エアロロードってどんなバイク?その性能と魅力をおすすめ8選から解説!

エアロロードってどんなバイク?その性能と魅力をおすすめ8選から解説!

自転車競技やマラソン競技の人気上昇と並行し、空力性能に特化したエアロロードバイクというバイクが注目を浴びています。今回あは、そんなエアロロードバイクの特徴や魅力をご紹介するとともに、おすすめエアロロードバイクをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.空力性能とは?エアロロードバイクを一挙ご紹介!
  2. 2.エアロロードバイクとは
  3. 3.エアロロードバイクのスゴイところとは
  4. 4.エアロロードバイクの特徴と魅力
  5. 5.エアロロードバイクの特徴と魅力1/4
  6. 6.エアロロードバイクの特徴と魅力2/4
  7. 7.エアロロードバイクの特徴と魅力3/4
  8. 8.エアロロードバイクの特徴と魅力4/4
  9. 9.エアロロードバイクの特徴と魅力まとめ
  10. 10.おすすめのエアロロードバイクをご紹介!
  11. 11.おすすめエアロロードバイク1/8
  12. 12.おすすめエアロロードバイク2/8
  13. 13.おすすめエアロロードバイク3/8
  14. 14.おすすめエアロロードバイク4/8
  15. 15.おすすめエアロロードバイク5/8
  16. 16.おすすめエアロロードバイク6/8
  17. 17.おすすめエアロロードバイク6/8
  18. 18.おすすめエアロロードバイク7/8
  19. 19.おすすめエアロロードバイク8/8
  20. 20.エアロ効果をぜひ体験してほしい!

空力性能とは?エアロロードバイクを一挙ご紹介!

最近非常に人気のあるスポーツバイク「エアロロードバイク」。スポーツバイクの一つにロードバイクがありますが、エアロロードバイクとは、簡単に説明するとロードバイクのカテゴリーのひとつに部類されます。主にトライアスロンなどに使用されることが多く、空気抵抗を第一に考え作られたロードバイクです。今回は、そんな人気のエアロロードバイクに着目し、エアロロードバイクの特徴や魅力、さらにおすすめのエアロロードバイクをご紹介します。

エアロロードバイクとは

前述で簡単に説明しましたが、エアロードバイクとは、ロードバイクのカテゴリのひとつで、トライアスロンバイクのように空力性能や走行性能に特化したバイクと言えます。レース中の高速走行実現のため、路面抵抗・空気抵抗を極限まで対策した設計となっています。フレームはもちろんのこと、ハンドル、ギアチェンジ、タイヤすべてのバイクパーツが洗練されたデザインとなっているのです。エアロ効果を最大限に引き出したオールラウンドバイクと言えるでしょう。

エアロロードバイクのスゴイところとは

では、エアロロードバイクの特徴や魅力をもう少し詳しく見ていきましょう。エアロロードバイクの人気の理由を暴いていきます。

エアロロードバイクの特徴と魅力

エアロロードバイクの特徴と魅力に関して、以下の4点に着目してご紹介します。 □設計 □空力性能 □トライアスロン □外見的デザイン まず初めに、この4点を抑えておけば、エアロロードバイクの人気の秘密を理解できるでしょう。

エアロロードバイクの特徴と魅力1/4

①ハンドル ②フレーム ③ギアチェンジ ④タイヤ

①ハンドル

ライダーのポジションによってハンドルの持ち方が変わってきます。エアロロードバイクの特徴の一つとして、ハンドルの形状が、ライダーのあらゆるポジションに対応するように設計されており、ロードバイクの最大の特徴と言っても良い「ドロップハンドルバー」が採用されています。ドロップハンドルバーは、高速で走行する際に、極度な前傾姿勢での走行がしやすいような設計となっています。さらに、上位のモデルにおいては、ハンドルとステムが一体型になっていたり、ステムとフレームの接続部分の形状までを改良するモデルも増えてきています。エアロロードバイクにとって、ハンドルは非常に重要な部分なのです。

②フレーム

そして、エアロロードバイクの最大の特徴と言っても過言ではないのが、フレームの形状です。空気抵抗を極限まで減らすため、その見た目はひらぺったいデザインをしています。これにより、エアロ効果を期待でき、より高速に、より楽に走行することが可能となっています。

③ギアチェンジ

エアロロードバイクのギアチェンジは、フロントがダブル、リアが9~11変速が主流となっています。また、エアロロードバイクは、どのブランドも上位モデルに部類されるモデルが多く、レース時に対応したスピード走行が期待できるよう、フロントが53~52Tが主流となっています。

④タイヤ

そして、エアロロードバイクのパーツの最後の特徴として、タイヤが挙げられます。エアロロードバイクのタイヤには、主に700×23cの細いタイプのタイヤが使われることが多く、このサイズのタイヤは、スポーツバイクの中では最も細いタイプのタイヤとなっており、高速な走りを実現してくれます。また、タイヤのホイールには、空気抵抗を考慮したディープタイプが採用されるのが主流となっています。

エアロロードバイクの特徴と魅力2/4

エアロロードバイクのデメリットとして、これまでバイクの重量が重くなってしまうという点が挙げられました。これまでのエアロロードバイクの重量は、フレームとフォークを合わせて約2kg。一般的な軽量ロードバイクは約1kgが目安でした。これにより、エアロロードバイクの重量はかなり際立っており、この車体重量の改善が見込まれない時期は、あまり人気のない車種でもあったのです。しかし、最近は技術進歩により軽量化が実現され、今後も軽量化が期待できる人気車種となりました。クライマーにとって車体の重量は命です。この技術進歩により、あえてエアロロードバイクを愛用するライダーも増えています。

エアロロードバイクの特徴と魅力3/4

近年、自転車競技やマラソン競技のブームによって、トライアスロンに参加する人口が増えてきました。トライアスロンは、簡単に説明すると、スイム・バイク・ランの3つの種目の連続を競い合う競技です。そんなトライアスロンの競技種目のひとつ「バイク」において、エアロロードバイクは非常に人気のある車種となっています。前述でも挙げた通り、エアロ効果に特化したエアロロードバイクは、トライアスロンという過酷は競技において、選手を大きくサポートしてくれます。そして、技術進歩により、エアロロードバイクの物理的な面でも、選手の大きな力となりました。これにより、エアロロードバイクに乗る選手が増えてきているわけです。

エアロロードバイクの特徴と魅力4/4

そして何より、多くのエアロロードバイクユーザーが声をそろえておすすめする理由は、外見デザインのかっこよさという魅力です。一般的な軽量ロードバイクと比較しても、エアロロードバイクの洗練されたデザインは、見る人、乗る人を魅了してしまいます。エアロロードバイクを開発、販売する各ブランドも、デザイン競争には非常に力を入れていることでしょう。

エアロロードバイクの特徴と魅力まとめ

以上が、エアロロードバイクの特徴と魅力になります。性能・効果・デザインにおける特徴や魅力の他にも多くの特徴や魅力を兼ね備えたエアロロードバイクですが、主に前述の特徴と魅力が、エアロロードバイクを人気にさせた理由になります。特に、エアロロードバイクの最も得意とするエアロ効果と呼ばれる空力性能は、ライダーを虜にしてしまいます。では、実際に様々なブランドが販売するおすすめのエアロロードバイクをご紹介しましょう。

おすすめのエアロロードバイクをご紹介!

では早速、おすすめのエアロロードバイクを発表いたします。エアロロードバイクに特化した有名ブランドから、バイクブランドとして有名なブランド、そして様々な価格帯のエアロロードバイクをご紹介します。どれもエアロ効果抜群のエアロロードバイクとなっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめエアロロードバイク1/8

ARGON18 NITROGEN PRO

□価格(フレームセット):¥552,000(2018年2月現在) □価格の高い/安い比較:高い □Color:ブラック×グレー 1カラー □Size:XS(433)、S(487)、M(515)、L(567) C-T □Weight:フレーム 833g、フロントフォーク 350g、シートポスト 220g、AHB5000 397g □BB:BB86 □ヘッドセット:FSA #39 + Argon 18 proprietary 3D + compressor FSA TH-881-1 included □Tube : Nanotech Tubing HM8003 □フレームセット付属品:AHB5000エアロカーボンハンドル、専用フロントフォーク、専用シートポスト、専用ヘッドパーツ、専用内装バッテリーマウント、専用ブレーキ前後

「ARGON18」というブランドのエアロロードバイク「NITROGEN PRO」とは、「ARGON18」がサポートしているプロチーム「BORA-ARGON18」が、2015年度のツール・ド・フランスのデビュー戦で使用したエアロロードバイクのモデルとなります。最新技術を駆使して実現した「NITROGEN PRO」の特徴は、30%の空気抵抗の削減を実現したことです。つまりエアロ効果は抜群。さらに、下位モデルと比較すると、車体重量の150g軽量化に成功しています。非常に高価なエアロロードバイクとなっていますが、デザイン性も高く、おすすめしたい完璧なエアロロードバイクです。

おすすめエアロロードバイク2/8

ARGON18 NITROGEN

□価格(フレームセット):¥328,000(2018年2月現在) □価格の高い/安い比較:中間 □Color:ブラック×レッド、ブラック×ホワイト 2カラー □Size:XS(433)、S(487)、M(515)、L(567) C-T □Weight:フレーム 990g、フロントフォーク 380g □BB:BB86 □ヘッドセット: FSA #39 (top bearing 1" 1/8 and compressor 1" ) □Tube : Nanotech Tubing HM6003 □フレームセット付属品:、専用フロントフォーク、専用シートポスト、専用ヘッドパーツ、専用内装バッテリーマウント、専用ブレーキ前後

前述同様、「ARGON18」というブランドのエアロロードバイク「NITROGEN」。この「NITROGEN」とは、前述の「NITROGEN PRO」のベースとなった下位モデルとなります。「NITROGEN PRO」は、ツール・ド・フランスにおいて輝かしい結果を残しましたが、この結果は「NITROGEN」なくしてあり得ないことだっと言われています。フレームにはカーボン素材を使用、これにより軽量化され、エアロ効果が発揮されます。そのエアロ効果とコストパフォーマンスを兼ね備えたエアロロードバイクが、「ARGON18 NITROGEN」です。

おすすめエアロロードバイク3/8

BASSO DIAMANTE SV

□価格:Disk Brake/¥528,000(2018年2月現在)     Frame Fork Set+Stem Seat post/¥498,000 (2018年2月現在) □価格の高い/安い比較:高い □Color:PASTEL WHITE BLUE/BLUE FLUO ORANGE/ITALY/BLACK ANTHRACITE □Tubing:100% 3K High Modulus Carbon Monocoque □Size:450~610mm(C-T) □Weight:990g(Frame)/400g(Fork)Befor paint.

エアロロードバイクの有名ブランド「BASSO」 が販売するエアロロードバイク「DIAMANTE SV」。「DIAMANTE SV」の特徴とは、V字断面をダウンチューブに施工することで、従来の鋭いフレームでは生み出せなかった高いエアロ効果を実現したエアロロードバイクになります。また、「3B VIBRATION DANPENING」というシステムをシートチューブにつけることで、路面からくる振動を削減。より快適・軽快な高速走行が可能となりました。エアロ効果と丈夫さを兼ね備えたおすすめのエアロロードバイクです。

おすすめエアロロードバイク4/8

BASSO DIAMANTE

(送料無料)(特価セール)ロードレーサー BASSO バッソ DIAMANTE ULTEGRA ディアマンテアルテグラ11S イタリー(510mm)(びーくる限定特別仕様車)

楽天

□Color:CHROME SILVER WHITE RED/PETROLEUM DARK BRONZE/GRAY FLUO ORANGE/ASPHALT BLACK WHITE/EGG SHELL □Tubing:100% 1K High Modulus Carbon Monocoque □Size:450~610mm(C-T) □Weight:830g(Frame) /340g(Fork) Befor paint.

軽量化を極限まで追求した「BASSO DIAMANTE」とは、イタリアで高評価を得ているオートクレーブ釜を用いた製作工程により、より高い剛性化と軽量化に成功したエアロロードバイクです。さらに、フレームの進化はもちろんのこと、剛性と振動吸収にも優れたこのバイクは、ライダーのあらゆるコンディションに対応し、最大のポテンシャルを引き出してくれる優れた相棒。価格が、「BASSO DIAMANTE SV」と比較すると多少ではありますが安いのもポイント。エアロ効果を軽量化という視点から極限まで追求したおすすめのエアロロードバイクです。

おすすめエアロロードバイク5/8

BMC timemachine 01

BMC (ビーエムシー) 2018モデル Timemachine 01 ONE Dura Ace Di2 スーパーレッド サイズM-S 完成車

楽天

□メインコンポ:Shimano Dura Ace Di2 □カラー:スーパーレッド □サイズ:S, M-S □クランクセット:Dura Ace, 53-39T □スプロケット:Dura Ace, 11-28T □チェーン:Dura Ace □フロントメカ/リアメカ/シフター:Dura Ace Di2 □ブレーキ:BMC Timemachine 01 専用 SubA インテグレーテッド □ハンドル:BMC Timemachine 01 専用 V-cockpit □サドル:Fi'zi:k Tritone Manganese □ホイール:Zipp 404/808 NSW、Carbon Clincher □タイヤ:Conti. GP 4000S II、700x25c

これまでご紹介してきたおすすめのエアロロードバイクとは一味違う「BMC timemachine 01」。この「BMC timemachine 01」とは、トライアスロン選手に特化したバイクと言っても過言ではありません。というのも、トライアスロン選手のニーズに合わせ、長年研究し続けてきた産物だからです。

空力学を突き詰めたデザイン

空力学を専門とする会社「ザウバー・エンジニアリング」と手を組んで、製品開発を進めてきたBMCのtimemachineシリーズは、エアロロードバイクの最高峰と言ってもよいかもしれません。外見デザインも他とは違う、差別化できるおすすめのエアロロードバイクです。なお、timemachineシリーズに関する詳細は以下のリンクからご確認ください。

timemachine 01 | BMCオフィシャルサイト

おすすめエアロロードバイク6/8

FELT AR3

FELT(フェルト) AR3 2018年モデル ロードバイク

楽天

□価格(11速アルテグラ完成車):¥428,000(2018年2月現在) □価格の高い/安い比較:中間 □フレーム:カーボン  □フォーク:カーボン □重量:7.7kg □タイヤ:700×23c

スポーツバイクブランドの王道「FELT」の「AR3」とは、これまでご紹介してきたおすすめのエアロロードバイクと比較すると、完成車でこの価格帯は比較的安い車体かもしれません。フレーム・フォーク・ホイールが古カーボン仕様という点からも、この価格帯は非常におすすめしたエアロロードバイクです。

シンプルで乗りやすいデザイン

ワイヤー類もすべて内蔵されており、外見デザインも完璧と言ってよいほど。リア回りも非常にシンプルに作られているため、乗りやすいエアロロードバイクとなっています。エアロ効果は他のエアロロードバイクと比較しても、見劣りしない性能。FELT独自の最新技術によって生み出された傑作です。ちなみにFELTは、軽量化というカテゴリでは群を抜いているメーカーでもあります。

おすすめエアロロードバイク6/8

FUJI TRANSONIC 2.5

(特典付)ロードレーサー 2018年モデル FUJI フジ TRANSONIC 2.5 トランソニック2.5 マットカーボン/シルバー

楽天

□Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm □Color(s) Matte Carbon/Silver □Main frame:C5 high-modulus carbon, integrated head tube w/ 1 1/2" lower, PF30 BB, double water bottle mountsRear triangle-ForkFC-440 carbon w/ tapered carbon steerer □Front derailleur:Shimano 105, braze-on mount □Rear derailleur:Shimano 105, 11-speed □ShiftersShimano 105, STI, 11-speed □Cassette:Shimano 105, 11-28T, 11-speed □※以下詳細リンク

非常にコストパフォーマンスの高いバイクメーカーとして人気のある「FUJI」の「TRANSONIC 2.5」。「TRANSONIC 2.5」とは、島の105の完成車でありながらフルカーボン仕様。完成車で20万円代という驚きの価格です。これまでご紹介してきたエアロロードバイクと比較しても、かなり安い部類のエアロロードバイクとなります。

入門者向けエアロロード

そのパフォーマンスは一流。振動吸収性にもたけており、軽量化された「TRANSONIC 2.5」は、エアロ効果抜群のおすすめエアロロードバイクです。エアロロードバイク入門者におすすめしたエアロロードバイクでもあります。

TRANSONIC 2.5|FUJI BIKE フジ自転車

おすすめエアロロードバイク7/8

GIANT PROPEL ADVANCED SL 0 DISC

□価格:¥1,250,000(2018年2月現在) □価格の高い/安い比較:非常に高い □SIZE:680(XS),710(S),740(M),770(ML)mm □WEIGHT:N.A □FRAME:Advanced SL-Grade Composite ISP OLD142mm □FORK:Advanced SL-Grade Composite,Full Composite OverDrive 2 Column 12mm Axle □DRIVETRAIN:SHIMANO DURA ACE Di2 □CRANK SET:SHIMANO DURA ACE with POWER METER Pro-Compact □BRAKES:SHIMANO DURA ACE 140mm Rotors □SADDLE:GIANT CONTACT SLR FORWARD Carbon Rail □WHEELS:GIANT SLR0 AERO DISC Carbon □TIRE:GIANT GAVIA RACE 0 700x25C Tubeless Ready □SPEED:22 Speed

コストパフォーマンスの鬼ブランド「GIANT」から販売されている最高峰のエアロロードバイク「PROPEL ADVANCED SL 0 DISC」とは、価格を見ていただければ一目瞭然。2017年に開催されたツール・ド・フランスにて使われたエアロロードバイクのモデルです。最新技術を駆使し、それが最上級の美しいエアロロードバイクがここに完成しました。プロチームの実戦データを参考に改良を重ねた「PROPEL ADVANCED SL 0 DISC」です。

GIANT史上、最高のエアロ効果

GIANT史上、最高のエアロ効果を生み出した最高のエアロロードバイクです。これまでご紹介したエアロロードバイクと比較すると、非常に高価なエアロロードバイクに見えますが、これだけの最新技術が組み込まれたエアロロードバイクです。非常に価値のあるおすすめのエアロロードバイクとなっています。

おすすめエアロロードバイク8/8

GIANT PROPEL ADVANCED 2

□価格: □価格の高い/安い比較:非常に安い □SIZE:465(XS),500(S),520(M),545(ML)mm □WEIGHT:8.3kg(465mm) □FRAME:Advanced-Grade Composite,VECTOR Composite Seat Pillar □FORK:Advanced-Grade Composite,Aluminum OverDrive Column □DRIVETRAIN:SHIMANO 105 □CRANK SET:SHIMANO 105 Compact □BRAKES:SHIMANO 105 + GIANT SPEED CONTROL SL □TIRE:GIANT GAVIA RACE 1 700x25C Tubeless Ready □SPEED:22 Speed

前述に続き、「GIANT」の「PROPEL ADVANCED 2」。「PROPEL ADVANCED 2」とは、一言でいえばエアロロードバイクの入門車。非常に安い価格帯で提供されています。しかし、フレームはカーボン仕様となっており、非常にコストパフォーマンスの高いエアロロードバイクとなっています。チューブもフレーム内蔵。外見デザインは非常にシンプルで、乗り初めには非常におすすめしたい、エアロ効果も期待できるオールラウンドモデルのエアロロードバイクです。

エアロ効果をぜひ体験してほしい!

以上が、エアロロードバイクに関するご紹介になります。基本的にエアロロードバイクは、どのブランドも上位モデルにしか存在しない高価な乗り物です、しかし、中にはエアロロードバイク入門者向けの比較的安い価格帯のエアロロードバイクもあります。この機会にぜひエアロロードバイクを購入し、エアロ効果というものを実際に肌で感じんてみてはいかがでしょうか。

 Koki Shibata
ライター

Koki Shibata

アウトドア好き、20代男性です.キャンプが趣味で、最近ソロキャンデビューを果たしました。今後ロードバイクも始めようと思っています。アウトドア好きの方、興味のある方に価値のあるメディアを作れるよう貢献いたします。よろしくお願いいたします!


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking