検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

アークテリクスのアロー22のレビュー&人気の理由まとめ!偽物には注意!

アウトドアブランドのアークテリクスが販売している高性能バックパック、アロー22をご紹介します! 大容量・多機能で使い勝手もよく、使用者のレビューでも高い評価を得ている便利なアイテムなんです。アークテリクス製のアロー22を騙る偽物との見分け方も要チェックです。
2022年1月15日
水城たんぽぽ

今注目のアークテリクスって?

高い技術力が評判のアウトドアブランド

アークテリクスというのはカナダで1991年に設立されたアウトドアブランドの事です。

目標として「外部の状況に関わらず、人がアクションに熱中できる装備を想像すること」を掲げており、高い技術によって機能性とお洒落を両立させた便利なアイテムが揃っていることが特徴ですね。最古の鳥類である始祖鳥をもとにデザインされたロゴがトレードマークです。


カジュアルでも使えるオシャレなデザイン

アークテリクスは主にバックパックやジャケットなど、冬の登山にも使えるようなアウトドア用品を取り扱っているのですが、使用者からはそのデザイン性も高く評価されているのが特徴ですね。

ファッション誌に登場することもあるので、もしかしたらアウトドアに縁がなかった人でも見かけたことがあるかもしれません。機能性と優れたデザインが高く評価されている人気のブランドなんですよ。

アークテリクス アロー22の魅力・その1

背負い心地が良いと評判のバックパック


今回ご紹介していくアークテリクスの「アロー22」は、そんな人気アウトドアブランドのアークテリクスが販売している中でも特に高評価のバックパック。実際に使用者のレビューを見てみると特に「背負い心地が良い」と評判なんです。

バックパックの背中に当たる部分に搭載されたプラスチック製のパネルが背負った時に背中にフィットするよう工夫されており、背負ったままでもとても動きやすいんですよ。背中部分だけではなく肩への衝撃をやわらげるショルダーストラップもしっかりと作られており、これもレビューで評価が高い理由ですね。

アークテリクス アロー22の魅力・その2

高い防水性と耐久性


アークテリクス・アロー22はカテゴリとしては防水バックパックと呼ばれるもので、バリスティックナイロンという高い防水効果がある素材を使用していることが特徴です。内側からも合成ゴムによるコーティングがされており、さらにファスナー部分までラミネート加工によって水の侵入を徹底的に防ぐ作りになっているとのこと。

アロー22はこの高い防水性のおかげで外出時の急な雨でも中の荷物が濡れる心配がないとレビューでも高評価です。キャンプや登山・通勤や通学などどんなタイミングでも天気を気にせず使えるという安心感は嬉しい点ですね。

アークテリクス アロー22の魅力・その3

カンガルーポケットのおかげで使い勝手も良し

アークテリクス・アロー22の特徴を語るうえで外せないのがフロント部分の縦ファスナーです。これはカンガルーポケットと呼ばれる部分で、容量もそこそこで荷物の出し入れがしやすい作りになっているんですよ。ファスナーの位置も荷物の取り出しがしやすい場所のため使い勝手が非常にいいとレビューでも高評価なんです。

カンガルーポケットは下部分に水を抜くための小さな穴が空いているため、そこについては注意が必要です。他のポケットと違い、激しい雨の場合はその穴から雨が侵入する事もあるらしいので、水に濡れたくないものは入れないようにした方が良いでしょう。

アークテリクス アロー22の魅力・その4

大容量で利用者の評価も高め

肝心のメインポケットは22Lと大容量であることもアロー22の魅力ですね。かなりの大容量に加えて素材の伸縮性もそれなりにあるため大きな荷物でも出し入れがしやすいのでアウトドアでは特に重宝します。

もちろんアウトドアだけでなく、通学や通勤などの普段使いにも便利ですね。実際の使用者のレビューでも、15インチのノートパソコンまでならちゃんと収納できるとのことでした。アロー22はその容量と使い勝手の良さで多くの人から評判なんですよ。

アークテリクス アロー22の注意点・その1

フロントファスナーの扱いには注意

大容量・高耐久に防水素材と使い勝手の良さをとことんまで追求したアロー22は基本的に使用者からの評判も良く優れたアイテムなのですが、使用するときにはいくつかの注意点もあります。ネット上でアロー22の評判を見てみると、特に気を付けるべきはその防水ファスナーについてのようです。

非常に優れたパーツであることは間違いないのですが、その性能の高さと引き換えに耐久性が生地と比べて少々見劣りしてしまうとのこと。素材にポリウレタンを使用している都合上他の部分より劣化速度が速く、耐久年数で言えば2~3年程度で修理を考えなければならないようですね。

アークテリクス アロー22の注意点・その2

正式な修理は海外でのみ対応

最初に紹介した通り、アークテリクスはそもそも海外のメーカーのため「国内では正規修理を取り扱っていない」という点が厳しいですね。アロー22に限った話ではないですが、アークテリクスのアイテムを修理する場合は日本では修理できずカナダ本社のほうまで郵送する必要が出てくる点は気を付けた方が良いでしょう。

海外に郵送する都合上修理期間が長くなり、送料なども含めて修理の費用はお世辞にも安いとは言えませんので要注意ですね。とはいえアロー22は耐久性もちゃんとしているので、よほど雑に扱わない限り心配はいりませんよ。

アークテリクス アロー22の注意点・その3

アロー22の偽物が出回っている事に注意!

海外ブランドの中でも特に人気の高いアークテリクス・アロー22ですが、その人気ゆえに偽物が出回っている事について注意をしておかなければいけません。

特にAmazonや楽天など購入まで実物を手元で確認できないところでの購入では要注意で、安く売っているものを買ってみたら質の悪い偽物だった、なんて悲しい出来事も多々あるようです。Amazonなどでの購入をどうしても望むのであれば、アロー22の本物と偽物の見極め方をしっかり把握しておく必要がありますね。

偽物と本物の見分け方・その1

見極めの基準はタグ部分

アークテリクスの偽物と本物を見分ける方法はいくつかありますが、その中でも特にわかりやすいのがタグ部分ですね。本物のアロー22にはアークテリクスの名前が入ったタグが付いているのですが、偽物だとこれがそもそもついていない事がほとんどなので判断しやすいです。

仮にタグのついている偽物だったとしても色が違っていたり文字がズレていたりと作りが荒いので、専門ショップや公式サイトなどでアークテリクスのタグを見ておけば本物との違いはすぐに見分けられますよ。

アークテリクス アロー22

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

偽物と本物の見分け方・その2

ジッパー部分にも注意しておくこと

アロー22のもう一つの見分け方としてネットでも良く注意されているポイントが、先ほど防水性能の評判が良いと紹介したジッパー部分になります。こちらもタグと同じように偽物はカラーリングや作りが粗いため、本物と見比べてみればその差は一目瞭然。

作りの粗さ以外にも、正規品のジッパーには「YKK」の刻印がされたものが使われているのですが偽物だと使われていないため、よく見ればすぐに見分けがつくでしょう。タグとジッパーをよく見て、偽物かどうか見分けられるようにしておくと偽物を買わされる心配が減って安心ですね。

偽物と本物の見分け方・その3

縫製の完成度は要チェック

出典:amazon.co.jp

アロー22に限った話ではないですが、アークテリクスのアイテムの良さを語るうえで欠かせない点としてその「完成度の高さ」が挙げられます。

これも、偽物かどうかを見極める時には重要なポイントなので忘れずチェックするようにしましょう。特に縫製部分はこれが顕著で、偽物だと縫い目が粗かったりほつれが見えたりして全体的に作りこみが甘いです。

信頼できるところから購入することが一番!

通販サイトはしっかりと見極めること

本物と偽物の見分け方自体は分かりやすいポイントが多いのですが、例えば初めてアークテリクスのアイテムを購入するという人が正確に見分けるのは結構難易度が高いです。本物と偽物をそれぞれ実際に手に取って見比べられたらすぐに分かるとは思いますが、ネット販売などではそうも言ってられませんよね。

通販サイトなどで買う時はそのサイトが本当に信用できるところかどうかちゃんと見極めてからにした方が良いでしょう。商品名でネット検索などをした時に見つかる価格が異様に安いサイトなどは、ほぼ間違いなく偽物なので避けた方が無難です。

おすすめの購入方法は?

偽物を買う心配のない安全な購入方法としてはやはり、専用の公式サイトでの購入が一番でしょう。公式サイトでは直接の購入以外にも、アークテリクス製品を正規に取り扱っているショップの場所も紹介してくれているので実物を手に取りながら選ぶのもおすすめですね。

ネットでの評判を見る限りだと、オンラインでの購入をする場合は「ZOZOTOWN」での購入が比較的安全だということです。Amazonや楽天での購入もできないわけではありませんが、買う前に必ずレビューなどで本物かどうかの確認を怠らないようにしましょう。

安く買うならいっそ本社という選択肢も

海外ブランドのためどの方法でも値段がちょっと気になる、という人には最後の手段として、直接カナダにあるアークテリクス本社まで出向くという方法もあります。

カナダ本社には世界で唯一のアークテリクスアウトレットがあるので、他の方法と比較すると非常に安価に買えるでしょう。とはいえ普通はわざわざカナダまで買いに行く事そのものが困難なので、あくまで参考程度に意識しておくだけで済ませるのが吉かもしれませんね。

アークテリクス アロー22の使用者レビュー

当方175センチで普通体型で 背負うと大き過ぎず小さ過ぎず 良い感じです。(個人的な感想です) 容量は男性の一泊二日の旅行ぐらいの 荷物は入るかなって感じです。 日常使い程度なら必要にして十分だと思います。

アロー22を実際に購入した人からのレビューで目立つのはやはりその使い勝手と容量ですね。男性の旅行荷物が一泊二日ぶん入るとなるとかなりの容量なので、その点で物足りなさを感じる使用者はほとんどいませんね。普段使い用から登山用まで購入者によってその用途は様々で、どの使い方でも対応できる使い勝手の良さも高評価です。

出典:rakuten.co.jp

デザインに関しては、一人ひとり価値観が違うので、断言は出来ないのですが、僕個人的にはとても好みです。特にカンガルーポケットは見ていてニヤニヤしてしまいます。 街なかで使用しても全然問題ないなって感じています。

容量や使い勝手と同じくらい目立つ評価として、そのデザイン性の高さが挙げられます。シンプルなデザインと縦長のシルエットが、カジュアルなファッションにも綺麗系のコーデにも安定して似合うので単純なおしゃれとして好む使用者も多いみたいですね。

自社サイトでも「科学を基盤とすると同時に芸術的でもあるデザイン」と自負しているだけあって、デザインの評価は非常に高いと言えます。始祖鳥をあしらったロゴマークも人気ですよ。

ファスナーが大きく一番開きやすいところなので財布を入れたりするのに便利。 僕はここには本や、ポケットwi-fi、鍵など小物を入れています。 中には鍵をかけられるフックがついています。 僕はキーホルダーを使っているので使ってませんが、鍵をむき出しで持つのに悩んでいる人には重宝するはず。 両サイドにはもちろん小物入れが。 携帯入れたり、ペットボトルを入れたりできます。

大容量のメインポケット以外にも、複数のサブ収納があることもアロー22が購入者に喜ばれているポイント。大きなファスナーで出し入れしやすいカンガルーポケット以外にもサイドの小物入れが左右で作りが異なっており、それぞれ収納性に優れていることが評判なんですよ。

マジックテープのおかげで入れたものが落ちにくい右側はスマホ収納に、ゴムで締め付ける左側がボトル類の収納に適しています。

まとめ

評判のアークテリクス・アロー22は優れた点の多い優秀なバックパックです。25年前にローカル・クライマーたちが自分たちの経験をフルに活かして設計された機能やデザインは、手に入れれば用途にかかわらずきっとその使い勝手で満足させてくれますよ。

海外のメーカーであるため決して安い買い物ではありませんが、少しでも興味を持てたなら思い切って買ってみることをおすすめします。使ってみて後悔することはまずありませんよ。