バラ(薔薇)の花言葉が色や本数で変わる?贈る際に気になる意味を解説!

バラ(薔薇)の花言葉が色や本数で変わる?贈る際に気になる意味を解説!

大切な人に赤いバラの花を贈りませんか?数多くある花の種類の中でも女王様のように存在感のある赤いバラは贈り物にぴったり!花言葉や本数で変わる意味にあわせて花束にして贈るとより気持ちが伝わります。バラの色別花言葉と本数で変わる意味をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.バラ(薔薇)の贈り方
  3. 3.バラ(薔薇)の花言葉
  4. 4.赤いバラ(薔薇)の本数の意味
  5. 5.バラ(薔薇)の品種
  6. 6.赤いバラ(薔薇)の価格
  7. 7.バラ(薔薇)の花もち
  8. 8.記念日に贈る赤いバラ(薔薇)の花束
  9. 9.まとめ

はじめに

大切な人への贈り物・・・贈る花といえば、赤い薔薇の花を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
プレゼントに人気の赤いバラ(薔薇)の花は、色や種類も豊富で、組み合わせ方によって様々な表情を魅せてくれます。今回は、バラの花言葉や本数別の意味、今人気の切り花の品種をご紹介します。

バラ(薔薇)の贈り方

バラ(薔薇)を贈る場合は、まずお花屋さんで注文します。贈る相手の方をイメージして色や本数、大きさなどを相談しましょう。贈り方の種類としては花束・フラワーアレンジメント・鉢花・プリザーブドフラワーがあります。
 

赤いバラの花束

直接、相手の方に手渡しできる場合に適しています。お祝い会などのパーティーで多くの人の集まる場面で渡す場合や写真撮影がある場合は、花束が良いでしょう。また、お相手の方がお花が好きで、花瓶に活けたり自分でお手入れすることが好きであれば、長く楽しんでもらえます。

赤いバラのアレンジメント

アレンジメントは、フラワーベース(かごなど)にお花を活けこんでいるので、お手入れが簡単です。花瓶などがなくてもそのまま飾っておけるので、受け取った方も気軽にお花を楽しむことができます。

赤いバラの鉢花

鉢花はガーデニング好きな方におすすめの贈り物です。花を育てることが好きな方や自宅にお庭やベランダガーデンを作っている方にはバラを鉢植えで贈ることも良いでしょう。

赤いバラのプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは生花を加工して作ったアートフラワーです。生花の花束やアレンジメントより贈り物としては少し金額が高めですが、3~5年そのままの色合いで楽しめるといわれています。“枯れない”ということが一番の利点です。

バラ(薔薇)の花言葉

バラの花言葉は色によって違う意味をもちます。お花屋さんで主に販売されているカラーバリエーションの中から贈り物にピッタリな色別の花言葉をご紹介します。贈り物用のお花選びにぜひご参考にしてみてください。

赤いバラ・意味

赤いバラの花言葉は“あなたを愛する”です。バラのもつ花言葉の中でも有名な愛の言葉です。バラの花束の定番の色といえば、やはり赤を選ぶ方が多いのではないでしょうか。

ピンクのバラ・意味

ピンクのバラの花言葉は“愛を誓う”です。赤いバラに続いて大切な人への愛の気持ちを伝える熱い想いのこもった花言葉です。ひとくちにピンクといっても淡く白に近いようなピンク色から赤に近い濃いピンク色までバラの品種はたくさんあります。お店でぜひお気に入りの色を選んでくださいね。

オレンジのバラ・意味

オレンジのバラの花言葉は“あなたとの絆”です。バラを贈るといえば、恋人へというイメージが強いですがこのオレンジのバラのもつ花言葉の“絆”という言葉は恋人だけでなく大切な家族や友人へ贈る言葉としてもぴったりではないでしょうか。ピンクのバラと同様にオレンジのバラも淡い色から濃い色まで品種は様々です。お好みのオレンジ色をお選びください。
 

青いバラ・意味

青いバラの花言葉は“神からの祝福をうける”です。昔から青いバラを作ることは不可能といわれていましたが、近年専門家による長年の研究や品種改良により開発に成功しました。奇跡に近い青いバラの誕生はまさに神様からもお祝いをうけているお花なのです。また、染色の度合いによって濃い色の青いバラややさしい色合いの青いバラを作ることができるようです。

緑のバラ・意味

緑のバラの花言葉は“おだやか”です。主に緑のバラは自然の色のものと染色のものがあります。自然の色のものは緑色が比較的淡くやさしい緑色のものが品種として多いようです。染色のものは原色の濃いはっきりとした緑色をしています。茎の根元から色のついたインクをお花まで吸い込ませてを色を付けることが多いので、茎の切り口をみてどちらかを判断することができます。わかりにくい場合はお店の方にも確認してみましょう。

虹色のバラ・意味

虹色のバラの花言葉は“∞(無限大)の可能性がある”です。インスタグラムや雑誌などでも見かけるようになった虹色のバラはレインボーローズと呼ばれています。茎の根元を細かく切り分けて色を分けながら染色することで虹色を表現しています。花びらの中心には青い色や緑色、黄色・ピンクの色素がメインに出てきます。普通では物足りない…めずらしいものを贈りたい…などお悩みの時にはぜひレインボーローズをおすすめします。一見、色合わせが難しいと感じるかもしれませんが、シンプルにかすみそうと合わせたり、青い花材(ブルースターやデルフィニウムなど)と合わせることでまとまりが生まれます。

赤いバラ(薔薇)の本数の意味

花贈りの定番~赤いバラの花~

バラの花は“花を贈る”場面での定番として、男女問わず選ばれています。バラを贈るといえば、かすみ草やガーベラなどの他の花とあわせたボリュームのある花束や、アレンジメントで箱などに活けこむといったイメージです。バラの本数によって意味をもつことを知っていますか?大切な人への贈り物に隠れたメッセージとして花のもつ意味を添えてみませんか?サプライズが好きな方にもぴったり!な本数で変わるバラの意味をご紹介します。

赤いバラのメッセージ~1本から365本までご紹介!~

赤いバラを贈り物にするあなたへ。1~30本のメッセージを中心に、代表的な本数の意味を合わせてご紹介します。誕生日の場合は贈る方の年齢の本数にしたり、記念日の日付に合わせて本数を選んでみるのもおすすめです。

1本

  • 一目ぼれ
  • あなたしかいない
 

2本

  • この世界はふたりだけ
 

3本

  • 愛しています
  • 告白
 

4本

  • 死ぬまで愛の気持ちは変わらない
 

5本

  • あなたに会えて本当によかった
 

6本

  • あなたに夢中
  • お互いに尊敬し愛し合う
 

7本

  • ひそやかな愛

8本

  • あなたの思いやりや、はげましに感謝します
 

9本

  • いつも一緒にいよう
 

10本

  • あなたはかわいい
  • あなたは完璧
 

11本

  • 最愛
 

12本

  • 付き合ってください
 

13本

  • 永遠の友情
 

14本

  • プライド
 

15本

  • 永遠の友情
  • ごめんなさい
 

16本

  • ころころ変わる不安な愛
 

17本

  • 取り戻せない絶望の愛
 

18本

  • 誠実

19本

  • 忍耐と期待

20本

  • 私のひとひらの愛

21本

  • 心からの愛

22本

  • あなたの幸運をお祈りします
 

24本

  • いつもあなたを想っています
 

25本

  • あなたのしあわせを祈っています
 

30本

  • 信じれば縁はあります
 

36本

  • 覚えています
  • ドラマチック
 

40本

  • 真実の愛を誓います
 

44本

  • 変わらぬ愛を信じます
 

50本

  • 永遠
  • 出会いは偶然
 

99本

  • 永遠の愛
  • ずっと好きだった
 

100本

  • 100パーセントの愛
 

101本

  • これ以上ないほど愛しています
 

108本

  • 結婚してください
 

365本

  • あなたが毎日恋しい
 

999本

  • 何度生まれ変わってもあなたを愛します
 

バラ(薔薇)の品種

花色はもちろん、咲き方にもいろいろなタイプがあります。お好みの品種とお店で出会えますように。

バラ(切り花)の人気品種

オールフォーラブ 

オールフォーラブは、落ち着きのあるピンクの花色がとてもエレガントな品種です。大輪品種で存在感は抜群です。

チョコチーノ

名前のとおり、チョコレートのような花色をしたスプレー咲きタイプの品種です。

須江姫(すえひめ)

花の直径が1センチほどの本当に小さなバラです。花もちが良いことが特徴です。

エクレール

花の形がまるまるとしてユニークな、緑色のスプレータイプの品種です。茎はかなり細くて、しなやかにやわらかい動きがあります。淡いやさしい緑色はほかの花と合わせやすい雰囲気をもちます。

カルピデューム

花色はしっとりとしたオレンジ系です。花びらのフリルが美しく、もっとも人気が高い品種のひとつです。アプリコットのようなオレンジ色はピンクや赤い花と相性が良いでしょう。

サムライ

“赤いバラといえばこれ”というほど、ポピュラーな品種です。エレガントで格調の高さを感じる大輪品種。

サラ

淡い色合いをした、スプレー咲きタイプです。やわらかな雰囲気は主張しすぎず、花もちも良い品種です。

キャラメルアンティーク

花びらの数が多いのが特徴のひとつで、咲ききるまでじっくり楽しめます。香りは甘くて強めの品種です。

スーパーセンセーション

花びらの数が多く、花もちがとても良い品種です。つぼみの状態からでも、しっかりと花を咲かせてくれます。

ソルベットアバランチェ

いかにもバラらしい花の姿をした、スタンダードタイプの大輪品種です。優雅なイメージの花束におすすめです。
 

フェアリーテール

スプレー咲きタイプのなかでも、たくさんの花をつけるほう。それでいながら、花の姿は華麗で美しく、人気の高い品種です。

フレグランスオブフレグランシズ

淡いピンク系の花色はとても上品です。スタンダードタイプの大輪品種で、香りが強いのも特徴のひとつです。

ヘリオスロマンティカ

中心部分まで開いているかのような、豪快な咲き方はインパクト抜群の品種です。個性的な花束向きです。

ホワイトムーン

名前にホワイトがつきますが、実際は淡い黄色をしています。優しい色合いで、とくに女性の人気が高い品種です。

リモ

白からピンクへのグラデーションがとても美しい、大輪のスタンダードタイプです。存在感は抜群です。

オレンジジュース

パッと目をひく深いイエローオレンジが魅力的な新品種の一種です。つぼみは小ぶりで、花びらが丸く、咲き方も華やかなのが特徴です。

ルージュロワイヤル

世界で多くの受賞実績を持ち、深い紅色と重厚感のある花姿が人気の花材です。香りも濃厚なダマクスローズが主体で、高級感のある大人の雰囲気の品種です。

赤いバラ(薔薇)の価格

バラの1本の値段は?

色や品種、花の大きさや茎の長さによって大きく差があるのがバラの値段です。1本100円から1000円近くするものまで様々です。10本くらいを束ねた花束にする場合は、茎の短いもの(低価格)でもまとめやすいですが、20本など本数がふえるにつれてバランスがとりにくくなるため、注文する場合はお花屋さんにしっかり相談しましょう。

バラの花束やアレンジメントの価格は?

花束

バラの花束の価格は、お花代とラッピング代を合わせた予算によって異なります。バラの本数にもよりますが、ミニブーケ風であれば1000円台から購入できるでしょう。10本から20本ほどであれば3000~5000円台で購入できます。本数や長さに指定があれば、あらかじめお花屋さんに細かく相談注文することをおすすめします。

アレンジメント

アレンジメントは花束と違い、お花代・ラッピング代のほかにベース(かご)代がかかります。ベースのデザインにもよりますが、かご代は600~1000円くらいが目安となります。こんもりとかわいらしいアレンジメントであれば3000円ほどで、大きくボリュームを出すアレンジメントであれば5000~7000円ほどの予算をもちましょう。

バラの鉢花の価格は?

バラの鉢花の価格はサイズと品種によって大きく幅があります。小さなミニポットのタイプで500円ほどのものからなかには背丈ほどの大きさで20000円ほどするものまで!様々あります。一番育てやすく人気の品種はおおよそラッピング代込みで1000~2000円ほどで販売されていることが多いようです。

バラ(薔薇)の花もち

一般的なバラの花もちの期間をご紹介します。

どのくらい楽しめる?

お部屋の環境にもよりますが、3~5日間ほど楽しめます。購入後、お花屋さんから持ち帰ったらすぐに水につけましょう。

長持ちさせるコツは?

きれいな花瓶に半分ほどお水を入れます。お花を活けるときには下の茎の部分を5ミリほどななめに切り落としましょう。その時、水の中で切ることがポイントです。茎の断面が空気に触れるのを防ぐことで、水上りが良くなります。また、毎日花瓶を洗って新鮮なお水に変えることも長持ちさせる大切なポイントです。

記念日に贈る赤いバラ(薔薇)の花束

卒業記念

第二ボタンではなく・・・100本バラの花束!?

ここ数年、全国の高校の卒業式で流行っているサプライズイベント!それはなんと好きな人の第二ボタンをもらう・・・のではなく、男子から女子に100本の赤いバラの花束を贈るというもの。先ほどご紹介した“100パーセントの愛”を表現した、彼氏から彼女へのサプライズプレゼントだそうです。なかにはコツコツとアルバイトで貯めたお金で丈夫なバラを予約購入した方もいるとのこと。人生で一度きりの大切な旅立ちの日に赤いバラ100本は、とても思い出に残る一日となりそうです。

プロポーズ

愛の気持ちを伝えるのは、やはり赤いバラの花束でしょう。かすみそうとシンプルに合わせた丈の長めの花束はいかがでしょうか。バラはどの年代の女性も憧れの花のひとつです。“愛”の花言葉をもつバラはきっとあなたのプロポーズを後押ししてくれるはずです。

結婚式

バラは品種によって本当にさまざまな表情をもつので、かわいらしい雰囲気もナチュラルもゴージャスも全部表現できます。バラの花は花嫁の永遠の憧れといわれています。愛しい花嫁さんに贈るお花としてバラの花束を贈るのも素敵ですし、結婚式当日のブライダルブーケをバラをメインに作ってもらうのも良いでしょう。

還暦

還暦といえば、赤いちゃんちゃんこで祝うことが有名ですね。そのお祝いの席で、赤いバラを60本花束にして贈ってみませんか?記念の写真も映えること間違いなしです。みなさんいくつになっても花束をもらう瞬間は幸せの瞬間だと思います。ぜひ大切なご両親に、お世話になったあの方に贈ってみませんか?

まとめ

いかがでしたか?バラの花を贈るときに本数や花言葉の意味も知っていると選ぶ楽しみや贈る喜びがもっともっと増すのではないでしょうか。バラの花が大切な人へ想いを伝えるひとつの選択肢になりますように。ぜひこの記事をご参考にしてください。

なつぞう
ライター

なつぞう

ガーデニングを専門にお花屋さんで働いている経験や知識をみなさまの生活に役立つようわかりやすくご紹介します。日々の暮らしにグリーンを取り入れてみませんか?あなたの暮らしがもっと豊かになりますように。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking