Twitter
Facebook
LINE

NIKWAX(ニクワックス)で撥水効果取り戻す使い方と注意事項まとめ

masa_tasaki

NIKWAX(ニクワックス)で撥水効果取り戻す使い方と注意事項まとめ

masa_tasaki

NIKWAX(ニクワックス)で大切なウェアの撥水効果を取り戻しましょう。ニクワックスなら、ゴアテックスなどの機能性ウェア、羽毛を使ったダウンジャケットも家庭でメンテナンスできます。今回は、撥水効果を取り戻すニクワックスの使い方を注意点も含めて解説していきます。



NIKWAX(ニクワックス)って何?

 NIKWAX(ニクワックス)は、ゴアテックスなどの防水透湿性素材、そして撥水性のある素材で作られた主にアウトドアウェアに使える専用洗剤、撥水剤です。ニクワックスの製品を使えば、家庭の洗濯機や手洗いでアウトドアウェアの機能を取り戻すことができます。

アウトドアウェア、家庭で洗濯できるの?

 例えばこんな経験ありませんか。当初は撥水効果があって水を弾いていたウェア、最近水はじきが悪く撥水効果がなくなった気がする。そして、こんな疑問も、ゴアテックスウェアやダウンジャケットなど高価なアウトドアウェア、自宅で洗濯できるの。  NIKWAX(ニクワックス)なら家庭でウェアを洗濯できます。そしてウェアの機能を取り戻すことが可能です。

NIKWAX(ニクワックス)製品の特徴

 全てのニクワックスの商品は、「Easier(簡単)」「Safer(安全)」「Drier(快適)」の3つの哲学のもとに製造されています。



「Easier(簡単)」

 ニクワックスを使えば、家庭で乾燥機やアイロンなどを使わずに、自然乾燥だけで簡単に撥水効果を取り戻せます。

「Safer(安全)」

 ニクワックスはウォーターベースの原料を使用しています、だから環境にも人にも安全安心。環境に負荷がかかるエアゾールやフルオロカーボンは不使用です。



「Drier(快適)」

 ニクワックス撥水剤に採用されている撥水ポリマー「TX.10i」。「TX.10i」はニクワックス開発の特許成分。柔軟性、伸縮性、耐久性に優れたこの成分が、繊維の1本1本に格子状に絡みつき通気性を確保しながら撥水効果を取り戻し、快適さを維持します。

撥水加工素材について

 撥水加工とは、素材の表面にシリコンやフッ素などで小さな凹凸をつけます。その凹凸のおかげで、水は素材に貼りつかず、球状になって転がり、ウェアに水が浸透するのを防ぎます。その際、布目の隙間は塞がれないため、空気や蒸気は通します。そのためウェアの内部は蒸れにくくレインウェアなどに採用されています。

防水透湿素材について

 防水透湿素材とは、雨などの外部からの水は通さず、内側の水蒸気は外に逃す素材のこと。代表的な素材はゴアテックスです。登山などのアウトドアウェアやレインウェア、靴など幅広く採用されています。防水透湿素材は、水分子より小さく、水蒸気分子より大きな穴が無数に開いた膜のようなものです。ゴアテックスウェアの防水透湿効果は、その膜の働きによって生み出されています。

機能性アウトドアウェアの大敵は汚れ

 快適にアクティビティを過ごすためのアウトドアウェア。その機能の肝となるのは、撥水素材表面の水をはじく「凹凸」、ゴアテックスなどの防水透湿性ウエアでは無数にあいた「穴」。その「凹凸」や「穴」をふさぐ、表地表面の泥などの汚れや、内側の皮脂などによる汚れ、その汚れこそが、ウェアのでは機能性低下の大きな原因です。

ニクワックス製品の効果

 撥水加工素材、ゴアテックスなどの防水透湿素材の機能低下の原因となる最大の原因は汚れ。ニクワックス製品は、機能性アウトドアアイテムの専用洗剤。機能性を保ちつつ、その汚れを強力に除去し、更に低下した撥水効果を取り戻す効果が期待できます。

ニクワックスの商品ラインナップ

 ニクワックスの商品は、用途に応じてラインナップされています。まず、ウェアなどを洗う「洗剤」、撥水効果を取り戻す「撥水剤」とに大きく分けられます。また洗うアイテムに応じて、ウェア用、シューズ用、ギア用と分類できます。さらに素材に合わせて、撥水生地用、ダウン用、ウール用など多くの商品が用意されています。必要に応じて専用のニクワックス製品を選んでください。

ニクワックスで撥水効果を取り戻す

 今回は、撥水効果を取り戻すニクワックス製品の使い方を中心に紹介します。使い方は簡単、基本となるのは、次の2ステップです。

ステップ.1 ニクワックスの洗剤で汚れを落とす

 ニクワックスの洗剤で洗濯し、アイテムについた汚れを落とします。

ステップ.2 ニクワックスの撥水剤で撥水加工

 汚れを落としたアイテムに、ニクワックスの撥水剤を使って素材の撥水効果を取り戻します。

ニクワックスはアイテムによって使い分ける

 NIKWAX(ニクワックス)の洗剤と撥水剤は、洗濯、撥水処理したいアイテムに応じて使い分けましょう。ニクワックスの豊富な商品ラインナップの中から、今回は撥水効果を取り戻す効果のある商品をピックアップして紹介していきます。

ニクワックスの洗剤

 撥水素材には汚れは大敵。まずは、そんな汚れを効果的に除去するニクワックス製品の主な洗剤について紹介していきます。

撥水素材用の洗剤「テックウォッシュ」

 ゴアテックスなどの防水撥水素材のレインウェア、アウターウェア類、中綿が化学繊維の冬物アウター類、テントやタープなどの布製ギアには、ニクワックス「テックウォッシュ」を使いましょう。ニクワックスの「テックウォッシュ」は、幅広いアイテムを洗濯することができます。

テックウォッシュ

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ダウン用洗剤、「ダウンウォッシュダイレクト」

 ダウンジャケットもニクワックスで洗えます。NIKWAX「ダウンウォッシュダイレクト」は、撥水生地のダウンジャケット、通常生地のダウンジャケット両方に使えます。表生地の汚れや、中の羽毛の汚れまでパワフルに除去。羽毛に必要な油分はそのままで、保温性も取り戻します。

ダウンウォッシュダイレクト

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天

ニクワックスの撥水剤

 ニクワックスの撥水剤には、伸縮性のあるニクワックスの特許成分「TX.10i」が採用されています。「TX.10i」が、繊維1本1本に、格子状に絡みつき、撥水効果を取り戻します。

 ニクワックスの撥水剤は、洗濯機や手洗いで直接水に溶かして使う「液体洗剤タイプ」、直接表面に吹きかける、「スプレータイプ」が用意されています。ニクワックスの撥水剤はアイテムによって使い分けることで効果を発揮します。

ニクワックスの撥水剤「液体洗剤タイプ」

 ここではニクワックスの定番商品、水に溶かして使う「液体洗剤タイプ」の撥水剤を紹介していきます。

撥水素材用「TX.ダイレクトWASH-IN」

TX.ダイレクトWASH-IN

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

 ニクワックス「TX.ダイレクトWASH-IN」を使えば、ニクワックス「テックウォッシュ」で洗濯し汚れを落としたアイテムに、洗濯機または手洗いで撥水処理ができます。撥水素材はもちろんゴアテックスなどの防水透湿素材にも使用可能です。

ダウン用撥水剤、「TX.10ダウンプルーフ」

 ニクワックスの「TX.10ダウンプルーフ」はダウンジャケットに特化したダウンジャケット専用の撥水剤。ダウンジャケットの表生地だけでなく、中のダウン(羽毛)自体も撥水処理し、ダウンの膨らみも回復させます。  「TX.10ダウンプルーフ」が、ダウンも撥水させることで、雨や雪の際にも、ダウンの持つ膨らみをを保持し、ダウンの持つ保温性を持続させることがです。

ニクワックスの撥水剤「スプレータイプ」

 ここでは、アイテムの表面に吹きかけるだけで手軽に使えるニクワックスの撥水剤「スプレータイプ」の商品を紹介していきます。

表地の撥水処理には、「TX.ダイレクトスプレー」

TX.ダイレクトスプレー

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

 ニクワックス「TX.ダイレクトスプレー」は、撥水加工生地、ゴアテックスなど防水透湿生地にも対応したスプレータイプの撥水剤。 主に裏地にメッシュなどの吸湿性生地が使用されているウェアに使用します。「TXダイレクトWASH-IN」と違い、表地に直接スプレーするため裏地の吸湿性はそのままで、表面にだけ撥水処理を行うことができます。

テントには、「テント&ギアソーラープルーフ」

 長時間、日光にさらされる事の多いテントやザックには、ニクワックスの「テント&ギアソーラープルーフ」。  スプレータイプの撥水剤「テント&ギアソーラープルーフ」は、テントやタープ、登山用のバックパックなど布製アウトドアギア用の強力撥水剤。撥水効果だけでなく、紫外線を防ぐUVプロテクト効果もあり、生地の劣化を予防します。「テント&ギアソーラープルーフ」は、ゴアテックスなどの透湿性生地への使用はできません。

ニクワックスの使い方~撥水素材アイテム篇

 ここからは、ダウンジャケット以外の撥水素材やゴアテックスなどの防水透湿素材ウェアの洗い方を紹介します。洗濯にはニクワックスの洗剤「テックウォッシュ」を使います。テックウォッシュは、ウェア以外にもテントやタープなどの布製品にも使用可能な洗剤です。それではニクワックス「テックウォッシュ」の使い方を使う際の注意点を含めて紹介します。

撥水素材ウェアの洗濯手順

 ゴアテックスなどの素材の機能を低下させる汚れ。まずはニクワックスの洗剤「テックウォッシュ」で汚れを落としましょう。ニクワックスの洗剤「テックウォッシュ」を使う場合、他の洗剤、柔軟剤、漂白剤、芳香剤との併用はできません。

1.洗濯前には、必ずウェアの確認を!

(1)洗濯タグで、水洗い可能かどうかを確認します。 (2)ウェアのファスナーやベルクロなどを全てしっかり閉じます。

出典: http://www.evernew.co.jp/outdoor/nikwax/products/wear.html

2.洗濯機のセット方法

(1)洗濯機にウェアを入れる。汚れのひどい箇所には、原液を直接塗っておくと効果的です。 (2)洗濯機の水量をセットします。1~2着までなら20ℓ前後、3から4着なら45ℓ前後を目安にしてください。洗う際は風呂の残り水などではなく、きれいな水で洗いましょう。 (3)脱水なしの標準コースを選択します。

出典: http://www.evernew.co.jp/outdoor/nikwax/products/wear.html

3.洗剤「テックウォッシュ」を入れて洗濯開始

(1)テックウォッシュを必要量、投入し洗濯を開始します。 <テックウォッシュの使用量> □1~2着なら150ml(キャップ3杯が目安) □2~3着なら250ml(キャップ5杯が目安) □3~4着なら300ml(ボトル1本)が目安) (2)洗剤がしっかり落ちていることを確認。落ちていない場合は、すすぎを再度行います。

出典: http://www.evernew.co.jp/outdoor/nikwax/products/wear.html

「TX.ダイレクトWASH-IN」撥水処理手順

 ニクワックスの洗剤で汚れを落としたら、ニクワックス「TX.ダイレクトWASH-IN」を使ってアイテムの撥水処理をします。「テックウォッシュ」で汚れを落としてからの使用をおすすめします。

1.撥水剤を使う前にも、ウェアの確認を。

(1)ファスナーやベルクロなどを全てしっかり閉じ、洗濯の終わったウェアを濡れたまま撥水処理を始めます。 (2)撥水処理の際のウェアは、最大2着までとします。

出典: http://www.evernew.co.jp/outdoor/nikwax/products/wear.html

2.洗濯機のセット方法と撥水剤の使用量

(1)洗濯機の水量は35ℓ前後を目安にし、脱水なし通常の標準コースを選択します。水は、風呂の残り水などではなく、きれいな水を使います。 (2)水がたまったところで洗濯機を一時停止させ、「TXダイレクトウォッシュイン」300ml(ボトル1本)をよく振ってから投入して、洗濯を始めます。 (3)余分な撥水剤が落ちていることを確認、落ちていない場合、すすぎを再度行います。

出典: http://www.evernew.co.jp/outdoor/nikwax/products/wear.html

3.ウェアを乾燥させる

(1)ウェアの洗濯表示タグに従い乾燥させます。 <自然乾燥の場合> 直射日光を避けて陰干しにします。その際、落としきれなかった撥水剤が出てくる場合は、水気を絞った布でよく拭き取ります。 <乾燥機を使う場合> ウェアの洗濯表示タグに従い乾燥機を使用してください。

出典: http://www.evernew.co.jp/outdoor/nikwax/products/wear.html

ニクワックスの使い方~ダウンジャケット篇

 ニクワックスの「ダウンウォッシュダイレクト」なら家庭でダウンジャケットを洗うことができます。それではニクワックス「ダウンウォッシュダイレクト」の使い方を使う際の注意点を含めて紹介します。

「ダウンウォッシュダイレクト」での洗濯手順

 ダウンジャケットの表地はもちろん中のダウンジャケットも汚れています。「ダウンウォッシュダイレクト」で洗濯することで、ダウンの膨らみも取り戻せます。「ダウンウォッシュダイレクト」を使う際、他の洗剤、柔軟剤、漂白剤、芳香剤との併用はできません。

1.洗濯前には、必ずウェアの確認を!

(1)洗濯タグで、水洗い可能かどうかを確認します。 (2)ウェアのファスナーやベロクロなどを全てしっかり閉じます。

2.洗濯機のセット方法

(1)洗濯機にダウンジャケットを入れる。薄手のダウンなら2着まで、厚手のダウンは1着のみです。汚れのひどい箇所には、原液を直接塗っておくと効果的です。 (2)洗濯機の水量をセットします。水量は24ℓ前後目安にしてください。洗う際は風呂の残り水などではなく、きれいな水で洗いましょう。 (3)脱水なしの標準コースを選択します。

3.洗剤「ダウンウォッシュダイレクト」で洗濯開始

(1)洗濯コース開始後、ダウンウェアに充分水が浸み込んだかを確認します。 (2)「ダウンウォッシュダイレクト」を150ml(キャップ3杯が目安)投入し洗濯を開始します。 (3)洗剤がしっかり落ちていることを確認。落ちていない場合は、すすぎを再度行います。

出典: http://www.evernew.co.jp/outdoor/nikwax/products/wear.html

「TX.10ダウンプルーフ」撥水処理手順

 ニクワックス「TX.10ダウンプルーフ」を使ってダウンジャケットの撥水処理をします。ニクワックス「ダウンウォッシュダイレクト」で汚れを落としてからの使用をおすすめします

1.撥水剤を使う前にも、ウェアの確認を。

(1)ファスナーやベロクロなどを全てしっかり閉じ、洗濯の終わったダウンジャケットを濡れたまま撥水処理を始めます。 (2)撥水処理の際のダウンジャケットは、薄手のダウンなら2着まで、厚手のダウンは1着のみです。

出典: http://www.evernew.co.jp/outdoor/nikwax/products/wear.html

2.洗濯機のセット方法と撥水剤の使用量

(1)洗濯機の水量は35ℓ前後を目安にし、脱水なし通常の標準コースを選択します。水は、風呂の残り水などではなく、きれいな水を使います。 (2)水がたまり、ダウンジャケットに充分水が浸透したところで洗濯機を一時停止させ、「TX.10ダウンプルーフ」300ml(ボトル1本)をよく振ってから投入して、洗濯を始めます。 (3)余分な撥水剤が落ちていることを確認、落ちていない場合、すすぎを再度行います。 (4)その後、脱水します。ダウンジャケットを軽く手で絞るか、低速で数分脱水後、通常速度で数分脱水します。

出典: http://www.evernew.co.jp/outdoor/nikwax/products/wear.html

3.ウェアを乾燥させる

(1)ウェアの洗濯表示タグに従い乾燥させます。 <自然乾燥の場合> 直射日光を避けて陰干しにします。その際、落としきれなかった撥水剤が出てくる場合は、水気を絞った布でよく拭き取ります。 <乾燥機を使う場合> 乾燥機の使用が可能な場合は、低温低速で行います

出典: http://www.evernew.co.jp/outdoor/nikwax/products/wear.html

ニクワックスの使い方~手洗い、撥水処理の手順

 ニクワックスは手洗いで洗濯、撥水処理もできます。特に汚れがひどい場合などは、冷水ではなく、ぬるま湯での手洗いがおすすめです。また、洗濯機を使った場合に比べ、使用するニクワックスの量は、手洗いの場合の方が少なくて済みます。手洗いは手間がかかりますがメリットもあります。それでは、手洗い時のニクワックスの使い方を注意点なども含め紹介します。

1.「テックウォッシュ」で手洗いする

<用意するもの> □洗いたいアイテムを入れられるバケツなどの容器 (1)洗濯タグで、水洗い可能かどうかを確認します。ぬるま湯を使いたい場合は温度も確認します。 (2)洗うアイテムのファスナーやベロクロなどを全てしっかり閉じます。 (3)バケツや容器に、水またはぬるま湯をいれます。 (4)ニクワックスの洗剤「テックウォッシュ」を入れます。1着あたりキャップ2杯が目安です。 (5)洗剤「テックウォッシュ」を入れ、水と混ぜなじませます。

2.「テックウォッシュ」での、手洗いの仕方

(1)アイテムを入れ洗います。優しく押し洗いします。 (2)汚れのひどい部分は生地を傷めないように、もみ洗いを行います。 (3)洗浄後、そのまま15分程度浸けおきします。 (4)きれいな水ですすぎ洗いします。 (5)水が透明になるまで2〜3回しっかりすすぎ洗剤を落とします。 (6)続けて撥水処理をする場合は、濡れたままで撥水処理を始めます。

1.「TX.ダイレクトWASH-IN」で撥水処理

<用意するもの> □洗いたいアイテムを入れられるバケツなどの容器 □大きめの乾いたタオル2枚 (1)容器にアイテムに水がつかる程度の水を入れます。 (2)ボトルを良く振ってから、撥水剤「TX.ダイレクトWASH-IN」を投入します。使用量は、1着あたりキャップ2杯が目安です。 (3)撥水剤「TX.ダイレクトWASH-IN」を入れ、水と混ぜなじませます。

「TX.ダイレクトWASH-IN」撥水処理の仕方

(1)洗って濡れたままのアイテムを入れて浸します。 (2)5分~10分程度浸けおきします。時々「TX.ダイレクトWASH-IN」が、アイテム全体に馴染むようにかき混ぜ、揉み込むのがポイントです。 (3)きれいな水ですすぎ洗いします。 (4)水が透明になるまで2〜3回しっかりすすぎ、余分な撥水剤を落とします。

「TX.ダイレクトWASH-IN」脱水して乾燥

(1)手洗いし、よくすすいだアイテムを、乾いたタオル2枚で挟み脱水します。 (2)脱水したアイテムを洗濯表示タグに従い乾燥させます。 <自然乾燥の場合> 直射日光を避けて陰干しにします。その際、落としきれなかった撥水剤が出てくる場合は、水気を絞った布でよく拭き取ります。 <乾燥機を使う場合> 乾燥機の使用が可能な場合は、低温低速で行います。

ニクワックススプレータイプの使い方

 ニクワックスの撥水剤には、スプレータイプの商品もラインナップされています。アイテムの表面にスプレーするだけなので手軽に使える商品です。

「TX.ダイレクトスプレー」の使い方

(1)ウェアを洗濯後、濡れている状態で作業を行います。 (2)「TX.ダイレクトスプレー」をウェアに吹きかけます。 (3)余分な撥水剤は、タオルでふき取りながら作業をすすめます。 (4)ウェア全体に、まんべんなく作業していきます。 (5)直射日光を避けて陰干しにし、乾燥させます。 ※余分な撥水剤は、白く残る場合があります。固く絞ったタオルで良くふき取りましょう。

「テント&ギアソーラープルーフ」の使い方

(1)テントをたててから作業します。 (2)テントに水をかけ、テント生地表面の汚れを落とします。 (3)バックパックに使う場合は、事前に洗濯し汚れを落としておきます。 (4)濡れている状態で「テント&ギアソーラープルーフ」を吹きかけます。 (5)スプレーした撥水剤を、スポンジやブラシで全体に伸ばしながら作業します。 (6)作業は、かたく絞ったタオルなどで、余分な撥水剤を拭き取りながら全体に行います。 (7)そのまま乾燥させて完成です。

ニクワックスまとめ

 ここまでニクワックス製品の使い方を紹介してきました。ニクワックスの製品を使えば、家庭で手軽に撥水効果を取り戻すことができます。ニクワックス製品を活用して、あなたの大切なアウトドアアイテムを長く愛用してください。

Movie動画記事

初めてキャンプ場へ行った初心者、ガチで初心者丸出しすぎたwww【毎日キャンプ生活30-31日目】

今回のキャンプのテーマは「ギア不足の初心者でもキャンプ場をちゃんと楽しめるのか?」。大人気のキャンプ場「能登島家族旅行村 Weランド」に行ってきましたが、色々スタッフの方に初心者丸出しでお聞きしつつ、...

ライトショアジギングからガチンコ青物まで!万能ロッドはコレだ!

提供:株式会社アピア 撮影協力:民宿いけ吉 今回の動画はAPIAから発売中のグランデージアトラス98Mについて解説します。以前発売直前にインプレッション動画を公開して以降、カンパチとのやりとりを数多く...

ライトショアジギングからガチンコ青物まで!万能ロッドはコレだ!

提供:株式会社アピア 撮影協力:民宿いけ吉 今回の動画はAPIAから発売中のグランデージアトラス98Mについて解説します。以前発売直前にインプレッション動画を公開して以降、カンパチとのやりとりを数多く...

初心者から始める「毎日キャンプ生活」29~35日目!

酷いありさまだったキャンプ初心者も、毎日キャンプ生活一ヶ月を迎え、ギアも揃い始め、ついに立派なキャンプ場でのキャンプもできた29~35日目。でもまだまだ体験してないことばかりで、毎日新しい経験をしてい...

お客様をガイドしたら天才だった件【島日記10】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...