グルーガンの使い方まとめ!上手に接着するコツやその用途をご紹介!

グルーガンの使い方まとめ!上手に接着するコツやその用途をご紹介!

ボンドよりも優れた接着力を持つグルーガン。見かけたことはあるけどグルーガンはどうやって使ったらよいか分からないとためらっている方もいるでしょう。この記事では、グルーガンの使い方のコツ、向いている素材を紹介します。グルーガンの使い方が気になる方必見です!

記事の目次

  1. 1.グルーガンって何?
  2. 2.グルーガン購入方法・どこで買う?
  3. 3.グルーガンを使う時に必要なものって?
  4. 4.グルーガンの使い方ってどうするの?
  5. 5.グルーガンをボンドの代わりに使うメリットは?
  6. 6.グルーガンの使い方のコツは?
  7. 7.グルーガンってはがせるの?
  8. 8.使い方別・おすすめのグルーガンはこちら!
  9. 9.DIYに使うグルーガン
  10. 10.みんなのグルーガンを使った作品
  11. 11.グルーガンの使い方を知って工作名人になろう!

グルーガンって何?

グルーガンとは

グルーとは接着。ガンとは銃の形をしているという意味です。グルーガンとは、熱で樹脂などの接着素材を溶かして接着する、「ホットメルト接着剤」の事なのです。銃の形をしたグルーガン本体に、スティック状の接着剤(ホットボンド)を入れ、熱で溶かして使います。詳しい使い方は後ほど説明しますが、主に手芸用や工業用の接着剤があります。

グルーガン接着の用途

グルーガンで接着できる素材は多く、家庭用としては手芸・DIY用があります。手芸用では布・皮製品づくり・リースなどのドライフラワー工作など様々な使い方があります。DIY用では木工作品・プラスチック・ガラス・金属(アルミを除く)などの用途もあります。家具の装飾にも使用されますが、手すりや棚受けなど常に高い強度が必要な部分の用途には不向きの接着剤です。

熱熔解型の接着剤は、業務用としては自動車の内装・通販会社の段ボール梱包・皮革製品(靴やバック)・製本に使われています。こちらは細かい作業は銃の形ですが、それ以外では大きな熔解の器械もあります。意外と身近なところにグルーガン・ホットボンドの使い方があるのですね。

グルーガン購入方法・どこで買う?

ホームセンター

ホームセンターで販売しているグルーガンは手芸用の小ぶりな物からDIY用の本格的なものまであり、価格は1000円前後~数万円くらいです。高価なものはヒーターが高温でかなりの温度で接着剤を溶かすため、強度が高いと言えます。また、高温と低温の切り替え可能タイプもあり、使いこなせると用途が広がりそうです。DIYで使うかたはホームセンターで購入するのが良いでしょう。

手芸店

ユザワヤやクラフトパークなど、大型手芸店で購入できるのは小さな作品に使うグルーガンです。価格は1000円~1500円前後です。大きさもコンパクトで低温タイプの女性が扱いやすいものが多くなっています。グルーガン自体が可愛くデザインされたものを販売しているお店もあります。

100均

100均で購入できるグルーガンは、価格100~500円程度です。100均だからと言って、全てのグルーガンが100円ではありません。安さの秘密は接着剤を溶かすヒーターの部分の値段だと思われます。このため、「100均のグルーガンの強度に不安が残る」というユーザーの声も聞かれます。スウィーツデコなど小さな作品作りをしたい方・「試しにグルーガンを使ってみたい」という方におすすめです。

ネット通販

ホームセンターと手芸店の物を比較できるのが、ネット通販のよさです。お店を探し、ジャンルの異なる店舗に出かけて強度や大きさの比較しなくても良いので、グルーガンを探す時間と手間を節約できます。多様なグルーガンの商品レビューを参考に出来るところも強みです。

グルーガンを使う時に必要なものって?

グルーガン本体・グルースティック

手芸やDIYなど、用途に合わせたグルーガンを用意しましょう。付属の電源コードが短い場合は延長コードを用意すると作業中のストレスが少なく済みます。作業はコンセントの近くで行います。この時、グルーガンの中に入れるグルースティックも揃えます。グルースティックの直径は、グルーガン本体と同じものを購入しましょう。グルーガン本体もグルースティックも100均でも販売しています。

軍手

グルーガンはスティック状の接着剤を本体に入れて使用します。このため、接着剤を熔解する部分は120~180℃程度の高温になり、火傷の恐れがあるのです。軍手か100均などでも購入できる綿の手袋をすると安心。手の皮膚を1枚覆っているだけでも保護できます。

ブルーシート

グルーガンの接着素材は熱で溶けると作業中に垂れてしまうことがあります。硬化スピードが速いので、テーブルなどについてしまうと大変です。作業中にこぼれた時のために下に何か敷いておくとよいでしょう。不要になった小さな板でもよいですし、100均などで売っているカッティングシート用の下敷きなどがおすすめ。

グルーガンの使い方ってどうするの?

グルーガンで接着したい部品を並べておく

グルーガンの接着素材はボンドに比べて硬化するのが早いので、効率よく作業するために準備します。連続して接着する素材が多い場合は、作業中に慌てないよう、全て並べておくのがおすすめです。

電源を入れる

電源コードをプラグにさし、本体を温めます。100均のグルーガンには本体に電源が無く、コンセントにさすとすぐ温まってきます。余熱時間はグルーガンによって異なりますが30秒~数分程度です。電源を入れたらグルーガンの先端金属部分には手で触らないようにします。

本体にグルースティックを入れる

電源を入れたらすぐにグルースティックを入れます。ぐっと押し込むように中まで入れます。この時、後ろの部分からグルースティックがはみ出していても大丈夫です。ヒーターで温まって溶け出してきますので、余熱中はスタンドなどに立てておきましょう。このグルースティックは、使用中に短くなって来たら継ぎ足して使用することが出来ます。中身が残っていても継ぎ足して良いのです。

接着剤を出して塗る

グルーガンを持ち、トリーガーを引きます。グルーガンの先から溶けだしたホットボンドを少しずつ出し、接着したい部分をつけていきます。この時、本体の先端やで出来たボンドは高温になっているので、触らないようにしましょう。

接着するまで待つ

素材を押さえ、素材とボンド部分が付くのを待ちます。直ぐに固まり始め、数十秒から数分で硬化してきます。接着面にズレがある場合は、ボンドの温度が高いうち、直ちに治すのが良いでしょう。グルーガンをしまう時は、完全に冷めてからしまうようにしましょう。

グルーガンをボンドの代わりに使うメリットは?

グルーガン使用のメリット

グルーガンはボンドに比べて硬化スピードが速いのが特徴です。このため作品作りの作業時間が非常に短く済むのがメリットです。更に、プラスチックやガラス・木材・金属(アルミ以外)など、用途の幅広いのも魅力なのです。ボンドに比べて強度も高いのも良いですね。

グルーガン使用のデメリット

グルーガンは使用時に高温になるので、慣れない場合火傷のリスクがあります。また、グルーガンは強い強度のため、一度接着するとはがすのが大変。失敗しないように接着時は慎重になりましょう。あとは、作業するときの準備や場所の確保が必要ということ。小さなお子さんがいる方は、子供が寝静まるまで、作業をするのはやめておいた方が良いでしょう。

グルーガンの使い方のコツは?

事前準備が大事

先ほども触れましたが、接着するスピードが速いので、接着したい部分を全部出しておくのがコツ。効率よく作業できます。休み休み作業する場合、スタンド付きグルーガンを使うか、スタンド自体を用意しておきましょう。木工作品でグルーガンスタンドをハンドメイドしている人もいます。

液だれ防止のコツ

グルーガンのボンドは溶け出すととても液だれしやすいのです。作品から硬化したテカテカのボンドが見えていたら見た目的にも残念ですよね。接着時にボンドを出し終わった時はグルーガンの先をくるくると巻きながら引き離すのが液だれしないコツです。

使い方の詳しいコツはホームセンターの説明が分かり易い。向いている素材や注意事項も掲載しています。

グルーガンってはがせるの?

素材が布の場合のはがし方

グルーガンは強度が強いボンドなので、はがしにくいのが難点です。薄い布であれば、アイロンを当てて引っ張るとはがれます。ただし、はがした断面はけば立ってしまうので、作品の素材としては使用できないかもしれません。

プラスチックや木材の場合のはがし方

素材のはがしたい部分にドライヤーで温め、ボンドを柔らかく離すとはがれます。温度が高めのお湯につけても良いでしょう。少しでもきれいにはがすにはゆっくりと離すのがコツです。

皮膚についた場合のはがし方

手などについた場合はお湯につけるとはがれる場合があります。完全には取れなくても、皮膚の新陳代謝でいずれ取れてくるでしょう。目に入った場合は眼科を受診しましょう。どの素材であっても、グルーガンの使用は慎重に行うのが事故防止のコツと言えます。

使い方別・おすすめのグルーガンはこちら!

プリザーブドフラワーなど

アスカ/グルーガン低温  /A-13002-000【01】【取寄】《 花資材・道具 グルーガン・グルースティック グルーガン 》

楽天

低温グルーガン

花や草を使った素材の接着には低温タイプのグルーガンがお勧めです。高温の物は素材の変色を招き、仕上がりに色の鮮やかさが期待できません。スタンドもついているとちょっとのやり直しの時に置くことが出来て便利です。

DIYに使うグルーガン

グルーガン DC3.6V Tacklife PGG01B 45*グルースティック付 USB充電 速乾 強力粘着 高温タイプ 接着剤 クラフト作成接着剤道具 DIY プロ小型 軽量

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

高温タイプのグルーガン

木材やプラスチック等DIYに使用するグルーガンは高温タイプがお勧めです。高温の物は仕上がりの強度に期待が出来ます。スタンド付き、USB充電もできて便利。

みんなのグルーガンを使った作品

使い方①コサージュ

入学・卒業シーズンになると欲しくなるコサージュ。買うと3000円以上します。グルーガンなら、もっと手軽に作れるのです。素材は手芸店のフェイクフラワーでもよいのですが、100均の造花をグルーガンで接着する方法でも作れます。リーズ・額縁アートなど花を素材にできる作品は多いです。

使い方②フェルトアート

フェルトを使ってフェイクスウィーツが作れます。グルーガンなら丸みのある素材も接着しやすいのが嬉しい。布への応用ではブラウスにビーズを接着したり、バックをリボンで装飾することもできます。

使い方③照明

インテリアの雰囲気に合う照明が無い場合、作ってしまえばいいのです。アクリル・ガラス・フェイクフラワーなどを素材として使えます。電熱部分から離せば、和紙や英字新聞を素材にすることも可能です。好みの素材で好きなインテリアアイテムを作りましょう。

使い方④100均DIY

こちらはランタン型小物入れです。インテリア小物を専門店で買うと1点で2000~3000することもあります。が、100均素材で作れば流行のインテリア小物もリーズナブルな値段で完成します。グルーガンがあると可能性が広がりますね。

使い方⑤スマホケース

スマホケースは購入すると3000円~5000円程度しますし、機種変更のたびに新しいものが必要です。この方法なら、スマホケースが無限に作れます。色付きのグルースティックで好きな色のスマホケースを作れます。ビーズやリボンで装飾しても楽しいでしょう。

使い方⑥グルーガンアート

グルーガンの接着素材は熱で溶けだし、自由に絵を描くことが出来ます。これを材料にしてアート作品を造るのが流行しているのです。色付きのグルーもありますので、色鮮やかな作品を造ることも可能です。窓ガラスに貼ったり、鏡のふちを飾ったり、センスを生かしてグルーガンアートを楽しみましょう。

グルーガンの使い方を知って工作名人になろう!

グルーガンはボンドよりも優れた接着素材です。手芸やDIYなど用途がたくさんあることがわかっていただけたと思います。幅広いジャンルの作品を作れるグルーガン。一度手にすると使いまくってしまう方も多いとか。みなさんも是非、グルーガンで作品作りを楽しんでください!

yumi
ライター

yumi


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking