インバーター発電機おすすめ10選!キャンプで使える便利で静かな製品をご紹介のイメージ

インバーター発電機おすすめ10選!キャンプで使える便利で静かな製品をご紹介

キャンプやお祭り、運動会、そして人が集まる色々なイベントにはインバーター発電機が大活躍です。キャンプでランタンや焚火で夜を楽しむのもいいですが、多人数ではとても不便です。そんな時にインバーター発電機がおすすめ!その種類やおすすめをご紹介します!

2019年10月28日更新

糟谷 護
糟谷 護
フリーランスとして記事制作に携わってから既に3年を経過しました。これまでに投稿した記事は300本を超えるかと思います。記事のジャンルも多岐に亘りますが、特に、登山、アウトドア、旅、観光、絵画、財務、経理、求人、保険、などの記事が多いです。最近は画像添付も多くなってきましたので写真で記事の流れを構成する場合もあります。もともとは機械エンジニアですが、記事を書く、調べてまとめる、は好きですので今後も頑張りたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. キャンプでどんな時にインバーター発電機を使うか
  2. インバーター発電機とは
  3. アウトドア用インバーター発電機の選び方
  4. アウトドア用インバーター発電機 おすすめ10選
  5. インバーター発電機のおすすめ①
  6. インバーター発電機のおすすめ②
  7. インバーター発電機のおすすめ③
  8. インバーター発電機のおすすめ④
  9. インバーター発電機のおすすめ⑤
  10. インバーター発電機のおすすめ⑥
  11. インバーター発電機のおすすめ⑦
  12. インバーター発電機のおすすめ⑧
  13. インバーター発電機のおすすめ⑨
  14. インバーター発電機のおすすめ⑩
  15. 番外.ヤマハインバーター発電機EF2800iSE
  16. まとめ

キャンプでどんな時にインバーター発電機を使うか

y_k_y_y0818さんの投稿
17817852 122493424959403 4704390108667707392 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

一般的には、防災用、業務用、レジャー用、アウトドアイベント、病院、会社、家庭用の非常電源として広く使われています。 災害の多い日本では、地震、台風、津波、水害、火災、雪害、豪雨などによる災害で、ライフラインが寸断されることが度々あります。こんな時に発電機は大きな力を発揮し、必須の防災設備となっています。又非常用電源は自家用、業務用を問わず、いざという時にこそ役立つ機械です。 そんなインバーター発電機は近年、アウトドア人口の増加と共にキャンプなどでポータブル発電機を使用するケースも徐々に増え、各メーカーの販売も活発になってきました。キャンプでは、夜キャンプ地を明るくする電灯やトースター、炊飯器、コーヒーメーカー、テレビ、ノートパソコン、ホットプレート、電気ポット、扇風機など、おおよそ家庭用で使われる電気製品がほとんどキャンプ地に持ち込まれる様相を呈しています。

インバーター発電機とは

electrictoolboy2017さんの投稿
25015835 141207236660677 8453304612798070784 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

インバーター発電機とは、屋外でも家庭用電源なみの電気を供給できるポータブル発電機のことで、周波数を安定させるためにインバーターが組み込まれています。それによって安定的な電気の供給ができます。 ポータブル発電機には、インバーター発電機をはじめ、4ストローク発電機、2ストローク発電機、サイクロン発電機、FWフューチャーウエーブ発電機、ジーゼル発電機など各種あり、それぞれ用途に応じて使われます。インバーター発電機の燃料は無鉛ガソリンとガスを使うカセットガス(LPガス)に大きく分かれます。アウトドアでは、ほとんどインバーター発電機が使用されます。駆動源が比較的に静かで、安定的な電気が供給されるからです。

インバーター発電機のメリット

〇家庭用のコンセントで供給されるような質の高い正弦波の電気を作り出すことで、主な家電製品が使用できる。  正弦波とは交流の波形のことです。周期的に波のように変化する波形のことをいいます。 〇小さなエンジンで軽量、コンパクトになる。 〇静音運転が可能で、通常の発電機の騒音値は89dBAくらいであるが、インバーター発電機では45~60dBAくらいで比較的静かな運転となる。

インバーター発電機のデメリット

creativesilence.pialivingさんの投稿
18380207 346215282447282 3085405137083039744 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

〇価格が高い。 〇発電機が重い。 ◎最大のデメリットは騒音です。 最近のインバーター発電機の騒音値は技術の進展により、かなりの静音発電機となっています。それでもエンジンの駆動音だけはどうしても残ります。 騒音の基準値 ・うるさい 60~70dB:普通の会社、チャイム、速度49km/hの車中、掃除機など ・普通(日常生活で望まれる範囲)40~50dB:静かな住宅地、深夜の市内、エアコン室外機など ・静か 20~30dB:ささやき、木の葉の音、深夜の住宅街など これから述べます内容の中にこれらが度々出てきます。参考にしてください。

アウトドア用インバーター発電機の選び方

electrictoolboy2017さんの投稿
19761408 287993498340091 6225170223532605440 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

①動力源を決める

動力源、つまり燃料の種類ですが、一般的にガソリンかLPGガス(カセットボンベ入り)があり、一部ジーゼルエンジン用の軽油もあります。 〇ガソリン:もっとも多く普及している燃料です。ガソリンは出力が大きく、長時間運転が可能です。ガソリンスタンドで購入できます。使わない場合は、余った燃料をタンクから抜いておく必要があります。少し臭いがあります。 〇LPGガス:液化プタンなどを充てんしたカセットガスで、スーパーやホームセンターで買えます。安価です。カセットボンベですから交換しやすく、短時間運転ならこの方が比較的便利です。

②ー1.定格出力を見て発電機の能力を決める

fo0minさんの投稿
20346797 1911464112512292 5487135997009330176 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

インバーター発電機には、900VAとか、1200VA,1600VA,2000VAなどような定格出力が必ず記載されています。この数値はこのポータブル発電機の能力を表すもので、900VAならば100Wの電球を9個まで、同時使用ができますよ、という意味です。(出力側VA=消費電力W) しかし、ポータブル発電機を選ぶ場合は消費電力だけではなく起動電力で計算します。 100Wの電球はたまたま起動電力も100Wです。つまり、消費電力×1倍=起動電力 電灯、ノートパソコン、電気ポット、コーヒーメーカー、ホットプレート、小型テレビなど 消費電力×1.1~1.2倍=起動電力 電子レンジ、扇風機など 消費電力×2.1~4倍=起動電力 家庭用の冷蔵庫、クーラー、水銀灯など

②ー2.実際に計算してみましょう

〇アウトドア、キャンプでホットプレートを使う場合 ホットプレートの消費電力は1300Wです。起動電力は1倍ですから起動電力も1300Wです。このホットプレート1台だけで起動電力1300Wありますから定格出力900Wの発電機では動きません。定格出力1400Wくらいのものを購入してください。 〇アウトドア、キャンプでクリップライト3個(1個当たり消費電力100W、起動電力100W)、小型テレビ1台(消費電力300W、起動電力300W)、小型クーラー1台(消費電力200W、起動電力800W)を同時に使う場合。 (100W×3個)+(300W×1個)+(800W×1個)=1400W となり、定格出力1400W以上が必要ですから1600Wくらいのものが適当ということになりおすすめです。 実際にキャンプ地では定格出力900Wから2000Wくらいのものが中心に使われています。

③重量

tomokimaru_141102さんの投稿
21107879 113047799380600 8597286944650559488 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

どのメーカーもコンパクト設計が行われていますが、それでも本体の重量は10kgくらいから70kgくらいにはなります。当然出力が大きいほど本体重量も多くなります。 使い易さの面から、重量は大事なポイントです。なるべく軽くコンパクトで携帯しやすく、できればキャリー付きのものがおすすめです。

④運転音(騒音)

bnkn1028さんの投稿
17267755 1499856613381214 3077368158055563264 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

選択に際して、最も重要な項目で運転音すなわち騒音(静音)です。 これがインバーター発電機の選び方の第一順位になる場合が最も多いです。購入する時の決めてになる仕様です。上記のインバーター発電機のデメリットに騒音値の目安となる基準値を記載してあります。比較してみてください。 インバーター発電機メーカーの標準的な騒音値は、本機から7m離れて4方向の騒音測定値平均は60dB(A)となっています。これですと「うるさい」という静音範囲になり、発電機がなかなか普及しない原因となっています。しかし近年44dBから50db(静音レベル普通)のものが開発されて、これが徐々に主流になりつつあります。

⑤その他

toru.trans.aokiさんの投稿
33473433 431865613892098 3810242939150401536 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

その他、選び方の要点としては、運転始動の方法、燃費、燃料の入れ方、フレームの剛性、省エネ性、メンテナンス性、なども選び方のポイントとなりますので、選ぶときに比較しながら確認してください。

アウトドア用インバーター発電機 おすすめ10選

moto_performer_noritoさんの投稿
16908591 622240274631109 617876851355811840 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

多くの発電機の中からおすすめの発電機10種を選びました。 選び方は、機械の騒音値(静音設計)を第一優先としました。そして次は使い易さです。使い易さは重量が大きな要素です、軽量、コンパクト、運びやすい、をポイントとしました。 10銘柄を選びましたが、ホンダ、ヤマハの発電機が多いです。この両者が騒音や使い易さの面では他のメーカーより比較的に優位となっておすすめの機種です。騒音、重量以外のポイントも勘案した評価となれば、総合評価の値は違ってくると思われますので、見解が異なってくることをご了解ください。

インバーター発電機のおすすめ①

スバルポータブルインバーター発電機SG114

SUBARU|ポータブルインバータ発電機

仕様 サイズ:49×29.5×44.5㎝ 定格交流出力:50/60Hz 100V-1350VA タンク容量:3.6L 燃料:ガソリン 連続運転時間:7~3.5時間 オイル警告装置、オートパワーセーブ付き、リコイルスターター

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

騒音値:機側7m・1/4負荷45.5db(A)、 ISO3744に準ずる試験環境での音響パワーレベルLwa3/4負荷 84~88dB(A) 徹底した静音設計。 重量:20.5kg 国土交通省'97基準値超低騒音型 独自の高剛性樹脂フレーム構造とフレーム底部は高剛性アルミ材を使用して衝撃耐久性を確保しています。家庭用としてもおすすめです。

インバーター発電機のおすすめ②

エコルートPacut System(エンジン ホンダEU16i)

無騒音|発電機 Pacut system

仕様 サイズ:47×35.4×88㎝ 総重量:35.5kg 材質:スチール焼付塗装 排気カバーステンレス

Amazonで詳細を見る

ポータブル発電機と防音ボックス「ぱかっとシステム」を組み合わせたセット商品です。優れた静音技術です。 ポータブル発電機はホンダEu16iを使用しています。(定格出力1600vA) 騒音値:7m1/4負荷 46.8~49.2dB(A) 超低騒音を実現しました。 防音カバーなしの場合は59.4dB~67.6dBです。 キャンプや夜間、住宅などでもまた家庭用としても安心して稼働できます。

インバーター発電機のおすすめ③

日立工機インバーター発電機E9U

日立工機|インバーター式エンジン発電機 E9U

サイズ:45×24×38㎝ 重量:12.7kg 定格出力:900VA 連続運転:12~4.3時間 燃料:ガソリン

楽天で詳細を見る

騒音値:超低騒音47dB(A)エコノミーコントロールon,1/4負荷時 重量:超軽量12.7kg エコノミーコントロール付きで負荷に応じてエンジン回転数を制御、ムダを抑えたエコ運転です。 点火プラグ用ソケット付きです。

インバーター発電機のおすすめ④

新ダイワ工業防音型インバーター発電機IEG900MY

出典: https://item.rakuten.co.jp

仕様
サイズ:45×24×38㎝
重量:12.7kg
定格出力:900VA
タンク容量:2.5L
運転時間:12~4.3時間
オイル警告装置付き、エコノミーコントロール付き、リコイルスターター付き

騒音値:47~57dB(A)の超低騒音で重量も12.7kgと軽量コンパクト設計です。 ヤマハのエンジンOHVエンジンを使って製作された新ダイワ工業のインバーター発電機です。

インバーター発電機のおすすめ⑤

ヤマハインバーター発電機EF900is(EF9His)

ヤマハ|インバーター発電機 EF900IS 

仕様 サイズ:24×45×38㎝ 重量:12.7kg 定格出力:900VA 燃料:ガソリン タンク容量:2.5L 連続運転:11.9~4.1時間

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

騒音値:48.5dB(A)の超低騒音のサイレント設計。 使い易さを徹底追及、小型軽量コンパクト設計、エンジンは小型4ストロークOHV50ccエンジン、小型軽量インバーターユニットを搭載しています。 EF900isはEF9Hisと全く仕様は同じです。同じ機械です。900isは正規販売店、専門店向けです。9Hisはホームセンターなそ量販店向けです。できれば修理などのサービスが受けやすい900isの方を購入いただきたい。おすすめの逸品です。

インバーター発電機のおすすめ⑥

ヤマハ防音型インバーター発電機EF1600is

ヤマハ|インバーター発電機 防音型 EF1600iS

仕様 サイズ:49×28×44.5㎝ 重量:20kg 定格出力:1600VA タンク容量:4.2L 連続運転:10.5~4.2時間 オイル警告装置付き、エコノミーコントロール付き、リコイルスターター付き

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

EF900isの能力を一回り大きくしたインバーター発電機です。 騒音値:51.5~61dB(A)の超低騒音となっています。 国土交通省'97基準値超低騒音型 重量も20kgと軽量コンパクト設計で片手で持ち運びができます。 カーボンブラシ交換のメンテナンス不要です。

インバーター発電機のおすすめ⑦

工進インバーター発電機GV-16i

工進 |インバーター発電機 (定格出力1.6kVA) GV-16i

仕様 サイズ:49.8×29.3×46.7㎝ 重量:22kg 定格出力:1600VA タンク容量:4.6L 燃料:ガソリン 運転時間:11.5~4.7時間 オイルアラート付き、周波数切換SW付き、リコイルスターター付き

Amazonで詳細を見る

騒音値:50.0dB(A)超低騒音型インバーター発電機。エコスイッチを搭載して低騒音、低振動を実現しました。 エンジン操作手順書による扱いやすい発電機が特徴です。

インバーター発電機のおすすめ⑧

ホンダインバーター発電機EU9ientry

ホンダ| インバーター発電機 EU9i entry

仕様 サイズ:45.1×24.2×37.9㎝ 重量:13kg 定格出力:900VA 燃料:ガソリン タンク容量:2.1L

楽天で詳細を見る

騒音値:52~57dB(A) 83dB(3/4負荷) 78~86(1/4負荷~定格負荷) 重量13kgで片手で持てる軽量コンパクトボディー、負荷に応じて回転数を制御するエコスロットルが付いています。 専用の防音ボックスもあり、吸音材と吸音構造により発電機からの音を約20%(本機との比較)ほど減らすことができます。

ホンダインバーター発電機Eu9i-JN1

Eu9i-JN1は上記Eu9ientryと仕様がほとんど同じです。JN1は同機の並列運転が可能です。それだけです。それで価格がJN1の方が1万円ほど高いです。 JN1も専用の防音ボックスがあります。

インバーター発電機のおすすめ⑨

ホンダインバーター発電機エネポ EU9iGB

HONDA|インバーター発電機enepo(エネポ)EU9iGB

仕様 サイズ:36.5×26.2×52.4㎝ 重量:19.5kg 定格出力:900VA 燃料:LPGガス(カセットボンベ) 燃料容量:500g(LPGガスカセットボンベ2本分) 連続運転:2.2~1.1時間

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ホンダのガス用インバーター発電機です。使用燃料がLPGガスです。連続運転時間はガソリンより短いですが、カセットボンベの交換が楽で、ガスカセットボンベはコンビニやホームセンターなどで売っています。 騒音値:51.6dB(A)の低騒音、81dB(3/4負荷)79~84dB(1/4負荷ー定格負荷) 重量も軽量コンパクトで使い易いシンプルなフォルムです。

インバーター発電機のおすすめ⑩

新ダイワ工業インバーター発電機

新ダイワ工業|インバーター発電機 IEG900M-Y/M 0.9kVA

仕様 サイズ:49×28×45.5㎝ 重量:20kg 定格出力:1600VA エンジン:ヤマハ空冷4サイクルMZ480V-20iを使用 燃料:ガソリン 運転時間:10.5~4.2時間

楽天で詳細を見る

騒音値:51.5~61dB(A)エコノミーコントロールon1/4負荷時 定格出力1600VAでこの騒音値は比較的評価できます。また重量も20kgで超軽量コンパクト設計となっています。 エンジンはヤマハ製です。

番外.ヤマハインバーター発電機EF2800iSE

ヤマハ|インバーター発電機EF2800iSE

仕様 サイズ:68×44.5×55.5㎝ 重量:64kg 定格出力:2800VA 運転時間:20~7.9時間

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

騒音値:51~57dB(A)エコノミーコントロールon1/4負荷時 定格出力2800VAでこの騒音値は驚異です。さすがに中型ですから重量はありますが、運搬がしやすいような工夫がしてあります。 4サイクルOHVエンジンを搭載しています。

まとめ

アウトドア用のポータブルインバーター発電機は、一般的に重くてうるさい、操作がしにくくておまけに値段が高い、と言われています。しかし、上記のように情報を整理してみますと、一般的な見解と、実際ではかなりのかい離が見られることが分かります。最も大きな問題は「うるさい」という騒音です。あの連続したエンジン音は確かに耳障りにでうるさいですが、キャンプなどで使われる小型のものは既にうるさいというレベルから通常の生活では気にならない「普通」のレベルに大きく改善されています。重量も小型のものは片手で楽に持てます。操作性も随分楽になりました。 こうした技術的な進展がキャンパーなどに認められつつありますから、徐々に家庭用としても普及が進むと思われます。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ