ガラコ&超ガラコの撥水性を高める使い方・塗り方を解説!視界確保にはこれ!

ガラコ&超ガラコの撥水性を高める使い方・塗り方を解説!視界確保にはこれ!

ガラコの使い方は、ドライビングの安全基準を満たす有効な視界確保となります。見た目にもかっこ良く安全運転を達成するには、超ガラコの塗り方があります。視界良好を車載した超ガラコの施術によって。撥水コーティングはこれ一本!超ガラコの使い方。

記事の目次

  1. 1.ガラコの基本
  2. 2.超ガラコの基本
  3. 3.ガラコの使い方
  4. 4.ガラコの塗り方
  5. 5.超ガラコの撥水
  6. 6.超ガラコのコーティング
  7. 7.ガラコ施術のフロント
  8. 8.ガラコでガラスをクリーンに
  9. 9.ガラコで期待できる効果
  10. 10.超ガラコの成分
  11. 11.ガラコの評価
  12. 12.超ガラコの重ね塗り
  13. 13.ガラコの安全性
  14. 14.ガラコの重ね塗りで変わること
  15. 15.愛車にガラコを
  16. 16.視界良好であることは
  17. 17.ワイパーゴムの理由もある
  18. 18.撥水効果は見た目も綺麗
  19. 19.ガラスだけでない効果
  20. 20.ガラコのまとめ

ガラコの基本

超ガラコ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

ガラコの歴史

ガラコといえば、旧来より自動車のフロントグラスにおいて、撥水効果をもたらす塗布剤として、名をはせていました。他にも撥水効果をもたらすスプレー剤など、多くの視界良好系の撥水剤があるのに加えて、ガラコの撥水効果はどのような事が期待できるのか。そして、ガラコの撥水剤の技術とはなんでしょうか。

ガラコから超ガラコへ

ガラコは今では超ガラコへ進化を遂げました。超ガラコになって、どのようになったかはそれぞれが使用感とその効果を確かめてみるのが、一番ベストです。超ガラコは、使い方と塗り方を手順通りにふめば、その撥水コーティングにおいて、驚異的な力を発揮します。そのフロントガラスの評価は、手に取り施術を加えて、自身で評価してください。

超ガラコの基本

車載しておきたい超ガラコ

超ガラコはコンパクトサイズとなっています。ですので、インパネキャビネットの中や、トランクサイドに常備しておくことで、いつでもガラスへの施術がかんたんに施せます。要するに使い方としては、まずクルマの中に常備しておくこと。そして、いつでもガラスの調整が可能なようにしておくことで、安全走行を守るというやり方です。

超ガラコ ウィンドウケア ミラーコート

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

暇をみて超ガラコを施術

空いた時間に超ガラコを施術しておけば、そのガラスコーティングの撥水成分のおかげで、ロングドライブが可能になります。つまり、しっかりとした使い方と塗り方をしておけば、その撥水持続時間のおかげで、視界良好が継続できる訳です。超ガラコには、油膜対策の効果もあり、ガラスの曇りによる危険を回避する、有効な使い方が可能なのです。

ガラコの使い方

超ガラコの使用法

超ガラコをガラスに塗り込む前に、まずガラスの汚れを取っておきましょう。それには、ウィンドウォッシャで何回がワイパーを施し、水分と洗剤でクレンリネスを徹底します。それから超ガラコを塗布していきます。ガラコをガラス全面に塗る必要はなく、適度に感覚をおいて、超ガラコの層を加えます。その後、ウエスで引き延ばしながらドライ感が出るまで擦り込みます。

超ガラコの効果的な施術方法

超ガラコの撥水効果を長時間持続させる為には、拭き上げの技術が重要です。使い方・塗り方はありますが、拭き上げるウエスの効果は絶大です。ガラスには表面のキズが微細にあったりします。ですので、その微細な凹凸に拭き上げによって、鏡面のような塗膜面を作る事が重要です。要はそのウエスの素材に、目の細かい不織布のような化学繊維質を使用することです。

ガラコの塗り方

超ガラコは重ね塗りがベーシック

ガラコは重ね塗りを加える事でさらに撥水コーティングが持続します。なので、一回目の塗布は多めに軽くする塗り方で、引き延ばしてからさらにもう一回軽く塗布をして、コーティング作業を繰り返します。一度目の塗布では、成分をガラス面に圧着させるように、そのガラスの微細な凹凸面に擦り込むかたちです。二回目は軽く鏡面仕上げのようにする使い方です。

ガラコの拭きむらがないように

フロントガラスに超ガラコの拭きむらが残っていれば、ガラスの塗膜が平面になっている状態ではないので、ワイパーゴムとの隙間ができる可能性があります。ですので、ガラスへのコーティング塗膜が一定量の状態にあわせ、一定の平面を膜として仕上げます。ちょうどワイパーゴムが超ガラココーティングの上をすべる感じになればOKです。

超ガラコの撥水

超ガラコの成分を有効にする為に

超ガラコを塗布した後、長時間の撥水効果はその成分により期待できます。その為、ウィンドウォッシャ液の順良なものを選ぶ必要はあります。ウィンドウォッシャ液との相性により、超ガラコの塗布成分を持続するかどうかの判断も必要です。そして、雨の日を走った時の、ワイパーの駆動回数に乗じて、ガラコのコーティングも摩耗しますので、適度なターンが必要です。

ロングドライブが可能でも定期的な塗布を

ドライブ走行時に、ワイパーを動作させることで、ガラコの塗膜表面はしだいにすり減ります。実際の撥水コーティング成分はガラスに固着していますが、最初のコーティング状態よりは、しだいに効果が減耗してきます。なので、晴れた日などに、暇を見てリコーティングの施術をすることが、愛車へのたしなみです。

超ガラコのコーティング

超ガラコのコーティング成分

超ガラコのコーティング成分にはシリコンが使用されています。シリコンの塗り方としては、やはりその層を均一に擦り込むことで大きな効果を発揮します。そして、シリコンコーティングは乾いた状態で保持されると、保護塗膜となり、時間数における劣化においても、そのコーティング層から劣化を防ぐことが可能になります。

水をはじく撥水成分

超ガラコの撥水成分シリコンを有効に作用させるには、やはり乾いたウエスでの擦り込みが必要です。シリコン自体の吸着効果により、ガラス面の微細な凹凸に雨水が留まる事を避ける事ができます。つまり、ガラス面を雨水が転がるようにはじかれるのです。その為には、有用なウエスできれいに鏡面仕上げをする塗り方が必要になります。

ガラコ施術のフロント

超ガラコによるフロントガラス施術の効果

超ガラコをガラスにコーティングすることにより、視界良好はもとより、ワイパーゴムの劣化を防ぐことも期待できます。つまり、低速走行でも高速走行でも、安全なクルマのメンテナンスとして、超ガラコを使用する訳です。超ガラコによる、視界良好の効果は、夜間運転や街灯の少ない山林箇所でのドライブに安全性能を付加することができます。

超ガラコの塗り方の方法による違い

ガラコの塗り方として、スティック状に塗布することになるので、フロントガラスに適度な感覚で、縁を描くように、まとめて重ねていきます。そして、その後、ウエスで乾拭きを施します。ウエスの使い方としては、綺麗な面がいつもガラス面に当たるようにし、円を描くその半径を広げていくような感覚で、コーティング成分を引き延ばします。そして重ね塗りを施します。

ガラコでガラスをクリーンに

超ガラコでガラスの鏡面仕上げ

超ガラコによるフロントガラスの鏡面仕上げをしておけば、ガラス表面にコーティング塗膜ができるおかげで、微細なキズ防止効果も期待できます。砂ぼこりの飛んでいる状態で、ワイパー動作をしてしまうと、眼には見えない微細なガラスキズが生まれます。それが、雨水の滞りを産み、視界の不明瞭を引き起こします。ガラスコーティングはフロントのキズから防御します。

汚れの付着しにくいガラココーティング

超ガラコによるガラスコーティングは、汚れの付着を防ぐ事が可能です。つまり、いつもきれいなガラス面を維持できるので、たびたびの洗車の回数を減らすことができます。雨水には泥の成分も入りますので、撥水コーティング成分が優秀であれば、洗車の煩雑さを減らすことができる訳です。見た目にも外観上の美化を図る事が出来、愛車として自慢できるでしょう。その重ね塗りの評価は洗車回数の減衰の経済的効果にもあるのです。

ガラコで期待できる効果

超ガラコによる経済的効果

超ガラコによる撥水コーティングをしっかりとした重ね塗りの塗り方で施術することで、その評価はまず自分の眼に明らかです。それは、美的外観の事もそうですが、洗車回数やワイパーブレードの交換のような、クルマのメンテナンス費用を削減することが可能です。愛車として定期的な施術を施すこと、超ガラコによる十分な使い方により、愛車の維持費を安くすることができます。

超ガラコによる安全性能

クルマの安全性能の確かさは、しっかりとした評価の対象です。超ガラココーティングのしっかりとした重ね塗りや、ウエスでの引き延ばし・擦り込み・鏡面仕上げにより、視界良好の効果は高いものとなります。それは、安全運転に直接結びつく性能になり、果ては路上の交通者や、対向車とのすれ違いによる危険性から、防護壁となるような効果をもたらします。

超ガラコの成分

超ガラコの成分の維持

超ガラコの成分シリコンは水分をはじく効果があります。これは、水滴の滑りやすい環境をフロントガラスに作り出し、多少キズのある劣化したガラスにも、鏡面がよみがえるような効果をもたらします。その評価は愛車をきれいに維持することや、自動車の所有者としての誇りにもなるのです。定期的な超ガラコの塗布で、シリコンコーティングは維持されます。

超ガラコにスプレーを施すことで

超ガラコは塗り方としての使い方があり、その塗布する施術に関しては、多少の技術が必要です。コーティング鏡面仕上げをするウエスの使い方も、テクニックがあります。円を描くように、ウエスのきれいな面で、ガラス全面に均一になるように仕上げます。その上で、上からスプレーと水分によりさらにコーティングすることも可能です。重ね塗りの効果です。

ガラコの評価

ガラコの使い方として

ガラコの使い方は、晴れた日に行うなど、ちょっとした休暇の使い方に向いています。愛車のメンテナンスを自身ですることにより、自動車への愛着と共に、安全運転への意識も上がります。視界良好のフロントガラスは、ドライビングサティスファクションを高める効果があり、外観の美的効果は、意識的な評価を自車にくだすようになります。

超ガラコの塗り方として

超ガラコの塗り方を、しっかりと施すことでフロントガラスの視界良好は保たれます。サイドガラスに対しても、客人を乗せる際には、多少の誇りを演出できるのです。きちんとした塗り方をキープし、定期的な使い方を維持すれば、急に人を乗せなくてはならなくなったとき、慌てる必要はありません。エチケットやマナーとしてのガラコの使い方があります。

超ガラコの重ね塗り

超ガラコの重ね塗りから

超ガラコの塗り方は、ウエスで磨くように仕上げる事など、実際の手作業による使い方が必要です。自身での塗り方の評価を、その都度確認することも、愛車をたしなむ上では愉しみとなります。自身でのクルマのメンテナンスの評価を随時、投げかけることで、愛車の所持者としての力量が現れます。外観からの評価を勝ち取る意味もあります。

ガラコの塗り方をレベルアップする

ガラコのフロントガラスへの塗り方は、次第にレベルアップしていく事が可能です。手作業によるガラコの使い方は、自動洗車機に比べれば、多少面倒くさい事かもしれません。しかし、ガラコの使い方を手作業による塗り方にする方法は、鏡面仕上げの効果をもたらし、オートメーションされたやり方よりも、効果と評価が高いものとなります。

ガラコの安全性

ガラコの重ね塗りによる安全性

超ガラコを重ね塗りすることで、フロントなどのガラスのコーティング層を多層化することができます。これは、ワイパーや風雨による、摩擦損耗を低減する事に結び付きます。重ね塗りの層の分だけ、微細なガラスキズを防止する機能を高める事が出来、安全走行の具体的な評価を得る事ができます。歩行者や対向車に対する安全の意味もある訳です。

フロントは見た目にも重要

フロントガラスはドライビング時における、メインの危険箇所察知のスルーポイントになっています。つまり、フロントの視界がよければ、危険回避の察知能力はドライバーにとって高評価となります。自身での愛車のメンテナンスが、目線の移動の際にも、標識を確認したり、安全運転の為に有効になります。そして、外界からの評価も美的センスとして高いものになります。

ガラコの重ね塗りで変わること

ガラコを車載にすることで

ガラコを随時取り出せるように、車載しておくことは、緊急時のトラブル回避としても有用になります。たとえば、豪雨の時のワイパーによる雨水除去ははたして、あまり効果の見込めない事があります。またワイパーの性能と劣化によっても、うまく雨水をフロントガラスからはじけない事があるのです。なので、豪雨時に緊急対策として車載するのは理にかなっています。

ガラコを定期的に重ね塗りにすることで

ガラコ等の定期的な塗布によるクルマのメンテナンスは、自車を保有するドライバーとしての責任感の現れとしても、評価されます。安全運転における定期点検や、定期的なメンテを自身で施せるようになっておけば、緊急時のとっさな判断に有効ですし、危険を未然に防ぐという、賢いドライバーのあり方を追求できるのです。

愛車にガラコを

愛車の定期メンテを自身で

愛車のメンテナンスを自身で出来るところはやってしまう。これは、車検前の対策としても有効です。つまり、視界良好の為にガラコをガラスに塗布しても、結局はワイパーゴムの交換の必要が低減される事なので、車検の諸費用を減らすことができるのです。愛車のパーツの部分部分に意識をもたらしていることで、車検時の突発的な出費に備える事が可能になります。

ガラコというひとつの道具

ガラコの他にも、クルマのメンテを行う要素はいろいろあります。ガラコを塗布してもフロントガラスの雨水がきれに払拭されない場合は、ワイパーゴムの劣化や、ワイパーブレードに問題のある可能性もあります。ですので、メンテ備品のひとつとして、ガラコを車載携行しておくことと同時に、他のメンテが必要な事はあり得ます。もし解らなければ、メンテナンスの担当に任せましょう。

視界良好であることは

重ね塗りのテクニックで視界良好

ガラコを定期的に重ね塗りにしていくというやり方は、たしかに労力を要します。これは、自車を所有する責任や、同乗者の安全を確かめるための、配慮や愛情と言い換える事ができます。視界良好をキープしておくことは、自身の他にも、守る家族の為と言う、愛車を運転する人の努めです。

ドライビングの目利き

ドライビングはテクニックだけではありません。ドライビング中の目線の動きも重要なファクターです。目線が確認するのは、標識や歩行者など、セービングドライブという段階のことです。安全運転を行うのは、ドライバーの眼がガラス越しに、いろいろなものをチェックしている状態と言い換える事ができます。目が動くことがそして視界良好であることがドライビングの基本です。

ワイパーゴムの理由もある

ガラコとのセットでさらに良好

ワイパーゴムというものも、仕様の頻度によって劣化の度合いが違います。もともとクルマの備品というのは、定期的な交換やメンテナンスの必要とするものです。なので、クルマを傷めない運転というものがあり、クルマを適度に劣化させないメンテナンスの仕方と言うものがあります。ガラコとワイパーの施術で、見違えるほどの視界良好は手に入ります。

スプレー式での上塗りの効果

ワイパーゴムは経年変化として、太陽からの紫外線や熱によっても劣化の速度は進捗します。フロントガラスに関しても、空回りしたワイパーの連続運動では、微細なキズがガラスに付着します。その為に、微細な凹凸をガラコで封じて、その上にスプレー式で更に塗布すれば、ワイパーゴムとの隙間のすべりが良くなり、撥水コーティングはその力量を現します。

撥水効果は見た目も綺麗

撥水効果は水玉の流れとなる

撥水効果を確かめるのは、フロントガラスの水滴の流れで確認すると良いでしょう。はじくように風圧の流れに沿って、サイドに水滴が飛んでいくのを確認したら、それは、よいガラコの施術方法です。水玉が流れるように切れることで、高速運転の際には、逆にワイパーの使用を控えた方がいい時があります。

水分が付着しないとガラスの汚れは格段に低減

水分が付着しない構造をガラスに設ける事で、雨水の泥成分をガラスに付着させない効果が見込めます。もともと雨水と言うのは、空気中の汚れを吸い取ったまま、降ってくるので大気濃度の状況によっては、クルマの表面が臼井の後に汚れるのはよくある事です。これは、撥水コーティングの成分によって被害を緩和することが可能です。

ガラスだけでない効果

ガラスだけでない撥水効果

ガラスだけの使用法ではないやり方があります。撥水効果の高いガラコですので、サイドミラーに塗布することも、安全学上有益な手段です。確認用ミラーに撥水効果をもたせることで、安全運転に寄与するだけではなく、汚れの付着防止にもなります。目視の確認事項の多いドライビング中になりますので、クルマを留めている時に、そして暇を見てガラコの施術をすると良いでしょう。

ガラコは鏡面シリコンコーティングの手技

ガラコは、自動洗車機に比べて、施術するスペースとその隙間時間が必要になります。休日の午後など気分転換がてらに、安全の為にと頑張る姿は、愛車をキープする姿勢と言えます。同乗者に対してのマナーもありますが、一番の理由は同乗者を事故に合わせてはいけないという、もっぱらの安全への意識になります。手で擦り込みを行う事で、鏡面仕上げは可能です。

ガラコのまとめ

ガラコの用法

ガラコを利用するには、まず、ガラス面の洗浄・乾拭き・ガラコの擦り込み・二層コーティング・ウエスによる仕上げ、そして定期的なガラコの塗布と、多少の労力は必要になります。愛車と言うものをキープするには手作業による愛情の加味が、クルマをひとあじ違ったものにします。

超ガラコの使い勝手

超ガラコの使い勝手として、ポータブルな性能があるので、車載するにも、塗布するときにクルマの周囲のガラス面に移動する時も、たやすい施術を加えられるのが利点です。車載するときに、いつでも暇なとき取り出せるように、解りやすい位置に保存しましょう。手塗りの効果があれば、実際はロングドライブが可能となり、煩雑なカーウォッシュの回数は減るのです。

本部琢己
ライター

本部琢己

アーティスト兼ライターのホンブと申します。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking