デジカメ COOLPIX AW130

出典: https://www.amazon.co.jp/Nikon-デジタルカメラ-COOLPIX-AW130-カムフラージュグリーン/dp/B00TEY2WGS%3Fpsc%3D1%26SubscriptionId%3DAKIAIRRCBO5OIHJ6PB5Q%26tag%3Drentio-jp-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%

水深30メートルのダイビングシーン撮影が可能!

ニコンも防水カメラの市場では、オリンパスと並んで多くのシェアを持つメーカーとなっています。 このCOOLPIX W300は、防水ハウジング無しでカメラ自体が水深30メートルまでの他社と比較してもトップクラスの防水機能を持っている優れたカメラです。その為深い海のダイビングシーンの撮影に活躍するでしょう。性能としても4Kの高画質動画が撮影でき、光学5倍ズームの採用により水中の魚や人物のアップ撮影にも威力を発揮します。他にも耐衝撃性や耐寒性・防塵性も装備していますのでまさにアウトドアの使用にピッタリのカメラです。

出典: https://www.amazon.co.jp/Nikon-%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-COOLPIX-AW130-%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3/dp/B00TEY2W3Q%3Fpsc%3D1%26SubscriptionId%3DAKIAIRRCBO5OIHJ6PB5Q%26tag%3Drentio-jp-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00TEY2VOG?tag=mybest_presses_439-22&th=1

機能に比較し安いと評判!

さらに小型ながらWifi、GPS機能の搭載など高いレベルでまとめたバランスの良い仕上がりのカメラとなっており、搭載されている多彩な機能に比較して価格も安いと好評です。 またAndroid4.0以降のスマホと連動もできるので、撮影した画像を簡単にSNSなどにその場でアップできる機能も楽しめます。

【主な機能】

防水震度 : 30m 画素数 : 1605万 F値 : F2.8-F4.9 焦点距離 : 24-120mm (35mm換算) センサーサイズ : 1/2.3 光学ズーム : 5倍 手ブレ補正 : 光学式/電子式 GPS : 有 Wi-fi : 有 重量 : 231g

人気の防水デジカメ、おすすめランキング①

OLYMPUS 防水デジカメ Tough TG-5

TG-5-RED オリンパス デジタルカメラ「Tough TG-5」(レッド)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

このオリンパスのTG-4 Toughは、水深15mまでの撮影に対応している防水機能や防塵性能、また2.1mという耐衝撃性を備えたタフなカメラです。レンズの明るさもF2.0となっており、やや暗いダイビングの現場撮影でも鮮明な画像・映像の撮影が可能となります。機能的にもオールラウンドをカバーする優れた性能の価格も安いおすすめの防水デジカメです。

出典: https://www.amazon.co.jp/OLYMPUS-Tough-TG-5-1200%E4%B8%87%E7%94%BB%E7%B4%A0CMOS-100kgf%E8%80%90%E8%8D%B7%E9%87%8D/dp/B0725HSJ1W/ref=sr_1_4?s=electronics&ie=UTF8&qid=1524451231&sr=1-4&keywords=OLYMPUS+%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9+Tough+TG-5

暗いダイビング現場でも明るいレンズが活躍!

またこのカメラは、被写体にぎりぎり迄近づいてより細部まで撮影可能なマクロ(=顕微鏡)モードが搭載されており、海中の生物や自然で遭遇する小さな昆虫や花など、自然のままにより繊細で鮮明な画像を撮影することができます。 さらにスマホ用のアプリ「OLYMPUS Image Share」と連携する事により、写真撮影時のデータをスマホと共有できるので、写真をSNSにアップしたり後からの写真の編集や整理の時など大変役立ちます。

【主な機能】

・防水:15m、 ・防塵、耐衝撃:2.1m ・耐低温-10℃に加え、耐結露にも対応 ・有効画素数 : 1600万 ・光学4倍ズーム ・レンズの明るさ:F2.0-F4.9 ・CMOSイメージセンサー

まとめ:

出典: https://www.amazon.co.jp/IFLYING-%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-2-7%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81LCD%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3-%E6%B0%B4%E4%B8%AD10m-%E6%B0%B4%E4%B8%AD%E6%92%AE%E5%BD%B1%E3%81%AB%E9%81%A9%E7%94%A8/dp/B0721XZ67W/ref=sr_1_9?s=electronics&ie=UTF8&qid=1524622152&sr=1-9&keywords=%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9

防水デジカメの機能の比較や人気のランキングに付いてご紹介してきましたが、いかがでしたか? 防水デジカメと一言で言っても、各カメラの機種ごとやメーカー毎に比較してもその機能やデザイン、特徴など大きく違っていますね。 防水機能の他にも防塵や耐衝撃機能も持つタフをウリにしている機種や、画素の多さで綺麗な画質や画像を特徴にしている機種など、購入する場合も選択肢が多くなっています。そん中からあなたに相応しい防水デジカメを見付けてください。

fumiyama
ライター

fumiyama

旅行が好きで時間を作って旅行をするようにしています。これまで南半球の国々やヨーロッパ、南北アメリカなど訪れており、観光地巡りも興味ありますが、地元の何気ない場所で思いがけない心に残る風景に出会った時に、旅行の本当の良さを感じています。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking