エスビットのポケットストーブを使いこなせ!特徴と上手な炊飯方法をご紹介!のイメージ

エスビットのポケットストーブを使いこなせ!特徴と上手な炊飯方法をご紹介!

手軽な形でコンロを用意したいならエスビットのポケットストーブ。ミリタリー向け固形燃料の「エスビット」とポケットストーブの組み合わせによるコンパクトなコンロに。キャンプだけでなく防災用品としても役立つその使い方をご紹介いたします。

2020年06月06日更新

amarunba
amarunba
自動車整備士資格を持っています。自動車で楽しむ物を中心に様々レジャーの楽しさをお伝えできればと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ポケットストーブは「もう一品分」のコンロ
  2. エスビットのポケットストーブは持ち運びも簡単
  3. エスビットとはなんだ?
  4. エスビットのポケットストーブ スタンダード
  5. エスビットのポケットストーブ ミリタリー
  6. エスビット ポケットストーブ ラージ
  7. エスビットのポケットストーブの使い方
  8. エスビットのポケットストーブの弱点:風
  9. エスビットのポケットストーブの弱点:固形燃料
  10. エスビットのポケットストーブを使い易くする小物
  11. トランギア メスティン TR-210
  12. トランギア ラージメスティン TR-209
  13. メスティンを使う前に
  14. メスティンで炊飯
  15. メスティン 応用編
  16. エスビットのポケットストーブをもっと使おう!
  17. 無駄をそぎ落とした機能美

ポケットストーブは「もう一品分」のコンロ

旅館とか料亭で見かけるアレを使いたい

皆さん「1人分の鍋料理」とかに使う小型の卓上コンロってご存知でしょうか?卓上コンロと言われても、カセットボンベの方を思い浮かべてしまうと思いますが、ここで言ってるコンロとは上記の画像のような旅館や料亭で提供される鍋料理などで使われる固形燃料を用いたものです。

炭火コンロなら

炭火を使うのなら飛騨コンロとかですね。七輪と同じ珪藻土製。 ただ、これらは屋内で使う分にはコンパクトでも、屋外に持ち運ぶとなると大きく感じます。同じ熱源を用いることができるもっとコンパクトなコンロがキャンプなどでは求められると思います。

エスビットのポケットストーブは持ち運びも簡単

こう見えてミリタリー用品

そんなわけで、今回紹介するのがこの「エスビットのポケットストーブ」です。 タバコのパッケージから分かるかと思いますが、少し大きめのカードケース程であり本当にポケットに入る大きさというコンパクト設計。ドイツなどのヨーロッパ諸国の軍隊でも採用されています。

メスティンとの相性が良い

これがまたメスティンと言う飯盒との相性がバツグン。このメスティンで炊飯はもちろんできるのですが、日本で見られる炊飯特化型とは違い、取っ手付きのマルチクッカーとしての役割も果たしています。こちらも含めて紹介していきたいと思います。

エスビットとはなんだ?

元々は固形燃料の名称

ブランド名としての意味もあるのですが、本来は固形燃料の頭文字から取った名称であり、固形燃料の名前です。一応商標ではあるのですが、既に一般名詞化されてしまっていて同様の白いタブレット状の固形燃料を指すこともあります。 このエスビットの固形燃料ですが、大きく分けて二つのモデルが存在します。それが「スタンダード」と「ミリタリー」となります。

エスビットのポケットストーブ スタンダード

短期間での使用ならスタンダードのエスビット固形燃料

Esbit(エスビット) ポケットストーブスタンダード
楽天で詳細を見る

折りたたみ式のポケットストーブです。収納寸法で98×77×23mmのコンパクトサイズ。中にスタンダードのエスビット固形燃料を収納可能です。 左右の五徳に相当する部分なのですが、こちらは45度ぐらいの角度での固定も可能です。少々安定性は悪くなりますが、小さめの物を温める場合などは45度の状態で使うのが便利。

Esbit(エスビット) 固形燃料スタンダード(4g×20個入)
楽天で詳細を見る

こちらが付属するスタンダードのエスビット固形燃料。スタンダードは1つ4gとなっており、燃焼時間は1つで4~5分程度。 外箱のフィルム以外は包装されていません。なので、スタンダードのエスビット固形燃料は開封するとバラバラーっと出てきます。湿気による影響は殆ど無いとされるのですが砕けたりする事はあるので、スタンダードは比較的短期間で使い切った方がよいですね。

エスビットのポケットストーブ ミリタリー

長時間の燃焼力と保存性を高めたエスビット固形燃料

Esbit(エスビット) ポケットストーブミリタリー(固形燃料14g×6個付)
楽天で詳細を見る

スタンダードの3倍以上の燃焼時間を持つのが14gミリタリー。こちらも同じポケットストーブに収まります。ミリタリーでは3個ずつの準個別包装となっており、より品質が保ち易くなっています。10分以上の燃焼が可能なので、炊飯を初めとした料理や炭火の着火剤としてもミリタリーは優秀。長期保存をする上でもミリタリーがオススメです。

エスビット ポケットストーブ ラージ

ポケットに入らないポケットストーブ

Esbit(エスビット) ポケットストーブ ラージ(固形燃料14g×12個付)
楽天で詳細を見る

収納時寸法132×94×38mmという二周りほど大きなポケットストーブ。コンパクトとは言い難い大きさで、14gミリタリーが12個入りますから、通常の倍と考えれば良いかと思います。 ただ、コレに付属するミリタリーのエスビット固形燃料は完全な個別包装。スタンダードとは比べるまでも無く、通常のミリタリー以上に品質が安定していて長期保存に向いています。

エスビットのポケットストーブの使い方

コンパクトにして説明書不要の使い易さ

小さなコンロやストーブと言える物は色々ありますが、エスビットのポケットストーブはパカッと開いて完成。エスビット固形燃料も中に入っていて、あとは火をつけるだけという感じです。

エスビットのポケットストーブの弱点:風

熱を逃がさない風防で効率アップ

エスビットのポケットストーブの構造的の弱点。それは風防が機能していないということです。

他のウッドストーブなどは基本的に空気の出入りおよび燃料の投入口以外は囲まれた構造。つまりそのボディ自体が風防として機能しているので、この周りを更に風防で囲うと言う必要は無いわけです。

しかし、エスビットのポケットストーブは空気取り入れ口の下部の穴以外にも、左右の長辺部分が大きく開口しています。風防と言えるのは残りの部分だけ。よって開口部から熱を逃がさないためにも、エスビットのポケットストーブでは風防は重要アイテムなのです。

大掛かりな風防は不要

ただ、エスビットのポケットストーブにそれほど大きな風防は必要ないと言えます。ようは左右の開口部をふさぐ程度で十分。エスビットのポケットストーブが持つコンパクトさを損なわないと言う意味でも、風防自体をコンパクトにしたいものです。

バーゴ アルミニウム ウインドスクリーン
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ポケットストーブにはこのぐらいの大きさで良いかと思います。8.1×41.6cmの5枚式。全周囲を囲む必要は無く、開口部が風防で塞げれば十分なのです。

いっそのこと自作と言う手も

直接開口部に風防となる金属板を差し込んでしまえば完成。同じものを2枚用意して風防とするという方法。プレートなので一緒にポケットストーブ内に収納できるのもメリット。ポケットストーブ ラージの場合は市販の風防でピッタリの物を探すのは難しいですから、この方法がオススメ。

金属板加工が面倒と言うのであれば、アルミホイルでOK!

エスビットのポケットストーブの弱点:固形燃料

軍隊が野外で使うことを想定した燃料なので…

エスビットのポケットストーブにピッタリサイズで収納される専用燃料。それが「エスビット固形燃料」です。ブランド名どころか一般名詞化されるほどの認知度。 で、このエスビット固形燃料。コンパクトで湿気に強くて保存性にも優れた、軍用としても採用される優れた固形燃料なのです。

煤で真っ黒!また野外での使用が推奨されていて、臭いなども気になる代物。 軍用としてはありがたい性能でも、一般人のレジャーではオーバースペックで扱い難いと言うしかありません。

そこで多くの人が使う燃料は

とまぁ、色々な理由で普段からエスビット純正の固形燃料を使う人は稀。ポケットストーブ内に一緒に収納しておく「非常時のお守り」的なポジションになっています。 では、多くの人が使う燃料はというと、こちら。

旅館や料亭の一人用のコンロで使われているアレ。「ニチネン」「ニイタカ」などが製造している、アルコール系固形燃料です。ホームセンターや100円ショップでも扱われている商品で、炭火の着火剤としても使われています。 これらは室内での使用を考慮したものなので、臭いも少なくて煤も殆どありません。付属の銀紙やアルミホイルを敷いておけば使用後もポケットストーブは綺麗なまま。更に燃焼時間に合わせた大きさの物が複数種類用意されているので扱い易いです。 揮発性があるので長期間の保存には不向きですが、調達も楽なので多くの人がこちらを愛用しています。

エスビットのポケットストーブを使い易くする小物

ポケットストーブを「一人用コンロ」として更に使い易く

底部に穴がありますので、ここから燃料の残留物などが落ちる可能性があります。それを受け止めるトレイやアルミホイルを敷くと良いでしょう。また芝生を焦がす可能性もあるので、小さなテーブルの上での使用が望ましいです。

パール金属 懐石 卓上コンロ用 焼網 15cm
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

炭火を使うのなら飛騨コンロ用の網があると食材を直接焼くなどに便利。大きさは15cm角程度です。

トランギア メスティン TR-210

エスビット ポケットストーブの相棒となるマルチクッカー

出典: https://www.amazon.co.jp

trangia(トランギア) メスティン TR-210

エスビット ポケットストーブに組み合わせて使われる調理器具といえば「トランギア メスティン」です。見た目はお弁当箱みたいで実際にお弁当箱としても使えますが、この形で飯盒なのです。大きさは17×9.5×6.2cmで最大1.8合炊き。 炊飯するのに使われますが、炊飯専用の飯盒ではないのでマルチクッカーとして人気です。

エスビット ポケットストーブを収納するのにピッタリ

メスティン自体がお弁当箱みたいな形をしていますので、市販のお弁当箱の袋がそのまま流用可能。そしてメスティン自体が収納箱として使えますので、エスビット ポケットストーブ以外にもフォークやスプーンのような食器、着火用のライターなどが一緒に持ち運べます。 こういう積み重ねたり中に入れることでコンパクトに収納するのを「スタッキング」と言いますが、エスビット ポケットストーブとメスティンはその相性がバッチリなのです。

トランギア ラージメスティン TR-209

更にでかい3.5合炊き

trangia(トランギア) ラージメスティン TR-209
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

もう一回り大きな20.7×13.5×7cm 最大3.5合炊きのラージサイズ。大量のスープを扱うような煮込み料理にはこちらがオススメ。乾麺を扱うときもそのまま入れられて便利です。

メスティンを使う前に

使用前に必ずやっておく儀式

メスティンは切断面の研磨がされていません。なので「バリ取り」作業が必要。炊飯だけなら問題が無いのですが、メスティン自体が取っ手付きの食器として口を付ける可能性あります。紙ヤスリの1000番ぐらいで磨くと綺麗になります。 その後は「シーズニング」という皮膜作り。材質が無垢のアルミなので、そのまま使うとアルミ臭がします。やり方としては、お米のとぎ汁を注いで火にかける もしくはメスティン自体をそのままとぎ汁の中に入れて煮込めばシーズニングは完了です。

メスティンで炊飯

使い方は普通の飯盒とほぼ同じ

こちらの動画を補足する形でメスティンによる炊飯を説明いたします。 メスティンは1.8合までとなっていますが、アルコール系固形燃料で20分という事であれば1合で炊くのがベスト。 水などは家庭での炊飯と同じです。無洗米の場合なら1合に対して水は220cc程。これで30分~1時間水に浸します。 炊き上がりの判断基準としては「チリチリ」とご飯を炒める時の音に変わった時点。アルコール系固形燃料であればこのタイミングが約20分という事になるのですが、これは無風状態での話。屋外であれば風防を使って熱を逃がさないようにします。 あとは蒸らし。保温も兼ねてメスティンが入るお弁当箱を入れる袋に入れてしまいましょう。

メスティン 応用編

炊飯以外で使う

メスティンは飯盒なので、炊飯は出来て当たり前。でも、ちょっと待ってください。家庭でも炊飯器を使って別の料理作ったり出来ますよね。 そうです。メスティンも炊飯以外の料理できちゃいます。

蒸し料理

メスティンに底上げの網があれば蒸し料理ができます。動画内ではラージメスティンが使われていますので、「BK 18-8 長バットアミ 22型」を使用。通常のメスティンなら「BK 18-8 長バットアミ 18型」がピッタリです。

蒸しパン

蒸せるなら蒸しパンもいけますね!蒸しパンなら蒸気で熱するので固形燃料で大丈夫。 逆に普通のパンを焼く場合は弱火に調整できない固形燃料は不向きなので、その場合の熱源はシングルバーナー等が良いかと思います。

インスタントラーメン

通常のメスティンの場合でも袋の中で割れば作れるのですが、ラージメスティンなら袋麺がそのまま入ります。というより、ラージメスティンの場合まだまだ余裕があるという感じでしょうか。

パスタ

いわゆる山パスタ。メスティンは炊飯のためにフタの密着度が高いので、水分の蒸発を抑えることができます。そのため少ない水での調理が可能です。

エスビットのポケットストーブをもっと使おう!

家庭での一品料理に

風情ある飛騨コンロもいいですが、コンパクトさでエスビット ポケットストーブを選ぶのもありだと思います。炭火で1人焼肉というのも良いんじゃないでしょうか。炭火を使用する際は灰が落ちますので、灰の受け皿を用意しましょう。

意外な組み合わせ

こちらは「ロゴス ピラミッドグリル・コンパクト」です。焚き火台とBBQコンロの二つをこなす1~2人向けの物。これでも十分コンパクトと言える製品なのです。

それがこのような姿に。足がエスビット ポケットストーブになっています。 このようにされる理由は「重さ」です。ピラミッドグリル・コンパクトの全体重量1kgに対して、それを支える足などが500gを超えるのです。それを軽量化できないかなーと考えられた末にこのような姿になったと言う事のようです。 また実用面でも固形燃料を使って炭火に着火するのにちょうどいいとのことです。ポケットストーブ自体が固形燃料を燃やす台なのですから、そこに火をつけること自体は理にかなっていますし、チャコールスターターを不要とするという意味でも有効と言えます。

無駄をそぎ落とした機能美

エスビット ポケットストーブの魅力はそのコンパクトさ。使用する燃料も同時に収納できると言う機能性だと言えます。軍隊での採用はその点を評価されての物。こういうミリタリー系のアイテムはキャンプ用品としても人気が高いものです。ただ、エスビット ポケットストーブの人気はメスティンとの相性の良さが大きいでしょう。メスティンの中に本体がそのまま収まっても余裕が生まれる小ささ。 一方のメスティンも収納可能な加熱調理器具という存在は貴重。シングルバーナーは燃料を何にするにしてもボンベが必要ですし、アルコールストーブも燃料となるアルコールを入れておけるボトルが必要です。それに比べればエスビット ポケットストーブはそれ自体に固形燃料が収まりますし、それ以外のアルコール系固形燃料を収納するのにも困らない。「お弁当箱の中に加熱調理を可能にするコンロと燃料が入っている」と考えると非常にコンパクト。 キャンプ用品ではいかにコンパクトにまとまるかと言うのも重要な要素。その意味ではエスビット ポケットストーブは限界まで無駄をそぎ落とした機能美に優れるコンロではないでしょうか。

関連するまとめ
おすすめの記事