Twitter
Facebook
LINE

アウトドアナイフ18選|キャンプに持っていきたい便利な1本をご紹介!

u1

アウトドアナイフ18選|キャンプに持っていきたい便利な1本をご紹介!

u1

キャンプでアウトドアナイフは重要な役割を果たす無くてはならない道具の1つです。特徴を詳しく知る事で新しいキャンプスタイルを確立する事が出来ます。ここではアウトドアナイフの種類や機能を説明し、あなたにとって便利な一本を探すためのお手伝いが出来ればと思います。



キャンプでのアウトドアナイフ使い道!

使い道1 キャンプBBQでの料理・調理

キャンプで中でも一番の人気のアクティビティは外で料理・調理したものを食べる事です。外で料理・調理をして食べる事は家の中よりも何倍も美味しく感じますよね。料理・調理では必ず刃物で材料のカットをしますが、その時アウトドアナイフが大活躍します。

使い道2 キャンプ中の薪割り

キャンプでの料理・調理や、キャンプに行く時期によって必ず必要なものがあります。それは薪です。肉の塊を焼いたり、冬キャンプの際は焚き火をして温まります。その際に薪を使います、その準備として薪割りをします。この薪割りでアウトドアナイフを利用します。

使い道3 キャンプ中の焚き火



焚き火では、火を起こすために薪を利用します。この薪に火を点けやすくするために、フェザースティック(木の棒がササクレ常になったもの)というものを作り、それを燃やしていき火を大きくしていきます。このフェザースティックもアウトドアナイフで作る事ができます。

ナイフにはどんな種類があるの?

シースナイフの便利な使い道と選び方

シースナイフとは、折り畳みの機構を持たないナイフです。使わない時はシース(鞘)に入れて保管します。具体的な使い道は、大きな肉を切る料理・調理、焚き火用の薪を割る時など、比較的大きなものを力を入れて切る時に非常に便利です。選び方は、グリップ力の大きいものを考慮します。



フォールディングナイフの便利な使い道と選び方

フォールディングナイフとは、携帯に便利なようにハンドルの中に刃を収納できる構造のナイフです。使い道は、料理・調理や、焚き火用のフェザースティック制作時、ロープの切断など多岐に渡ります。選び方は、ロック機能がついたものを選ぶと安全でしょう。

マルチツールの便利な使い道と選び方

マルチツールは、ナイフ、缶切り、ニッパー、ペンチ、ハサミなどを内蔵した様々なシーンで便利に利用できる機能を有しています。細かな作業をこのマルチツール1つで対応できます。選び方は、ご自身のアウトドアスタイルに合った便利ツールが集約されているかを確認する事です。

アウトドアナイフのおすすめ人気な選び方

刃のサイズ/構造/切れ味でおすすめ人気なアウトドアナイフ選び

刃の鋼材は主にステンレス、カーボンがあります。ステンレスは錆びにくくメンテナンスが楽ですが、切れ味はカーボンが圧倒的です。また、片刃と両刃の2種類あり、切るだけなら片刃、突き刺して切る場合両刃が便利です。おすすめ人気はカーボンのアウトドアナイフとなります。

ハンドルのサイズ/構造/持ち易さでおすすめ人気なアウトドアナイフ選び

ハンドル材質は主にラバー、革、木、プラスチックが存在ます。ラバーは洗い流せば汚れがすぐに落ち綺麗に使えグリップ力も高いです。革、木は水分を含むと膨張したり腐食しますが見た目が映えます。プラスチックは強度に劣るので、1番のおすすめ人気はラーバーとなります。

お手入れのし易さでおすすめ人気なアウトドアナイフ選び

前述で刃やハンドルの特徴をお話してきました。それらを総括すると錆びにくくお手入れが非常に簡単なステンレス刃と、水洗いで簡単に汚れが落ち耐久性の高いラバーハンドルという組み合わせが、お手入れのし易さでおすすめ人気なアウトドアナイフとなります。

おすすめ人気アウトドアナイフ選び(キャンプBBQ編)3選

おすすめ1:OPINEL

OPINEL ステンレス#9 41439

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

価格も安く、フォールディングナイフなので、安全に持ち運べるキャンプ初心者用ナイフです。ハンドルは木で持ち易い形状になっており、ステンレス製でお手入れも楽です。使い道としては魚肉や野菜のカットなど料理・調理で主になりますが、コストパフォーマンスが非常に高い人気のナイフです。

おすすめ2:Mora knife

Mora knife Companion Heavy Duty MG

出典: Amazon

カーボンスチールで切れ味抜群!!ハンドルもラバーで持ちやすく、汚れても洗剤と水で洗えばOK。ただし刃がカーボンなのでステンレスよりは錆に弱いため、適度にお手入れが必要です。こちらも料理の材料を切ったり、剥いたりする調理に適した使い道が主になります。

おすすめ3:BUCK

BUCKフォールディングハンター 110 with レザー シース

出典: Amazon

BUCK110は、フォールディングナイフに初めてロック機構を取り入れた元祖アウトドアナイフです。キャンパーはまずBUCKのナイフを使って次を考えるた方が良いくらい、ブランド力も確固たるものとなっており、一番人気のおすすめなナイフです。

おすすめアウトドアナイフ選び(キャンプ薪割り編)3選

火を起こす際には、適度な大きさの割った薪が必要となります。薪割りにはブッシュクラフトナイフを利用します。このナイフの使い道としてはバトニングで薪を割る事が主になります。このブッシュクラフトナイフのおすすめ人気3つを紹介します。

バトニングとは?

ナイフを焚き付け用の木の小口に当て、スパインを別の木で叩きながら、薪を割っていく作業をバトニングと言います。これであれば斧が無くても、アウトドアナイフで薪割りが可能となります。また、斧を使うよりもわりと簡単に薪割りが出来、且つ大きな斧を持ち運ぶ手間も省けます。

おすすめ1:ヘレ・ナイフ

ヘレ・ナイフ Helle knife Saga Siglar

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ノルウェーのみで生産されています。ノルウェーの過酷な大自然に立ち向かうための高い信頼性を持つナイフです。小ぶりながら重厚感があるナイフで頼り甲斐があります。また1つ1つハンドメイドなので、個体差があるのも楽しみの1つです。

おすすめ2:モーラ・ナイフ

モーラ・ナイフ Morakniv Garberg Multi-Mount

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

薪割りや木材の加工に使うナイフといえば、モーラナイフという程有名なスウェーデンメーカー。フルタングナイフで非常に堅牢であり安定感を与えてくれるナイフです。また、このナイフはラバーハンドルなので、グリップ力も高く手入れも非常に楽です。

おすすめ3:FALLKNIVEN

FALLKNIVEN(ファルクニーベン) A1z 刃渡り160mm 03-01-fall-0004

こちらもスウェーデンのメーカー。フルタングのナイフで絶対に壊れないことを前提に作られている所も安心感を覚えます。またハンドルはタングを全て覆っているため剛材が錆びにくい仕様になっており、こまめにメンテナンスをする事で長く付き合う事ができるナイフになります。

おすすめアウトドアナイフ選び(キャンプ焚き火編)3選

焚き火といえば、赤く燃え盛る炎。火を起こす為には、木材が必要となります。木材に火種を落とし、燃え広がり、適時薪を入れていきます。フェザースティックを作って、小さい火から大きな火へしていく事ができると周りからも拍手喝采受け合いです。

フェザースティックとは

初めの火種から燃え広がるまでに使う木材は細くて小さいものを使います。これを更にササクレ状にして燃やすと火の回りが早くなります。このササクレ状の木材をフェザースティックと言います。このフェザースティックを作る為に使うナイフのおすすめ3つをご紹介いたします。

おすすめ1:BarkRiver

ブラボー1は、BarkRiver社の代表作。アメリカ軍偵察隊の要望から開発されたナイフです。とにかく切れ味が鋭いです。S35VNのステンレスは、切れ味良し、刃もちし良し、研ぎやすさ良しの三拍子が揃っています。また使っていて刃こぼれも少ないと感じます。

おすすめ2:ESEE

こちらはフラットグラインドナイフで、刃が平らに削られていて頑丈な為、若干無理な使い方にも耐えられる作りになっています。ハンドルがない為、その分の重量が少なくなりますが、持ち方にコツがいります。ロープを巻いて自分好みのグリップを作る事ができます。

おすすめ3:Mora knife

元々ウッドカービングに適したナイフとして開発されているので、フェザースティックを作るにはもってこいです。ハンドルが太く大きいので、グリップ力が増し安定します。刃も小さいので思い通りの力と角度で木を削っていく事が可能です。

おすすめアウトドアナイフ選び(ウッドクラフト編)3選

キャンプでは周りは奥の木で囲まれています。その木とアウドドアナイフを使って、箸や食器を作ったり、置物を作れば楽しみが増えます。それは唯一無二の自作のウッドクラフトになります。ここでは、ウッドクラフトをするのに適したナイフ3つをご紹介いたします。

おすすめ1:Mora knife

こちらは画像の通り刃が湾曲して、刃先は男爵の髭の様にカープしています。ウッドクラフトは直線に木を形成していくだけでは無く、例えば器作りの様に円形に加工したりする事もあります。それに適した形状の刃になっており比較的上級者向けとなります。

おすすめ2:Mora knife

決め手は刃がカーボンスチール製なので切れ味抜群な所です。またハンドルもラバーなので、初心者の方がウッドクラフトするのに非常に適したナイフで使いやすいです。前述にも記載した通りステンレスよりは錆びやすいのでお手入れだけすれば長く愛用できるナイフです。

おすすめ3:Mora knife

Morakniv Eldris Standard Aubergineモーラナイフ エルドリス スタンダード オーベルジーヌ【正規品】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

画像の通り刃が短く小さめのウッドクラフトをする際に効力を発揮します。または、細かい箇所の削り用に使い分けるのも良いです。ハンドルもラバーで、刃に対してハンドルが大きい為、非常に持ちやすく力加減もし易いので、女性や子供の練習にも良いですね。

おすすめアウトドアナイフ選び(キャンプロープを切る編)3選

キャンプでは殆どテントは張り綱(ロープ)をします。またロープは、薪運びや、トライポット作りに枝同士を括るのに利用したり、物干しロープに使ったり、即席ブランコを作ったり用途多様です。その際にロープを切る事が出来る程度のおすすめナイフ3つを紹介いたします。

おすすめ1:OPINEL

こちらが画像の通りセレーション(波刃)が付いているので、ナイフ部分でロープを切るよりは格段に切りやすくなります。また普通のアウトドアナイフとしても利用でき、引っ掛かりがあった方が切断しやすいモノについてはこういった対応を使うと便利でしょう。

おすすめ2:VICTORINOX

1.4613 ビクトリノックス マルチツール キャンパー PD VICTORINOX

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

マルチツールと言えば言わずと知れたVICTORINOX。14もの機能を持つマルチツールです。スイス陸軍も利用するアーミーナイフの定番です。この中にノコギリがついており、これを利用してロープを簡単に切断できます。また刃先が短いので安全に利用可能です。

おすすめ3:LEATHERMAN

レザーマン WAVE マルチプライヤー [ シルバー / ナイロンシース ] |Leatherman ペンチ 携帯工具 マルチツールナイフ 十徳ナイフ 十得ナイフ 万能ナイフ サバイバルツール

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらも超高機能マルチツール。機能数17とこれ1本あれば、ある程度の細かい作業をは全て出来てしまう程の高機能ぶり。BITKIT BKTがあれば、更に機能拡張が可能。ロープを切る際は、ノコギリだけでは無く、ハサミを使う事ができます。

キャンプ上級者向けおすすめアウトドアナイフ選び3選

おすすめ1:Mora knife

Mora knife Companion Heavy Duty MG

出典: Amazon

料理・調理での利用、薪のバトニング、フェザースティック作り、ウッドクラフトなど幅広く利用できるのがMora knife。キャンプが上達する度に、持っていく荷物は徐々に少なくなっていきますが、これは最後に残るナイフになるでしょう。

おすすめ2:トヨクニ

このナイフは主に料理・調理で威力を発揮します。刃の逆側に付いたガットフックを使えば肉の解体や、硬い筋の切断、肉の皮剥をするのに非常に便利です。全て手作りで特殊な加工で刃を作り上げてるので、錆びにくく研ぎ易くなっています。

おすすめ3:LEATHERMAN

レザーマン MUT マルチプライヤー

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

マルチツール最高峰ブランドであるLEATERMAN。その中でも更に最強なのが、このMUTです。特殊な作業をするのに優れており、軍隊でも利用される程の高機能マルチツールです。過酷な環境を乗り換えられる機能を有しており、まさに上級者向けと言って良いでしょう。

アウトドアナイフのお手入れ方法(キャンプ使用前)

アウトドアナイフはキャンパーと一緒に同じ場所で同じ時間を過ごす大切な相棒です。アウトドアナイフは常に過酷な状況の中で使われており、長く付き合っていくためには使用前も使用後もメンテナンスをかかせません。ここでは、代表的なナイフのお手入れ方法を3つ紹介します。

お手入れ1:シャープニング

シャープニングとは簡単に言うと、砥石を使って刃を研ぐことです。日本式の研ぎ方は、専用の砥石を水で濡らして刃を引くようにして滑らせ研いでいきます。西洋式は、オイルストーンと呼ばれて、油を付けて刃を押しながら滑らせて研いでいきます。

お手入れ2:タッチアップ

タッチアップとはナイフを利用する際に、切れ味が悪いなどその場で起きたトラブルに応急的に対応する処置となります。タッチアップ専用のスティックを使い歯を研ぐ事ですぐに切れ味が戻ってきます。しかし、あくまで応急措置となるので、帰宅後十分にシャープニングをしましょう。

お手入れ3:保有数のチェック

お手入れと言ってもナイフの直接的なメンテナンスではありませんが、自分がどういったナイフを何本持っていて、何処にしまってあるかを把握する必要があります。管理を疎かにすれば事故にも繋がりますので、必ず把握しておきましょう。

アウトドアナイフのおすすめお手入れ方法(キャンプ使用後)

お手入れ1:洗浄

アウトドアナイフを利用したまま持って帰り保管すると、油分/塩分/汚れが原因でサビや腐食の原因となります。特に料理・調理で利用した場合は十分にそういった汚れを除去し、洗い流す事が重要です。汚れが酷い場合は中性洗剤で軽く洗い流します。

お手入れ2:拭いて乾燥

洗浄した後はしっかり水気を拭き取ります。やはり水分もサビの原因となります。乾いたタオルでしっかり拭き取り少し乾燥させてからケースにしまいましょう。乾燥させる際は、日陰をおすすめします。暖かい場所だと革や木のハンドルの場合、膨張や痛む事があるので注意が必要です。

お手入れ3:防錆油を塗る

帰宅後は改めてアウトドアナイフをよく洗います。汚れが酷い場合は、中性洗剤で軽く洗い流します。洗った後はしっかり水気を拭き取り、陰干しして乾燥させます。乾いたら保管前にお手入れ用油を満遍なく塗布して新聞紙などに包み保管しましょう。

アウトドアナイフのおすすめ保管方法

保管方法1:新聞紙包み

キャンプ使用後のお手入れ3(防錆油を塗る)まで行ったら、それを新聞紙に包み、日陰の涼しい場所で保管をします。刃から落ちた余分な脂は新聞紙が吸ってくれますし、湿気も吸い取ってくれます。また新聞紙は不用品なので、少ししたら新しいものに変えて包みなおせば良いです。

保管方法2:真空パック

保管方法1の手順までは変わりませんが、最後に新聞紙に包むのでは無く、真空パックに入れてしまう所が大きく違います。こうする事で空気中の水分などに触れる事が無く、塗布した油に刃が守られている状態なので、より防錆効果を期待できます。

保管方法3

保管方法2と同じで、保管方法1の手順までは変わらず、刃をつつむものをラップにします。こうする事で防錆油と刃がラップによって密着します。また真空パックが無い場合の代替手段にもなります。刃以外の部分(ハンドルなど)は新聞紙で待ておくと良いでしょう。

アウトドアナイフのおすすめ保管場所

保管場所1:涼しい日陰

気温の高い場所にアウトドアナイフを保管しておくと、取りきれなかった雑菌が繁殖します。またハンドルが革や木の場合は腐食して強度が落ちたり、そこから新たな菌やカビが繁殖します。日の当たらない涼しい場所に保管するようにしてください。

保管場所2:湿気の少ない場所

刃にとって湿気など水分はサビの原因となります。また、塗布した油もその水分で落ち易くなってしまいます。ハンドルも革や木は水分を含む膨張して、使い勝手を悪くするばかりか、腐食し菌カビを増殖させます。涼しく湿気の少ない場所で保管をしましょう。

保管場所3:子供の手が届かない場所

ナイフの危険性を認識が出来ない子供が、アウトドアナイフを手にすると非常に危険です。想像するだけで非常に危険で、恐ろしいですね。絶対に子供の手が届かない高い場所に置くや、鍵のかかった場所に置くなど工夫をして保管するようにしましょう。

アウトドアナイフ使用における注意点!!

注意点1:危険意識を持つ

ナイフは危ない、怖いという意識を持つ事が大事です。一歩間違えば、人を死に追いやる危険な凶器に変わります。正しい使い方をすれば、非常に便利なものに変わります。ただナイフは道具であり、やはり危険で危なく、怖いモノです。この意識だけは常に持ちましょう。

注意点2:利用場所は明るくする

アウトドアナイフを利用する時は、できるだけ周り全体明るい場所で利用するようにしましょう。暗い場所では刃の向き、力の入れる方向、周りの環境が分からないと、万が一の事を想像しながらナイフを使う事が出来ません。上級者ほど自身の腕を過信せず良い環境で作業をしましょう。

注意点3:使用を本来の用途のみに限定する

手持ちのアウトドアナイフの仕様、素材、用途を十分に理解し、どういったキャンプ用途に特化したモノなのかを十分に理解する必要があります。それらを認識した上で都度のキャンプでどのアウトドアナイフを利用するのかを決めて持っていきましょう。

キャンプで使うアウトドアナイフのまとめ

まとめ1:目的を考え絞って適切なナイフを選ぶ

あなたがが使いたいキャンプ用途に合わせて、アウトドアナイフは星の数ほど存在します。ナイフのスペックは目的に合ったものを選び、その中でも好みのデザイン見つける事が非常に重要です。その為の時間は、惜しまない事をおすすめします。

まとめ2:利用時の環境・状況を想像する

ナイフを利用する状況や環境を想像して、ナイフをどう使うか検討します。この環境や状況は、まとめ1の目的別とは異なります。目的と、環境・状況の両方を把握してアウトドアナイフを選択する事でより良いアウトドアナイフ体験を得る事ができます。

まとめ3:頼もしい相棒としてメンテナンスを怠らない

アウトドアナイフは、様々なシーンでキャンプの手助けをしてくれます。ナイフと大事に長く付き合う事が、それだけ長く楽しいキャンプライフを送れる条件となります。これだけ頼もしい相棒と言える道具のメンテナンスは常に怠らないよう心がけていきましょう。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【最高】22イグジストがシマノリールだった件・・・

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

22カルディアSW触ってきたけど・・・コレってSW?

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【シマノ2022新製品】21ナスキーと22サハラのスペック比較!

★シマノ22サハラ 公式HPはコチラ★ https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/hanyouspinning/a075f00003iili7qam.ht...

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【バリバス新作PEライン】初心者にもおすすめのスタンダードラインも登場!

★VARIVAS アバニ SMP ヒラマサチューンの動画はコチラ★ 「サンライズ田代誠一郎が語るヒラマサチューンへの拘りと性能」 https://www.youtube.com/watch?v=2dX...