検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

軽量!ソロテントのおすすめ10選!初めての選び方と設営方法もご紹介!

ひとりで楽しむ「ソロキャンプ」を知っていますか?ソロキャンプに必要な、ソロテントの初めての選び方と設営方法についてくわしくご紹介します。ソロテントは軽量タイプもあり、ツーリングにも最適です。ソロテントのおすすめ10選もたっぷりご紹介します!
2020年8月27日
なかゆの

ソロテントとは

キャンプやアウトドアシーンに欠かすことのできないアイテムの1つに、テントがあります。キャンプは大勢でにぎやかに楽しむことが多いでしょう。しかし、準備が大変だったり、予定を合わせることが難しかったりするため、気軽に楽しむことができないのではないでしょうか。そこでおすすめするのは「ソロキャンプ」です。

気軽に楽しめる


ソロキャンプとは、ひとりで楽しむキャンプのことです。ソロキャンプをするということは、自分だけの休みに合わせてキャンプをすることができます。ソロキャンプは思い立ったその時に、出発することも可能です。キャンプをすると、たくさんの荷物や大きなテントが必要ですが、ソロキャンプの場合には「ソロテント」を用意するだけでOKです。ひとり用のサイズのテントのことを「ソロテント」といいます。ソロキャンプはひとりで楽しむキャンプです。準備が必要なテントも、大型のテントではなく、ソロサイズで十分楽しむことができます。

ソロテントの選び方1・時期と場所

ソロキャンプの必須アイテムのソロテントの選び方は、キャンプを行う時期と場所によっておすすめポイントが異なります。夏にソロキャンプを楽しむ場合には、通気性や涼しく過ごすための機能を重視する必要があります。冬にソロキャンプを楽しむ場合には、防寒や保温性をチェックしましょう。 ソロテントを選ぶおすすめポイントには、ソロキャンプをどこでするかという場所も重要なポイントです。登山でソロテントを使うなら、強い風にも耐えることができるように、頑丈であることや、背負って運ぶことを考えて軽量性も重視しなければなりません。いつ、どこでソロキャンプをしたいのかを、考えてみることをおすすめします。

ソロテントの選び方2・設営が簡単


ソロテントを使う時は多くの場合はひとりでテントを設営しなければなりません。テントの設営に慣れていても、ひとりで行う時には難しいと感じることがあるでしょう。また、テント設営にあまり時間がかかってしまうと、ゆったりくつろぐ時間が少なくなってしまいます。ソロキャンプでソロテントを使うことに慣れていなかったり、キャンプ初心者だったりする場合には、テントの設営方法が簡単なソロテントを選びましょう。

ダブルウォールテント

ダブルウォールテントは、内側にインナーテントと呼ばれるテントを設置します。インナーテントの外側に、フライシートと呼ばれるシートをセットするテントのことです。フライシートは外からの風や雨をしっかりと防いでくれる効果が期待できます。フライシートがあることで、テント内の結露が起こりにくかったり、前室というスペースを確保したりすることができます。

シングルウォールテント


シングルウォールテントは、1枚のシートで構成されているテントのことです。透湿防水性といって、内側の湿気は外に逃しながら、外側からの風や雨から守る機能を発揮する素材です。シングルウォールテントはシートの数が少ないことで、持ち運ぶ場合には軽量です。

初心者におすすめはダブルウォールテント

軽量で設営が簡単なシングルウォールテントですが、初心者の場合にはダブルウォールテントをおすすめします。ダブルウォールテントは、防水性や保温性が高いため初心者向きです。アウトドアは天気の変わりやすさも考慮しなければならないため、もしも天候が悪くなっても安心してテントにいられるように、ダブルウォールテントがおすすめです。

ソロテントの選び方3・軽量でコンパクト

ソロキャンプは、テントの設営の他に荷物の運搬もひとりで行うのが基本です。そのため、テントが軽量でコンパクトなほど、運ぶことが楽です。オートキャンプ場へ車で行く場合にはそれほど軽量やコンパクトなことを重要視しなくても良いでしょう。しかし、徒歩や登山を行う場合には、少しの重みの差が疲労に繋がります。 また、自転車やバイクで移動する場合には、徒歩の場合よりも軽量ではなくても良いですが、コンパクトに収納できるテントをおすすめします。

ソロテントの選び方4・サイズ

ソロテントは自分のサイズに合わせて選びましょう。コンパクトで軽量なソロテントを選んでも、寝転んだときに足を伸ばせなかったり、荷物を置いたら寝るスペースが足りなくなったりしないように選ぶことをおすすめします。 テントの中で過ごす時間も、サイズ選びの際には考慮することをおすすめします。テントの中で滞在する時間が長ければ、ゆったりできるサイズを選びましょう。

ソロテントの選び方5・前室

ソロテントには、前室というスペースを作ることができます。前室とは、ダブルウォールテントを使用した場合に確保することができるスペースです。 インナーテントとフライシートの間にできるスペースのことで、靴を置いたり、広さによっては自転車やバイクを置いたりすることもできます。 前室のスペースを確保したい場合には、ダブルウォールテントを選びましょう。

ソロテントの代表的な設営方法

ソロテントには、ダブルウォールテントとシングルウォールテントのタイプがあることをご紹介しました。ダブルウォールテントとシングルウォールテントというタイプの中に、さらにいくつかの設営方法があります。ソロテントを設営するための、代表的な方法をご紹介します。

自立式

ポールを使って自立するタイプのテントのことです。ポールを使うだけで、基本的なテントの形が完成します。安定させたり、固定させたりするためにペグを使いますが、ペグがなくてもテントの形をキープすることが可能です。

非自立式

数か所を引っ張ることでテントを立てるタイプが、非自立式といいます。非自立式のテントは軽量というメリットがあります。デメリットとしては、設営する場所にペグを打つ必要があるため、ペグが打てるかどうか確認する必要があります。また、設営には手間や時間がかかるため、初心者の場合は練習をしてからキャンプを行うことをおすすめします。

ソロテントのタイプ

自立式と非自立式に分かれるソロテントですが、その中でもいろいろなタイプのソロテントがあります。ソロキャンプを楽しむ場所や目的に合わせてテントを選ぶことをおすすめします。テントを設営する時間を短縮したり、簡単にテントを設営したりしたい場合には、設営が簡単なソロテントもあります。 ワンタッチタイプやポップアップタイプ、ワンポールテントなど、いろいろな種類のソロテントのタイプをご紹介します。

ワンタッチタイプ

ワンタッチタイプのテントは、折り畳み傘のように畳まれているテントです。4本のポールを開くことで、ひとりでも簡単にテントを設営することが可能です。

ポップアップテント

ポップアップテントは、収納のためのケースやカバーから取り出すだけで、あとは開くと設営が完了するとても簡単なソロテントです。形状記憶が施されたワイヤーが使用されているため、テントを開くだけで設営ができます。

ワンポールテント

ワンポールテントは、柱となるポールを立てて組み立てタイプのテントです。三角すいの形になるのが特徴的です。ワンポールテントは、非自立式タイプのテントのため、ペグを使って固定させる作業が必要です。 ワンポールテントは、ビジュアルにインパクトがあります。カラーやデザインに特徴があるため、オリジナリティを楽しみたい場合におすすめです。

おすすめのソロテント1/10・コールマン・ツーリングドーム

コールマン・ツーリングドーム

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

コールマン・ツーリングドームテントは、前室のサイズが広いテントです。前室を重視した選び方の場合にはおすすめのソロテントです。広い前室の機能を十分に使用することができます。

おすすめのソロテント2/10・キャプテンスタッグ・ツーリングテント

キャプテンスタッグ・ツーリングテント

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

キャプテンスタッグのツーリングテントは、前室のスペースが確保できます。コンパクトサイズのソロテントの選び方をする場合には、おすすめのソロテントです。紫外線をカットする機能が装備されています。

おすすめのソロテント3/10・ノースイーグル・ツーリングドーム

ノースイーグル・ツーリングドーム

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ノースイーグル・ツーリングドームは、収納がコンパクトサイズという特徴があります。収納サイズは幅が約38cmほどにコンパクトになる機能があります。 インナーテントには、開閉できるメッシュ窓がついていて、機能的なソロテントです。

おすすめのソロテント4/10・バンドック・ソロドーム

バンドック・ソロドーム

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

バンドックのソロドームは、コンパクトサイズで多機能のソロテントです。インナーテントは、オールメッシュで作られています。また、ランタン用のフックや、ポケットなどの機能が搭載されています。 折り畳んで、コンパクトサイズに収納することができます。

おすすめのソロテント5/10・ロゴス・ツーリングドーム

ロゴス・ツーリングドーム

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ロゴス・ツーリングドームは、組み立てが簡単なソロテントです。収納用のバックが付属されているため、持ち運びも簡単に行うことができます。 フライシートでインナーテント全体を覆わないため、通気性が良いという特徴があります。

おすすめのソロテント6/10・ディーオーディー・ワンタッチテント

ディーオーディー・ワンタッチテント

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ディーオーディーのワンタッチテントは、その名前の通りに紐を引くだけで簡単にテントを設営することができます。テントを設営する時間が大幅に短縮されます。テントの設営に時間をかけたくない場合におすすめです。

おすすめのソロテント7/10・ディーオーディー・ライダーズワンタッチテント

ディーオーディー・ライダーズワンタッチテント

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ディーオーディー・ライダーズワンタッチテントは、紐を引くだけで簡単にテントを設営できる、ワンタッチタイプのテントです。バイクに積みやすいように作られていて、収納も考慮されています。 ワンタッチで設営時間を短縮することができるため、おすすめのソロテントです。

おすすめのソロテント8/10・コールマン・ポップアップテント

コールマン・ポップアップテント

出典: Amazon

コールマン・ポップアップテントは広げるだけでテントが設営できます。収納バッグから取り出すだけで、すぐに簡単にテントを設営することが可能です。

おすすめのソロテント9/10・バンドック・ワンポールテント

バンドック・ワンポールテント

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

バンドック・ワンポールテントは、ポールを立てることで設営できるテントです。インナーシートとフライシートが一体化されているため、簡単に設営することができます。収納用のケースが付属されています。

おすすめのソロテント10/10・Lixada・超軽量テント

Lixada・超軽量テント

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

Lixada・軽量テントは、両面をシリコーンコーティングされたナイロン生地を使用して作られています。コンパクトに収納できることと、軽量が特徴のソロテントです。

ソロキャンプを楽しみましょう

ソロテントの選び方と、ソロテントの種類について、おわかりいただけたでしょうか。ソロキャンプは、周りの都合や時間に合わせることなく、ゆったりとひとりでアウトドアを楽しむためのものです。ソロキャンプは、価格的にも抑えられソロテントと最低限のアウトドアグッズさえあれば、いつでもキャンプに出発することができます。 ひとりで楽しむアウトドアは、大人ならではの贅沢な時間の使い方ではないでしょうか。人気のソロテントを持って、ソロキャンプを楽しんでみましょう。