鮭(アキアジ)釣りの始め方!ルアー?餌?釣れる仕掛けとタックルをご紹介!のイメージ

鮭(アキアジ)釣りの始め方!ルアー?餌?釣れる仕掛けとタックルをご紹介!

釣って楽しく、食べても美味しい鮭、アキアジ。 秋になると釣り人は1尾の夢を求めて何週も通います。 そんな秋の魅力、鮭(アキアジ)を釣るには何から用意すれば良いのか? 生態から釣り場での注意事項まで細かくお伝えします!

2018年10月15日更新

Keisuke
Keisuke
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. アキアジ釣りを始めてみよう!
  2. 鮭(アキアジ)釣りの前に生態を知ろう!
  3. アキアジ(鮭)釣りのシーズンは?
  4. 鮭(アキアジ)釣りのフィールドは?
  5. 鮭(アキアジ)がいる釣り場を探そう!
  6. 鮭(アキアジ)釣りをする場所を確保しましょう!
  7. 鮭(アキアジ)釣り、ウキルアーはゆ〜っくりと!
  8. 鮭(アキアジ)は大きなアタリまで我慢してアワセは鋭く!
  9. 鮭(アキアジ)釣り 〜海〜
  10. 鮭(アキアジ)釣り 〜川〜
  11. 鮭(アキアジ)釣り場のルール
  12. 鮭(アキアジ)の釣り方は?
  13. 鮭(アキアジ)釣りに必要なタックルは?
  14. 鮭(アキアジ)釣り 〜ウキルアー釣り〜
  15. 鮭(アキアジ)釣り 〜ウキフカセ釣り〜
  16. 鮭(アキアジ)釣り 〜投げ釣り〜
  17. 〜最後に〜

アキアジ釣りを始めてみよう!

釣りの前にアキアジとは?

鮭を指す言葉です。主に北海道や東北で秋(アキ)の味(アジ)ということでアキアジと呼ばれている。他には秋鮭(アキザケ)などとも呼ばれている。また、秋にさきがけて夏に岩手、北海道の東岸に岸寄りする鮭のことを夏鮭(ナツザケ)やトキシラズと呼ばれています。 かくいう、私は小さいころアキアジとはどのようなアジ(鯵)なのだろう?と思っていましたが、大人になって鮭のことなのだと知りました。

鮭(アキアジ)釣りの前に生態を知ろう!

seiya.yamaguchiさんの投稿
21436242 173236376558545 6857531255093723136 n

日本海、オホーツク海、北太平洋、ベーリング海などに分布してます。国内の遡上の最南端は、太平洋側は利根川、日本海側は山口県とされています。魚体側面は銀色で腹部は白色。背面や背びれなどに黒点はありません。(カラフトマスやニジマスには黒点があります。) 産卵期になると体色が黒っぽくなります。赤、黄色、紫などの斑点が現れ、このような色の変わったアキアジ(鮭)をブナ鮭と呼ばれています。 呼び名の部分で説明したトキシラズは季節外れに獲れるために大変珍しい鮭で高値で取引されます。

k.chishimaさんの投稿
23667797 834653950028813 8863076181105180672 n

河川内の稚魚はユスリカなど、加工域内の沿岸に到達するとヨコエビ類を捕食します。回遊生活になると主にオキアミやヨコエビ類を捕食します。ちなみに身の赤さはオキアミなど食べた甲殻類に含まれるアスタキサンチンの色によるものです。 また、釣り餌ではサンマをよく使いますが、実験データとして口を使わないと言われていた鮭がサンマにはよく反応したことから現在の餌としてサンマが主流になっています。

成長速度

1年で30cm、2年で45〜50cm、3年で50〜55cm、4年で60cm前後になります。最大で1mほどになります。

アキアジ(鮭)釣りのシーズンは?

孵化した稚魚は3〜5月に海へ降り、6〜7月に北洋へ旅立ったのち3〜4年回遊生活を送ってから母川に回帰します。(ちなみにアキアジ(鮭)は自分の川の匂いを嗅ぎ分けて戻ってくると言われています。)回遊エリアは広く、アラスカ湾やベーリング海までに及びます。 主に9〜11月に母川へ遡上し、地下水が湧く比較的浅い砂利底の場所で産卵します。通常産卵は2〜3回行われます。 また、場所にもよりますが、11〜12月とシーズン後半でも沖であれば釣れるような場所もあります。

鮭(アキアジ)釣りのフィールドは?

鮭(アキアジ)釣りシーズンになると各新聞社やネット、SNS、釣り雑誌などで騒がれるのでそういった新しい情報を元にチャレンジしてみると良いでしょう。鮭(アキアジ)の遡上する川が近くにある海であればすべての場所がフィールドになります。

鮭(アキアジ)がいる釣り場を探そう!

dorimomo0903さんの投稿
22639193 126624411309504 397904852841136128 n

ご覧になっている方からは突っ込まれそうなないようではありますが、重要な項目なのです。鮭(アキアジ)釣りに関わらず、相手の魚がいないと釣れることはまずないので魚がいそうな場所に仕掛けやルアーを届けるというのが基本中の基本になります。特に鮭(アキアジ)は遡上前は海岸沿いを群れで移動しているため群れがいない場所では全く釣りが成立しません。 事前に現地を下見したり、常連の釣り人などに近況を聞いてみるのが一番です。もしくは地元の釣具店や新聞、ネット情報、釣り友達などから最新の釣り情報を積極的に収集して鮭(アキアジ)のいる場所に行きましょう。 もし、鮭(アキアジ)の群れに出会えたら感動の1尾はもうすぐです。

鮭(アキアジ)釣りをする場所を確保しましょう!

鮭(アキアジ)のシーズンになると、どこの釣り場も大変混雑します。私も釣り場の前を通るたびにこの混雑の中よく竿を振れるなと感心したものです。鮭(アキアジ)の釣りの時間帯は主に早朝、朝マズメがよく釣れます。ただ、常連の釣り人も多く慣れない場所や、初めて釣りをする場所では思わぬ事故などに遭う可能性がありますので、最初は明るくなってからの時間帯が良いと思います。 逆に、午後になってくると釣り人が帰りいいポイントが空く場合がありますので、鮭(アキアジ)が釣れれば「残り物には福がある」ですね。 また、土日祝日よりも平日が確実に空いてるかと思いますが、最近は仕事の多様化もあるのか平日でもかなり混雑する釣り場もあるので運も関係してきますが、挨拶を交わしてお互いが気持ち良く釣りができるようにすると良いですね!

鮭(アキアジ)釣り、ウキルアーはゆ〜っくりと!

genkihyakubaianpanmanさんの投稿
26153610 396934364095233 3629576217880952832 n

ウキルアーでの話ですが、鮭(アキアジ)は水中の一定層をユラリユラリと動くものを加える習性があり、ウキルアーをする場合は移動スピードが早いと食いが落ちるそうです。キャストしたウキルアーを秒速10cmくらいの感覚でゆ〜っくりとリールを巻いてみるのが良いでしょう。 また投げで釣る場合は餌がユラリと漂うように仕掛けなどを工夫してみましょう。仕掛けは実際に釣れてる人から聞いて見るのが一番です。

鮭(アキアジ)は大きなアタリまで我慢してアワセは鋭く!

shirokuma.momoさんの投稿
22639165 298263417340457 8857395489855766528 n

鮭(アキアジ)はその魚体からは想像できないほどアタリが小さいのです。最初はコツッコツッと小さいアタリの後にグーッと大きく竿を引き込みます。最初のアタリは焦らずに、心を落ち着けて大きく竿が引き込まれるまで待ちましょう。 また鮭(アキアジ)は口が硬いのでフックが刺さりづらいです。アワセる時はロッドを素早くアワセてフッキングさせましょう。掛かったあとは、バレないように(外れないように)ラインテンションを保って最後まで慎重にいきましょう。

鮭(アキアジ)釣り 〜海〜

鮭(アキアジ)釣りのフィールドは主に海か川に分けられますが、海と川では釣り方が大きく違います。というのも、川に入った鮭(アキアジ)は海にいた時と身体の状態が変化するためです。詳しくは鮭(アキアジ)〜川編〜にてご説明したいと思います。 海釣りでは岸(港、ゴロタ場、砂浜)と沖で釣りをする2パターンに分けられます。

鮭(アキアジ)釣り 〜岸から〜

一般的には砂浜からウキルアーや投げ竿またはフライの釣りで狙います。シーズン中盤や外海がシケたりしたときに鮭(アキアジ)が港に迷い込むこともありますので、ウキ釣りなどで主に表〜中層での釣りとなります。

鮭(アキアジ)釣り 〜船から〜

船であれば跳ねていたり、群れを見つけるとその場所にめがけて船を出せるので非常に有利に釣りを運べますね。釣り方はウキルアーがほとんどのようです。現地流の仕掛けや、方法がありますがウキルアーで渋い時にはさらにサンマやカツオ、ベニイカをつけたりもします。 一般的には表層を攻めますが、棚が浅すぎると釣れません。基本的には3m〜4mの棚になります。ウキルアーに使うスプーンも重たすぎると逆に棚が深くなりすぎる場合もあるため、状況に合わせて選択しましょう。 また、オスは表層にメスはオスよりも下の棚にいることが多いようです。

鮭(アキアジ)釣り 〜川〜

shimarisu6さんの投稿
25009488 136032260418407 3051076270939963392 n

有効利用調査河川

鮭(アキアジ)釣り〜川編〜の目次を作りましたが基本的に河川での鮭(アキアジ)釣りは全面的に禁止されています。しかし、調査捕獲として国内の一部の河川で釣りを許可されています。 河川での釣りをする場合はほとんどが予約制です。また、各河川で1日の入場制限が厳しく定められていますので、各河川のレギュレーション(ルール)をよく読み応募してみてください。 有効利用調査が行われている河川(その年によって行われない場合もあります) ・北海道 忠類川 / 茶路川(平成29年は休止) / 元浦川(平成19年より休止) / 浜益川 / ・青森県 奥入瀬川(平成29年は情報ないので直接問い合わせてみてください) ・山形県 寒河江川 / 月光川(平成29年は休止) / 小国川 ・宮城県 小泉川(津谷川)/復帰目処ありません ・福島県 木戸川(平成29年は休止) / 請戸川(現在休止中) / 真野川(平成29年度は情報ありませんので直接お問い合わせください) ・茨城県 久慈川 / 那珂川 ・栃木県 鬼怒川 / 思川 ・新潟県 荒川 ・富山県 小川 石川県 ・手取川 各地域によって詳細は異なりますので、詳しくは各運営団体に問い合わせてみてください!参加費用は北海道で2000〜3500円 / 日、本州では5000〜6000円 / 日ほどです。

鮭(アキアジ)釣り場のルール

hairu0215さんの投稿
24125224 158604774756350 5483517147760033792 n

鮭(アキアジ)は釣り人にとって非常に大切な魚でありますが、漁業関係者にとっても大切な水産資源でもあります。また、近年鮭釣り人気の上昇によって港や地域の方に迷惑をかけるケースも起きています。ルールやマナーを守って不快な思いをせず気持ち良く釣りしましょう!

迷惑な駐車はやめましょう

鮭釣りシーズンになると釣り場にたくさんの車が集まるので、漁業関係者とのトラブルになるケースがあとを絶ちません。駐車スペースなどをきちんと確認した上で停めるようにしましょう。港によっては釣り人の駐車場を儲けている場合もあります。

禁止されているエリアや釣り方で釣りをしない

河川での釣りはもってのほかですが、海岸や港によっては侵入禁止や鮭釣り禁止(河口規制である期間のみ釣りをしてはいけない区域)などのルールがあります。また、餌ではなく引っ掛けるような大きな鉤爪で鮭を引っ掛ける「引っ掛け釣り」も禁止されています。これらはルールだからというのもそうですが引っ掛けてる釣り人を見ると周りの釣り人も大変不快な思いをしますので絶対にやめましょう。

鮭(アキアジ)の釣り方は?

miyuki_m.rさんの投稿
23163990 485349045168889 5872629206113845248 n

海であれば主に餌をつけての釣りになります。川であればスプーンなどの釣り方になります。最近は色々な釣り方がありますし、現地流のやり方があるので今回は基本的なもの(投げ釣り、ウキルアー、ウキフカセ)を紹介していきます。

鮭(アキアジ)釣りに必要なタックルは?

釣り方によって揃えるタックルが少し異なります。投げ釣りであれば必要なタックルは投げ竿、投げ用のリールと鮭の投げ仕掛けなどです。ルアーで狙う場合のタックルはルアーロッド、3000〜4000番のリールとルアーとウキなどです。それぞれの釣り方で細く紹介していきます。

鮭(アキアジ)釣り 〜ウキルアー釣り〜

ロッド

ルアーロッド9〜13フィートのロッド。(大体3m前後の長さのもの)メーカーによってはアキアジ専用ロッドなどの鮭釣り専用タックルもあるのでそれを選んでも良いと思います。ロッドのパワーはミディアムヘビー(MH)〜ヘビー(H)クラスが鮭タックルとしては使いやすいと思います。また比較的重たいルアーを投げて大きな鮭を釣るのでルアーウェイトは大体60〜80g まで使えるロッドが良いでしょう。釣具の店員さんに聞くと予算などにあわせた最適なロッドを教えてくれるはずですよ!

ダイワ アキアジ専用ロッド
楽天で詳細を見る

リール

ウキルアー釣りでは一般的にはスピニングリールと呼ばれるものが使われます。(スピニングリースはロッドの下に来るタイプのもので、逆にロッドの上にくるタイプがベイトリールと呼ばれているものです。)スピニングリールの番手はそれぞれのメーカーによって異なりますが3000〜4000番台を選ぶと良いと思います。リールのギア比も様々なものがありますが、ハイギヤのタイプを選ぶことで繊細なアタリをリールで取ることができます。

ライン

昔はナイロンラインがよく使われていましたが、現在は根ズレにも強くなっていきたPE(ポリエチレン)製のラインを使っている人が多いと思います。PEラインを使う場合はそれだけだと強烈な引きがあった瞬間に全く伸びず切れてしまうことが多いのでショックリーダー(ショックを吸収するためのライン、ナイロンなど伸びのあるラインで)を結んでください。PE2〜3号に対して、ショックリーダーはナイロン製のものを20〜30lb(5号〜6号)のものが良いと思います。 また、ナイロンラインをメインで使う場合は20〜30lb(5号〜6号)のものが150m〜200mあれば大丈夫です。PEも150m〜200mで大丈夫です。

タモ(タモ網)

港や防波堤など足場の高い場所から鮭を獲る場合に必須タックルとなります。砂浜やゴロタ場では波の力で足元まで持ってこれますが、足場の高いところから抜き上げるのはタックルにもよりますがほぼ不可能です。 タモ網のおすすめの長さは5m前後のもの。(5mあればほとんどの場所に対応できます)網の直径は60cm以上あるものがよいと思います。

スプーン

スプーン単体であれば25g〜35gのものを使い、ウキを使う場合は35g〜50g程度のものが主流になります。色はド派手なものを選びましょう。アカキンカラーが最も地味くらいの基準で選ぶと良いです。そのほかには青銀、白、赤黒などがおすすめです。

タコベイト

スプーンやルアーの先に取り付けます。よりアピール度を上げるために使います。針付きのものは400〜500円するのでなれてくれば自分でタコベイトと針を買って仕掛けを作るのが良いと思います。キラキラをつけたり、自分で工夫するのもなかなか楽しいですよ。

ウキ

アキアジ用 ウキ ハヤブサ
Amazonで詳細を見る

重たいスプーンルアーを水中に漂わせるために必要なアイテムです。特に大きいものに反応する鮭をゆっくりと表層〜中層で引くのに重要な役目を担っています。 アキアジ(鮭)専用のものが売っていますが、なぜか専用のものは高いので同じような浮力のウキを使えばタックル費用を抑えられますよ。

鮭(アキアジ)釣り 〜ウキフカセ釣り〜

ロッド

磯竿2〜3号、5m前後のもの。投げ竿を代用しても大丈夫です。

リール

ルアーで使ったもので大丈夫です。先ほどの号数が150m巻けるものであれば十分使えます。

ライン

基本的にナイロンラインかPEラインのどちらかになりますが、ウキフカセはラインの特性によって好みが分かれるのでナイロンラインを使ったり、PEラインを使ったりと試してみてから自分のラインを決めていくと良いと思います。

タモ(タモ網)

ウキフカセ釣りも場所によってタモ網が必要になりますので、長さ5m前後で直径60cm以上のものを準備しましょう。

ウキ仕掛け

ウキフカセの仕掛け自体は非常にシンプルなものです。市販のものでも市販のものを真似して自分でいくつか作るのも良いと思います。

鮭(アキアジ)釣り 〜投げ釣り〜

投げ釣りで狙う釣りを通称「ぶっ込み」と呼びますが、産卵前の鮭は積極的に餌を追わないので基本的には派手な誘いなどは入れず餌を漂わせるような仕掛けを投げ込み待ちます。 また、投げ釣りでも遅アワセが基本です。アタリが意外と小さく、ロッドの先がジワ〜っと曲がったり、軽く曲がって止まったりしたら、ワンテンポ遅らせて合わせましょう。早合わせをするとすっぽ抜ける原因となりますので落ち着いて対応しましょう。

ロッド

長さ4.2m〜4.5mのものでオモリの負荷が30号のもの。(現在使っているタックルがオモリの負荷30号以上のものであれば代用できますよ!)

リール

中型〜大型の投げ釣り用スピニングリールでドラグ付きのものを選びましょう。

ライン

ナイロンライン20lb〜30lb(5〜6号)のものかPEライン2〜3号のものを巻きましょう。

タモ(タモ網)

タモ網は他の先ほど紹介したものと同じものを用意しましょう。

投げ釣りの仕掛け

仕掛けに関してはこれが正解というものがないので、参考程度に見ていただければと思います。また、仕掛けはその人によってこだわりや特徴があります。餌のつけかたや餌を漂うようにしたりと工夫が随所に見られるので、一番はその釣り場で実際に聞いてみるのが良いと思います。

〜最後に〜

yota_saltlureさんの投稿
22637259 176285326260056 9004337986183102464 n

ここまで一通り鮭釣りについて紹介してきました。基本的に投げ釣りであれば今あるタックル(ロッド、リール)はそのままに仕掛けと餌(餌はサンマ使っているものはそのままですね!)鮭用のものに変えればすぐに始められます。ルアータックルであれば10フィート前後のシーバスロッドなどでも代用できますし、シーバス釣りをやるかたであればリールはそのままつかえるかと思います。少し違うのは鮭釣りの人気のためにシーズンになると釣り場がとても混み合うこと。それだけ釣り人は1尾の夢を追いかけているのだと思います。 それだけ秋は熱気を帯びますがそれだけにトラブルも多発しやすいのでお互いが気持ち良く過ごせるような配慮が大切かもしれませんね。鮭釣りを知らなかった方もこの記事を読んで少しでもチャレンジしてみたい!と思っていただければ幸いです。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ