Twitter
Facebook
LINE

「アブラソコムツ」は食べると危険?消化できない脂の正体と生態に迫る!

riockdododoto

「アブラソコムツ」は食べると危険?消化できない脂の正体と生態に迫る!

riockdododoto

アブラソコムツと呼ばれる魚はご存じでない方が多いでしょう。実は、かなり美味であるという反面、食べ方や刺身などの料理でどうこうできない消化できない脂が含まれている知っていないと危険な魚なのです。今回はアブラソコムツの食べてみた方の意見など含め詳しくまとめました。



アブラソコムツってどんな魚?

深海魚アブラソコムツとは?

アブラソコムツという魚をご存知でしょうか。あまりなじみのない魚かと思います。なにしろこの魚は深海魚であり、なかなかわれわれの目に届く場所に出回ることも少ないです。サイズは1メートル以上、最大でも150センチを超えることもあるようです。体色は、黒茶っぽい色が特徴で、名前の通りムツと同じ様な顔立ちです。とはいえ、実はムツとはスズキ目、深海魚である店以外は接点があまりなく、縁も遠い存在です。そんなアブラソコムツについて詳しくお話させていただきます。

アブラソコムツの生態について

アブラソコムツの基本的な生態情報について

アブラソコムツという深海魚はスズキ目サバ亜目クロタチカマス科アブラソコムツ属に該当する海水魚になります。世界中の温熱帯の海域の水深数百メートルと深い海に潜んでいる深海魚です。かなり豪快な動きが特徴で、体に油を有しているところからoilfishとも呼ばれています。

アブラソコムツの主な生息地域と呼び名



アブラソコムツはどこに生息?

水深巣百メートルの世界中の深海に潜むといわれているとお話しさせていただきましたが、この話は、もちろん、日本も例外ではありません。主に生息しているのが確認されている地域は、大陸棚縁辺の深海、相模湾から土佐湾にかけての太平洋沿岸の深海などがあげられています。その他、沖縄地方や静岡近辺でも確認されたことがあるということです。日本の近くでは、台湾南部の深海でも確認されたという情報もあります。

各地域ごとに呼び名も変わる?

魚の呼び名は地域ごとに代わるものが多いですが、この珍しい深海魚であるアブラソコムツも例外ではありません。沖縄地方では、インガンダルマ、インガンダラメ、イングワンタルミなどと呼ばれ、静岡県ではサットウ等とも呼ばれています。別名として呼ばれているのは、目にされる、食される地域になっていますね。それだけでも、どこにでもいるというわけではないというのがわかっていただけるでしょう。



アブラソコムツの釣り方について

深海魚アブラソコムツの釣り方はどんなもの?

アブラソコムツは、深海へのルアーフィッシングで親しまれている魚の一種となっています。主にメタルジグなどで狙うことになりますね。このアブラソコムツのルアーフィッシングは、豪快なあたり、引きが癖になって、病みつきになると一部の根強いファンの釣り人たちからの支持を受けています。他の船での釣りとは、また一味違った引きを楽しんで見たいという方たちには、是非、一度狙っていただきたい魚種の一つになるかと思われます。

アブラソコムツは食べられるの?

食べて大丈夫?アブラソコムツは食べられるのか?

アブラソコムツは、味として美味で上質な肉質の魚であるといわれています。正直、食べることに関しては可能です。またわかりやすく味を例えるのであれば、みんな大好きな寿司ネタでもある、本マグロの大トロ並みのぷりっぷりの柔らかな触感が格別です。お刺身などの食べ方で味も上質でたべられる。じゃあ、いいじゃないかと思われる方も多いかもしれませんが、実は、この魚、いろいろと問題がある魚なのです。その問題についてはこの後、お話ししていきましょう。

アブラソコムツに含まれるワックスエステルとは?

ワックスエステルとは何か?

実は、このアブラソコムツには、ワックスエステルとよばれる脂が含まれます。まずは、ワックスエステルについてお話しさせていただきます。ワックスエステルとは、簡単に言えば蝋(ワックス)の化学用語に当たります。このワックスエステルは、アブラソコムツにとっての栄養源、浮力調節用とエネルギー貯蔵を兼ねているものだとと考えられているそうです。

ワックスエステルは独特な脂である!

このワックスエステルと呼ばれる脂は、通常の魚が持っている脂とは、ひと味もふた味も違うやや面倒な脂なのです。細かくワックスエステルの攻勢を説明するよりも、おそらくわかりやすく結論を言ってしまうのがよさそうですね。このワックスエステルは、人間では消化できないという成分なのです。それの拠っての害は、次の項目で説明させていただきますが、つまりは、食べることはできる。ですが、脂部分はワックスエステルなので、消化できないということになるのです。恐ろしいですよね。

アブラソコムツを食べるうえでの注意点

アブラソコムツの食に関する注意点を3つご紹介!

アブラソコムツを食べる上での注意点を3つに分けてご紹介します。この注意点は、食べ方が刺身であろうとどんな料理であろうと変わりません。アブラソコムツをどんな食べ方であれ食べたいとお考えの方は、是非、注意してご覧ください。

アブラソコムツの脂は消化できない!どうなるのか?

先ほども触れたアブラソコムツの料理、特にお刺身などの食べ方で食べた場合、どうなるかという検証結果をお話しします。アブラソコムツの脂は、人体では分解できないということは、先ほどお話ししましたが、どうなるのか。答えは、簡単で、その脂が体内を分解されないまま流れ、そのまま脂の状態でお尻から出るてくるという気味の悪い現象が起こります。とはいえ、料理にしておいしい魚なので、リスクを恐れずに食べる人も多いようです。

食べすぎの下痢などの害について

このアブラソコムツ、脂の垂れ流し問題は当たり前ですが、それとは違った害もあるのです。これは、ワックスエステルに限ることではないのですが、脂分の過剰摂取は、やはり下痢や腹痛につながります。もっと言うとアブラソコムツは、消化できない脂なので、下痢などの症状の出やすさは、言うまでもないでしょうね。おいしさはわかりますが、下痢、腹痛までの暴食は控えましょう。

とある実験では皮脂漏症が発症する場合があるとの話

とある研究で、ラットでの実験にて、この脂の過剰摂取によって、下痢の症状はもちろんのこと、それ以外の症状が現れていました。皮膚から脂がしみだしてくる皮脂漏症と呼ばれる症状が起きて、なんと一週間程度で命を落としてしまったということです。現状、人間での死亡の報告例はないとはいえ、無視できない情報です。下痢も怖いですが、命を落とすことになるのは避けたいはずです。絶対に摂取量の調整はしておきましょう。

アブラソコムツの缶詰料理は気を付けよう!

海外のホワイトツナと呼ばれる缶詰料理に注意を!

ツナいうと、マグロというイメージがあるでしょう。ライトフレークでも、悪くともカツオに収まります。海外、特にアメリカでは、ホワイト綱と呼ばれる食品に使われているのが、なんとアブラソコムツであるという情報がでています。日本人の方は、何も知らずに食べてしまい、脂が抜けず、出てしまったり、下痢につながるような被害をうけることも割と多いようです。その辺りはきっちり注意が必要ですね。

番外編 海外のすし店でも一層の注意を!

近年、海外では日本食がブームとなり、さまざまな飲食店が店舗拡大、海外進出を手掛けています。そんな中、海外の人たちが日本食を売り出そうということで、海外独自の日本食店も増えてきています。中でもお寿司屋さん。こちらに注意してください。こちらでも、アブラソコムツをマグロと偽って刺身やお寿司で出しているという話は出ています。それも、かなり多くに被害が出ているようなので、是非、海外での食事の際には、ご注意ください。

アブラソコムツの食べてみたレポートが話題に!?

ワックスエステルの害を検証?食レポをご紹介!

実際、食べ方や料理云々の話ではなく、消化できない脂を使った美味な食材であるという点が注目されているようです。おいしさの確認と本当に脂は消化されずに出てくるのかなどの食べてみた結果を食レポとして行っているチャレンジャー精神の方が、近年、割と増えてきているようですね。下記に2つリンクを載せておきますので、ご覧ください。

アブラソコムツの決壊に抗ってみたが無理でした | ざざむし。
尻から油が漏れることで悪評高いホワイトツナことアブラソコムツを釣ってきました。 日本では食品衛生法で販売が禁止されているが、アメリカで寿司の大トロとしてかなり出回っていて問題になったアレです。 一応、タックルはモンキスのMX-8(生産終了)...
【尻からワックスだだ漏れ】バラムツとアブラソコムツを刺身とソテーで食べてみた【お食事中注意】|hakase|note
Facebookにて 「【珍魚】第2回!深海魚バラムツ&アブラソコムツ食べて尻からワックス」 への招待が届きました と非常に魅力的な招待をもらったので、バラムツとアブラソコムツを試食する会に参加してみた。 食ったらアウトな魚であることはもちろん知っていたが、魚マニア歴20年の自分としてはまず食べてみたいと思ってしまう。 毒と言われる魚を食べてみたい好奇心と、お尻からワックスというリスクを冒すなんてという人としての尊厳を天秤にかけてみたのですが。 無駄な抵抗でした。 バラムツ アブラソコムツ 見た目はほぼ一緒ですが、バラムツは「薔薇鯥」というだけあっ

アブラソコムツと同じ成分を持つ深海魚がいる!?

ワックスエステルを持つ魚は深海には多い!?

実は、アブラソコムツと同じように、消化できない脂、ワックスエステルを体内に含んでいる深海魚は結構な種類のものがいるようです。その中でも3種類をご紹介させていただきます。

①バラムツ

アブラソコムツと同じようなフォルムのバラムツもワックスエステル、消化できない脂を持つ魚です。バラムツの特徴は、感じで薔薇鯥と書かれるように、バラのように鋭い棘を持っているのが特徴です。アブラソコムツと同じような海域に生息し、同じくスポーツフィッシングとして楽しまれるターゲットの1つに相当します。どちらにせよ下痢など避けるためにも、食べる量は控えましょう。

②オオメマトウダイ

これまた珍しいオオメマトウダイと呼ばれる深海魚です。マトウダイ系のワックスエステルをもった魚種は、他にもヒョウマトウダイやクロマトウダイなどが存在します。基本的になかなか取れない上に、食べる機会、料理する機会もほぼほぼないと思われるので、あまり気にせずともよさそうです。食べてみたらどんな味がするのかはやや気にあんりますね。

③クジラ(ハクジラなど)

実はクジラにもアブラソコムツと同じく、消化できない脂、ワックスエステルを持っている個体がいます。クジラには、鯨油とよばれるクジラの肉から採取される脂があるのですが、この成分はクジラによって変わります。主に言われているのは、イルカやシャチなどを含むハクジラ類に持っているものが多いという情報はでております。鯨肉は刺身やベーコンなどの食べ方で食べるのもありますが、出回っているものは、少なくともハクジラのものではないので、問題ないでしょう。

アブラソコムツは販売停止になっていた!?

市場には出回らない!安心して大丈夫?

ここまでお話しすれば、アブラソコムツに含まれる消化できない脂、ワックスエステルでの問題があるという理由で、販売が取りやめられているんだなと予想がつくかと思われます。日本では、1981年に販売禁止されてしまったため市場に出回ることは、金輪際ありません。故に目につかず、最近の方はどのような被害がでるのかを知らないでしょうね。加えて、アブラソコムツの加工品販売で逮捕されたというニュースもあります。興味のある方は、下のリンクをご覧ください。

アブラソコムツ事件の内容

アブラソコムツの食は自己責任!

市場では出回らなくなっているので、現在、入手するには漁、または釣りでということになります。食べてみたいという意欲がわく魚であることもわかりますし、興味に惹かれるのもわかりますが、あくまでそれは自己責任です。中には食べて公開されている方も多くいらっしゃるようです。もし、食べてみたいと思っている方々には、以下のリンクの方々の意見を見たうえで、再度一考してみてください。

バラムツとアブラソコムツで人生を台無しにしかけました:野食ハンマープライス的 自然毒のリスクプロファイル②
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○茸本朗 初の単著「野食のススメ -東京自給自足生活-」が発売されました!!購入へのリンクはこちらの画像をクリック!リアル書店でも、紀伊国屋さま、丸善さま
“サケ”食べ尻から油止まらず、レストランが有害深海魚を偽装して提供か。

アブラソコムツは注意したうえで食べよう!

アブラソコムツを食べるときは細心の注意を!

いかがでしたでしょうか。過去に問題もあったアブラソコムツは、食べ方や刺身などの生職を控える料理法を変えたところで、どうしてもワックスエステルの消化はできないことはお判りいただけたかと思います。現在、流通はなくなった魚種なので、釣ったものを食すぐらいでした口にすることはありません。リスクもありますが、味は絶品です。自己責任になりますので、理解したうえで、食べてみたらどうでしょうか。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

過去イチ使いやすいおすすめタックルボックスが決定しました。

提供:GAMAKATSU PTE LTD ★今回紹介した製品はコチラ★ 【がまかつ(Gamakatsu) LUXXE タックルバック ハードRH シアンxグレー LE-401】 https://www...

【棒針編み】初心者の方向け!棒針編みの作り目の方法を解説✨How to make knitting needles

今回は「棒針の作り目」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 糸のかけ方 作品の時は出来上がり寸法の3倍の長さに糸を引き出しておきます。 (ここ...

【かぎ針編み】初心者の方向け!鎖編みで円・輪の作り目を作る方法を解説✨How to knit a circle with crochet chains

今回は「鎖編みの円形の作り目(カギ針)」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 鎖編みの動画はこちら↓ https://youtu.be/lqs...

グランデージ アトラス100HH【開封の儀】

新型グランデージアトラス先行実釣インプレッション!【4K】 https://youtu.be/nRc29B9tL0A 詳細情報解禁!新作グランデージアトラス試投インプレッション! https://y...

【2021年釣具大セール!】コルトスナイパーが激安!いや、安すぎる!

★ナチュラム祭 公式ページ★ https://www.naturum.co.jp/sale/top/211203_nfes/?ref=topcarousel_d_pc ・20ソルティガ 14000-...