バス釣りロッドのメーカー別厳選おすすめ20選!人気日本メーカー特集!のイメージ

バス釣りロッドのメーカー別厳選おすすめ20選!人気日本メーカー特集!

バス釣りロッドのメーカー別の一覧にして紹介します。 日本のメーカーのもので人気があるものやおすすめの一本を、初心者向けからバーサイタルに使用できるロッドやオカッパリなど、老舗メーカーから新しいメーカーまで、バス釣りのおすすめロッドを紹介します。

2019年06月23日更新

マッキー
マッキー
釣りを専門にトーナメントや実践での経験で培った本物の情報を記事にしていきたいと思います。当たり前の内容から他にはないコアな情報まで読者の方が知りたいと思える情報を届けられるように執筆しています。得意分野はバス釣りで関東地方が中心。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. バスロッドには様々な種類がある
  2. バス釣り用ロッド素材
  3. バス釣りスタイルに合わせるメーカー別ロッド選び
  4. おすすめロッドメーカー紹介
  5. バス釣りロッドおすすめメーカー①:Abu Garcia(アブガルシア)
  6. バス釣りロッドおすすめメーカー②:EVER GREEN(エバーグリーン)
  7. バス釣りロッドおすすめメーカー③:ENGINE(エンジン)
  8. バス釣りロッドおすすめメーカー④:SHIMANO(シマノ)
  9. バス釣りロッドおすすめメーカー⑥:JACKALL(ジャッカル)
  10. バス釣りロッドおすすめメーカー⑦:Jackson(ジャクソン)
  11. バス釣りロッドおすすめメーカー⑧:DAIWA(ダイワ)
  12. バス釣りロッドおすすめメーカー⑨:DEPS(デプス)
  13. バス釣りロッドおすすめメーカー⑩:NORIES(ノリーズ)
  14. バス釣りロッドおすすめメーカー⑪:Valleyhill(バレーヒル)
  15. バス釣りロッドおすすめメーカー⑫:MEGABASS(メガバス)
  16. バス釣りロッドおすすめメーカー⑬:LEGIT DESIGN(レジットデザイン)
  17. バス釣り初心者向けロッド選び
  18. まとめ

バスロッドには様々な種類がある

hiroto_tokitaさんの投稿
27880274 1670453063000237 41328722237718528 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

バス釣りロッドには、どれを選べばいいのかわからないほどたくさんのメーカーからバスロッドが販売されていますね。メーカーがたくさんある上に、スピニングロッドやベイトロッド、素材にもグラスやカーボン、ソリッド素材などありとあらゆるロッドをメーカーが作っています。そこで、選び方を間違えないようにおすすめメーカーのバスロッドを紹介します。

バス釣り用ロッド素材

ロッドの素材も選び方の重要なポイントの一つとなってきます。素材の特徴を理解して、自分に合ったバスロッド選択しましょう。

出典: http://www.daiwa.com

ソリッドとカーボン

(左)ソリッド素材
(右)カーボン素材(チューブラー)

カーボン素材

カーボンはほぼすべてのロッドで使用されている素材です。大体のバスロッドはカーボンシートと言うものを巻いて作られています。紙の端を丸めて最後まで転がし行けば一本の棒になりますよね。簡単に言えばそれがロッドになるのです。その状態で作られたのが右側のロッドです。中が空洞になっています。メリットは軽くて感度が良いことで、デメリットは空洞なので当然ロッドが曲がったときに断面が変形するので、反発力が強くソリッドよりも当たりを弾きやすいことです。

グラス素材

グラスの特徴は、張りがないことです。表現するのが難しいですが、巻物のルアーなどを使用したときにバスがばらしにくいことです。ロッドがバスの動きに勝手に合わせてバレにくくしてくれるイメージです。デメリットは重く感度が悪いことです。しかし、現在の(2018/2/14現在)のグラスロッドは、軽くなってきているので気にならないレベルまでになっています。

ソリッド素材

写真を見ると分かるように、ロッドの中身が詰まっていることを【ソリッド】と言います。オールソリッドとはロッド全部に詰まっている状態で、ソリッドティップというのはロッドの先端だけ詰まっている状態です。メリットは粘りとパワーが出ることで、デメリットは重たくなることです。

バス釣りスタイルに合わせるメーカー別ロッド選び

mamechikinさんの投稿
27877576 134652567352292 6138309444888428544 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

自分のバス釣りのスタイルには何が合うか分からない場合に選ぶポイントとしては、自分がオカッパリなのか、ボートなのかを考えて、次に自分の好きな釣り方やルアーを探します。ライトリグやスピナーベイトなどルアーを思い浮かべて、その二つを当てはめ雑誌やインターネットで検索すればそれに特化したプロアングラーが出てくると思うので、その人たちが使用しているロッドを参考にすれば良いロッドが見つかるはずです。

おすすめロッドメーカー紹介

ここからは、アイウエオ順でおすすめのバスロッドメーカーを紹介していきます。

バス釣りロッドおすすめメーカー①:Abu Garcia(アブガルシア)

出典: http://www.purefishing.jp

アブガルシアのおすすめロッドは、【ファンタジスタ】シリーズです。 【ファンタジスタ】には5つのシリーズに分かれていて、バスプロたちとメーカーのこだわりが詰まっていますので、それぞれおすすめのバスロッドを紹介します。ファンタジスタシリーズの選び方は好きなバスプロのシリーズで決める、そういう選び方でいいと思います。

出典: http://www.purefishing.jp

New Fantasista (ファンタジスタ)

1.Deez FNC-60LS -SUPER BAITFINESSE-1-

アブガルシア ファンタジスタ ディーズ FTS Deez FNC-60LS SUPER BAITFINESSE-1 【大型商品 送料1080円】

全長(ft/cm) 6'0"/183/ 標準自重(g) 73/ 推奨ルアー(oz) 1/48~3/16/ ライン(lb) 6~10/ パワー L/ライト/ テーパー/アクション F/ファースト/ 製法 ソリッドティップ/ メーカー希望本体価格(税抜) ¥42,000(2018/2/15現在) ※画像はイメージです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ファンタジスタのDeez(ディーズ)シリーズはバスプロ『青木大介』さんが監修しているシリーズです。 この【Deez FNC-60LS -SUPER BAITFINESSE-1-】はパワーがライトでありながら、ベイトロッドになっているのでスピニングロッドのようにライトリグなどを使用することも簡単に出来、なおかつ太いラインを使用することも出来るので、テトラや立ち木のようなストラクチャーでもラインブレイクの心配が少なくなります。自重が73gと半端じゃない軽さになっているので一日中使用しても腕への負担が少なくなっています。

出典: http://www.purefishing.jp

バスプロ『青木大介』

2.REGISTA FCR-70M MGS Technical Cover 70

アブガルシア Fantasista REGISTA(ファンタジスタ レジスタ) バスロッド FCR-70M MGS  Abu Garcia◆

全長(ft/cm) 7'0"/2.13/ 標準自重(g) 126/ 推奨ルアー(oz) 3/16~1/2/ ライン(lb) 10~20/ パワー M/ミディアム テーパー/アクション F/ファースト/ メーカー希望本体価格(税抜) ¥45,000(2018/2/15現在)/ ※画像はイメージです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

REGISTA(レジスタ)は、バスプロ『成田紀明』さん監修のシリーズになります。 【REGISTA FCR-70M MGS Technical Cover 70】は、7ftと言う長さでありながらミディアムパワーで、扱いやすいのが特徴です。WBSで成田紀明プロが優勝した時に使用していたのもこのモデルになります。ルアーは軽めの5g前後のテキサスリグなどを使用する時におすすめのロッドです。また、7ftの長さがあるのでディスタンスが取れるので、バスに余計なプレッシャーを与えることもなくアプローチできますね。

出典: http://www.purefishing.jp

バスプロ『成田紀明』

3.STUDIOUS FSNS-62LS MGS(スピニング)SATORI

Abu/アブ ファンタジスタ/Studious Nano FSNS-62LS MGS

全長(ft/cm) 6'2"/188/ 標準自重(g) 94/ 推奨ルアー(oz) 1/16-3/16/ ライン(lb) 3~8/ パワー L(ライト)/ テーパー/アクション F/ファースト/ 製法 ソリッドティップ/ メーカー希望本体価格(税抜) ¥49,900(2018/2/15現在)/ ※画像はイメージです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

STUDIOUS(スチュディオス)シリーズは、バスプロ『小森嗣彦』さん監修のシリーズです。 繊細な釣り方が多い、小森プロはソリッド素材を使用したモデルが多いですね。 オーソドックスな【STUDIOUS FSNS-62LS MGS(スピニング)SATORI】この一本は、バーサタイルに使用できるので、STUDIOUS(スチュディオス)シリーズを始めるには最適な一本になると思います。また、オカッパリモデルとも謳っていますので、オカッパリアングラーにもおすすめの一本です。

出典: http://www.purefishing.jp

バスプロ『小森嗣彦』

4.YABAI FCY-69MH MGS

アブガルシア ファンタジスタ ヤバイ FCY-69MH MGS 【保証書付き】〔仕舞寸法 205.7cm〕 【大型商品2/代引不可】 【ショップレビューを書いて次回使える送料無料クーポンGET】

全長(ft/cm) 6'9"/2.06/ 標準自重(g) 119/ 推奨ルアー(oz) 3/8~2/ ライン(lb) 10~20/ パワー MH/ミディアムヘビー/ テーパー/アクション R/レギュラー/ メーカー希望本体価格(税抜) ¥45,000(2018/2/15現在)/ ※画像はイメージです。

楽天で詳細を見る

YABAI(ヤバイ)シリーズは、バスプロ『河辺裕和』さんが監修しています。 【YABAI FCY-69MH MGS】をおすすめする理由は、世界のフットボーラーと呼ばれる、河辺プロなのでラバージグやテキサスリグに使用できるロッドを選びたいからです。長すぎもなく、短くもない6.9ftという長さで、MHのパワーというのは本当に相性が良いです。ジグロッドをお探しであれば、おすすめの一本です。

出典: http://www.purefishing.jp

バスプロ『河辺裕和』

5.X-GLAIVE FXC-75MH【宮廣モデル】

アブ ファンタジスタエックスグレイブ FXC-75MH MGS ディープマニュピレーター Abu Fantasista X-GLAIVE

全長(ft/cm) 7'5"/2.26/ 標準自重(g) 143/ 推奨ルアー(oz) 3/8 - 1/ ライン(lb) 10 - 20/ パワー MH(ミディアムヘビー)/ テーパー/アクション RF(レギュラーファースト)/ メーカー希望本体価格(税抜) ¥46,000(2018/2/15現在)/ ※画像はイメージです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

X-GLAIVE(エックス-グレイブ)シリーズは、琵琶湖のプロガイド『国保 誠』さんが中心となって監修しているシリーズです。【X-GLAIVE FXC-75MH】は、プロガイド『宮廣 祥大』さんが監修したモデルになります。 琵琶湖専用とも言えるX-GLAIVEシリーズですので、ビッグクランクやディープクランクを遠投して巻いてくることに適した、このモデルがおすすめの一本です。

出典: http://www.purefishing.jp

プロガイド『宮廣 祥大』

バス釣りロッドおすすめメーカー②:EVER GREEN(エバーグリーン)

出典: https://www.evergreen-fishing.com

エバーグリーンのバスロッドを選択する方たちにはもはや選び方を紹介することなどしなくては良いと思いますが、その中でもおすすめを紹介します。選び方は、エバーグリーンもコンセプトでシリーズが分かれているので、その中から選択すれば良いです。

6.カレイド・インスピラーレ「RSリミテッド」 IRSC-611XMH グランドコブラRS

【ロッド】エバーグリーン:IRSC-611XMH グランドコブラRS 【ベイトロッド/釣り竿・釣竿】

全長 2.11m/ 標準自重 142g/ パワー エクストラミディアムヘヴィ/ ルアー範囲 10.5~112g(3/8~4oz)/ ライン範囲 10~30lb/ 価格 86,000円(税別)(2018/2/15現在)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

競技用として開発された、【IRSC-611XMH グランドコブラRS】は軽さを重視して作られています。もちろん他の部分にもあらゆるこだわりが詰まっています。最先端が最善とは限らないと言う考えのもとに、最高のバスロッドに仕上げたのがこのロッドです。ジグなどを扱うことにも長けていて、4ozものビッグベイトにも対応できる新しいロッドです。

7.コンバットスティック・ヘラクレス HCSC-67MH ブルーマイスター

【エバーグリーン】ヘラクレス HCSC-67MH-LTS [ ブルーマイスターLTS ] [大型便]

全長 2.01m/ 標準自重 136g/ パワー ミディアムヘヴィ/ ルアー範囲 7~35g(1/4~1・1/4oz)/ ライン範囲 10~25lb/ 価格 57,000円(税別)(2018/2/15現在)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ヘラクレスシリーズのコンセプトは、タフで、強靭なパワーを持つロッドです。ヘラクレスクロス製法と言う新しいロッド製法で作られていて、ビッグバスを獲るために作られました。【HCSC-67MH】は、テキサスリグからスピナーベイトまで、重めのルアーならバーサイタルに使用できるロッドです。

8.ヘラクレス ファクト HFAS-64XULST

エバーグリーン ヘラクレス FACT HFAS-64XULST EVER GREEN HERACLES

全長 1.94m/ 標準自重 97g/ パワー エクストラウルトラライト/ ルアー範囲 0.4~3.5g(1/64~1/8oz)/ ライン範囲 2~4lb/ 価格 62,000円(税別)(2018/2/15現在)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

数々のタイトルを手にしてきたトーナメントプロ『福島健』が監修しているシリーズが【ヘラクレス ファクト】です。【HFAS-64XULST】は、1グラム未満のルアーやシンカーを使用しないと、バスの口を使わせることが出来ない場合におすすめのロッドです。ティップは白く塗装されているので、手元にも伝わらない微かなバイトも目で判断することが可能です。

出典: https://www.evergreen-fishing.com

トーナメントプロ『福島健』

バス釣りロッドおすすめメーカー③:ENGINE(エンジン)

出典: http://engine-fishing.jp

エンジンのロッドには、SPELLBOUND(スペルバウンド)とSPELLBOUND CORE(スペルバウンド コア)があります。 選び方は、店頭で触ってみることをおすすめします。XULとかの特殊な番手が多いので実際に触ってみた方がいいと思います。店頭になく実際に触れないときの選び方としては、スペルバウンドコアを一本試してから他の番手を購入することです。ロッドメーカーとしては新しい 『エンジン』ですが良いロッドが多いので探してみてください。

出典: http://engine-fishing.jp

9.SCS-63XSUL-ST

エンジン スペルバウンドコアSCS-63XSUL-ST

全長(ft) 6’3″/ 自重(g) 87 / ルアー重量(g) 0.5-3.5 / 適合ライン(lb) 2-4/ アクション  XSUL/ 定価(税抜) 25,000(2018/2/15現在)/ ※画像はイメージです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

スペルバウンドコアシリーズは、すべてソリッドティップになっています。 【SCS-63XSUL-ST】は、UL(ウルトラライト)よりもさらに繊細なXSULという硬さですが、ソリッドティップに仕上げることで、パワーもプラスし繊細なあたりも逃しません。エンジンでお探しの方に最初の一本はこのロッドがおすすめです。

バス釣りロッドおすすめメーカー④:SHIMANO(シマノ)

出典: http://fishing.shimano.co.jp

SHIMANO(シマノ)でのバスロッドの選び方は、あえて安くて良いものをオススメします。大手企業だからこそ実現できる、低価格でも良いロッドを紹介します。

10.ゾディアス[ZODIAS] 164L-BFS、164L-BFS/2

【ロッド】シマノ:エクスプライド 164L-BFS/2 (17モデル) 【ベイトロッド/釣り竿・釣竿】

全長(m) 1.93/ 自重(g) 102/ 適合ルアーウェイト(g) 4~12/ 適合ライン ナイロン・フロロ(lb) 6~12/ 本体価格(円) 17,000(2018/2/15現在)/ ※画像はイメージです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

【ゾディアス[ZODIAS] 164L-BFS、164L-BFS/2】はベイトフィネス用に開発されたロッドです。操作性が良く、コスパに優れているため、ベイトフィネス初心者の方からオカッパリ、ボートでの釣りまで使用できます。安くても充分な機能が詰まっていますので、安心しておすすめします。

11.ゾディアス[ZODIAS] 175XH

シマノ ゾディアス ZODIAS 175XH

全長(m) 2.26/ 自重(g) 145/ 適合ルアーウェイト(g) 14~56/ 適合ライン ナイロン・フロロ(lb) 6~12 14~30/ 本体価格(円) 19,800(2018/2/15現在)/ ※画像はイメージです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

【ゾディアス[ZODIAS] 175XH】は、ビッグベイトやカバー撃ちなど重めのルアーで使用します。 通常のフィールドであれば、使用頻度が少ない番手こそ手薄になりがちですが、ゾディアスなら低価格でもストレスのないロッド選びが可能です。

バス釣りロッドおすすめメーカー⑥:JACKALL(ジャッカル)

出典: https://www.facebook.com

ジャッカルでロッドの選び方は、一択です。現在(2018/2/15)、ジャッカルから発売されているロッドは【BPM】シリーズのみとなっていますが、素晴らしいコスパなので是非ロッド選びの1つに入れて見てください。

12.BPM BC-67MH+

ジャッカル ビーピーエム BC-67MH+ JACKALL BPM

Length 6'7"/ Action MEDIUM HEAVY +/ Weight 165g/ Lure(g) MAX 35g/ Line(lb.) 12-25lb / MAX 5G/ Price ¥16,200(本体価格)(2018/2/15現在)/ ※画像はイメージです。

楽天で詳細を見る

ジャッカルの【BPM BC-67MH+】は、程よい長さのブランクスの対して、MHではなくMH+と言った少し強めの硬さになっていることにより、操作性を保持しながらもカバーのバスにも主導権を与えないパワーを持たせています。通常のMHよりも少しだけ強めのMH+はヘビーカバーでも重宝することでしょう。

バス釣りロッドおすすめメーカー⑦:Jackson(ジャクソン)

出典: http://www.jackson.jp

ジャクソンのロッドでの選び方は、なんといってもソリッドをおすすめします。各メーカーからソリッド素材を使用したものが販売されていますが、ジャクソンのデュナミスシリーズで人気が上がりましたね。

13.DYNAMIS SUPER COMPETITION(デュナミススーパーコンペティション) DSCS-510L-AS THE SOLID WEAPON

出典: http://www.jackson.jp

DSCS-510L-AS THE SOLID WEAPON

Length:5ft10in/
Power:XX‐Light/
Self weight:99g/
Lure weight:5/16ozMax/
Line:6lbMax/
Action:超Extra Fast/
Price:¥48000(2018/2/15現在)

【DSCS-510L-AS THE SOLID WEAPON】は、ソリッドティップではなく、オールソリッドを採用しています。オールソリッドのデメリットは重量です。そこで、ロッドを短くすることでオールソリッドなのに、99gという軽さが実現してあります。ロッドが短くても飛距離が出ない心配はオールソリッドのしなりがあるので、解決してくれますし、ショートレングスロッドの操作性の良さとオールソリッドが持つパワーと粘りの驚くでしょう。ソリッドロッドをお探しの方には間違いなくおすすめの一本です。

14.BLAST BEATS(ブラストビーツ) BBS-511XL-AS

BLAST BEATS ブラストビーツ BBS-511XL-AS Qu-on(ジャクソン) (スピニングロッド)

Length:5.11'/ Power:Extra light/ Self weight:110g/ Lure weight:1/32-1/8oz/ Line:2-4lb/ Action:超Extra Fast/ Price:¥21000(2018/2/15現在)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

【BBS-511XL-AS】は、このモデルはデュナミスの廉価版と考えます。しかし、廉価版ではありますが随所にこだわりが詰まった、新しいスタンダードロッドとなるでしょう。低価格でありながらオールソリッドで作り上げられたこのロッドはオールソリッドを試したい方や、デュナミスには手を出せない方にはおすすめです。

バス釣りロッドおすすめメーカー⑧:DAIWA(ダイワ)

出典: http://www.daiwa.com

ダイワでのロッドの選び方は、価格で決めれば良いと思います。僕のおすすめはその中でも【STEEZ(スティーズ)】シリーズがおすすめです。価格は高くなってしまいますが、その分最高の釣りが出来るはずです。

15.STEEZ(スティーズ) 681MLFS-SV 【KINGBOLT(キングボルト)】

スティーズ 681MLFS-SV 17キングボルト ダイワ

全長(m) 2.03/ 自重(g) 97/ ルアー重量 1.8-11g/ ライン フロロ 4-8/ メーカー希望 本体価格(円) 69,000(2018/2/15現在)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ダイワのロッドと言えばスティーズシリーズです。その中でも【681MLFS-SV 【KINGBOLT(キングボルト)】】はロングロッドの弱点である重さを改善し、97gというロングロッドとは思えない軽さを実現しました。ライトリグからパワーフィネスまでこなせる【681MLFS-SV】はロッドが限られるオッカパリから、ボートでからのディスタンスをとってのアプローチなどにおすすめのロッドです。

バス釣りロッドおすすめメーカー⑨:DEPS(デプス)

出典: https://www.depsweb.co.jp

デプスでのロッドの選び方としては、他のメーカーよりも硬いロッドが多いので、デカバス狙いの方やヘビーカバー、重たいルアーなどを使いたい方に向いています。

16.SIDEWINDER GREAT PERFORMER ボアコンストリクターHGC-77XS/GP

【デプス】サイドワインダー ボアコンストリクター HGC-77XS/GP

Length:7’7/ Lure Weight:3/8~2oz/ Line:12~30lb/ Action:X-Heavy Slow Taper/ 約185g/ \52,000(税抜)(2018/2/15現在)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

SIDEWINDER GREAT PERFORMERは、デカいバスを釣るためのロッドとして開発されました。 その中でも、【ボアコンストリクターHGC-77XS/GP】は、ロングロッドの特性である遠投性能や、スイムベイト、スピナーベイトのようなクランキング主体の釣りに適したロッドです。

バス釣りロッドおすすめメーカー⑩:NORIES(ノリーズ)

出典: http://www.nories.com

ノリーズのロッドの選び方は、実際に持ってみて欲しいです。他のメーカーでの選び方でも度々、触ってほしいと言っていますが、特にノリーズの場合はそれが大事になってきます。カタログ上で、自重が他のメーカーに比べると大分重くなっていると思いますが、それはロッドエンドに’バランサー’と言う重りを付けているからです。バランサーのおかげでロッドを横にするとすごく軽く感じ、楽にキャストが出来、気持ちのいい釣りが出来るでしょう。

17.NORIES(ノリーズ) 680JMHS“JUNGLE SPIN”

出典: http://www.nories.com

680JMHS“JUNGLE SPIN”

Length(cm(ft)) 204(6'8")/
Line(PE / Leader) #0.8~2 / MAX 14lb./
Lure(g) 1/16~1/2/
Taper Fast/
Power Med-Heavy/
Weight(g) 113/
Price ¥54,000(2018/2/15現在)

【680JMHS“JUNGLE SPIN”】は、パワーフィネスをやる上で最適な一本です。スモールラバージグなどをカバーに入れ、バスを引きずり出すためのロッドです。特殊な使い方をするロッドなので、玄人向けになると思うので初心者の方がいきなりこのロッドを扱うことは難しいですが、扱うことが出来るようになれば強力な武器になるでしょう。

バス釣りロッドおすすめメーカー⑪:Valleyhill(バレーヒル)

出典: http://www.taniyamashoji.co.jp

バレーヒルでおすすめしたいロッドは、パワーフィネス用のロッドです。パワーフィネス用のロッドのラインナップが多いバレーヒルですが選び方は、扱いやすいパワーフィネス用のロッドを選択してください。

18.ブラックスケールXX スペシャルモデル BKXS-68MDX

バレーヒル  ブラックスケールXX BKXS-68MDX

length(ft) 6’8”/ weight(g) 132/ lure weight(oz) 1/16-1/2/ PE line(号) #1.5/ power M/ taper RF/ PRICE ¥21,000(2018/2/15現在)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

【BKXS-68MDX】は、パワーフィネスロッドに置いてML(ミディアムライト)やMH(ミディアムヘビー)が多い中、ミディアムパワーのブランクスを使用しているので、柔らかすぎず硬すぎない丁度中間の硬さになっています。パワーフィネスをこれから始めようと思っている方にはおすすめの一本です。

バス釣りロッドおすすめメーカー⑫:MEGABASS(メガバス)

出典: https://www.megabass.co.jp

メガバスでのロッドの選び方は、ズバリ見た目と性能で選びましょう。グッドデザイン賞を受賞している作品も多いため、全体的にかっこいいものが多いです。見た目で選んでも性能的には問題ありません。見た目重視の自分が使いやすいものを選んでくださいね。

19.DESTROYER F3-68X THE GRIFFON

【中古】【ロッド】メガバス:F3-68XRC グリフォン Type-RC 【ベイトロッド/釣り竿・釣竿】

Length 6'8"/ Weight 117g/ Lure capa 3/16-5/8oz./ Line capa 6-14lb.

楽天で詳細を見る

【F3-68X THE GRIFFON】は、ロッドのサブネームにザ・グリフォンと入っていますが、まさにメガバスの代表的なルアーである、グリフォンの名をロッドが受け継いだものです。ルアーのグリフォンとロッドのザ・グリフォンを合わせて使用すれば間違いなく最高の相棒になるでしょう。小型のプラグのクランキングなどに適しています。 少しわかりづらいかもしれませんが、F3が硬さですので、通常のロッドで言えばMLくらいでしょう。

バス釣りロッドおすすめメーカー⑬:LEGIT DESIGN(レジットデザイン)

出典: http://legitdesign.co.jp

レジットデザインは、バスロッド業界においてはまだ新しいメーカーです。しかし人気は高く、コスパに優れていて迷ったときには一度レジットデザインのロッドも選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

20.WILD SIDE WSC-G68M

レジットデザイン ワイルドサイド WSC-G68M

全長: 6ft.8inc / 標準自重: 155g / アクション: MS / 適合ルアー: 7-21g / 適合ライン: 10-16lb / グラス: 100% / メーカー希望小売価格: 29,000円(2018/2/15現在)

楽天で詳細を見る

【WSC-G68M】はグラスロッドです。グラスロッドはクランキング主体の釣りに向いていて、魚に掛かったらロッドがパワーを吸収してくれるので、バレにくいという特徴があります。また、ロッドの弾く力が弱いのでストラクチャーをよりタイトに攻めることが可能なロッドです。グラスロッドをお探しの方にはおすすめの一本です。

バス釣り初心者向けロッド選び

morisonngさんの投稿
27891920 426021621155558 3220064082778390528 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

バス釣り初心者の人たちは何を購入したらいいのか悩んでいると思います。今では安くても良いロッドがたくさんありますが、あまり安すぎても良くないので、1万円前後のものをオススメします。もしくは中古であれば1万円も出せば旧モデルで高機種が購入できると思います。わからない場合は店員さんに聞いて見てくださいね。

まとめ

各メーカーから本当にたくさんのロッドが販売されていて選ぶのが大変ですが、じっくりと選んで本当に自分に合ったロッドを見つけた時の興奮はなかなかのものです。他にもメーカーはたくさんあり紹介しきれていませんが、自分に合ったロッドを探し出して、最高の釣りをしてくださいね。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ