ライトジギングにおすすめしたいリール10選!選び方と合わせてご紹介!のイメージ

ライトジギングにおすすめしたいリール10選!選び方と合わせてご紹介!

ライトジギングリールおすすめ10選です。ショアライトジギング、オフショアライトジギングとタイラバに使えるリールをまとめてご紹介。リールの選び方や釣り方など初心者の方がチェックしておきたいポイントも合わせて紹介しています。

2018年05月31日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ライトジギングリールのおすすめをご紹介!
  2. ライトジギングとは
  3. ショアから楽しむライトジギング
  4. オフショアで楽しむライトジギング
  5. ライトジギングリールの選び方 ロッドの形状をチェック!
  6. ライトジギングリールの選び方 ラインをチェック!
  7. ライトジギングリールの選び方 リールは剛性重視!
  8. ライトジギングリールの選び方 ギア比は好みでOK!
  9. ライトジギングリールの選び方 スピニングリールのメリット
  10. ライトジギングリールの選び方 ベイトリールのメリット
  11. ライトジギングリールの選び方 大物狙いならミドルクラス以上
  12. ライトジギングリールはタイラバへの流用もOK!
  13. ライトジギングにおすすめのスピニングリールはこちら!
  14. ライトジギングにおすすめのベイトリールはこちら!
  15. お気に入りのライトジギングリールを見つけよう!

ライトジギングリールのおすすめをご紹介!

ライトジギングタックルを揃えよう!

raika_hikaruさんの投稿
19984927 111364809427548 7888057603492675584 n

ライトジギングを始める方に おすすめのリールを10選でご紹介! スピニング、ベイト両方を紹介しているので ショアジギング、オフショアジギングや タイラバを始めたい方は参考にしてみてください!

ライトジギングとは

軽いルアーとライトなタックルでジギング!

syunsei.aさんの投稿
22157456 174448696438198 6423633335066558464 n

ライトジギングはショア、オフショア共に 浅場を狙う軽いメタルジグを使った釣り方です。 ショアであれば40gまで、 オフショアでは100g程度までを 上限にしたジギングをライトジギングと呼びます。 軽量なタックルで楽しめるので 初めての方でも気軽に楽しめます。

ショアから楽しむライトジギング

ライトショアジギングを3つに分けてご紹介!

paiiiiiiiiiiiiineさんの投稿
22639472 149153145824865 5468183367189004288 n

岸から楽しむライトショアジギングを ターゲット、タックル、釣り方の 3つに分けてご紹介! これから挑戦する初心者の方は ポイントをチェックして リール選びの参考にしてみてください!

1/3.メインターゲット

ショアからのメインターゲットは ワカシやソウダガツオ、サバなど 小型の青物が中心、 ヒラメやシーバスもヒットします。 ベイトの回遊次第では大型の魚が回ってくる チャンスもあるので情報を集めながら 釣行計画を立ててみましょう。

2/3.標準タックル

yuta_kunishigeさんの投稿
22427259 122195991811456 9164799703823417344 n

使用するメタルジグが40gまでの釣り方を ライトショアジギングと呼びます。 ロッドはショアジギング向けの 9フィートロッド、リールはスピニングで ダイワなら3500番、シマノは4000番が定番です。 ラインキャパシティは PEの1.5号150m以上がおすすめ。 もっとライトなタックルでも十分遊べますが ラインやリールに不安を感じながら フルキャストは難しいと思うので 初心者の方は少し強めに 設定しておくのがおすすめです。

3/3.釣り方

i.tsurikichi.tさんの投稿
22638878 133484483974184 6711131505193648128 n

出来るだけ遠投して着底を確認、 ロッドをあおりながらリールを巻く ジャークでルアーをアクションさせます。 重めの仕掛けを激しく動かす釣りなので リールへの負荷は大きめ、 重いリールは疲れやすくなります。 買い替えを検討されている方は 入門向けのモデル、 何年も使いたい方は耐久力を重視した ミドルクラスのリールを選んでみてください。

オフショアで楽しむライトジギング

オフショアライトジギングを3つに分けてご紹介!

hiro.f0821さんの投稿
21296989 175984526280236 1676682917994037248 n

岸から楽しむオフショアライトジギングを ターゲット、タックル、釣り方の 3つに分けてご紹介! ベイトリール、スピニングリール どちらでも楽しむ事が出来る釣り方です。

1/3.メインターゲット

beta_nagiさんの投稿
18722071 1914872312117092 3478940908672516096 n

オフショアライトジギングのターゲットは サバ、タチウオ、マダイ、青物。 ショアからの釣りよりも 大物と出会える確立が高くなります。 船に乗って釣れるポイントで釣りをするので 数、型ともバッチリ楽しめます。 初めての方は短時間のサバや イナダ狙いでオフショアデビューしてみましょう!

2/3.標準タックル

minehokutoさんの投稿
21910614 106219496744244 1711335641851101184 n

ベイトリール、スピニングリール どちらでも楽しめますが 1から道具を揃える方には ベイトリールがおすすめ。 指でライン放出をコントロールできるので フォール中のアタリが取りやすく 操作も快適です。 オフショアライトジギングロッドに PEの1.5号前後を200mのセッティングが基本。 シマノなら200番、ダイワは100番がおすすめ。 大型を狙う場合は剛性、 ドラグ性能の高いリールが必要になりますが 近場の釣りなら気軽なタックルでOKです。 人気のタイラバにも流用できるので 道具を揃えてオフショアの釣りを満喫しましょう!

3/3.釣り方

tsuda_jig.workshopさんの投稿
22708996 128311231165010 2743203557644697600 n

ターゲットによって使用するメタルジグ、 アクションの速度が異なりますが 基本はショア同様、ワンピッチジャークでOKです。 水深とルアーの重さで シャクりに必要な力も大きくなるので リールをしっかり掴んでアクションさせましょう。 水深がある場所には回収速度の速い ハイギアリールがおすすめですが 大物とのファイト、等速巻きがポイントになる タイラバにはノーマルギアや パワーギアがおすすめです。

ライトジギングリールの選び方 ロッドの形状をチェック!

スピニング用とベイト用を確認しておこう!

jin_puuさんの投稿
21568500 1239029846203369 1037184320801865728 n

スピニング用とベイト用のロッドは リールシートの形状や ガイドのセッティングが異なります。 流用してスピニングとベイト両方を 扱えるモデルは非常に少ないので 購入前に必ず確認しておきましょう。

ライトジギングリールの選び方 ラインをチェック!

メインとなる釣りモノに合わせよう!

raika_hikaruさんの投稿
21827535 452535528476041 1183285475985588224 n

ショア、オフショアとも 1.5号がベースになりますが 地域や釣りモノによって 基本となるラインの太さが大きく異なります。 巻き替えは面倒なので どの釣り方から始めるか、 道具を購入する前に確認しておいてください。 青物には1.5号程度の強度が必要になりますが タイラバは0.6号を使用する場合があります。

ライトジギングリールの選び方 リールは剛性重視!

メタルボディ、ギアの強いものを選ぼう!

リールは大きく分けて 強度重視と軽さ重視の二つに分かれます。 負荷の大きいジギングには重く強い素材を使った 強度、剛性重視のモデルがおすすめ。 予算と候補が決まったら メーカーの紹介ページもチェックしてみて下さい。

ライトジギングリールの選び方 ギア比は好みでOK!

ギア比を選ぼう!

ryuta8118さんの投稿
22500398 298090170675988 1470039470014201856 n

リールのギア比は パワーギア、ノーマルギア、ハイギア、 エクストラハイギアの4タイプ。 ギア比が高いほど巻きに必要な力が増えて 1回転当たりの糸巻き量も増えます。 素早いアクション、回収の速度が必要な ショアの釣りにはハイギア、 大物とやりとりするオフショアには パワーギアがおすすめですが 使っているうちに慣れる部分なので 好みで選んでOKです!

ライトジギングリールの選び方 スピニングリールのメリット

スピニングリールのメリットを3つに分けてご紹介!

yuuichi_takakuraさんの投稿
22500080 363891974069464 6916809225482010624 n

スピニングリールのメリットを 3つに分けてご紹介! ショアジギング用のリールをお探しの方は スピニングモデルからリールを選びましょう!

1/3.操作が簡単!

hane_tsuriさんの投稿
21689406 317803145352206 5927403271932084224 n

スピニングリールのメリットは トラブルが少なく操作が簡単、 初心者の方でもすぐ扱えるようになることです。 ベールを起こして指を掛ける動作を 覚えるだけなので これから釣りを始める方は スピニングリールを選んでみましょう!

2/3.キャスティングしやすい!

ysaki_ysukeさんの投稿
22637563 139543376671227 9007544187859501056 n

仕掛けを投げやすい事も スピニングリールの特徴です。 ベイトリールに必要なキャスト時の サミングが不要なので キャスト前提、回数も多い 岸からの釣りにはスピニングリールがおすすめです。

3/3.巻き取り量が多い

to_1008さんの投稿
20968775 556180341439799 7846581288998797312 n

ベイトリールよりも ラインを巻いてあるスプールが大きいので 1回転あたりの巻き取り量が多くなります。 ショアジギングでは100m近く キャストする事もあるので回収速度に優れる スピニングリールが基本になっています。

ライトジギングリールの選び方 ベイトリールのメリット

ベイトリールのメリットを3つに分けてご紹介!

motoshi.kidaさんの投稿
21224697 310012432801278 6098553208962023424 n

ベイトリールのメリットを 3つに分けてご紹介! オフショアのライトジギングに挑戦する場合は スピニング、ベイトどちらでもOKです!

1/3.操作が素早い!

chasoya2さんの投稿
21149104 1906432192951202 2453056290344140800 n

ベイトリールは親指を当てる位置に クラッチというスイッチがついています。 押すだけでラインを放出、 巻き始めると止まるので スピニングリールよりも 動作が速い事が特徴です。 底の地形が荒く何度も底を取り直す場合は ベイトリールのメリットが活きてきます。

2/3.ラインの放出を制限出来る

ryuta8118さんの投稿
22500398 298090170675988 1470039470014201856 n

ルアーを落としている最中にも 魚が掛かる事があります。 スピニングリールはどうしても フォール中に余分なラインが出てしまうので アタリに気づけない場合がありますが ベイトリールなら指でライン放出を 制限できるのでフォール中のアタリもバッチリ! タチウオゲームで重要になるポイントです。

3/3.力が伝わりやすい

yamao0314さんの投稿
20837270 1977797452453537 7425866113956708352 n

ベイトリールは構造上、 スピニングよりもハンドルの力を 軸に伝えやすいので トルクやパワーを発揮しやすいリールです。 大型青物を狙う場合も 両軸リールを選んでみましょう!

ライトジギングリールの選び方 大物狙いならミドルクラス以上

ドラグとギアの強いものを選ぼう!

takashi.iharaさんの投稿
22157923 121086238602652 7124954078064410624 n

ボディの素材やスムーズな 回転を生むベアリングだけでなく メインギアやドラグ周りのパーツも ミドルクラスの方が強い場合が多いです。 負荷の大きい釣りなので 大物狙い、長く使いたい場合は ミドルクラス以上のモデルを選びましょう!

ライトジギングリールはタイラバへの流用もOK!

流用タックルで人気のタイラバも遊んでみよう!

deka_gameさんの投稿
22344898 281832028997543 4106352553065709568 n

人気のタイラバも流用タックルで楽しめます。 ロッドは性質が異なるのでおすすめしませんが リールは同じものを使用してもOKです。 タイラバは特に細いラインを使う釣りなので 巻いておくラインを吟味して タックルをセッティングしましょう。

ライトジギングにおすすめのスピニングリールはこちら!

1.ダイワ 17エクセラー 3012H

ダイワの17エクセラー 3012Hです。 価格は9,940円(2017/10/24現在) ラインキャパシティはPE1.5号200m。 様々なサイズを展開している ダイワの入門向け汎用モデルです。 防水機能マグシールドを安価に搭載したモデルで エアローター、スーパーメタルボディなど 上位機種の機能を引き継いだ コストパフォーマンスの高さが魅力。 初めての方でも本格的な ルアーゲーム用リールの性能を バッチリ楽しめるモデルです。

2.アブガルシア オーシャンフィールド 3000H/3000SH

アブガルシア オーシャンフィールド スピニング 3000H/3000SH
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

アブガルシアのオーシャンフィールド  3000H/3000SHです。 価格は8,398円(2017/10/24現在) ラインキャパシティは PE2号150mとPE1.2号150m。 オフショア用とショア用、 両方を1台で済ませたい方におすすめのリールです。 溝の異なるスプールを2種搭載しているので 用途に合わせてラインを使い分けることが出来ます。 少々重めですが予算を抑えながら 道具を揃えられるコストパフォーマンスの 高さが魅力です。

3.ダイワ 16BG 3500H

【ダイワ】16BG 3500H
楽天で詳細を見る

ダイワの16BG 3500Hです。 価格は9,800円(2017/10/24現在) ラインキャパシティはPE2号300m。 1万円を切る価格で本格的なオフショアの 中型青物に対応出来るリールです。 ショアジギングでの使用もバッチリ。 耐久力とパワーを優先したモデルなので ロックショアやヘビーなメタルジグなど タフな環境での使用もお考えの方は こちらのモデルをチェックしてみて下さい。

4.シマノ 15ストラディック 4000HGM

シマノ '15ストラディック 4000HGM
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

シマノの15ストラディック 4000HGMHです。 価格は17,410円(2017/10/24現在) ラインキャパシティはPE1.5号200m。 中級者も満足のコストパフォーマンス。 性能の高いミドルクラスをお探しの方に おすすめのリールです。 人気が高くシーバスやヒラメでの実績もバッチリ。 剛性の高さと初期の性能を長く維持する 耐久力がコンセプトのリールなので 本格的な趣味に、とお考えの方には このクラスのリールがおすすめ。 トルクフルな巻きで 大物とのファイトをサポートします。

5.シマノ 17ツインパワー XD 4000XG

シマノ 17 ツインパワーXD 4000XG (スピニングリール)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

シマノの17ツインパワー XD 4000XGです。 価格は37,125円(2017/10/24現在) ラインキャパシティはPE2号210m。 過剰な耐久性をコンセプトに設計された ツインパワーの改良モデルです。 ドラグからギアに至るまで 各所に耐久力を向上させる技術が搭載されています。 ライトライン、シルエットを落としたジグで ショアから大物を狙う方におすすめ、 オフショアの釣りにも対応できます。

ライトジギングにおすすめのベイトリールはこちら!

6.シマノ 16グラップラーBB 200HG

シマノ(SHIMANO) 16 グラップラーBB 200HG 右 03565
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

シマノの16グラップラーBB 200HGです。 価格は10,200円(2017/10/24現在) ラインキャパシティはPE2号200m。 タチウオ、真鯛、青物と 人気のライトジギングターゲット全てを網羅できる ハイコストパフォーマンスなベイトリールです。 軽量な素材を使用したボディで 一日手持ちでも疲れにくく剛性もそれなり。 エサ釣りでも使えるので 浅場の船釣り入門におすすめのモデルです。

7.ダイワ  ヴァデル ベイジギング 100SH

ダイワ(Daiwa) ヴァデル ベイジギング 100SH 00613695
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ダイワ のヴァデル ベイジギング 100SHです。 価格は12,023円(2017/10/24現在) ラインキャパシティはPE1.5号200m。 こちらも人気の釣りに広く対応出来る ロープロ型のリールです。 軽さよりも剛性を重視した設計。 価格、ルックス共に評価が高い1台で 初めてのライトジギングをバッチリ楽しめます。 タイラバ入門にもおすすめです。

8.ダイワ 紅牙 ICS 103

ダイワの紅牙 ICS 103です。 価格は17,550円(2017/10/24現在) ラインキャパシティはPE1号200m。 タイラバで特に人気の高いアイテムです。 ライトなジギングにも対応出来ます。 カウンター付きで水深が分かりやすく タイラバ、ジギング初心者の方におすすめ。 タイラバ向けの機能として 巻き上げ速度表示も付いているので 感覚ではなく数値で当日の状況に合わせた 釣り方を見つけられます。

9.ダイワ 15キャタリナ BJ100SHL

ダイワ(Daiwa) 15キャタリナ BJ100SHL 00613704
楽天で詳細を見る

ダイワの15キャタリナ BJ100SHLです。 価格は25,500円(2017/10/24現在) ラインキャパシティはPE2号200m。 剛性重視の丸型リール、 大型のマダイや青物にも対応出来る パワフルなリールです。 ボディが強く歪みにくいので 巻き上げるパワーをスムーズに スプールへ伝えることが出来ます。 数釣りの手返しよりも 大型のキャッチ率を上げたい方には 丸型のリールがおすすめです。

10.シマノ オシアコンクエスト 200HG

シマノ(SHIMANO) オシアコンクエスト 200HG 右 14 オシア コンクエスト 200HG
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

シマノのオシアコンクエスト 200HGです。 価格は37,495円(2017/10/24現在) ラインキャパシティはPE2号200m。 シマノの誇る滑らかな間着心地を支える マイクロモジュールギアが高く評価されている コンクエストシリーズのジギングモデルです。 剛性やドラグはもちろん、 巻き心地にもこだわったリールで 疲れにくく集中しやすい使用感が魅力。 贅沢な時間を楽しめる釣具をお探しの方に おすすめのアイテムです。

お気に入りのライトジギングリールを見つけよう!

気軽に楽しめるライトジギング

ショアライトジギング、ライトジギングともに ライトなタックルで楽しめるので 女性や力のない方にもおすすめの釣りです。 リールを選んで ライトジギングに挑戦してみましょう!

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ