登山で着るベースレイヤーとは?おすすめ商品で比較解説する効果と選び方のイメージ

登山で着るベースレイヤーとは?おすすめ商品で比較解説する効果と選び方

気温の変化、運藤による体温の変化、雨や風などの気象の変化、登山ではレイヤリングといわれる重ね着で変化に対応します。その重ね着の基礎となるのが、肌に直接触れる服「ベースレイヤー」です。今回は、そんな登山で役立つベースレイヤーを紹介します。

2019年10月29日更新

masa_tasaki
masa_tasaki
主にトレイルランニング、登山などの山遊びに関するファッション、ギア、アイテムが得意分野。また、旅先でのランニングも楽しんでいます。実践経験と独自のネットワークで仕入れた最新情報をもとに、商品の魅力を読者にわかりやすく届けられるよう心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 登山の時に着るベースレイヤーとは?
  2. レイヤリングシステムについて
  3. ベースレイヤーの効果
  4. ベースレイヤーの選び方
  5. 1.ベースレイヤーの素材で選ぶ
  6. 2.ベースレイヤーの形から選ぶ
  7. おすすめのベースレイヤーをピックアップ
  8. おすすめのベースレイヤー①
  9. おすすめのベースレイヤー②
  10. おすすめのベースレイヤー③
  11. おすすめのベースレイヤー④
  12. おすすめのベースレイヤー⑤
  13. おすすめのベースレイヤー⑥
  14. おすすめのベースレイヤー⑦
  15. おすすめのベースレイヤー⑧
  16. おすすめのベースレイヤー⑨
  17. おすすめのベースレイヤー⑩
  18. おすすめのベースレイヤー⑪
  19. おすすめのベースレイヤー⑫
  20. おすすめのベースレイヤー⑬
  21. おすすめのベースレイヤー⑭
  22. おすすめのベースレイヤー⑭
  23. おすすめのベースレイヤー⑮
  24. おすすめのベースレイヤー⑯
  25. 登山で着るベースレイヤーまとめ

登山の時に着るベースレイヤーとは?

ベースレイヤーとは主に登山の時に着用する直接肌にふれるいわゆる肌着です。ベースレイヤーに求められるのは、汗をすばやく吸収、発散させ、つねに肌をドライに保つ吸湿速乾性、そして体温を下げない保温性です。直接肌に触れるのでフィット感や肌ざわり、動きやすい柔軟性なども重要視されます。今回はそんな登山にかかせないベースレイヤーのおすすめ商品を比較、解説していきます。

removal_jpさんの投稿
13687262 653068131516468 709728756 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

レイヤリングシステムについて

レイヤリングシステムとは、いわゆる重ね着のことです。レイヤリングシステムは、特に天候、気温などの変化が激しい登山の服装で採用され発展してきました。登山時のレイヤリングシステムは、「ベースレイヤー」、「ミドルレイヤー」、「アウターレイヤー」の3層で構成されます。重ね着によって、気候や外部環境の変化、運動による発汗や冷えなどに対応し、身体を快適な状態に保ちます。保温性、吸湿性、透湿性、防水性などそれぞれの特徴を組み合わせて重ね着するレイヤリングシステムの考え方は、より安全に、より快適に登山を楽しむ基本となります。

lumberjackserviceさんの投稿
27880865 173915156670193 8187195298200682496 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

ベースレイヤーの効果

普段着の綿のTシャツ、汗を吸い取ってくれますが、吸い取った汗が乾かず肌に張り付いたり、重くなって不快な経験をしたことありますよね。そして、濡れたTシャツは必要以上に体温を奪い、汗冷えの原因にもなります。このようなことは、登山の際には命の危険にもつながります。ベースレイヤーには、登山などのアクティビティの時、汗を吸いとり、水分を発散させ肌をサラサラの状態に保つ効果が期待されます。アウターでいくら風をさえぎり、雨をはじいても、直接肌に触れるベースレイヤーの吸湿速乾性能がなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

craft_sportswear_jpnさんの投稿
17437716 1620284244652546 5043907350725918720 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

ベースレイヤーの選び方

ベースレイヤーは登山をする時期、目的、場所などに応じて求められる性能が変わります。ここからは、ベースレイヤーの選び方のポイントを紹介していきます。

j_vergaraさんの投稿
30884678 241354639772391 4783119062521610240 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

1.ベースレイヤーの素材で選ぶ

ここでは、ベースレイヤーの使われる主な素材について一般的な特徴を踏まえて紹介します。同じ素材でも、寒い季節には厚手のヘヴィーウェイト、暑い季節には薄手のライトウェイトなどと生地の厚さで使い分けます。季節や目的に応じておすすめのベースレイヤーの素材もかわります。

recycleshopxyzさんの投稿
26868534 669154386808802 4423062183047331840 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

ベースレイヤーの素材①メリノウール

メリノウールは、ウールの中でも毛質が繊細なメリノ種を使用した天然素材。通常のセーターなどに使われる毛糸より細かい毛質でチクチク感がなくなめらかな肌触りが特徴。吸湿性能も高く、保温性に優れ冬は暖かく、夏でも涼しい調温性能を持ち合わせています。また防臭抗菌効果も高い優れた天然素材です。化学繊維が登場するまではメリノウールがベースレイヤーの主役でした。一方、化学繊維に比べ速乾性、生地の強度、重量の面では劣ります。また、価格も高価になりますが、特に冬場の登山にはおすすめです。

makimakirucciさんの投稿
30591092 179281759548904 1399939543544627200 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

ベースレイヤーの素材②化学繊維

ベースレイヤーに採用される化学繊維は、主にポリエステル。軽くて吸汗速乾性に優れています。洗濯機で手軽に洗うこともでき、生地の耐久性にも優れています。防臭抗菌効果やUVカット効果などの機能面、生地の厚みのバリエーションなど選択肢の幅が広く、取り扱いメーカーも多いので購入しやすいのでおすすめです。メリノウールと比較すると保温性能、着心地の面では劣りますが、価格は比較的安いため登山やアクティビティの時ばかりでなく普段着としての着用もおすすめです。

grumpy_webteamさんの投稿
28155412 389304181537069 4640004653365329920 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

ベースレイヤーの素材③ハイブリッド

化学繊維とメリノウールの混紡素材。メリノウールの特性を化学繊維で補うことを目的とした素材です。メーカーやウェアによって混紡比率が異なり、性能も様々。使用目的や使用時期によっては、メリノウールと化学繊維のメリットを兼ね備えたベースレイヤーとなります。

barbershop_gentryさんの投稿
10919165 327644380771069 665724431 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

2.ベースレイヤーの形から選ぶ

ベースレイヤーの形状も選ぶポイント。ここでは一般的なベースレイヤーの形状を紹介していきます。真夏におすすめの半袖Tシャツタイプや春や秋にはアウターとしても活用できるジップアップタイプなど形状は様々。季節や目的、場所に応じて最適なベースレイヤーを選びましょう。

mammut_absolute_alpineさんの投稿
29737501 586273895065754 6451423813581144064 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

ベースレイヤーの形①半袖Tシャツタイプのベースレイヤー

通気性と速乾性に優れた半袖Tシャツタイプ。価格も比較的安いので登山初心者にもおすすめ。気温の高い夏場、暖かい季節の低山での登山、常に動き続け体温が上昇しやすいトレイルランニングにもこのタイプがおすすめです。もちろん半袖でも生地の厚みや機能性により冬場のベースレイヤーとして活用することも可能。オールシーズン活用でき、普段着の下着として着用するのもおすすめです。

grumpy_apparelさんの投稿
20394421 132096504062349 7585554028814139392 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

ベースレイヤーの形②長袖Tシャツタイプのベースレイヤー

真夏を除くオールシーズン対応する長袖Tシャツタイプ。盛夏を除く登山にオールマイティに対応し、レイヤリングしやすい長袖Tシャツタイプは、登山初心者が最初に選ぶベースレイヤーとしてもおすすめです。

planet_mellow_さんの投稿
20686621 140967546496592 7147049541613649920 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

ベースレイヤーの形③長袖ジッパータイプのベースレイヤー

オールシーズン使いやすい長袖のジッパー付きタイプ。長袖Tシャツタイプと比較すると、ジッパーの開け閉めにより体温調節がしやすいモデル。春や秋などは、アウターとして単体で活用できおすすめです。

kazinakaziさんの投稿
13707170 1040498046040084 2118915108 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

ベースレイヤーの形④長袖フーディータイプのベースレイヤー

フード付きの長袖タイプ。フードを使えるので保温性が最も高いタイプです。気温の下がる高山、秋から冬場の登山におすすめのタイプです。春や秋などは、アウターとしても活用できます。

run_naohito_runさんの投稿
21294901 168179963748100 3250672738443984896 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

おすすめのベースレイヤーをピックアップ

ここからは、おすすめのベースレイヤーを紹介していきます。ここでは信頼性のあるアウトドアブランドのベースレイヤーを紹介していきます。各ブランドにより素材の種類や特徴がありますが、ベースレイヤーの働きの基本となる吸湿速乾性能を持った商品ばかりです。登山初心者向けに比較的安いベースレイヤーを中心にピックアップしました。それぞれの特徴を比較しご自身のベースレイヤー選びの参考にしてみてください。

おすすめのベースレイヤー①

普段着にも使える!モンベルの半袖Tシャツタイプ「ジオライン L.W. VネックTシャツ Men's」

薄手で速乾性に優れたポリエステル素材「ジオライン」を使用。薄手で伸縮性にも優れ、年間を通じてレイヤリングがしやすい半袖のTシャツタイプ。Vネックなので普段着のシャツなどの下にも着用しやすくなっています。また値段も3000円台と本格的なベースレイヤーながら他のブランドと比較すると安い価格も魅力です。

モンベル (mont-bell) ジオライン L.W.VネックTシャツ Men's

【素材】ジオライン®(ポリエステル)100% 【平均重量】100g 【カラー】ホワイト(WT) 【サイズ】S、M、L、XL

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめのベースレイヤー②

真夏の登山におすすめ!モンベルの半袖Tシャツタイプ「ジオライン クールメッシュ Tシャツ Men's」

「ジオライン」をメッシュ地に編み上げ、優れた通気性と速乾性を実現したベースレイヤー。軽い着心地のメッシュ地なので、夏の暑い季節や激しい運動時にも熱がこもらず、肌との接触面積が少ないためべたつきもありません。抜群のストレッチ性を備え、体に心地よくフィットするシルエットを採用。強力な防臭効果も備え、効果は半永久的に持続します。定価も3000円台と価格が安いのも魅力です。

[モンベル]アウトドア ハイキング 半袖アンダーウエア 通気 速乾 ストレッチ ジオライン クールメッシュTシャツ 1107180 [メンズ] メンズ ホワイト 日本 M (日本サイズM相当)

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%] 【平均重量】52g 【カラー】ブラック(BK)、ホワイト(WT) 【サイズ】S、M、L、XL

Amazonで詳細を見る

おすすめのベースレイヤー③

夏の登山におすすめ!パタゴニアの半袖Tシャツタイプ「メンズ・キャプリーン・ライトウェイト・Tシャツ」

暑い夏場の登山に最適な速乾性と吸湿発散性に最も優れたパタゴニアで最軽量のベースレイヤー。ポリジン永続的防臭加工済みなので汗のにおいも気になりません。レイヤリングしやすい滑らかなキャプリーン・ポリエステル表面生地採用。定価は5000円台と比較的安いです。

(パタゴニア) patagonia M's Cap LW T-Shirt 45651 FGE Forge Grey//Grey M

【重量】80グラムg 【素材】リサイクル・ポリエステル100%のダブルニット ※ポリジン永続的防臭加工済み。

Amazonで詳細を見る

おすすめのベースレイヤー④

夏の登山におすすめ!ザ・ノース・フェイスの半袖Tシャツタイプ「ショートスリーブエアークルー」

通気性を最高レベルにまで高め、ムレを軽減するベースレイヤー。肌に直接風が抜けていく清涼感が感じられるフライスニット素材。独自の製法で、汗を多く吸収すると同時に素早く乾燥へと導きます。余裕のあるシルエットで着心地も快適。抗菌・消臭機能を備え、夏場の長期の山行でも快適です。定価も3000円台と安いのでおすすめです。

[ザ・ノース・フェイス]ショートスリーブエアークルー S/S AIR Crew メンズ ブラック 日本 M (日本サイズM相当)

【素材】Dacron® QD High Breath Fraise(ポリエステル100%) 【Size】S、M、L、XL 【重量】110g(Lサイズ) 【Color】(K)ブラック、(PG)パミスグレー

Amazonで詳細を見る

おすすめのベースレイヤー⑤

季節を問わず活躍!MAMMUT(マムート)の半袖Tシャツタイプ「トロバット プロ T-Shirt Men」

マムートの高品質で比較的厚めの半袖Tシャツタイプのベースレイヤー。湿度調節機能に優れた高品質PolartecPowerWoolが肌をドライに保ちます。内面にウールと外面にポリエステルが編まれた二重織りの新素材は、調湿性にすぐれて汗冷えを防ぎ、快適な着心地。独自の縫製により、縫い目が肌に当たらず、伸縮性も抜群です。

Mammut Trovat Pro T-Shirt - Short-Sleeve - Men's Graphite Melange アウトドア メンズ 男性用 シャツ Performance Shirts

【素材】Polartec_ Power Wool, UV35+ 【表面素材】 66% Polyester,34% Wool

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめのベースレイヤー⑥

登山で一年中活躍!モンベルの半袖Tシャツタイプ「スーパーメリノウール L.W. Tシャツ Men's」

モンベル独自の縮れの少ない「スーパーメリノウール」を使用。薄手の生地ながら高い保温性を実現したTシャツです。レイヤリングしやすいボリューム感で動きやすく、一年を通して幅広く活躍します。メリノウール使用ながら3000円台の安い価格は魅力です。

(mont-bell) モンベル スーパーメリノウール L.W.Tシャツ メンズ シルバー XS (montbell)

【素材】スーパーメリノウール92%+ナイロン8% 【平均重量】105g 【カラー】ブラック(BK)、シルバー(SV) 【サイズ】XS、S、M、L、XL

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめのベースレイヤー⑦

サラサラ感をキープ!ザ・ノース・フェイスの長袖Tシャツタイプ「ロングスリーブハンドレッドドライクルー」

水分を含むことがないポリプロピレンを100%使用した肌をドライに保つベースレイヤー。年間を通じてレイヤリングしやすい長袖Tシャツタイプ。身頃と袖はハニカムメッシュ構造で高い通気性と肌のサラサラ感を確保。汗を素早く放出して、肌への濡れ戻りを防ぎます。肩は摩擦に強い天竺編みで補強。独自の縫製で縫い目が当たらずレイヤリングしやすい構造。ポリジン防臭加工で臭いも気になりません。一度着ると病みつきになる快適さです。

ノースフェイス THE NORTH FACE ロングスリーブハンドレッドドライクルー NUW61701 K

【素材】100DRY Bodymap HonyComb Mesh(ポリプロピレン100%) 【サイズ】SM、LXL 【重量】185g(LXLサイズ) 【Color】(K)ブラック

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめのベースレイヤー⑧

季節を問わず活躍!ザ・ノース・フェイスの長袖Tシャツタイプ「ロングスリーブエアークルー」

ムレを軽減するベースレイヤー。肌に清涼感が感じられるフライスニット構造。通常の糸に比べて広い表面積を持つ糸を採用、汗をより吸収すると同時に素早く乾燥させます。身体にフィットしすぎずいくらか余裕のあるシルエットは着心地も快適。抗菌・消臭機能を備え、夏場の長期の山行でも快適に行動にも最適です。

ザ ノースフェイス ロングスリーブ エアー クルー(メンズ) アンダーウェア The North Face L/S AIR Crew NU65115 (K)ブラック

【素材】 Dacron® QD High Breath Fraise(ポリエステル100%) 【Size】 S、M、L、XL 【Color】 (K)ブラック

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめのベースレイヤー⑨

冬登山におすすめ!ザ・ノース・フェイスの長袖Tシャツタイプ「ロングスリーブ ウォーム クルー」

オールシーズン使用可能ですが、特に気温の低い季節で活躍する、高い保温性を持ったベースレイヤー。コットンに近い優しい肌触りや快適なストレッチ性など、普段使いにもおすすめの着心地の良さ。カットソーとして着ても違和感のないデザイン。消臭機能も兼ね備えているので長時間のアクティビティも快適です。

THE NORTH FACE (ノースフェイス) トレッキング アウトドア メンズアンダー ロングスリーブ ウォーム クルー メンズ NU65135 Z

【素材】Thermolite®光電子®MAXIFRESH®ベアー天竺(ポリエステル81%、指定外繊維(マキシフレッシュ)14%、ポリウレタン5%) 【サイズ】 S、M、L、XL 【重量】 215g(Lサイズ) 【色】 (K)ブラック、(Z)ミックスグレー

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめのベースレイヤー⑩

冬登山におすすめ!ザ・ノース・フェイスの長袖Tシャツタイプ「エクスペディションホットクルー」

肌側は毛足の長い起毛地で、冬場の登山や高山など極寒地の寒さにも対応する、暖かいベースレイヤーです。ウールを混紡した素材は、遠赤外線を利用して体を温める光電子仕様。ストレッチ性が高く体にぴったりとフィット。熱を逃がさず、動きやすさも損なうことがありません。

ノースフェイス THE NORTH FACE エクスペディションホットクルー Expedition HOT Crew メンズ K/ブラック NU61500

【Fabric】 Expedition Weight 光電子®(アクリル60%、ナイロン26%、ウール12%、ポリウレタン2%) 【原産国】 日本 【Size】 WM、M、L 【Weight】 250g(WMサイズ) 【Color】 (K)ブラック、(Z)ミックスグレー、(FR)ファイアリーレッド

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめのベースレイヤー⑪

登山で通年着用可能!モンベルの長袖Tシャツタイプ「ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ Men's」

モンベルのジオラインの中厚手のベースレイヤー。適度な保温力を持ち、素早く汗を吸水拡散して素肌を常に乾いた状態に保ちます。登山、スキーなど行動と休憩を繰り返すアクティビティに最適。基本的には、一年を通して活躍します。モンベルのジオラインシリーズは、他のブランドと比較して安い価格も魅力です。

mont-bell(モンベル) ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ Men's ブラック(BK) 1107282

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%] 【平均重量】170g 【カラー】ブラック(BK)、インディゴ(IND)、ライトシルバー(LTSV) 【サイズ】S、M、L、XL

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめのベースレイヤー⑫

冬登山におすすめ!モンベルの長袖Tシャツタイプ「スーパーメリノウール M.W. ラウンドネックシャツ Men's」

ウールの優れた保温性と伸縮性を兼ね備えた中厚手のベースレイヤー。しなやかでチクチク感のない肌ざわり。汗の吸湿性に優れ、吸い取った汗を緩やかに放出するため汗冷えしずらいベースレイヤー。冬のあらゆるアクティビティはもちろん、日常の下着としても快適です。メリノウールを使用しながら5000円台と比較的安い定価も魅力。

モンベル mont-bell スーパーメリノウール M .W .ラウンドネックシャツ Womens 〔女性用 Womans アンダー〕 (BK):1107574

【素材】スーパーメリノウール100% 【平均重量】185g 【カラー】ブラック(BK)、ライトパティ(LTPT)、ネイビー(NV) 【サイズ】S、M、L、XL

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめのベースレイヤー⑬

モンベルの長袖ジップタイプ「メリノウールプラス ハイブリッドジップシャツ」

優れた保温性と蒸れにくさを両立したロングスリーブジップシャツです。前面にメリノウールとポリエステルで抜群の保温性を備えたメリノウールプラスを採用。背面には吸水拡散性に優れ、蒸れを効果的に放出するウイックロンZEOサーマルを使用。秋冬はベースレイヤーとして、春先は単体でトップスとして、一年を通じて活躍します。価格面でも安いのでおすすめです。

mont-bell:モンベルメリノウールプラスハイブリッドジップシャツ【3カラー】1114274

【素材】(前面)メリノウールプラス(背面)ウイックロンZEOサーマル 【平均重量】266g 【カラー】ブラック(BK)、ブルーサファイア(BLSA)、ディープレッド(DRD) 【サイズ】S、M、L、XL

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめのベースレイヤー⑭

冬登山から単体着用まで!ザ・ノース・フェイスの長袖ジップタイプ「ウインドストッパージップトップ」

高い汗処理機能と防風素材を組み合わせたジップタイプのベースレイヤー。風を受けやすいフロント部分にGOREウィンドストッパーを使用。汗処理が求められる背面と脇パネルには、ストレッチ性と吸水速乾性を備えたパワードライメッシュを使用。またポリジン加工によりにおいの発生を抑制します。冬場はベースレイヤーとしてそれ以外の季節はトップスとして単体で着用できることを考えると安い買い物です。

ノースフェイス ウインドストッパージップトップ NT11821 メンズ/男性用 SUMMIT SERIES サミットシリーズ Tシャツ Windstopper Zip Top

【素材】<前身頃・袖>Gore Windstopper Liner Products(表:ポリエステル100%、裏:ePTFE)<裏地・脇・背中>Power Dr Mesh(ポリエステル89%、ポリウレタン11%) 【サイズ】WS、WM、S、M、L、XL 【色】(W)ホワイト、(K)ブラック

楽天で詳細を見る

おすすめのベースレイヤー⑭

冬登山から単体着用まで!ザ・ノース・フェイスの長袖ジップタイプ「ロングスリーブフラッシュドライジップアップ」

汗によるべたつきや汗冷えを軽減する、中厚手の長袖ジップシャツ。肌面は凹凸のあるグリッド構造にし、水を含まないポリプロピレンを使用することで、肌離れのよさとドライ感をキープします。表面吸汗・速乾性に優れたポリエステル天竺。大量の汗をかくシーンでも衣服内を快適にします。強い日ざしから肌を守るUVカット仕様。冬はベースレイヤーとして、それ以外の季節はトップスとして活用できます。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス) L/S FlashDry Zip up(ロングスリーブフラッシュドライジップアップ)NT11811 (K)ブラック

【素材】FlashDry 3D DWR Grid Backer(ポリエステル64%、ポリプロピレン36%) 【サイズ】S、M、L、XL 【色】(ZC)ミックスチャコール、(UN)アーバンネイビー、(K)ブラック

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめのベースレイヤー⑮

冬登山から単体着用まで!パタゴニアの長袖ジップタイプ「メンズ・キャプリーン・ライトウェイト・ジップネック」

キャプリーン・ライトウェイトは速乾性と吸湿発散性に優れたパタゴニア最軽量のベースレイヤーです。肌面のグリッド構造は素肌に軽やか、外側の滑らかな表面によりレイヤリングしやすい構造。素材はリサイクル・ポリエステル100%で、ポリジン永続的防臭加工済み。長めのジップネックは調温に便利。折り返してテープ処理してあるので肌が擦れず快適です。

◎パタゴニア 45570・メンズ キャプリーン ライトウェイト ジップネック(BSRB)

【重量】2.3オンス(80グラム) 【素材】リサイクル・ポリエステル100%のダブルニット

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめのベースレイヤー⑯

厳冬期の登山に!パタゴニアのフーディタイプ「メンズ・キャプリーン・サーマルウェイト・ジップネック・フーディ」

素肌に快適な温かさと抜群の通気性、ぴったりとフィットするフード付きのモデルです。内側にマイクログリッド・フリースを施し、保温性と通気性を提供します。伸縮性を備えたソフトなポーラテック・パワー・グリッド素材は表面はレイヤリングがしやすい滑らかさ、内側の温かい起毛フリース面は水分をすばやく外側へ発散し快適な肌触り。ポリジン永続的防臭加工済みです。

patagonia [パタゴニア正規代理店] MEN'S CAPILENE THERMAL WEIGHT ZIP-NECK FOODY [43667] メンズ・キャプリーン・サーマルウェイト・ジップネック・フーディ MEN'S

【重量】3.8オンス(129グラム) 【素材】ポーラテック・パワー・グリッド(無地:リサイクル・ポリエステル92%/ポリウレタン8%、ヘザー:ポリエステル92%(リサイクル・ポリエステル30%)/ポリウレタン8%。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

登山で着るベースレイヤーまとめ

sittingbull_kobeさんの投稿
23824666 305321603315309 1293851351662460928 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

いかがでしたか。登山におすすめのベースレイヤーを紹介しました。ベースレイヤーは安全に登山を行うために大事なアイテム。登山の服装の基礎となるんベースレイヤー。適切なレイヤリングをして山に出かけましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ