雰囲気アップに最適!スノーピーク「ノクターン」の魅力をご紹介

雰囲気アップに最適!スノーピーク「ノクターン」の魅力をご紹介

雰囲気アップに最適!スノーピーク社の「リトルランプ ノクターン」の魅力に迫ります!
コールマン社製品の「ルミエールランタン」とスノーピーク社製品の「リトルランプ ノクターン」とどっちがいいの??と言う疑問に出来る限り調べた知識をご紹介したいと思います!

記事の目次

  1. 1.キャンプ好きにはたまらない!?スノーピークの「ノクターン」に迫る!
  2. 2.スノーピークとは??
  3. 3.スノーピーク「リトルランプ ノクターン」の魅力
  4. 4.コールマンとは??
  5. 5.コールマン「ルミエールランタン」とスノーピーク「ノクターン」との比較
  6. 6.スノーピーク「ノクターン」の使い方
  7. 7.スノーピーク「ノクターン」の収納方法
  8. 8.スノーピーク「ノクターン」に合うOD缶を選ぼう!
  9. 9.スノーピーク【ノクターン】2017年限定モデル!
  10. 10.スノーピーク【ノクターン】をもっと魅力的な雰囲気にする為に…
  11. 11.まとめ

キャンプ好きにはたまらない!?スノーピークの「ノクターン」に迫る!

皆さんはスノーピーク社の「ノクターン」と言う製品ををご存知でしょうか? キャンプや野外等で使用するガスを使用したランタンなのですが、とっても幻想的な雰囲気を醸し出してくれるので最近まで売り切れ続出でプレミアム価格までついていたんです。 今日はそんな「ノクターン」の人気の秘密を皆さんにお伝えしていこうと思います。

スノーピークとは??

そもそも、スノーピーク ノクターンだけ聞いても『???』の人もいらっしゃるかもしれないのでそこからお話したいと思います。 スノーピーク社とは、アウトドア用品を中心に販売しているお店で、本社は、新潟県にあります。 だけど、スノーピーク社は、全国…海外にもお店があるキャンプ製品のお店ではとても有名なお店なんです。 それもそのはず、スノーピーク社は1958年に創業者の方が金物問屋からお店を立ち上げ、登山家でもあった創業者の方が当時の道具に満足出来ずに、「本当に欲しいものを自分でつくる」と言う志のもと、オリジナルの登山用品を開発したのがきっかけになり、1963年にスノーピーク名称を商品登録し、1976年には自社工場を設立されたそうです。 だからこんなにもスノーピーク社製品は多くの人に愛されてきたんですね。 そんなこだわりを沢山もっているスノーピーク社製品の「リトルランプ ノクターン」と言うガスを使用するランタンで、勿論この商品にもこだわりを沢山感じます。 少し前までプレミアム価格で全然手に入らないと言う現象まで起こっていたのも納得がいきそうです。 どうですか?気になりませんか?これだけ売れている「ノクターン」がどれ程の物なのか… 光量は??収納方法は??「ノクターン」を徹底的に調べてみました。

スノーピーク「リトルランプ ノクターン」の魅力

これがその「ノクターン」です。 どうですか?この明かりがとってもキレイで幻想的ではないでしょうか。 この明かりとこのシンプルさに惚れてしまいませんか? LEDランプや、後でご紹介する「ルミエールランタン」の方が光量としては明るいです。 ですが、この「ノクターン」手元を照らしてくれるくらいの光量ですが、フォルムが何とも言えないです。 上に真っすぐ伸びる円柱形のグローブ(ホヤとも言うみたいです。)にはスノーピークのロゴの雪の結晶とスノーピークと言う文字が描いてあり、シンプルな所も魅力的です。 光量も明かるすぎると言う事も無く、でも確実に手元は照らしてくれるので「ノクターン」の灯りだけで飲むお酒は、素敵な大人だけの一夜を演出してくれそうです。 私が見た中では、ロウソクの炎の揺らめきを見ている様な、あの何とも言い難い独特の雰囲気にさせてくれるのはこのスノーピーク社製品の「ノクターン」だけではないでしょうか? あなたもこの「ノクターン」で大人な雰囲気を演出してみませんか?

コールマンとは??

出典: http://www.coleman.co.jp/concept/howto_fw/interview05.html

このスノーピークの「リトルランプ ノクターン」を選ぶ時に良く比較されるのがこのコールマンの「ルミエールランタン」です。 では、このコールマンとは何?と言う人の為に今度はコールマンの事をご説明させて頂きたいと思います。 このコールマンとは、お気付きの方多いかもしれませんが、こちらもコールマンと言う会社です。 本社は東京にあり、1976年に米国カンザス州ウイチタにて、コールマン社傘下の米国法人 日本コールマンInc.を設立 同時に東京都中央区新富町に日本支社開設されたとても古くからある会社なんです。 こちらもキャンプ等のアウトドアへ行く人なら殆どの方が知っているのではないかな?と思う程有名です。 コールマンは、環境保全、災害支援、子どもたちのためにできること。を目標に、キャンプを愛するブランドとして、コールマンは未来に向けた、さまざまな取り組みを行っている団体でもあるんです。

コールマン「ルミエールランタン」とスノーピーク「ノクターン」との比較

コールマンの「ルミエールランタン」は、スノーピークの「リトルランプ ノクターン」よりも光量が明るく、これ一つでテーブルを照らしてくれます。 グローブもレトロな感じがするので、機能性重視の方や、レトロな感じが好きな方にはこちらの方がおすすめです。 「ルミエールランタン」も「リトルランプ ノクターン」と同じくガスを燃料とするランタンなのですが、「リトルランプ ノクターン」と比べると一回りくらい「ルミエールランタン」の方が大きくなる分 光量も明るいが値段も上がります。 炎も風が吹くと消えてしまうと言う心配もないのでキャンプではレトロな雰囲気を醸しながら光量も確保してくれるので大活躍してくれそうです。 「ルミエールランタン」は、ゴールドのパーツがグローブを受けている部分以外全てプラスチックなので火の近くなんかに置いておくと危険です。 まぁ、プラスチック関係なく、火の近くに置いておくのは、下についているのはガス管なので危険ですからされる人はいないでしょうが… 収納方法もガス管から外して、透明なケースに入れるだけなのでとっても簡単です。

スノーピーク「ノクターン」の使い方

●取付方法 ①先ず、商品が届いたら器具栓ツマミを正面から見て時計回りに回し、器具栓を完全に閉めます。 ②容器を水平にし、容器ネジ部と器具のネジ部の軸線を合わせ、容器下方から見て時計回りに、滑らかにねじ込み、自然に止まるより、ややきつめに閉める。接続部分からガスが漏れていない事をシューと言う音やガスの臭いで確認して下さい。※音は大変小さいです。 ●操作方法 ①点火方法:前もってマッチやライターの火を点け、着火口に近づけておきます。 器具栓ツマミを正面から見て反時計回り(着火口方向から見ると時計回り)に回して点火して下さい。 一度で点火出来ない時は、器具栓ツマミを一旦閉じてからやり直して下さい。 ②光量の調節方法:火力調整ダイヤルを上面からみて反時計回りに回すと炎が大きくなり、時計回りに回すと炎が小さくなります。 ③消化方法:器具栓ツマミを時計回りに回し、完全に火が消えた事を確認して下さい。 ●容器の取り外し方 ①火が確実に消え、器具が十分に冷めている事を確認して下さい。 ②容器を水平にし、取付時とは反対の方向に容器を回して取り外して下さい。 ●収納の仕方(器具栓ツマミのたたみ方) ①器具栓ツマミが水平になる位置まで回転させます。 ②器具栓ツマミをグローブの方向へ折りたたみ、収納ケースに入れます。 ※ツマミは不意に勢いよく戻る事があるので、十分に注意して下さい。 注意!器具を容器に取り付ける時は器具栓ツマミを時計回りに回し、必ず器具栓を完全に閉めて下さい。 ●グローブの着脱方法 ①グローブは、グローブ固定Oリングに圧入することで固定されています。グローブを取り外す際は、無理に真上に引っ張らずに、少し回しながら徐々に取り外して下さい。 また、グローブを取り付ける時も同様に、少し回しながら徐々に取り付けて下さい。 如何でしょうか?とっても簡単に取り付けれて取り外しも簡単にできます。

スノーピーク「ノクターン」の収納方法

スノーピークの「ノクターン」は収納方法もとっても簡単! この白いケースが専用ケースなのでこの中に収納するだけなんです。 リトルランプなのでとってもコンパクトに持ち運べてバイク等のツーリング等の荷物を抑えたい時にも収納力抜群のこの「ノクターン」なら重宝してくれる事間違いなしです。

スノーピーク「ノクターン」に合うOD缶を選ぼう!

では、実際にスノーピークの「ノクターン」を購入したとします。 購入したその日に使おう♪と楽しみにしていても…残念ながらこれだけでは使用する事が出来ません。 ですので、購入して直ぐに使えるように一緒にOD缶も購入しなければいけません。 このOD缶…いわゆるガス缶になります。実はこのガス缶にも種類があるんです。 このガス缶によってはせっかくのスノーピークの「ノクターン」も見た目が悪くなる可能性があるので注意が必要です。 私が調べた中ではやはり、110サイズが一番おすすめになります。 長期間使われるのであれば、大きいサイズの方がいいかもしれませんが、見た目を気にするのであればやはり一番小さい110サイズが見た目がいいです。 やはり、せっかくの「ノクターン」なので一番魅力的に見えるOD缶を選んで最大限魅力を発揮させたいですよね。

スノーピーク【ノクターン】2017年限定モデル!

また、2017年限定の「ノクターン」もあるのですが、こちらは、ナスカの地上絵が描かれていますので、火を灯すとナスカの地上絵が浮かび上がってきて、これはこれでとても神秘的な雰囲気を醸し出してくれています。限定モデルなので2017年を逃すとなかなか手に入れにくくなると思われます。お早目に購入してナスカの地上絵を見ながらあなたも神秘的な雰囲気を楽しんでみませんか?

スノーピーク【ノクターン】をもっと魅力的な雰囲気にする為に…

ここではもっとスノーピークの「ノクターン」をもっと素敵に魅せる方法をご紹介します。 先ずは、OD缶カバーになります。 これは、せっかくランタンの灯が魅力的でもOD缶がその雰囲気をぶち壊さない為に被せるカバーなのですが、最近は自作の物や市販品等沢山の種類が売られているので一部をご紹介したいと思います。

如何ですか?まだまだご紹介しきれない程色々ありますのでご自分の好みに合わせて 素敵なあなただけの「ノクターン」にしてみて下さい。

他にもスノーピークの「ノクターン」にはこんな使い方もあります。

どうでしょうか?こんな素敵な使い方もあるんです。 こんな風に二股にするには別売りの二股ガス管を購入しなければいけませんが、 これはこれでとても幻想的な雰囲気になりそうです。

実はこんな物もあるんです。 三股のガス管は少しお高めですが、 どこか高級感漂う佇まいが何とも言えない雰囲気を醸し出してくれています。 本当に色々な使い方が出来るんですね。

まとめ

今回、これだけ色々調べてみてわかった事は、 ①スノーピークの「リトルランプ ノクターン」は手元を照らしてくれるので大人だけのお酒の席等にはとてもいい雰囲気を作り出してくれる。 ②コールマンの「ルミエールランタン」と比べるとお値段がお安くコンパクトで持ち運びしやすいのでキャンプやツーリングにおすすめ。 ③コンパクトだからこそ色々な使い方が楽しめる。 スノーピークの「ノクターン」やOD缶にOD缶カバーを購入して、キャンプ等で大人だけの雰囲気を醸し出してくれる灯の中でお酒を飲むのは如何でしょうか。

emimin06
ライター

emimin06


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking