Twitter
Facebook
LINE

燻製器の魅力とは?気になる使い方やおすすめポイントのご紹介

燻製器の魅力とは?気になる使い方やおすすめポイントのご紹介

bookworm0620

キャンプ場にバーベキューグッズのお供に燻製器を持ち込む人が増えています。持ち込む人が増えている理由とは何なのでしょうか。キャンプ生活だけでなく、日常の食生活にもメリットある 燻製器と燻製器の使い方やポイントについて紹介します。

キャンプ場の定番燻製器とは

燻製器に魅了される人増加?

キャンプと言えばみんなでバーベキューで楽しむのも一つですが、もう一つの定番ともいえるアイテムに燻製器がなりつつあることをご存知でしょうか。燻製料理自体は、ありふれたレシピや食材かもしれませんが、自作できることに魅力を感じる人が多いです。今回は燻製器について、魅力や使い方のポイントなどを紹介します。

燻製器の活用や併用を取り入れることで、いつものキャンプに違った楽しみを追加できる可能性があります。キャンプ場だけでなく、家庭で役立つメリットや節約につながる効果が燻製器にはあります。

燻製器は食材をさらに美味しくしてくれる機械

燻製器とは調理方法の一つの燻製を簡単に行うことのできる魔法のような機械です。食材を燻煙することで保存性を高めるだけでなく、独特の香り付けを行うことで食材をよりおいしく変身させてくれるのです。短時間のものから長時間のものまであるので、いろいろ試してお気に入りの食材を見つけましょう。

キャンプにおすすめする熱燻法と温燻法とは

燻製する方法は大きく二つに分かれていることをご存知でしょうか。熱燻法と温燻法の二つが燻製方法にあります。この二つの燻製方法やポイントについて紹介します。

調理に機械を使うということで、難しそうなイメージを持たれる方もおいでるのではないでしょうか。ですが、燻製器を使った2つの調理方法はさほど難しくありません。下準備などは必要になりますが、誰でも簡単に燻製ができてしまうのが燻製器の魅力なのです。

短時間調理が魅力の熱燻法

80℃から140℃の高温で10分から60分と比較的に短時間で燻煙をかけることができる燻製法です。温度管理が誰でも簡単にできるので、はじめての方におすすめの方法です。出来立てをその場ですぐ食べれてあぶって焼いたような美味しさを楽しめます。



一般的な燻製方法が温燻法

温燻法は最も一般的な燻煙法です。30~80℃ほどで数時間から1日程度かかります。キャンプ開始時から準備しておけば美味しい燻製を楽しむことができます。本格的な機械無しで前者も後者も簡単に調理することができます。熱燻法よりじっくりとする分、味はしっかりと出ます。

燻製器と相性が良い食材とは

どんな燻製の仕方をするかによって合う食材は変化します。機械任せではなく自分でどんな食材がいいか選ぶことも燻製器を使う楽しみの一つです。

食材別のおいしくできるコツなども回数を重ねるほど身につくので、燻製器に合う食材や使い方のポイントについて紹介します。お酒のつまみから燻製レシピなど、燻製器の使い方次第で食卓の楽しみが変わってきます。

短時間で美味しくできる熱燻法に合う食材

熱燻法は燻製器の使い方で一番手軽に行えます。スモークチキンやスモークステーキなどがおすすめです。塩漬け時間も乾燥時間どちらとも短く済むので、すぐにできたてを楽しむことができます。海産物なども良く、特に牡蠣なんかを燻製にするとほっぺたが落ちそうになるぐらいです。

美味しさを求めた使い方の温燻法におすすめな食材

熱燻法は燻製の中でも外気を気にせず調理できる方法なので、幅広い食材を使うことができます。キャンプで熱燻をおこなうのであれば、ソーセージやスモークチーズ、ベーコンがおすすめです。半日は時間が欲しいところですが、数時間でもその美味しさを味わうことができます。

燻製器の使い方のコツやポイントとは

燻製器を買っただけでは燻製を行うことはできません。誰でも簡単に扱えるとはいえ、使い方やコツ、必要なものまで知っておく必要があるでしょう。燻製器の基本的な使い方やコツ、ポイントについて紹介します。

基本的な扱い方と必要な道具などは、何度か燻製を試すと問題なく身につけることができます。いざという時に困らないようにしておきましょう。

燻製器の使い方

燻製器の使い方はいたってシンプルで、香り付け用のチップをアルミホイルの上や燻製器に用意された場所で燃やします。その上に網を置き食材を燻すだけです。燻製器によって細かい違いなどもあるので、しっかりと使用方法なども読み手順を守りましょう。間違った使い方はけがの元や食材の品質にも関わってくるので、事前に知っておくようにしてください。

燻製器で違いを出すポイントや楽しみ方とは

燻製器を持っているならば準備するものはスモークチップや食材です。どのような香り付けを施すかで、レシピの結果が影響されることは言うまでもありません。

魚の肝抜きや食材の塩漬けなど下準備さえできていれば問題ありません。 各食材に合う香りや好きな香りをつけることができるスモークチップを選ぶことが、美味しい燻製を作るコツと言えるでしょう。自分なりのおいしい作り方を探し求めましょう。

コツをつかむことが燻製器の醍醐味

燻製器は電子レンジなどのようにすべてを自動でやってくれる機械ではありません。 高温になり過ぎないように火を調整したり、香り付けが強くなりすぎないようにチップを調整するなどのコツが必要になります。燻製した人の方法を参考に、コツをつかんでいくことをおすすめします。試して経験していくことが何よりも大切なことなのです。

機械にも負けない!?手作り燻製器もおすすめ

燻製器を買いたいけど高い、もっといろいろな機能が欲しいと思っている方におすすめするのが手作りで燻製器を作る方法です。実際に本格的な機械に負けない燻製器を作ってしまったという方もいます。そういう方たちの手作り工程やコツを参考に、挑戦してみてはどうでしょうか。

燻製器は身近にある道具を使うことで、DIYも難しくありません。本格的な燻製器を入手する前に、自作の燻製器で練習するということも選択肢の一つになります。

燻製器の使い方を知っていれば意外に簡単

燻製器のような機械を手作りでと言われてもピンとこないかもしれませんが、燻製器の構造や使い方のコツを知っていれば案外簡単に作ることができます。食材を置く網や吊るすフックなどのスペースを作るだけでも美味しい燻製を作ることができるのです。ああでもないこうでもないと試行錯誤する時間も楽しみの一つと言えるでしょう。自分で作った分美味しさも倍増です。

一斗缶でも出来ちゃう!?簡単な手作り燻製器

一斗缶さえあれば本格機械に負けない燻製器を作ることができます。一斗缶の中にチップを燃やす部分と食材を置く網、温度計を差し込む穴を用意するだけで燻製を作ることができてしまうのです。後は美味しく作るコツを実戦するだけでいいのです。

100均素材でも作れる!?格安燻製のコツ

手作りでするにしろ何をするにしろとにかく安く抑えたいという方におすすめするのが、100均を利用した燻製器の作り方です。100均で売っているような網、アルミホイル、ボールを二つ重ねるだけで燻製器が作れてしまうのです。他にも様々な方法があるので試してください。

家でも使用できる!燻製器は使い勝手がいい

燻製器と言っても何もキャンプ地で使えるだけではありません、家庭でも使いやすいコンパクトなものもあります。燻し方で保存もきくので、食材の有効活用が実現できます。ちょっとした節約術に貢献できる調理器具が燻製器ともいえます。

コンパクトなわけですから、キャンプにも持っていけます。軽量で持ち運びに優れているわけですから、場所を選ばずに燻製が楽しめます。燻製に初めて挑戦するのであれば、とても扱いやすいことが燻製器の特徴なので選択肢の一つに入れてみてもいいでしょう。

屋内での燻製器の使い方

屋内と屋外で燻製の作り方に違いがあるのかというと、特に差はありません。同じ作り方で燻製レシピや食材を作ることができるので安心してください。 あえて言うのであればしっかりと換気をするようにしましょう。独特な香り付けを行うので部屋に残ってしまわないようにしておくことをおすすめします。

家庭内用途に合わせたIH対応タイプ

コンパクトタイプだと安くて他に必要な道具が揃わないのではと思われる方もいるのではないでしょうか。今では標準オプションが豊富で、IHに対応しているものまでコンパクトなものには存在します。 最近の燻製器では網や温度計までしっかりと備え付けられている物も多くあります。準備する手間や値段など選択肢は多く、様々な条件の中から好きなものを選びましょう。

屋内屋外どっちがおすすめ?

燻製器は外で使うのか、家で使うのかどちらがいいのでしょうか。答えはどちらでも正解です。 キャンプ場で行うのであれば、短時間でできる食材を、家で行うのであればじっくりと時間をかけて濃厚な味わいを楽しむなど、場所によって使い分けるのが通な使い方なのです。

燻製器をキャンプでおすすめする理由とは?

もちろん家でも美味しく燻製を作ることができる燻製器ですが、キャンプ地ならではの燻製器を欠かしたくないという理由もあります。 キャンプ地で多くのキャンパーが燻製器を愛用する理由、キャンプに持って行った時に際立つ燻製器の魅力を3つ紹介します。

燻製器がオススメされる大きな理由というのは、いつもの食材を燻すことで普段味わえない水準のレシピを堪能できることにあります。家でゆっくりと味わうのも一興ですが、大自然の中みんなで囲む燻製器調理というのも格別です。持っていく手間を取るか感動を取るかはあなた次第です。

①食材を1ランクも2ランクも上げてくれる

バーベキューができればいいという意見の方もおられるかと思いますが、燻製器を使った調理もぜひ試していただきたいのです。独特な香り付けを行うことで普段とは違った食材の美味しさに驚くこと間違いありません。食べているのが本当にいつもと同じ値段なのか疑うほどなのです。

②キャンプでも簡単に調理ができる

燻製を作るのには下準備をする手間はありますが、本当にただ食材を燻すだけなので簡単にできてしまいます。二泊三日の本格的なキャンプをするのであればなおさら、時間をかけるほどおいしい燻製を堪能することも出来てしまうのです。燻製器を使った楽しいキャンプをしてみませんか。

③気になる匂いこもりから解放

燻製をするにあたって一番気になるのが、匂いがこもってしまうのではないかという点ではないでしょうか。ところがキャンプ場などの開けたところであれば、匂いこもりを気にせず解放感を感じながら調理することができます。空気がおいしいところで食べる食事は最高です。

日々の生活に変化を与えてくれるのが燻製器!

今回は燻製器がおすすめされる理由や使い方のポイントなどについて紹介しました。燻製器の最大の魅力は何よりも普段と違う食事を行えるところにあります。いくつかスモークチップを使い分けるだけでまた違った味と香りを楽しむことも出来ます。

特別な日に燻製器を使って、思い出に残る料理を作ってみてはいかがでしょうか。ちょっとした贅沢と楽しい宴を燻製器は盛り上げてくれるでしょう。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【基本】ダーツの縫い方・やり方を解説!慣れれば楽勝です♪

今回はダーツの縫い方・やり方を解説させて頂きました!ダーツを縫うこと自体は簡単ですが、ちょっとしたコツで仕上がりの美しさに差が出ますので、動画を参考にしてやってみて下さい! ご視聴ありがとうございま...

遂に完成!ステッカープレゼント企画だよ!!

☆応募はコチラからどうぞ☆ https://forms.gle/9LhGYdTKdkU1q1T87 【締切4/28】

【基本】ギャザーの寄せ方を解説!ミシンを使いますが楽チンです♪

今回はギャザーの寄せ方をご紹介しました!ミシンを使いましたが、簡単ですのでぜひやってみて下さい♪ ミシンでギャザーを寄せる場合は、ミシンの幅を大きくします!ミシンの幅はあまり大きくしすぎるとギャザーが...

【基本】地直しのやり方を解説!簡単すぎる作業でその後が変わる!

今回は地直しのやり方について解説させて頂きました!買ってきた生地はどうしても多少のゆがみがあります。また、天然素材は縮みやすいものが多いため、買った生地をそのまま裁断してしまうと、一度洗濯をしたら型崩...

釣りのラジオ釣りラじ「全部忘れちゃう第33回」

★プレゼント企画応募はコチラから★ kurashino.present@gmail.com ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?lis...