Twitter
Facebook
LINE

初めて買うテントは「アメニティドームMサイズ」!その理由とは!

初めて買うテントは「アメニティドームMサイズ」!その理由とは!

kaorin007

アメニティドームMサイズは、スノーピークス定番の人気テントです。初心者でも簡単に設営できるのが特徴です。耐水性や換気性にも優れ、空間スペースもファミリー使用に充分なのが魅力だといえるでしょう。今回は、人気のアメニティドームMサイズの魅力についてご紹介します。

アメニティドームとは

比較的アウトドア初心者にも手の届きやすくリーズナブルな価格なのがアメニティー度無の魅力です。耐久性や機能性に優れ、素材品質の高さでも人気を集めています。アメニティドームシリーズには、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズの3種類あり利用人数に応じて選ぶことができます。設営の簡単さや前室の広さ、耐水性、換気システムなど優れた機能性がユーザーから評価されているテントです。キャンプで厄介なのが雨や雪です。でも耐水性に優れたアメニティドームなら雨や雪にも安心ですね。

アメニティドームの種類

アメニティドームS【3人用】

出典: https://www.amazon.co.jp/snow-peak-%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AF-SDE-001R-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0M/dp/B018XJY8KC/ref=dp_ob_title_sports?th=1

サイズ:355×230×120(h)cm/重さ:5.0kg/室内高:120cm

大人2人と子供1人程度が就寝できるスペースを確保できるのが、アメニティドームSサイズです。定番のMサイズより少し小振りで、ゆったりとした空間を望むソロユーザーにもおすすめ。小型サイズとはいえ、広い前室やフライ耐水圧ミニマム値1,800mm、ボトム耐水圧ミニマム値1,800mm(ウォール部)などアメニティドームシリーズの機能は、そのままだからうれしいですね。これだけの機能性があれば、快適なキャンプライフを送ることができるでしょう。

アメニティドームM【5人用】

出典: https://www.amazon.co.jp/snow-peak-%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AF-SDE-001R-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0M/dp/B018XJY8YI/ref=dp_ob_title_sports?th=1

サイズ:505×280×150(h)cm/重さ:8.0kg/室内高:150cm

初心者から上級者まで幅広く人気をえているスノーピークス定番のテントと言えば、アメニティードームMサイズです。大人2人と子供2人でも快適に過ごせるスペースは、ファミリーキャンプにおすすめ。そのうえ、前室は荷物置き場として最適です。何かと荷物の多いファミリーに嬉しいのが、この前室の広いスペースだといえるでしょう。初心者でも使いやすく工夫されているので、アウトドアデビューしたての方にも最適です。雨や風にも強い作りで、耐久性にも優れているから安心して使えますね。

アメニティドームL【6人用】

出典: https://www.amazon.co.jp/snow-peak-%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AF-SDE-001R-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0M/dp/B018XJY8SO/ref=dp_ob_title_sports?th=1

サイズ:540×310×165(h)cm/重さ:9.8kg/室内高:165cm

定番のアメニティドームMサイズを少し大きくしたサイズが、アメニティドームLサイズです。定員6人サイズだから、大人2人子供3人の5人家族でもゆったりと利用できます。もちろんアメニティードームの高機能で高品質な耐久性と雨にも強い防水撥水加工が施されているので、変わりやすい山の天気にも安心です。アメニティドームは、換気にも優れた設計で夏の蒸し暑いテント内も快適に過ごすことができるでしょう。前室からドアパネルを立ち上げれば、大人二人ぐらい座れるスペースを確保することが出来ます。前室とキャノピーを使えば、より広いスペースを活用することが可能です。

アメニティドームのMサイズとLサイズの違い



アメニティドームのMサイズとLサイズは、収納時のサイズはほとんど見た目にかわりありません。ただし、重量は、Mサイズが8.0kgでLサイズが9.8kgとすこしLサイズの方が重いですね。MサイズとLサイズでは、ポールの先の色とサイズが違っています。ほんの少しLサイズの方が、ポールの径が大きいです。インナーテントの広さを比較すると、やはりLサイズの方が大きいですね。とはいえMサイズでも充分広いので、人数や用途によって選択するとよいでしょう。インナーテントの室内高もLサイズの方が高いです。Mサイズでは、女性でも頭を少し下げないと立てませんが、Lサイズはまっすぐに立つことができます。前室を比べると、Lサイズに軍配が上がりますね。

初心者におすすめはアメニティドームM

広さでいえばLサイズがおすすめですが、アウトドア初心者におすすめするなら広さや機能面からいってアメニティドームMサイズで充分です。テントの設営方法も簡単で、初心者にも負担なく組み立てることができます。荷物の多いキャンプライフに便利な広めの前室スペースは、ファミリーにはうれしい機能ですね。ドアパネルをターブ代わりに立てておけば、日よけ代わりに活用できます。UV加工が施された素材を使っているアメニティドームなら、日よけ効果も充分期待できますね。大人2人と子供2~3人までなら無理なく就寝できるスペースを確保できるから、これからアウトドアを始める初心者ファミリーにもおすすめのテントだといえるでしょう。

アメニティドームMの魅力①

テント設営が簡単

キャンプなどのアウトドアで厄介なのがテントの設営ですよね。テント設営に手間がかかるタイプのテントだと、人数がいない時など大変。ファミリーキャンプなどでは、パパとママの2人だけでテントを設営しなけらばなりません。そんな時便利なのが、アメニティドームシリーズのテントです。このテントなら付属のポールを手順にそって立ち上げるだけで簡単に設営することができます。カラーテープを目印に対応するポールを組み立て設営するだけだから、アウトドア初心者にも分かりやすく安心です。

アメニティドームMの魅力②

広い前室スペースがうれしいテント

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B018XJY8KC/ref=sspa_dk_detail_1?psc=1&keywords=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0

キャンプの際に悩みの種となるのが荷物の置き場です。室内に置けば、スペースが狭くなります。とはいえ、屋外に置いておくのも心配ですよね。でも、アメニティドームシリーズなら広い前室があるので、荷物置き場として利用できます。屋外に放置しておくと雨風が心配になりますが、前室においておけば安心ですね。ひとりで寛ぐ空間としても前室の広さは、充分です。テントの素材は、テフロン撥水加工で耐水性に優れているので雨の日の休憩場所として利用するのもいいですね。UV加工も施されているから、日よけ対策もでき女性や子供たちに安心です。

アメニティドームMの魅力③

入口が広く出入りしやすいインナーテント

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B018XJY8KC/ref=sspa_dk_detail_1?psc=1&keywords=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0

アメニティドームのインナーテント入口は、大きいのが特徴です。だから出入りがしやすく、子供を抱きかかえたままでも充分出入りできます。初心者や子供連れのファミリーにはとても便利ですね。出入り口が狭いと、荷物の出し入れやテントへの出入りにストレスを感じます。でも、アメニティドームならそんな心配もありませんね。独特のD型をしているから荷物などの出し入れにも便利です。設営の際には、フライングシートをかける前に荷物を入れておくと荷物を運び入れやすいのでおすすめです。

アメニティドームMの魅力④

風にも強い設計のテント

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B018XJY8KC/ref=sspa_dk_detail_1?psc=1&keywords=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0

スノーピークスのテントは、室内高を低くしているのが特徴です。基本的にテントは、キャンプの際の就寝スペースと考えられます。だからテントの高さを必要最小限にとどめ、その分風への耐久性を高めています。シルエットデザインに丸みを持たせることで、風への耐久性を充分に考慮しているのが特徴です。室内高の充分あるテントは、室内での作業がしやすいといえます。とはいえ、強風への耐久性を考えると心配です。その点、風への抵抗を充分考えて設計されたアメニディドームのテントなら安心してキャンプライフを楽しむことができますね。

アメニティドームMの魅力⑤

防水・撥水加工で耐水性の高いテント

山などの天候は変わりやすいものです。アメニティドームシリーズのテントには、優れた防水・撥水加工が施されているので耐水性が高く雨の日でも安心です。キャンプテントで気になるのが、耐水性です。耐水性が低いと、ちょっとした雨でも室内に雨が染み込んでくる可能性があります。そんな心配をしないためにも、アメニティドームのテントはおすすめです。雨などへの耐水性の高さは、フライ耐水圧ミニマム値1,800mm、ボトム耐水圧ミニマム値1,800mm(ウォール部)という数値からもわかります。スノーピークスの数値は、平均値ではなくミニマム値を使用しています。だから、実際の雨への耐水性はこれ以上だといえるでしょう。

アメニティドームMの魅力⑥

優れた換気システムで快適に過ごせるテント

アメニティドームのインナーテントには、出入り口パネルだけでなく天井部にも換気システムが設けられています。夏などどうしても蒸し暑くなるテント内の環境を適度に換気できるから便利です。この天井部の換気システムは、インナーテントルーフにメッシュパーツを採用することでその機能を高めています。だから、室内にこもった湿気を一気に改善することが可能です。インナーシートだけでなくフライシートにもベンチレーターという換気システムがついているのもアメニティドームの魅力です。結露の軽減や雨風の強い場合でも換気面に優れているから快適に過ごすことができるでしょう。

アメニティドームMの魅力⑦

耐久性の高い素材を使用したテント

アメニティドームのフレームには、耐久性の高いジュラルミン素材が使われています。他メーカーのお手頃価格の製品では、グラスファイバーなどを使っている場合が多いのでその点でもアメニティドームの素材の良さが評価できるでしょう。この素材は、耐久性に優れているだけでなく軽量なのも魅力です。何かと荷物の多いアウトドア時に出来るだけ重量を軽くしたいと思うのは当たり前ですね。そんな思いにしっかりと答えてくれるのが、アメニティドームだといえるでしょう。軽量なポールは、初心者にも簡単に扱え設営時のストレスが無くなりますね。

アメニティドームMの魅力⑧

コストパフォーマンスの良いテント

アメニティドームは、前室の広さや雨などへの耐水性の高さ、優れた換気性など初心者だけでなく上級者にもうれしい機能が充実しています。それでいながらアメニティードームMの価格は、30,000円超とアウトドア初心者にも手頃な値段です。設営サイズがちょっと小振りのSサイズなら30,000円までで販売されています。設営サイズ大きめのLサイズでも50,000円までで購入できるのがうれしいですね。

アメニティドームMの魅力⑨

撤収方法も簡単なテント

アメニティドームは、テント設営が簡単なだけでなく撤収方法も手間がかからないのでキャンプ初心者でも安心です。ポールを外して、折り曲げればコンパクトに収納できます。ポール部分を折り曲げる際には、ちょっと面倒ですが、真ん中から外すといいでしょう。真ん中から外して折り曲げることで、ポールを傷める心配が少なくなります。ポールを外す時のポイントとして覚えておくといいですね。

アメニティドームMの魅力⑩

修理対応してもらえる安心のテント

スノーピークスの製品には、保証証というものがついていません。これは、スノーピークが自社製品に絶大なる自信を持っているためです。もし万一機能にトラブルが生じた場合、正規ディーラーまたはスノーピークユーザーサービス係へ連絡すれば、修理や交換に対応してもらえます。製造上の欠陥なら無償対応してもらえるので安心です。それ以外の場合でも、適切な価格で修理対応してもらえから信頼できますね。

アメニティドームMを快適に使う付属アイテム

アップライトポール

○スノーピーク TP-090・アメニティドームアップライトポールセット

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

セット内容:アップポールライト150cm×2本、自在付シングルロープ2.5m×2本、ジュラピンペグ17cm×2本、ポールケース、ペグケース/ 重量:0.56kg/ 材質:ポール/A6061、ロープ/PP径3.5mm、ペグ/A7075

アップライトポールは、アメニティドームのオプションギアです。いくら広めの前室があるといっても限りがあります。そんな時は、アップライトポールを使ってドアパネルを立ち上げればターブ代わりに活用でき便利です。スペースが広がることで、ちょっとしたリビングとしても利用することもできますね。雨の日には、荷物置き場のスペースが広がり安心です。フロントパネルを立ち上げておくことで、換気面の効果も高まります。

フロアーマット&フォロアーシート

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AF-snow-peak-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0M-%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%88SDE-001R/dp/B00M7BN5IE/ref=sr_1_sc_3?s=sports&ie=UTF8&qid=1517115686&sr=1-3-spell&keywords=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0

アメニティドーム専用のフロアーマットとフォロアーシートだからサイズもピッタリで使いやすく便利です。スノーピークスの仕事の丁寧さがこの製品にもあらわれています。グランドシートは、薄さの割に丈夫なので安心です。快適なキャンプライフを楽しむためにもテントと一緒に購入しておくとよいでしょう。Amazonでは、テントとセットで販売されているところもあるので利用すると便利ですね。

メッシュシェルター

スノーピーク テント・タープ用品 メッシュシェルターシールドルーフ TP-920SR

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

人数の多いグループで利用する場合、前室のスペースがもっとあればいいのになと思うことがあります。そんな時に便利なのがオプションアイテムのメッシュシェルターです。このメッシュシェルターを連結するだけで、かなりのスペースが広がります。リビングとしての空間をもう少し増やしたいという人には最適のオプションだといえるでしょう。設置にもさほど手間がかからず、クローズの状態だけでなくメッシュの状態でも使用できるので換気面でも良好です。

まとめ

スノーピークの人気テントシリーズ「アメニティドーム」は、その素材の良さや優れた機能性が高く評価できる製品です。特に防水・撥水効果が高く雨の日でも安心してキャンプを楽しむことができます。空気がこもりがちなテントの構造を機能的に改善したデザイン設計で換気面でも快適な環境を届けてくれます。特にアメニティドームMサイズは、優れた機能と耐久性を持ちながらお手頃価格で初心者の最初のテントに最適です。これからキャンプデビューをと考えている人には、おすすめのアイテムだといえるでしょう。アメニティドームMサイズは、コンパクトに収納でき、大人2人と子供3人が充分利用できるスペースを確保できるのが魅力です。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【基本】地直しのやり方を解説!簡単すぎる作業でその後が変わる!

今回は地直しのやり方について解説させて頂きました!買ってきた生地はどうしても多少のゆがみがあります。また、天然素材は縮みやすいものが多いため、買った生地をそのまま裁断してしまうと、一度洗濯をしたら型崩...

釣りのラジオ釣りラじ「全部忘れちゃう第33回」

★プレゼント企画応募はコチラから★ kurashino.present@gmail.com ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?lis...

【基本】ファスナーの簡単な付け方を紹介!慣れればすぐ!

今回はファスナーの簡単な付け方をご紹介させて頂きました! ファスナーには様々な種類があります。一般的なファスナーや、玉つき、レース付きのものなど、あとはコンシールファスナーです。コンシールファスナーは...

21ツインパワーSW開封インプレッション!やっぱりシマノリールだね。

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

コルトスナイパーBB100M実釣インプレ・・・どころじゃない

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...