Twitter
Facebook
LINE

リトルランプノクターンとルミエールランタンを比較解説!選び方はあなた次第!

MMRICH

リトルランプノクターンとルミエールランタンを比較解説!選び方はあなた次第!

MMRICH

アウトドアだから味わえるやわらかい炎の明るさを堪能したい人はこのアイテム。リトルランプノクターンとルミエールランタンがソロキャンパーやハイカーに大人気。リトルランプノクターンとルミエールランタン特徴比較で、あなたのテイストに合うアウトドア照明を見つけて下さいね



はじめに

キャンドルのように揺れるほんのり明るい炎を作り出すランプは、キャンプシーンではとても雰囲気がでますね。アウトドアギアとしても揃えたいガスランプ。数あるランプの中で、スノーピークのリトルランプノクターンとコールマンのルミエールランタンは現在大人気を誇っています。どちらを選ぶか迷っている方は必見。明るさ・燃焼時間・口コミなどからこの2つの比較をご紹介します。

リトルランプノクターンとは

スノーピークから2015年12月に新商品として発売されたガスランプ「リトルランプノクターン」。販売当初から非常に人気の商品で、実はあっというまに売り切れになった商品です。アウトドアだけでなく、屋内で使うテーブルランプとしても、あると役立つスノーピークのリトルランプノクターンの特徴についてご紹介します。

リトルランプノクターンの特徴1.

リトルランプノクターンは燃焼率がよい



スノーピークのリトルランプノクターンはガス管を燃料としたガスランプです。ガスカートリッジの容量に関係なく1時間にわずか7gの消費量と、非常に燃焼率のよいランプです。スノーピークから発売の燃料は3種類。燃料はメーカー認証のガス管の使用をお勧めします。 ◆ギガパワーイソ110・・・15時間持続 ◆ギガパワーイソ250・・・35時間持続 ◆ギガパワーイソ500・・・71時間持続

スノーピーク認証ガス管を使用しよう

スノーピークがガスランプ用に販売しているスノーピーク認証のガス管がありますので、ランプ使用の際はこちらの3種類のガス管を使用することをお勧めします。

素材 LPG(液化イソブタン・液化プロパン) シーズン 通年 容積・容量 0.11 L 電池付属 なし ブランド スノーピーク(snow peak)

素材 LPG(液化イソブタン・液化ブタン) シーズン 通年 容積・容量 0.22 L ブランド スノーピーク(snow peak)



カラー グレー サイズ FF 素材 LPG(液化イソブタン・液化ブタン) シーズン 通年 容積・容量 0.42 L 電池付属 なし ブランド スノーピーク(snow peak)

リトルランプノクターンの特徴2.

リトルランプノクターンは収納に便利なサイズ

スノーピークのリトルランプノクターンはその名の通り、サイズは非常に小ぶりに設計されています。収納や持ち運びにも便利な樹脂のホールダー付きで、場所をとらないフォルムが特徴。簡単に手のひらサイズに収まる大きさでバックパックにも収まる手軽さです。ランタンのガラス部分がまっすぐな円柱になっている点もコンパクトサイズに収納できる大きな要因ですね。収納用の樹脂ケースの中にはウレタン素材が円柱にかたどられていて、ガラス部分を保護するようにできています。

リトルランプノクターンの口コミ「コンパクトでいい感じ」

コンパクトでいい感じですね。 テーブル上を照らすのに十分な光量があり、光の揺らぎもとても良いです。

場所を取らずコンパクトサイズならではのほんわかとした揺らぎが伝わってきそうな口コミですね。

リトルランプノクターンとルミエールランタンのサイズ比較

◆スノーピーク・リトルランプノクターンのサイズ サイズ:約4.7×4×10.5(h)cm 重量:約102g ◆コールマン・ルミエールランタンのサイズ サイズ:約φ7.3×6×18.3(h)cm 重量:約210g

リトルランプノクターンの特徴3.

リトルランプノクターンのデザインがシンプル

スノーピークのリトルランプノクターンのそのシンプルなデザインについて触れてみます。円柱型のリトルランプノクターンはアルミ合金パーツで形成されていて、見た目に非常にシンプルでインダスとリアルなデザインです。

着火方法もシンプル

スノーピークのリトルランプノクターンの構造はいたってシンプル。器具栓ツマミというワイヤーの取っ手の様な部分がオン・オフのスイッチの役目。斜めにカットされたツマミの反対側に火を近づけると点火する仕組み。 ランプの根元を火力調節ダイヤルという部分で、明るさを調節します。最大にダイヤルを回しても、ガラスの筒の上部にグローブガードがありますので広がりません。ガラスを触らない限りやけどする心配はない安全設計です。 消化の時は、器具栓ツマミを元に戻すと火が消えます。

リトルランプノクターンの特徴4.

リトルランプノクターンの燃焼時の明るさ

基本的にこの手のガスランプはテーブルランプとしては、手元を少し照らせる程度のやわらかい明るさです。暗がりのキャンプサイトでものを探さなくてもテーブルの上に何があるか分かる。といったやんわりとした照明と考えるのが適当です。

燃焼時マックス&ミニマム

写真左側が火力ツマミをマックスまで回した明るさ。右側が一番小さい明るさです。

リトルランプノクターンの特徴5.

リトルランプノクターンでおしゃれな演出

2017年エディションとした発売されたスノーピークのリトルランプノクターン。ご覧の通りグローブの部分に透かしの模様が細工されています。これは2017年生産限定の「ナスカの地上絵」。本体はブラックでこちらのお値段は基本版と比べると1000円ほど高め。 ランプのゆらゆらと揺れる炎にかざされて映し出されるナスカの地上絵は、テーブルランプとして独特の雰囲気を演出してくれますね。

リトルランプノクターンの口コミ「いい雰囲気になる!」

ナスカの地上絵?がとても綺麗:sparkles::sparkles: 風には弱いが、強い風じゃなきゃ大丈夫! いい雰囲気になる!買って損はしない!

買って損はしない!はかなり満足でなければ言えませんね。アマゾンの口コミでも大人気の商品です。

いつものテーブルがおしゃれに

リトルランプノクターンの揺らぐ炎をテーブルに置いて、ちょっとおしゃれな夕食なんていかが? ローソクの様なふんわりとした明かりが部屋全体を包んで、とってもリラックスした時を過ごすことができます。 テーブルに一つ明かりがあるだけで、急に特別な雰囲気にダイニングも変身。 いつもと違った大人の雰囲気を楽しみたい方にはおすすめです。

ルミエールランタンとは

ルミエールランタンはコールマン製のマントルの要らないガスランタン。こちらもスノーピークのリトルランプノクターン同様、ろうそくの炎のように揺らぐ柔らかい明りがとてもよい雰囲気をかもし出します。1800年代から続く、歴史あるアウトドア商品のメーカー「コールマン」ならではの品質に自信の商品です。

ルミエールランタンの特徴1.

ルミエールランタンの燃焼率が良い

コールマンのルミエールランタンの燃焼時間を調べてみると、230gのガス管で23時間~28時間燃焼。スノーピークのリトルランプノクターンのランプの燃焼時間と比較しても大した差がないことがわかります。

ルミエールランタンの特徴2.

ルミエールランタン2011年グットデザイン賞

コールマンのルミエールランタンは何とも言えないそのノスタルジックな形が特徴です。このデザインはなんと2011年のグットデザイン賞を受賞したアワード作品。歴史あるコールマンならではのスタイルのこだわりも十分証明された受賞ですね。

ルミエールランタンのデザイナーの一言

LPガスランタン [ルミエールランタン] | 受賞対象一覧 | Good Design Award
グッドデザイン賞の仕組みや、過去のすべての受賞対象が検索できる「グッドデザインファインダー」など、グッドデザイン賞に関する情報をご紹介するサイトです。毎年1回(4~6月頃)募集する、グッドデザイン賞への応募もこのサイトから行うことができます。

この製品を通して、日頃、火や炎をあまり間近に感じていないことに気づかれると思います。使っていると改めて灯りの存在や大切さを認識でき、また、そのフォルムからは、どことなく懐かしさや心が和む心地よさを感じていただけると思います。従来の燃焼器具のハードなエクイップメントとしてではなく、癒しのアイテムとして使ってもらいたいと願っています。

コールマンのルミエールランタンは実用性だけではなく、忙しい現代人が忘れていた昔懐かしの良さを実感させてくれる商品なんですね。

収納にもこだわりデザイン

コールマンのルミエールランタンの大きさは約直径7.3×6×18.3(h)cm。リトルランプノクターンと比較するとふんわりと膨らんだフォルムが収納に問題をきたしそうですが、そこはさすがコールマン。収納用にデザインされたプラスチックケースが付帯されています。 持ち運びにも収納にも利便性を考えて、グローブの形状にそった形に収納ケースが形作られています。アウトドアで使用するため衝撃につよく、持ち運びに便利に考えられた軽量のプラスチック収納ケースはとても優れモノです。

インディゴレーベルがおしゃれ

スノーピークのリトルランプノクターンに2017年エディションの模様入りがあったように、実はコールマンのルミエールランタンにも模様バージョンがあります。 ルミエールランタンインディゴモンロというのがその商品で、実はこのデザインは2016年から始まった「コールマン」と「モンロ」のコラボレーションによって生まれた特別シリーズ。

ルミエールランタンの特徴3.

ルミエールランタンの雰囲気が最高

アマゾンなどで購入された方の口コミで一番多いのが、このコメント。とにかくテーブルにおいてゆらゆらと揺れる炎を楽しむには一番というのが目立ちます。 スノーピークのリトルランプノクターンと比較すると、コールマンのルミエールランタンの天頂部がオープンで、より風の流れを受けやすい点。これがここちよい揺らぎのポイントでもあります。 アウトドアの自然のなかで、ゆっくりと流れる時間をこのやわらかな明るさの炎を見ながら心が現れる感じがしますね。

ルミエールランタン口コミ「癒されます」

やはり揺れる炎は癒されます。ランタンと考えると決して明るい方ではありませんが食卓では必要にして充分な明るさだと思います。明るさよりも雰囲気を大事にする方にはオススメです。

野外だからこそ味わえる独特の雰囲気はランタンの明かりだからこそ実現できる贅沢です。コールマンのルミエールランタンのグローブはとくにろうそくの様な炎の揺らぎがありますね。

ルミエールランタンの特徴4.

ルミエールランタンの燃焼時の明るさ

燃焼時の明るさはスノーピークのリトルランプノクターンと比較しても、燃料の燃焼率がほぼ同じですので、大差はありません。ライターの火よりも少し明るいと感じる程度のやわらかい光です。

ルミエールランタンの口コミ「ソロキャンプ向き」

ソロキャンプだと、焚き火をしている際はこれ一台です。 他のレビューアーのかたも仰っていますが、ソロキャンプは暗くても大丈夫だと思う人には、心地好い明るさです。

焚き火をしながらテーブルにこのルミエールランタンを置いて、テーブルの上の物を照らすのにぴったりですね。ソロキャンプなら広範囲を照らす必要がないので、丁度いい感じの明るさという口コミが多く寄せられています。

ルミエールランタンの特徴5.

ルミエールランタンの使い方が簡単

コールマンのルミエールランタンの着火方法もスノーピークのリトルランプノクターンと同様いたって簡単です。 点火方法手順 ◆器具栓ツマミを右にいっぱいまで回しておく ◆ガス管に垂直にランタンを合わせたら反時計回りに回し、完全に止まるまでしっかりと回します ◆炎調節レバーというツマミを左の位置にあわして、器具栓ツマミを回しながら火を近づけて着火します ※出来るだけ長いマッチ棒や着火マンなどの持ち手が長い着火用具で点火します

ルミエールランタンの口コミ「点火は難しくない」

このランプに明るさを求めるとどうしても…という評価になりますが、ロウソクのように揺らめく明りは雰囲気作りに最適だと思います。 点火はシェードの下からライター等で行いますが難しくはありません。

マントルが無いので簡単に火をつけることができます。なるべく着火用具は着火マンなどの長手のものでガスに手がふれない距離から点火できることが望ましいですね。

おすすめのオプションギア

アウトドアでこだわりのランプやランタンに出会ったら、そのスペックを充実させるためにオプションを追加したくなりませんか?ここではスノーピークのリトルランプノクターンやコールマンのルミエールランタンに付属で使えるアウトドアギアをご紹介します。

OD缶カートリッジカバー

どんなタイプのガス管にも応用が利く、カートリッジカバーのご紹介です。テーブルの上にオリジナル缶のまま置いてもとっても自然ですが、アウトドアにもスタイルを、とお考えのおしゃれ派にぴったりのギアです。

PINOWORKSピノワークス

新潟にあるこのピノワークスでは革職人が一つ一つ手仕事で仕上げる丁寧な製品作り。素朴な染色の皮独特の風合いと、継ぎ目の繊細な仕上がりが商品の温かさを伝えてくれる逸品。 サイズは110g缶と250g缶の2種類。缶のままでテーブルに置かれるよりも完全におしゃれ度はアップしますね。 また使えば使うほどに味がでる皮製品ですから、一つ揃えておけば、長く愛用することができるアイテム。 在庫が少ないアイテムですので、お気に入りが見つかったら早めにゲットしましょう。

pinoworks
大好きなキャンプを大好きな道具で… pinoworksでは、お気に入りのキャンプギアを自分らしく演出できるようなアイテムや、こんなものがあったらなぁ、というものをご提案させていただきます。

tent-Mark DESIGNS テンマクデザイン

こちらのカートリッジカバーはスチール製品。「ヘラ絞り工法」という技法により専門の職人の手によって仕上げられたカードリッジ用ドレスアップアイテム。スチールの滑らかな表面にランタンの炎の明るさが映し出され、光のエコーとなって美しいアートの世界へいざないます。 カートリッジカバーのサイズは250g缶と500g缶の2種類。カラーは黄金プレイテッド・燻銀プレイテッド・テンマクネイビーの3色があります。 皮製品にはない光沢と汚れてもすぐにふき取れる掃除の手軽さでも人気がある商品です。

■サイズ(約):Φ110mm×77mm(H) ■重量(約):143グラム ■材質:スチール ■Made in Japan

cartridge-jacket|tent-Mark DESIGNS
テンマクデザインの商品開発は「今のニーズを具現化するもの」「これからのニーズを生み出すもの」の二つです。この二つの開発コンセプトをバランスよくそして皆様が想像する以上の商品を適正な価格でお届けしていきたいと考えております。

sotolaboソトラボ

皮とスチールのOD缶カバーの次はファーブリックのカバー「ソトラボ」のカバーをご紹介します。前者2つと比較するとこちらはとっても扱いやすいコットン生地。カラーや模様の取り揃えも豊富で何より簡単に洗濯できるのが便利。その日の気分や行楽先によって、カラーバリエーションを楽しむことができますね。 このソトラボのカバーをつけると、野外活動がとってもポップになります。自然の新緑の中に真っ赤や黄色の鮮やかな配色もとってもおしゃれに映えますね。

メーカー希望小売価格 2,300円 (税込 2,484 円)

二股シャンデリア

ガス管は一つでもランプを二つに増やすことで、明るさを増すことができるアイテムがあります。このアイテムはいまひそかにキャンパーの間で人気が出てきている裏技ギアです。スノーピークのリトルランプノクターンとコールマンのルミエール共に使用可能なオプションです。

まとめ

スノーピークのリトルランプノクターンとコールマンのルミエールランタンの特徴をそれぞれにご紹介しました。最後に簡単な比較をまとめておきます。 ◆燃焼時間の比較・・・リトルランプノクターンとルミエールランタン共に時間に大差なし ◆明るさの比較・・・共にやわらかい光で大差なし ◆サイズの比較・・・収納の利便性からするとリトルランプ。収納ハードカバーが付帯しているルミエールランタンも便利 ◆口コミ比較・・・共に好評で「雰囲気がよい」という口コミが圧倒的 ◆価格帯の比較・・リトルランプノクターンは3000円代後半。ルミエールランタンは4000円代前半。 ◆スタイルの比較 リトルランプノクターン(スタイリッシュ・インダストリアルデザイン) ルミエールランタン(ノスタルジック・クラフトデザイン)

最後に

こうして比較をまとめると両者ともに甲乙がつけがたい。というのが本音ですね。スペックスはほぼ平均的に同等の評価ができますので、あとは見た目のデザインで好みの方を選択されると良いでしょう。シンプルスタイリッシュ派ならリトルランプノクターンを。ノスタルジックでこだわり派ならルミエールランタンをおすすめします。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【花数字の刺繍】おしゃれな「数字の3」の刺し方を解説します✨

今回は「数字の3の刺繍」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 数字をかわいくお花のデザインで仕上げます。 ここでは3についてご紹介しています。...

超簡単なのに子供達に喜ばれた「ハロウィンお菓子ラッピング3つ」をご紹介✨

今回は「ハロウィンお菓子のアイディア・ラッピング3つ」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! ハロウィンのお土産にぴったりのお菓子のラッピングの...

【花数字の刺繍】おしゃれな「数字の2」の刺し方を解説します✨

今回は「数字の2の刺繍」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 数字をかわいくお花のデザインで仕上げます。 ここでは2についてご紹介しています。...

【花数字の刺繍】おしゃれな「数字の1」の刺し方を解説します✨

今回は「数字の1の刺繍」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 数字をかわいくお花のデザインで仕上げます。 ここでは1についてご紹介しています。...

【ショアジギング】根がかりのはずし方完全攻略!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...