検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

大人気!スキレットの簡単レシピ!使いこなしで料理上手に!

スキレットってご存知ですか?今大人気のスキレット!アウトドアでも大活躍する万能調理器具なんです。スキレットレシピを知っていればアウトドアでも普段の料理でもレシピの幅が広がります。たくさんあるスキレットレシピの中からおすすめをご紹介します。
2020年6月7日
マカロン

スキレットとは

スキレットってどんなもの?

最近、人気のスキレット!インスタグラムでもよく見かけます。 スキレットとは、厚手の鋳鉄製のフライパンのことです。 特徴としては、台所によくあるアルミやステンレスのフライパンに比べると蓄熱性が高いのです。 いつもの食材がスキレットの調理でおいしくなり、調理したあとはそのままテーブルへ。 見た目もおしゃれでかわいいので、テーブルの上がおしゃれに彩られます。 どんなレシピがあって、どんな種類のスキレットがあるのか、まとめてみました。


スキレットの魅力

鋳鉄製ということで、熱伝導率がいいので外はカリカリに中はふんわりに仕上げることができます。 そんな特性をいかしたスキレットレシピはたくさんあります。 出来立てをそのままテーブルへ出せることも魅力的です! 人気の秘密はスキレットレシピはたくさんあること!おしゃれで普段と違った料理ができること!

スキレットを扱っているメーカー

大人気商品!ニトリのスキレット

ニトリ 6インチ スキレット

出典: Amazon

出典: https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/KitchenGoodsTableware/CookingArticle/CookingArticleFryingpan/8965246s?ptr=item

色: ブラック サイズ(約): 巾25.5×奥行17×高さ3.3cm 主な素材: 鋳鉄 重量: 約730g ●保温性が高く冷めにくい、使い勝手の良いフライパンです。 ●オーブンでも使用可能ですので、お料理の幅が広がります。 ●そのままテーブルへ置いて、食卓をカフェの様に演出できます。

ニトリのスキレット鍋は、15cmタイプと19cmタイプがあります。 通称「ニトスキ」と言われるスキレットです。ニトリに売っているので、お求めやすいです。 ニトリのスキレットは、コストパフォーマンスに優れ、さらに使い勝手もいい大人気商品です。 私も使っていますが、普段使いにもアウトドアにもおすすめです。

ニトリ 木台 角型 M(ZP-Y010 NA)

色: ナチュラル サイズ(約): 巾21×奥行21×高さ2cm 主な素材: 竹 重量: 約230g ※天然木を使用しているため、変色や変形する恐れがあります。 ※本来の用途以外には使用しないで下さい。 ■内側の円の直径(約):17.5cm ■材質:天然木(竹) ■表面塗装の種類:NCラッカー塗装

ニトリのスキレット用の木台です。木の素材感があたたかみを感じさせます。スキレットをすぐにテーブルへ出せるので、おうちでスキレット料理を作るときに大活躍です。 ニトリはスキレットに関連する用品もお求めやすい価格でそろえられるのも魅力です。

ロッジのスキレット


ロッジ スキレット 10 1/4インチ

出典: https://www.lodge-cooking.com/product/detail/19240005000010/

●全長:約42cm     ●内径:25.7cm ●深さ:4.7cm ● IH 対応商品 鋳鉄製 2.54kg 一般に販売されている鉄製のフライパンと違って、 スキレット は厚みがあるのでバラエティに富んだ焼き料理が可能です。使うほどに手入れが簡単になるので、家庭でも毎日使えます。 ※両手で持てるハンドル付き。

ロッジのスキレットは別売のスキレットふたを組み合わせることでスキレットレシピの幅が広がります。 ロッジのスキレットはサイズのバリエーションが豊富です。 シーズニングが最初にされているのでお手入れも簡単ですし、スキレット初心者にもおすすめです。ロッジのロゴがおしゃれですね。ロッジのスキレットはおしゃれで人気のあるスキレットのひとつです。

ロッジのスキレット カバー10 1/4インチ

本体の内径に合わせて縁の付いた別売のフタです。裏面の突起は蒸発した水分が料理に落ちてうま味を逃さない工夫がしてあります。※耳なしの円形となります。

キャプテンスタッグのスキレット

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) スキレット 16cm

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

■製品サイズ(約):180×280×高さ45mm ■重量(約):1kg ■材質:鋳鉄 ■原産国:中国 ■JAN:4560464255287

アウトドア用品を取り扱うメーカーで人気のキャプテンスタッグです。つくりがしっかりしているので、アウトドアにもぴったりです。 キャプテンスタッグのスキレットもサイズや形状のバリエーションが豊富なので、作りたいスキレットレシピに合わせて選択するのもいいですね。

スキレットを買ったら

スキレットを使用する前にすること!

まずは「シーズニング」という作業をしなくてはならないスキレットがあります。鉄の表面に油をなじませることで皮膜を作り、焼入れ鍛える作業です。 「シーズニング」をすることで焦げにくく、錆に強くなります。

シーズニングの仕方

まずは洗剤で軽く洗います。 その後、空焼きをして水分を完全に飛ばしてください。 そして、キッチンペーパーなどを使ってオリーブオイルをスキレット全体に塗ります。 その後、熱がさめてからもう一度オリーブオイルを塗ります。 そして、野菜をいためます。使わないような野菜でも大丈夫です。しっかり油をなじませます。 その後、キッチンペーパー等でふき取って、30分くらい空焼きをします。 これで、焦げや錆に強くなります。 ※シーズニングの方法は色々あります。

簡単にできるスキレットレシピ5選

簡単でもおいしい料理ができるスキレットレシピ

スキレットレシピは、見た目も食欲をそそります。 簡単においしくできるスキレット。 素材の味をいかしながら、あつあつを味わうことができるおすすめスキレットレシピです。レシピのバリエーションがたくさんあるので、スキレットひとつあると料理の幅が広がります。 おつまみからスイーツまで、幅広いレシピがあります。 そんなスキレットレシピの中からおすすめをまとめてみました。

季節の素材を生かすスキレットレシピ

スキレットは年中使いこなせる調理器具だと思います。四季折々のおいしい旬の素材をスキレットで料理しましょう。 例えば、冬の寒い日にはあつあつのグラタンやチーズを使ったレシピ、夏のバーベーキューや屋外料理でも活躍します。ひとりでもパーティーでも使えるスキレットです。 そして、朝食にも夜のおつまみにもスイーツにも、本当に万能調理器具なんです。 スキレットレシピを覚えたら、たくさん人が集まるパーティーでも大活躍です。

スキレットレシピ1 おつまみ

スキレットレシピ、簡単おつまみ!ジャーマンポテト

本当にかんたんなおつまみレシピ。スキレットを使ったジャーマンポテトです。普段料理があまり得意じゃない人でも簡単です。 材料は、じゃがいもにたまねぎ、ウィンナーなどです。ウインナーの代わりにベーコンやハムを使ってもよいですし、ブロッコリーやお好みの野菜をプラスしてみてもいいでしょう。

材料 (2~3人分) じゃがいも中3個 玉ねぎ半玉 ブロッコリー少々 ウインナー3本 塩コショウ若干 醤油気持ち バター眼鏡レンズ片方くらい

作り方は、材料を切ってスキレットに乗せ、味付けをしたら魚焼きグリルで完成です。作り方もシンプルで初心者にもおすすめです。 材料もシンプルで冷蔵庫にありそうなものですし、簡単にできるのもうれしいおつまみスキレットレシピです。 たまねぎを下に敷いて焼くことがおいしく作るコツです。スキレットで手軽においしいおつまみができるなんて最高です。

スキレットレシピ2 キッシュ

人気のスキレットレシピ!キッシュの作り方

おしゃれで簡単なスキレットで作るキッシュです。 材料は、パイシートや卵、牛乳、ほうれん草、玉ねぎ、ブロックベーコンなどです。お好みのきのこも合わせるとおいしいですね。チーズや塩コショウでお好みの味付けにしましょう。

材料 (作りやすい分量(スキレット16cm 2つ分くらい)) 冷凍パイシート2枚 卵2個 牛乳100cc ほうれん草2株くらい(冷凍でもOK) ブロックベーコン50gくらい 玉ねぎ1/4個 きのこ(今回はしめじ)お好みで 粉チーズ大さじ2 塩コショウ適量

作り方は、スキレットにパイシートをしいてその上に炒めた野菜、ベーコンなどと卵と牛乳を入れオーブンで焼きます。シンプルで作りやすいレシピです。 スキレットを使ったキッシュは簡単に作れて、子供も喜ぶスキレットレシピです。 見た目が鮮やかで、おしゃれな一品です。 暖かいキッシュはパーティーやおもてなし料理にもぴったりです。

スキレットレシピ3 アヒージョ

ワイン好きのおつまみにもおすすめ!スキレットレシピ、アヒージョ

簡単にできて、パーティーやおもてなしにもぴったりなスキレットを使ったアヒージョです。 材料は、えびやたこなどの海の幸。マッシュルームなどのきのこもおすすめです。 オリーブオイルをたっぷり使って、素材の味を楽しみましょう。

材料 (2〜4人分) むきエビ4尾 タコ ぶつ切り4〜8切れ マッシュルーム2個から〜 オリーブオイル 約40cc ニンニク 1片 唐辛子輪切りお好み 塩ひとつまみ とろけるチーズお好みの量 パン粉 大さじ1~2 スキレット鍋1

作り方は、スキレットにオリーブオイルとにんにくを入れ、そこへ海の幸やきのこを入れていきます。チーズをかけてパン粉をかけたらトースターで焼いて出来上がりです。スキレットとトースターでできる本格おつまみですね。 アヒージョと聞くと難しそうな料理ですが、スキレットを使うことで簡単にできあがり。 スキレットとアヒージョは最高の組み合わせです。 ワインに合うおつまみですね。 大人のパーティーに、喜ばれるおつまみにもなります。

スキレットレシピ4 チーズを使ったおつまみ

スキレットと相性がいい!チーズを使ったレシピ

材料は3つだけ!チーズを使った簡単なチーズを使ったスキレットレシピです。 ブロッコリーとベーコンにチーズこの3つと味付けだけのシンプルな料理です。シンプルで簡単だけどおいしいんです。 たっぷりのあつあつチーズにベーコンの組み合わせは最高です。

材料 (1人分) 茹でブロッコリー好きなだけ ベーコン2~3枚 ナチュラルチーズ好きなだけ ニンニクチューブ 1cm 塩コショウ適量 味の素 適量 アンチョビ 好みで入れる

作り方は、炒めたベーコンとブロッコリーをスキレットへ入れてチーズをかけるだけです。あとは、お好みの焼き加減で出来上がりです。チーズの量も味付けも自分流で味わえそうですね。 あつあつのスキレットにチーズってぴったり合います。 寒い日のおつまみやチーズ好きな女性にもぴったりのスキレットレシピです。 こんなにたっぷりのチーズ、大好きな人にはたまりません。

スキレットレシピ5 豆腐を使ったレシピ

豆腐を使った簡単スキレットレシピ

おうちの冷蔵庫には必ずあるかもしれない、豆腐を使ったスキレットレシピです。 材料は豆腐にバターとチーズに青しそというおもしろい組み合わせですね。

材料 (1人分) 木綿豆腐100g バター5g ☆醤油小さじ1 ☆砂糖小さじ1 ☆おろしにんにく チューブを2cm ☆料理酒 小さじ1 溶けるチーズ適量 青シソ1/2枚

作り方は、水切りした豆腐を切ってスキレットで焼いて味付けするだけです。そこへ、チーズを乗せて完成です。 簡単ですが、味付けはしっかりしている一品です。おもてなしにも使えるスキレットレシピです。 甘辛くてお酒にも相性がよく、おつまみにもぴったりです。

お肉を使ったスキレットレシピ

お肉とも相性がいいスキレット

スキレットは、もちろんお肉を料理することもできます。 ハンバーグや鶏肉、豚肉などもいろんなスキレットレシピがあります。 ハンバーグを焼いて、そのままテーブルにだすと、レストランのようにあつあつを味わうことができます。見た目で食欲をそそります、楽しい食卓になりそうですね。

スキレットでとり胸肉を使ったレシピ

スキレットを使った鶏肉とじゃがいものソテーです。 レストランででてくるようなお料理をおうちで作ることができます。材料は鶏の胸肉とじゃがいも、そして調味料です。調味料にこだわることで、味に深みがでておいしい料理ができあがるのかもしれませんね。パーティにもあう一品です。

材料 (2人分(15cmのスキレット1台分)) 鶏胸肉1枚 じゃがいも小4~5個ほど 塩適量 黒こしょう適量 オリーブオイル 大さじ2 ■ ■オレンジカルダモンソース カルダモン(GABANなど)10~12個 バター(無塩バター)10gほど オレンジジャム(オレンジの皮入りのもの)大さじ3ほど しょうが(すりおろしておく) 小さじ1ほど にんにく(すりおろしておく) 小さじ1ほど 塩適量 黒こしょう適量 ■ ■トッピング くるみ(粗く刻んでおく)お好みで適量 ピスタチオ(粗く刻んでおく)お好みで適量

作り方は、鶏肉とじゃがいもをスキレットでじっくりやきあげます。調味料にポイントがあるレシピですね。スキレットと鶏肉の組み合わせもばっちりです。 スキレットを中心に鶏肉を使ったメイン料理のできあがりです。 焼き加減がとてもジューシーで、普通のフライパンではできない焼き加減です。こちらもスキレットの魅力がいっぱいの料理です。

スキレットレシピ スイーツ

スキレットレシピ ホットケーキ

スキレットを使ったホットケーキです。子供が喜ぶもちもち食感のホットケーキです。 材料はシンプルにホットケーキミックスと牛乳、ヨーグルトです。

材料 (一人分) ヨーグルト75g 牛乳75g ホットケーキミックス 75g バターお好みで メープルお好みで

作り方は、牛乳とヨーグルトとホットケーキミックスを混ぜてスキレットへ入れます。そして、それをオーブンで焼きます。普通のフライパンでは味わえないもちもち感がたまらないホットケーキです。 分量も簡単ですし、お子様にもおすすめのスキレットレシピです。 スイーツもスキレットを使えば普段の食感とは違った感覚を味わうことができます。

スキレットレシピ 朝食

スキレットレシピ 栄養たっぷり簡単朝食の作り方

忙しい朝こそスキレットを使った朝食レシピです。スキレットにたくさんの材料が盛り付けられて、栄養もたっぷり、見た目もおいしいスキレットレシピです。 朝ごはんの定番、目玉焼きはもちろん、ポテトやベーコン、お好みの野菜も一緒にいただけます。

材料 オリーブオイル 100cc位 スキレットで煮る為野菜が1/3位浸かる位 おろしニンニク 少々 卵1個 ジャガイモ小2個 冷凍ポテトの方が火が通りやすいです プチトマト2個 ブロッコリー2片 クレイジーソルト 少々 なければ塩コショウでも良いです

作り方は、スキレットで野菜を先に調理して仕上げに目玉焼きを焼いて完成です。忙しい朝にもスキレットレシピです。 いろんな食材を簡単に味付けおいしくいただきましょう。 料理が苦手な人でもスキレットがあれば、料理上手に見えますよ。

スキレットを持ってキャンプへ行こう

アウトドアでスキレットレシピ

スキレットは、アウトドアでも活躍します。 私も、キャンプをするときはスキレットを持参します。私も主人もお気に入りのアウトドアアイテムのひとつなのです。 バーベーキューやカレーなどを作っているときに、もう一品なにか作りたいなという時に活躍します。 もちろんメイン料理としても使えますよ。 スキレットレシピは子供から大人まで幅広い人に喜んでもらえるレシピがあるので、アウトドアでももちろん楽しい料理作りができるのです。

薪ストーブと相性ぴったりなスキレット

最近、人気の冬キャンプ!冬キャンプに行くなら薪ストーブがおすすめ。 そして、薪ストーブで調理をするなら、スキレットが相性ぴったりなんです。薪ストーブの火力とスキレットの調理方法が合うので、冬キャンプへ行く時は、ぜひひとつ持っていきたいアイテムです。 薪ストーブで暖まりながら、スキレットでお好みの料理を作るのもキャンプならではの楽しみ方ができそうです。

アウトドアとスキレットレシピ

アウトドアにスキレットを使った料理を

アウトドアで、スキレットで海の幸たっぷりのパエリアです。 今回、ご紹介している調味料はボンカレーを利用していますが、パエリアの味付けはご家庭によってお好みにしてください。お子様がいる家庭だと甘口のほうがいいかもしれませんね。 パエリアは具沢山なところも魅力です。

材料 (2~3人分) 米150g ボンカレー(中辛使用)1袋 鶏手羽3本 えび3尾 あさり50g たまねぎ1/2個 パプリカ(赤・黄)各45g オリーブオイル  大さじ2 水200ml レモン(好みで)適量 パセリのみじん切り(好みで)適量 オリーブオイル 大さじ2 塩・こしょう各少々

作り方は、スキレットで材料を炒めて、お米を入れたら煮立たせて汁気がなくなったら完成です。アウトドア料理というと、バーベキューやカレーライスといった定番になりがちですが、スキレットがあれば、本格的なパエリアに挑戦することもできます。 パエリアと聞くと難しそうと思うかもしれませんが、意外と簡単にできるのです。 いつもと違ったスキレットレシピでアウトドアで人気者になれるかもしれません。

スキレットと調理コンロ

スキレットはIHコンロにも使える!?

IHコンロでは使えないように思っている人も多いと思います。 スキレットの中にはIHコンロに対応しているものがあります。 今は、家庭の調理器具でIHを使っている家庭が多いと思います。購入する前に、IH対応のスキレットかどうかを確認しておきましょう。、 ※ただし、一定の条件がある場合もあるので使用する前に取扱説明書を確認しておきましょう。

スキレットを選ぶときの注意点

スキレットのサイズ

スキレットのサイズや形状、大きさによって、一人用に使うのか、大勢で使うのかの用途も変わってきます。 小さいものは、一人スキレットレシピにぴったりです。一人晩酌のおつまみにもぴったり。 大勢でスキレットレシピを囲みたいときは少し大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。見栄えもよくてたくさんの人をもてなすときに活躍しそうです。 テーブルの中心にスキレット料理を置いて取り分けるのも楽しいです。テーブルの上がぱっと華やかに見えます。

スキレットのお手入れ

スキレット使用後のお手入れ

スキレットを使用した後のお手入れについて、まとめました。 まず、スキレットは完全に冷めてから洗うようにします。使用した直後は大変高温なので、ヤケドにも注意です。お子様がいるご家庭では、お子様が触ったりしないように気をつけましょう。 最初に、キッチンペーパーなどで汚れをふき取ります。 そして、水洗いをします。たわしなどを使います。 洗剤は使わないのが基本ですが、どうしても洗剤を使う場合は洗い流したあとで必ず「シーズニング」をします。 乾かしたあとで、「シーズニング」です。

スキレットの保管

スキレットはどんなところに保管するの?

スキレットの保管は、きちんと冷めた状態で保管します。 できるだけ湿気の少ない場所で保管します。 長期間使わないのであれば、新聞紙などで包んで保管しておくとよいでしょう。 長持ちさせるためにも、きちんとした保管をこころがけましょう。

スキレットを使いこなす

スキレットって本当に万能調理器具ですね。いろんな料理が作れるので、スキレットを使ったレシピをどんどん作りたくなってきます。私も購入してすぐに、レシピをたくさん調べました。自分が作れるレシピが増えるとうれしいですし、作っていて楽しいです。 いろんなサイズでいくつもほしくなります。 子供も大人も楽しめるスキレットレシピ。一人でおつまみもいいですし、パーティーで人気スキレットレシピを楽しむのもいいでしょう。 スキレットは使いこなすほど味が出ていいものになっていくのです。 これからの、スキレットライフが楽しいものになりますように。