Twitter
Facebook
LINE

エアーマットのおすすめ10選!人気商品を徹底比較!ランキング形式で紹介!

水城たんぽぽ

エアーマットのおすすめ10選!人気商品を徹底比較!ランキング形式で紹介!

水城たんぽぽ

エアーマットレスとは?

アウトドアに必須の寝具

そもそもエアーマットレスと言っても、キャンプやアウトドアに今まであまり馴染みが無かった人には今一つ伝わりにくいかと思います。エアーマットレスというのはベッドマットの一種で、キャンプなどで寝る時に寝袋の下に敷くことでテント内の寝心地を確保するアイテムのことですね。

ベッドマットには他にもいくつかの種類がありますが、エアーマットレスは空気を入れて膨らませることでマットの形になるタイプを指します。

コンパクトで値段もおてごろ

エアーマットレスの特徴として種類を問わずに挙げられるのは「軽量かつコンパクトであること」と「価格が比較的リーズナブルであること」ですね。

特に収納に関しては使わない時には空気を抜いてしまえば小さく折り畳むことができるので、他のタイプのベッドマットと比較しても収納スペースがかなり小さく済みます。

価格も安い物であれば数千円から売られているので、あまり財布に余裕のない人でも気軽に購入しやすいためキャンプ経験者からは評判なんですよ。

耐久性には要注意!

軽量・コンパクト・お手頃価格と良い所づくめなエアーマットレスですが、使用者からの口コミを見ていると目立つ注意点が1つ。それが耐久値についての問題です。

そもそもが「空気を入れて膨らませる」という使い方をするものなので他のベッドマットと比較するとどうしても耐久性は見劣りしてしまいます。

一度穴が空いてしまうと修復は困難であるため、エアーマットレスの寿命は基本的に2~3年くらいと言われていますね。安価なものでもあるので、購入する場合は消耗品としてある程度割り切った使い方をした方が良いでしょう。

エアーマットレスの選び方・その1

サイズと重量

エアーマットレスそのものが軽量なものばかりではありますが、実際に購入する際にはそのサイズを購入前にちゃんと見ておくようにしましょう。

特にアウトドア目的で購入するのなら、あまり大型の物を選んでしまうと買ってから後悔してしまうこともあるので要チェックです。

例えばバイクツーリングなど、あまり荷物を多く持てない時のことを考えると、寝心地が良くても大きすぎるエアーマットはむしろ非推奨と言えるでしょう。使用するテントにもよりますが、アウトドアで使うならシングルサイズの物に絞って探したほうがいいですね。

エアーマットレスの選び方・その2



耐久性能

先ほども注意点として述べたように、エアーマットレスというのは耐久性についてどうしても注意が必要なアイテムです。

特にアウトドアで持ち歩く場合はテントの設営場所から注意しないとすぐに傷がついたり、最悪の場合には穴が空いて使い物にならなくなることも珍しくはないので気を付けましょう。

一度きりのアウトドアで寿命が短い事を意識して安いものを短時間で使いきるか、頻繁に使用することを考えて少し高くてもいいからと丈夫な素材の物を長く使うか、購入前に自分の使い方をちゃんと決めて選ぶことをおすすめします。

エアーマットレスの選び方・その3

空気の入れやすさ

エアーマットレスを使う時に毎回自力で空気を入れていくのは想像しているよりずっと大変な物です。頻繁にキャンプに行ってエアーマットレスを使う機会が多い人や、空気を入れる手間を少しでも省きたい人は購入時に電動ポンプが付いている物を選ぶようにしましょう。

電動ポンプ内蔵タイプや外付けのポンプが付いてくるものも結構多いので、探すのに苦労することはありませんよ。

エアーマットレスの選び方・その4

断熱性能

使用するタイミングが寝る時であるため、やはり床からの冷気をどれくらい遮断してくれるかというのもかなり重要になってきますね。特にアウトドアでの使用を考えるならテントの下は外気で冷えた地面であるため、断熱性がしっかりした物でなければ満足な睡眠は取れないでしょう。

基本的には分厚い物であれば断熱性も高いというのが殆どですが、分厚くても実際に寝てみると寒さを感じるものや反対に薄いのに断熱性がしっかりしているものなども当然ありますので要注意ですね。

購入前には実際の使用者からの感想で断熱性がどの程度なのかを見極める必要があります。

エアーマットレスおすすめランキング・No.10

TOOGE エアーマット

TOOGE エアーマット キャンプ テントマット

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらはTOOGEというメーカーが取り扱っているもので、車中泊からもしものための防災用品としてまで広い用途を考えて作られたエアーマットレスです。性能のわりに価格も比較的抑えめとなっていることもあって購入者からの評価も悪くありませんね。

40Dナイロンという素材を生地に採用しており、防水性・強度・耐摩耗性などについてもかなり高くなっています。

購入時に補修キットも付属しているので、一般的な他のエアーマットレスと比較したときに長く使えることも人気の理由のようですね。

TOOGE エアーマットについての口コミ

素材がしっかりしてて丈夫なので、安心して使えます!防水もしっかりしておりさっと拭くだけなので楽ちんです。広げた時の大きさの割には結構コンパクトに収納できるので、持ち運びも便利です。ただ大きく素材がしっかりしてるからか、重たく感じるのは少しマイナス点かもしれません。個人的には使いやすく重宝してます。寝心地も抜群ですよ!

購入者からの口コミを見るとやはり耐久性や耐摩耗性の高さを喜ぶ声が目立ちますね。手入れも固く絞った濡れ雑巾があれば十分なので車中泊などアウトドアでの使用に適しています。

空気を抜けば非常にコンパクトになるというエアーマットの特性を活かして、アウトドア以外にも車の中に常備しておき、仮眠や非常時用として持っておくという使い方も多いみたいですよ。

素材の丈夫さや性能の高さのため他のものより比較的重く、軽量なものを探している時にはあまり適さないかもしれない事には注意しておきましょう。

エアーマットレスおすすめランキング・No.9

cocomohouce  自動膨張式 エアマット

cocomohouce(ココモハウス) 自動膨張式 エアマット 収納袋付

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ココモハウスというメーカーが販売しているこのエアーマットは「自動膨張式」と呼ばれる機能を搭載しており、エアーマット本体を広げてバルブをひねれば2~5分程度で膨らむようになっています。

ポンプなどで空気を入れる必要が無いのでエアーマットを広げる時の手間が大幅に軽減できますね。直接口で空気を入れることも可能なので、自動膨張でのふくらみが不十分に感じたら自分で調整も可能ですよ。

cocomohouce自動膨張式 エアマットについての口コミ

花火大会のために購入しましたが、直に地面にシートに座るよりもお尻が痛くならず快適でした。丸めると小さくなるので持ち運びも楽でした。最初に使うときは空気を口で入れないとうまくはいらないです。

自動膨張もしっかりしましたし、膝を使って空気を抜けば元の大きさ以上にコンパクトになります。 地面からの熱もしっかりカットしてくれるため、テント泊では重宝しそうです。 デザインも無難に良い迷彩柄で、総じてコストパフォーマンスは高いです。

こちらのエアーマットレスは購入者も多く人気の高い商品ではあるのですが、その口コミを見てみると意外とその評価は2つに割れていますね。特に触れている人が多いのが特徴でもある自動膨張機能について。

使い勝手が良かったと喜ぶ声も多いのですが、人によっては全く膨らまなかったと感じる場合もあるようです。商品説明にも初回は時間がかかることなどは書いてありますので、便利な機能とはいえ過信は禁物なようですね。

エアーマットレスおすすめランキング・No.8

ihoven エアベッド

ihoven エアベッド

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらのエアーマットも付いているバルブを緩めれば自然に膨らんでいく仕組みの物になっており、手間がかからない事が魅力ですね。空気を入れた状態での厚さが5㎝あるおかげえ地面からの冷気や湿気を気にせず快適な睡眠を約束してくれますよ。

1100gの超軽量設計もアウトドアにはぴったりなので多くのキャンパーから高い人気を得ているんですよ。

ihoven エアベッドについての口コミ

自動膨張だけでは、張りが弱いので、口で空気をいれないとだめ。 自動膨張式では皆同じなので、衛生面でちょっと気になるけど、 使い心地は悪くなく、空気抜けもありませんでした。

自宅でちょっと横になりたいときのために買いました。こんなものなのかも知れませんが、期待したほどではありませんでした。枕は風船の上に乗せているようなものですので、頭が安定しません。床に直敷きすると寒いので、下に1枚敷いた方が良さそうです。外で地面に寝るよりは快適だと思いますが、家での使用はハードル高いです。

このエアーマットに限らず自動膨張タイプの物にはつきものの評価ですが、どうしても自動膨張だけでは空気の張りが物足りなく感じる人が多くなってしまうようです。

とはいえ一度膨らんでしまえば空気抜けなどの心配はほとんどないようで、使い勝手を考えたときにそこまで大きなデメリットというわけでもないですね。

寝心地については個人差があるようです。空気を吸入するためのバルブが足元上面部分にあるため、足に当たって気になるという声もあるので注意しましょう。

エアーマットレスおすすめランキング・No.7

コールマン コンフォートエアーマットレス

コールマン コンフォートエアーマットレス

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

アウトドアメーカーとしてはかなり有名なコールマンからもエアーマットレスは販売されており、その中でも使用者の多い人気モデルがこのコンフォートエアーマットレスですね。

空気を入れるとシングルサイズでも187㎝×97㎝となるので背の高い人でも安心です。空気の注入は手動ですが、エアーポンプを別で購入しておけばそれほど手間に感じることもないでしょう。

コールマン コンフォートエアーマットレスについての口コミ

キャンプのマットだけで疲れが取れず、この製品を買いました。 エアーポンプと合わせて買いましたが、すぐに膨らませる事が出来ます。生地はナイロンの素材ですので、夏場は車に放置せず、自宅等の室内環境での保存は必要に感じます。丸めて収容出来ますので、円柱で収納性もコンパクトです。

空気を入れちょうど良いかたさにして寝ると、寝心地は良いのですが動くたびにギシギシと大きな音がします。 周りの人がカミナリかと思ったというぐらい。 音を消す方法があれば教えてほしい。

購入者は皆口をそろえて「エアーポンプがあると便利」という感想を述べています。手動でも簡単ではあるようですが、頻繁に使用する場合はエアーポンプもあわせて購入することを考えておいた方が良いでしょう。

また、ちらほらと目立つ注意点として「空気を入れた後のギシギシ音が大きい」というものがありますね。寝心地そのものは悪くないのですが、キャンプ場などでも周囲に人がいる時の使用では、音への対策を考えておくべきかもしれません。

エアーマットレスおすすめランキング・No.6

GEERTOP 5cm 1人用 スプライス 軽量 自動膨張式 エアーマット

GEERTOP 5cm 1人用 スプライス 軽量 自動膨張式 エアーマット

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

自動膨張式のエアーマットの中ではかなり軽量であることと、他と比較したときに自動膨張能力がしっかりしていることで使用者からの人気も結構高いのがこのGEERTOPというメーカーの商品です。

シングルでもM・Lの2種類が選べるため、購入時には自分の身長と比較してあったサイズの物を買うようにしましょう。マット本体にある21ポイントのくぼみは人間工学に基づいた設計で優れた寝心地を提供してくれます。

GEERTOP 自動膨張式 エアーマットについての口コミ

栓を開けてからの膨らみ具合は良いと思います。 ただ、収納サイズがもう少し小さくなってほしいのと、収納する袋の縫い目を 丈夫にしてほしい。一回目の使用後に袋に入れようとしたら縫い目の糸が 切れてしまった。

折りたたんだ大きさが思ってたよりもでかい バイクツーリング用にも使えるかなと買ったけどかさばりそう 寝心地はいい

寝心地の良さや空気の入り具合など高い評価で喜ぶ口コミも多数あるのですが、それと同時に「想定していたよりも大きすぎる」という声もちらほらと見受けられました。

寝心地の良さは大きさが影響するところもかなりあるので仕方ないと言えば仕方ないのですが、例えばバイクツーリングに持ち運ぶためには少し不便に感じる可能性もあるので購入時にはその点に注意しておくようにしましょう。

本体の構造上、寝そべるとでこぼこが気になるという人もいるようですね。購入して気になる時は、エアーマットレスの上にシートを1枚敷くといいみたいですよ。

エアーマットレスおすすめランキング・No.5

Outport エアーマット

Outport エアーマット アウトドア キャンプ ポンプ内蔵式 厚み12cm

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらはOutportというアウトドアメーカーから出ているエアーマットです。その最大の特徴として挙げられるのが、エアーマットの本体にポンプが内蔵されている事ですね。

通常の口で空気を注入するタイプと比べて簡単で、自動膨張式によく言われるような「空気の入りが足りない」という問題とも無縁なことで人気のエアーマットなんですよ。

たった2分で厚み12㎝という売り文句に偽り無しの寝心地も、人気の理由です。

Outport エアーマットについての口コミ

半信半疑でしたが本当に厚み12cmになりました! しっかりしていて寝心地も良く、約60kgの私が立っても底付きしないのには驚きです! 内蔵ポンプも最初は膨らむのか心配でしたが2分かからないぐらいでパンパンに膨らみすごい便利です!

キャンプ用マットも探すと色々とありますが、検討した結果このマットを購入。安くも高くもなく丁度良い値段。生地もすぐに穴があくようなこともなさそうでしっかりとしています。自動ポンプははじめ、手のひらで入れましたが足でやっても入ります。足のほうが楽に入ります。

購入者もやはりその内蔵ポンプの便利さを評価している人が多く、商品全体の評判も非常に良いですね。ポンピングにかかる時間もせいぜい1~2分程度なのでアウトドアで使いやすいですよ。

また、ポンプを内蔵しているわりに収納性もちゃんと考えられており、専用の収納バックなら32㎝×18㎝×10㎝のコンパクトサイズでの収納が可能となっている点も高評価。とにかく手間の要らない内蔵ポンプがアウトドアで大活躍する人気の商品です。

エアーマットレスおすすめランキング・No.4

エアーベッド Sable シングルサイズ

エアーベッド Sable シングルサイズ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

Sableのシングルサイズエアーベッドは他のタイプと比較したときに少々値段が高くなりますが、それでもあえてこの商品を選ぶ人が後を絶たない人気モデルです。

48㎝もある高さや体圧分散による体への負担を軽減した寝心地もそうですが、何よりも魅力なのはやはりその電動ポンプでしょう。

空気の出し入れを全て電動で行ってくれるので手間いらず、ほんの3分程度で膨らんでくれるので非常に便利です。アウトドアで持ち運ぶことも可能ではありますが、大きさの都合上屋内での使用のほうが向いているため、そこは気を付けましょう。

エアーベッド Sable シングルサイズについての口コミ

実家に泊まる時に使おうと購入。電動で空気の出し入れが出来るので、1人でも広げたり片付けたり楽チンです。コンプレッサー付きなので、当然と言えば当然なのですが、思ったよりも重たいです。でも、収納袋がついているのであまり力を使わず片付けられて良かったです。

友人が泊まりに来るのに、ソファーで寝てもらうのは申し訳なく思い、こちらの商品を購入しました。 簡易ベット的な使い方やレジャー等で使うには、十分過ぎるほどだと思います。

やはり口コミを見てみると、人気ではあるのですがアウトドアに使ったという声はあまり見当たりませんね。性能自体は非常に良いのですが、用途の幅が他と比較して少し狭くなるので気を付けましょう。

屋内での簡易ベッドなどの使い方であればこれ以上に優れた商品はほぼ無いと言えます。サイズとしてはシングルよりもダブルのほうが使いやすいという声も多いので購入時にはサイズをよく考えることをおすすめします。

エアーマットレスおすすめランキング・No.3

ノースイーグル エアーベッド シングル NE264

naniwa(ナニワ) ノースイーグル エアーベッド シングル NE264 NE264

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ノースイーグルというのはアウトドアメーカーとしてはかなり有名なブランドで、テントなどが主な商品ではありますが、シングルエアーベッドについてもかなり評価の高い商品を販売しております。

空気を入れた状態だとかなり大きいのに、収納時は小さく畳めることからバイクツーリングなどにおすすめですね。長時間の使用だとどうしても空気の減りは少しあるようですが、空気の注入がかなり短時間で済むこともあってあまり気にならないという人も多いようですね。

価格も2000円程度とかなりコストパフォーマンスに優れているところもおすすめです。

ノースイーグル エアーベッド シングル NE264についての口コミ

空気の減りはどうしてもあるようです。 パンパンに入れた翌日にはすこし減っている感じで、2日ほど使用したら再度空気を入れて使用しました。 電動空気入れは必須です。 自転車用空気入れで、ウキワ用ノズルで入るのかなと思っていたら、ノズルのサイズが全然違いました。

バイクツーリングキャンプ用に購入しました。ポンプは荷物になるのでバイクの排ガスで膨らましています。というかポンプ持ってません(笑) φ17のホースはマット側・バイク側ともにピッタリはまります。アイドリングで5分ほど放置しておくと良い感じに膨らみます。

口コミは正直なところ、賛否両論な点が多いようです。エアーの抜けが早く感じる人や、その都度エアーを注入するのも短時間で済むから気にならないと言う人も多々見受けられますね。

用途としてはバイクツーリングなど、ソロで荷物も軽く済ませるタイプのキャンプでの活躍が多いですよ。中にはツーリングキャンプで、ポンプの代わりにバイクの排ガスで膨らませるなんてユニークな使用方法をしている人もいるようですね。

かなり荒っぽい使い方ですが、それに耐えうる程度には丈夫だという証明とも言えるでしょう。

エアーマットレスおすすめランキング・No.2

Moon lenceエア-マット

Moon lenceエア-マット 

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

Amazonで多くの購入者から高い評価を得ているアウトドアメーカーのMoon Lenceが販売しているこのエアーマットもかなり新しい部類の商品ですね。

素材として20Dナイロンというものを使っており、軽量で破損しにくいことはもちろんのこと、ナイロン生地によくある特徴的な臭いもしません。

人にもよりますが、化学素材の臭いを嗅ぐと気持ち悪くなるという人も結構いるので、こういった気配りが行き届いている事はかなり評価の高い点です。Amazonでの出品を見るとシングルサイズで三色あり、好みの色を選べることも嬉しいですね。

Moon lenceエア-マットについての口コミ

膨らませるマットなどは息が続かず大変だと思いますがこちらは小さい空室の集まりなので膨らませる際も短時間で簡単に膨らませることができる。また収納時も簡単に空気が抜けるし、何より畳んで専用の袋に入れるのが簡単なのがいい。

届いてまずすごくコンパクトだな~というのが第一印象でした。というのも自動膨張だと思い込んでいたので。 開いてみたらまさかの自分で膨らますパターンでしたが実際口で膨らましてみたら浮き輪を膨らますより楽でした。 なんであんなに口だけで簡単に膨らむのか不思議です!

軽量・コンパクトな点はやはり持ち運びする機会の多いアウトドア用品だけあってやはり評価が高いようですね。数多くのレビューがありますが、必ずと言っていいほどその点は触れられていました。

注意点としては自動膨張式ではなく、口で空気を注入するタイプであるということでしょうか。とはいえこのエアーマットは他の一般的なものと比較してかなり空気の注入も楽なようです。

同様に空気を抜くのも簡単なのでエアーマットの扱いに慣れていない人にもおすすめですよ。

エアーマットレスおすすめランキング・No.1

WYAO エアーマット

こちらは2017年に販売された新しいモデルのエアーマットですね。最新素材を活用することでそれまでのエアーマットと比較して圧倒的な軽量・収納性を誇るアウトドア向け最新モデルです。

重量は470gということなのでその軽さは圧倒的ですね。軽量コンパクトであありながら展開時のサイズは190㎝×60㎝とシングルサイズとしては大型で、耐荷重も200㎏と高性能。価格もかなり控えめで人気の高い商品ですよ。

WYAO エアーマットについての口コミ

凄いコンパクトなんで衝動買いです。 今まで使用してきたマットよりはるかに小さく収納できびっくりしました。 この小ささでしたらリュック等にすんなり入れれます

とてもコンパクト! バイクツーリング・登山に役立つでしょう 簡単に膨らませてそれでいてしっかりとした厚みがありクッション性も良く良い買い物をしました。

購入者からもその軽量さとコンパクトな収納性が人気で、多くの口コミでそのことを評価しているものが多く目立ちました。

気軽に持ち運べる事とクッション性や断熱性などのアウトドアに必要な性能が高いレベルで両立しており、かなり優れた商品と言えるでしょう。

基本性能だけではなく、空気の注入についてもかなり簡単で、女性や子供でも膨らませるのに苦労はしないようですね。

まとめ

エアーマットレスにはかなり多くの商品・用途があって、一概に「これが最も優れている」と言えるわけではありません。

今回のランキングについてはアウトドアでも使いやすいかどうか・エアーマットレスの扱いに慣れていない人でも使いやすいかという観点で選んだものになっているので、もし自分でエアーマットレスを購入することを考えるのであればランキングはあくまでも参考程度にして、自身の用途や目的と照らし合わせて買うものを選ぶようにした方が、後悔の無い買い物ができますよ。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

重ねて縛って貼り付ければ完成!リボンのバンスの簡単な作り方を解説♪

今回は「リボンのバンスの簡単な作り方」をご紹介しました!材料は100均で揃いますし、手順もとっても簡単です!ぜひ作ってみて下さい♪ 【解説】 用意するものはリボンとバンス(100均にあります) ほつ...

桜餅(道明寺)の刺繡!葉の表現とつぶつぶの表現を実演解説します♪

今回は「桜餅(道明寺)の刺繡」をご紹介しました!小さめの刺繡ですので、初心者の方でも気軽に楽しめるかと思います♪ 初心者が覚えるべき基本ステッチの解説動画もありますのでご参考に!↓ https://...

【刺繡】桜の木の刺し方!3つのステップに分けて解説します♪

今回は「桜の木の刺繡」をご紹介しました!チェーンステッチ・デイジーレイジーステッチ・フレンチノットステッチの3つのステッチを使って刺していますので、参考にしてやってみて下さい♪ 初心者が覚えるべき基...

ロックショア初心者タックルの選び方を徹底解説!!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

縫わない!編まない!世界一簡単!毛糸のシュシュ作り方を実演解説♪

今回は「世界一簡単で材料も超少ない毛糸のシュシュの作り方」を実演解説しました♪なんと、材料は毛糸とゴムとストロー、使う道具ははさみだけ! お子様でも簡単に作れます。 毛糸はモコモコのタイプのものがオス...