検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

シュラフカバーは必要?おすすめ6選とその性能とご紹介!!寝心地も変わる!

登山やキャンプで快適な睡眠をするために必要な寝具にシュラフがあります。しかし、湿気が多い場所でシュラフ単体で使用するとシュラフが濡れてしまい体温の低下を招くことがあるのです。そこでシュラフカバーが活躍してくれます。シュラフカバーの紹介をしていきましょう。
2020年8月27日
クロタノブタカ

シュラフって何?

シュラフと聞いてピンとこない方も多いのではないでしょうか。シュラフとは、寝具の一種で、登山やキャンプなどテントの中で使用する寝袋の事です。寒さから体を守ってくれる高機能のシュラフが様々なアウトドアメーカーから販売されています。

シュラフカバーの役割は?


ここで紹介しているシュラフカバーとは?シェラフと違うの?と言う疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。シェラフは寝具としての役割を果たす事をお話ししましたが、シュラフカバーはシェラフを湿気などから守ってくれる役割を果たします。シュラフカバーには防水浸透性機能を持ったものが使用されており、外からの湿気の侵入を防ぐとともに、体から出る汗などを外に出してくれ寝具が濡れることを防いでくれる大変便利な物です。また、軽量かつコンパクトに収納出来る物が多くなっています。

おすすめシュラフカバー(ブリーズドライ)

シュラフを包んで快適な眠りを提供してくれるシュラフカバーですが、素材にも色々あります。ブリーズテック素材を使用したシュラフカバーを紹介していきます。

ブリーズドライテックってどんな素材?


ブリーズダライテックは、モンベルが開発したモンベル独自の技術です。防水透湿性に優れた素材として多くのアウトドア用ジャケットなどに使われています。今まで防水透湿性素材と言えば防水性能を高めることに力を入れ、衣類内部の通気が悪くなってしむと言う特性がありましたが、ブリーズドライテックは防水機能を維持したまま通気透湿性を確保できる素材です。それにより生地が持つ通気性で体温の上昇を抑えると共に濡れを解消してくれるので、快適さを保ってくれます。

ブリーズドライテックを使ったシュラフカバー3選

モンベル独自の技術が詰まっブリーズドライテックを使った素材のシュラフカバーを紹介していきましょう。


①ブリーズドライテック U.L.スリーピングバッグカバー

ブリーズドライテック U.L.スリーピングバッグカバー

出典:Amazon

【素材】ブリーズドライテック:tm:2レイヤー[表地:15デニール・バリスティック:registered: エアライト ナイロン] 【重量】180g 【カラー】バルサム(BASM) 【サイズ】最大長225×最大幅84cm 【適応身長】~178cm 【収納サイズ】8×5×18cm

こちらのシュラフカバー「ブリーズドライテック U.L.スリーピングバッグ」は2レイヤーですのでシュラフカバー単体での使用は出来ませんが、非常に軽いことがおすすめです。荷物の中に入れておいても苦にならないでしょう。しかしサイドにジッパーがないので暑くなった時に開けることが出来ません。雨の日などは床の結露がひどくなるのでシュラフカバーは必ず用意するべきですが、こちらの商品はシュラフをしっかり守ってくれるのでおすすめです。

②ブリーズドライテック サイドジップスリーピングバッグカバー

ブリーズドライテック サイドジップスリーピングバッグカバー

【素材】●構成:ブリーズドライテック:tm:3レイヤー ●表地:40デニール・ナイロン・リップストップ 【重量】405g 【カラー】ブルーリッジ(BLRI)、サンライズレッド(SURD) 【サイズ】最大長225×最大幅84cm 【適応身長】~178cm 【収納サイズ】φ11.5×25cm

こちらのシュラフカバー「ブリーズドライテック サイドジップスリーピングバッグカバー」は3レイヤー構造で裏地が付いていますので単体での使用も可能ですが、おすすめはシュラフとのセットで使うことで快適な眠りができます。またサイドにジッパーが付いていますので、出入りが楽な所と暑くなった時にジッパーを開閉することで温度調整が出来る点もおすすめです。

③ブリーズドライテック ウォームアップスリーピングバッグカバー

ブリーズドライテック ウォームアップスリーピングバッグカバー

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

【素材】●構成:ブリーズドライテック:tm:3レイヤー●表地:ポリエステル ●裏地:クリマプラス:registered:メッシュ(ポリエステル) 【重量】490g 【カラー】シルバー(SV) 【サイズ】最大長225×最大幅84cm 【適応身長】~178cm 【収納サイズ】φ11.5×27cm

こちらのシュラフカバー「ブリーズドライテック ウォームアップスリーピングバッグカバー」は3レイヤー構造になっていますのでシュラフカバー単体でも使用することは可能です。しかし、真冬の寒い時期は単体での使用ですと寒さが勝ってしまいますので、シュラフと一緒に使用する事をおすすめします。大きな特徴はシュラフカバー表面にフルシームテープ加工をしている点で、他のシュラフカバーと比較してもより防水性が高くなっています。また裏地には起毛地を使用していますので保温効果もありますし、肌触りが良いので寒くない時期はシュラフカバー単体での使用も寝心地が良いでしょう。

おすすめシュラフカバー(ゴアテックス)2選

ゴアテックスと言えば誰もが耳にしたことのある名前ですよね。世界で最も防水性に優れた素材と言われており、多くのアウトドア商品に使われています。では、ゴアテックス素材のシエラフカバーを紹介していきましょう。

ゴアテックスとは?

ゴアテックスとは、アメリカのWLゴア&アソシエイツ社が製造販売する防水透湿性素材の商標名で世界中で愛されています。アウトドアブランドで多く採用されており、雨など外からの水分を通さない防水性、衣類などの内部からの水蒸気は外へ排出するなど機能面で優れている商品です。

④U.L.スリーピングバッグカバー

U.L.スリーピングバッグカバー

出典:Amazon

【素材】●構成:ゴアテックス:registered:2レイヤー●表地:30デニール・バリスティック:registered:ナイロン・リップストップ 【重量】208g 【カラー】ブルーサファイア(BLSA)、ラズベリー(RAS) 【サイズ】最大長225×最大幅84cm 【適応身長】~178cm 【収納サイズ】約8×8×15cm

こちらのシュラフカバーは2レイヤーで裏地が付いていないため単体での使用が出来ませんのでシュラフとセットで使用しましょう。大きな特徴はすべての縫い目にフルシームシーリング加工がされている点です。そのことで防水性が非常に優れています。また軽くて取り扱いがしやすい点もおすすめ出来るポイントです。

⑤イスカ(ISUKA) ゴアテックス シュラフカバー

イスカ(ISUKA) ゴアテックス シュラフカバー

生地 : 15デニールゴアテックス サイズ : 肩幅87×全長209cm 収納サイズ : 7×8×25cm 重量 : 380g カラー : ネイビブルー

こちらのシュラフカバー「イスカ(ISUKA) ゴアテックス シュラフカバー」3レイヤー構造になっていますのでシェラフカバー単体での使用も可能ですがシュラフと一緒に使うことでさらに暖かさを感じながら寝ることが出来ます。テント内の湿気からシュラフを守ってくれる防水浸透性は十分でシュラフを濡らしてしまい、体が冷えるということがありませんのでおすすめです。重量も持ち運びには支障がない範囲ですね。

おすすめシュラフカバー(その他)

ブリーズドライテックやゴアテックス以外にも人気のあるシュラフケースを紹介しておきましょう。

⑥SOL ヒートシート エスケープヴィヴィ

SOL ヒートシート エスケープヴィヴィ

●サイズ/213×91cm ●重量/241g ●本体材質/アルミ蒸着加工を施した特殊フィルム+ポリエステルシート

こちらの商品「SOL ヒートシート エスケープヴィヴィ」は防災用品として販売されていますが、登山やキャンプで強いようしている人が多い商品です。特殊フィルム+ポリエステルシートを使用し、マミータイプの寝袋状に作られたカバーです。防災用品として販売されていますので、単独での使用も可能です。軽くてコンパクトに収納できるので、荷物がかさばることもありませんし、防災用として置いておくのもいいでしょう。

シュラフカバーとして購入しました 思ってたよりもしっかりしていて快適でした

シュラフとして購入された方の口コミですが、快適に使用できるようです。

まとめ

シュラフカバーについてお伝えしてきましたがシュラフカバーの用途が分かったでしょうか。寝袋を守ってくれるシュラフカバー!単体でも使用できますが、寝袋とセットで使うことが一番のおすすめです。キャンプや登山で快適に寝るために寝袋とシュラフカバーデットで購入しておくものいいですね。遊びの幅が広がること間違いなしです!