予約殺到のカマボコテント2の気になる評価と魅力とは?ブラックはどう?

予約殺到のカマボコテント2の気になる評価と魅力とは?ブラックはどう?

2016年より発売されその予約開始と同時に売り切れが続き、2017年にはバージョンアップをしてカマボコテント2として帰ってきた超人気テント。ポール4本で簡単設営、チーズタープ接続で安心の大きさ、大人気ブラックカラーなど、今手に入らないカマボコテント2を解説。

記事の目次

  1. 1.これが噂のカマボコテントだ!
  2. 2.「カマボコテント2」とは?
  3. 3.「カマボコテント2」は「おかずシリーズ」の1つ
  4. 4.「カマボコテント2」の他に「タケノコテント」も
  5. 5.「カマボコテント2」の魅力
  6. 6.「カマボコテント2」の魅力1:スペック
  7. 7.「カマボコテント2」の魅力2:評価の高さ
  8. 8.「カマボコテント2」の魅力3:設営も簡単
  9. 9.「カマボコテント2」の魅力4:購入方法
  10. 10.「カマボコテント2」のまとめ

これが噂のカマボコテントだ!

これ、まさにかまぼこですよね。予約開始後即売り切れ続出の圧倒的人気を誇る丸いドーム型の屋根に白いボディ、赤いラインとくればまさにかまぼこ。立派な大きさと存在感はだれの目にもとまること間違いなし。子供たちが「かまぼこだ!!」と叫ぶ様子が浮かびます。そうです、この見た目がかまぼこなテントこそがカマボコテントなのです。

夜になるとこんな感じ。カラーにもよりますがドーム型のボディは夜も目立ちますね、発光性かまぼこといったところでしょうか。そんな愛着のわくボディデザインのカマボコテントはキャンパーの多くに愛されています。

「カマボコテント2」とは?

出典: http://gahag.net/003718-businesswoman-thinking/

そんな魅力的なテント「カマボコテント」。2016年に販売され予約開始の時点から売り切れ続出。そんなカマボコテントの販売から1年の2017年春に「カマボコテント2」の登場!少しずつ興味が湧いてきましたね。では一体、このカマボコテントとはどこの何者なのでしょうか?ちらっと基本情報として押さえておきましょう。

アウトドアの定番「ドッペルギャンガー アウトドア」のテントです

気を付けてください!この「ドッペルギャンガー」と「ドッペルギャンガーアウトドア」というブランドは別物なのです!特に自転車好きのファンには知らない人はいないほど知名度のあるドッペルギャンガーというブランドは比較的に押さえた価格帯の自転車グッズを主流に販売しておりそのユーザーは初心者から上級者までとかなり幅広いものになっています。かくいう筆者も自転車のライトなど代替性のあるパーツを通販サイトで購入し、かなりお世話になっていました。

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 20インチ 折りたたみ自転車

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア) パップ風テント

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

「カマボコテント2」

2016年の春ごろに発売前から予約が殺到していたカマボコテント。その後続モデルとなるのがこのカマボコテント2になります。初代カマボコテントでもかなり人気のあったことは間違いありませんがカマボコテント2になってかなり機能がバージョンアップしています。雨漏りや通気性など、様々な要素でバージョンアップされ2017年春より発売されたカマボコテント2は、2か月先まで予約が埋まるなど圧倒的な人気を持っていました。

「カマボコテント2」、ちなみに、、

このドッペルギャンガーというアウトドアブランドですが2018年の2月よりブランドロゴが変わっています。2016年に上記写真のようなロゴに生まれ変わりかわいいうさぎのアイコンが目印のブランドロゴに変わりましたが、2018年2月よりさらに写真最下部の英語ロゴが消えてシンプルになりました。公式ページでもうたっているようにし来るブランドとの差別化をはかるためと述べています。カマボコテント2には最新のうさぎとDODの文字のみ入ったシンプルなロゴが適用されます。

「カマボコテント2」は「おかずシリーズ」の1つ

おいしそうな食べ物ばかり

そんな大人気なドッペルギャンガーのアウトドアシリーズには、その名も「おかずシリーズ」ともいわれている食べ物の名前が付いたアウトドア用品がほかにもあります。そんなおかずシリーズの1つでもあるカマボコテントは、発売当初「ズイドーテント」といってカマボコテントとは違う名前で発売されていました。チーズタープやテキーラテーブルという言葉をご存知ですか?

可愛いだけじゃない

ドッペルギャンガーアウトドアのアウトドアグッズでもかなりの人気を誇るおかずシリーズ。かわいいだけではないんです。しっかりとした性能を持ちファンからの支持も多く存在感もあります。無論、そのおかずシリーズを代表するのはこのカマボコテントですが、食べ物つながりのそのオプションとして役に立つギアも存在します。

「カマボコテント2」の他に「タケノコテント」も

カマボコテント2だけではないんです

カマボコテントならぬ、タケノコテントというテントも存在します。こちらのテントは見た通りタケノコに見えることからその名前に変わりました。もとは「エンピツテント」と呼ばれていましたがやはり食べ物の名前による愛着が湧くことと発売がお正月前後という季節感からこの「タケノコテント」という名前になりました。ほかにも「チーズタープ」や「テキーラテーブル」など親しみやすい名前の製品が多い「おかずシリーズ」です。

中からの景色はこんな感じ。丸い形なのでかなり広々としています。今流行りのグランピングのような雰囲気があります。タケノコテントというかわいらしい名前ですがしっかりとしたスペックを備え持っているギャップに惹かれるファンも少なくないようです。

「カマボコテント2」の魅力

それではここからカマボコテント2の魅力を徹底解説していきます。人気色のブラックカラーや簡単設営のオプションチーズタープ、インナーテントの違いなど。前作のカマボコテントとの比較と新しくアップデートされたカマボコテント2のバージョンアップポイントをサラッと確認してみましょう。

「カマボコテント2」の魅力1:スペック

大容量、安心の大きさ

カマボコテントの魅力はその容量にあります。もちろんカマボコテント2でもその魅力はひきつがれています。最大10人が寝泊まりできるテントは大人数でも多くテントを広げる必要がないのでかなり便利です。さらには使い方によっては写真のように内側に道具を詰め込むことも可能です。これならどんな人数でも対応できますね。

追加でインナーテント

大用量テントの追加オプションとしてインナーテントという選択肢があります。カマボコテント2のオプションとしてインナーテントを追加することで最大10人の就寝が可能になります。しっかりとした大容量を活かすためには欠かせないオプションでしょう。カマボコテント2からこのインナーテントを追加できるようになりました。価格は14.000円程度です。ちなみにこのインナーテントに入り口にはポケットが付いているので収納としての評価も高いです。

カマボコテント2でチーズカマボコ?

カマボコテント2のサイドにチーズタープといわれるタープを接続することでさらなる容量追加をすることができます!カマボコテント2はドーム型なのでチーズタープを使うことで日よけの幅が広がり上から見ると十字架のような形になります。ポール数本で日よけのタープを接続できるおすすめ便利オプションの1つです。レビューでも評価は高いです。色もチーズに見えてきます。

撥水性と通気性

初代カマボコテントでは問題視されていたこの撥水性と通気性というポイントはカマボコテント2へのバージョンアップの際に大幅に改善されました。しみこみやすかったインナーテントはレビューでもいい評価を受けています。また、室内の大きさはそのままで、外側のスカートを短くすることにより無駄なく保温性を保ったまま改善刷れています。他にも好かk-ト部分が風にたなびかないようにグロメット穴が付いたりと細かいところまで改善されています。

「カマボコテント2」の魅力2:評価の高さ

カマボコテントのレビューと評価は?

前作のカマボコテント発売の時点でかなりの人気があったことがわかります。予約や価格など様々な要素がありますがレビューを見る限り評価は高く売り切れ必死の人気商品であることがわかります。ドッペルガンガーらしく、価格もかなり抑えており誰でも手を出しやすいことから発売当初から話題になりました。

カマボコテント2高評価の魅力

実際に予約などでカマボコテント2を手に入れた方はしっかりと評価をしてくれています。もちろん前作でも人気であったカマボコテントですがカマボコテント2になっていくつか改善点が見られます。中でも、通気性と撥水性という機能面もアップデートされたみたいで、レビューではそういった改善点を評価しているものを多く見かけます。様々な使い方を想像し共有することも自由度が高いカマボコテントだからこその楽しみかもしれません。

ブラック人気根強し

このブラックカラーも登場。ブラックでこの大きさ、存在感ありますよね。テントってどうしてもほかのデザインと差別化が難しかったり似たようなカラーのものが多かったりするんですよね。そういった普通のテントが開きつぃまった層にもこのブラックカラーのカマボコテント2はとても魅力的ですよね。このブラックカラーこそがカマボコテント2の魅力だったりします。

「カマボコテント2」の魅力3:設営も簡単

汗をかかないテント

レビューや評判がいい評価を受け継図けるカマボコテント2の魅力には設営が簡単であるという魅力も含まれているでしょう。ちなみにカマボコテント2の設営方法は簡単でポールが4本あるだけなんです。コールマンやほかハイブランドに比べてポールは細いとの意見もありますが郷土には問題なし。ポール4本で10人分の大きさの宿が作れたらとても助かりますよね。ポールを立ててインナーテントを張るだけなので初心者にも人気。

カマボコテント2は簡単設営でも強度高し

こちらの動画を確認してみましょう。もちろんカマボコテントの動画になりますが嵐の中での様子になります。大きさもあるので風の抵抗を受けやすいのですが、ポール4本で立っているとは思えない強度で嵐にも耐えています。価格帯は高い物ではありませんがこれだけのポテンシャルを持っています。インテーテントの撥水性はカマボコテント2から改善されたようです。超々ジュラルミンのポールは細くてもしっかりとしています。

「カマボコテント2」の魅力4:購入方法

みんなの反応

やはり大人気カマボコテントとなるとそう簡単には手に入らないようです。予約殺到の人気の訳が分かりますね。ただ、再販や抽選の受付もこまめにチェックしておくことで手に入れたファンの方も少なくありません。

レビューを見ていると、現在の購入方法はオークションやフリーマーケットでしか手に入れることはできないでしょう。カマボコテント2発売時にはあらかじめ予約方法や抽選の日時などがに辞されるので欠かさずにチェックし続けるとよいでしょう。

カマボコテント2 - DOD(ディーオーディー):キャンプ用品ブランド
広いリビングを備えた2ルーム型トンネルテント。コンパクトなパッキングサイズながら、ファミリーキャンプからグループキャンプまで活躍します。

予約必須です!

この価格でこの大きさのテントはなかなかないでしょう。もちろん予約必須ですが抽選になることも多々。2018年の2月の予約販売も即抽選になりました。特にブラックカラーは人気で、そもそもこの価格帯のこの大きさのテントにブラックというカラーがあまりないので人気が強いのです。

「カマボコテント2」のまとめ

いかがでしたでしょうか?名前だけが可愛いだけではないカマボコテント2。なかなか手に入れることのできない商品ですが、その人気とファンはレビューや評価を見てもわかる通りでした。この価格でこの大きさのテントを手に入れることはなかなかできない。もしもこのカマボコテント2を手に入れる機会があれば是非チャンスを逃さずに手に入れましょう!

田中 健
ライター

田中 健

田中です!元気です! 最近は世界一周クルージングに憧れています!


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking