ハエトリソウの育て方!意外に知らない食虫植物の植え替えや増やし方とはのイメージ

ハエトリソウの育て方!意外に知らない食虫植物の植え替えや増やし方とは

最近人気の高い食中植物。中でも人気の高いのが、ハエトリソウです。そんなハエトリソウですが、育て方など難しいイメージがあるのも事実です。そこで人気のハエトリソウの育て方をご紹介させて頂きます。あなたのお家にも不思議で可愛い食虫植物を置いてみてはいかがでしょうか。

2018年10月18日更新

puopuopuopuo
puopuopuopuo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ハエトリソウとは
  2. ハエトリソウとは~植物名
  3. ハエトリソウとは~学名
  4. ハエトリソウとは~分類
  5. ハエトリソウとは~原産国
  6. ハエトリソウのメカニズム
  7. ハエトリソウのメカニズム~センサー
  8. ハエトリソウのメカニズム~やりすぎ禁止
  9. ハエトリソウの種類
  10. ハエトリソウの育て方のポイント~選び方
  11. ハエトリソウの育て方のポイント~水やり
  12. ハエトリソウの育て方のポイント~肥料
  13. ハエトリソウの育て方のポイント~種まき
  14. ハエトリソウの育て方のポイント~夏
  15. ハエトリソウの育て方のポイント~冬
  16. ハエトリソウの育て方のポイント~害虫
  17. ハエトリソウの育て方のポイント~置き場
  18. ハエトリソウの育て方のポイント~日当たり
  19. ハエトリソウの育て方のポイント~植え替え
  20. ハエトリソウの育て方のポイント~開花時期
  21. ハエトリソウの育て方育て方のポイント~餌
  22. ハエトリソウの育て方育て方のポイント~黒くなる
  23. ハエトリソウの育て方育て方のポイント~増やし方
  24. まとめ

ハエトリソウとは

kimono_rurさんの投稿
11887108 504746009700855 1396766547 n

ハエトリソウとは食虫植物の一種です。食虫植物の餌はその名の通り虫ですその為、育て方など難しくなかなか飼育する事が難しと思っている方も居る事でしょう。 しかし、ハエトリソウの餌は虫でなければならないと言う事はありません。その為育て方をきちんと学ぶ事によって、ハエトリソウを育てる事は可能なのです。 育て方をマスターすれば、種まきからスタートして植え替えを行うなどし、増やし方を身に付けることも出来ます。株分けする事によってどんどんとハエトリソウを増やす事が出来るのです。

nakamura_o_oさんの投稿
20766759 695113147354956 8792376879064547328 n

ハエトリソウは多年草なので、一度増やし方を学び株分けを行っていけば種まきから行わずともドンドンと増やしていく事が出来ます。餌である虫を寄せ付ける力は殆ど無いため、害虫駆除の観点ではそれほど役には立たないは取りそう。 ですが、その不思議な姿に愛着を感じる方も多く居ます。種類も沢山ありますのでお気に入りのハエトリソウをどんどんと株分けし、増やし方を身に付けるる事も一つの楽しみ方です。

kuro_sheila_madamさんの投稿
20180776 455867411449761 7102140311299686400 n

ハエトリソウとは~植物名

ハエトリソウ 植物にさほど興味の無い方でも、おそらく一度はこの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 食虫植物と言えば、ハエトリソウと言われる程大変メジャーな植物です。 時期によっては、ホームセンターなどでも気軽に購入する事が出来ます。

ハエトリソウとは~学名

hal_shrimpさんの投稿
14350865 1660297010952565 48018615 n

Dionaea muscipula

adventurer.masaさんの投稿
22580621 121091761918151 1473226378697506816 n

ハエトリソウとは~分類

学名 Dionaea muscipula 和名 ハエジゴク ハエトリグサ 英名 Venus Flytrap 英名の訳は、女神のハエトリ罠です。 棘のある2枚の葉がまるでまつげのようだとう事で、目に見立ててこの名前が付けられました。 多くの方に人気の高いハエトリソウは、海外でも同様に大変人気の高い食虫植物です。 その為、分布する地域によっても種類が異なり一口にハエトリソウと言っても数多くの種類が存在していると言われています。

stefano.bonalumeさんの投稿
26070960 141384629998723 3231134807660429312 n

ハエトリソウとは~原産国

feuillechikaさんの投稿
26152340 1837738016247262 1959724728839045120 n

ハエトリソウ他の植物に比べても種類の多い植物です。一見同じように見えても、微妙に色が違ったり大きさが違い場合があり、ハエトリソウ好きの方にとっては育てがいのある植物です。 元は、北アメリカのノースカロライナ州とサウスカロライナ州にある湿地帯に自生していました。この辺りは日本と同じように四季がある場所と言う事もあり、ハエトリソウが増えやすい環境だったと推測されています。誰かが種まきを手伝わずとも自然に株分けをし、どんどん増えているのです。 ですが、アメリカではまだまだ食虫植物の認知度は低く知らない方も多く居ます。

shimoyamajunkoさんの投稿
26871440 1796402473711831 921120792496832512 n

ハエトリソウのメカニズム

whip_and_chocolaさんの投稿
26868452 156320694942940 2964961137273077760 n

ハエトリソウと言う名前ですから、餌は勿論ハエだと思う方も多い事でしょう。ですが、ハエ限定では餌はすぐになくなってしまいます。時期によってはハエが全く居ない場合もあるでしょう。その為、餌を限定してしまうと途端にハエトリソウの餌がなくなってしまうのです。餌は、ハエである必要はありません。 ハエトリソウは、二枚のまつげが付いたような葉で虫を挟む事によって食べる事で知られえ居ます。初めて見た方は、さぞ驚いた事でしょう。

hivision__さんの投稿
26156099 541689762854547 2162664175547973632 n

ハエトリソウのメカニズム~センサー

chii8932さんの投稿
25018609 313592409152900 54390774346809344 n

ハエトリソウは、餌であるハエなどの餌が来た時にその葉を閉じます。それはまるで目で確認しているかのようなしぐさです。ですが、ハエトリソウは植物の為勿論目が実際にある訳ではありません。ハエトリソウは葉を閉じるタイミングを葉についているセンサーによって確認しています。 ハエトリソウの葉には、感覚毛と呼ばれるものがありこれに虫に触れると閉じる仕組みになっております。時にたまたま触れてしまう場合もあるので、餌を確実にゲットする為にも2回触れる閉じる仕組みとなっています。その速さはなんと、約0.5秒。 捉えられてしまった餌である虫は、その後1週間かけて消化されていきます。 ただやみくもに餌をとっているようにも見えるハエトリソウですが、実はきちんと理屈があり動いているのです。

yayoi002さんの投稿
25021959 700981486771259 4487617658925088768 n

ですが、センサーと言っても人間が作りだすもののように正確に動く事が出来る物ではありません。その為、このセンサーに虫以外の者が触れてしまった場合も閉じようとします。 餌はタンパク質の者でなければならず、それ以外の物は消化液が出ません。その為、外に吐き出されてしまいます。指などで2回葉を触れば餌だと勘違いして、葉を閉じますが中に入ったものがそれ以外の物であれば葉は開きます。 この動きは電気信号が運動器官に伝わり起こている運動です。とても力を使う行為であり、面白いからと言ってやりすぎるとハエトリソウが疲れてしまい葉が黒くなる事もあります。黒くなると、見た目も悪くなってしまいますので、ついつい動かしてみたい気持ちにはなるものの無駄な動きは避けましょう。 どうしても動きが見たい場合は黒くなるのを避ける為も、餌を用意する事が大切です。

poisonivy.0629さんの投稿
25012775 1639377192749057 8559560231095369728 n

ハエトリソウのメカニズム~やりすぎ禁止

tooru_yamadaさんの投稿
25006731 558062751196386 9145733794240659456 n

先ほどもご紹介させて頂きましたが、ハエトリソウの特徴である葉を閉じる行為はとても大きなエネルギーを消費します。それによって餌を確保する事が出来るのであれば、良いですが空振りに終わってしまうと途端に疲れ黒くなる原因となります。 黒くなる理由は他にもありますが、時期的に問題ない場合には動かし過ぎが黒くなる大きな原因だと言われています。その為、餌を渡す時以外には無駄な動きを避けるように心がけてください。 植え替えなどの際には、2回触らなければ葉が閉じる事は無いので注意して行う事によって問題なく作業をする事が出来るでしょう。

shuuuuu64さんの投稿
24332031 154103545228559 1445602824086880256 n

それでもどしても、葉が閉じる瞬間がみたいという方も居るでしょう。お子様などが居るお家では、ついつい触ってしまい葉が黒くなる事も珍しい事ではありません。しかし、ハエトリソウをより長く楽しみたい方や株分けなどを行い増やしていきたい方には、黒くなる事は決して良い状況とは言えません。 黒くしない為には、餌を渡せばいいのです。虫を用意する事は難しい部分もありますが、チーズ片や、ゆで卵のかけらなどのタンパク質をああ得ることによって虫の代わりの餌として代用する事が出来ます。黒くなる事を避けるためにも、これらの物を用意してからハエトリソウを触ってみてはいかがでしょうか。

kaedonさんの投稿
24327363 503066446743488 5212101834860134400 n

ハエトリソウの種類

tatsu_nova_rigaさんの投稿
24274645 1513404448736420 7015429946705182720 n

食虫植物には沢山の種類があります。その中でも特に人気の高い植物がハエトリソウです。ですハエトリソウをは、餌である虫を葉の中に閉じ込めて消化を行います。その為、虫の死骸を見る事無く不思議な姿を楽しむ事が出来るので多くの女性にも人気となっています。 ハエトリソウという名前でも、実はその中には多くの種類が存在しているのです。自然界のハエトリソウは種まきによって増えて居ますが、最近ではホームセンターのなどでも販売しやすいように品種改良が多く行われています。株分けをし、掛け合わせを行うなどの増やし方もありその種類は18種類以上とも言われています。 原種に最も近いのは「マスシプラ」と呼ばれるものであり、ハエトリソウの特徴である葉の毛が多い物は「ソーティース(ノコギリの歯)」と呼ばれています。その他にも、「シャークティース(サメの歯)」「グレートホワイト」「レッドピラニア」などがあり、それぞれ色や葉の形にちなんでつけられています。 育て方に基本的な差はありませんが、よく見るとそれぞれ特徴があるのでお気に入りの種類を探し育て方をマスターしてみてはいかがでしょうか。株分けなどを行う事によって、種まきをしなくてもハエトリソウをどんどん増やしていく事は可能です。

moto.0620さんの投稿
34878893 2074608939421933 8435608514314895360 n

ハエトリソウの育て方のポイント~選び方

ハエトリソウは、餌が無い状態で触られ続けると元気がなくなり葉が黒くなる事が分っています。ホームセンターなどで販売されているものの中には、お客さんに触られ過ぎて黒くなる場合もあり、そういったハエトリソウはその後植え替えなどを行ってもなかなか元気になりません。その為、避ける事をお勧めします。 時期にもよるものの、ハエトリソウは基本的に葉が緑艶のあるものが良いと言われています。特に春先の場合には花芽の伸びているものにしましょう。上手く育てる事が出来れば白い花を見る事が出来るかもしれません。

koou_phtさんの投稿
23969822 746318892240302 7638066558127833088 n

ハエトリソウの育て方のポイント~水やり

mion_trainerさんの投稿
23507628 138332320154762 2898000024443027456 n

ハエトリソウは湿地帯に住む植物です。その為、湿った環境を好む傾向にあり乾燥すると黒くなる場合もあります。 育てる方法としては、基本的に常に湿った状態になる事をこころがけましょう。ですが、時期によってはすぐに水が乾いてしまう事もあります。そうなってしまうと、例え増やし方を学んだとしても増やす事が出来ない場合もあります。そうならないためにも、腰水がおすすめです。

腰水がおすすめ

shuuuuu64さんの投稿
23498215 1646460152059070 1166200474039222272 n

ハエトリソウの育て方を調べると、度々「腰水」という言葉が出てきます。 腰水とは、受け皿の中に水を入れその上に鉢を置くやり方の事を指します。 他の観葉植物の育て方では、受け皿の中に水が溜まったままにしておくと根腐れを起こしてしまう事があり、捨てる必要があります。ですが、ハエトリソウの場合は、その逆で湿って居れば湿っているほど良い環境で育つ事が出来るのです。 春から秋にかけての時期は、腰水管理が良いとされて居ますが夏の時期などが水が暖かくなってしまう場合もあります。そうなってしまうと、それもまたハエトリソウの育て方としては良くないので、定期的に水の温度を確認してください。

ハエトリソウの育て方のポイント~肥料

31orcenさんの投稿
23348099 1754025331566537 4843043893639380992 n

観葉植物などの育て方には大抵成長する時期には肥料を与えてくださいと記載してある場合が殆どです。ですが、ハエトリソウには基本的に肥料は必要ありません。 ハエトリソウが育った環境は、栄養があまりない湿地帯です。土に栄養が無いからこそ、虫を捕まえて栄養にするという荒業を思いついたのです。だからこそ、ハエトリソウの育て方としては、肥料は必要ありません。 肥料を与えすぎてしまうと、かえって根腐れを起こしてしまう場合もあるからです。そうなってしまえば、ハエトリソウが黒くなるなどし、元気が無くなってしまいます。最悪の場合には枯れてしまう事もあるでしょう。

kojikudo_さんの投稿
23161775 160455931215984 4605014598481870848 n

どうしても肥料を使いたい場合には、月1回程度2000倍~3000倍に薄めた肥料を与えてください。この際、濃すぎると根が傷み枯れてしまう場合もありますんで注意してください。 肥料の代わりにチーズなどのタンパク質を渡す事も、消化不良になれば黒くなる事がありますので注意が必要です。どんな種類に限らず、肥料は基本的に必要ありません。株分けなどを行った後は時に根が繊細な状態なので、肥料には注意してください。

ハエトリソウの育て方のポイント~種まき

stefano.bonalumeさんの投稿
23101913 1328715840571367 4512344825030246400 n

ハエトリソウは、種まきを行う事によって増やす事も可能です。 しかし、種まきを行おうと思っても種を購入する事は難しくなかなか購入する事が出来ないかもしれません。 種類を増やしたいのであれば、株分けなどを行う増やし方の方がずっと効率よく増やす事が出来るでしょう。

macchiboyaさんの投稿
22793819 1953504964910121 8832313220149542912 n

ハエトリソウの育て方のポイント~夏

t.9592さんの投稿
22793840 1347460882047019 1498466647365648384 n

ハエトリソウの夏の育て方で大事なポイントは直射日光です。光を多く必要とする植物ではある物の、直接的な光は良くありません。その為、置き場には気を付けてください。また、乾燥しないように腰水を行うなどします。その際、水が温まり過ぎる事に注意してください。

ハエトリソウの育て方のポイント~冬

gurumeshiさんの投稿
22637289 142041683193636 3236557448684765184 n

ハエトリソウは、多年草です。その為冬を越します。11月以降、元気が無くなってきた休眠期に入る時期サインです。ついつい寒いと家の中に入れてあげたくなってしまいますが、そうすると来年の成長に影響が出る場合もあります。 株分けなどを行ってふやしていきたいと考えている方も、実践する事が出来なくなってしまう事もある出そう。その為、そうならない為にも0度以下にならないのであればそのまま外に置いて置いてください。

rikakenteiさんの投稿
22637170 350657945385593 1999473409917976576 n

中途半端な暖かさは良くない

ハエトリソウは冬を越します。成長を一時的に休眠し来年の成長に備えるのです。これは、ハエトリソウの種類に関係なく行う行為であり、これをしなければ種まき用の花を咲かせることも出来ないかもしれません。そればかりか、株分けなどを行う増やし方も出来なくなってしまうかもしれません。 その為、きちんとハエトリソウに寒さを体感させることは大切な事なのです。0度以下になる場合には室内には入れるものの暖かいリビングなどに置くのは避けましょう。そうしてしまうと、結果的にハエトリソウの成長を抑える事になってしまうからです。 凍らせてしまわなければ、枯れる事は少ないので出来るだけ寒い場所におくようにこころがけましょう。

riku8222さんの投稿
22277862 1710260998993592 3914042729507586048 n

ハエトリソウの育て方のポイント~害虫

kuvotaさんの投稿
22221007 2398464460379378 2138114112419266560 n

ハエトリソウはあまり虫が付かず、病害虫も殆どありません。稀にまれにウイルス病になってしまう場合もありますが、そうなってしまうと株を廃棄しなければなりません。 増やし方によってはそのウイルスを広げてしまう場合もありますので、株分けなどを行う増やし方の場合には元気な物を使ってください。

mai_iiimさんの投稿
22158990 523039834724289 8645017418722181120 n

ハエトリソウの育て方のポイント~置き場

knog.feltさんの投稿
22220639 377219496030520 4359472847177908224 n

ハエトリソウを置く場合には、日当たりにが良く風通しの良い場所に置きましょう。 外に置いても全く問題はありませんが、0度以下になってしまうと凍ってしまい枯れてしまう場合がありますので注意が必要です。ただし、凍らせてしまわないように室内に置くと、かえって成長を遅らせてしまう場合もあります。その為、そうならなように、冬場は0℃以上5℃以下になるような場所に置く事が理想的だと言われています。

po._.sanさんの投稿
22071580 119192402096860 9078889341312303104 n

ハエトリソウの育て方のポイント~日当たり

miwahousei_japanさんの投稿
22157724 961227454025144 4372683148673155072 n

ハエトリソウの栄養は光合成によって作られます。だからこそ、日光が当たる場所に置いてください。ただし、直射日光はいけません。 種類によって多少前後するものの、一般的でに一日6時間程度の日当たりが良いとされています。

31orcenさんの投稿
22157436 1998530180432389 5194144709739544576 n

ハエトリソウの育て方のポイント~植え替え

heroshitさんの投稿
22157956 1234446799993347 2239733025757724672 n

ホームセンターなどのお店でハエトリソウを販売する場合にはより湿った状態を維持する為に保水性の高い土に植えられています。ですが、そのままにして湿った状態を維持していると土が腐ってしまう場合があります。そうなってしまっては株分けなどを行う事も出来ませんその為、、植え替えを行いましょう。 植え替えを行う事により、ハエトリソウを元気にそだてる事が出来るでしょう。増やし方をマスターしても実践する事が出来なければ意味がありません。より多くの種類のハエトリソウを育てる為にも、最初のケアをきちんと行いましょう。

31orcenさんの投稿
22069748 129005511158622 6002786132729790464 n

植え替えの時期

植物の植え替えの時期は、通常発育の活発な時期がおすすめです。ですが、ハエトリソウの場合には、発育している時期ではなく、1月から2月にあり休眠期の時期がお勧めです。 この時期に入る前や夏前などはハエトリソウ自身にそさほど力がないので、良い植え替えのを行う事ができません。今すぐやりたいと思っても結果的に堕生長が止まってしまい、大きくする事は出来ないでしょう。その為、夏から秋の時期は避けるようにしてください。

水苔を使おう

ハエトリソウを植え替える時には土で行うよりも水苔を使う事がおすすめです。土よりも保水性や通気性に優れています。 乾燥を好む観葉植物と湿気を好むハエトリソウでは、そもそも理想とする土の形が違います。だからこそ、植え替えを行う際には観葉植物の土や花専用の培養土などは使わないようにして下さい。

植え替えの手順

31orcenさんの投稿
21909988 137882086831896 6998431080327938048 n

それでは、植え替えを行っていきましょう。植え替えの方法をます。すれば、よりスムーズにハエトリソウを増やしていく事が出来ます。 ①今あるハエトリソウを鉢から出す。 ②根元についている土を約1/3ほど落とす。 ③植え替えを行う容器の中に軽石を1/4程度入れる。 ④根の周を水を吸った水苔で包む ⑤植え替え容器に入れる ⑥隙間がある場合には、水苔を詰める ⑦最後に水をたっぷりかける 最後の水の流れ方によって、水苔の両が適切であるかどうかを判断する事が出来ます。理想は、4~5秒で流れ切る程度です。 これが基本の植え替え方法です。 植え替える用意によっても、全く違った姿に作り替える事が出来るでしょう。

ハエトリソウの育て方のポイント~開花時期

ハエトリソウの花の開花時期は5月から7月です。 白い可愛らしい花が咲く事が分っています。 花を咲かせることが出来たら、種を取る事が出来るので種まきによる増やし方に挑戦する事も出来るでしょう。株分けに比べ、難しい増やし方ですが、それに成長すればより愛着のあるハエトリソウのを育てる事が出来るでしょう。

ハエトリソウの育て方育て方のポイント~餌

31orcenさんの投稿
21911298 1691316277546325 3356745292350226432 n

エサは虫だけ?

ハエトリソウの育て方で一番多くの方が心配している問題が、餌の問題です。ハエトリソウと言う名前もあり多くの人が虫を食べる植物と言う事を知っています。だからこそ、虫を与えないといけないと思われる方が多いのです。ですが、ハエトリソウは虫を与えなくても元気に育てる事が出来ます。 ハエトリソウの主な餌は虫ではなく光合成です。虫は肥料の代わりのようなものなので、例え食べなくとも生きていく事が出来るのです。どうしても成長が気になる場合には虫の代わりにチーズ片やゆで卵などのタンパク質を与えてみるのも良いでしょう。

ハエトリソウの育て方育て方のポイント~黒くなる

ハエトリソウは育て方を間違えると葉が黒くなる場合があります。黒くなると見た目が悪く、枯れているように思ってしまう事もあるでしょう。黒くなる事以外にも、枯れてしまう場合もあり育て方を最初にマスターする事はとても大切なポイントです。 黒くなる事を避けるためには、まずきちんと日光に当てましょう。種類によっても多少差が出る物の、ハエトリソウは、基本的に日光を好む植物です。だからこそ、日当たり良い場所に置きましょう。長期間部屋の中に置いておくと黒くなるリスクはぐっと高くなります。 また、面白いからと言って何度も葉を閉じさせる行為を行ると疲れてしまい黒くなる場合もあります。葉を閉じる行為はとても労力のいる作業です。だからこそ、無駄な動きをさせないようにしましょう。 ただし、11月頃から黒くなる場合もあります。それは、休眠期という時期に入る為です。その為、その時期はあまり心配する必要はありません。

stefano.bonalumeさんの投稿
22500036 139020180058484 3943851859831160832 n

ハエトリソウの育て方育て方のポイント~増やし方

hiromi_hasegawa_さんの投稿
21984499 1803401666617461 1622087273707208704 n

ハエトリソウは、株分けによる育て方が一般的です。ですが、種まきを行いタネから育てることが出来るのです。 種まきには、種が必要となります。その為、種まきからハエトリソウ育ててみたいと言う方はまず種を用意しましょう。ホームセンターなどに販売されている場合もありますが、あまり売っていない場合もあります。そこで、種まき用の種は自分で用意しましょう。 ハエトリソウの種は、花が咲いた後に収穫する事が出来ます。熟してしまうと、自然に落ちてしまうのでその前に収穫する事が大切です。また、収穫した種もすぐに種まきをしないと発芽の力が弱くなってしまいます。その為、出来る限り早めに種まきをし、目が出る状態を作りましょう。 ハエトリソウを育てるうえで、花を咲かせる事は簡単な事ではありません。育て方の中でも特に難しい部分です。その為、上手く種を作る事が出来なかった時は種まきを諦め、株分けなどの増やし方を検討してみて下さい。 株分けの場合には、小さな球根を探し、葉っぱ3枚くらいで1株になるくらいの大きさに整えて植え付けを行いましょう。そうする事によって、ハエトリソウを増やす事が出来るでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ハエトリソウの育て方を理解していただくことが出来たのではないでしょうか。ハエトリソウと聞くと、育て方が難しそうに感じますが、意外と初心者の方でも簡単に育てる事が出来ます。 株分けなどを行い、増やし方をマスターすればドンドン増やしていく事も可能でしょう。種類も豊富にありますんで、是非自分のお気に入りのハエトリソウを探し育て方を身に付けてみてはいかがでしょうか。 時事によってはお店に置いてない場合もありますので、春先から初夏にかけてお店を見に行く事をおすすめします。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ