ガスランタン徹底比較!気になる明るさや燃焼時間など選ぶポイントは?のイメージ

ガスランタン徹底比較!気になる明るさや燃焼時間など選ぶポイントは?

ガスランタンはキャンプの夜を楽しむのに必要なアイテムです。ランタンの中でも取り扱いが簡単なガスランタンの明るさ、燃焼時間、光量について徹底比較!また選ぶポイントや使い方マントルの交換などもご紹介していきます。そして各メーカーのおすすめランタンも紹介します!

2018年05月31日更新

HANA0087
HANA0087
キャンプなどのアウトドアが得意分野です。バイクに乗って旅をしている傍らキャンプギヤやアウトドア製品などを皆さんに実践経験と最新情報をお届けしていきます。またバイク用のバッグ・アクセサリー品などのwebショップもやっていますので、商品の魅力や性能などわかりやすくお届けできるようにライティングもおこなっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 1. ガスランタンの比較!!
  2. 2. ガスランタンの燃料 ガス缶の比較
  3. 3. ガスランタンのメリット
  4. 4. ガスランタンのデメリット
  5. 5. ガスランタンの明るさ
  6. 6. ガスランタンの使用場所
  7. 7. ガスランタンの大きさ
  8. 8. ガスランタンの丈夫さ
  9. 9. ガスランタンの燃焼時間
  10. 10. ガスランタンの選ぶポイント
  11. 11. ガスランタンの構造
  12. 12. ガスランタンの使い方
  13. 13.ガスランタンのマントル交換
  14. 14.ガスランタンメーカー
  15. 15.コールマン ガスランタン
  16. 16.スノーピーク ガスランタン
  17. 17.キャプテンスタッグ ガスランタンS
  18. 18.プリムス 2245ガスランタン
  19. 19.SOTO ガスランタン
  20. 20.まとめ

1. ガスランタンの比較!!

ガスランタンとは、ガス缶を燃料としてキャンプでの闇夜を照らしてくれる素晴らしいアイテムです。またガスランタンが放つ優しい光には癒され効果もあるので根強いファンが多くいます。 そんなキャンプで欠かせないガスランタンの光量や燃焼時間・メインランタンやテーブルランタンの比較!またマントル交換方法なども調べてみました。

ガスランタン

夜のキャンプには欠かせないガスランタンです。優しい光に癒されます。

1-1おすすめガスランタンの比較

アウトドアの各メーカーよりおすすめ商品も多数出ていて、明るさや燃焼時間、使い方や光量なども様々です。 今回は各種ガスランタンのおすすめ商品などを比較していきます。

キャプテンスタッグガスランタン

テーブルランタンですが夜には明るい光でテーブルを照らしてくれます。

2. ガスランタンの燃料 ガス缶の比較

上記で書いたようにガスランタンの燃料はガス缶です。またLEDランタンなどと違い優しい光で明るさを出してくれる為、ガスランタンのファンは多くいます。

ガスランタン独特の光

ガスランタン専用のガス缶の為光量はかなり強く明るい光を出してくれます。

2-1 ガス缶(OD缶)

ガスランタンのガス缶でOD缶と呼ばれるものは、いわゆる「アウトドア用のガス缶」です。各アウトドアメーカーがアウトドア用で出しているガス缶となります。

コールマンガス缶

こちらがメーカー指定のアウトドア専用のOD缶となります。

2-2 ガスOD缶の強み

・アウトドア用として出来ているので、他のアイテムと併用して使える。 ・冬場などでも火力や燃焼時間、光量など維持できる。 ・ガス缶自体が土台となる為軽量化になる。

他のアイテムにも使用できます

コールマンのガスランタンの他にバーナーにも接続できる為荷物が軽量化できておすすめです。

2-3 ガスOD缶の弱み

・アウトドア取り扱い用品店・専門店などでないと購入出来ない。 ・CB缶と比較するとコストが高い。 ・高さがあるのでやや不安定になることがある。

コールマンのガス缶

値段は、小さいサイズでだいたい¥550位~になります。大きいサイズだと¥880位~になります。

2-4 ガス缶(CB缶)

ガスランタンのガス缶でCB缶と呼ばれるものはいわゆる「家庭用カセットコンロ用のガス缶」です。 ガス缶がキャンプなどで余っても家庭用のカセットコンロでも使えるため便利です。

ガス缶(CB缶)

イワタニ製のカセットボンベ用のガス缶になります。キャンプが終わっても家庭用のガスコンロで使用できる使い方が嬉しいところですね。

2-5 ガスCB缶の強み

・OD缶と比較すると経済的です。 ・家庭用カセットコンロにも使用出来る為、備蓄しやすい。また残りのガスも家庭で使えます。 ・コンビニやホームセンターなどでもガス缶が手に入る

家庭用コンロにセット

家庭用コンロにセットなので、コンビにホームセンターなど手軽にどこでも購入できる、万が一がガス切れしても手軽に手に入ります。

2-6 ガスCB缶の弱み

・CB缶用のガスランタンは種類が少ない ・OD缶と比較すると、寒い時季のキャンプなど火力が弱まる時がある ・本体とは分離式なので収納が多少がさばる

CB缶防寒対策

CB缶は寒さに弱いと火力が安定しない為100均のペットボトルカバーなどで暖めてあげる使い方は効果的です。

3. ガスランタンのメリット

ガスランタンの優れている所やおすすめはどんなところでしょうか?まとめてみました。

3-1 使い方がシンプル

使い方がとてもシンプルなガスランタン、初心者でも簡単に着火する事が出来て安全に使用出来ます。 テーブルランタンやサブランタンにも最適でおすすめです。

使い方はシンプル

燃料バルブをひねって点火スイッチを押すだけですぐに着火するとてもシンプルな使い方です。

3-2 ガス缶によっては経済的

CB缶などは家庭用のカセットコンロ用で使えるので、かなり経済的です。また100均やコンビニなどでも購入出来る為、キャンプ場で燃料が足りなくなった時、CB缶がおすすめです。

社外品のガス缶

社外品のガス缶などはとても安く手に入りお買い得です。賢い使い方もできますね。

3-3 メンテナンスが楽でおすすめ

メンテナンスもマントルの破れがなければほとんどメンテナンスフリーで使用出来て楽です。 ただし、キャンプで使用後ホヤの中に虫が入っていたり、バーベキューでの油汚れが気になる場合は アルコールティッシュか柔らかい布などでマントルが破れないように優しく拭き取ってあげて下さい。

ホヤが汚れてしまった場合は

アルコールティッシュなどで優しくふき取ってあげましょう。

3-4 メンテナンス修理

光量が弱くなったり、光量が安定しなくなったなどの不調が現れた時にはメーカーのホームページなどでも修理依頼が出来ますので、末永く愛着を持って使用していきたいですね。

コールマンカスタマーサポート

4. ガスランタンのデメリット

逆にガスランタンのデメリットはどのようなところでしょうか?まとめてみました。 メリットもデメリットも知った上で使いこなせるとよいですね。

4-1 光量の不安定

CB缶などはOD缶と比較すると、高地や寒冷地などでは光量や火力がとても不安定になります。 ガスが気化する時に熱を奪いタンクが冷たくなってしまう為、火力や光量が不安定になってしまうのです。対策としては、裏技的な事ですが、ガス缶を100均などのペットボトルカバーなどで暖めてあげる事がおすすめとなります。

ガス缶カバーの裏技的な使い方

寒い時季など火力が不安定になりがちな時には100均などのペットボトル用のカバーなどで保護してあげる使い方も良いですね。ガス缶が冷え切らずガスも安定します。

4-2 ガス缶のよっては価格が高くなる場合も

OD缶などはランタン本体のメーカーとガス缶のメーカーを合わせて使うことが好ましく、キャンプ用品用として作られているカートリッジを使用しなくてはならないので価格も高くなります。

ランタンとガス缶は同じメーカーで!!

アウトドア専用のOD缶ですが、ランタンと同じメーカーで揃えると光量も安定し安心して使用できます。

4-3 燃焼時間は短め

燃焼時間などはガソリンのランタンなどと比較すると短めとなります。予備のガス缶も必要にある事があります。

予備のガス缶

ガスランタンの燃焼時間は比較的短めになりますので予備を持参すると安心でしょう。特にOD缶などは特定の場所でしか手に入らないので購入しておくと良いですね。

5. ガスランタンの明るさ

ガスランタンの明るさはキャンプサイトを明るく照らす大きいものからテーブルランタンのように手元のみ照らす小さなものまであります。ランタンの明るさについてまとめてみます。

5-1 明るさの単位

ガスランタンの明るさを表記する単位としていくつかの単位が記載されています。 1.ルクス:明るさを表す単位で光源から発した光が床や壁に当たった明るさを数値化されたもの 2.ルーメン:光源から発する光を数値化したもので、分かりやすく言うと照明器具そのものの明るさを表す単位です。 3.ワット:消費電力を表す単位でこの数値が大きいほど電力を多く消費します。

ランタンの明るさ

ランタンによってもガス缶によっても明るさは変わります。

5-2 明るさの基準

各メーカーによっても表記の仕方や基準は変わってきたり単位も異なります。また表す内容なども違うため基準を正確に出す事・比較していく事は難しいですが、目安として300ルクス以上・1500ルーメン・150ワット相当であればメインランタンとして使用できる明るさでしょう。

tnkatysさんの投稿
23279887 189621984931125 3912335518662131712 n

このくらいの明るさがあるものならメインランタンとして使用できますね。

5-3 マントルの大きさ

光量は本体の大きさではなくマントルの大きさで決まります。 マントルは袋状にしたナイロン系の繊維に熱に反応して発光する薬品を塗ったもので出来ています。 なので同じ火力のランタンで比較すると、熱を受けるマントルの表面の面積が広い方が圧倒的に明るくなる、という事なのです。

テーブルランタンのマントルの大きさ

テーブルランタン用のマントルはそんなに大きいものではありません。

hide_mocoさんの投稿
18579594 1388514197876719 6264504358663094272 n

このくらいの大きさのものになると光量もかなり強くなり明るくなります。

6. ガスランタンの使用場所

ガスランタンの主な使用場所として2つの設置場所があります。設置場所にあったガスランタンを選び比較しながら使い分ける事もおすすめです。

6-1. メインランタン

キャンプ場で全体的に明るく照らしてくれるのが「メインランタン」です。ランプポールなどに吊り下げて使用します。光量が大きいガスランタンがおすすめになってきます。 またメインのランタンなので燃焼時間はなるべく長いものを選ぶと良いですね。

keikosan91さんの投稿
12501566 1781953978702608 403332298 n

キャンプ地の木などに設置する使い方も可愛いですね。

6-2. テーブルランタン

文字通りテーブルに置いて使用するランタンです。キャンプ場での食事やテーブル周りを明るく照らしてくれ優しい光を出してくれる為まったりとした大人の時間が過ごせるでしょう。 テーブルランタンは一番キャンプの中で使用する時間が長い為、テーブルランタン選びは重要となってきます。また明るさも余り明るさのあるものだと落ち着かない事がありますのでメインランタンより光量が少ないものを選ぶと良いですね。

落ち着けるテーブルランタン

テーブルにあるものはしっかりと見える明るさなので小さいものでも邪魔にならずに使用できます。

7. ガスランタンの大きさ

ガスランタンの大きさ比較!上記のキャンプでの使用場所での違いによって大きさも変わってきます。

7-1. メインランタン

メインランタンはキャンプサイト全体を照らす為大きめなランタンをおすすめします。またマントルも大きめなサイズが付いているものであればキャンプサイトも明るく照らされるので快適な夜のキャンプが楽しめおすすめです。

takep714さんの投稿
11410491 606671082781436 1313374740 n

やはりメインランタンの明るさは素晴らしいですね。全体的にキャンプサイトを照らしてくれる為安心してキャンプが行えます。

7-2. テーブルランタン

テーブルランタンはテーブルの上に置き手元や食事を照らすだけのものなので小さめまたは中くらいのランタンをおすすめします。自分が使用しているテーブルランタンのマントルもSサイズのものでランタン自体もそれほど大きいものではありませんが、食事をとる時やまったりとくつろぐ時間などは程よく明るいのでかなりおすすめとなりますよ。

ほどよく明るくなるテーブルランタン

小さい小型な物でも、邪魔にならないほど良い明るさで照らしてくれます。また星空観察でも邪魔にならない明るさです。

8. ガスランタンの丈夫さ

ガスランタンの寿命はあるのでしょうか?また壊れた場合メンテナンスはどのようにしたら良いのか気になるところを調べてみました。

8-1. ガスランタンは故障する?

基本的にはガスランタンはジェネレーターなどの交換は不要とされていますが、長期使用や様々な気象条件で酷使された場合はメンテナンスをおすすめします。

長年使用のランタン

こちらは長年使用のランタンです。まだ使用できるランタンですが、気になる部分が出ていたらメンテナンスをおすすめします。

8-2. ガスランタン壊れてしまったら

その他ホヤなどを間違えて割らない限り長年使用出来ると思われます。使い方を把握して長年愛用しましょう。 万が一壊れてしまった場合でもメーカーに問い合わせれば修理が可能な場合もあります。

aki_palindさんの投稿
23498075 174067959841459 2324502185393520640 n

万が一壊れてしまったらメンテナンスをお願いしましょう。

9. ガスランタンの燃焼時間

デメリット部分でも記載してあるガスランタンの燃焼時間はどのくらい持つのか気になるところなので調べてみました。

9-1. 燃焼時間平均は5時間!!

平均的に5時間前後しか持たないと言われており、連泊キャンプ予定などでは予備のガス缶を持ち歩かなくてはならない事もあります。

燃焼時間は5時間

あまり長くは持たないみたいなので、カートリッジの替えを持っていくか大きめなガス缶を買うかでガス切れの不安を解消しましょう。

10. ガスランタンの選ぶポイント

ガスランタンにはキャンプサイトの全体を明るく照らしてくれる大型の物やテーブルの手元をちゃんと照らしてくれる小型式のものなど幅広いサイズがあります。どの場所でランタンを使用するのか、どのくらいの大きさのものが合っているのかでも選ぶポイントは変わってきます。

焚き火台がある時は

焚き火をしながらのランタン使用は手元を照らす小型のランタンがあれば十分の明るさになります。

10-1 ポイント確認事項

選ぶ時のポイントとしていくつかの確認事項があります。ひとつひとつ確認していきましょう。

10-2 使用目的

ポイント1として使用目的があります。どこの場所でランタンを使用したいのか?という事になります。 キャンプサイト全体を照らして光量を広くしたいのか、テーブルの上で食事などを取る際に手元を明るくしたいのかにもよってランタンの大きさや種類も変わってきますのでまずどこで使用したいランタンなのかの使用目的を明確にしておきましょう。

星空を眺めたい時は

あまり明るさの無いテーブルランタンがおすすめとなります。

10-3 ガス缶の種類

ランタンのメーカーによってガス缶の種類が変わってきてしまいます。購入する際もガス缶の差込み口とランタンの差込み口が合わないとせっかく購入しても使用出来なくなってしまいます。 またOD缶やCB缶の組み合わせもあるのでガス缶の種類もしっかり確認しておきましょう。

ランタンとガス缶

ランタンとガス缶のメーカーは出来るだけ同じメーカーをおすすめします。

10-4 燃焼時間

燃焼時間の把握、ランタンの大きさやガス缶の大きさによって燃焼時間は変わってきますが大体の燃焼時間を把握しておくことで途中でのガス切れを防ぐことが出来ます。ここぞというときのガス切れは辛いものがありますのでどのくらい使用が可能なのかの燃焼時間も確認しておきましょう。

コールマンのガス缶

燃焼時間を考えて初めから大きいサイズを購入するのもおすすめです。

11. ガスランタンの構造

ガスランタンの構造を分かりやすく説明します。どのメーカーでもほとんど同じ構造になっていると思います。

11-1.トッププレート

ランタンを保護する天板の事です。使用時には高熱になる為小さいお子さんがいるときには触らないよう十分注意が必要です。

トッププレート

一番上にあるフタの事を表します。

11-2.ホヤ

マントルを保護するガラス製の筒。ガラス製なので取り扱いや運搬時はクッションになるもので衝撃を和らげホヤとマントルが破損しないようにしましょう。

ホヤ

外枠のガラスで出来ている部分です。

11-3.マントル

ホヤに保護されています。ガス灯の炎をおおって強い光を出す発光体。空焚きをして灰にしてから使用するため割れやすく繊細なものなので取り扱いには注意が必要です。

マントル

ホヤの中に入っている網状のもの

11-4.点火ボタン

ランタンに火をつける際にこの点火ボタンを押すと着火します。万が一キャンプ場などで、こちらが故障して火がつかなくなった場合はチャッカマンなどを使用してマントルの付近で着火するようにしてください。

点火ボタン

ここを押すと着火します。

11-5.器具栓ツマミ

燃料ガスの調整ツマミです。ガスの量を多く出したり弱く出したりの調整はこちらのツマミで行います。 また光量の調整などもこちらのツマミで調整できます。

器具栓ツマミ

ここのツマミをまわしてガスの強弱を調整していきます。ゆっくりとツマミをまわして調整していって下さい。

11-6.ガスカートリッジ

燃料になるガス缶の事です。ランタンメーカーとガス缶のメーカーは同じメーカーのものに合わせる事をおすすめします。

ガスカートリッジ

このガス缶がないとガスランタンはつきません(当たり前ですね)ランタンメーカーとカートリッジメーカーを合わせるようにしてください。

12. ガスランタンの使い方

アウトドアで必需品アイテムなランタンは燃料を燃焼させることで光が広がっていきます。 一度使い方を覚えてしまえば簡単に使いこなす事ができます。 しかし注意点としてはテント内でのガスランタン使用は危険ですので注意してください。 では、ガスランタンの使い方を分かりやすく説明していきます。

12-1.ガスランタン本体をガス缶につける

ランタンとガス缶の接合部分を確認して右回りに確実に止まるまでねじ込んで下さい。 セッティング取り付け確認ができたら本体とガス缶の取り付けは完了です。

ランタンとガス缶のセッティング

垂直に置き右回りに確実にねじ込みセットしていきましょう。

12-2.器具栓ツマミをまわす

器具栓ツマミをまわしてガスを出してください。シューっという音がしているようならガスはちゃんと出ています。

器具栓ツマミをまわす

器具栓ツマミをゆっくりまわしてガスを出して下さい。

12-3.点火スイッチを押す

横についている点火スイッチを押して下さい。点火します。その際「ボン」と小爆発を起こしますがこれは正常です!もし怖い場合はガスの量を少なめにしてみましょう。

ガスランタン点火

簡単に点火する事ができます。慣れると時間もかからず点火出来る為、使い方を覚えながらやってみて下さい。

13.ガスランタンのマントル交換

ランタンを使う中でマントル交換が一番分かりにくい方が多いかと思いますので交換方法もご紹介します。 またメーカーによって多少交換方法が違うかもしれませんが、参考までに記載したいと思います。

13-1.ランタン本体にカートリッジを付けホヤを外す

ランタンとカートリッジをセッティングしたらベンチレーターのナットを外してガード・ホヤを真上に引き抜くように取り外します。

ホヤが外れた状態

ホヤはガラスで出来ているので割れることもあります。優しく扱いましょう。

13-2.マントルを装着して空焚きを行う

マントルを垂直に取り付け上下を紐で縛ります。このとき余った紐は切っておきましょう。 そのあとマントルに火をつけて空焼きを行います。中途半端に空焼きしたりせず完全に灰になるまで空焼きをおこなってください。中途半端な空焼きはマントル破損につながります。また空焼きをおこなわないでの着火もマントル破損となるので気をつけましょう。

マントルを垂直に入れる

マントルを垂直に入れ、マントルの上下を縛ってから空焼きを行ってください。

13-3.ホヤを装着して着火する

所定の位置にホヤをしっかりとセッティングし器具栓を回し点火ボタンで着火して下さい。万が一点火しない場合などは少し置いてからもう一度点火させてみて下さい。

ランタン点火

ランタンが点火すると優しい光を放ち癒され空間が作り出せます。

14.ガスランタンメーカー

ガスランタンのメーカーには、コールマン・スノーピーク・キャプテンスタッグ・プリムス・SOTOなどの有名なアウトドアメーカーが揃っています。この中でガスランタンの比較をしてみたいと思います。参考にしてみて下さい。

ランタン各メーカー

色々な種類のメーカーがあり、各メーカーごとに優れている所があります。自分に合ったメーカーを選び癒しの時間を楽しみましょう。

15.コールマン ガスランタン

コールマンのガスランタンの人気商品「2500ノーススター」の詳細を調べてみました。 キャンドルパワー大光量でキャンプサイトを照らしてくれます。また交換が面倒だと思われがちなマントルがクリップでワンタッチ取り付け可能なので人気商品となっています。

15-1.コールマン2500ノーススター

stingray9111さんの投稿
13767723 175531212860925 782975262 n

① 金額¥11000(参考価格) ② 明るさ 1543lm ③ 燃焼時間 4~8時間 ④ 重量 1300g ⑤ ガス OD缶

16.スノーピーク ガスランタン

スノーピークのガスランタン人気商品「ギガパワー2WYランタン」の詳細を調べてみました。 OD缶とCB缶の両方が使える優れものです。また燃焼時間もガス缶の最長のもので8時間持つのも嬉しいところです。 また専用のカートリッジなのでコンパクトなのに明るい光があります。

masayax.fjさんの投稿
11848860 590361504436710 1604358557 n

16-1.ギガパワー2WYランタン

① 金額¥6200(参考価格) ② 明るさ 90w ③ 燃焼時間 2~8時間 ④ 重量 310g ⑤ ガス OD缶(アダプター接続でCB缶使用可能)

17.キャプテンスタッグ ガスランタンS

キャプテンスタッグのガスランタン人気商品「クリアガスランタンS」の詳細を調べてみました。 コンパクトでコスパも安くて丁度いい。またソロキャンプやテーブルランタンに適しています。

クリアガスランタンS

大きさもそんなに大きくなく、光の明るさもほどよく明るく、テーブルランタンとしてソロキャンプには大活躍のランタンです。

17-1.クリアガスランタンS

① 金額¥5500(参考価格) ② 明るさ 60w ③ 燃焼時間 5時間 ④ 重量 360g ⑤ ガス OD缶

18.プリムス 2245ガスランタン

プリムスのガスランタン人気商品「2245ランタン」の詳細を調べてみました。 ソロキャンプ用に人気の商品です。またテーブルランタンとしてガスの燃える音とオレンジ色の光が最高の癒しとなします。

kenjimoriiさんの投稿
20837661 1952982988247189 4389144572907749376 n

18-1.2245 ガスランタン

① 金額¥10500(参考価格) ② 明るさ 370lx ③ 燃焼時間 8時間 ④ 重量 200g ⑤ ガス OD缶

19.SOTO ガスランタン

SOTOのガスランタン人気商品「虫の寄りにくいランタンST233」の詳細を調べてみました。 オレンジ色の光を放つことで虫が近寄りにくい状態を作っている。またCB缶で使用出来るのでコスパも最高で万が一ガス切れしてもコンビニやホームセンターで手に入るのが嬉しいところです。 またオレンジ色の光も目に優しくまるで焚き火をしているような感覚でランタンが使用出来るのでおすすめしょうひんとなっています。

cyg399さんの投稿
23161195 2098209793733504 8909569365293137920 n

19-1.虫の寄りにくいランタンST233

① 金額¥9900(参考価格) ② 明るさ 660lx ③ 燃焼時間 3時間 ④ 重量 1300g ⑤ ガス CB缶

20.まとめ

今回はガスランタンの徹底比較をご紹介しました。メーカーごとに優れている所があり、気に入って使っている方も沢山いらっしゃいます。ランタンの交換方法や着火時の小爆発も慣れてしまえば楽勝です!! 私もガスランタンを使用していますがLEDにはない優しい光が包み込んでくれ、キャンプ場でのゆっくりと流れる時間をさらに癒してくれるガスランタンがお気に入りです。 自分にあったランタンを選び最高のキャンプを楽しんでみませんか?

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ