Twitter
Facebook
LINE

故障したテレビリモコンを修理!ボタンが反応しない時の直し方を大公開!

マロニエ

故障したテレビリモコンを修理!ボタンが反応しない時の直し方を大公開!

マロニエ

生活にはなくてはならないテレビリモコン。いつも使うテレビリモコンが故障したら困りますよね?この記事では故障したテレビリモコンの修理の仕方について解説しています。テレビリモコンを修理したいと考えておられる方は、是非この記事を読んでみて下さい。

テレビのリモコンが故障する

テレビのリモコンが反応しない

普段は使えるテレビのリモコンのボタンを押しても、テレビが反応しないとなると大変なストレスになってしまいます。 テレビのリモコンが反応しない理由にはさまざまなものがあります。

個人で修理できる場合もあれば、買い替えが必要になる場合もありますが、軽度の故障ならば個人で修理できます。

テレビのリモコンを強く押さないと反応しない

テレビのリモコンが効きが悪い場合もストレスになります。リモコンを強く押さないと、テレビの電源がつかないとなると、かなり不便な思いをしなければなりません。

効きが悪くなったテレビのリモコンのボタンを直す場合、リモコンが反応しない場合と同じように個人で修理したり、業者に修理の依頼をする必要がでてきます。

テレビのリモコンが故障

テレビのリモコンが反応しない場合や、リモコンのボタンを強く押さないとテレビがつかない場合、リモコンが故障している可能性があります。リモコンが故障している箇所を調べるためには、リモコンを分解する必要があります。

分解したテレビのリモコンの内部の状態を見て、リモコンの故障している箇所を調べましょう。

テレビのリモコンが故障しているか確かめよう

テレビが故障している可能性

テレビのリモコンのボタンを強く押さないとテレビがつかないなど、テレビのリモコンの効きが悪い場合、その原因が実はリモコンではなくて、テレビにある場合があります。

テレビのリモコンを分解してみても、リモコンが故障した形跡がみえない場合、テレビが故障している可能性が高くなってきます。テレビに故障している箇所が無いか調べてみましょう。

リモコンが故障していない可能性も



テレビのリモコンのボタンの効きが悪い場合、すぐにテレビのリモコンの故障を疑ってしまいがちですが、電池切れが原因でテレビのリモコンの効きが悪くなってしまっている場合も多くあります。

テレビのリモコンのボタンの効きが悪い場合はテレビのリモコンの故障を疑う前に、テレビのリモコンの電池を交換してみましょう。

リモコンが故障していた

テレビのリモコンが故障しているのかどうかだけを調べるためだけならば、テレビのリモコンを分解する必要はありません。 携帯のカメラをテレビのリモコンの先端に向けた状態で、テレビのリモコンのボタンを押して撮影してみましょう。

リモコンの先端が赤くなっていなければ、テレビのリモコンは故障して使えなくなっています。

故障したテレビのリモコンを修理しよう①

リモコンを分解しよう

テレビのリモコンを修理するためにはテレビのリモコンを分解して、壊れた箇所を調べる必要があります。テレビのリモコンを分解する方法は、テレビのリモコンを製造しているメーカーや機種によって違います。

テレビのリモコンを分解する前に、テレビのリモコンを製造しているメーカーやリモコンの機種について調べておきましょう。

分解したリモコンの中をよく見てみよう

テレビのリモコンを分解したら、分解したテレビのリモコンの中を見てみましょう。テレビのリモコンが接触不良を起こす原因はさまざまですが、テレビのリモコンの中が汚れている事が原因となるケースが最も多くなっなっています。

テレビのリモコンの内部が汚れていると、その汚れが接触不良を引き起こします。

汚れたリモコン

接触不良を起こしたテレビのリモコンの内部の中をよく見てみましょう。もしテレビのリモコンの内部がホコリなどで汚れていたら、テレビのリモコンの接触不良の原因は、テレビのリモコンの汚れだという事になります。

ホコリなどで汚れたテレビのリモコンは、水洗いしたり布で汚れを取ったりして綺麗にしましょう。

故障したテレビのリモコンを修理しよう②

接触不良のリモコンの水洗い

汚れが原因で壊れたテレビのリモコンの掃除方法として、水洗いは一般的な方法ですが、テレビのリモコンの部品によっては、水洗いがダメな部品も存在するので、テレビのリモコンを水洗いする際には、水で洗っても大丈夫なのかきちんと確認をしましょう。

水洗いをしても問題ないテレビのリモコンの部品は、水で洗って綺麗にしましょう。

接触不良のリモコンを布で綺麗に

テレビのリモコンの水洗いができない部分は、布を使って綺麗に磨いていきましょう。乾燥した布や水で濡らした布でもリモコンを綺麗にする事ができますが、リモコンをもっとも綺麗にできるのは布を洗浄液で濡らしてリモコンを磨く方法です。

リモコンを洗浄液で磨けば、リモコンの大抵の汚れは落とす事ができます。

汚れを取ったら、リモコンが復活したか確認

テレビのリモコンの汚れを取ったら、分解したリモコンを組み立て直して、テレビの電源を入れてみましょう。たいていの場合はこれで壊れたリモコンは復活します。

リモコンの内部の汚れを取っても、リモコンが復活しないという場合は、リモコンが壊れた原因がリモコンの汚れ以外にも原因がある可能性があります。

故障したテレビのリモコンを修理しよう③

導電帯の摩擦が接触不良を起こす

テレビのリモコンが壊れた場合、その原因としてリモコンの汚れがもっとも疑われるのですが、汚れ以外にもリモコンが壊れる原因として多いのが、リモコンの導電帯が摩擦によって擦り減ってリモコンが接触不良を起こしてしまう事です。

リモコンを長い間使っているうちに、導電帯の劣化が進んで接触不良になってしまうのです。

アルミを使ってリモコンを復活

テレビのリモコンの導電帯の状態を確かめるためには、リモコンを分解する必要があります。リモコンを分解して、ゴムシートの裏を見ましょう。

ゴムシートの裏の導電帯を確認して、導電帯が摩擦で擦り減っている場合はアルミを導電帯の擦り減っている部分に貼り付けましょう。 これでリモコンは復活するでしょう。

ボタンを押してリモコンの復活を確認

テレビのリモコンが復活したのかどうかを確認するのは、携帯のカメラをリモコンの先端に向けて撮影すれば良いだけですが、リモコンがきちんと使えるのかどうか、効きが悪い状態になっていないかを調べるために、ボタンを押してリモコンからテレビの電源をつけましょう。

リモコンのボタンを押して、テレビがつけばリモコンの修理は完成です。

故障したテレビのリモコンを修理しよう③

接触不良のリモコンの接点

テレビのリモコンの接点は、基盤の部分にあります。リモコンの接点はゴムで出来ており、リモコンのボタンと繋がっています。リモコンの接点部分に欠陥があれば、リモコンのボタンを強く押さないと反応しない。

リモコンの効きが悪いといった症状がでてきます。 リモコンの接点を直せば、リモコンのボタンの不調を直す事ができます。

リモコンの接点の修理

テレビのリモコンの接点の部分の直し方としては、アルミを上に貼り付ける方法が最も一般的ですが、アルミ以外にも鉛筆でテレビのリモコンの接点の部分を擦る方法もあります。

鉛筆で接点の部分を黒く塗りつぶせば、テレビのリモコンの接点の部分の導電性が回復して壊れたテレビのリモコンが復活します。

ボタンを押してリモコンが復活したか確認

リモコンの効きが悪い、リモコンのボタンを強く押さないとテレビの電源がつかないといった症状については、実際にリモコンを使ってみないと出てこない可能性があります。

リモコンを使ってみて、リモコンの効きが悪かったり、ボタンを強く押さないとテレビがつかないようであれば、リモコンは壊れたままの状態です。

故障したテレビのリモコンを修理しよう④

テレビのリモコンの分解の仕方

テレビのリモコンを修理するためには、リモコンを分解する必要があります。リモコンは生産しているメーカーや機種ごとに、分解の仕方が変わります。テレビのリモコンは、メーカーや機種ごとに正しい分解の仕方があるのです。

正しい分解の仕方を知らずにテレビのリモコンを分解してしまえば、テレビのリモコンを壊してしまいます。

簡単に分解できる機種のリモコン

ネジの数が少ないリモコンは簡単に分解して修理できます。例えばSHARPのGA952WJSAは、分解修理するのが簡単な機種のリモコンです。

このGA952WJSAは、電池カバーの下にあるあるネジを外すした後、ドライバーでリモコンの中をこじ開けていくだけでリモコンを分解できます。

分解するのが難しいリモコンの機種

分解する事が難しいリモコンの機種とは、リモコンを分解する際に外すネジの数が多いリモコンの機種を指します。ネジが多いとリモコンを分解して修理するのが難しくなります。

例えば、東芝(ct-90278)は分解するのが難しい機種のリモコンです。東芝(ct-90278)は基盤のネジの数が多く、分解が難しいリモコンです。

テレビのリモコンの修理が困難な場合

リモコンを修理できない場合

壊れたテレビのリモコンを修理できないケースも存在します。その代表的な例として、リモコンに入っている電池が液漏れを起こしているケースです。

液漏れした電池は有害な物質を含んでいて危険ですので、液漏れした電池が入っているリモコンは修理できません。リモコンに液漏れした電池が入っている場合はリモコンを買い替えましょう。

リモコンと寿命

テレビのリモコンには寿命があります。リモコンの部品は年月が経つほどに劣化していきます。長い間使われていたリモコンは劣化した部品が多くなるため、修理するためのお金が掛かってしまいます。

テレビのリモコンを長い間使っていて何度も修理している場合は、リモコンを修理するよりも買い替える事をおすすめします。

テレビのリモコンを購入する

テレビのリモコンの直し方は、分解以外はそれほど難しいものではありません。テレビのリモコンは直す事ができるのならば、買い替えるよりも直した方が良いのですが、電池が液漏れした場合など、リモコンを修理できない場合もあります。

リモコンを修理できない場合は、リモコンを買い替えに行く事をおすすめします。

テレビのリモコンを修理するメリット

テレビのリモコンを購入した場合より安い

テレビのリモコンが壊れていてリモコンが反応しない場合やリモコンの効きが悪い場合は、リモコンを修理しましょう。 リモコンを買い替えるよりも、修理したほうが安い値段ですみます。

リモコンのボタンが壊れていて、リモコンのボタンを強く押さないとテレビをつけられない場合などは、リモコンを修理してみましょう。

テレビのリモコンを修理するのは簡単

テレビのリモコンの直し方は、分解する作業以外は極めて簡単です。リモコンの故障の原因が、ただ単にリモコンの汚れだけであった場合などは、布で拭いて汚れを落とすだけでリモコンを直す事ができます。

テレビのリモコンの修理を個人でする事は、リモコンの直し方さえ覚えれば不可能な事ではないのです。

故障したテレビのリモコンを修理しよう

リモコンを修理するのは難しくない

いかがでしたでしょうか?これまで故障したテレビのリモコンの直し方、ボタンが反応しない時の直し方について解説してきました。リモコンの直し方は、分解作業以外はそれ程に難しいものではありません。

その上、リモコンを買い替えるよりも、修理した方が値段も安くて済みます。 テレビのリモコンが壊れた際は、テレビのリモコンを修理してみて下さい。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

重ねて縛って貼り付ければ完成!リボンのバンスの簡単な作り方を解説♪

今回は「リボンのバンスの簡単な作り方」をご紹介しました!材料は100均で揃いますし、手順もとっても簡単です!ぜひ作ってみて下さい♪ 【解説】 用意するものはリボンとバンス(100均にあります) ほつ...

桜餅(道明寺)の刺繡!葉の表現とつぶつぶの表現を実演解説します♪

今回は「桜餅(道明寺)の刺繡」をご紹介しました!小さめの刺繡ですので、初心者の方でも気軽に楽しめるかと思います♪ 初心者が覚えるべき基本ステッチの解説動画もありますのでご参考に!↓ https://...

【刺繡】桜の木の刺し方!3つのステップに分けて解説します♪

今回は「桜の木の刺繡」をご紹介しました!チェーンステッチ・デイジーレイジーステッチ・フレンチノットステッチの3つのステッチを使って刺していますので、参考にしてやってみて下さい♪ 初心者が覚えるべき基...

ロックショア初心者タックルの選び方を徹底解説!!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

縫わない!編まない!世界一簡単!毛糸のシュシュ作り方を実演解説♪

今回は「世界一簡単で材料も超少ない毛糸のシュシュの作り方」を実演解説しました♪なんと、材料は毛糸とゴムとストロー、使う道具ははさみだけ! お子様でも簡単に作れます。 毛糸はモコモコのタイプのものがオス...