こんなに軽い?!ビッグアグネスの超軽量テントおすすめ8選とその魅力!のイメージ

こんなに軽い?!ビッグアグネスの超軽量テントおすすめ8選とその魅力!

ビッグアグネスのテントが超軽量だと話題になっています。テントはキャンプ用品の中でも比較的重く、登山用の山岳テントをお探しの方や自転車や徒歩でキャンプをする方は1gでも軽いテントを選びたいですよね。そこで今回はビッグアグネスのおすすめの超軽量テントをご紹介します

2019年06月24日更新

おりょう
おりょう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ビッグアグネスのテントって?
  2. ビッグアグネスの超軽量おすすめテント①
  3. ビッグアグネスの超軽量おすすめテント②
  4. ビッグアグネスの超軽量おすすめテント③
  5. ビッグアグネスの超軽量おすすめテント④
  6. ビッグアグネスの超軽量おすすめテント⑤
  7. ビッグアグネスの超軽量おすすめテント⑥
  8. ビッグアグネスの超軽量おすすめテント⑦
  9. ビッグアグネスの超軽量おすすめテント⑧
  10. キャンプをより快適にするためのおすすめのタープ
  11. まとめ

ビッグアグネスのテントって?

ビッグアグネスとは

ビッグアグネスは2001年に設立されたアメリカ・コロラド州にある比較的まだ若いアウトドアブランドです。ビッグアグネスの最大の特徴は機能的で斬新なデザインそして、圧倒的に超軽量であるということです。山岳テントとして重要な機能、快適性は残しつつ軽量化に成功しているという高い技術力が魅力で、利用者からも非常に評判が高く、キャンプ初心者から登山用の山岳テントを探しているという熟練者まで幅広くおすすめできるブランドです。

bigagnes_japanさんの投稿
26369256 176256593106201 2062678706991661056 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

テントを選ぶ基準

テントに求められる条件は、登山用の山岳テントであれば、厳しい天候に見舞われることもある山での強い風にも負けない耐久性と激しい雨が降っても水没しない耐水性が求められます。またテントが軽量であることも大切な条件で、登山ではテントやシェラフやクッカー、食料、上着、着替えなどたくさんのものをバックパックに詰めて背負うのでテントが軽量であるということは非常に重要です。 キャンプ用のテントであれば、耐久性や耐水性に加え、前室などの快適な住居スペースがあることが求められます。そしてビッグアグネスはそれらの要件すべてをみたしています。耐久性と快適性に加え、非常に軽いテントが多く、少しでも荷物を軽量化したい、登山者の方や徒歩や自転車で旅をされる方にはとてもビッグアグネスのテントはおすすめです。

katsumushi407さんの投稿
19228793 1717767688516848 1273745033496887296 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ビッグアグネスの超軽量おすすめテント①

ikhwansetiawan_さんの投稿
11417224 1706014796286085 1887750132 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

フライクリークHV UL1(1人用テント)

ビッグアグネス| THVFLY116・フライクリークHV UL1

使用サイズ:218cmx97cm~71cmx97cm 収納サイズ:13cm×33cm(ポール別収納:45cm) 総重量:1040 g 51,840円(2018/8/31現在)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

フライクリークシリーズはビッグアグネスのテントの中でも特に軽量化に特化したフラッグシップモデルで自立型の山岳テントです。「フライクリークHV UL1EX」はフライフリークシリーズの一人用モデルで総重量はたったの1040 g。他のメーカーの1人用テントの総重量は1800g~3500g程度のものが多く、1人用テントの中でも最軽量です。軽いだけでなく、広さもそれなりに確保されており、快適に過ごすことができる評判の高いテントです。

フライクリークHV UL1EX│フライクリークLX・EXシリーズ(日本仕様)│BigAgnes(ビッグアグネス)│株式会社ケンコー社

ビッグアグネスの超軽量おすすめテント②

pjohnsongluさんの投稿
17333159 1128043110639550 5895401908696252416 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ラトルスネイクSL1 mtnGLO(1人用テント)

出典: http://www.kenkosya.com

ラトルスネイクSL1 mtnGLO

使用サイズ:229cmx109cm~76cmx94cm
収納サイズ:15cm×46cm(ポール別収納:45cm)
総重量:1360/1560 g
41,040円(2018/1/23現在)

「ラトルスネイクSL1 mtnGLO」は自立型の山岳テントです。登山からキャンプまで幅広く使用できるモデルです。最大の特徴はmtnGLOというLED照明がテント内の天井の縫い目部分に組み込まれていることです。LED照明の明かりをつければ夜でも快適に過ごすことができます。室内でランタンなどを照明を用意することがなく、照明道具の用意を減らすことができます。また1人用テントにしては比較的室内が広く、また重量も軽いです。快適性が高い1人用テントということで評判が高く、おすすめです。

ラトルスネイクSL1 mtnGLO│スーパーライト・バックパッキング│BigAgnes(ビッグアグネス)│株式会社ケンコー社

ビッグアグネスの超軽量おすすめテント③

katazukenenoさんの投稿
18381957 847695032047572 5143403115701075968 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

フライクリークHV UL2EX(2人用テント)

ビッグアグネス| テント フライクリークHV UL2EX

使用サイズ:218cmx132cm~107cmx102cm 収納サイズ:14cm×35cm(ポール別収納:45cm) 総重量:1160 g 57,240円(2018/8/31現在)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

「フライクリークHV UL2EX」はフライクリークシリーズの2人用モデルの自立型山岳テントで、総重量は1160 gです。1人用モデルが 1040 gですので、増量はたったの120gと非常に軽い2人用テントです。ちなみに他のメーカーの2人用テントの総重量は2000㎏~3500㎏程度が多いので比べると圧倒的に軽いことがわかります。幅と奥行きもしっかり確保されており、余裕で二人が横になることができます。 特徴的なデザインをしており、キャンプ場でも目立ちますので非常に見つけやすいです。機能性以外にも変わったテントを探している方にもおすすめです。

フライクリークHV UL2EX│フライクリークLX・EXシリーズ(日本仕様)│BigAgnes(ビッグアグネス)│株式会社ケンコー社

ビッグアグネスの超軽量おすすめテント④

kenkosyaさんの投稿
22280180 165924730657104 2549297453656440832 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

コッパースプールHV UL2(2人用テント)

ビッグアグネス| コッパースプールHV UL2

使用サイズ:224cmx132cm~107cmx104cm 収納サイズ:10cm×50cm 総重量:1300/1470 g 63,720円(2018/8/31現在)

楽天で詳細を見る

ベストセラーを受賞したこともあるコッパースプールシリーズの2人用の自立型山岳テントで軽いだけでなく快適性にも特化しています。。インナーメッシュ素材を使用しており、通気性がよく、夏場を中心に登山、キャンプなど幅広く活躍します。就寝時の頭を置くところに収納スペースがあり、携帯電話などの小物を入れることができたり、玄関部分が大きく開き、出入りがしやすいなどテント内で快適に過ごせると非常に評判が高いです。

コッパースプールHV UL2│ウルトラライト・バックパッキング│BigAgnes(ビッグアグネス)│株式会社ケンコー社

ビッグアグネスの超軽量おすすめテント⑤

kenkosyaさんの投稿
20393715 494031600947083 4420177678716370944 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

フライクリークHV UL3(3人用テント)

ビッグアグネス|テント フライクリークHV UL3

使用サイズ:224cmx168cm~152cmx104cm 収納サイズ:11cm×50cm 総重量:1330/1500 g 63,720円(2018/8/31現在)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

「フライクリークHV UL3」はフライクリークシリーズの3人用自立型山岳テントです。他のメーカーの3人用のテントは2500㎏~6000㎏程度のものが多い中、「フライクリークHV UL3」の総重量は1500 gと最も軽いテントの一つです。 骨組みとなるポールは一つにつながっているので、組み立ての経験がない人でも簡単です。またメッシュ素材を使用しており、夏の時期は特に快適に暮らせます。入り口付近と上部にいくつか収納スペースがあり、3人分の小物を収納することができます。機能性、快適性が高く、とにかく軽いので複数人で登山するときにはすごくおすすめのテントです。

フライクリークHV UL3│ウルトラライト・バックパッキング│BigAgnes(ビッグアグネス)│株式会社ケンコー社

ビッグアグネスの超軽量おすすめテント⑥

greyson_goes_outsideさんの投稿
14606931 1008697145943249 5525889598590287872 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

テンスリープステーション4(4人用テント)

ビッグアグネス| TTSS416・テンスリープステーション4

使用サイズ:254cmx244cm~208cmx173cm 収納サイズ:12cm×38cm×68cm 総重量:6070/6660 g 40,176円(2018/8/31現在)

楽天で詳細を見る

「テンスリープステーション4」は自立型の4人用テントです。 前室が広々としており、椅子やテーブルを置けば家族でゆったりとしたひと時を過ごすことができます。テントの中はメッシュ素材を多く使用しており、通気性が非常に高く、4人がなか入っていても蒸し暑さを感じることはなく、夜も快適な眠りにつくことができます。デザインも可愛らしくキャンプ場でもすぐ見つけられる評判の高いファミリーテントです。

テンスリープステーション4│カー&ベースキャンプ│BigAgnes(ビッグアグネス)│株式会社ケンコー社

ビッグアグネスの超軽量おすすめテント⑦

raligurasさんの投稿
19622948 101295493851325 747228364229574656 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ビッグハウス4(4人用テント)

出典: http://www.kenkosya.com

ビッグハウス4

使用サイズ:218cmx236cmx152cm
収納サイズ:18cm×60cm
総重量:3740/4030g
42,120円(2018/1/23現在)

「ビッグハウス4」は4人用の自立型テントで、大きすぎず小さすぎないサイズ感が魅力です。少し大きめのテントが欲しいカップルやコンパクトなテントが欲しい家族に評判の良いテントです。テント内には小物置きとなるストレージが2つ設置されていて機能性も充実しています。コンパクトな代わりに前室となる部分がかなり小さいので、タープを用意することでより快適に過ごすことができます。

ビッグハウス4│カー&ベースキャンプ│BigAgnes(ビッグアグネス)│株式会社ケンコー社

ビッグアグネスの超軽量おすすめテント⑧

takibi.campさんの投稿
13126744 570497426453341 1309789246 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ビッグハウス6デラックス(6人用テント)

ビッグアグネス| ビッグハウス 6 デラックス

使用サイズ:244cmx285cmx198cm 収納サイズ:20cm×32cm×61cm 総重量:5730/6210 g 20,520円(2018/8/31現在)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

「ビッグハウス6デラックス」は6人用の自立型テントで、高さが198cmもあり、テント内でも、腰をかがめることなく、窮屈感を一切感じず開放的な空間を過ごすことができます。大人数でキャンプを行う方から評判が高く、オプションのベスティブール(税込価格 20,520円)を取り付けることで前室に広い空間を確保することができ、より快適に過ごすことができるようになります。

ビッグハウス6デラックス│カー&ベースキャンプ│BigAgnes(ビッグアグネス)│株式会社ケンコー社

キャンプをより快適にするためのおすすめのタープ

joinearth230さんの投稿
14730520 172189343242302 2253256404599046144 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ディープクリークタープ S

ビッグアグネス| テント ディープクリークタープS

使用サイズ:422cmx422cmx193cm 収納サイズ:10cm×11cm×74cm 総重量 1900/2410 g 25,920円(2018/8/31現在)

Amazonで詳細を見る

「ディープクリークタープ」は柱となるポールが2本のみの独特な形をしていて可愛らしいデザインをしたタープです。 テントの中には前室がないものもあるので、その場合はタープを用意することをおすすめします。タープを用意することでタープの下でご飯を食べたり、お昼寝をしたり、みんなで談笑することができます。キャンプならではの風の心地よさや解放感を感じることができたりと、キャンプより一層楽しむことができます。アレンジ次第で活用の仕方は様々なので、自分に合った使い方を探してみてください。

ディープクリークタープ S│カー&ベースキャンプ│BigAgnes(ビッグアグネス)│株式会社ケンコー社

まとめ

ここまでご紹介したビッグアグネスの超軽量テントはいかがでしたか?1人用のソロ向けのテントから6人用のファミリー向けのテントまで幅広くラインナップがあり、どれも非常に軽量なテントばかりです。中でも特に軽いフライクリークシリーズは軽量であることに加え、耐久性も高く、持ち運びが便利で登山者の方からの評判が非常に高いです。ビッグアグネスのテントは山岳用だけでなくキャンプ用としても利用できるものが多く、幅広く利用ができます。テントの購入を検討している方は是非ビッグアグネスのテントもチェックしてみてください!

kenkosyaさんの投稿
14562004 651725448322983 7248032993065828352 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ