Twitter
Facebook
LINE

ミノーの狙う魚別おすすめランキング3!種類別の特徴や使い方も解説!

山口 徳成

ミノーの狙う魚別おすすめランキング3!種類別の特徴や使い方も解説!

山口 徳成

ミノーおすすめランキング!ルアーの定番『ミノー』を使ってどんな魚が釣れるかご存知ですか?ミノーを選ぶ上で参考にしたいポイントやテクニック、シーバス・トラウト・青物など魚別に釣れるおすすめミノーをランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。



釣れるルアー、ミノー選び!

ルアーフィッシングを始めるにあたって皆頭を悩ませるのがルアー選びじゃないでしょうか。ショップに行くとありとあらゆるものがずらっと並んでいるから迷うばかりです。そんなあなたにおすすめのミノーをたっぷりとご紹介します。

ミノーとは

ミノーとはルアープラグの1種で、小魚の形に似た細長いルアーです。魚の口の下あたりにリップと言うものが付いています。大きく分けてシンキングミノー、フローティングミノーの2種類があります。また浅瀬しか使わないサブサーフェースミノー、シャローランナーと言う特殊なミノーもあります。

フローティングミノーとは

シマノ コルトスナイパー ロックドリフト

出典: Amazon

フローティングミノーはそのままだと水面に浮かぶミノーのことです。リールを巻いていく(リトリーブする)と逆に海中を潜っていきます。基本的に使う場所、シュチュエーションを選ばないミノー。浅瀬などでよく使います。



シンキングミノーとは

シンキングミノーはそのままだと水に沈んでゆくミノーのことです。リールを巻いていくと(リトリーブする)逆に水面に浮いていきます。基本的に使う場所を選びませんが、やや水深が深いところで使うことが多いです。

シャローランナーとは

出典: http://www.point-i.jp/fish/recommends/view/9344


水面を走るように動くミノーです。シャローランナーとフローティングミノーは良く似ていますが、フローティングミノーよりも海面の表層を狙うミノーです。またキャスティングがスムーズで飛距離が出やすいのが特徴。主に河川、河口付近でその威力を発揮します。

ミノーは傍目から見てもどれがフローティングか、どっちがシンキングかがちょっと解りません。そのためミノー本体に記号がふってあります。その記号でミノーの種類を判断するのです。

F=フローティング SF=スローフローティング SP=サスペンド(沈まず・浮かず) SS=スローシンキング S=シンキング 上記の記号の記載がありますので頭に入れてショップにいきましょう!

ミノープラグのアクション

ミノープラグの泳ぎ方のアクションは大きく分けて2種類です。最もスタンダードなのはボディーの中心を軸として回転するローリングと言うアクション。より自然な形で獲物にアピールできるのが長所でロッドアクションを入れるとダートします。

もう一つがヘッドているが左右に揺れるウォブリングというアクションです。これは獲物に向けてより強くアピールしたいときに使うミノーになります。

泳ぎ方のアクションが違う実を何種類か持っておき最も反応が良いもの、最も釣れるものを見つけることがルアー釣りの醍醐味でもあります。近年はこの2種類の動きをあわせたウォブロールというアクションもあります

ミノーの使い方

ミノーの基本的な使い方、動かし方は ・だだ巻き ・トゥイッチ ・ストップアンドゴー の3種類です。 ミノーを使ったルアー釣りではこの3つのアクションを使い分け、その日その時最も釣れる方法を見つけ出すことこそ醍醐味です。 それではそれぞれのアクションを説明していきましょう。

ミノーの使い方①だだ巻き

だだ巻きとは文字通りリールを巻いて(リトリーブ)ミノーを遠くから近くまで引き寄せるやり方です。ミノーを動かすスピードは人が歩くのと同じくらいです。

ミノーの使い方②トゥイッチ

トゥイッチとはロッドを上下左右に激しく動かしてミノーにアクションをつける使い方です。竿の向きは上・下・横どこでもokです。手首のスナップを効かせてミノーをうまく操ましょう。

ミノーの使い方③ストップアンドゴー

ストップアンドゴーとはリトリーブとストップのメリハリをつけ獲物に食いつかせるタイミングを与える使い方です。ミノーが一旦止まった時にガブリと獲物が食いつくわけです。 上記の3つのアクションを時折織り交ぜながら獲物にミノーをアピールしていきましょう。

ミノーで釣れる魚

ほとんどの魚はミノーで釣れます。ここではミノーで釣れる主な魚をご紹介しましょう。 海水 シーバス、ヒラメ、メバル、マゴチ、カマス、タチウオ、青物など 淡水 ブラックバス、トラウト などです。 ここでは狙う獲物別におすすめ釣れるミノーをご紹介します。

1.おすすめミノーランキング:ヒラメ・マゴチ

サーフで狙う魚の定番と言えばヒラメそしてマゴチですね。どちらの魚も普段は砂の中に身を隠していて自分の上を小魚が通ると俊敏に襲いかかる。見た目からは想像できないほど獰猛な魚です。実はミノーで釣れるのです。そんなヒラメ・マゴチにおすすめのミノーをご紹介します。

ヒラメおすすめミノーランキング3位

デュオ ルアー ビーチウォーカー アクシオン

出典: Amazon

ヒラメ狙いに特化したこちらのミノー。飛距離、キャスト性能も充分で、適度なローリングアクションが自然な魚の泳ぎを再現します。お値段は1,500円程度です。カラーバリエーションも豊富で毎年新色が発表される人気商品です。

ヒラメおすすめミノーランキング2位

シマノ シンキングルアー 熱砂

出典: Amazon

サイズ:110mm 自重:33g フック仕様:ST-46 #3×2 タイプ:ヘビーシンキング

ヘビーシンキングミノーであるスピンドリフトは、飛距離も良く水深が深いところや、流れの速い所でも使いやすいヒラメ用ミノーです。陸っぱりからでもヒラメを狙えるミノーとして人気。

アクションはボディーを左右に振って大きく動くウォブリングです。使い方もだだ巻きで充分!お値段は2,000円程度です。もちろんマゴチにもしっかりアピールします。

ヒラメおすすめミノーランキング1位

ダイワ ミノー ヒラメハンターZ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

サイズ(mm):120 自重(g):24.8 フック仕様:ST-46 #4 トレブル シンキング ローリングアクション

大型のヒラメにアピールするならダイワのヒラメハンターがおすすめです。カラーバリエーションもたっぷり。サーフなどの陸っぱりからヒラメを狙える十分な飛距離と自然なローリングアクション。狙う潜行レンジは50から200センチです。お値段は2,000円程度です。

2.おすすめミノーランキング:タチウオ

細長くて銀色に輝く体と小魚をとらえる鋭い歯。その独特な姿で知られる太刀魚もミノーで釣れるんです。それに食べておいしいのも大きな魅力!

タチウオを釣るのにミノーはヒラメ用やシーバス用で充分ですが、大きさは7センチから9センチというあたりが使いやすい。使い方はスローのだだ巻きが基本です。ここではタチウオにおすすめのミノーをご紹介します。

タチウオおすすめミノーランキング3位

シマノ フローティングルアー エクスセンス

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

シマノのフローティングミノーです。リップがないリップレイスと言う種類のこのフローティングミノーはキビキビと小ギミの良い泳ぎ方をし、飛距離も充分です。価格は1,000円程度とお求めやすい価格も魅力的です。

タチウオおすすめミノーランキング2位

ダイワ モアザン ガルバ73S

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

太刀魚はシーバス用のミノーで楽しめますが、釣り方もほぼ同じで、ただ巻きでOKです。ダイワのミノーはシーバスはもちろん、タチウオ・ヒラメにも使えるので持っていて損はありませんよ。

タチウオおすすめミノーランキング1位

堤防からのタチウオ釣りにおすすめのシンキングミノーです。もちろん太刀魚以外でもシーバス、ヒラメ、淡水ではトラウトでもいけます。なんでもオールマイティーにこなすミノーですが、狙う魚によって好きな大きさ、色などが変化します。その日の使うミノーの種類を選ぶのがルアー釣りの醍醐味でもあります。

3.おすすめミノーランキング:根魚

ソフトルアーで釣れるイメージが強い根魚。でもシーズンによってはミノーでも根魚が狙えます。ベストなシーズンはゴールデンウィークが始まったあたりから7月の終わりあたりの頃束で、釣れるムラソイなどです。

ムラソイを釣るミノーはフローティングミノーだけで大丈夫です。サイズは9から11センチあたりがベスト!タイプはリップ付きで波や流れに強いものが1番です。カラーはレッドヘッドや赤金、イエローなど目立つものがおすすめです。

根魚おすすめミノーランキング3位

フローティングミノー セット

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ゴロタ場を狙う根魚のゲームではルアーを根ガカリ等で紛失する可能性が高いです。まして初めて行く場所ではなおさら。そんな時、探りを入れるために『サーチングルアー』という使い方をします。お値段800円程度とお求め安いルアーで探りを入れ現場を把握しましょう。色も5種類セットなので、どの色がいいかも判断できますね。

根魚おすすめミノーランキング2位

こちらもサーチングルアーとして使えるミノーです。6種類セットでお値段は2,000円程度。色々な場所でのサーチングルアーとして持っておくと便利ですよ。

根魚おすすめミノーランキング1位

デュエル ハードコアミノー90F

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

さてこちらのミノーは根魚を釣る本命です。現場の状態が確認できたら、岩の間や海草地帯を狙ってミノーをキャストしていきましょう。このミノーはブラックバス・トラウトなどがターゲットですが海水でも全然いけます!

根魚ゲームでのミノーの使い方

根魚をミノーで狙うのはちょっとマイナーですので、初めての方に説明します。まずミノーを使うシチュエーションですが遠浅のゴロタ場がベストです。ポイントは岩の周り石と石の隙間日陰部分、海藻がたくさん茂っているところ、そして忘れてはいけないのは足元の8の字引きです。

4.おすすめミノーランキング:青物

夏の釣りのメインターゲットといっても過言では無い青物。ミノーで釣れる青物もたくさん!カンパチ、サバ、シイラ、ワカシなどの青物は7月の頭から9月の終わりごろが狙い目です。時間帯で言えばいわゆる朝夕のマヅメ。小魚を追いかけ回す青物のナブラが出るのはこの時間帯が最も多いです。それでは青物におすすめのミノーをご紹介します。

青物おすすめミノーランキング3位

青物におすすめのこのミノーは、派手なアクションで獲物を引き付ける点が魅力です。色の種類も豊富ですがやはり今後シーバスなども使えるこの色をチョイスしました。お値段は2,000円位となっております。

青物おすすめミノーランキング2位

ヒフミクリエイティング シェリー95 SS ヒフミ

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天

オールマイティーに使えるこのリップレスのミノーは、立体的なアクションでより青物にアピールできます。また飛距離もよく、陸っぱりから狙えます。お値段は2,000円程度です

青物おすすめミノーランキング1位

ジャクソン ピンテールチューン27

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

これは私が昔から愛用しているので私情を挟んで1位にしました。使いやすく実績もありますし、飛距離もよくウォブリングアクションもしっかり。お値段も1,500円程度でお求めやすい価格も魅力です。

5.おすすめミノーランキング:シーバス!

海のルアーフィッシングで釣れる魚の中で人気が高いのは私がいなくシーバスです。シーバスとはスズキ、ヒラスズキなどの総称です。シーバスの強烈な引きに見せられた方も多いのではないでしょうか。また北海道と沖縄を除く全国の海で生息し、身近な港や河川で大物が釣れる。そんな魅力的なシーバスにおすすめのミノーをご紹介します。

シーバスおすすめミノーランキング3位

ダイワ モアザン スライ マルチイワシG

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

主なターゲット:シーバス カラー:マルチイワシG サイズ(mm):95 標準自重(g):6.8 タイプ:フローティング

波打ち際や河川、浅い水深でのシーバスを狙うのにおすすめのミノーです。リップレスですが動きも良くアクションも自然なウォブンロール。フローティングというよりは、シャローランナーに近いミノーです。お値段は1,200円程度です。

シーバスおすすめミノーランキング2位

10年以上前から販売され、ベストセラーとなっているアスリート。よく飛びよく泳ぐミノーとして昔から人気があります。またシーバスだけでなくヒラメ・タチウオなどはもちろん、ブラックバス・トラウトなどの淡水でも活躍するからでしょう。お値段は1,830円程度です。

シーバスおすすめミノーランキング1位

ダイワ シーバス ミノー ショアラインシャイナーZ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ターフからの遠投に向いている飛距離抜群のミノーです。また探るレンジも広い上、だだ巻きでもしっかりとした引き心地とウォブンロールアクションが演出できる優れものです。お値段は2,300円程度です。こちらもシーバス・ヒラメ・青物はもちろんブラックバス・トラウトなどの淡水でも活躍します。

6.おすすめミノーランキング:トラウト

トラウトとはマスを英語で言い換えたものです。ヤマメやニジマス、イワナなどこちらもミノーで連れます。なかなか渓流ではお目にかかれませんが、今や日本全国にある管理釣り場ではニジマス・ヤマメ・イワナは人気の魚です。ここではトラウトにおすすめのミノーをご紹介します。

トラウトおすすめミノーランキング3位

ラパラ アドラシオン

出典: Amazon

全長90mm 重量12g フローティング レンジ80~100cm

飛距離はもちろんですが、安定したミドルレンジを探ることができるリップレスミノーです。自然なウェブリングとローリングアクションでトラウトはもちろんブラックバス、海水魚であるシーバスにも対応。価格は1,500円程度です。

トラウトおすすめミノーランキング2位

ノリーズ レイダウンミノー ジャストワカサギ  サスペンド 

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ノリーズのミノーは、集魚効果の高いアクション性にあります。トラウトの活性が弱い時ほど、このミノーの威力を発揮します。ウォブリング&ローリングそしてロッドの動きにダイレクトに反応し、多彩なアクションを生み出せます。ブラックバスやトラウトにおすすめのミノーです。お値段は1,000円程度です。

トラウトおすすめミノーランキング1位

和田 ハンドメイドミノー

ヤマメやニジマスなどのトラウトを本格的に渓流で楽しむ方におすすめです。お値段は4,000円弱とちょっとお高め、玄人好みのフローティングミノーです。飛距離も充分で、トィッチングによるダートアクションなどロッドでのミノーの扱いやすさは抜群です。

最後に

いかがでしたか。普段ミノーでは狙わない魚もシチュエーションが合えば、むしろミノーの方が釣れると言うこともあります。7~10センチまでのミノーを色違いで3~4つ用意していると釣りの幅が一気に広がりますよ。ここでご紹介したミノーは全ておすすめです。ぜひ実際にショップへ行って手に取ってみてくださいね!

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

2021年撃投ジグに新色登場!秋のオーナーばり新製品特集!

【製品紹介】ファイアツイン https://www.youtube.com/watch?v=3WM1rbflOeM&t=1s 【製品紹介】ファイアフック https://www.youtube.com...

Tピンの基本の使い方を解説✨パールピアスを作りながら!【100均ハンドメイド】

00:00 用意するもの 00:24 作り方 03:33 完成品 今回はTピンの基本の使い方を解説をご紹介しました! 材料 パールビーズ×4 Tピン×4 ピアス金具 ペンチ 丸ヤットコ Tピン...

19セルテートの耐久性は?1年過酷使用したセルテートはこうなります。

★軽くなりすぎ・・・シマノ21ツインパワーXDを買わないワケ。★ https://youtu.be/leptCkAwX8I ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube....

【100均ハンドメイド】セリアの試験管で✨ハーバリウム試験管ネックレスの作り方!

00:00 用意するもの 00:38 作り方 02:54 完成品 今回は「セリアの試験管で作るハーバリウム試験管ネックレスの作り方」をご紹介しました! 材料 試験管ガラスドーム(セリア) チョー...

釣りのラジオ釣りラじ「ねぇ、知ってた?第49回」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ▼釣りラジをSpotifyで聴く!! https://open.spotify.c...