Twitter
Facebook
LINE

ノースフェイスのテントってどう?おすすめ12選と評判・口コミをご紹介!

adanokinawa83

ノースフェイスのテントってどう?おすすめ12選と評判・口コミをご紹介!

adanokinawa83

ノースフェイスとは

ノースフェイスの歴史

ノースフェイスは1968年にサンフランシスコで産声を上げ、今年で50周年を迎えるアウトドアの製品全般を扱うメーカーです。開業当初は小さなメーカーでしたが、スリーピングバッグ(寝袋)で大きな信頼を得ました。その際に、耐用温度表示を明記したことが大きな評判を呼び、世界的に売れていきます。その後1976年にスリーピングバッグ、テント、ウェアをイギリスとカナダの登山合同隊のパタゴニア遠征に提供し、その評判、信頼性を確固な物にしました。現在ではウェア、アウトドアギアを世界的に幅広く販売する、アウトドアブランドの大手メーカーとなっています。

ノースフェイスの商品

ノースフェイスはウェアが特に有名で街に出ればダウンジャケットやフリースを意識すれば見かける程、定番で評判の高い商品です。登山用品も数多く販売し、登山靴や登山リュックも評判でアウトドアショップで必ず見かけます。本格的な登山で使用するマウンテンジャケット、登山靴からカジュアルなウェアを幅広く揃え、キャンプ用品ではテント、タープ、ランタン、シュラフ、テーブル、チェアも評判が良く、ドームテントはキャンプ場でよく見かけます。

ノースフェイスのキャンプギア

ノースフェイスのキャンプギアの種類

上述でも触れましたがノースフェイスはスリーピングバックで高い評価を得て、その後テントとウェアをプロの登山隊の遠征に提供し更に高い評判で世界的な企業になった経緯があり、源流の登山、キャンプギアは豊富です。登山リュック、テント、タープ、ランタン、BBQグリル、クーラー、スリーピングバック、マット、テーブル、チェア、キッチン用品などすべてが揃うラインナップで、中でもドームテントは耐久性の高さで、評判の代表的な製品です。

ノースフェイスのキャンプギアの特徴

ノースフェイスのキャンプギアの特徴は、1970年代の登山隊のドームテントの使用から一貫していますが、20mの暴風に耐えた耐久性の高さが評判で特徴です。またスリーピングバックの保温性の良さは、アウトドアブランドの中では屈指の物で、登山家の間で愛用される評判のアイテムです。ドーム型のテントはパイオニア的な存在で、軽量で簡単な設営のテントを主流にしたメーカーです。トレッキングではソロキャンプに最適な軽量さで、防風に耐えうる構造が、ノースフェイスのキャンプギアの評判と特徴です。

ノースフェイスのテント



ノースフェイスのテントの種類

ノースフェイスのテントはドームテントが主流です。他のメーカーの様にワンポール型、ロッジ型などの多彩さはありませんが、ドーム型テントに関しては他の追随を許さない程、多種で高品質なテントをリリースしています。ファミリーキャンプ用からサミットシリーズの極地用まで、ドームテントを幅広く取り揃えています。

ノースフェイスのテントの特徴、耐久性

ノースフェイスのテントの特徴は何と言ってもドーム型のポールを湾曲させた作りが特徴で、より球体のドーム型テント「2mドーム」が顕著な特徴といえます。このモデルを筆頭に「サミットシリーズ」と呼ばれるシリーズをリリースしています。このシリーズは生命の危険な自然化でもミッションを達成するために開発されたモデルです。サミットシリーズの「2mドーム」はメインポール10本、サブポール5本の張力でテントを支える構造ですが、防風でも積雪でも最強の耐久性で跳ね除け、非常に高い安心感の、最高なドームテントです。この技術を基にファミリーテントや、登山用テントがリリースされています。

ノースフェイスの高評価なおすすめテント①

ザ ノースフェイス 2 Meter Dome (2メータードームテント)

出典: https://www.trekkinn.com/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%89%E3%82%A2/the-north-face-2-meter-dome/85663/p

「収容人数:8名」「製品重量:23.13kg」

ノースフェイのステント【製品規格】

「製品名:ザ ノースフェイス 2メータードームテント」「収容人数:8名」「収納サイズ:81㎝×58㎝」「展開時フロアサイズ:11.6㎡×高さ210㎝」「重量:23.13kg」「耐水圧:1500㎜」「価格:699,800円(税込)」 ※価格は平成30年2月5日現在、上記URL記載の価格です。

ノースフェイのステント【製品情報】

【製品のおすすめ情報】ノースフェイスの「サミットシリーズ」の最強のドームテントです。ヒマラヤや南極で実際使用しているドームテントです。耐水性、防風性に優れ、海岸や山フェス、大勢のミィーティングなどで快適に過ごせる、ノースフェイスの最強のドームテントです。

ノースフェイスの高評価なおすすめテント②

ザ ノースフェイス(ワオナ6)

THE NORTH FACE (ノースフェイス) トレッキング アウトドア トレッキング用品アクセサリー ワオナ6 GF NV21702

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

「収容人数:6名」 「製品重量:8.7kg」

ノースフェイのステント【製品規格】

「製品名:ザ ノースフェイス ワオナ6」「収容人数:6名」「収納サイズ:82㎝×26㎝×26㎝」「展開時フロアサイズ:258㎝×302㎝×高さ210㎝」「重量:8.7kg」「耐水圧:1500㎜」「価格:63,631円(税込)」 ※価格は平成30年2月5日現在、上記URL記載の価格です。

ノースフェイのステント【製品情報】

【製品のおすすめ情報】ノースフェイスのシングルウォールの6人用のテントです。デザイン、設営のしやすさに定評のあるドームテントです。シングルウォールなので、設営、撤退、収納に優れ、6人用のテントにして8.7kgと軽量の重量です。特筆すべきは透湿性の高さで、湿気が多い時期でもテント内は快適に過ごせます。

ノースフェイのステント【口コミ情報】

サイズのわりに軽量で設営も非常に簡単です。大人一人で楽々設営できます。室内空間も非常に広く、立って着替えもできます。また前室も広いので雨の日などはそこで過ごしたり、就寝時には大切な道具をすべてそこに入れています。

ノースフェイスの高評価なおすすめテント③

ザ ノースフェイス バスティオン4

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) テント バスティオン 4 NV21600 サミットゴールド

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ノースフェイのステント【製品規格】

「製品名:ザ ノースフェイス バスティオン4」「収容人数:4名」「収納サイズ:61㎝×23㎝×23㎝」「展開時フロアサイズ:244㎝×244㎝×高138㎝」「重量:5.56kg」「耐水圧:1500㎜」「価格:145,800円(税込)」 ※価格は平成30年2月5日現在、上記URL記載の価格です。

ノースフェイのステント【製品情報】

【製品のおすすめ情報】居住空間が広く耐久性に優れた4名用の本格派エクスペディション用「サミットシリーズ」の山岳ドームテントです。フライシートを着用すれば大きな前室が現れ、耐湿、耐水性も抜群です。4シーズン対応のファミリーテントから山岳のベースキャンプに対応する、ノースフェイスの本格派モデルです。

ノースフェイのステント【口コミ情報】

ポールワークが美しくかつ強靭で、そんな機能美がたまらないドームテントです。フライシートの黄×黒もお気に入りです。

ノースフェイスの高評価なおすすめテント④

ザ ノースフェイス VE 25(ブイイー25)

出典: http://www.goldwin.co.jp/tnf/ec/pro/disp/2/NV21601

「収容人数:3名」「重量:4.3kg」

ノースフェイのステント【製品規格】

「製品名:ザ ノースフェイス VE 25(ブイイー25)」「収容人数:3名」「収納サイズ:61㎝×23㎝×23㎝」「展開時フロアサイズ:264㎝×216㎝×高122㎝」「重量:4.3kg」「耐水圧:1500㎜」「価格:118,800円(税込)」 ※価格は平成30年2月5日現在、上記URL記載の価格です。

ノースフェイのステント【製品情報】

【製品のおすすめ情報】3名用のサミットシリーズのドームテントです。冬山登山にも耐え得る、タフネスさ、バックパック可能な軽量モデルで、高い人気の魅力のテントです。お子さんとのキャンプにも快適で、永く使用出来る最適な、おおすすめモデルです。

ノースフェイのステント【口コミ情報】

★5の理由はカッコいいからでしょう! スペックももちろんすばらしいですが 設営して眺めるだけでうっとりします

ノースフェイスの高評価なおすすめテント⑤

ザ ノースフェイス Talus 4(トーラス4

【The North Face ザ・ノースフェイス】Talus 4 トーラス 4人用テント (並行輸入品)

出典: Amazon
出典: Amazon

ノースフェイスのステント【製品規格】

「製品名:ザ ノースフェイス Talus 4(トーラス4)」「収容人数:4名」「収納サイズ:66㎝×21㎝×21㎝」「展開時フロアサイズ:203㎝×229㎝×高127㎝」「重量:3.02kg」「耐水圧:1500㎜」「価格:69,800円(税込)」 ※価格は平成30年2月5日現在、上記URL記載の価格です。

ノースフェイスのステント【製品情報】

【製品のおすすめ情報】家族におすすめの軽量で広々空間モデルの「トーラス4」です。前室と出入り口が前後にあり、前室は広く、開口も大きいので荷物の収納、出し入れも楽です。ギアロフト、フットプリントの付属で設営が簡易なので、初心者や家族のキャンプに最適なドームテントです。

ノースフェイのステント【口コミ情報】

ルーフの小物入れが機能的で、湿ったタオルや袋などを置くには最適です。私は、そこにタブレットPCを入れ、下で寝そべりながら映画を観てました。パッキングしたサイズは若干大きめですが、車でのキャンプなので、特に不便はありませんでした。

ノースフェイスの高評価なおすすめテント⑥

ザ ノースフェイス KAIJU 6(カイジュー6)

出典: https://item.rakuten.co.jp/mix/tnf-nv21606/

「収容人数:6名」「製品重量:7.5kg」

ノースフェイスのテント【製品規格】

「製品名:ザ ノースフェイス KAIJU 6(カイジュー6)」「収容人数:6名」「収納サイズ:66㎝×25㎝×25㎝」「展開時フロアサイズ:264㎝×305㎝×高203㎝」「重量:7.57kg」「耐水圧:1500㎜」「価格:63,720円(税込)」 ※価格は平成30年2月5日現在、上記URL記載の価格です。

ノースフェイのステント【製品情報】

【製品のおすすめ情報】家族や友達同士で休日キャンプをのんびり過ごすのにおすすめの大型ドームテントです。広々としたドーム室内と大型の前室があり、室内と前室で同時にくつろげます。インナーテントは通気性に長けたメッシュウォールを4面採用し、夏でも室内は快適です。室内には収容ポケットも多く、設営も容易なのでこれからキャンプを始める人にも最適な、ファミリータイプのドームテントです。

ノースフェイスの高評価なおすすめテント⑦

ザ ノースフェイス Bastion 4(バスティン4)

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) テント ワオナ 4 NV21703 ゴールデンオーク×サフランイエロー

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ノースフェイのステント【製品規格]

「製品名:ザ ノースフェイス(ワオナ4)」「収容人数:4名」「収納サイズ:69㎝×26㎝×26㎝」「展開時フロアサイズ:241㎝×220㎝×高173㎝」「重量:5.3kg」「耐水圧:1500㎜」「価格:43,838円(税込)」 ※価格は平成30年2月5日現在、上記URL記載の価格です。

ノースフェイのステント【製品情報】

【製品のおすすめ情報】4人がゆとりをもって就寝できるスペースを持ち、ラグジュアリーな雰囲気と、室内空間が評価が高いモデルです。室内の高さは充分過ぎるといってもいいサイズのもので、立ったまま着替えも可能です。広い前室フロアには荷物を置くのに最適です。シングルウォールですが室内の結露を防ぐベンチレーションで快適に過ごせます。色分けされたスリーブとポールを採用し、初心者でも設営が容易に出来るおすすめのドームテントです。

ノースフェイのステント【口コミ情報】

天井も高く、シングルウォールなので設営が楽です。 また、同じテントの人が少ないので目立ちます。 弱点は珍しいテント故に情報が少ないところかな?

ノースフェイスの高評価なおすすめテント⑧

ザ ノースフェイス ASSAULT3(アサルト3)

出典: https://item.rakuten.co.jp/auc-shokandake/nv21501-sg/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_1_10001741

「収容人数:3名」「製品重量:2.64kg」

ノースフェイのステント【製品規格】

「製品名:ザ ノースフェイス ASSAULT3(アサルト3)」「収容人数:3名」「収納サイズ:59㎝×21㎝×21㎝」「展開時フロアサイズ:229㎝×152㎝×高109㎝」「重量:2.55kg」「耐水圧:1500㎜」「価格:72,900円(税込)」 ※価格は平成30年2月5日現在、上記URL記載の価格です。

ノースフェイのステント【製品情報】

【製品のおすすめ情報】サミットシリーズの軽量シングルウォールモデルです。取り外せる前室が付いたエクスペディション用のシングルウォールテントで、用途に応じて組み替えれます。テントの材質は防水透湿性に優れた「ドライウォール:tm:」を使用しているため、大雨や雪山などの厳しい環境下に充分対応します。登山の携行に最適な軽量の「サミットシリーズ」の3名用のドームテントです。

ノースフェイのステント【口コミ情報】

付属の前室を装着すれば不要な荷物を出して寝室を広々と使うことができます。また防水性が高く、さらに軽量という優れものなので、雪山の登山などでも活躍してくれます。

ノースフェイスの高評価なおすすめテント⑨

ザ ノースフェイス Talus2(トーラス2)

THE NORTH FACETalus2トーラス2

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

「収容人数:2名」「製品重量:2.02kg」

ノースフェイのステント【製品規格】

「製品名:ザ ノースフェイス Talus2(トーラス2)」「収容人数:2名」「収納サイズ:58㎝19㎝×19㎝」「展開時フロアサイズ:132㎝×221㎝×高102㎝」「重量:2.02kg」「耐水圧:1500㎜」「価格:43,500円(税込)」 ※価格は平成30年2月5日現在、上記URL記載の価格です。

ノースフェイのステント【製品情報】

【製品のおすすめ情報】2.02kgの軽量のバックパックの旅やツーリングのお供に最適なモデルです。真夏でも風通しの良いドーム型フルメッシュの構造でフライシートは防寒性も高く、寒いシーズンも快適です。少ないポールの構造で初めての人でも苦労する事無く設営できるおすすめモデルです。

ノースフェイのステント【口コミ情報】

数回使用しましたが、使い勝手、見た目とも流石NSF!日本未展開のカラーですが、NSFを代表するカラーリングに大変気に入っています!

ノースフェイスの高評価なおすすめテント⑩

ザ ノースフェイス STORMBREAK2(ストームブレーク2)

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) テント ストームブレーク 2 NV21709 キャスターグレー×アローウッドイエロー

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

「収容人数:2名」「製品重量:2.41kg」

ノースフェイのステント【製品規格】

「製品名:ザ ノースフェイス STORMBREAK2(ストームブレーク2)」「収容人数:2名」「収納サイズ:56㎝18㎝×18㎝」「展開時フロアサイズ:127㎝×221㎝×高109㎝」「重量:2.41kg」「耐水圧:1500㎜」「価格:28,059円(税込)」 ※価格は平成30年2月5日現在、上記URL記載の価格です。

ノースフェイのステント【製品情報】

【製品のおすすめ情報】ノースフェイスで培ってきた居住性、耐久性、防風性等の機能性を高さを継承した、2人用のエントリーモデルです。基本性能に充実し携帯性に長け、カップルや夫婦でのキャンプや、釣りやフェスでの仕様に最適なモデルです。ツーリングドームとしても使用されていて、口コミなどでも評判の良い、おすすめなモデルです。

ノースフェイのステント【口コミ情報】

想像以上によかったです。登山に行くのに1人用テントを探していました。このテントは頭の部分に当たる所が広くなっているため寝る時には快適になります。

ノースフェイスの高評価なおすすめテント⑪

ザ ノースフェイス(エフピーワン)

THE NORTH FACE エフピーワン FP1 (NV21700_CM)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

「収容人数:1名」「製品重量:1.29kg」

ノースフェイのステント【製品規格】

「製品名:ザ ノースフェイス エフピーワン」「収容人数:1名」「収納サイズ:53㎝×16㎝×16㎝」「展開時フロアサイズ:90㎝×220㎝×高105㎝」「重量:1.29kg」「耐水圧:1500㎜」「価格:49,680円(税込)」 ※価格は平成30年2月5日現在、上記URL記載の価格です。

ノースフェイのステント【製品情報】

出典: http://www.goldwin.co.jp/tnf/ec/pro/disp/2/NV21700/CM/0/

フライシートの装着状態

【製品のおすすめ情報】ノースフェイスのソロドームの最軽量、収納最小サイズのモデルです。山岳用に特化して、日本アルプス山岳シーンにマッチした機能を結集しています。また、軽量、携帯性に非常に優れたモデルなので、自転車、バイクツーリングにも非常におすすめです。防水性、透湿性に優れた、快適な3シーズン用のおすすめなソロドームです。

ノースフェイのステント【口コミ情報】

出典: http://www.goldwin.co.jp/tnf/ec/pro/disp/2/NV21700/CM/0/img/sub/l/NV21700_CM-b1.jpg

収納状態「収納サイズ:53㎝×16㎝×16㎝」

フットプリントもついていて、コスパよし。初めて買うテントも良いと思います。他社のUL用テントより安いですね。

ノースフェイスの高評価なおすすめテント⑫

ザ ノースフェイス STORMBREAK 1(ストームブレーク1)

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) テント ストームブレーク1 NV21806 ゴールデンオーク

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ノースフェイのステント【製品規格】

「製品名:ザ ノースフェイス STORMBREAK 1(ストームブレーク1)」「収容人数:1名」「収納サイズ:56㎝15㎝×15㎝」「展開時フロアサイズ:221㎝×86㎝×高86㎝」「重量:1.4kg」「耐水圧:1500㎜」「価格:22,200円(税込)」 ※価格は平成30年2月5日現在、上記URL記載の価格です。

ノースフェイのステント【製品情報】

【製品のおすすめ情報】ノースフェイスのベストセラーのソロドームです。1.4kgと非常に軽量なのでトレッキングのバックパックや、自転車のツーリングでも多用され評価の高いモデルです。縦長サイズですが長辺側に入り口があり、前室に荷物を置けて、小さいながらもパフォーマンスの高い、人気のソロドームです。

ノースフェイのステント【口コミ情報】

収納袋は縦長のゆったりとしたタイプでポールも一緒に収納します。グランドシートを入れても余裕がありますから雨での撤収でも楽だと思います。バックパッキング、自転車やバイクでのツーリングキャンプ用におすすめします。

ノースフェイスの高評価なおすすめテント/まとめ

ノースフェイスのドームテント魅力

ノースフェイスのおすすめのテントを10種ご紹介しましたが、如何でしたでしょうか?ノースフェイスのテントは他のメーカーと違い、耐久性、設営の簡易性の高いドームテントにこだわり製造リリースしています。どの製品も基本性能が高く、防水性はテント1500㎜以上、マットは10000㎜以上で雨など気に留めない、高レベルな設定も魅力の一つで、「サミットシリーズ」に代表される「極地の無慈悲な自然環境から生命を守る」というコンセプトはどの製品にも通じ、高い耐久性能が=居住時の安心感、快適性に繋がっており、価格に充分見合うテントとして販売しています。家族や友達同士で永くキャンプを楽しみたい人に「是非!」とおすすめするドームテントです。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

2021年おすすめフィッシングパンツを徹底レビュー!

★LUXXE アクティブストレッチカーゴパンツ LE4004★ 〜ブラックM,LL サイズ〜 https://www.amazon.co.jp/dp/B08TLJXXG5?tag=kurashino0...

刺繍で洋服の補修・お直しをする方法を解説!すぐに簡単にできます♪

今回は「刺繍で洋服の補修・お直しをする方法」をご紹介しました!小さなお直しなのであっという間にできます。大切なお洋服のお直しにお役立てください♪ 以前にご紹介しましたダーニングでの補修動画はコチラに...

もはや20ストラディックSWに価値はないのか?【VSアルテグラ】

★前回の動画★ 21アルテグラと20ストラディックSW、どっちを選びますか?【コスパ頂上決戦】 https://youtu.be/tugL3wfcGX0 ★ジョルタクさんの分解動画★ 【分解】爆売れ...

刺しゅう初心者必見!面を埋めるステッチ7選!表現によって変わります♪

今回は「面を埋めるステッチ7選」をご紹介しました!面を埋めるステッチはいろいろあります。ここでは代表的なものを刺し終わった作品を見ながらご紹介しています♪ 初心者が覚えるべき基本ステッチの解説動画も...

ニンジン再生栽培はとても簡単!セリ科なので葉はセリの味がします♪

今回は「ニンジンの再生栽培・リボベジの様子」をご紹介しました!ニンジンのヘタの部分を切って、あとは植えて育てるだけ。とっても簡単ですので、誰でも育てられるかと思います♪ ただし、食べる部分は葉の部分に...