カシオスマートウォッチ「WSD-F20」のアウトドアでの実力を徹底検証!

カシオスマートウォッチ「WSD-F20」のアウトドアでの実力を徹底検証!

カシオスマートウォッチ「WSD-F20」はGPSを搭載したSmart Outdoor Watchとして発表されました。中でも、最大の特徴はGLONASSとみちびきに対応したGPS機能を搭載しカシオスマートウォッチのみで現在地が確認できるのが素晴らしい。

記事の目次

  1. 1.カシオスマートウォッチ「wsd f20」の特徴は
  2. 2.カシオスマートウォッチ「wsd f20」と「wsd f10」を比較してみた
  3. 3.カシオスマートウォッチ「wsd f20」は、何ができるのか
  4. 4.カシオスマートウォッチ「wsd f20」は必要なのか
  5. 5.まとめ

カシオスマートウォッチ「wsd f20」の特徴は

出典: https://wsd.casio.com/jp/ja/wsd-f20/products/?nav_products

プロ トレックシリーズに仲間入り

カシオスマートウォッチ「wsd f20」は2017年1月4日にカシオ計算機からプロ トレックシリーズに仲間入りし、よりアウトドア用に進化を遂げてプロ トレックスマートと位置づけで発表されました。発売は4月21日に行われました。

どんなモデルになっているのか

低消費電力で設計されていてとても優れたGPSとオフライン状態でも使用可能なカラーマップ機能を搭載しています。長時間利用することが出来ることと高い視認性を持ったモデルに仕上がっています。

衛星測位システムに対応したGPSを搭載

出典: https://wsd.casio.com/jp/ja/wsd-f20/products/?nav_products

カシオスマートウォッチ「wsd f20」の最も注目すべきところはすぐれた位置の補正能力です。衛星測位システム(アメリカのGPS、ロシアのGLONASS、 日本のみちびき)に対応したGPSを搭載していてスマートホンの連携なしでカシオスマートウォッチだけで自分の位置を確認することができるところです。つまり、カシオスマートウォッチ単独でいろいろできてしまうという頼もしいモデルで登場しました。価格は前モデル「wsd f10」と比べるかなり安くなっています。GPSを追加で搭載しているにもかかわらずかなり抑えているところはカシオ計算機さんには頭が下がるところです。

オフラインでカラー地図が利用可能

出典: https://wsd.casio.com/jp/ja/wsd-f20/products/?nav_products

アウトドアで最も役立つもう一つの大きな特徴は、低消費電力GPSとオフラインで利用できるカラー地図です。アウトドアでは気になるバッテリーの消費もモノクロ液晶など低消費電力を意識して設計されていますのでとても助かるところです。スマートフォンの電波が届かない場所や、手に持てない時などいろいろなシーンを想定した設計でどんな時でも、「wsd f20」単独で地図を利用することが出来るのがもう一つの特徴です。これはアウトドアで使用する中で最も重要なところかもしれません。バッテリーはモバイルバッテリーを備えておけばカバーできますがオフラインでカラー地図が利用できるのはこのモデルの最大の特徴かもしれません。これからのアウトドアウォッチの必要不可欠な条件にもなるかもしれません。これからの経過をレビューしていきたいところです。

カシオスマートウォッチ「wsd f20」と「wsd f10」を比較してみた

出典: https://wsd.casio.com/jp/ja/wsd-f20/products/?nav_products

まずは価格でレビューしました

カシオスマートウォッチ「wsd f20」と「wsd f10」を比較してレビューしていきます。最も注目すべきところはやはり価格をレビューしました。前モデル「wsd f10」の価格は70,000円で新型モデル「wsd f20」は51,000円です。その差は1万9千円これはかなりのコストダウンではないかと思います。

GPSを搭載する噂で

新型モデルが発表されると聞いてそしてGPSを搭載することが分かりやはり価格は上がるだろうと予想されましたがその不安をよそに価格を抑えて「wsd f20」は発売されました。カシオスマートウォッチ「wsd f20」はGPSを新たに搭載したのに価格はかなり抑えられています。本体の表示部分は「wsd f10」と同様にモノクロ液晶とカラー液晶を重ねた2層構造ディスプレイになっています。やはり、GPSを搭載したことが最大の進化となっていることは明らかです。「wsd f20」は他のものとは別格のアウトドアウォッチに進化しました。

カシオスマートウォッチ「wsd f20」は、何ができるのか

出典: https://wsd.casio.com/jp/ja/wsd-f20/app/?nav_app

機能はアプリで無限に広がる

カシオスマートウォッチ「wsd f20」の機能はアプリを追加することでどんどん増えますので今後も期待が無限に広がっていくことが予想されます。これから使用できるアプリを心待ちにしてレビューしていきたいと思います。スマートフォンの電波が届かない場所や、スマホを手に持てないウォーターレジャースポーツ時でも、新型「wsd f20」単独で地図などを利用できるため、屋外での活動にとても役に立ちます。もちろん、事前に地図などをダウンロードをして下準備を十分行って使用するのが前提です。

iPhoneとの相性は

カシオスマートウォッチ「wsd f20」とiPhoneで音楽を聴くときにはコントローラーとして使用できボリュームなどの操作も自由自在でほとんどの機能が操作可能でカバンからiPhoneを取り出さなくてもすむところがとても便利に使うことが出来ます。電車内だけでなくいろいろなシーンで活用できると思います。

多機能だけどバッテリーはどうする

出典: https://wsd.casio.com/jp/ja/wsd-f20/app/?nav_app

アウトドアシーンで最も役立つ大きな特徴は、低消費電力GPSとオフラインで利用できるカラー地図は役に立ちます。アウトドアウォッチのバッテリーのもち具合はとても興味深いところです。低消費電力ということですが一日くらいは十分に使用できますが2日以上になると少し心配なところでもあります。しかし、現在はモバイルバッテリーもかなり普及していますし種類も多数出ていますので自分の使用状況に応じて選ぶことが出来ると思います。

オフライン地図を活かしたアプリ

出典: https://wsd.casio.com/jp/ja/wsd-f20/app/?nav_app

屋外活動に最も役に立つのがアプリの存在です。カシオスマートウォッチ「wsd f20」の独自のアプリが、ロケーションメモリーです。これはオフラインの地図上に、文字やマーカーでメモなど、行動を記録することが出来るアプリです。サイクリングで見つけた秘境のポイントや釣りのポイントなど、地図上に目印がない場所であっても、約30種類のマークの中から好きなものを選んで記録を付けたり、スマートフォンと接続することで音声入力により文字でメモを残すことができるアプリです。

他にはどんな機能があるの

ナビゲーション機能やリマインド機能という記録した場所に再度訪問する際にとても役立つ機能も備えてあります。リマインド機能には「また来たい」マークが50件つけることができますがそれ以外のマークも設定できます。

カシオスマートウォッチ「wsd f20」は必要なのか

出典: https://wsd.casio.com/jp/ja/wsd-f20/app/?nav_app

カシオスマートウォッチ「wsd f20」の操作性は

カシオスマートウォッチ「wsd f20」は自分の好みにあわせたオリジナルマップで有名なMapbox社の地図データを採用していて事前に目的地までの地図をダウンロードすることで、オフラインでも地図が利用出来てとても便利です。地図の拡大縮小は、本体サイドのボタンと液晶ディスプレーをタッチすることで操作できるのでとても便利です。カシオスマートウォッチ「wsd f20」は時間や日付も文字が大きくてよく見えます。

実際、使用してみました

出典: https://wsd.casio.com/jp/ja/wsd-f20/app/?nav_app

アウトドアウォッチはいろいろなシーンを想定しているため、水作業などの炊事作業の時もそのまま装着したままでスムーズに作業できます。釣りやレジャーボート、カヌーなどのレジャースポーツシーンでも気にすることなく使用できます。キャンプ場などスマートフォンの電波が届かないところや災害時などにもその実力を発揮することが出来るでしょう。

まとめ

出典: https://wsd.casio.com/jp/ja/wsd-f20/app/?nav_app

GPSを搭載したことがポイント

プロ トレックシリーズの中のプロ トレックスマートでカシオスマートウォッチ「wsd f20」は、GPSを搭載したことによりあらゆる可能性を生み出しました。現在地を確認して、地図上にメモを残すことが出来る他音声ファイルと文字を組み合わせていろいろと面白いことが出来るようになりました。水仕事や雨天時、カヤックなどのウォータースポーツでは安心して利用できる仕様になっています。

追加されたものと維持したもの

それにカシオスマートウォッチ「wsd f20」の「アクティビティ」アプリは従来のトレッキング、サイクリング、フィッシングに加えてパドリングとスノーを追加しました。新型では「10気圧防水」になるのではと期待していましたが、「wsd f20」は前モデル「wsd f10」と同じ5気圧防水の仕様のままでした。音声入力用のマイクやマグネット圧着式充電端子を搭載しながらも、5気圧防水が可能な仕様になっています。

カシオスマートウォッチ「wsd f20」の実力は

水仕事や雨天時、カヤックなどのウォータースポーツでは安心して利用できる仕様になっています。やはり、最も重要なところは水に強いという点です。「wsd f20」はアウトドアウォッチに必要な機能を全て持ったモデルに仕上がっていると言えます。落下や振動など、さまざまな環境下での試験を実施していて、正常に作動することが確認されています。

sakuraryosukec34
ライター

sakuraryosukec34

キャンプなどのアウトドアのギア関連が得意分野になります。商品の特徴や使い方を紹介します。参考にしてください。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking