検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

チューリップの育て方!球根の植え方や肥料・水やりなど栽培の極意をご紹介!

チューリップは、春を代表する花です。だからこそ、その姿を見るだけで何だかウキウキした気持ちを持つと言う方も少なくないでしょう。そんな、見るだけで明るい気持ちになるチューリップを栽培してみませんか?今回はチューリップの育て方などを詳しくご紹介させて頂きます。
2020年8月27日
puopuopuopuo

チューリップとは

チューリップとは、春を代表する花です。その為、花に詳しくないと言う方でもその姿を知っている方も多く居るのではないでしょうか。人によっては、子供の頃に球根から水やりを行い、栽培した経過を持っている人も居るかもしれません。それだけチューリップは、私たちにとって身近な花なのです。 ですが身近にある花と言ってもその育て方や植え付け方まで知っている人はそう多くはありません。やみくもに肥料を与えてしまえば枯らしてしまう事もあるでしょう。 そこで、チューリップの育て方についてくるご紹介させて頂きます。

チューリップの学名


科名 ユリ科 学名 Tulipa gesneriana 別名 鬱金草 難易度 中級者向け チューリップは、春になると街中や庭先などでよく目にする花です。その為、誰でも簡単に育てる事が出来るように思っている方も少なくありません。ですが、実際は難易度は中級とそう簡単な花ではないのです。

チューリップの大きさ


チューリップと一口に言っても、その中には品種がいくつもあります。その為、その品種によってチューリップの大きさもまちまちです。 一般的によく見るものだと、40センチから50センチですが小さい物になるとその半分程の物もあります。その為、栽培を行う際は、その程度のものを育てたいのかをイメージして選ぶ必要があります。植え付け場所によっても適する品種は変わってきますので、注意が必要です。

植え付ける場所に他の花がある場合には、それらとのバランスを考える事も重要です。あまりにも、一つだけとびぬけてしまってもおかしいので、それぞれの成長した大きさをイメージしながら植え方を考えてみる事が美しい花を育てるポイントとなります。

チューリップの開花時期


チューリップと言えば、春のイメージが強い事でしょう。その為、開花時期も春ごろだと思われています。 確かに、大まかに言えば春です。ですが、品種によってその時期には微妙に差があります。 早生種・・・3月下旬~4月中旬 中生種・・・4月中旬~4月下旬 晩生種・・・4月下旬~5月上旬 球根を見ただけでは、この差に気が付く事は出来ないでしょう。だからこそ、購入する際はお店の方に相談してみてください。 植え付け場所を決める際には、開花時期もイメージしながら行う事をおすすめ致します。

チューリップの育て方

球根の特徴

チューリップといえば、まるで玉ねぎのような球根が特徴的な花です。種から育つ花と比べれば、その存在感はとても強く栽培方法にも注意が必要です。 球根は、尖ってる方が上です。上下反転させてしまうと、上手に目を出す事が出来なくなってしまいます。その為、植え付けの際は注意してください。

球根を植える時期

チューリップの植え付け時期は、秋頃が良いと言われています。その為、住んでいる地域によって差が出てくる事でしょう。イメージとしては、紅葉が始まったらチュウリップの球根を植えてください。春に咲くイメージの強いチューリップなのでつい暖かくなるまでのんびりと構えてしまいがちです。 ですが、秋から冬を超える事によってチューリップはより強くなります。その為、どんなに遅くとも年末までには栽培を開始する事をお勧めします。

球根を植える方向

チューリップを植える際は、球根をよく見ましょう。とんがっている部分を植上にする事は、多くの方が知っているはずです。ですが、それ以外にも前と後ろがある事をご存知でしょうか。 育て方に直接関係する問題ではありませんが、チューリップの特徴として球根の決まった向きから葉が出てくると言う事が分っています。だからこそ、栽培を開始する際は、前後の向きを揃える事をお勧めします。そうする事によって、方向がそろった美しいチューリップを育てる事が出来るからです。 栽培の際に、チョットだけ手をかける事によってより美しいチューリップを楽しむ事が出来るようになるでしょう。

チューリップの植え付け場所

チューリップは日当たりの良い場所を好みます。その為、栽培する際には日に当たる場所に植えてください。そうする事によって、より元気な姿を楽しむ事が出来るでしょう。 プランターと花壇によって植え方が異なります。その為、植え付け場所によって気をつけてねポイントは変わってきます。その事をしてください身に付け、毎日の水やりをしっかりと行ってください。

花壇

チューリップを花壇への植え付け方としては、より深く埋めましょう。その深さは、球根の2つ分ほどです。花壇は、底が無く、植物が好きなだけ根を伸ばす事が出来るようになります。だからこそ、より開花時期の長い丈夫な花を咲かせる事が出来るようになるのです。 深く伸びた根は、球根を大きく成長させてくれます。だからこそ、来年の植え付けを考えるのであれば花壇でチューリップ栽培する事はとても良い事でしょう。 増やし方をいくら学んだとしても、物がなければ意味がありません。

プランター

プランターでの植え方は、花壇とは少々違う部分があります。 まず、選ぶプランターはある程度深さがある物を選んでください。そうする事によって、より根を張る事が出来るので十分に栄養をいきわたらせる事が出来るからです。 また、実際に植え付けを行う際には球根の上にはそれと同等程度の土をかけてください。余るにも深く埋めてしまうと出てこなくなってしまう場合もあります。そうなってしまえば水やりをいくらしても開花する事はないでしょう。そうならない為にも植え方をしっかりと守って栽培をしましょう。

またプランターの場合には、植え付けを行った後も移動する事が可能です。その為、目が出てきてから日照時間を少し短くする事をお勧めします。そうする事によって、少し長く花を楽しむ事が出来るそうです。

チューリップを育てる際の肥料

花をより美しく栽培する為には、肥料が必要不可欠です。それはチューリップも同じことです。チューリップが最も肥料を必要とする時期は芽が出始めた頃です。その為、この時期には液体肥料を見ずに薄めた物を与えてあげてください。 また、花が咲き終わった後も来年の球根を取る為にも多少多めに肥料を与えましょう。この小さな努力が結果的に美しい花を育てるには大事な事なのでしょう。 ですが、水やりなど基本的な事を忘れているようでは美しい花を見る事は出来ません。是非目の前にある物をきちんと命ととらえ、世話をするように心がけて下さい。

チューリップの増やし方

チューリップは大変美しい花です。その為、自分の家の庭にチューリップを植えたいと考える方も多く居る事でしょう。増やし方をマスターすれば、来年以降も美しい花を見る事が出来るようになります。 増やし方の基本は、元気な球根を作る事です。チューリップは球根から栽培される事が一般的です。だからこそ、増やし方を学びたいというのであれば、球根の管理を学ぶ必要があります。 花が咲き終わった物は、球根に栄養を届ける為にカットしてしまいましょう。ですが、花茎と葉は光合成に使う部分となります。注意してください。その葉も自然と茶色くなり枯れてしまえば、球根は完成です。

球根も管理が必要

球根は、土の中にそのままにしておくとカビてしまったり腐ってしまう事もあります。他の植物と一緒に栽培していれば、水やりの度に濡れる事となりそのリスクは更に高くなります。水やりは大切なポイントですが、球根にとってはまだ必要ありません。だからこそ、土から出してしまいましょう。

球根が土から出た後は

土から出した球根は、風通しの良い場所に置いて乾燥させます。この際、風通しの良い場所に置く事によって球根を長期保存させる事が出来ます。 その後の、増やし方としては秋口に球根を植えれば良いのです。ですが、球根はそう簡単に増やす事が出来る物ではありません。どうしても今年よりもサイズが小さくなってしまう事でしょう。その為、毎年美しい花を咲かす事が出来るかどうかは分かりません。 増やし方としては、そう難しい事ではないので挑戦してみるのもいいかもしれません。ですが、美しい花を咲かせたいのであれば毎年球根を購入する事も検討してみてください。植え方も、今年と同様なので、困る事はないでしょう。

チューリップの種類

チューリップと一口に言っても、その品種には様々な物があります。先端がとがっている物もあれば、フリルのようになっているものなどもあります。育て方に大きな違いはないので、最終的な判断は個人の好みとなります。 植え方に差はないものの、植える場所によって適する品種も変わってくるはずです。その為、植え付け場所などを意識しながら最善の選択をしてみてください。植え方は一度覚えてしまえばそう難しいものではありません。一度マスターすれば、後は気軽にチューリップの栽培を楽しむ事が出来るでしょう。 多くの種類があるとは言え、一つ一つ違った物を育てる事はあまりお勧め出来ません。 多種を育てたいのであれば、植える場所は離しましょう。

あなたのお気に入りはどの品種?

・早生種(一重早咲き系、八重早咲き系) ・中生種(トライアンフ系 、ダーウィン・ハイブリッド系) ・晩生種(一重遅咲き系、八重遅咲き系、ユリ咲き系、フリンジ咲き系、ビリディフローラ系、パーロット系、レンブラント系) 見た目の差は、イメージを大きく変えます。だからこそ、育て方ばかりを学ぶのではなく花本来の美しさに目を向ける事も重要です。 増やし方に差はありません。自分のお気に入りの種類を年々増やしてみてはいかがでしょうか。

綺麗なチューリップを育てよう

チューリップは、春を知らせる美しい花です。その花を美しく咲かせる為には、正しい栽培方法を知る事が需要です。その育て方を身に付けることが出来れば、自分の庭でチューリップを楽しむ事が出来ます。増やし方をマスターすれば、年々その数を広げていく事だって出来るでしょう。 肥料や水やりなど、こまめなポイントは他の植物とそう変わるものではありません。まず一番重要な事は基本を押さえ、敷かk理と育て方をマスターする事です。美しいチューリップを楽しむ為にも、是非頑張ってください。