クッカーのタイプ別おすすめ20選!キャンプで快適すぎる調理器具はこれだ!

クッカーのタイプ別おすすめ20選!キャンプで快適すぎる調理器具はこれだ!

キャンプで最も楽しいアウトドアライフの醍醐味は、屋外での料理と食事です。地元のおすすめ食材を道の駅や地元スーパーで買い求めてクッカーを使って調理すると、格別の味を引き出してくれますね。今回は、キャンプのタイプ別のおすすめのクッカーをご紹介したいと思います。

記事の目次

  1. 1.みんなでおいしいキャンプ料理は、優れたおすすめクッカーで調理!
  2. 2.ファミリー向けおすすめクッカーのセット決定版はコレ
  3. 3.充実の内容すべてそろったファミリー向けクッカーのセット
  4. 4.スタンダードで丈夫なステンレス製のファミリー向けキャンプ用クッカーのセット
  5. 5.オートキャンプならステンレス製のクッカーもおすすめ
  6. 6.よく食べる育ちざかりがいるファミリーの必須アイテムといえるクッカー
  7. 7.普段作らない料理をキャンプで楽しみたいファミリーにおすすめ
  8. 8.ソロでキャンプしたい人向けのクッカーの定番
  9. 9.ソロでも少しはいいご飯をキャンプで堪能したい人におすすめ
  10. 10.キャンプでおいしいコーヒーを飲むのがイイという人には
  11. 11.ソロでオートキャンプに行く人におすすめ電気で調理できるセット
  12. 12.ソロでキャンプする人には最低限必要なクッカーのセットがおすすめ
  13. 13.ちょっとワイルドに使うので、丈夫な素材のクッカーがほしい
  14. 14.キャンプ用品はすべてコールマンでそろえている人にはこちらがおすすめ
  15. 15.ソロなので荷物は極力少なくしたい方におすすめのクッカー
  16. 16.キャンプのタイプに合ったクッカーで、おいしくアウトドアライフ

みんなでおいしいキャンプ料理は、優れたおすすめクッカーで調理!

アウトドアでの料理は、屋外の開放的な景色の中で、仲間でにぎやかに楽しく食べるキャンプでの最大の楽しみですね。その土地ならではの新鮮な食材の数々で、キャンプらしい料理を作るには、優れたクッカーが必要です。これからキャンプを始めようと考えている人や買い替えを検討している人におすすめのファミリー向けクッカーをご紹介します。

ファミリー向けおすすめクッカーのセット決定版はコレ

家族でのキャンプの定番料理といえばカレーのような煮込み料理。そのためにはカレールーを煮る鍋とご飯を炊く鍋が必要ですね。コールマンのアルミクッカーセットはその必要を満たす最良のチョイスといえるでしょう。フライパンもついているのでもう一品何か作ることも可能です。特におすすめポイントは、取っ手が外せるところでしょう。鍋も大小を重ねると収納も便利です。

コールマン(Coleman) アルミクッカーセット 2000010531

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

この製品は、耐久性を要求する部分はステンレスですが、それ以外はアルミ製です。お値段およそ9000円。

誰でも知っている人気のメーカー、コールマンのクッカーです。ちょっとした家庭用のフライパンと鍋のセットと遜色がないセット内容がいいですね。いい製品を使っているのは、自分も気分がいいですし、周りに見られても恥ずかしくない逸品といえます。子供の友達家族とのキャンプなどでもちょっと自慢できるレベルの製品であることは間違いないでしょうね。もちろん、家庭でも使えるのは注目ポイントです。

ちょっと番外編:キャンプに便利なクッカー用鍋掴み

クッカーで最も壊れやすいのは取っ手のところです。壊れてしまうと使いにくいので新しく買い替えたくなることでしょう。そんな時におすすめなのが、クッカーにための取っ手です。300円以下で手に入る手軽さが受けていて、意外に人気商品となっています。せっかく買ったクッカーを捨てずにそのまま使いたい方には、最高にお勧めです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00F7V3W02/ref=s9_acsd_top_hd_bw_b12IuF_c_x_1_w?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=merchandised-search-5&pf_rd_r=Q1VFWN586AE84RP5R1V6&pf_rd_t=101&pf_rd_p=d82da1a4-9f97-5732-9544-34f86fbb8701&pf_rd_i=15325671

大切に使ってきても、鍋はどうしてもつかむところがもろくなります。お気に入りの鍋を使い続けたければ、こういう小物も必要となる時が来ます。私は100円ショップで買ったアルミ製の鍋掴みを使っていますが、普通の鍋ならそれで十分です。フライパンなどは、取っ手がトレス鍋製品を製造しているメーカーのものがおすすめですね。

充実の内容すべてそろったファミリー向けクッカーのセット

クッカーだけではなく、アルコールランプや食器までセットになっているHotwolfのクッカーセットは、「これさえ買っておけば十分」という充実したものです。フライパンや鍋はもちろん、食後のコーヒー用にケトル、キャンプ料理ので使い勝手のいい箸、さらには皿などを洗うためのヘチマのスポンジまでが含まれている、至れり尽くせりのセットです。ファミリーでキャンプするならこういうのがおすすめですね。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E7%94%A8%E5%93%81%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E7%94%A8%E5%93%81-%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%B3-%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0%E5%8F%8E%E7%B4%8D-2-3%E4%BA%BA%E7%94%A8%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/dp/B073RX6DFL/ref=sr_1_12?ie=UTF8&qid=1516686965&sr=8-12&keywords=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC

鍋やフライパンなど必要な器具がすべてそろっているクッカーのセットです。さらに、人数によってセット内容が変わるところもプラス要因といえるでしょう。お値段およそ4000円。

ファミリーでキャンプで料理する場合、オーソドックスなメニューはすべてこれがあれば完璧でしょう。アルコールランプはいいものなら単品で買っても結構なお値段がしますので、しかも五徳付きなのでどこででも料理が作れてしまうのが魅力でしょう。付属のステンレス製の箸も使い方によってはBBQ用の串にも流用できそうですね。いろいろ料理の可能性が広がるクッカーです。

スタンダードで丈夫なステンレス製のファミリー向けキャンプ用クッカーのセット

お皿とかカップはすべて100円ショップで買ってしまうというファミリーに向けでおすすめなのは、手ごろな価格で最低限必要な器具のフライパンや鍋のセットですね。典型的なコッヘルの製品で、鍋が2つとフライパン、そして、スープ用のボウルが一つのケースに入るようになっています。鍋はステンレス製で他がアルミ製なので比較的軽くて持ち運びが楽なのもとってもポイントが高いですね。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%B9%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E7%94%A8%E5%93%81-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%82%B9%E9%8D%8B-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E7%94%A8%E5%93%81-%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88/dp/B06XZYTZB4/ref=sr_1_82?ie=UTF8&qid=1516688191&sr=8-82&keywords=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC

ステンレス製ですが、総重量が0.68㎏と非常に軽量で、しかも収納サイズは19㎝とかなりの省スペースのクッカーのセットです。

収納するケースに入れるとかなりコンパクトなクッカーなので、荷物を背負っていかなければならない登山などにもおすすめ。それでいて十分な器具がそろっているのでまさしくクッカーのスタンダードといえるでしょう。これならファミリーや仲間同士でのキャンプに十分満足できる量をが食べられるおすすめセットといえますね。

オートキャンプならステンレス製のクッカーもおすすめ

クッカーに耐久力ばなければ、長年使えない、調理も安心してできないという場合、そして、家族でドライブしながらオートキャンプがメインなら、多少重くても耐久性の高いステンレス製がおすすめです。持ち運ばないで済むし、本格的でバラエティ豊かな料理、様々な調理が可能なのが特徴といえるでしょう。料理が好きな家族に最適解です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000AR2OVG/ref=s9_acsd_simh_hd_bw_b12IuF_c_x_w?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=merchandised-search-6&pf_rd_r=Q1VFWN586AE84RP5R1V6&pf_rd_t=101&pf_rd_p=d82da1a4-9f97-5732-9544-34f86fbb8701&pf_rd_i=15325671

スノーピークのクッカーは、ステンレス製で重量があるけれど、それを補って余りある丈夫さというメリットがあります。

このクッカーのセットに含まれる器具は、3つの鍋と一つのフライパン、そして、メッシュバスケット、言ってみればザルのような機能を果たすものです。このメッシュバスケットはゆで料理やパスタやうどん、ラーメンの様な麺料理などのレパートリーにも使える優れものです。これがあればキャンプ地のご当地ラーメンなどを煮豚をトッピングしてオリジナルスープで作れるでしょう。

よく食べる育ちざかりがいるファミリーの必須アイテムといえるクッカー

食べ盛りの子供がたくさんいるファミリーにおすすめなのが、まずはご飯を大量に炊けるクッカーではないでしょうか。キャンプで人気の定番メニュー、焼肉をするのでもカレーライスでも、とにかくご飯がなくなると結構つらいものがあって、バランスを考えないとせっかくのキャンプの食事も残念な結果になります。そんな場合、ステンレス製ごはん専用のクッカーを準備しておくといいですよね。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%B0-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97-%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%99%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E7%94%A8-3%E5%B1%A4%E9%8B%BC%E3%81%94%E3%81%AF%E3%82%93%E7%82%8A%E3%81%8D%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC5%E5%90%88-M-8610M-8610/dp/B000AR4XLU/ref=sr_1_3_sspa?ie=UTF8&qid=1516925188&sr=8-3-spons&keywords=%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97&psc=1

このキャプテンスタッグのクッカーは、丈夫なステンレス製でご飯が5合は炊けるという大容量。

1回の食事で普通の炊飯器で炊いたご飯を食べてしまうという家庭も少なくはないでしょう。それがキャンプの場合、なおさら驚きの量を消費するかもしれません。ステンレス製で丈夫で熱伝導率も高くお米を炊くにはいい器具です。そして、内側には炊飯のお米の量と水の量が一目でわかりメモリがあるので、お水が足りなくて固くなるとか、おかゆ状態になるリスクも防ぐことができます。自宅でも、ガスでご飯炊きたい時や来客に食事を提供するときにも使えますね。

普段作らない料理をキャンプで楽しみたいファミリーにおすすめ

キャンプで何か料理をするなら自宅ではできないようなクッカーで調理したいというファミリーにおすすめなのがダッチオーブンです。すみやたき火で鍋の下と上の両方からじっくり火を通すことができるので、たいていのオーブン料理を作ることができます。キャンプ地の周辺で手に入るる地鶏でロティーなんて作ったら、相当テンションが高くなります。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%82%B4%E3%82%B9-LOGOS-%E3%83%80%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3-%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E4%B8%8D%E8%A6%81-%E5%8F%8E%E7%B4%8D%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0%E4%BB%98%E3%81%8D/dp/B00AFPR3XC/ref=lp_15347901_1_8?s=sports&ie=UTF8&qid=1516702585&sr=1-8

ダッチオーブンは、鋳物製でしかもふたが重く圧力がかかるため煮込み料理やオーブン料理におすすめです。

ダッチオーブンの最大のおすすめポイントは、手入れさえしっかりしておけば100年は持つといわれるその耐久性。そう簡単に壊れることがないですし、凹んだり形が変わるほど華奢なつくりではありません。ローストビーフやパイ料理、丸鶏のロティーなどオーブン料理のほか、じっくり煮込んだスープなど様々な調理に使えるので、ファミリーでいつもと違った非日常の料理が楽しめるでしょう。ただし、焼き加減が微妙なので、ある程度の時間がたったらこまめに焼き加減をチェックしないと大変なことになります。

ココットも、ファミリーのキャンプで使うにはおすすめです

ココットとは、平たく言うと15㎝ぐらいのダッチオーブンより小さなサイズの鋳物の鍋です。ファミリーなら人数分のココットを買いそろえて自分専用にするのもいいですね。圧力鍋並みに釜の中で高圧力になるので中のお米やお肉が短時間で仕上がるので、釜めしのココット版なんて作るのもいいし、スープカレーのように骨付き鶏もも肉やごろっとした野菜を煮込むには最適な鍋です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%B0-%E3%83%80%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3-UG-3036-%E5%AE%B9%E9%87%8F0-8L-IH%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3%E5%AF%BE%E5%BF%9C/dp/B0728GT5RL/ref=sr_1_1?s=sports&ie=UTF8&qid=1516704407&sr=1-1&keywords=%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88+%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%B0

直径19㎝ほどのココットは800㏄ほどの容量があり、一人分の食事を作るのに適したクッカーです。サイズによって価格が違いますが、このサイズならおよそ1300円となります。

普通の家庭ではガスコンロは2つから3つぐらいですね。それに対して、キャンプの時なら家族の人数分を一気に焼き上げたり煮込んだりできるのがアウトドアならではの醍醐味です。ココットは、サイズにもよりますが価格も1500円前後と手軽に人数分をそろえられそうなものなので、重量さえ目をつむれば、ファミリーで思い出に残る料理が楽しめそうです。

100円ショップで買える鋳物製品も要チェック

低価格で人気の100円ショップには、いろいろな鋳物製品があります。ステーキ皿や餃子用の小さな鍋だけではなく、キャンプでも使えそうな万能のフライパンと呼ばれるスキレットや旅館でよく見かける小さい鋳物の鍋も販売されています。低価格で300円前後なので、家族分の数をそろえても全然金額的にも大丈夫です。小さいサイズとはいっても鋳物なのでそれなりに重量がありますが、オートキャンプで持ち運ぶのなら問題ありません。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%9D%E3%82%89%E3%81%A8%E3%81%B6%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%B3-%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E4%B8%87%E8%83%BD%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%BB%E9%89%84%E9%8B%B3%E7%89%A9%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88-6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81/dp/B01MCQZLLI/ref=sr_1_1_sspa?s=sports&ie=UTF8&qid=1516705469&sr=1-1-spons&keywords=%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88&psc=1

安いスキレットは、100円ショップでは200円から300円ほど、若干価格は高くなりますが、ホームセンターなどでは1000円前後で購入可能です。

とても人気のスキレットは、目玉焼きやベーコンを焼くほか、アヒージョなども作れる優れものですが、2つを重ねることでココット並みの性能を発揮するのが一味違った使い方といえるでしょう。また、ふかふかで厚みのある人気カフェのパンケーキの様な焼き上がりができるので、パンケーキミックスも持っていくといいでしょう。鋳物の鍋は様々な種類の鍋物だけではなく、キンキンに冷やしてアイスや冷たいデザートの器にしてもいいですね。

ソロでキャンプしたい人向けのクッカーの定番

一人でキャンプ用品を車やバイクに積み込んで、いろいろな自然豊かなキャンプ場を周るのも旅の楽しみ方の一つです。ただ、やはり一人で移動する場合はできるだけ軽いアルミ製品で、そして、できるだけコンパクトで収納便利なクッカーを持ち運ぶのがかさばらなくていいですね。特に食の楽しみは譲れないという場合は、まずは定番クッカーがおすすめ。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/product/B007FFSTHE/ref=s9_acsd_zwish_hd_bw_b12IuF_c_x_w?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=merchandised-search-3&pf_rd_r=20VCW39T59SWH2B28X3F&pf_rd_t=101&pf_rd_p=d82da1a4-9f97-5732-9544-34f86fbb8701&pf_rd_i=15325671

アルミ製なのでとても軽く、収納も便利でコンパクトにまとまる調理の器具なので、一人旅に最高です。

一人旅の定番といえばインスタントラーメン。安いお店では50円前後でも手軽に入手可能なお手軽食品ですが、形が四角いのが多くはないですか?丸いクッカーの場合は、四隅を壊して入れないといけないケースが実際にあったのです。その点この四角いフォルムなら間違いなくインスタントラーメンが作れて、他にも肉などをを焼けるフライパン、そして、もう一品作れる鍋のセットです。

ソロでも少しはいいご飯をキャンプで堪能したい人におすすめ

キャンプの楽しみは、野外で土地のものをおいしくの調理してたべることと言ってはばからない人にはこちらがおすすめ。アルコールランプがセットになっていて、フライパンのほかにソースパン(ソースなどを作るときの小さめの鍋)と普通サイズの鍋が1つのセット。この充実した器具がそろったら、それなりのレベルのフレンチだって作れます。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01D8FYMGQ/ref=s9_acsd_top_hd_bw_b12IuF_c_x_w?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=merchandised-search-5&pf_rd_r=W6RESP2B37Z8558GR8A6&pf_rd_t=101&pf_rd_p=d82da1a4-9f97-5732-9544-34f86fbb8701&pf_rd_i=15325671

キャンプ用品で知られているトランギアのクッカーです。アルミ製なのですが、コーティングしているので見た目の重厚感があります。

ソロキャンプで重要なのは、移動が楽なことが重要なので、できるだけ荷物が軽く小さいことです。個のクッカーの収納サイズは18×10㎝で、別売りのケトルを鍋の中に収納することも可能なのがポイントですね。サイズがS以外にもあります。しかし、ソロでキャンプするならこの大きさで十分でしょう。869gというセット内容に比べると比較的軽いのも魅力ですね。

キャンプでおいしいコーヒーを飲むのがイイという人には

茶の湯の野点のように、寒い冬の夜に星空の下でたき火を見つめながら最高の一杯を飲みたい。しかもコーヒーで挽きたての味と香りが堪能できるようなクッカーのセットがほしい人におすすめなのが、コーヒーミルがセットに含まれているセットです。もちろん鍋もついているので、普通に煮炊きする料理は可能です。もちろん、モーニングコーヒーも最高ですね。キャンプ地で出会った人たちと一緒に飲めば、あなたはたちまち人気になるでしょう。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01IBF7XRI/ref=s9_acsd_zwish_hd_bw_b12IuF_c_x_w?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=merchandised-search-3&pf_rd_r=20VCW39T59SWH2B28X3F&pf_rd_t=101&pf_rd_p=d82da1a4-9f97-5732-9544-34f86fbb8701&pf_rd_i=15325671

コーヒー好きのためのクッカーです。鍋は1リットルまで入るソロには十分な要領のクッカーといえるでしょう。アルミ製で重量は433gとなっています。

コーヒーにこだわる人には最高のクッカーです。コーヒーを入れるためにデザインされた器具で、パーコレーターとしての機能も含まれています。コーヒー以外のお茶や紅茶などにも使えるのがいいですね。フィルターなどがなくても手軽にコーヒーを楽しめるのがポイント高いと思います。もちろん、深い鍋としても使えるのでラーメンなども作れて便利。

ソロでオートキャンプに行く人におすすめ電気で調理できるセット

オートキャンプ場では、電源が使えるところも結構普通ですよね。そんな場所では、たき火や炭火よりも手軽な電熱のヒーターがついているクッカーのセットもおすすめです。直火で焼いた肉のこおばしさなどは味わえませんが、なんといっても火の始末がいらないので、料理や食事の後始末がかなり楽です。一人だからお腹さえ満たせればいいかなっていうソロのキャンパーにおすすめです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A4%E3%82%B6%E3%83%AF-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%81%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC-%E6%9C%AC%E4%BD%93%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0A-%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%81%AA%E3%81%B9%EF%BC%88%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%83%BB%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E5%B0%82%E7%94%A8%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%81%E4%BB%98%E5%B1%9E%EF%BC%89-%E5%AE%B9%E9%87%8F1-3L-TVR21BK/dp/B006NT20YG/ref=sr_1_cc_1?s=aps&ie=UTF8&qid=1516790564&sr=1-1-catcorr&keywords=%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC

全世界対応の電源なので、海外旅行にも使えるクッカーです。ヒーターや鍋など全体で1㎏以下なので、車で移動する分には問題がないクッカーでしょう。

ソロでキャンプをする場合なら、それほど手の込んだ料理を作る気はないというけれど、キャンプは好きという人におすすめなのが電源さえあれば巻きや炭火をおこさなくてもすぐに調理ができるこのヒーター付きの器具です。専用のふたがついているどんぶりもあり、スプーンとフォークもついているのでレトルトとパックのごはんや、ラーメンなら簡単に作れます。

ソロでも焼肉や鍋を楽しみたいという、ちょっとこだわりがある人におすすめノクッカー

ソロでもそこそこおいしいものが食べたい。でも、一人で炭火をおこしてまで食べたいかというとそうでもない人には、一人用のホットプレートもいいでしょう。十分な深さがあるホットプレートはコメ料理ならパエリアやインド風炊き込みご飯のビリヤニ、各種鍋物、そして、焼き肉やホットケーキなどが作れてしまいます。けっこう万能なので、便利な調理器具といえるでしょう。

出典: https://www.amazon.co.jp/山善-YAMAZEN-着脱式ホットプレート-波型プレート-YHC-W600/dp/B00WJLIBXQ/ref=sr_1_cc_4?s=aps&ie=UTF8&qid=1516790564&sr=1-4-catcorr&keywords=トラベルクッカー

焼肉に最適の波プレートと鍋プレートが付いたセットです。重量はやや重めの1.7㎏ですが、様々な料理が可能なクッカーです。

アメリカで旅行するとき、実際にホットプレート一つで炊飯からステーキまであらゆる料理を作った経験から、ホットプレートは電源さえあれば究極の器具と思っています。オートキャンプでは電源が使えるので、これ一つあれば煮る、焼く、炊く、揚げる、蒸すのすべてが可能といえるでしょう。シガーソケットのACコンセントインバーターさえあれば、車のシガーソケットで使えるとても便利なクッカーです。

車でキャンプに行くなら、こういう選択肢もおすすめ

車であちらこちらのキャンプ場にソロで出かけることが多い人には、シガーソケット対応の電気器具もおすすめです。例えば炊飯器。キャンプ地に到着する前に無洗米とお水を注いでシガーソケットの接続しておくだけで、到着と同時にご飯が食べられてしまいます。米の飯さえ食べられるならそれで十分という人にはこれ以上のものはありません。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%8C-JPN-JR001-%E7%9B%B4%E6%B5%81%E7%82%8A%E9%A3%AF%E5%99%A8-%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%81%8F%E3%82%93-DC12V%E5%B0%82%E7%94%A8/dp/B00D65QFZU/ref=sr_1_1?s=sports&ie=UTF8&qid=1516865704&sr=8-1&keywords=%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%80%E7%82%8A%E9%A3%AF%E5%99%A8

1.5号炊くことができる炊飯器です。別売りで蒸し料理などに使う籠などのセットもあります。

最大1.5合のご飯が炊けてしまうソロのキャンプにはうってつけのサイズがいいですね。ごはんの保温もできるので、炊いてすぐ食べられないときにも重宝します。実際に利用している人は、これでインスタントラーメンなども作っているようです。実際に利用している人のレスポンスも上々で、おいしくたけたとかなりの高評価となっています。

お湯をさえあれば、ソロでキャンプができるという人におすすめ

ごはんさえあればという人よりも、さらに質素に、お湯さえあれば車で移動するソロのキャンプは何とでもなるという方におすすめなのが、電気ケトルのシガーソケット対応の器具です。これが一つあるだけでインスタントのラーメンとかスープなどカップでお湯さえあれば作れる食品はすべて対応できます。アルファ米もその一種だと思います。もちろんコーヒーや紅茶なども入れられるので、かなり便利ですね。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%88%E3%83%AB-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%83%BB%E7%A9%BA%E7%84%9A%E3%81%8D%E9%98%B2%E6%AD%A2%E6%A9%9F%E8%83%BD%E4%BB%98-Meltec-CK-673/dp/B00H3IR168/ref=pd_sim_79_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=5JE44BR87ZFZ925H09F0

12Vと24V用の2種類があるので、ご自分の車の電圧に合わせた製品を選んでください。

意外に多くの人が購入しているシガーソケット対応のケトルです。1リットルほどのお湯を沸かすことができます。時間はややかかるというレビューが多いですが、長時間のドライブでは必須アイテムと化しているとか。お湯が沸くと自動的に止まるオートストップ機能や空焚き防止機能がついているので、うっかりしていても大丈夫なのがうれしいですね。

ソロでキャンプする人には最低限必要なクッカーのセットがおすすめ

ソロでキャンプをするけれど、それほど料理にこだわりがないという人には、定番の煮炊きができる鍋と、できたものをよそって食べるボウルのセットがおすすめ。これがあればインスタントラーメンよカレーのレトルトとご飯のパック、そしてパスタ、うどん、ちょっと贅沢にしゃぶしゃぶなどの鍋物が食べられます。アルミ製が多いので軽くて持ち運びやすいのも特徴ですね。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01LZMURWF/ref=s9_acsd_top_hd_bw_b12IuF_c_x_4_w?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=merchandised-search-5&pf_rd_r=W6RESP2B37Z8558GR8A6&pf_rd_t=101&pf_rd_p=d82da1a4-9f97-5732-9544-34f86fbb8701&pf_rd_i=15325671

最低限鍋とフライパンだけのクッカーのセットで、250グラムという軽量、さらには直径で約12㎝、高さ約15㎝となっています。

このクッカーのセットだけで十分に煮るタイプの料理ができてしまいます。もちろん、しっかり油を敷けばボウルの部分でも焼き物できるでしょう。特に注目のお勧めのポイントとしては、収納するときに鍋の中にOD缶がすっぽり入るので、ガスコンロを使用する人にぴったりのサイズというのも人気のクッカーとして選ばれている理由となっています。

ちょっとワイルドに使うので、丈夫な素材のクッカーがほしい

クッカーの素材というと、アルミ化ステンレスがメインとなっていますが、その中でもちょっと異彩を放つのがチタン製のクッカーです。まず、アルミ並の軽量でありながら、その強度はかなり高いのが特徴となっています。ソロでキャンプする場合、荷物はかなりぎゅうぎゅう詰めなので、アルミの場合実際に凹んだことがあるという人は多いはず。そんな人には第3の選択肢のチタンもいいチョイスです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000AQXAI8/ref=s9_acsd_top_hd_bw_b12IuF_c_x_3_w?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=merchandised-search-5&pf_rd_r=W6RESP2B37Z8558GR8A6&pf_rd_t=101&pf_rd_p=d82da1a4-9f97-5732-9544-34f86fbb8701&pf_rd_i=15325671

この製品は、フライパン1つと鍋が2つ入っているのに重さなんと200gという超軽量。

メーカーのベルモントは、チタン製のクッカーを数種類製造しているメーカーです。チタン製は、とても軽いのですがそれでいてとても丈夫で、何といってもアルミと違って熱が伝わりにくいため煮炊きにはややエネルギーが必要なのですが、逆に唇を当ててもやけどしないという便利さがあるのが特徴です。テーブルがなく鍋からダイレクトで食べる場合には、やけどしないのでポイント高いクッカーなのです。

キャンプ用品はすべてコールマンでそろえている人にはこちらがおすすめ

テントをはじめ、その他のキャンプ用品のすべてをコールマンでそろえておきたいという人におすすめは、やはりクッカーもコールマンですね。お値段はやや高めなのですが、トップメーカーなのでヘンなものを作らないという安心感があります。それに、人は高いお金を出して買ったものの方が大切に扱うので、結果的に長持ちということも。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/product/B006WBD0M6/ref=s9_acsd_simh_hd_bw_b12IuF_c_x_w?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=merchandised-search-6&pf_rd_r=W6RESP2B37Z8558GR8A6&pf_rd_t=101&pf_rd_p=d82da1a4-9f97-5732-9544-34f86fbb8701&pf_rd_i=15325671

フライパンが16.5㎝、鍋が15.3㎝とソロキャンプのクッカーとしては若干大きめ目。価格がおよそ4000円ですが、スペックは納得です。

アルミ製で軽量ながら内側は焦げ付きにくいノンスティック加工で、外側は傷つきにくいハードアノダイズド加工、底部は滑りにくいスパイラル加工となっているこだわりは、さすがキャンプ用品で一流メーカーのクッカーといえるでしょう。フライパンと鍋、そして火他のセットとなっていますが、ソロのキャンプなら十分な器具といえますね。

ソロなので荷物は極力少なくしたい方におすすめのクッカー

キャンプ場の近くまで電車で移動するから、荷物は少ない方が理想的という方におすすめなのが、一つで複数の用途を想定したクッカーです。レトルト系を温める鍋にもなり、フライパンとして炒め物も作れて、ケトルとして使うのにふたがあれば十分という危惧があれば十分という方におすすめできます。また、中にカップなども収納できるんぽが省スペースにいいですね。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%B0-%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%99%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E7%94%A8-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AB-730mlUH-4206/dp/B01CTY3KGA/ref=sr_1_2_sspa?ie=UTF8&qid=1516925188&sr=8-2-spons&keywords=%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97&psc=1

ステンレス製なので多くの荷物と一緒に詰めてへこまないけれど、重量は255gと若干ありという感じです。

この製品は完全に発想の勝利といえます。普段自宅でも使いたくなるほどデザイン性もよくて、取っ手の部分を外して方向を変えるだけで、ケトルにもなれば、鍋にもなります。ふたもあるので風の強い日でも飛んでくるごみやほこりを防げて使いやすく、熱が逃げないので沸騰させやすいのがいいですね。人気も高く、売れ筋のクッカーです。

キャンプのタイプに合ったクッカーで、おいしくアウトドアライフ

キャンプを楽しみたい時に重要な装備はたくさんありますが、調理するための器具、クッカーは状況に合わせていろいろなチョイスが可能です。たとえば夏場にたき火をしたくない場合、電熱を使ったタイプはかなり理想的だったりします。また人数でも、家族構成でもかなり選ぶべきクッカーというものが変わってくるので、そこでベストをそろえることがアウトドアの楽しみの一つといえます。アウトドアの場合、いい食事はいいクッカーから、ですね。

nyankogumi
ライター

nyankogumi

北海道の超田舎で生まれ育ったので、遊びは普通にアウトドア、ウィンタースポーツはスキーでした。ほかにはスキューバとか、釣りとか、いろいろやってきています。元はグルメ・旅行やIT関連ライターやっていました。

Article Ranking