検索アイコン
エックス
Facebook
LINE

【アウトドアグッズ】食器やストーブなど便利なおすすめグッズ30選

アウトドア用のグッズは、ウエアーからテント、食器、ストーブ、食材まで、衣・食・住のすべてが必要です。普段の生活のミニ版と言えるアウトドアの特別な環境です。これがとても魅力的で楽しいのです。今回はそのグッズの中で食器やストーブについて詳しくお話しましょう。
2020年8月27日
mmkk9944

この記事で紹介しているアイテム

コールマン|パッカアウェイケトル/0.6L

ロゴス|ナバホ パーティー箸付き食器セット4人用

スノーピーク|クッカー ソロセット 極 チタン

スノーピーク|テーブルウェアセットLファミリー

Panier|食器付ピクニックバスケットバカンスクーラー

トランギア|クッキングセット パーティ TR-400290

スノーピーク|チタンパーソナルクッカーセット SCS-020T

エバニュー|チタンクッカー4DX セラミック ECA419

EPIガス|アルミ6点食器セット

カトラリー バンブー |4P セット

ベルモント|BM-003 抗菌箸スプーンフォークセット

マグカップ ・ 日本製 |カラビナマグカップ 330ml (中空 2重構造)

ロゴス|プリメイヤー真空マグ420(レッド)

キャプテンスタッグ| キャンピング ケトルクッカー 900ml M7726

コールマン| アウトランダーマイクロストーブ PZ 203535

イワタニ |カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

コールマン |ツーバーナー コンロ

イワタニプリムス|オンジャ P-COJ

Solo Stove|ソロストーブ ポット900

SOTO|マイクロレギュレーターストーブウインドマスター

イーピーアイ|REVO-3700 ストーブ

モンベル|JETBOILジェットボイル マイクロモ

アウトドアグッズってどんなものがあるか

アウトドア キャンプやピクニック用のグッズは非常にたくさんの種類、メーカーがあります。選択に迷いますが、まずは基本的なものから揃えて、経験を経て買い足していくようにしましょう。1度でもキャンプに行ってみると、欲しいもの必要なものがよく見えてきます。

アウトドアグッズはキャンプやピクニック用いろいろ

ここに基本的なキャンプ用品を紹介します。 まずテントからですが、テントにはソロから5~6人用まで色々あります。タープも必要でしょう。タープは外で食事を作ったり、食べたりするための日蔭を作るテントです。テントにはグランドシートやテントマットがつきものです。寝心地をよくするためのグッズです。テーブル、椅子(人数分)、も必需品です。 BBQグリルやストーブがキャンプのメイングッズです。そしてクーラーボックスやシュラフ、ランタン、なども必需品、焚火台に燃料、着火剤も必要。分別ごみ箱もあったほうが便利です。

アウトドアグッズ 登山用いろいろ

登山用のグッズは、平地や渓谷などのキャンプで使うグッズとは別物と考えておいていただきたいです。 登山用の持ち物、装備品は、登る山や日程、季節、日帰りか、小屋泊か、テント泊か、あるいはソロ登山かグループ登山かによって大きく異なります。 登山用のグッズは、自分の生命を守る非常に重要なものですから、グッズの選択は慎重に行いましょう。

基本的な持ち物

1.ウエア(登山用のインナー、ミドルウエア、アウター、パンツなど) 2.帽子 3.サングラス 4.手袋 5.靴下 6.登山靴(運動靴は不可) 7.バックパック(リュック) 8.雨具 9.地図、コンパス、 10.タオル 11.食料、行動食、 12.水筒 13.ヘッドランプ 14.腕時計 15.携帯電話 16.ストーブ 17.非常用グッズ各種 18.ストック(必帯ではない)他。

アウトドアグッズ 食器の選び方と種類

アウトドアのキャンプなどで使う食器はこだわりを持って選ぶ人が多いです。普段家では全く料理もしない人達でもキャンプの料理となると目の色が変わりますね。食器も種類が豊富ですから、すごく迷いますが、色々見ながら選ぶことも楽しい工程です。 キャンプのメインイベントは食事です。BBQが人気度No1ですが、こだわりの手料理を現場で作る人ももちろん多いです。そのな中で100均で買った紙コップや紙皿で代用するのはちょっと寂しいですね。キャンプ用の食器も色々販売されていますから好きな食器を選んでみましょう。家庭では普通、食器と言えば陶器かガラス製品が多いです。これらは壊れやすいですからキャンプ用では丈夫なもの、耐久性と軽いという機能のものが中心となります。

おすすめをランキングで紹介すると..

おすすめのランキングで言いますと、1位がおすすめのチタン製シェラカップ、2位がステンレス製シエラカップ、3位がメラミン食器、4位がプラスティック食器、5位がステンレス食器で、折り畳み食器(FLATABLE WARE)も人気があります。

アウトドアグッズ ストーブの選び方と種類

キャンプ用のストーブといっても暖房器のストーブではありません。料理をするコンロのことです。これも又、たくさんの種類があります。種類は一般的に燃料の種類によって分けられます。 燃料は、木材、炭、ガソリン(自動車用の燃料のこと、赤ガスと呼ばれる)、ホワイトガソリン(赤ガスに含まれている添加剤が入っていない、白ガスと呼ばれる。一般のアウトドアショップで買える)、そしてカートリッジガスがあります。カートリッジガスは高山では火力が弱くなる、メーカーによって互換性があるもの、ないものがある、ことが特徴です。 価格は白ガスより高いですが、使用範囲が広く、扱いやすいため広く普及しています。但し空き缶はゴミです。

キャンプに必需品のBBQコンロ

キャンプに必需品のBBQコンロがあります。燃料として木材や炭がよく使われていますがガスコンロが一般的です。火口(バーナー)が1つのものと2つのものがあります。2つのものの方が便利でおすすめですが、車で直接キャンプ地に行ける場合に限られるでしょう。バーナーが1つのシングルストーブはコンパクトに畳むことができ、キャンプ、登山にかかわらず多くのフアンがいます。

【アウトドアグッズ 食器編】

それではアウトドアグッズの食器からご紹介していきます。 リーズナブルなものやファミリーキャンプにもおすすめな商品をご紹介します!

おしゃれで便利な食器セット グループ

1.ロゴスナバホパーティー箸付食器セット4人用

ロゴス|ナバホ パーティー箸付き食器セット4人用

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

仕様素材:プレートサイズ:30×20cm 収納サイズ:31×23×13cm 総重量:2.5kg 素材:食器/メラミン樹脂、収納袋/ポリエステル 容量:(約)コップ280ml、ボウル400ml 構成:プレート×4pcs、ボウル×4pcs、コップ×4pcs、箸×4pcs 専用収納袋付き 

リーズナブルなロゴスナバホの箸付食器セットです。BBQパーティーに最適です。素材が樹脂ですから軽く、そして美しいデザインとなっています。

2.スノーピークテーブルウエアセットLファミリー

スノーピーク|テーブルウェアセットLファミリー

材質:0.4mm厚18-8ステンレス 重量:1.76kg  サイズ:プレートL/直径212mm×18mm、デッシュ/直径209mm×40mm、ボールL/直径180mm×46mm、ボールM/直径141×53mm(各サイズ4枚ずつセット)  材質:0.4mm厚ステンス 重量:1.76kg

キャンプ用食器4人用で大きさの異なる4種類の食器をコンパクトにまとめることができます。収納スペースをとりません。 材質は、ステンレスです。丈夫でサビない、傷や汚れがつきにくい、片づけが簡単などの特徴があります。

3.コールマンラティスディッシュウエアセットカラフル

重量 : 約2.2kg 材質 : メラミン、竹繊維 サイズ : オーバルプレート/約24×17×4.5(h)cm ボウル/約Φ14×5(h)cm マグカップ/約12×9×6(h)cm 収納サイズ : 約26×19×19.5(h)cm 重量 : 約2.2kg 材質 : メラミン、竹繊維 付属品 : 収納ケース

コンパクト収納が特徴で、竹繊維を混ぜ込んだエコな食器です。収納ケース付きで便利です。 ファミリー用で4人分のセットです。

4.Panier食器付ピクニックバスケットバカンスクーラー

Panier|食器付ピクニックバスケットバカンスクーラー

サイズ:35×29×30㎝ 重量: 2000g 素材:表地/ポリエステル 裏地/アルミ 断熱材/PE サイズ:350w 290h 300d 重量: 2000g

パニエ(Panier)はフランス語でカゴの意味です。おしゃれなカゴには4人分の食器やカトラリーがセットになって収納できるピクニックバッグです。BBQに便利な大容量のドリンクボックス付きです。普段の買い物にも使えるショルダー付きの優れモノです。便利でおすすめです。次のものが入っています。 皿、カップ、フォーク、スプーン、ナイフが各4 ソルト&ペッパー容器が2 カットボード、ペストリーナイフ、ワインオープナーが各1です。 保冷バッグ

アウトドアグッズ 登山用食器セット グループ

5.トランギアパーティークッキングセット


トランギア|クッキングセット パーティ TR-400290

サイズ:直径 25 cm× 16.2 mm(収納サイズ) 重量:1940g(ハンドル込)

登山用でグループ用という食器セットになったものは少ないです。基本的にグループの場合は、誰が食器を持つ担当課、誰がどの食器をパックバックに入れていくかを、あらかじめ決めておくことになります。 このトランギアのパーティーセットは、何が必要かの参考になるでしょう。

ソロキャンプの食器セット

6.スノーピーク クッカーソロキャンプソロセット 極チタン

スノーピーク|クッカー ソロセット 極 チタン

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

収納サイズ:Φ110×131mm 重量:195g 材質:ポット/チタニウム、カップ/チタニウム、ハンドル/チタニウム、フタ/チタニウム、フタつまみ/シリコーンゴム セット内容:ポット/Φ109×125mm・880ml、カップ/Φ110×71mm・540ml、フタ/Φ104×22mm、

人気のクッカーです。軽くて、強いチタン製、ポット内にガス缶とストーブが収納できます。登山やツーリングでも使用できます。便利でおすすめです。

7.キャップテンスタッグステンレス食器

収納セットサイズ/(約)外径150×高さ75mm(本体のみ) 重量/(約)550g セット内容/鍋(14cm・12cm)各1、15cm皿(ふた)1、13cm皿(ふた)1、マグカップ1   収納セットサイズ/(約)外径150×高さ75mm 重量/(約)550g

ソロキャンプに最適な食器セットです。鍋の中にセットがすべて収まるようになっています。ステンレス製です。

8.ロゴスツーリングクッカーセット

ロゴス|ツーリングクッカーセット

出典:Amazon

収納サイズ:直径約135mm×高さ約115mm 素材:ステンレス ポット大:直径約120mm、容量約1L ポット小:直径約105mm、容量約515ml フライパン:直径約130mm トレイ:直径約120mm マグ:容量約290ml

ソロキャンプで調理に最適な食器セットです。すべてが1つにまとめられます。 ポット、フライパン、トレー、マグの5点セットになっています。おすすめです。

ソロ登山の食器セット

9.スノーピーク チタンパーソナルクッカーセット

スノーピーク|チタンパーソナルクッカーセット SCS-020T

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

仕様 大きさと容量:クッカーL/φ150×72mm・1,000ml、 クッカーS/φ128×69mm・780ml、 フタL/φ155×32mm・500ml、 フタS/φ137×30mm・350ml 収納サイズ:φ155×100mm 材質:チタニウム 重量:330g メッシュケース付

登山途中の大事な食事を支えるチタン製のクッカーセットです。便利でおすすめです。フライパンと浅型クッカーを備えています。

10.エバニュー チタンクッカー4DXセラミック

エバニュー|チタンクッカー4DX セラミック ECA419

出典:Amazon

質量300g 大きさと容量:ナベ径16.5cm×深さ9cm/容量1.900ml フタ径16.5cm×深さ4cm/容量750ml 材質:チタニウム製(取手部シリコンチューブ付) 内側セラミック樹脂コート ナイロンケース付

たっぷり入る大き目のクッカーです。内側には樹脂コーティングしてありますから汚れがサッと落ちます。

11.EPIガス アルミ製6点食器セット

EPIガス|アルミ6点食器セット

重量 大/51g 中/48g 小/40g フタ/28g 皿/19g×2枚 材質 本体/アルミニウム(アルマイト加工) 取手/アルミニウム

軽さにこだわったリーズナブルナ食器セットです。スタッキング(積み重ね収納)も可能ですからザックへの収納もしやすいです。しかも重量がわずか205gです。クッカーとして使用できます。

アウトドアグッズ こだわりのカトラリー

12.バカンス バンブーカトラリー4Pアソートセット

カトラリー バンブー |4P セット

仕様、サイズ 1本あたり:幅 約3×厚さ 約0.5×高さ 約20cm

自然素材にこだわったバカンスの竹製カトラリーセットです。アウトドア女子に特に人気のカトラリーで、おしゃれで可愛い、そしてリーズナブルです。 スプーン、フォーク、ナイヅが1セットになっています。

13.ベルモント 抗菌スプーンフォークセット

ベルモント|BM-003 抗菌箸スプーンフォークセット

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

重量 16g サイズ 箸/23cm、スプーン14cm、フォーク14.cm、ケース/15cm 素材 :箸、スプーン、フォークー酸化銀膜焼付SUS材 ケースーアルミニウム

箸、スプーン、フォークの表面には抗菌作用のある酸化銀膜が施されているこだわりの一品です。おすすめです。 箸は組み立て式、持ち運びに便利なケース付きです。

アウトドアグッズ こだわりのマグカップ

14.楽天・日本製マグカップ カラビナマグカップ330l

マグカップ ・ 日本製 |カラビナマグカップ 330ml (中空 2重構造)

サイズ/約:直径79×127×高さ95mm 容量/約330ml 重量/約160g

中空2重構造のカラビナ付マグカップです。カラビナが持ち手になっていて、ザックのかけて持ち運びします。中空2重構造ですから、温かさ、冷たさが長持ちします。ステンレス製で作りもしっかりしています。 一般的なマグカップより少し大きめで使いやすく、おすすめです。

15.ロゴス プリメイヤーマグカップ

ロゴス|プリメイヤー真空マグ420(レッド)

出典:Amazon
出典:Amazon

サイズ:幅約125mm×奥行約85mm×高さ約135mm 容量:約420ml 重量:約220g

プルタブ式のフタが付いているマグカップです。フタに取り付けられたタブを引っ張ると飲み口が現れ、スマートに飲めます。間違って倒れても急にこぼれることはありません。足場の悪い、あるいは天候が悪いテント泊の時には便利です。便利でおすすめです。 マルチユースですから色々なところで使えます。

アウトドアグッズ こだわりのケトル

16.キャプテンスタッグ キャンピングケトルクッカー

キャプテンスタッグ| キャンピング ケトルクッカー 900ml M7726

サイズ(約) 外径145×高さ90mm 重量/360g


スタンダードな1Lのケトルクッカーです。素材がステンレスですから丈夫で美しい光沢があります。 お湯沸かしやスープ料理に最適です。重量が360gありますから、キャンプでは問題ないですが、登山には不向きかもしれません。

17.コールマンパッカアウエイケトル0.6L

コールマン|パッカアウェイケトル/0.6L

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

サイズ:約15×13×8(h)cm 重量:約150g

0.6Lとこぶりなケトルですが、熱効率のよいアルミ製で傷がつきにくく、小さくて軽いです。メッシュポーチとなっています。 直ぐにお湯が沸きますから朝コーヒーには最適です。おすすめです。

【アウトドアグッズ ストーブ編】

人気ブランドのコールマンとイワタニからご紹介します!

アウトドアグッズ コールマンのストーブ

18.コールマン アウトランダーマイクロストーブ

コールマン| アウトランダーマイクロストーブ PZ 203535

出典:Amazon
出典:Amazon

本体サイズ 約11×9.5×9.5(h)cm 収納サイズ 約10×5.5×9.5(h)cm 重量 約200g

コールマン定番の小型ストーブ。自動点火装置付き、プラスティックケース付き。カートリッジガス使用。

19.コールマン スポーツスターⅡ&遠赤ヒーターアタッチメント&燃料

サイズ:(約)直径14×14(h)cm 重量:(約)960g

シングルバーナーです。遠赤ヒーターが付いていますから、急に冷え込んだ時や寒冷地のテン泊にはとてもありがたいストーブです。 遠赤ヒーターと燃料の仕様 コールマン(Coleman) 遠赤ヒーターアタッチメント 170-7065 ●サイズ:(約)直径8.6×6(h)cm ●材質:ステンレス ●対応モデル:508、533、440、442、パワーマックスX-I、X-II、X-III ●梱包サイズ(約):9.2×6.3×13.2cm コールマン(Coleman) エコクリーン1L 170-6759 ●サイズ:約11.8×6.3×18.8(h)cm ●容量:1L ●原産国:日本

アウトドアグッズ イワタニのストーブ

20.イワタニ カセットガスジュニアコンパクトバーナー

イワタニ |カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

本体サイズ155(幅)×155(奥行)×127(高さ)mm収納サイズ82(幅)×68(奥行)×109(高さ)mm重量約274g

高効率バーナーの採用で1Lの水が約4分で沸騰することをうたっているストーブです。人気のバーナーです。登山、キャンプなどどこでも使えます。コンパクトになります。 使用ガスはイワタニ専用となりますから注意が必要です。本体、アルミバーナー、ごとく、脚、風防で構成されています。

アウトドアグッズ プリムスのストーブ

21.プリムス シングルコンロウルトラバーナー

ゴトク径:大148mm/小90mm 収納サイズ:7.5×8.8×3.0cm 本体重量:110g(本体99g+点火装置11g)

熱効率のよいバーナー、コンパクトな収納、X字ゴトク、軽量ですが3600kcal/hのパワーがあります。 キャンプから高所登山まで使えます。

アウトドアグッズ おすすめのBBQ用コンロ

22.コールマンツーバーナー ガソリン

コールマン |ツーバーナー コンロ

サイズ:67×46×44.8cm(使用時)、56×35×16cm(収納時) 本体重量:5.8kg

メインバーとサブバーナーの2バーナー方式のバーナーです。コールマンの定番のバーナーで火力が強く経済性に優れたホワイトガソリン仕様のバーナーです。燃焼時間も長くキャンプでは余裕があります。

23.イワタニプリムスオンジャP-coj

イワタニプリムス|オンジャ P-COJ

ゴトクサイズ:410×140 収納サイズ:43.0×14.0×30.0 本体重量:3.0kg(+ウッドボード490g)

コンパクトに収納でき、ショルダーバッグのように運ぶことができるツーバーナーのグリルです。 ウッドボードを外し、セッティングするとウッドスクリーンと一体になった火口が現れます。ウッドボードはフタや鍋敷きとして使います。

24.イワタニ カセットガスジュニアバーナー専用グリルプレート板厚6mm

製品サイズ20cm x 17cm x 1.5cm  焼面サイズ13cm x 13cm 重量約1.5kg

少人数用のBBQグリルプレートです。焼き肉から焼きそば、ギョウザ、ステーキ、ホイル焼きなど多彩な料理ができます。キャンプや自宅でも幅広く使えます。極厚鉄板を使っていますから焼き上がりもよく焼きムラがありません。便利です。 カセットガス、バーナー本体が別に必要です。

アウトドアグッズ ソロ登山のストーブ

25.ソロストーブ ソロストーブ/ポット900

Solo Stove|ソロストーブ ポット900

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

サイズ高さ:約14.5cm(収納時約10cm) 直径:約10.8cm重量約255g

ソロストーブの燃料は、どこにもある小枝や松ポックリです。ソロストーブは2重構造になっており、高い燃焼効率を誇るネイチャーストーブです。ストーブの底部の空気口から取り入れた空気が1次燃焼し、さらに温められた空気が上部の空気口から出て2次燃焼する構造となっているため、少ない燃料で効率よく燃やすことができます。便利でおすすめです。 ガスカートリッジよりは水を沸かすのに時間がかかりますが燃料代は要りません。小枝がよく燃えますから、次から次へとつぎ足さなければなりません。 但し、山で火を使うことは厳重注意です。他の燃えるものに燃え移らないよう細心の注意が必要です。

26.ソト(新富士バーナー)マイクロレギュレーターストーブウインドマスター

SOTO|マイクロレギュレーターストーブウインドマスター

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

幅144×奥行144×高さ96mm(バーナー+ゴトク使用時) 幅47×奥行77×高さ44m(ゴトクのみ収納時) 重量 87g(バーナー+ゴトク) 27g(ゴトクのみ)

横風に強い耐風性能に優れたシングルストーブです。フチがせり上がったすり鉢状のバーナーヘッド構造がその耐風性を実現しています。キャンパーや高所登山では最適のストーブです。燃料効率がよく早く沸きます。


27.イーピーアイREVO-3700ストーブ

イーピーアイ|REVO-3700 ストーブ

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

サイズ:使用時/H86×Φ152mm、収納時/H89×D52×W54mm 重 量:111g

コンパクトですが3700kcal/hという高出力が自慢の人気モデルです。 出力、耐風性、ゴトクのバランスなどいずれも優れています。ストーブのなかでは逸品の1つです。

28.ジェットボイル マイクロモ

モンベル|JETBOILジェットボイル マイクロモ

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

総重量:約400g(ガスカートリッジを除く) サイズ:直径104mm×高さ165mm(収納時) 容量:0.8L

今、キャンプや山で大人気のクッカーです。一般的なストーブに比べて燃料の消費が半分くらいで済み、わずかな燃料で素早く効率的に湯沸かしや調理ができる優れものです。 0.5Lの水ならば、沸騰するまでの時間は約2分15秒、マイナス6℃の低温化でも安定した火力を維持します。 お湯を沸かすだけでなく料理も幅広くできます。強火からトロ火まで調節可能で、中華粥からうどん、コンソメスープ、ぜんざい等レシピも様々、使い間口の広いモデルです。 クッカーのフラックスリングという部品により、一般的なクッカーの熱効率は30~40%くらいですがジェットボイルは驚異の80%以上の高い熱効率を達成しています。

一番上のフタから一番下のボトムカバーまで全てクッカー本体の中に収納できます。持ち運びやザックへの収納が大変便利です。

アウトドア キャンプや山でコーヒーを楽しむ

アウトドアのキャンプでも登山でも、アウトドアコーヒーはどれも特別な至福の時間です。山の頂でコーヒーを飲むために登る人たちも大勢います。 コーヒーの淹れ方もいくつかありますが、ドリップコーヒー、パーコレーター、インスタントコーヒーの3種類とコーヒーセットを紹介します。

29.アウトドアでドリップコーヒーを楽しむ

アウトドアでドリップコーヒーを楽しむ方法とグッズをご紹介します。

29-1、必要なグッズ

1.コーヒー豆:焙煎したお好みのブランドのコーヒー豆。 2.コーヒーミル:アウトドア用ポーレックスのセラミックコーヒーミル 3.ドリッパー:ハリオのドリッパーが有名ですがアウトドアですからユニフレームのステンレスワイヤーでできた折り畳み式のドリッパーがよい。 4.コーヒーサーバー:上記で紹介したクッカーでよい。 5.ドリップケトル:上記で紹介したケトルでよい。 6.ペーパーフィルター:ハリオのV60用ペーパーフィルター。 7.(メジャースプーン)

29-2、ドリップコーヒーの淹れ方

ドリップコーヒーの淹れ方 1.人数分の量を計ってコーヒーミルでコーヒーを淹れる直前に挽く。 2.ドリッパーにフィルターペーパーをセットして、コーヒー粉を入れ、粉の表面を平にする。 3.お湯を沸かして少し冷ます(85℃くらい)。 4.中心から外側にのの字を描くように静かにゆっくり少しづつ注ぐ。30秒くらい蒸らす。 5.再度円を描くように中心から外側に外側から中心に少し大目のお湯を注ぐ。 6.抽出したらドリッパーを外しコーヒーカップに注ぎ入れる。

30.アウトドアグッズ パーコレーターでコーヒーを淹れる

30-1、必要なグッズ

1.コーヒー豆:焙煎したお好みのコーヒー豆。 2.コーヒーミル:ポーレックスのセラミックコーヒーミルで粗挽き。 3.パーコレーター:コーヒーを抽出する器具のことで、フィルターを使わないから掃除が簡単で便利です。キャプテンスタッグのステンレス製パーコレーター3カップがおすすめです。 4.ストーブ:上記のストーブでよい。 5.マグカップ:上記のマグカップでよい。

30-2、パーコレーターでコーヒーの淹れ方

1.コーヒー豆を粗挽きする。 2.本体に水を入れ、バスケットの中に粗挽きのコーヒーを入れて、フタをする。 3.ストーブの弱火で3~5分くらいかけて抽出する。パーコレーターの透明部分で中が見えるので、色が濃くなってきたら完成です。

番外.アウトドア インスタントコーヒーを淹れる

必要なグッズ 1.ドリップバッグコーヒー:すごく銘柄がたくさんあります。高いものはおいしいです。おすすめは澤井コーヒーのドリップバッグコーヒ福袋8g×100袋。 2.ストーブとケトルでお湯を沸かす。あらかじめお湯を沸かして山専用のボトルに入れて持ってきてもよい。 3.大き目のマグカップ:上記 淹れ方 とても簡単です。マグカップにインスタントドリップコーヒーをセットして、あつあつのお湯を注ぐだけです。

まとめ

いかがでしたか、アウトドアの特に食器とストーブに限定していろいろなグッズをシーンごとにご紹介しました。  最近のアウトドア、キャンプやピクニック、登山のグッズはどんどん進化しています。楽しいキャンプライフに彩りを与えてくれるのが食事のための食器です。さすがに紙コップや紙皿でパーティーをしているグループは少なくなりました。風で飛んで行ったり、倒れたりしたら大騒ぎですから。

基本的に割れやすい素材の食器はNGです。特にお子さんがいる場合はなおさらです。 ステンレスやアルミ、メラミン、ホーロー、木製、プラスティックなどがありますが、おすすめはキャンプの場合はホーローです。耐熱性、保温性、汚れに強く、匂い移りがないなどの特徴があります。山の場合はチタン製がおすすめです。 ストーブもおもしろくてユニークなものが出てきました。上記にあげた薪ストーブ(ソロストーブ)はいいですね。燃料は薪だけ、どんどん薪(小枝)をつぎ足していかないと火力が維持できません。それがいいのです。 山などで1人静かに火が燃えるのをじっと見つめる。こんな贅沢な時間は滅多に体験できません。 よく考えられたストーブの逸品です。もちろん火の始末が責任持って行える人でなければなりません。 キャンプ場には、色々なファミリーやグループが思い思いにキャンプグッズを並べて楽しんでいます。ちょっと覗いて見ると、趣味やこだわり、生活感があって、おもしろく参考になります。