キャンプの朝ごはん特集!気分に合わせた簡単おすすめ朝食レシピ25選!

キャンプの朝ごはん特集!気分に合わせた簡単おすすめ朝食レシピ25選!

キャンプの一番の楽しみといえば、自然の中で食べる美味しいごはんという方も多いのではないでしょうか。夜のバーベキューは勿論ですが、朝日を浴びながら食べる朝ごはんも最高ですよね。今回は、そんなキャンプの朝ごはんにおすすめの簡単で美味しいレシピを色々集めてみました。

記事の目次

  1. 1.キャンプの朝ごはんを美味しくいただこう!
  2. 2.キャンプ場の炊事設備を確認しよう!
  3. 3.キャンプ場に持参した方がいい調理器具は?
  4. 4.キャンプの朝食を豪華にするおすすめの食材は?
  5. 5.キャンプの朝食に使えるおすすめ調味料は?
  6. 6.キャンプ朝ごはんの人気レシピ25選をご紹介!
  7. 7.【キャンプ朝ごはん①】女子受け必須!インスタ映えするサンドイッチレシピ
  8. 8.【キャンプ朝ごはん②】スキレットで作れる!お皿も兼用の朝食レシピ
  9. 9.【キャンプ朝ごはん③】子連れキャンパーに!子供が喜ぶ簡単レシピ
  10. 10.【キャンプ朝ごはん④】ほっと落ち着く定番レシピ
  11. 11.【キャンプ朝ごはん⑤】がっつり食べたい定番男めしレシピ
  12. 12.【キャンプ朝ごはん⑥】大人が食べたいこだわりの和食レシピ
  13. 13.【キャンプ朝ごはん⑦】春夏におすすめのさっぱり系朝食レシピ
  14. 14.【キャンプ朝ごはん⑧】寒い朝におすすめの身体が温まる汁物レシピ
  15. 15.【キャンプ朝ごはん⑨】夕食をリメイクして作れる時短レシピ
  16. 16.【キャンプ朝ごはん⑩】朝は楽したい人に!5分で作れる手抜きレシピ
  17. 17.キャンプの朝ごはん特集!まとめ

キャンプの朝ごはんを美味しくいただこう!

屋外で食べるというだけで、いつものメニューが美味しく感じられることってありませんか?特にキャンプ場などの自然豊かな環境での食事は、美味しい空気や緑、川の音なども手伝って普段よりもつい食が進んでしまいますよね。 でも、キャンプに行く人数や季節、メンバーが大人だけなのか子供も混じっているのかなどによって作る食事のメニューは変わってくるもの。初めてのキャンプで何を作ればいいのか分からない…という人にも参考にしてもらえるように、定番メニューからちょっとひねりのきいたメニューまで、色々なシーンで楽しめるおすすめの朝食を集めてみました。

キャンプ場の炊事設備を確認しよう!

どんな道具が使える?

キャンプ場の炊事場には、かまど、鉄板、焼き網などのバーベキューに必要な最低限の設備が整っているところもあります。オートキャンプなどで炊事場を使わない人は、手持ちのバーベキューコンロを持参しましょう。その他のキッチンツールもほとんどのキャンプ場で有料レンタルできるので、小さい子供のいるファミリーは、家からの持ち物は極力少なめにした方が身軽に動けますよ。

燃料はどうすればいい?

バーベキューといえば燃料は炭や薪をイメージしますが、LPガスやホワイトガソリンなどを用いて料理を作ることもできます。ただし、キャンプ場によっては持ち込み燃料がNGのところもあるので、準備の際にはキャンプ場の規約をよく確認してください。

キャンプ場に持参した方がいい調理器具は?

ここでは、夕食作りに必要不可欠な道具は省いて、朝食を作るのにあったら便利!という調理器具を挙げてみました。

カセットコンロ・ガスボンベ

炭火を起こす程でもない軽めの料理に役に立つのがカセットコンロ。スプレーガスの残量も確認して、ボンベは2~3本持って行くようにしましょう。ボンベの先に取りつけて使えるバーナーもあります。

PSLPGマーク取得商品| Green wood/グリーンウッド GC-TH2

Amazon
楽天

薄型で持ち運びしやすいカセットコンロ。家庭で使っている卓上コンロを持参してもOKです。

ガストーチバーナー| RMITO 炙り調理用バーナー 自動着火カセット

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

アウトドアでの火起こしに役立つバーナー。どのメーカーのボンベにも対応のものだと汎用性があります。

ミニ七輪

炭火は水をかけて消すことができないので、自然に鎮火するのを待つのに時間がかかります。大型の七輪だと使う炭の量も多くなりますが、ミニ七輪ならそれほど多く使わないので後片付けが楽です。朝食に魚の干物を焼いたり、お餅を焼いたりするのにおすすめ。固形燃料を用いれば火起こしも簡単です。

キャプテンスタッグ| バーベキュー用 グリル 焚火台 [1~2人用]M-6404

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

五徳と網が選べるので、色々な料理に利用できて便利です。従来の七輪よりも軽量で持ち運びも楽。

スキレット

最近人気のスキレットは、全体が鉄でできているため、火の回りがよいという利点があります。少人数の家族でのキャンプなら、大人と子供の人数分の小型スキレットを用意して、調理器具と盛り付け皿を兼用にすることもできます。

キャプテンスタッグ|スキレット フライパン 20cm UG-3028

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

アウトドアメーカーの定番スキレット。初心者はまずはオーソドックスな大きさのフライパンを。

ホットサンドメーカー

キャンプ朝食の定番・ホットサンドを作るのに欠かせないホットサンドメーカー。こちらの商品は、止め具部分が着脱できて2枚のフライパンとしても使用できるので、持っていて損はありません。冷凍焼きおにぎりを温めたりするのにも使えます。

IH & 直火 どちらでも使える |ホットサンドメーカー

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

IH・直火どちらも対応可能です。フッ素加工でお手入れも楽!

キャンプの朝食を豪華にするおすすめの食材は?

キャンプの朝ごはんをちょっと気がきいたものにしてくれる食材をピックアップしてみました。保存や持ち運びが楽なものが中心ですが、なかには生ものもあります。夏場はクーラーボックスに入れていき、必ず食べ切るように注意して下さいね。

スパム

キャンプのおともに欠かせないのが、スパム缶。スライスしたものを軽く焙るだけでおかずや大人のおつまみになりますし、「おにぎらず」のようにご飯に挟んで食べれば主食にもなります。細く切ったスパムを焼きそばの具にするのもおすすめ。

ツナ缶

サラダやおにぎり、サンドイッチの具に幅広く使えて大人も子供も大好きな定番のツナ缶は、1缶あると安心です。

ハム・ベーコン

夏場は鮮度が心配なので、使い切れる分だけ持参するようにしましょう。スライス済みで数枚ずつパックになっているものだと使いやすいです。

スモークサーモン

サンドイッチやピザの具、大人のお酒のおつまみとして欠かせないスモークサーモン。余ったものは火を入れてほろほろになるまで焼き、ご飯にかけたり、おにぎりの具にして使い切りましょう。

フルーツ缶

ホットケーキに添えたり、パンに挟んでフルーツサンドにしたり、何かと使えます。朝のフルーツとして食べるのも◎。

のり・梅干し

忘れがちなアイテムですが、おにぎりにしたり、お粥にのせて食べるだけでほっとします。子供のいる家庭では、ふりかけもあるといいかもしれませんね。

キャンプの朝食に使えるおすすめ調味料は?

塩、醤油、オリーブオイルなどの定番調味料のほかに、あるとキャンプの朝食がさらに美味しく食べられる逸品を選んでみました。普段はあまり使わないという人もこの機会に購入してみては?

スプレーホイップ

ごく普通のホットケーキが、ホイップクリームを添えるだけでカフェのおしゃれなメニューのようにドレスアップ!ホイップクリームと缶詰のカットフルーツをパンに挟めば、簡単にフルーツサンドも作れます。コーヒーに入れて、ウインナーコーヒー風にすることもできますね。

チョコレートシロップ・メープルシロップ

スプレーホイップと同じようにホットケーキの上にかけたり、ワッフルにかけたりして楽しめます。メープルシロップは、ヨーグルトに入れても美味しいですね。

ガーリックトーストスプレッド

食パンに塗って焼くだけでガーリックトーストが楽しめる優れもの。フランスパンを薄くスライスしたものに塗っても美味しいです。ほかに明太子やツナなどのスプレッドもあり、おすすめ。

シーズニングソルト

あらかじめバジルなどのハーブやスパイスを調合してある調味塩です。バーベキューでは鶏肉や豚肉の下味としても使えますし、朝は目玉焼きなどにかけて食べても美味しい!

キャンプ朝ごはんの人気レシピ25選をご紹介!

それでは、いよいよキャンプでの朝食におすすめのレシピを画像とともにご紹介していきます。レシピがないものは皆さんのやり方で作ってみて下さい。

【キャンプ朝ごはん①】女子受け必須!インスタ映えするサンドイッチレシピ

1-オープンサンド

ロールパンやクロワッサンを使うオープンサンドは、パンにナイフで切りこみを入れて具を挟むだけでいいのでとっても簡単!食パンのように耳を切る手間もかかりません。 画像のようにタマゴサンドやサラダサンドが食べたい場合は、レトルト惣菜を持参してもいいですね。

2-イングリッシュマフィン

イングリッシュマフィンは、そのまま軽くあぶって食べてもよし、半分に割って具をのせて食べても、食材をサンドして食べてもOKの万能食材。ベーコンや目玉焼きを挟んで食べるのが定番ですが、バーベキューの残り食材とレタスなどを上手く組み合わせて使っても。

【キャンプ朝ごはん②】スキレットで作れる!お皿も兼用の朝食レシピ

3-クロックムッシュ・クロックマダム

食パンにハムとチーズを挟み、ホワイトソースをかけて焼くクロックムッシュは、フランス・パリ発祥のカフェ朝食メニューです。 フライパンやスキレットで作れば、キャンプでもボリュームのある朝ごはんにぴったり!主食とおかずが同時に食べられて、洗い物の手間も省けます。

ちなみに、クロックマダムは、クロックムッシュの上に卵をのせて焼いたものです。目玉焼きのまま楽しんでもいいですし、つぶして焼いたものをのせてもOK。お好みに合わせてアレンジしてみて下さい。

4-ホットケーキ

ミックス粉を持参すれば、卵・牛乳なしでも作れるホットケーキ。具を入れて焼き、キッシュのようにして食べるのもおすすめ。

【キャンプ朝ごはん③】子連れキャンパーに!子供が喜ぶ簡単レシピ

5-ロングサンドイッチ

フランスパンを丸ごと1本使って作る豪快なサンドイッチ。子供の歓声が上がりそうなキャンプ向けのメニューです。カットや盛り付けの手間が省けるうえに、食べたい人が食べたい分だけちぎって食べることができます。お好きな具材で何種類かバリエーションをつけてみても面白いかも。

【材料】 バケット1本 グリーンカール8枚分 トマト4枚分 スパム4枚分 スモークサーモン4切れ クリームチーズ4切れ 【作り方】 1.バケットに15箇所切込みを入れます。真ん中、そのまた真ん中と順番に入れていくと均等にきれます 2.グリーンカール、トマト、スパム→グリーンカール、スモークサーモン、クリームチーズ 交互にはさめて完成♪

6-ホットドッグ

切れ目入りのパンとソーセージでぱぱっと作れるホットドッグはキャンプの定番ですが、こちらは、牛乳パックのストックを使って作るアウトドアならではレシピ。ホットドッグ用のパンに具材を挟んだ後、新聞紙・アルミホイルで包み、牛乳パックに入れます。ホットドッグを入れた牛乳パックが火で燃え尽きたらできあがり。大人も子供もわくわくしながら楽しめるメニューです。

【材料】 (6人分) ロールパン(大人3個 子供2個見当)18個 ウィンナー18本 キャベツ1/2個 ケチャップ適量 サラダオイル(炒め油)適量 塩コショウ適量 ■ 使用器材 牛乳パック 新聞紙 アルミホイル トング 【作り方】 1.キャベツは千切りにしてサラダオイルで炒め軽く塩コショウしておく 2.ロールパンに切り目を入れ、炒めたキャベツ、ソーセージを入れておく 3.ロールパン2つを縦に並べて新聞紙で包んでから、アルミホイルで包んだものを牛乳パックに入れる 4.牛乳パックを口を下にしてベンチに立てかけ、下から火をつける 5.火が完全に消えたら完成。ケチャップをかけてどうぞ!

7-ピザ

市販の冷凍ピザ生地にとろけるチーズと好みの具材をのせて焼くだけのピザでも、炭火のプライパンで焼けば子供達も大喜び!香ばしい匂いと焦げ目が食欲をそそります。画像では、生のバジルの代わりにバジルソースをかけていますね。

【キャンプ朝ごはん④】ほっと落ち着く定番レシピ

8-フレンチトースト

人数に合わせて作れる定番メニューのフレンチトースト。ここでは、何とプリンで作れるフレンチトーストのレシピをご紹介します。割れやすい卵の代わりに3連プリンを持参すれば、余ったらデザートにも。フランスパンで作るのもおすすめですよ!

【材料】 (食パン1枚分) 食パン1枚 プリン1個(3連プリンを使用してます) バター小さじ1 プレミアムサービス カロリー・塩分を計算 【作り方】 1プリンは箸で形をくずし混ぜる。 2バット又は大きめの皿に食パンを置きプリン半分を片面に塗り裏返して残りのプリンを塗る。両面塗ったら3分置く 3フライパンにバターを溶かしパンを入れ、両面ほどよい焼き色がついたら出来上がり。

9-ホットサンド

簡単に作れて美味しいキャンプの定番朝食といえば、ホットサンド。直火用のホットサンドメーカーと食パンを1斤持参すれば、余り食材を挟んで焼くだけでご馳走に早変わり。焼きたてを食べることができるので、肌寒い朝にも心と体をほっこり温めてくれますね。 大人も子供も大好きなメニューです。

10-焼きおにぎり

前日に白米を炊いたら、ご飯が温かいうちにおにぎりを握っておきましょう。翌日、固くなってしまっても醤油や味噌を塗って焼けば、温かい焼きおにぎりが食べられますよ。豚バラ肉が残っていたら、肉巻きおにぎりにしても美味しいです。冷凍の焼きおにぎりを持参してもOK。焦げやすいので、網で焼く場合はアルミホイルの上で焼いた方がいいかもしれません。

【キャンプ朝ごはん⑤】がっつり食べたい定番男めしレシピ

11-オイルサーディン丼

「男殺し丼」の異名ももつという大人の男性に大人気のメニュー。オイルサーディンの旨みを吸った温かいご飯が絶品です。缶詰のオイルサーディンと青ネギ、醤油があれば屋外でも簡単に作れます。朝からビールが飲みたくなってしまうかも?

【材料】 (ひとりぶん) オイルサーディン 1缶 しょう油大さじ1〜2 ねぎお好きなだけ ご飯(温かいもの)どんぶり1杯ぶん 【作り方】 1.ねぎを刻む。お好みですが、多いほうがおいしいです。 2.オイルサーディン缶の中身をオイルごと、小さめのフライパンに入れる(中火〜強火)。 3.ここらあたりでご飯を盛っておく。 4.沸騰してきたらしょう油をジューッと加え、焦げないうちにごはんの上に汁ごと乗っけ、刻みねぎをのせる 5.お好みで七味や海苔などを食べるときに加えても。

12-スパムおにぎり

朝はお米を食べないと力が出ない、という人におすすめのがっつり系朝ごはん・スパムおにぎり。スパム缶と一緒に市販の厚焼き卵を持参すれば火を使わないで簡単に作れます。多めに作っておいて、小腹が空いた時につまむのもおすすめ。

【キャンプ朝ごはん⑥】大人が食べたいこだわりの和食レシピ

13-玄米ご飯&とろろ

朝からご飯を炊くのはちょっと大変ですが、玄米ご飯は炊きたての方が美味しいので食べたい人は頑張ってチャレンジ。とろろとの相性は抜群です。バーベキューで牛タンを焼いて残しておけば、リッチな大人の朝食に。

14-白ご飯&アジの干物

アジでなくてもかまいませんが、炭火で焼く干物は絶品なので、魚嫌いの子供にも食べさせてみて下さい。旅館の朝食がグレードアップしたような美味しさです。

15-雑炊

お酒を飲みすぎた翌日におすすめの雑炊のレシピ。レトルトのふかひれスープを持参すれば、バーベキューの残り野菜と残りご飯で簡単に作れます。ご飯がなくなってしまった時のためにパックご飯があると安心ですね。お餅を入れるのも美味しそう。

【材料】(3-4人分) ふかひれスープの素市販のもの(3-4人前が多い)ごはん2-3人前 野菜なんでも適当に 三つ葉少々 卵2-3コ 【作り方】 1.野菜は昨日の残りなど適当に好きなものを食べやすい大きさに切っておきます。シメジやたけのこなど食感のあるものがオススメ。三つ葉は小口切りに。ご飯は水で洗っておきます。キャンプなら「サトウのご飯」等を使うと手間いらず。 2.ふかひれスープの素に水を入れて、野菜と一緒に煮ます。水の量はスープの素に書いてある作り方を参考に。野菜がやわらかくなったら、洗ったご飯を入れてひと煮立ち。もし、スープの量が野菜やご飯に比べ少ないようでしたら、水と固形スープを足してゴマカス。 3.とき卵を入れて、さっとまぜたら、少し卵がまとまるまで待って完成。 食べる直前に、三つ葉を入れてください。

【キャンプ朝ごはん⑦】春夏におすすめのさっぱり系朝食レシピ

16-トマトの冷製パスタ

ツナ缶とトマトで簡単に作れる冷たいパスタ。パスタはなるべく細めのものを使った方が具材とからみやすく、美味しいです。モッツアレラチーズやハーブを散らすと、彩りもキレイで食欲をそそります。生トマトを持って行くのが面倒なら、カットトマトの缶詰を持参すれば手軽ですね。

【材料】 (2人分) パスタ2束 トマト1個 シーチキン1缶 ■ 調味料 オリーブオイル 約大さじ3 クレイジーソルト 適量 ブラックペッパー適量 乾燥バジル 生でもOK適量 【作り方】 1.鍋に塩を入れパスタを茹でていく。 2.パスタを茹でている間にトマトを食べやすい大きさにカットしボールに入れていく。 3.シーチキンの油を捨てトマトを入れたボールに入れていく 4.調味料をボールにオリーブオイル、クレイジーソルト、ブラックペッパー、バジルを入れてあえていく。 5.パスタが茹で上がったらザルにとり、氷と冷水でしめていく。 6.パスタをよく水を切り、先ほどのボールに入れ、あえて完成です。 7.盛り付けは皿にパスタを先に乗せトマトをバランスよく盛り付けてやるとオシャレです。

17-ぶっかけうどん

ゆででから冷たい水で冷やしたうどんに、バーベキューの残りの薄切り牛肉や、納豆、オクラ、なめこ、ワカメなどお好みの具材をのせてつゆをかけて食べます。うどんが熱いうちに溶きほぐした卵をからめれば、釜玉うどんにも。

【キャンプ朝ごはん⑧】寒い朝におすすめの身体が温まる汁物レシピ

18-キャベツとベーコンのスープ

キャベツを細かく切らずに丸ごと入れてことこと煮込むスープ。前日の炭火が残っているうちに仕掛けておくのもおすすめです。ベーコンはカット済みのものを使えば手間が省けます。ジャガイモを入れてボリュームUPするのもいいですね。

【材料】 (4人分) キャベツ1/2 ベーコン適量 水適量 塩・胡椒適量 【作り方】 1.ベーコンを2センチ角に切ります。 2.キャベツの芯を切り抜きます。 3.「油を引かず」に、ベーコンを軽く炒めます。 4.キャベツを丸ごと入れ、水を8割程注ぎます。 5.30分程中火で煮込んでキャベツがトロトロになったら、塩・胡椒で味を整えて完成です。

19-プデチゲ

大人だけのキャンプにおすすめなのがキムチをたっぷり使った辛い「プデチゲ」。もとは韓国の軍隊で食べられていたメニューとあって、アウトドアとの相性もぴったり。野菜、肉、麺の栄養バランスもよく、つい食べ過ぎてしまいそうですね。

【材料】 (4人分) キムチ150g にら1束 スパムまたは魚肉ソーセージ200g にんじん1/2本 たまねぎ1個 えのきだけ1袋 豚肉切り落とし150g 豆もやし1袋 煮干しのだし汁1000ml インスタントラーメン2〜3袋 とろけるチーズ2〜3枚 ごま油 適量 ■ 【合わせ調味料】 煮干しのだし汁大さじ2 一味唐辛子 小さじ1 酒大さじ2 にんにく(みじん切り) 大さじ1 しょうゆ大さじ1 【作り方】 1.今回のおすすめ食材は、「トップバリュ 3種の魚介の旨み 熟成キムチ」、にらです。 2.スパムは5mm幅に、その他の野菜は食べやすい大きさに切る。合わせ調味料用の材料は混ぜ合わせておく。 3.鍋にごま油をひき、キムチの半量を2〜3分炒める。ひと口大に切った豚肉を加えて、色が変わるまで炒める。 4.<3>に煮干しのだし汁を加え、沸騰したら約10分煮る。 5.<4>に合わせ調味料を入れて溶く。インスタントラーメンを入れたら周りに野菜とスパムを加えて、火が通るまで煮る。 6.仕上げにチーズと残りのキムチをのせて、チーズがとろけてきたら、いただく。

20-豚汁うどん

豚汁の具を何種類も用意するのは大変なので、レトルトの水煮具材を使って簡単に作りましょう。こんにゃく、油揚げなどが入ったセットもあります。豚肉はバーベキューの肉から豚汁用に取り分けておいて、鍋で少し炒めてからだし汁で煮込むとコクが出ます。具材に火が通ったら味噌で味付けし、うどんを投入します。

【キャンプ朝ごはん⑨】夕食をリメイクして作れる時短レシピ

21-カレーうどん

子供に人気のカレーも、2食続けて食べるとなるとちょっと…と思うことはあるもの。でも、夕飯の残りのカレーの鍋を水で薄め、調味料や具材を足して作るカレーうどんなら、目先も変わって美味しく頂けます。水溶き片栗粉を加えるととろみが出ますよ。

22-ライスバーガー

夕飯に炊いたご飯が大量に余っていたら、ちょっと手を加えたこんなメニューはいかがですか?バーベキューで残った焼き肉やスライスチーズ、野菜などを挟んだりとアレンジも楽しめそうですね。

【材料】(3個分) 残ったご飯約1.5合分 片栗粉 大さじ2 ごま油 大さじ1 レトルトきんぴらごぼう適量 サラダチキン1枚 【作り方】 1.残っているご飯に片栗粉を混ぜて、おにぎりのように握ってから潰す。丸い平らなバンズを作る。 2.フライパンにごま油を敷いて、中火で焼く。 3.焼いている間に、サラダチキンをそぎ切りにする。きんぴらごぼうも封を開けておく。 4.焦げ目がついたら、バンズの完成。きんぴらごぼうとサラダチキンを挟んで完成(*´꒳`*)

23-そばめしチャーハン

前日に鉄板で作った焼きそばが残っている場合は、ロールパンに挟んで焼きそばパンにするのが定番ですが、焼きそばを細かく刻んでご飯と混ぜて炒める「そばめしチャーハン」にするのもおすすめ。鉄板は焦げた具をこそぎ落としてからチャーハン作りに使い、その後で洗い流せば鉄板を洗う手間も一度で済みます。

【材料】 残った焼きそば適量 ご飯焼きそばと同じくらいの量 ウスターソース 適量(ご飯1杯につき大さじ1程度) しょうゆ少々 【作り方】 1.フライパンに油を敷き、焼きそばとご飯を炒める。 2.焼きそばの麺を切るように炒め、ご飯とよく混ざったら、しょうゆを回しかけウスターソースを加える。

【キャンプ朝ごはん⑩】朝は楽したい人に!5分で作れる手抜きレシピ

24-肉まん

最近話題になっているのが、ホットサンドメーカーで市販の肉まんを焼くという方法。外側がカリッと、内側はジューシーでおやきのような味わいが楽しめるそうです。くれぐれも焦がさないように注意して下さいね!

25-鍋焼きうどん

よくスーパーやドラッグストアで売っているアルミホイルの直火OKの鍋焼きうどん。安いお店だと100円前後で買えますが、これがキャンプでは大活躍! 水を入れて弱火にかけるだけで、5分で鍋焼きうどんの完成です。卵や天かすなどを入れればさらに豪華な朝食に。常温保存できるので、余った時も安心ですね。

キャンプの朝ごはん特集!まとめ

キャンプのおすすめ朝食メニュー、いかがだったでしょうか?キャンプではどうしても夕食メインに食材選びをしてしまい、朝食は余ったものを食べればいいや、と思ってしまう人も多いと思いますが、あえて朝食のために別の食材を持参したり、具材になるものを夜のうちに調理しておくというのもキャンプ朝ごはんを楽しむ秘けつです。大自然のなかでゆっくりと朝食を満喫して下さいね。

atsugon
ライター

atsugon

子供にお金がかかる年齢になってきましたが、節約しつつもたまにはレジャーがしたい!と思っている2児の母。夏は家族旅行も兼ねてのお手軽キャンプ、冬は日帰りでスノボに行きます。ガーデニング、DIY経験も10年弱。自分のアウトドア体験を元に「読んで良かった!」と思って頂けることがひとつでもあるような丁寧な記事作りを心がけています。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking