Twitter
Facebook
LINE

バイク用プロテクターの効果と選び方!転倒事故で必要な備えを考えよう!

Hobby Life

バイク用プロテクターの効果と選び方!転倒事故で必要な備えを考えよう!

Hobby Life

バイクに乗る時のジャケットとは?

バイクの乗るには最適な服装がありますが、普段軽装で乗車してしまうことはありませんか?暑い時期などは、特に薄着で乗ってしまうライダーも多くなります。もちろん、違法ではありませんので構わないのですが、やはりバイク走行に危険は付き物ですので、長袖のジャケットを着ることがおすすめです。日焼けも防げますし、何よりも転倒した際には怪我の抑止効果が得られます。

バイクにおすすめのインナーとは?

フィットしたジャケットを着用することにより、風を受けた際でも運転がしやすいです。また、インナーにも気を配ることで、より快適なツーリングができますのでおすすめです。たとえば、汗を吸収・発散しやすい長袖のインナーがおすすめです。これにより、暑い時期でもストレス無く走行することができます。汚れても良いように濃い目のカラーを着用することが良いです。

バイクは転倒しやすい?

バイクは二輪車ですので、操作次第では転倒してしまいます。特に排気量が大きな車両となると、車重が300kgを超えるバイクもあります。押して歩くだけでも大変な車両ですので、立ちごけしてしまうこともあります。こういった状況を考えても、やはり「長袖のジャケットを着ているほうが安全」ということが言えます。まして、走行中に転倒してしまえば、大きな怪我ともなりかねません。

おすすめのバイク用安全対策とは?



バイク乗車におすすめの装備は、やはり長袖と長ズボンです。さらに、レザーブーツを履くことで、基本装備としては問題ありません。ですが時として、高速で転倒してしまう恐れもあるのがバイクです。ジャケットを着ていても、肩・胸部・膝をカバーし切れないこともあります。転倒しても、より効果が高い装備をしていれば、必要に応じて身体を守ることが可能となります。

プロテクターとは?

しっかりと安全な装備を心掛けるのであれば「プロテクター」を着ることがおすすめです。プロテクターとは、樹脂でできている着衣で、仮にバイク走行中に転倒してしまっても、肩・胸部・膝などを大きな打撃から守ることができる装備です。インナーの上に装備することで、動きやすい状態を維持できます。「安全走行には効果が大きい装備」ですので、バイクに乗る際に装着することをおすすめします。

教習所でプロテクターを使っていた?



バイクの愛好歴が永くなると、安全意識が低下してしまい、プロテクターの必要性を忘れてしまうことがあります。ですが、事故は一瞬で起きる危険な状況です。安全意識を取り戻すためにも必要な装備です。教習所での免許取得時、転倒しても良いように装備していましたので、バイク乗車時には、肩・胸部・膝を大きな衝撃から守るために必要であり、大きな効果を得られる安全装備ということが言えます。

プロテクターが必要?

プロテクターとは、いわゆる鎧のようなものです。バイク乗車時では、時速100㎞ものスピードで走行することもあります。車であれば、シートベルトやエアバッグがありますので、肩や胸部を守ることは容易です。ですが、バイクの場合、そうした身を守るものは一切ありません。そのため、プロテクターを着ることで、肩や胸部、そして膝といった「損傷を受けやすい箇所」へのダメージを軽減する、大きな効果があるので必要です。

バイクで転倒しても安心?

プロテクターを着けないで転倒してしまった場合、胸部を強打したり、肩や膝の骨を折ってしまうことが多くあります。どれだけ高価なインナーやジャケットを着ていても、事故に遭遇してしまうと骨折をしたり、最悪の場合では死に至るケースもあります。自分自身は安全走行をしていても、周囲の事故に巻き込まれることもありますので、やはり、プロテクターを装着することがおすすめです。

おすすめのバイク用肩プロテクターとは?

バイクに乗っていると強い風を受けることが多いですので、身体にフィットしたプロテクターを装着することがおすすめです。肩幅と合ったサイズを選び、さらにその上にジャケットを羽織っても運転しやすいものを選びましょう。サイズが大き過ぎると効果を最大限発揮しません。大型のバイクショップへ行と、各サイズが揃っていますので、必ず試着をしてみましょう。

肩のプロテクターの必要性とは?

バイクで転倒すると身体が投げ出されます。そうすると肩から地面や対象物へぶつかります。こういった事故を起こすことを考えると、肩用のプロテクターの選び方も重要となります。肩幅があると、ジャケットを着た時に運転しづらくなってしまいますので、薄手のインナーをはじめ、事故防止の効果がある型プロテクターを購入しましょう。

肩プロテクターの選び方と効果は?

プロテクターを一番外側に着用して走行することはありません。やはり、インナーの上にプロテクターを着け、その上にジャケットを羽織るケースが多いです。そのため、サイズの選び方が重要です。普段より1サイズ大き目のものがおすすめです。鎖骨を防衛するために効果がありますが、あまり窮屈な状態ですと、集中してバイクの走行を楽しむことができなくなってしまいます。

おすすめのバイク用胸部プロテクターとは?

心臓部を守るには胸部用のプロテクターが必須です。心臓部はインナーやジャケットだけでは防御できません。やはり、しっかりと胸部をを守れるプロテクターを着けて走行することが望ましいです。バイク走行中は柔軟な動きができるように、胸部周りには多少ゆとりがある方がおすすめです。そのため、フィットしたインナーを着ることがおすすめです。これにより、柔軟なバイク操作が可能となります。

胸部プロテクターの必要性とは?

人間は心臓から前進へと血液を循環しています。そのため、事故を起こしてしまった際に守るべき重要な箇所です。肋骨が折れてしまい、内蔵へダメージを負ってしまうケースもあります。ですので、胸部のプロテクターは選び方も重要になってきます。どれだけインナーに厚手のものを着用していても、大きな速度で事故を起こしてしまえば意味をなしません。

胸部プロテクターの選び方と効果は?

胸部のプロテクターの選び方は、厚手のものがおすすめです。インナーは薄手でも、外装を厚くすることで、大きな事故を起こしてしまっても助かるケースがあります。厚手でありながら柔軟性のあるプロテクターを着けることで、インナーにどういった素材のものを着用しても、身を守ってくれます。人間の身体でとても重要な臓器は胸部を中心に集まっていますので、留意したいですね。

おすすめのバイク用膝プロテクターとは?

膝用のプロテクターもあります。足の中で一番面積が大きい部分ですので、バイクで転倒してしまうと大きなダメージを負ってしまう箇所でもあります。人それぞれ足の太さが異なりますので、やはり、自分の膝のサイズにあったものを購入しましょう。ほとんどがマジックテープで装着できますので、しっかりと固定してから走行しましょう。これで、仮に転倒しても大きな損傷は受けません。

膝プロテクターの必要性とは?

膝は「弁慶の泣き所」とも言うほど、ぶつけると痛い箇所でもあります。普段でも家具の角などにぶつけると痛い箇所です。なぜなら、肉がなく骨と皮のみの箇所ですので、人間にとっての痛点ということです。そのため、大きな速度で走行するバイクの場合では、それ以上の衝撃を受けてしまう可能性がありますので、とても重要な装備ということが言えます。

膝プロテクターの選び方と効果は?

人間の痛点を守るには、それ相応のプロテクターが必要です。それには、やはり、ピッタリとサイズが合っているものがおすすめです。サイズが合っておらず、中で膝が動いてしまうようですと、最大限の防衛効果が得られません。男性でもサイズが合わない場合、レディースサイズを使用する方法もあります。いずれのプロテクターでも、しっかりとフィットしていれば十分な効果が得られます。

バイク乗車時にすべてのプロテクターが必要?

ご紹介した各プロテクターですが、全て装着することに嫌悪感を抱くライダーもいます。それには、バイク乗車時にごわついたり、着ぶくれしたような見た目が原因としてあります。安全面を考慮すれば、全ての箇所へプロテクターを装備することが望ましいです。これにより、不慮の事故やトラブルに巻き込まれても「一命を取り留めた」というケースは数多くあります。

1つだけ着けるとしたらどれがおすすめ?

どうしても全てのプロテクターを装着したくない場合でも、最低限1つ「胸部プロテクター」を装備することをおすすめします。人間の身体の中で特に重要な臓器がある部位ですので、胸を守ることが一番大事です。選び方としては、好みのジャケットのインナーとして、着やすいものをチョイスしましょう。ただし、あまりにもフィットし過ぎると運転しにくい状況となってしまいます。

グローブにもプロテクターがある?

バイク用グローブにもプロテクターが装備してあるものがあります。手の甲に付いていますが、こうした箇所でも転倒時には重要な防御をしてくれます。指の骨は細いため、非常に折れやすい箇所です。そのため、こうした防御できるグローブを装着することもおすすめです。全身を転倒に備えた装備にしておくことで、安心して落ち着いた気持ちのまま走行に集中できます。

足元はどうする?

足元にも防衛力が高い革製のブーツを履きましょう。つま先に鉄が入ったブーツは特に有効です。やはり、ライダー用のブーツが数多くありますので、しっかりとサイズが合ったものを履きましょう。短いものよりも膝下まであるロングブーツを着用することがおすすめです。1足当たり、約3万円前後する製品が多いですが、末永く活用するものですので、丈夫で良い製品を購入しておきましょう。

バイクで転倒した時にぶつけやすい所とは?

バイクは体を剥き出しにして乗る乗り物です。そのため、軽い転倒でも容易に怪我をしてしまいます。特にぶつけて怪我をしやすい箇所は頭です。そのため、プロテクターと併せて、しっかりとしたヘルメットも装備しましょう。稀に半キャップのヘルメットでバイクに乗車する人がいますが、それはとても危険な行為です。フルフェイスなど、頭をしっかりと覆ったものがおすすめです。

バイク乗車時にプロテクターを着けないと違反?

プロテクターを装着しないでバイクを運転することは、道路交通法において罰則とはなりません。プロテクターは、あくまでも任意でのオプションアイテムです。そのため、着けていなくても免許の点数減点にはなりません。ですが車とは異なり、少しの操作ミスで大きな事故へと繋がる可能性がある車両です。やはり、適切なプロテクターを装備することが最善と言えます。

バイクで転倒した時の効果とは?

プロテクターを装備しないでバイクで転倒したり、事故に遭遇してしまうと、身体にとても大きなダメージを負うこととなります。悲惨な事故ですと死亡してしまったり、または、半身不随など、一生寝たきりで過ごさなければいけない悲しい事故も起きています。そうした悲惨な境遇を避けるため、自己防衛としてプロテクターを装備することを推奨します。

プロテクターの選び方次第で効果が異なる?

プロテクターとひとくちに言っても、用途によって様々なものがあります。大型のバイクショップに行くと、各メーカーよりバイク用のプロテクターが販売されています。こちらは、ライダーにとって最適な大きさや作りしています。素材も「大きな衝撃に耐えられる」ようにできていますので、とても安心です。安価なものよりも専門店でしっかりとした製品を購入しましょう。

おすすめのサイズとは?

各プロテクターにはサイズがあります。バイク乗車時には、やはり適切にフィットした製品を着用しましょう。大き過ぎても安定感が感じられませんし、小さ過ぎても窮屈で走行中にストレスともなりかねません。そして、アウターのジャケットを羽織っても、スムーズな動きができるサイズが望ましいです。そのため、通販などで購入する際には特に注意が必要です。

プロテクターの選び方を間違えると?

安価な整品を購入してしまうと、作りが粗雑なことがあります。やはり、命を守るためのプロテクターですので、専門的に製造された商品を購入することが良いでしょう。薄手のものですと耐久性に欠けることがありますので、そうしたプロテクターの購入は控えておきましょう。商品の説明書きに「耐久テストがされた旨の記載」があるか確認しておくことも参考となります。

安価なものは危険?

何事でもそうですが、「安かろう悪かろう」というように、安価な整品はそれだけ品質が低いということです。量産品であったり、成分にこだわって製造されていないケースもあります。そのため、簡単にヒビが入ったり、曲がってしまうといった弊害も起きます。やはり、高額でも「安心できるプロテクター」を身に着けることが最善です。安心を買うことで、より一層とツーリングを満喫できることでしょう。

プロテクターとバイクの関係とは?

バイクは排気量の違いで免許の区分が分けられています。小さなバイクですと50㏄ですが、大きな排気量では1500㏄前後あります。これだけ幅広い区分別けがされていますので、大きなバイクに乗る際には、とりわけプロテクターが必須です。速度も優に時速100㎞を超えますので、それほど大きな速度でも、安心して装備できるものを選択することが良いでしょう。

大型バイク店での購入がおすすめ!

バイクショップでは、走行時はもちろんですが、バイクから降りた時でもストレスなくかっこいいプロテクターが販売しています。そのため、いつでも動きやすいものを購入することができます。ジャケットでもバイカーにとって嬉しい装備が付いたものばかりですので、グローブをはめたままでも作業しやすい作りとなっています。やはり、バイク乗車用アイテムは専門のバイクショップで購入しましょう。

中古は危険?

中古品でもプロテクターを購入することができます。オークションやバイクショップなどがその一例です。ですが、中古のプロテクターはおすすめできません。なぜなら、経年で弱っている可能性があります。もしくは、衝撃を受けている可能性もあるためです。プロテクターは、1度衝撃を受けてしまうと劣化が早まります。そのため、消耗品ということが言えますので、やはり新品で購入しましょう。

プロテクター付きのおすすめジャケットとは?

バイクショップに行くと、ジャケットとプロテクターが一体化された衣類が販売されています。こちらは、とても便利で、外見はデザイン性の高いオシャレなジャケットですが、各部にプロテクターが内蔵されています。こうしたジャケットですと、とても動きやすく、なおかつオシャレにバイク走行を楽しむことができます。好みに合った1着が見付かるはずですので、ぜひ探してみましょう。

肩・胸部・膝が守れるの?

オシャレなプロテクター内蔵のジャケットでも、各部を衝撃から守ることができます。ジャケットの場合でも、肩・胸・背中に防具が入っています。膝には、やはり同じようにプロテクター入りのパンツが販売されています。上下揃えて、防具入りのウェアを身に着けることで、いつでも安心してツーリングを楽しむことができます。まだ、入手していない方は、ぜひ購入しておきましょう。

バイクにはプロテクターを着て乗車しましょう!

今回は、バイク用のプロテクターに関する内容をご紹介しました。「バイクに乗るけれどプロテクターは着けていない」というライダーは数多くいます。車で言う所の、シートベルトやエアバッグと同じ様な役割があるのがプロテクターです。つまり、自分の命を守るには必須のアイテムということが言えます。「自分は事故を起こさないから大丈夫」と高をくくったままツーリングしていると、思わぬ事故に巻き込まれ、大きな損害を受けることともなりかねません。ここまでご覧になった方で、未だに軽装備でライディングをている方は、この機会にぜひ着用してみてください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

レジン初心者におすすめ!セリア材料で簡単に作れるレジン封入ピアス✨【ハロウィン】

今回はUVレジンでネイルシールを封入したレジン封入ピアスの作り方をご紹介しました! 用意するものは下記です。 【材料】 ネイルシール(セリア) メタルプレートパーツ(セリア) ピアス+丸カン お好み...

【花数字の刺繍】おしゃれな「数字の8」の刺し方を解説します✨

今回は「数字の8の刺繍」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 数字をかわいくお花のデザインで仕上げます。 ここでは8についてご紹介しています。...

【花数字の刺繍】おしゃれな「数字の7」の刺し方を解説します✨

今回は「数字の7の刺繍」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 数字をかわいくお花のデザインで仕上げます。 ここでは7についてご紹介しています。...

【花数字の刺繍】おしゃれな「数字の6」の刺し方を解説します✨

今回は「数字の6の刺繍」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 数字をかわいくお花のデザインで仕上げます。 ここでは6についてご紹介しています。...

シンプルでおすすめ!ダブルガーゼの手作りストールの作り方【マーガレットアレンジも◎】

今回は「ダブルガーゼのストール」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! ダブルガーゼを使って簡単なストールを作ります。 シンプルですがマーガレッ...