Twitter
Facebook
LINE

四輪バギーの人気おすすめ8選!購入前に気になる免許や選び方も解説!

tryyua

四輪バギーの人気おすすめ8選!購入前に気になる免許や選び方も解説!

tryyua

四輪バギーの人気おすすめ8選です。四輪バギーの紹介や、乗るために必要な条件なども紹介します。免許は必要なのか、ヘルメット着用義務はどうか、などにも触れ、選び方も紹介します。自分に合った四輪バギーを見つけられるようになりましょう。



はじめに

タイヤが4つ付いていてハンドルもついている乗り物、それが四輪バギーです。二輪のバギーもありますが、ここでは四輪バギー(そしてバギーそのもの)の紹介、楽しいところやおすすめ・人気の四輪バギーを紹介していきます。

公道は走れるのか、免許やヘルメット着用の義務(義務の有無にかかわらずヘルメット着用はより良いです)、走行方法などをお伝えしていきます。

バギーとは

4輪の乗り物、またの名をATV

バギーはタイヤが4つ付いている車のような4輪の乗り物です。英語ではATV(All Terrain Vehicle)と呼ばれています。terrainとは日本で「地域」や「地形」という意味です。そのことから、ATVは、「すべての地形で走れる乗り物」という意味になります。

全地形対応車、という名称が一般的です。乗車定員は1-2名となっています。

ベースはオートバイ



四輪バギーのベースはオートバイとなっています。そのため見た目は車に似ていてタイヤが4本付いていますが、ハンドルは車のステアリングホイールのように丸くなく、バイクのハンドルバーのような形をしています。ハンドルだけでなくシート(乗車部)もバイクのようになっています。

車というよりはバイクを延長した四輪の乗り物と考えるほうがわかりやすいです。ヘルメット着用義務は無く、バイクの免許も必要ありませんが、走行スタイルもバイクを乗っているかのようです。

どんな地形でも走れる



四輪バギーの写真を見て察しやすいですが、四輪バギーはあらゆる地形を走破することが可能です。雪道やオフロード、道交法で定められた場所でしか走ることはできませんが(後述)、地形環境に負けない力強い走りをできるのがユーザーを魅了し、人気が出る理由でもあります。

バギーの楽しいところ

ツーリングに行ける

バギーの楽しところはツーリングに行けるところです。バギーに乗って一人走行でツーリングでも良いですし、友人・知人を集めて走行すれば、ツーリング・旅の思い出となること間違いなしです。旅行先でレンタルバギーに乗ってツーリングすることは、実は人気なレジャーの1つでもあるのです。

自然を満喫できる

より自然を感じながら運転できることもバギーの楽しみの1つです。バイクのようにはいきませんが、体で風や泥、香り(臭い)に太陽を感じながら走り回ることができます。

バイクは二輪ということもあって運転に不安な方も多いですが、四輪バギーならタイヤが4つ付いていて普段運転する車と似ているので安心して運転できるのでおすすめです。

運転しやすい

基本的にオートマチックトランスミッション(AT)の免許があれば道路交通法上、公道を運転できることになっています。近年マニュアルトランスミッションでの免許取得者が減少していますが、オートマ限定の方でも運転ができて楽しめるのが四輪バギーなのです。

ヒールアンドトゥーをしなくても、ダブルクラッチをしなくても、オフロードを楽しむことができます。

バギーに乗る前に知っておくことその1

排気量50㏄のバギーは公道走行が可能

エンジンの排気量50㏄以下で、かつ保安装置を装備しているバギーなら、公道を走ることが可能です。言い方を変えると、50㏄より大きいバギーを公道で運転することはできないという意味になります。

第1種原付自転車ミニカー(水色ナンバー)という名前で登録されることから、登録は原付と同じです。しかし、道路交通法では四輪バギーは普通自動車として取り扱われるのです。バギーを乗るうえで50㏄というのは重要になります、覚えておきましょう。

バギーに乗る前に知っておくことその1

ヘルメット・車検はいらない

50㏄のバギーは道路交通法上は普通自動車で、公道での二人乗りはできません。しかし、ミニカー扱いとなるので車検を取得する必要はありません。さらに、50㏄の原付とは異なり、ヘルメットの着用義務もありません。

つまり公道でバギーを運転する際にヘルメットを被らずに走ってもお咎めなしということです。このように、普通自動車と原付を足して2で割ったようなものが四輪バギーなのです。

四輪バギーの選び方

選び方その1:価格で決める

選び方の基本として、予算にあったバイクを選ぶようにしましょう。四輪バギーの価格は、新車で購入できるものだと、約140,000円くらいのものがあります(送料含まない)。中古バギーだと、国産のもので300,000~400,000円ほどのものがあったりなど、価格帯は様々です。

現在国内メーカーすべてが四輪バギーの生産を中止しています、そのため国内メーカーのものを入手するには中古を購入するか逆輸入するかの2方法しかありません。

選び方その2:排気量で決める

選び方その2は排気量による選び方です。

50㏄という排気量が(公道を走る)目安となる四輪バギー、バギーの移動に専用車両を使う方は50㏄以上の排気量のバギーにする選び方も良いですが

専用の移動車両が無いは50㏄以下の四輪バギーを購入して公道を走行できるようにすると不便がなく良いでしょう。使い方に応じて選び方を検討するのがおすすめです。

おすすめ四輪バギー①

公道を走れる50㏄バギー

1つ目に紹介するおすすめの四輪バギーはICEBEAR四輪バギー50ccATV整備済車両です。排気量50㏄のバギーのため所定の手続きを終えれば公道を走ることができます。免許を持っている方で、日ごろからバギーの運転をしたい方におすすめの1台です。安全性向上のためヘルメットの着用を推奨します。

ナンバー登録用書類が無料で付いてくる

この50㏄バギーを購入すると無料でナンバー登録用書類が付属されます。購入者は所定の手続き、具体的には自賠責保険を取得して車両登録を行うこと、これを行えばすぐ乗り出しできるのです。整備済車両のメリットでしょう。

おすすめ四輪バギー②

排気量50㏄の四輪バギー

2つ目に紹介するおすすめの人気四輪バギーはICEBEAR四輪バギー50ccATV整備済車両です。プロの整備士が整備した整備済車両になりますので、自賠責保険の加入や車両登録を行えばそのまま乗り始めることができます。

50㏄バギーで公道を走行したい方に人気のバイクです。公道を走る際は、任意ですがヘルメットの着用を心掛けましょう。

ナンバー登録用書類を無料発行してくれる

1つ目に紹介したおすすめの四輪バギーと同様、このバギーにもナンバー登録用書類が無料発行されます。整備を生業としているプロによって整備されたバギーに加えて書類まで無料で発行してくれる配慮は素晴らしいです。初めてバギーを購入する方や全てお任せしたい方におすすめする選び方が可能な1台です。

おすすめ四輪バギー③

ミニカー登録可能な50㏄で公道走行も可能

3つ目に紹介するおすすめバギーは四輪油圧ディスク/DF/50CCバギーX1212W黒です。こちらも50㏄のバギーです、所定の手続きを行えば公道走行をすることができます。運送に専用車両も必要ないので扱いやすいバギーです。

アルミデザインがかっこいい

アルミパーツが一部使われているのがこのバギーの特徴の1つです。8本スポークのアルミホイールに膨張室付きエキバイWステンレス製マフラーなど、バギーでありながら高級感を醸し出すようなデザインとなっています。

オフロードを強気で攻めるバギーも良いけど少し高級感があるバギーが欲しい、そんな方におすすめの人気の一台になります。

おすすめ四輪バギー④

出典: https://item.rakuten.co.jp/icebear/hl50bw/

50㏄の四輪バギー

4つ目に紹介する人気のおすすめの四輪バギーはICEBEAR四輪バギー50ccATV整備済車両です。このバギーも同様に排気量50㏄となっています。50㏄のためミニカー扱いとなり、公道での走行が可能です(当然ですが普通自動車免許が必要です)

普段使いや趣味で公道を走りたい方におすすめします。

前進1速ギアにバック付き

前進に使用するギアは1速、そしてバックギアも付属しています。シフトチェンジも必要なく余裕をもって走行することができるだけでなく後退が必要な場合にはバックギアを使えるので乗り回しが良いです。公道走行で乗り回したい方におすすめする人気のバギーです。

おすすめ四輪バギー⑤

5つ目に紹介するおすすめの人気バギーは最新大口径6インチ仕様!50ccMINI 四輪バギーです。50㏄以上のため公道での走行はできません。しかしミニバンに積載できるほどのサイズですので、クローズドの専用道路へ持っていけば免許がなくても走行できます。

4万円で買えるバギー

価格は税込 32,184円とかなり安いバギーです。これなら試しに購入してみようと思える価格です。人気のあるバギーを試してみたい方におすすめする1台です。

おすすめ四輪バギー⑥

最高速度45㎞/時

6つ目に紹介するおすすめの人気四輪バギーは50ccMINI 四輪バギー トリプルサス仕様です。公道走行できませんが、ミニバンに積めるサイズで最高速度45㎞/時です。専用道路で十分楽しめます。

重量33㎏

重量はたったの33㎏となっています。ミニサイズのため軽量であるとわかりやすいですが。女性でも取り扱いやすいコンパクトサイズかつ軽さです。

おすすめ四輪バギー⑦

12歳から乗れるバギー

7つ目に紹介するおすすめの人気四輪バギーは充電式電動ミニ四輪バギーライト付きです。12歳以上を対象としたバギーのため家族で走行を楽しむこともできます。しかし、乗用玩具のバギーとなるため、公道での走行はできません。

充電式バギー

7時間から8時間の充電で走れる電動バギーということもこのバギーの特徴です。1回あたり7・8時間の充電で15㎞前後走行することが可能なバギーとなっています。

おすすめ四輪バギー⑧

8つ目に紹介するおすすめの人気四輪バギーはSTREAK 50 ATVです。台湾製のバギーで、公道走行も可能なタイプになります。ヘルメットを被ってより安全に公道走行を楽しみましょう。普通免許が必要です。

デジタルメーターに抜群の安定性

メーターにはデジタルメーターが採用されています。数字も大きく速度の確認がしやすくなっています。また、ホイールベースは1100㎜に設計されていることもあり抜群の安定性です。男性・女性、共に運転しやすくなっています。

まとめ

普通免許を持っていればヘルメットを被らなくても公道走行をできるのが四輪バギーです。しかし、排気量や玩具用かどうかなどの違いで、種類によっては専用道路での走行のみのバギーもあります。免許の有無や自身の使い方にあった選び方をして、ヘルメットを被って安全にバギーを楽しみましょう。

Movie動画記事

予算1万円設定でキャンプ道具揃えてキャンプやってみたらヤバかった

キャンプ道具と言えば1つ1万円を超えるものも沢山ありますが、今回はキャンプ道具全部合わせて1万円以内というルールでキャンプしてみました! 結論としては、不可能ではないのですが、やはり不足感はあるといっ...

賃貸・借家でもOKのキャンプギア収納壁を作ってみた

憧れのキャンプギア棚を作るべく、ラブリコとディアウォールで柱を立てて、有孔ボードのギア壁を作りました!水性塗料を塗るところから設置するところまで撮影していますので、参考になれば幸いです! ラブリコの...

新型ジムニーで1週間車中泊生活してみたら想像以上に辛かった…

1日だけなら車中泊は楽勝ですが、もしも7日間連続で車中泊をするとどうなるのか?2ヵ月前に届いた新型ジムニーでやってみました! 結果、超辛かったのでもうやりません…。 【初心者から始める毎日キャンプ生...

キャンプ初心者に「好きなだけギア買ってきて!」と伝えてみたらこうなった…

「今日中ならキャンプギア買い放題です!」と暮らしーの編集部から言われ、急いでワークマンとゼビオに行って爆買いしてきました! ですが、本当にそんなにギアが必要なのかと考えてしまい、意外と大量に買えずに終...

デカカツオHIT!!!!! #shorts

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉