スピンバイクおすすめ6選!選び方と効果的なトレーニング方法もご紹介!のイメージ

スピンバイクおすすめ6選!選び方と効果的なトレーニング方法もご紹介!

ロオードバイクと呼ばれるスポーツバイクの室内用トレーニング器具やダイエット器具としておすすめされるスピンバイク。今回は、そんなスピンバイクの特徴効果的なトレーニング方法や選び方、またおすすめのスピンバイクをご紹介します。

2018年06月01日更新

 Koki Shibata
Koki Shibata
アウトドア好き、20代男性です.キャンプが趣味で、最近ソロキャンデビューを果たしました。今後ロードバイクも始めようと思っています。アウトドア好きの方、興味のある方に価値のあるメディアを作れるよう貢献いたします。よろしくお願いいたします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. スピンバイクで効果的なトレーニングを
  2. スピンバイクとは
  3. スピンバイクとエアロバイクの違い
  4. スピンバイクとエアロバイクの特徴
  5. スピンバイクとエアロバイクは目的が違う
  6. スピンバイクの選び方
  7. スピンバイクのおすすめ選び方1/7
  8. スピンバイクのおすすめ選び方2/7
  9. スピンバイクのおすすめ選び方3/7
  10. スピンバイクのおすすめ選び方4/7
  11. スピンバイクのおすすめ選び方5/7
  12. スピンバイクのおすすめ選び方6/7
  13. スピンバイクのおすすめ選び方7/7
  14. スピンバイクのおすすめ選び方まとめ
  15. スピンバイクにおける効果的なトレーニング方法
  16. スピンバイクの効果的なトレーニング方法1/3
  17. スピンバイクの効果的なトレーニング方法2/3
  18. スピンバイクの効果的なトレーニング方法3/3
  19. おすすめスピンバイクのご紹介
  20. おすすめスピンバイク1/6
  21. おすすめのスピンバイク2/6
  22. おすすめのスピンバイク3/6
  23. おすすめのスピンバイク4/6
  24. おすすめのスピンバイク5/6
  25. おすすめのスピンバイク6/6
  26. おすすめスピンバイクで効果的なトレーニングを

スピンバイクで効果的なトレーニングを

r_box_peyさんの投稿
27878336 408527669596809 258389188192239616 n

高負荷、高回転で本格的なトレーニングができるスピンバイク。フィットネスバイク(エアロバイク)とは違い、トレーニング方法をしっかり把握することが重要となってきます。今回は、そんなスピンバイクの効果的なトレーニング方法をご紹介するとともに、おすすめのスピンバイクをご紹介します。

スピンバイクとは

yuheihagiwaraさんの投稿
23966962 134608637203449 1897558770901319680 n

スピンバイクとは、室内用の自転車型トレーニング器具です。主にロードバイク乗りの方がトレーニングの際に使用することが多く、一般的なフィットネスバイク(エアロバイク)とは違い、本格的に効果的なトレーニングが可能となっているのがスピンバイクになります。

スピンバイクとエアロバイクの違い

では、良く勘違いされるスピンバイクとエアロバイクの違いについて把握しておきましょう。スピンバイクとエアロバイクの構造や特徴を比較したいと思います。

エアロバイクの構造

hirayaamannさんの投稿
27580754 1616386285065179 364870859208261632 n

家庭用であれば数万円以下でも購入できてしまうエアロバイクの構造は、基本的に磁力によってペダルに負荷をかける仕組みとなっています。回転するタイヤのような部品の周りに磁石が取り付けられており、その磁石を敷か付けたり遠ざけたりすることで、ペダルの負荷を調節できる構造です。

スピンバイクの構造

andy_cento1srさんの投稿
16110855 1328452217211871 5198959587121692672 n

スピンバイクにも、エアロバイクと同様、磁力による負荷によってペダルの重さを調節する器具は存在しますが、一般的なスピンバイクは、タイヤに布や革をこすり合わせて、摩擦力によって負荷をかける構造となっています。

スピンバイクとエアロバイクの特徴

では、スピンバイクとエアロバイクの特徴について、スピンバイクとエアロバイクの長所と短所を見て、比較していこうと思います。スピンバイクの特徴を把握することは、スピンバイクの選び方に非常に大きく影響するので、重要なポイントです。

エアロバイクの長所

jogdk75さんの投稿
27894118 926573730856859 1885697896590868480 n

□騒音問題になりにくい □重量がスピンバイクと比較して軽量 □コンパクトな構造が可能 □負荷数値をデジタル化できる 一般的なエアロバイクは、負荷が磁力によって引き起こされているため、比較的静かにトレーニングが可能です。また、磁力式のエアロバイクはコンパクトに収まるため、折りたたみ式などが多く、持ち運びも比較的便利です。

エアロバイクの短所

□基本的に連続したトレーニングが不可能 □強い負荷設定が不可能 □乗車姿勢がロードバイクのトレーニングに不向き この短所は、家庭用でよく使われている一般的なエアロバイクの短所になります。価格帯でいうと大体10万円以下のエアロバイクが当てはまります。ロードバイクのトレーニング用として活用することは困難でしょう。

スピンバイクの長所

coco_nao_chocoさんの投稿
25024861 142674826445249 5779411201561722880 n

□長時間のトレーニングにおすすめ □高負荷設定が可能 □乗車姿勢がロードバイクのような前傾姿勢 スピンバイクの最大の特徴は、ロードバイクなどのスポーツバイク乗りの方のトレーニングに向いたトレーニング器具だということです。高負荷トレーニングや長時間トレーニングにお勧めできるフィットネス器具になります。

スピンバイクの短所

□エアロバイクと比較して少々騒音 □エアロバイクと比較して重量がある □一般的なスピンバイクは負荷が可視化されない 一般的なスピンバイク(高価なものは除く)は、布や革を使って、タイヤ部分とこすり合わせて摩擦の力によって負荷を起こすため、エアロバイクと比較すると、騒音問題になりかねません。また、それにより、アナログ式のため負荷数値が可視化されないのも難点です。

スピンバイクとエアロバイクは目的が違う

astagram712さんの投稿
14498839 1126803537400550 727523621211209728 n

以上が、スピンバイクとエアロバイクの特徴でした。基本的にスピンバイクとエアロバイクの特徴は、長所と短所が真逆です。まず初めに、スピンバイクとエアロバイクの選択に迷われている方は、ご自身のトレーニング目的を考慮しましょう。スピンバイクとエアロバイクの選び方について、簡単に以下にまとめると、

スピンバイクとエアロバイクの選び方

□エアロバイク:ダイエットや運動不足解消におすすめ □スピンバイク:本格的なトレーニングにおすすめ もちろんスピンバイクもダイエット効果が期待できるフィットネス器具です。それに加え、ロードバイク乗りの方に重宝されているフィットネス器具でもあるということです。では、スピンバイクのみにスポットを当て、スピンバイクの選び方について見ていきましょう。

スピンバイクの選び方

では、本題に入りますが、スピンバイクの選び方について説明しましょう。スピンバイクの選び方に関して、重要となるポイントを以下にまとめてみました。

スピンバイクのおすすめ選び方1/7

スピンバイクの耐久度による選び方

rinrin1975さんの投稿
26267475 598444757156303 5456500291639705600 n

スピンバイクは構造上壊れにくいのが特徴でもあります。そのため、高価なスピンバイクだから耐久度も高いというわけではありません。むしろ、耐久度に極端な違いは無いと考えても良いかもしれません。そのため、耐久度に関しては、スピンバイクの選び方のポイントとして、あまり考えなくても良い点です。

スピンバイクのおすすめ選び方2/7

スピンバイクの安定性による選び方

hidekichi01さんの投稿
24845580 745994508933509 3462547091518128128 n

スピンバイクは、高価なものほど重量が大きくなる傾向になります。そのため、ご自身の体重と比較して、スピンバイクを選ぶとよいでしょう。ご自身の体重が大きければ大きいほど、高価なスピンバイクを購入するのが無難でしょう。

スピンバイクのおすすめ選び方3/7

スピンバイクの動力伝達方法による選び方

gansutoさんの投稿
25006194 1538858046197935 7338421211170340864 n

スピンバイクには、タイヤを回すための動力伝達方法に大きく分けて2種類あります。それは、「ベルト方式」と「チェーン方式」です。この二つの方式で選び方に迷われている方は、ベルト方式をおすすめします。というのも、ちえーん方式と比較して、圧倒的に静かでメンテナンスフリーだからです。

スピンバイクのおすすめ選び方4/7

スピンバイクの負荷のかけ方の違い

k_a_t_s_u_y_a_さんの投稿
21827717 126365878092125 3897440524834963456 n

一般的なスピンバイクは、前述で説明した通り、摩擦式による負荷のかけ方が一般的です。しかし、高価なものになると、磁力によるマグネット式のスピンバイクも登場します。ここで、スピンバイクにおける「摩擦式」と「マグネット式」の特徴を見ていきましょう。

摩擦式スピンバイクの特徴

出典: https://www.amazon.co.jp

摩擦式スピンバイクのメリット

□低価格のスピンバイクに多い方式 □壊れにくい構造をしている □摩擦のため負荷の無段階調節が可能 □自分好みの負荷調整が可能 摩擦式の最大の特徴は、負荷の無段階調整でしょう。かなり重い負荷でも実現できてしまうのが摩擦式です。ロードバイクに乗っている方でハードなトレーニングをしたい方にはおすすめです。

摩擦式スピンバイクのデメリット

□摩擦による劣化 □摩擦によるこすれる音が発生する(騒音になりかねる) □負荷が数値化されず可視化が不可能 摩擦式のスピンバイクは、布や革をタイヤとこすりつけるため、劣化してしまいます。ただし、数年はたえるため、そこまで気にするデメリットではないと言えるでしょう。摩擦式のスピンバイクの最大のデメリットは、負荷が把握できない点でしょう。また、騒音問題も懸念されます。やはり摩擦音はたしょうなりとも騒音を引き起こす可能性があるからです。

マグネット式スピンバイクの特徴

出典: https://www.amazon.co.jp

マグネット式スピンバイクのメリット

□マグネット式のため接触部がなく静音(騒音問題なし) □摩擦による劣化がない □負荷の数値化が可能 摩擦式と比較して、マグネット式のスピンバイクは、騒音による問題が考えにくくなります。また、負荷の数値化により、自分がどれだけのカロリーを、どのくらいの負荷で消費したか計算できるようになります。

マグネット式スピンバイクのデメリット

□高価なものが多い □長時間使用による発熱 マグネット式のスピンバイクの多くは、数十万円を超える高価なもの多いです。また、長時間連続で使用すると、発熱による劣化が懸念されます。そのため長時間トレーニングには不向きと言えます。

スピンバイクのおすすめ選び方5/7

ホイールの重量

___offthewall___さんの投稿
23594999 186892325201617 1286733409736982528 n

スピンバイクの回転する部分がホイールとなりますが、このホイールの重量が重ければ重いほど、開店に要する力が必要なため、より負荷のかかるトレーニングが可能となります。ただし、ホイールの重量は、スピンバイクの価格に比例すると思ってよいでしょう。高価なスピンバイクほど、ホイールの重量が大きなる傾向にあります。

スピンバイクのおすすめ選び方6/7

様々なポジション調整

sa_nyan_426さんの投稿
22802577 251887205336590 4740965959966130176 n

ポジションの自由度は、選び方のポイントにおいて最も重要かもしれません。主に以下の調整の可否について着目してスピンバイクを選びましょう。 □サドルの高さ・前後調整 □ハンドルの高さ・前後調整 やはり、ロードバイクなどのスポーツバイクに乗られているかたのトレーニング機としては、ご自身に合うポジションでのトレーニングが重要となります。

スピンバイクのおすすめ選び方7/7

ペダルの構造

kumedderさんの投稿
24125247 388559811576656 6184010765956022272 n

ロードバイクは、ママチャリなどと違い、ビンディングペダルを回しながら走行します。そのため、スピンバイクのペダル構造は、トレーニングにおいて非常に重要だと言えるでしょう。スピンバイクのペダルが、ビンディングペダルであるかどうかで、トレーニングの質が変わってくるのは一目瞭然です。

スピンバイクのおすすめ選び方まとめ

以上が、スピンバイクの選び方としてポイントとなる7つの点になります。結論、スピンバイクの選び方に関しては、安価なもの、高価なものは、ご自身の満足度による選び方で良いと思います。というのも、基本的にスピンバイクはエアロバイクと比較して頑丈にできています。ご自身のトレーニングレベルに合わせて、特にご自身に合う負荷の自由度さを選び方のポイントとして考えればよいでしょう。

スピンバイクにおける効果的なトレーニング方法

kaz.yan1977さんの投稿
22427212 527010994308837 5186284799328780288 n

では、スピンバイクの効果的なトレーニング方法をご紹介します。負荷をかけるだけでは、効果的なトレーニングとは言えず、あまり意味のないトレーニングにもなりかねません。ダイエット目的で使われる方も、より効果的なダイエット方法を身に着けることは非常に重要でしょう。

スピンバイクの効果的なトレーニング方法1/3

正しい姿勢

mto_triさんの投稿
27577219 716622591877217 2109671619214442496 n

スピンバイクの構造上、もともと前傾姿勢ように作られているため、特にロードバイクに乗られている方であれば、エアロバイクよりも効果的なトレーニングが見込めます。スピンバイクの機種によってハンドルやサドルの調節幅が異なるので、ご自身に合った姿勢をセッティングできるスピンバイクで、正しい姿勢を意識しながらトレーニングしましょう。

スピンバイクの効果的なトレーニング方法2/3

心拍数を目安に「ゼロ・トゥ・ピーク法」

chiaki.yopiko.304さんの投稿
22430043 2177681272459115 589451327566774272 n

スピンバイクの場合、高負荷トレーニングが可能となっています。しかし、負荷の重さを表示する単位などが存在しません、そこで効果的なトレーニングとして活躍するのが「ゼロ・トゥ・ピーク法」です。これは、心拍数で負荷を計算する方法となっており、計算方法は以下の通りになります。 (220-年齢)×運動速度(%) つまり、この公式の(220-年齢)が、ご自身の最大心拍数となり、その最大心拍数を把握することで、より効果的なトレーニング、ダイエットが見込めます。

運動速度(%)は50%前後

そして、この「ゼロ・トゥ・ピーク法」において、もっともダイエット効果があると期待される運動速度が50%前後と言われています。先ほどご紹介した「ゼロ・トゥ・ピーク法」の公式をもとに、最大心拍数×50%を目安にトレーニングすることで、最も脂肪燃焼の効果が期待できると言われています。

スピンバイクの効果的なトレーニング方法3/3

初心者におすすめのトレーニング時間

ma_kun.caad8さんの投稿
26183459 166813690595652 6020297861151850496 n

スピンバイクは本格的なトレーニングから、ダイエット目的とした初心者の方でも扱えるフィットネス器具です。そこで、初心者の方におすすめする効果的なトレーニング時間が存在します。それは約20分の連続トレーニングです。これを毎日続けることで、よりダイエット効果に期待できます。

おすすめスピンバイクのご紹介

それでは、前置きがだいぶ長くなってしまいましたが、これまでご紹介したスピンバイクの特徴や効果的なトレーニング方法などを考慮した、おすすめのスピンバイクをご紹介します。

おすすめスピンバイク1/6

HAIGE HG-YX-5001

HAIGE スピンバイク HG-YX-5001 ver.2 ホワイト
28,310円

□価格:\29,800(2018年2月現在) □梱包サイズ:109cm×26cm×88cm □本体サイズ:50cm×103cm×最大196cm □重量:33kg   □耐荷重:120kg   □推奨身長:155~185cm □ベルト式のため騒音なし ※一部の仕様やカラーが告知なく変更される場合がございます。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

スピンバイクにおいて非常におすすめしたいのが、ハイガー産業のスピンバイクです。ハイガー産業のスピンバイクは、初心者の方でも自宅で気軽にフィットネスを楽しめるよう作られています。そのため価格も3万円以下と高価なものではなく、購入しやすい価格設定となっています。

乗りながら負荷を調整可能

スピンバイクにおいける最も重要な点「負荷」ですが、スピンバイクに乗りながら調節できてしまうため、段階的な負荷トレーニング可能なスピンバイクでもあります。さらに、静音性の高いベルト方式のため、騒音の問題にもなりにくいおすすめのスピンバイクです。

おすすめのスピンバイク2/6

HAIGE HG-YX-5006

HAIGE スピンバイク HG-YX-5006 ブラック
23,799円

□価格:\23,800(2018年2月現在) □梱包サイズ:1020mm×250mm×830mm □本体サイズ:800mm×650mm×990~1100mm □重量:26kg  □耐荷重:100kg □ベルト式のため騒音なし ※一部の仕様やカラーが告知なく変更される場合がございます。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

同じくハイガー産業のスピンバイク「HG-YX-5006」という機種です。前述のハイガー産業製スピンバイク「HG-YX-5001」と比較すると安価なスピンバイクとなります。しかし、耐久性や、長時間トレーニングが可能など、性質的な点ではあまり変わらないスピンバイクとなります。

コスパの良いおすすめモデル

ハイガー産業製のスピンバイクの中でも最も売れているコストパフォーマンスの高いおすすめのスピンバイクです。モニターの制度が、前述の「HG-YX-5001」と比較して多少劣りますが、十分トレーニングやダイエットにお勧めできるスピンバイクとなっています。

おすすめのスピンバイク3/6

リーディングエッジ SPN-ST13

リーディングエッジ スピンバイク ST 室内用 フィットネスバイク SPN-ST13
32,800円

□価格:\32,800(2018年2月現在) □ホイール重量:約12kg □負荷調整:摩擦式 □駆動方式:ベルト式のため騒音なし □サドル:スプリングタイプ □簡易工具付き □耐荷重:120kg □対象身長目安:155cm以上 □本体サイズ:106×53×104cm □重量:約33kg □コンピューター表示機能:スピード・回転数・消費カロリー・距離・時間・心拍数

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

続いて、リーディングエッジ製の「SPN-ES08」というスピンバイクです。最新のデザインを取り入れられた「SPN-ES08」は、ホイールの重量が12gとなっており、高負荷トレーニング可能な本格的なスピンバイクです。また、ハイガー産業製のスピンバイクと比較すると、モニターに表示される項目が非常に充実しており、より効果的なトレーニングやダイエットを見込めるおすすめのスピンバイクなっています。

ロードバイクトレーニング向け

ハイガー産業製のスピンバイクよりも、ロードバイク乗りのトレーニングを実施したい方におすすめしたいスピンバイクかもしれません。ベルト式のため、騒音問題にもなりにくいです。

おすすめのスピンバイク4/6

ホライズン ELITE IC 7.1

Horizon(ホライズン) インドアサイクル スピンバイク ELITE IC 7.1 エリート アイシー 7.1 ベルトドライブ サイクルコンピューター装備 心拍計対応
118,800円

□価格:\118,800(2018年2月現在) □本体寸法:(L×W×H)136×61×121㎝ □梱包寸法:109×28×92㎝ □本体重量:52 ㎏、 □梱包重量:60㎏ □使用者身長目安:155㎝以上 □最大使用者重量:136㎏ □ドライブシステム:ベルトドライブ(騒音なし) □フライホイール:20 kg □負荷システム:フリクション(摩擦)ブレーキ □ハンドルバー調節:上下調節 □シート調節:前後上下4方向

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

前述でご紹介したスピンバイクと比較してもかなり高価なスピンバイク「ホライズン ELITE IC 7.1」。ホイール重量が20kgあるため、これまでご紹介したおすすめのスピンバイクと比較しても、より高負荷トレーニングが可能となったスピンバイクです。重量もあり、安定性には非常に優れています。

ハイスペックな高級仕様

モニター表示機能においても、他社製品では表示されない項目もあり、全体的に高価なスピンバイクの造りとなっています。ロードバイクを本格的に行っている方におすすめしたい高価なスピンバイクです。ベルト式のため騒音問題の心配もありません。

おすすめのスピンバイク5/6

ダイヤコ CB900

DYACO(ダイヤコ) 準業務用スピンバイク CB900
339,120円

□価格:\259,200(2018年2月現在) □コントロールパネル:Optional Console Kits Available □負荷システム:Rotary Knob; Micro-Adjustments □フレーム:Heavy Duty, 2.5mm Oval Steel Tubing; Double powder coated □シート:Velo®Racing Saddle □ペダル:Dual Function: SPD & Toe Cage

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

「ダイヤコ CB900」というスピンバイクは、前述でご紹介したおすすめのスピンバイクと比較して、業務用の高価なスピンバイクと言えるでしょう。そのため、安定性や耐久性に優れ、いかなるトレーニングにもマッチするパフォーマンスの優れたおすすめのスピンバイクなっています。

ロードの室内トレーニング向き

ロードバイクに乗られるどの方にでも順応するスピンバイクとなっており、ダイエット目的というよりは、より本格的に、ロードバイクの室内用トレーニング器具として使いたい方におすすめしたい高価なスピンバイクとなっています。

おすすめのスピンバイク6/6

ダイコー DK-8910

ダイコー(DAIKOU) フィットネスバイク 摩擦式無段階負荷 チェーン式駆動 スピンバイク 家庭用 DK-8910 【保証期間1年】
59,400円

□価格:\59,400(2018年2月現在) □原産国:中国 □フライホイール:18kg □テンションノブを押すことによる緊急停止装置付き □本体サイズ:W64×L124×H120(cm) □本体重量:43kg □体重制限:100kg □本体カラー:シルバー×ブラック

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

「ダイコー DK-8910」のスピンバイクですが、前述でご紹介したおすすめのスピンバイクと比較して唯一違う点があります。それは、動力伝達方式がベルト式ではなくチェーン式だということです。これにより、多少騒音となりうる場合がありますが、動力の伝達には全く心配はありません。ホイールの重量が18kgあるため、高負荷トレーニングが可能となっています。

手を出しやすいエントリーモデル

数十万円を超える高価なスピンバイクと比較すると、本格的なトレーニングが可能か否か難しい点ではありませが、このスピンバイクは、トレーニングやダイエットにおすすめしたいスピンバイクです。価格も高価ではないため、手の出しやすいおすすめのスピンバイクでもあります。またロードバイク乗りの方にとっては、チェーン式がメリットだという方もいらっしゃるかもしれません。

おすすめスピンバイクで効果的なトレーニングを

andy_cento1srさんの投稿
16110855 1328452217211871 5198959587121692672 n

以上が、スピンバイクの特徴や効果的なトレーニング、ダイエット方法、またおすすめのスピンバイクのご紹介になります。スピンバイクは、エアロバイクと違い、ダイエット目的のほかに、ロードバイクの室内用とレーニン機器として使われることが多いです。スピンバイクユーザーもそれを目的にスピンバイクを使っていることでしょう。

初心者でもダイエットにおすすめ

しかし、効果的なトレーニングは、同時にダイエット効果もあるため、初心者の方でも安価なスピンバイクであれば進んで購入をおすすめしたいトレーニング機器でもあります。ぜひ、スピンバイクの良さを知り、効果的なトレーニング、ダイエットに励んでみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ