ウェーダーおすすめ10選!種類で変わる渓流とバス釣りでの選び方も解説!のイメージ

ウェーダーおすすめ10選!種類で変わる渓流とバス釣りでの選び方も解説!

バス釣りでも渓流釣りでもウェーダーを使う場面が出てきます。そんな時、どんなウェーダーを買えばいいのか?そんな方に向けておすすめウェーダーを種類別にご紹介します。また、ウェーダーの種類や素材、そして使う場面に合わせたおすすめの選び方も解説します。

2020年06月07日更新

takashi
takashi
よろしくお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ウェーダーの基礎知識
  2. ウェーダーの種類
  3. ウェットゲーター
  4. ウェーダーの素材
  5. 渓流釣りでのウェーダー
  6. バス釣りと渓流釣りでのウェーダー選び
  7. バス釣りのウェーダー使用
  8. 本流でのウェーダー使用
  9. 渓流でのウェーダー使用
  10. 渓流の険しい道のり
  11. バス釣りおすすめウェーダー 10選
  12. 渓流釣りおすすめウェーダー 10選
  13. ウェーダーは自分に合ったものを選ぶ
  14. アンダーウェアは重要
  15. まとめ

ウェーダーの基礎知識

渓流や湖、海、川など水中に浸かって釣りをする時などに使われる長靴です。腰や胸まで覆われていて体が濡れたりしないようになっています。靴底には滑りやすい岩場などにも対応できるアウトソールが使われていて、素材にはナイロン、ゴアテックス、ネオプレンなどが使われています。

ウェーダーの種類

ウェーダーは長さや素材などで様々なタイプのものがあります。自身の釣りのスタイルなどに合わせてセレクトしていきましょう。

チェストハイウェーダー ストッキングタイプ

こちらは胸までのタイプです。ウェーダーの中で最も長いタイプになります。浅いエリアから深いエリアまで両方攻めることができます。これ一本持っておけば安心できますね。長所として冬は最適ですが夏は少し暑いかもしれません。最適なメーカーや素材を選ぶことが大事です。そしてこちらはストッキングタイプなので足の部分がネオプレーンでできています、この上からブーツを履きます。とても足にフィットして特に渓流の岩場を歩いて釣りをするのにはとてもおすすめです。

ウェーディングブーツ

このようにストッキングタイプのウェーダーはウェーディングシューズを履きます。自分の好きなメーカーや種類を考えて選んでみてください。

チェストハイウェーダー ブーツタイプ

こちらがブーツタイプです。足の部分がブーツになっており直結しています。先ほどのストッキングタイプに比べると歩きにくくなりますがこちらの方が値段は安いです。

ウェストハイウェーダー

出典: https://www.sierratradingpost.com

ウェストハイウェーダーはいつも履いているズボンと同じて履きやすく、着脱が簡易的です。使用範囲は腰より下の水深になります。大体の川はこのウェーダーで十分収まります。

ヒップウェーダー

ヒップウェーダーは左右が分かれているためとても簡単に着脱可能です。ちょこっと川に入る時などには最適かもしれません。なので常時車に積んでおくのもありだと思います。コンパクトなためかさばりません。使用範囲は股下までとなります。

ウェットゲーター

こちらはウェットウェーディングという濡れることを前提としたウェーディングスタイルで、主に夏から秋にかけての渓流で使用します。とても快適に釣りを楽しむことができます。なんと言っても動きやすさは定評です。また濡れることが前提なので蒸れの心配がありませんし、気持ち良い渓流の水が釣り人を癒してくれます。また水はけが良く身動きの良さに驚くことでしょう。保温性もありますので長時間冷たい渓流の水に浸っていても問題ありません。

ウェットウェーディング用のショートパンツ

ウェットウェーディングの時はこういった速乾性のあるパンツを使用します。その下に速乾性のタイツを履きます。 とても身軽で快適な釣りができるので夏の渓流釣りでは人気スタイルです。アウトドア用品店にいけばこういった速乾性のパンツが置いてあるので自分の好きなメーカを選んでください。

ウェーダーの素材

ウェーダーには色々な素材が使われており、自分の好みや用途によって使い分けると良いでしょう。ゴアテックスなどの透湿性ウェーダーやナイロン、ネオプレーンなどの非透湿性ウェーダーに分かれます。

透湿性ウェーダー

透湿性ウェーダーは釣りをしてる最中に出る熱や汗を外に逃がしてくれます。冬や春先でも渓流の険しい道のりを移動しながら釣りをしていると思いのほか汗をかきます。そんな時に快適にしてくれるのがゴアテックスをはじめとする浸透性ウェーダーです。

非透湿性ウェーダー

こちらのウェーダーは熱や汗が外に逃げませんがとても丈夫で安いです。特にネオプレーンを使ったウェーダーは保温性が高く暖かいです。なので冬場のじっとした釣りなどにはおすすめかもしれません。

ゴアテックスとは

ポリテトラフルオロエチンを延伸加工したePTFEフィルムとポリウレタンポリマーを組み合わせたもので、防水性、透湿性を両立させた素材です。快適に釣りをしたい方にはおすすめです。

ネオプレーンとは

合成ゴム素材でできていて強度があり、耐寒性に優れているためダイビング用のウェットスーツとして使われている素材。 寒い冬の釣りにおすすめです。

渓流釣りでのウェーダー

渓流釣りでは、動きやすさと蒸れにくさを中心にウェーダーを選ぶことをおすすめします。なぜなら渓流釣りは体力勝負なところがあるからです。どんなに体力に自信があってもウェーダーの選び方でその日の疲れが変わっていきます。

ストッキングタイプがおすすめ

渓流釣りでは断然ストッキングタイプがおすすめです。ゴツゴツした岩場を歩いていかないといけないので、しっかりとしたブーツを履くことで足の負担を減らせます。例えて言うと長靴を履いて山を歩くかブーツを履いて歩くかです。なのでストッキングタイプはとてもおすすめです。

透湿性のウェーダー ゴアテックスがおすすめ

値段は高くなりますが、長時間の渓流釣りにはとても役にたつウェーダーです。いちばんの長所は浸透です。防水性がありながらも自分の熱や汗を逃がしてくれる優れもの。きっと皆さんの釣りライフをバックアップしてくれること間違いなしのおすすめウェーダー素材です。

もしハードに使うなら

最初から良いもを使うのは心配。だけど蒸れたりするのが嫌だという方にはソックスタイプでもナイロン性の比較的安価なウェーダーがあります。ゴアテックスのように透湿性には優れてないものの、速乾性のタイツを履くことによって充分に蒸れの悩みは解消できるので心配はありません。

速乾性タイツ

出典: https://webshop.montbell.jp

ウェーダーの下にはこういった速乾性のタイツを履くと良いでしょう。夏でも冬でも快適に着ることができます。 これを着れば非透湿性タイプのウェーダーでも快適に使用することができます。 上下セットで買うことをおすすめします。着てるのときてないのとでは全く違います。

速乾性の靴下

出典: https://webshop.montbell.jp

こちらの速乾性タイプの靴下もおすすめです。これは必需品かもしれません。非透湿性でも透湿性でも、ストッキングタイプやブーツタイプでも足は必ず蒸れます。なのでこちらの速乾性の靴下は特におすすめします。選び方は必ずしも釣りのメーカーでないといけないことはないので、モンベルなどの登山用品店やスポーツショップなど、選び方は様々です。自分の好きなメーカーを見つけてください。

バス釣りと渓流釣りでのウェーダー選び

バス釣りと渓流釣りではだいぶスタイルが変わってきます。川の種類も違います。なので自分に合った釣りスタイルでウェーダーを選んでいきましょう。

バス釣りのウェーディング

バス釣でのフィールドは湖、沼、川と様々です。川に浸かることが大前提の渓流釣りと違ってバス釣は陸っぱりやボートからの釣りがメインです。しかしウェーダーを使うシーンもあります。湖などの岸からでは届かないところにバスがいる場合や川に入って絶好のポイントまでウェーディングします。また比較的浅い渓流と違って、バスのいる川は広くて深く水が濁っていたりして、奥まで行くのは危険です。そして比較的足場が緩やかなのでストッキングタイプのウェーダーは不要でしょう。 なるべくブーツタイプの安価で車に積みやすいものがいいかもしれません。

渓流釣りのウェーディング

渓流釣りではウェーダーは不可欠です。そしてフィールドが険しいためウェーダーの種類や選び方には慎重に検討して見てください。まずおすすめする種類がストッキングタイプのウェーダーです。岩場を動き回るため、結構足首に負担がかかります。ブーツを履けばこの負担が和らぎます。特に初心者の方ほどこの種類のものがおすすめです。 また透湿性か非透湿性についてはどちらもおすすめです。速乾性のタイツを履けば補えるからです。

バス釣りのウェーダー使用

このようなフィールドでよく使います。大体膝上くらいまでのウェーダー がおすすめです。浅瀬よりもうちょっと深いポイントにいるバスを狙うのにウェーダーは便利です。また見てわかる通り比較的足場が安定しているので、ストッキングタイプではなくブーツタイプのものがおすすめです。バス釣りで使うウェーダーの種類は丈夫で簡単に脱ぎ履きできるものがいいでしょう。バス釣りはポイントを車で移動しながら釣りをすることが多いので、その辺の選び方にも気をつけてください。

本流でのウェーダー使用

本流でバス釣りやマス釣りをするならやはりチェストハイがおすすめです。流れもきつく、水深もあるためなるべく長いウェーダーがあると良いでしょう。春先などはネオプレーンのウェーダーもおすすめです。寒さを防ぐことができます。またウェーダーの種類もストッキング、ブーツ共に良い活躍をするので、選び方はそこまで気にする必要はありません。

渓流でのウェーダー使用

渓流釣りでのウェーダーの選び方は機能性です。まだ寒い季節はネオプレーンもおすすめです。たくさんあるウェーダーの種類から二つくらいを選べば怖いもの無しです。もちろんメーカーはお気に入りの方が愛着が湧きます。肌寒い季節でなおかつあまりポイントを移動しないようでしたらネオプレーン素材のウェーダーがベストかもしれません。このように選び方は様々で自分がよく釣りをする季節や場所などで絞って、メーカーや種類などを自分流で選んでいきましょう。

渓流の険しい道のり

このように大きな岩だらけで、この道のない渓流をひたすら移動してポイントを攻めていきます。なのでそれらを頭に入れた選び方をしていきましょう。やはり前にも言いましたが、ストッキングタイプのウェーダーがおすすめです。 それだけ押さえれば、最初は安めのメーカーがありますので安心です。

渓流は何と言ってもワイルドです。

解禁初日はまだ寒く、山は真冬並みの気温です。こんな時に活躍するのがネオプレーン素材のウェーダーです。 そして信頼できるメーカーで選びましょう。ネオプレーンはこのような寒さでも暖かくして釣りをする事ができますので、おすすめです一つあれば損はしません。

バス釣りおすすめウェーダー 10選

おすすめ1、Rivalley ウェストハイウェーダー

リバレイ ライトウェイト ウエストハイウェーダー2 NO.6368 タン S〜3L (ナイロンウェーダー)
楽天で詳細を見る

rivalleyのウェーダーは比較的安価で丈夫です。使い勝手が良くおすすめです。 そしてこちらはブーツタイプなのでいちいち履き替えたりする必要がありません。バス釣りにもってこいのウェーダーです。ウェーダー入門に適したメーカーです。

おすすめ2、Rivalley チェストハイウェーダー

出典: http://sohshin-fishing.jp

こちらもブーツタイプのウェーダーで使い勝手がいいです。そしてチェストハイウェーダー なので、これ一つあればバス釣りでのウェーダー使用シーンでは困ることはありません。おすすめです。

おすすめ3、PROX ウェストフェルトスパイクウェーダー

出典: http://www.proxinc.co.jp

こちらのメーカーはとてもお手頃価格で、バス釣りを始めたばかりの方やあまりウェーダーを使用しない人にはおすすめです。 そして耐久性に優れているため、機能性も充分です。

おすすめ4、PROX チェストフェルトウェーダー

出典: http://www.proxinc.co.jp

一万円以下で手に入るウェーダーとして何も言うことなしのウェーダー。常時車に積んでおけばいざ必要な時にいつでも使えます。テフロン加工のウェーダーなので、撥水性、防汚性、耐久性にとても優れています。

おすすめ5、PROX ヒップフェルトウェーダー

出典: http://www.proxinc.co.jp

こちらは太ももまでのタイプで、非常に使い勝手がよく便利です。ちょっとしたウェーディングに最適なのでとてもおすすめ。価格も非常に安くなっています。例えると長めの長靴を履くような感じです。どんなメーカーにするか迷っていて、安く強いれたい方にはおすすめです。

おすすめ6、PROX 3Dインナーネオプレーンウェーダー

出典: http://www.proxinc.co.jp

出典: http://www.proxinc.co.jp

こちらはネオプレーン素材でできている為、寒い季節には最適です。同じポイントにずっといて尚且つ寒いとなればこちらを一つ所持して入れば問題ありません。ネオプレーン素材のウェーダーは寒い季節のの釣りをスムーズにしてくれます。

おすすめ7、シマノ マックスデュラウェーダー

出典: http://fishing.shimano.co.jp

日本の釣りを代表するメーカーシマノのウェーダーです。比較的安価でナイロン製の耐朽性に優れたウェーダーです。 安心して釣りができます。

おすすめ8、シマノ マックスデュラウェーダー チェストハイ

出典: http://fishing.shimano.co.jp

おすすめ9、 ダイワ スーパーブレスウェーダー

出典: http://www.daiwa.com

おすすめ10、ダイワ スーパーブレスウェーダー チェストハイタイプ

出典: http://www.daiwa.com

渓流釣りおすすめウェーダー 10選

おすすめ1、Rivalley チェストハイストッキングウェーダー

リバレイ RV アクアマックス チェストハイストッキングウェイダーIII L No.5278 透湿ストッキングウェーダー
楽天で詳細を見る

こちらはストッキングタイプのウェーダーで、別にウェーディングシューズを履きます。なので足場の悪いフィールドでは大活躍すること間違いありません。

おすすめ2、シマノ ストッキングウェーダーXT

出典: http://fishing.shimano.co.jp

おすすめ3、simms G3 GUIDE

出典: https://www.simmsfishing.com

こちらは少し高めになるのですが、アメリカのメーカーで、ゴアテックス素材を採用しております。 機能性としてもかなりおすすめです。

おすすめ4、simms G4 PRO

出典: https://www.simmsfishing.com

こちらはシムスのストッキングタイプ、チェストハイウェーダー です。ゴアテックス素材を採用しております。 渓流釣りをやられている方なら憧れを抱いてしまうウェーダーです。

おすすめ5、 simms HEADWATERS PRO

出典: https://www.simmsfishing.com

おすすめ6、simms women`s freestone wader

出典: https://www.simmsfishing.com

こちらはシムスの女性用のウェーダーになります。デザインも綺麗で、女性でも抵抗なく履けます。そして質もいいウェーダーです。

おすすめ7、simms FREESTONE

出典: https://www.simmsfishing.com

こちらはシムスの中でも比較的価格が安いです。デザインもかっこいいのでおすすめです。

おすすめ8、simms KID`S GORE-TEX

出典: https://www.simmsfishing.com

こちらはシムスの子供用ウェーダーになります。子供と渓流釣りに行くのは大変貴重な思い出になります。子供用のウェーダーはあまり見かけませんがシムスではゴアテックス素材を使った子供用ウェーダーを出しています。

おすすめ9、ダイワ スーパーブレスストッキングウェーダー

出典: http://www.daiwa.com

おすすめ10、ダイワ スーパーブレスストッキングウェーダー チェストハイ

出典: http://www.daiwa.com

ウェーダーは自分に合ったものを選ぶ

ウェーダーは川に入って釣りをするのには欠かせないアイテムですが、それぞれデザインもあります。自分のライフスタイルにあったものを着用すればより一層愛着がまします。フィッシングライフを楽しみましょう。

アンダーウェアは重要

ウェーダーの下には速乾性のあるアンダーウェアを着ることをお勧めします。ジーンズなどを履くと動きにくくなるほか、汗をとてもかきますので、特に夏場はアンダーウェアの選び方に注意してください。

まとめ

いかがでしたか?ウェーダーにもたくさん種類がありますが、困惑することはありません。選び方はいたって簡単です。 自分の用途にあったものを揃えれば快適に釣りをすることができます。またファッションと同じで渓流釣りをするときなどはウェーダーが自身をデザインします。自分の好きなウェーダーを選んで、オリジナルのフィッシングライフを満喫して行ってください。

関連するまとめ
おすすめの記事