Twitter
Facebook
LINE

メダカのビオトープを作ろう!メダカ飼育で必要な環境作りと注意点!

puopuopuopuo

メダカのビオトープを作ろう!メダカ飼育で必要な環境作りと注意点!

puopuopuopuo

ビオトープと言うものをご存知でしょうか。ビオトープとは、自然界の空間を小さな鉢の中に再現したものを指します。その中にメダカなどの生き物を入れる事によって、鉢の中では見る事の出来ないメダカ本来の姿を見る事も出来ます。見てるだけで心の癒しにする事が出来るでしょう。



メダカのビオトープとは

ビオトープとは、小さな容器の中で、自然界の環境を作り出す事を指します。ビオトープち言う言葉は造語であり、 生命:ビオ(BIO)+場所:トープ(tope)という言葉から作られたものと言われています。 最近ではビオトープを作り、庭などに置く事によって生き物そのものの姿を楽しむ事が流行しています。家の中に おく、水槽などの容器とは違い睡蓮鉢などの大きな空間の中で育てる事によって飼育をしえ居ると言うよりは自然界の環境をのぞかせて貰っているような気持になる事が出来ます。 その中で、繁殖をしたり成長している姿を見る事によって日々の生活の癒しの存在にする事が出来るでしょう。メダカなどは、元々比較的てのかからない生き物ではありますが、水替えなどの必要が出てきます。しかし、ビオトープにする事によって、それらの水替えなどの手間もぐっと少なくなります。その為、大変おすすめのものとなっております。

メダカのビオトープの利点

ビオトープの利点は、なんと言っても飼育のしやすさです。自然界の環境で生きているメダカは、誰も手を加えていないのにも関わらず、元気に生活しています。ビオトープとは、そんなメダカの環境を小さな容器の中にそのまま作り出しているのです。 その為、水替えなどの面倒な飼育はほぼ必要ありません。必要あな事は、その環境を用意してあげる事だけなのです。上手く環境を作る事が出来れば、繁殖などを見る事も出来るので面倒な飼育の手間を省きつつメダカ飼育の良いい所だけでを楽しむ事が出来るのです。 また、ビオトープのの場合にはメダカなどの生き物の飼育だけではなく水草などの植物の成長も一緒に楽しむ事が出来ます。その為、より華やかな空間を作り出す事が出来るでしょう。

メダカのビオトープに必要な物



それではここから、メダカのビオトープを作り方をご紹介させて頂きます。ビオトープを作ったことが無い方にとっては、ビオトープをいきなり作ろうと思った所でどんな環境を作れば良いのか分からない場合も多々ある事でしょう。ここでは、初心者の方でも簡単に出来る方法を詳しくご紹介させて頂きます。 メダカのビオトープは、1つあるだけで生活の中に潤いや癒しを与えてくれるおすすめの存在です。上手に作り、メダカの飼育を楽しんでみてはいかがでしょうか。

容器

メダカのビオトープを作る際、まず必要となるのが容器です。容器に決まりはありません。プラスチックや陶器など素材もお好みで選ぶ事が出来るでしょう。 その中でも多くの方が利用しているのが睡蓮鉢です。睡蓮鉢は深さがあるだけではなく、入り口の部分が広くなっています。その為、より多くの空気と光を取り込む事が出来るので、より良い環境作りをする事が出来るでしょう。 お気に入りの容器を選ぶ事によって、より楽しいメダカのビオトープづくりを行う事が出来ます。適当に選ぶのではなく、よく吟味して決めてください。

水草

メダカのビオトープを作るためには、自然界の環境を作り出す事が重要です。その為、メダカが生きる自然の環境を作りだす事が必要です。自然界には、植物がありその植物が光合成をする事によってメダカを飼育する為に必要な環境をより良くすることが出来るからです。 その為、ビオトープを作る際には水草をいれましょう。水草には浮遊・浮葉・抽水植物など様々な物があるので、自分の好みに合わせたものを選んでみてはいかがでしょうか。 また、水草を入れる事によって繁殖の際に卵を産み付ける産卵場所として活用する事も出来ます。



底土

ビオトープを作る際には底土を入れる必要があります。そうする事によって、ビオトープに必要なバクテリアを繁殖させることが出来るからです。バクテリアを増やす事が出来れば、水を綺麗に保つ事が出来水替えの必要性もぐんと減ります。 メダカなどの魚を飼育する際に、最も面倒な事水替えです。冬の水替えなどは、手が痛くなる事もありどうしても億劫に感じてしまう事もあるでしょう。バクテリアを多くすることができ、より良いビオトープを作る事が出来ればそんな水替えも減らす事が出来ます。 底土には赤玉土が良いと言われております。

メダカ

メダカのビオトープを作っているのですから、メダカは必要不可欠な存在です。メダカにも色々な種類が居るので、好みのメダカを選んでみてはいかがでしょうか。 雨水などをただ貯めておくと、ボウフラなどの虫が出てしまう場合もあります。しかし、ビオトープを作りメダカを中に入れる事によって、ボウフラなどの虫を食べて貰う事も出来るでしょう。メダカの排泄物が植物の栄養となる事もあり、よりよい自然界を再現する事が出来ます。

タニシ類

ビオトープの中に入れる生き物は、メダカだけとは限りません。おすすめの生き物はタニシです。タニシを容器の中に入れる事によって、コケなどを食べて貰う事が出来るのです。いくら自然の環境を再現したとしても、容器の中に入れているとどうしても水が汚れてしまう場合もあります。ですが、タニシを入れる事によってその汚れを軽減させてもらう事が出来るのです。 メダカが襲われる事もないので、大変おすすめです。

ただし、タニシは大変繫殖能力が強いので増えすぎには注意しましょう。 例え、自分が入れた覚えが無かったとしても水草を購入したときなどに葉に卵が付いている可能性もあります。それらが勝手に容器の中で大きくなってしまう可能性も十分にあるのです。 あまりにも増えてしまうと、景観を損なう恐れもありますので注意してください。

底に入れる石

メダカのビオトープを作る際は、出来るだけ自然に近い環境を作る事を意識しましょう。その為綺麗なものだけではなく。ゴロゴロとした石なども入れるとよりビオトープとして良い環境を作る事が出来ます。 また、それらの石はビオトープとしての雰囲気を作るだけではなくメダカの隠れ家にする事も出来、繁殖などの役に立つ場合もあり大変おすすめです。

メダカのビオトープの作り方

ここからは、メダカのビオトープの作り方をご紹介させて頂きます。 作り方の基本を学ぶ事によって、自分のオリジナルのビオトープもより簡単に作る事が出来るようになる事でしょう。

①容器に底土を敷く

メダカが自然界で生息している場所には、大抵底の部分に土があります。だからこそ、その環境を再現する為に底土を入れるのです。そうする事によって、メダカをリラックスさせることが出来ます。 作り方としては、底から約5cmほどが目安となります。 底土を入れることが出来たら、植物を配置しましょう。

②石を置く

底土の上に植物を配置したら、それらの繁殖に邪魔にならないような位置に石を置いて行きましょう。 その際、ツルツルとした石よりはごつごつとした石の方がメダカも安心して過ごす事が出来ます。

③水を入れる

ある程度の配置が出来上がったら中に水を入れましょう。水道水を入れる場合には、必ずカルキ抜きを行って下さい。 水を入れる際は、出来るだけ慎重に入れる事をおすすめします。 そうしなければ、せっかく綺麗に配置した植物たちが全て台無しになってしまうからです。

④微調整

どんなに慎重に水を入れても、多少ずれてしまう場合があります。その際は、微調整を行いましょう。

メダカのビオトープの作り方~水合わせ

メダカを入れる際には、必ず水合わせを行いましょう。 水合わせとは、水温や水質を合わせる事を指します。それをしなければ、最悪の場合メダカが死んでしまう場合もあります。気を付けましょう。

メダカのビオトープ~えさやり

メダカは雑食性です。その為、ビオトープが完成した場合にはボウフラなどを食べるので、エサをあげる必要はありません。 ですが、完成して間もないビオトープはまだ微生物などが繁殖していません。だからこそ、エサが無い状態となってしまいます。その為、メダカにエサをあげる必要があります。 エサは5分程度で食べきれる量を朝・晩に与えましょう。 食べる姿が可愛いからと言ってあまりにも多くのエサを与えるのは止めましょう。 水が汚れる原因となり、水替えの必要が出てきます。

メダカのビオトープ~メダカを増やしてみよう

ビオトープの作り方をマスターし、上手くビオトープの環境を作る事が出来ればメダカを繁殖させることも可能です。 メダカは春~夏にかけて卵を産み、繁殖します。 その際に、ビオトープの中に、マツモやホテイアオイなどと言った根の長い水草を浮かべる事によって産卵場所を確保する事が出来るでしょう。 産卵が済んだ水草は、すぐに別の容器に入れ替えます。そうしなければ、親のメダカが食べてしまうからです。その為にも、事前にもう一つビオトープを作て置く事もおすすめします。

メダカのビオトープの注意点

冬になると、メダカは冬眠期間に入ってしまいます。その為、エサやりなどをやめそのままそっとしておきましょう。植物の中にも、冬の際にはあまり成長しない物もあります。だからこそ、そのまま春が来るまで越冬させましょう。 もし、冬の時期に元気な姿をみたいというのであれば室内などの暖かい場所に置くことが必要です。ですが、容器によってはなかなか動かす事が出来ない場合もあるでしょう。そうなってしまえば、冬の時期は我慢するしかありません。 自然界を再現するのが、ビオトープの良い部分です。良い部分であると同時に、悪い部分もあるのが物事の常と言うものです。冬には冬の姿がある事を理解して、その環境を楽しんでみてはいかがでしょうか。

メダカのビオトープ~置き場

ビオトープが完成したら、置き場を考えましょう。 ビオトープの中には植物が入っています。その為、基本的に日当たりが良い場所に置く事をおすすめします。ビオトープの中に入れた植物によって、光を必要とする量も変わってきます。半日程度で良い場合もあれば、一日中日当たりを必要とする場合もあるでしょう。その為、それぞれにあった場所を考えて置きましょう。 外に置くと言う事は、雨水が中に入る場合もあるかもしれません。きちんと自然界を再現出来て居るのであれば、雨水が入っていても問題ありません。

メダカのビオトープを作ってみよう

メダカのビオトープは、作り方はさほど難しいものではありません。その為、作り方をマスターをする事が出来れば、自分なりのビオトープを簡単に作りだす事が出来るでしょう。 ビオトープを生活の中に作りだす事によって、日々の生活に癒しを与える事が出来ます。生き物を飼育する事は、楽しい事と同時に、手間もかかります。ですがビオトープを上手に作りだす事によって、手間をかけずに美しい姿を楽しむ事が出来るようになるでしょう。 繁殖などをする場合もあり、ビオトープの楽しみ方は無限大です。是非、ビオトープを作ってみてはいかがでしょうか。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【2021年冬版】ライトショアジギングジギング用最安ロッド&リールはコレだっ!

【シマノ 21ナスキー C5000XG】 https://www.amazon.co.jp/dp/B09BFN8TXC?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative...

ダイソーでデコパージュが安く簡単にできる!塗って貼るだけのデコパージュを紹介✨How to decoupage with Daiso Kit

どうも皆さんこんにちは!暮らしーのインドアライフチャンネルです!今回は「デコパージュ」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 材料 今回は100...

【お怒り検証】ワンピースベールじゃないとこうなります。【ナスキー】

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...

【タティングレース初心者向け】リングモチーフのイヤリングの作り方を紹介✨How to make tatting lace ring earrings

どうも皆さんこんにちは!暮らしーのインドアライフチャンネルです!今回は「タティングレース モチーフのイヤリング」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いしま...

【タティングレース初心者向け】糸端の始末のやり方を解説!How to clean up the thread end of tatting lace

どうも皆さんこんにちは!暮らしーのインドアライフチャンネルです!今回は「タティングレース 糸の始末」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 糸の...