最高級ブランド「ヒルバーグ」のおすすめテント12選!その魅力を徹底解剖!のイメージ

最高級ブランド「ヒルバーグ」のおすすめテント12選!その魅力を徹底解剖!

今回はその機能性やデザインが高く評価されているヒルバーグ製のおすすめテントをご紹介していきます!ヒルバーグのテントはレーベルごとに活用できるシーズンやその使い方も異なりますので、こちらをご参考にして自分の使用用途を考慮して検討してみてくださいね!

2020年03月03日更新

hanashin
hanashin
これからアウトドアを本格的に始める方やアウトドア上級者にも分かりやすい記事をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ヒルバーグとは
  2. ヒルバーグの各レーベルの特徴は?
  3. 機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント12選
  4. ブラックレーベルのおすすめ3商品ご紹介!
  5. 機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.1
  6. 機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.2
  7. 機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.3
  8. レッドレーベルのおすすめ3商品ご紹介!
  9. 機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.1
  10. 機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.2
  11. 機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.3
  12. イエローレーベルのおすすめ3商品ご紹介!
  13. 機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.1
  14. 機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.2
  15. 機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.3
  16. ブルーレーベルのおすすめ3商品ご紹介!
  17. 機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.1
  18. 機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.2
  19. 機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.3
  20. ヒルバーグのテントは快適にくつろぐ事が出来ます!

ヒルバーグとは

bosskanzyさんの投稿
26385742 1989003468092225 6854613537780662272 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

ヒルバーグの歴史は1971年に遡ります。当時森林管理官をしていたボーヒルバーグによって設立されたヒルバーグ社は創業当時には森林機器関連を扱うメーカーであって、アウトドア愛好者でもあったボーヒルバーグにとってテント製造の事業は副業でありましたが、その後縫製技術に優れた妻と共同して本格的に事業を拡大し現在に至ります。

arata000さんの投稿
23734214 1759775284041060 3941864045887356928 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

機能性やデザイン性に特化したテントを様々生み出していて、アウトドア愛好者からの評価も高いヒルバーグ製テントは幅広い環境下で活用する事が出来ますので人気があります。

ヒルバーグの各レーベルの特徴は?

ブラックレーベルの特徴

swarm_kingさんの投稿
14309794 1778895205664073 1115065130 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

ブラックレーベルに属しているテントはオールシーズン活用する事が出来る多様性に優れたテントです。春〜夏〜秋〜冬にかけて環境を選ばず実用的に使用する事が出来るテントで、耐久性に優れています。また設営も簡単な事からテント初心者の方にも扱いやすいテントのレーベルで、厳寒な過酷な環境にも耐えうるテントが多数あります。シーズン関係なくテントを使用したい方はブラックレーベルのテントが最適です。

レッドレーベルの特徴

kokopapa0405さんの投稿
13413349 1142070269189519 1675733065 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

レッドレーベルに属するテントは過酷な環境下で使用する事がない方向けに作られたテントが揃っています。雨や風に晒される事のない環境下や森の中でのバーベキューなどには最適の仕様のテントが豊富です。極寒地での使用や登山などにはあまり向かないテントですが、強風には耐久性を強く使用する事ができます。

イエローレーベルの特徴

fujii_kanameさんの投稿
20905687 1102761676524133 5513903465853616128 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

イエローレーベルに属するテントは軽量性を重視して作られています。また穏やかな環境や雪の降らない時期を考えて、メッシュパネルを搭載したテントとなっています。夏のむしむしとした環境下においても通気性よく快適に過ごせる設計となっているテントです。

go_meetさんの投稿
14533733 1421291788177963 9111521403315683328 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

過酷な環境での使用などには向かず、どちらかというと安全な地形でのキャンプなどに最適のテントが揃っております。強度は比較的高いですが設計自体は軽量な素材作られていますので持ち運びに便利なテントが多いのも特徴の一つです。ですが風が強い高地での使用には向きませんので注意してください。

ブルーレーベルの特徴

bosskanzyさんの投稿
27582312 458328924582365 5455330797814808576 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

ブルーレーベルに属するテントは通気性や快適性や軽量製などの幅広い機能性からそれぞれの使用用途に合わせて作られたテントが多く属しています。それぞれの使用用途に特化した機能を持っていますので信頼して使用する事が出来ます。

機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント12選

a5tommyさんの投稿
25016542 205161970054955 3223640669549494272 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

今回はヒルバーグ製テントの中でもシーズン通して使える評価の高いテントや、使用用途に応じて機能性に特化した評価の高いテントなど様々なテントをご紹介します!是非検討してアウトドアシーンで活用してみてくださいね!

ブラックレーベルのおすすめ3商品ご紹介!

swarm_kingさんの投稿
13437331 703491443122201 752167181 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

ここからは評価の高いブラックレーベルのおすすめテントをご紹介しますのでご参考にしてみてくださいね!

機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.1

ブラックレーベル|ケロン4

ブラックレーベル|ケロン4

サイズ |収納サイズ / 23 × 56cm スペック |付属品 / アルミポール〈10mm〉 328cm × 3本,ペグ〈Yペグ〉 × 18本,スタッフバッグ,ポールバッグ,ペ グバッグ,スペアーポールセクション,リペアスリーブ 重量 |最小重量(総重量 / 3.4kg〈4.1kg〉 収容人数 |4人用テント

詳細はこちら

ヒルバーグ製ブラックレーベルのケロン4は内部スペースが広めに確保されているテントで、最大で4人が入る事ができます。頑丈で堅牢な作りのテントで、耐久性と耐風性共に優れています。アウトドア好きの方々からも人気があるテントで実用的なテントなので山岳救助隊や軍の特殊部隊にも使用されています。

おすすめポイントは?

出典: http://www.hilleberg.jp

比較的軽量な設計となっていますので持ち運びもしやすいのも特徴です。入り口が二つ搭載されていて、設営も簡単なので扱いやすいのも人気の理由です。極寒の環境下でも快適にくつろぐ事が出来るように考えられたテントで、幅広いアウトドアシーンで活用する事ができます。

機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.2

ブラックレーベル|ナマッジ2

ブラックレーベル|ナマッジ2

スペック |付属品 / アルミポール〈10mm〉293cm × 2本,ペグ〈Yペグ〉 × 18本,スタッフバッグ,ポールバッグ,ペグバッグ,スペアポールセクション,リペアスリーブ 重量 |最小重量(総重量〉 / 2.3kg〈3.0kg〉 収容人数 |2人用テント

詳細はこちら

ヒルバーグ製ブラックレーベルのナマッジ2はコンパクトなサイズ感の二人用のテントになります。高地環境や低地環境のどちらにも対応する事が出来るテントで便利に活用する事が出来ます。頑丈で堅牢な作りなのでオールシーズン使用する事が出来るテントです。

おすすめポイントは?

出典: http://www.hilleberg.jp

過酷な環境下にも強い耐久性を備えている事から安心して仕様する事ができます。プロの登山家の方々も十分満足出来る性能を誇るテントです。また軽量なテントなので、登山やキャンプ時になるべく荷物の重量を減らして持ち運びたいという方に最適のテントです。ツーリングや二人でのキャンプ時におすすめのテントです。

機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.3

ブラックレーベル|スタイカ

ブラックレーベル|スタイカ

サイズ |収納サイズ / 23 × 52cm スペック |付属品 / アルミポール〈10mm〉387cm × 3本,ペグ〈Yペグ〉 × 16本,スタッフバッグ,ポールバッグ,ペグバッグ,スペアポールセクション,リペアスリーブ 重量 |最小重量〈総重量〉 / 3.4kg〈4kg〉 収容人数 |2人用テント

詳細はこちら

ヒルバーグ製ブラックレーベルのスタイカは、通常のテントと比較してもシンプルなデザインが特徴的です。設営もテントを設営した事のない初心者の方でも簡単に出来ます。

おすすめポイントは?

出典: http://www.hilleberg.jp

スタイカのテント内部は広々としたスペースが確保されていて、快適にくつろぐ事ができます。キャンプや登山に持ち運びしやすいように軽量設計で作られていますので荷物の重量を減らす事が出来ますのでおすすめです。使用するシーズンや環境下関係なく使用する事が出来ますのでお一つ所持していれば長く愛用する事が出来るテントです。

レッドレーベルのおすすめ3商品ご紹介!

穏やかな環境向けに作られているおすすめのレッドレーベルのテントをご紹介していきます!参考にしてみてくださいね!

機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.1

レッドレーベル|ウナ

レッドレーベル|ウナ

サイズ |室内最大高 / 100cm フロア広さ / 2.5㎡ 収納サイズ / 15 × 50cm スペック |付属品 / アルミポール〈9mm〉,387cm × 2本,ペグ〈Vペグ〉 × 12本,スタッフバッグ,ポールバッグ,ペグバッグ,スペアポールセクション,リペアスリーブ 重量 |最小重量(総重量〉 / 2kg〈2.2kg〉 収容人数 |ソロテント

詳細はこちら

ヒルバーグ製レッドレーベルのウナは、重量わずか2kgと軽量なので、持ち運びもしやすいソロテントになります。ソロキャンプやソロツーリング時などに活用する事が出来るテントとして人気があります。完全な自立型のテントで幅広いシーンで設営して使用する事が出来る利便性も備わっています。

おすすめポイントは?

出典: http://www.hilleberg.jp

ウナテントの内部は人一人が十分くつろぐ事が出来るスペースがしっかりと確保されています。ドーム型のテントなので積雪や雨なども下部へと流れていきますので急な雨にも対応してくれます。毎日テントを設営して使う方に最適なテントです。設営も簡単で持ち運び時も軽量なので、テントの重量によって体に負担がかかる事もなく快適に歩行する事が出来ます。

機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.2

レッドレーベル|ソウロ

レッドレーベル|ソウロ

サイズ |収納サイズ / 19.5 × 53cm スペック |付属品 / アルミポール〈9mm〉344cm × 2本,285cm × 1本,ペグ〈Vペグ〉 × 12本,スタッフバッグ,ポールバッグ,ペグバッグ,スペアポールセクション,リペアスリーブ 重量 |最小重量〈総重量〉 / 2kg〈2.4kg〉 収容人数 |ソロテント

詳細はこちら

ヒルバーグ製レッドレーベルのソウロは軽量感抜群な上に堅牢な作りで丈夫なテントですのでオールシーズン活用する事が出来ます。ソウロを開発した担当者はその丈夫さから、どのような旅にも適応して使用出来る万能なテントと確証を得ました。

おすすめポイントは?

出典: http://www.hilleberg.jp

コンパクトなサイズ感で重量もわずか2kgと軽量なテントなので持ち運びにも便利です。スキー登山家にも高い積雪耐久性が評価されているテントで、雨や雪の降る環境下においても耐久性を発揮してくれますので安心して使用する事が出来るテントです。

機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.3

レッドレーベル|アクト

レッドレーベル|アクト

サイズ |室内最大高 / 90cm フロア広さ / 1.7㎡ 前室広さ / 0.8㎡ 収納サイズ / 16.5 × 52cm スペック |付属品 / アルミポール〈9mm〉293cm × 1本,ペグ〈Vペグ〉 × 10本,スタッフバッグ,ポールバッグ,ペグバッグ,スペアポールセクション,リペアスリーブ 重量 |最小重量(総重量〉 / 1.3kg〈1.7kg〉 収容人数 |ソロテント

詳細はこちら

ヒルバーグ製レッドレーベルのアクトは重量わずか1.3kg程しかない軽量感抜群のソロテントになります。アクトはヒルバーグが1995年に販売した当時からそのフォルムや設計がほとんど変わっていないテントです。ワンポールテントなので設営もしやすく持ち運びに便利なテントです。

おすすめポイントは?

出典: http://www.hilleberg.jp

テント内部も十分な居住空間が確保されていますのでくつろぐ事ができます。バックパッカーが容易に持ち運びする事が出来て、荷物の重量を感じる事なく旅を楽しむ事ができます。多数のアウトドア愛好者からその機能性を高く評価されているテントです。イエローレーベルのソロテントであるエナンテントのモデルとなったテントでその高い機能性や耐久性によってオールシーズン使用できるテントです。

イエローレーベルのおすすめ3商品ご紹介!

yudge_nkyさんの投稿
29092935 186992725252031 6989864016436789248 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

軽量感たっぷりのイエローレーベルのテントをご紹介していきます!是非キャンプで活用してみてくださいね!

機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.1

イエローレーベル|アンヤン3.0 3

イエローレーベル|アンヤン3.0 3

スペック |付属品 / アルミポール(9mm〉328cm × 1本,285cm × 1本,ペグ(YペグUL〉12本,スタッフバッグ,ポールバッグ,ペグバッグ,スペアポールセクション,リペアスリーブ 重量 |最小重量(総重量〉 / 1.6kg(1.9kg〉 収容人数 |3人用テント

詳細はこちら

ヒルバーグ製イエローレーベルのアンヤン3.03は、積雪の少ない時期のアウトドア活動時に重宝して使用出来るよう作られた軽量設計のテントになります。耐久性と防風性に優れているテントで、試験開発中の耐風試験でも何の影響もなく立っていた堅牢な作りが特徴のテントになります。

おすすめポイントは?

出典: http://www.hilleberg.jp

三人用テントながら重量はわずか1.6kgと持ち運びにも便利です。室内は広々としていますのでご家族でのキャンプにも最適なテントです。インナーテントは全面メッシュのドアが搭載されてありますので通気性よく快適に過ごす事が可能です。雨も効率的に下部へと流れてくれるドーム型のテントなので雨天時も安心して使用出来ます。評価も高いので是非検討してみてくださいね。

機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.2

イエローレーベル|エナン

イエローレーベル|エナン

スペック|付属品 / アルミポール〈9mm〉293cm × 1本,ペグ〈Vペグ〉 × 8本,スタッフバッグ,ポールバッグ,ペグバッグ,スペアポールセクション,リペアスリーブ 重量|最小重量〈総重量〉 / 970g〈1.2kg〉 収容人数|ソロテント

詳細はこちら

ヒルバーグ製イエローレーベルのエナンはレッドレーベルもアクトが進化したモデルとなっています。アクトにも採用したワンポール設計を採用して、更にアウターテントに軽量な素材を活用していますので重量は960gと超軽量設計のソロテントに仕上がっています。

おすすめポイントは?

出典: http://www.hilleberg.jp

インナーテントのドア部分は全面メッシュで作られていますので通気性よくテント内部へと風が行き渡り快適に過ごす事が出来るテントとなっています。設営も初心者にでも簡単に組み立てる事が出来るソロテントで、持ち運びのしやすさからアウトドア愛好者の方からも高い評価を得ていて人気のソロテントとなっています。雨天時のアウトドアシーンでも高い耐久性を発揮して頑丈な構造のテントで3シーズン活用できますのでおすすめです。

機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.3

イエローレーベル|ルーガン2.0

イエローレーベル|ルーガン2.0

スペック|付属品 / アルミポール〈 9mm〉377cm × 2本,127cm × 1本,ペグ〈 YペグUL〉 × 12本,スタッフバッグ,ポールバッグ,ペグバッグ,スペアポールセクション,リペアスリーブ 重量|最小重量〈 総重量〉 / 1.8kg〈 2.1kg〉 収容人数|2人用テント

詳細はこちら

ヒルバーグ製のイエローレーベルのルーガン2.0は積雪のないシーズン以外で便利に活用する事が出来るドーム型のテントになります。二人用テントなのでツーリングの際にも適しています。アウターテントは地面へと完全に設置しないようになっているカテナリーパターンの設計となっていますのでテント室内へと通気性を持たせるようになっています。

おすすめポイントは?

出典: http://www.hilleberg.jp

インナーテントのドア部分はフルメッシュとなっていますので、空気が室内へと流れ込み快適にくつろぐ事が出来るよう設計されています。川辺のキャンプや登山時など幅広いシーンで便利に使用する事が出来る事からも高い評価を得ていて人気のテントです。

ブルーレーベルのおすすめ3商品ご紹介!

colorclassic3さんの投稿
14540647 529262430610820 2339812828975726592 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

ここからは堅牢な設計のブルーレーベルのテントをご紹介していきますので参考にしてみてくださいね!

機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.1

ブルーレーベル|スタロンXL

ブルーレーベル|スタロンXL

スペック|付属品 / アルミポール〈17mm〉720cm × 5本,ペグ〈Xペグ〉 × 40本,スタッフバッグ〈バックパックタイプ〉,ポールバッグ,ペグバッグ,スペアポールセクション,リペアスリーブ 重量|重量20.7kg 収容人数|グループテント

詳細はこちら

ヒルバーグ製ブルーレーベルのスタロンXLは大型サイズの高級グループテントになります。オールシーズン使用する環境下に関係なく活用する事が出来るテントです。設営の容易さからも評価を得ているグループテントで、天候の条件によりますが天気が良い日は一人での設営も可能です。

おすすめポイントは?

こちらのスタロンXLは幅広い使い方が魅力的です。救助隊の医療ステーションや野外宿舎など山岳活動に関連する全ての方々が便利に活用する事が出来るよう設計されています。テント内部は最大で14人が横たわる事が出来る広さです。通気口もありますのでテント内部が効率的に換気されている状態を保つ事ができ、快適に過ごす事が出来ます。

機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.2

ブルーレーベル|アトラス

ブルーレーベル|アトラス

スペック|付属品 / アルミポール〈 17mm〉768cm × 2,668 × 2,620cm × 1,212cm × 1〈9mm〉,ペグ〈 Yペグ〉 × 20本 重量|アトラス本体 基本重量 / 10.5kg 収容人数|グループテント

詳細はこちら

ヒルバーグ製ブルーレーベルのアトラスは軽量でかつ設営も容易にする事が出来るグループテントになります。テント内部は最大で6〜8名が眠る事が出来るスペースが確保されています。

おすすめポイントは?

出典: http://www.hilleberg.jp

広めの居住空間を確保出来る事から登山探検家から大規模な山岳グループに至るまで便利に活用する事が出来ますのでおすすめです。ドーム型の形状をしているグループテントなので雨や雪などが下部へと流れていくよう設計されていますので悪天候時も安心して使用する事が出来るテントとなっています。

機能性抜群!おすすめのヒルバーグ製テント.3

ブルーレーベル|アルタイ UL(ウルトラライト)

ブルーレーベル|アルタイ UL(ウルトラライト)

サイズ|収納サイズ / 25 × 52cm スペック|付属品 / アルミセンターポール〈 19.5mm〉186~214cm〈 調節可能〉 × 1本,アルミサイドポール〈 13mm〉135cm × 8本,ペグ〈 Yペグ〉 × 16 本,スタッフバッグ,ポールバッグ,ペグバッグ,スペアポールセクション,リペアスリーブ 重量|最小重量〈 総重量〉 / 2.2kg〈4.1kg〉 収容人数|グループテント

詳細はこちら

ヒルバーグ製ブルーレーベルのアルタイUL(ウルトラライト)は大型サイズで遊牧民が移動して居住する住居を参考に作られているテントです。テントは高さがありますので人が容易に立ち上がれます。広々としたスペースなので最大で6人程が横たわる事が出来ます。

おすすめポイントは?

堅牢な生地でもある「Kerion2000」を活用して作られていますので、過酷な環境下においても耐久性を発揮してくれますので安心して使用出来て、サイドパネルを巻き上げればテント内を換気する事も出来ますので快適にくつろぐ事が可能です。グループキャンプや大家族でのキャンプなど幅広く使用用途がありますので便利なテントです。居心地抜群で評価も高いグループテントなのでおすすめです。

ヒルバーグのテントは快適にくつろぐ事が出来ます!

colorclassic3さんの投稿
25006184 784089038430751 91461238374006784 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

いかがでしたでしょうか?各レーベルからシーズン通して使えるテントや、機能性の充実したテントなど様々ご紹介してきました。どれもテント室内は広々とスペースが確保されてくつろぐ事が出来ますのでおすすめです。是非テントを購入してアウトドアシーンで使用してみてくださいね!

ヒルバーグの関連記事一覧

Thumb小川キャンパルの人気テント&タープ12選!気になる評判・口コミもご紹介!
小川キャンバルのおすすめテントとタープをご紹介しています!...

こちらの記事もご参考にしてみてアウトドアシーンに活用してみてくださいね!

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ