Twitter
Facebook
LINE

エギボンバーで釣果が変わる!?使い方とインプレをご紹介!

エギボンバーで釣果が変わる!?使い方とインプレをご紹介!

はなふさ英

秋のアオリイカ釣りの人気が大盛況です。その中でも人気なルアーとして「エギボンバー」があげられるます。 今回はそのエギボンバーの使い方とインプレを中心にご紹介します。 アオリイカ釣りに有効なエギングを攻略にするにあたってのコツもご紹介しますので、ご覧ください。

エギボンバーの使い方と釣果挙げる醍醐味とは?

エギボンバー 2.0号

エギボンバーでアオリイカ見事に釣れる、インプレ!エギボンバーの使い方には釣れる評価の価値があります。アオリイカ釣果の最盛期です。

エギは偽餌で、エビに似ている形のプラスチック製です。1本百円程度から数千円します。餌ではなく道具です。 最近では、安価で釣果も上がる、エギボンバーが人気です。さらに、釣行の負担が楽になる安い価格のデフレエギボンバーがあります。アオリイカ釣行の評価が高い理由の一つです。 旬のアオリイカは柔らかく美味しく正味できます、ですが、釣果があっての話です。どんな釣りでも釣果があっての釣りのインプレが高くなるのです。 アオリイカ釣りの醍醐味は、安価なエギボンバーの釣果か上がる使い方をする。さらに、超安いデフレエギボンバーに釣れる工夫を加え改造し、釣果の高いインプレ評価になるところにあります。

アオリイカ釣りのエギボンバーの種類とは

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%82%A4%E3%82%AB-%E9%87%A3%E3%82%8A-3-5%E5%8F%B7-%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/dp/B0748DLYQ7

エギボンバーは、アオリイカのサイズに合ったのを使います。また、夕まず目や夜行には蛍光色のあるのを使うのが必須です。

アオリイカ釣りのエギボンバーとは、エギの使い方の上達に左右しましす。特に、初期段階のエギングのエギの消耗は激しのが普通です。1回の釣り行きで4,5本のロストは想定と見ましょう。 ロストエギの負担を助けてくれるのがエギボンバーです。エギボンバーは、ネットで購入できます。人気は「タカミヤ」のエギボンバーです。 エギはイカの成長や生息の場所、夜行釣りに合わせたものを用意します。夕まず目から夜が釣れる時合です。地域の釣り場の情報を参考に用意します。

釣果を上げるための事前のエギボンバーの点検3つの評価とは?

出典: http://www.honda.co.jp/fishing/enjoy/season/season-201005/step-1/#step01

エギボンバーは安価ですが、多少品質にバラツキの可能性があります。目玉、ハネ、シンカー、カンナにゆるみやの有り無しを点検します。

釣果を上げるための事前のエギ点検3つの評価の必要性があります。エギボンバーやデフレエギは、使い方に注意が必要です。欠陥があれば釣果に差し障ります。その部分を事前に点検します。 点検部位3か所を説明します。 ・外観:色あせ、左右の不均等、目玉、はね、シンカー、カンナのグラつきの程度等です。大なり小なりのあっても自分で修復しましょう。 ・水中にしばらく沈め、振ってみます。音がすれば浸水しています。 ・エギの動きを確認します。投げる→沈める→シャクル→沈むがエギの水中の動作です。 鯵や小魚をアオリイカが掴みやすいエギの動きかどうかです。動画で見てみましょう。

エギングとは

アオリイカを波止で釣れる事も多くあります。藻や障害物テトラなどに潜んでいるのが大半となるからです。烏賊を如何にしてエギボンバー近くに誘発し、カンナにイカの本の腕を巻き付かせるかがポイントです。

イカ釣りの趣味とする釣り方は3つあります。生き鯵を餌にしたヤエン釣り、鯵を泳がせたウキ釣りとエギ釣りの方法です。 エギ=餌木と漢字でかきます。昔、漁師さんがたいまつを海に投げ入れたところ烏賊が集まってきたとの由来にあります。 そこ事が発展工夫され、エギボンバーでキャスティング釣りになったのです。 エギングは、生臭い臭いや気持ち悪い動きの生き餌は使いません。プラスチック製でエビに似たおもちゃのような形です。若い女性でも抵抗なく釣れるきれいな釣りがエギングです。



エギボンバーでアオリイカが釣れるための心得とは?

女子でも抵抗なく釣れるのがエギ釣りです。快晴の元、潮通しのいい、波止の突端のポイントはねらい目です。

エギボンバーでアオリイカが釣れるとは?エギボンバーをつけて、イカが居そうな海藻や障害物付近に何回も投げ入れします。 岸から遠くに、近場にイカが隠れていそうな場所にめがけてロッドを振りかざします。 釣り場は、磯、湾、漁港付近の波止、テトラポットと多様にあります。 家族連れに人気があり、若い女子では、全身運動によるスリム化の評価があります。人気のヒットの秘密があります。 釣果のイカは、アイスボックスに入れ、イカそうめん、お造り、イカてんぷらに、極上の旬の美味しい食材です。連れた直後素手で触るのは禁じ手です。手の接触は、烏賊はすぐに死に至ります。

アオリイカの習性の特徴とは?

アオリイカの生涯は、1年で終わります。短い命の盛りは、9月に成長し、冬は深海で越冬し、春に産卵、夏に誕生のです。短い命の盛りは、秋に群生し成長する時期です。

アオリイカは、目が良く、光に集まる習性にあります。遠くの光に集団で集まります。夏から秋のイカ釣りの漁火は、多くの風物詩に詠まれています。 アオリイカの生涯は、1年で終わりを遂げます。水温に敏感で、15℃以下では住めません。晩秋から冬に向け、過ごすことができる適温の深海で越冬します。 春になれば波止場等浅い藻や障害物がある場所で産卵します。夏場に誕生し、初秋になれば成長し、「新子」「コロッケ」と言う可愛く集団で成長します。 親烏賊は50cm、5kgに近い大型に成長します。1年の短期間な生命のためでしょうか、成長は早く、食欲旺盛で、且つ、獰猛です。

エギボンバーでなぜ釣れるとは?

エギボンバーのカンナに乗ったアオリイカです。エギが海底に着地直前痔やシャクリ直後のワンテンポが乗りやすいのです。エギが水平の姿勢になるのが釣れるポイントです。

エギボンバーでなぜ釣れるアオリイカは、波止場やテトラポット等の近辺に、食い気旺盛で群れをなして、生息しています。 その場所に立って、そこにエギボンバーを投げ、アオリイカの目に捉えられればヒット間違いなし!です。 アオリイカ釣りは「子どもでも釣れ、簡単で分かりやすいくシンプル」といわれてもいます。あくまでもその場所にジャストインタイムであった場合です

エギボンバーでアオリイカノーヒットとは?

エギングでの釣果無しは珍しい事ではないのです。キャスティング位置とエギの投擲場に食い気が立ったイカがおり、藻や障害物に根掛しない事です。後は、焦ってロッドの姿勢やリールの巻き方にあります。焦って強く引き上げればイカの腕がちぎれます。如何に足元まで引き寄せれるかです。

子どもにも釣れるアオリイカがなぜ大の大人が熱狂的になるのでしょう。それは、釣れると思ったポイントが変化しているからです。 一般的にアオリイカは、「釣れない」=「ぼうず」=「ノーヒット」の頻度のが高い釣りと言われる理由がここにあります。烏賊は目が鋭く学習しているのでしょうか、類似のエギに釣れないようです。 週に1,2回の釣行頻度では、ワンシーズンに狙いの釣果が数回あれば上出来で、初期段階の釣行では、ノーヒットの釣り行が結構多く、釣れたインプレよりも釣れない悔しさのインプレが多いのです。

アオリイカのエギボンバー釣果を目指す動機は

釣果が上がるのは夕まず目です。夜行では波止場の照明塔や鯵や小魚の群生が居そうな場所です。

巷では、エギボンバー釣果のニュースは多くあり、SNSであちこちらからのポイント情報を検索されいます。西に東にアオリイカアングラーズの動機を駆りてています。 釣り現場では黙々とキャスティングされています。その中にあって、ヒットされた方は注目を集め坊主の方は、羨望の眼差しの様子です。 ヒットの方とノーヒットの差は何が原因なんでしょう?それは、エギボンバーの使い方、エギングへの姿勢の考え方の違いにあるようです。 ノーヒット又は数杯で終わる方は、単に、ネットや店頭でエギボンバーを入手し、即、釣り行きの場合が多いのではないでしょうか。 釣り行きを頻繁にすれば、それなりの釣果は上がります。ですが、趣味力と言いますか、人に自慢はしなくとも自信を持って話せる、趣味人になるのには、中々時間が必要です。 釣果を上げる、釣り行きの最大の目的です。そのためには、先ず、どんな場合にも1杯でもヒットがあり、そのヒットが、次のイカ釣りモチベーションに繋いで行くのが大切です。 その一つに安いエギでロストエギを気にしないで果敢につ

エギボンバーの特徴は安いが釣果は上がるのとは?

エギボンバーは、安価です。セットで1000円程度の物もあり、根掛などのロストをあまり気にせずに果敢に挑戦できます。留意事項として、使用前に色合い、フック、シンカー、カンナなどのゆるみ、がたつきをチェックしましす。

エギボンバーは安いのが特徴です。しかも、釣果は上がるのです。どうしてでしょう。価格が安い上に釣果が上がるエギボンバー。 アオリイカ釣りで最大の問題に、エギの根掛りがアオリイカアングラーを悩ましています。極端ですが、100%根掛らないアオリイカアングラーは、神に近い技の持ち主と思いたいぐらいです。 いくら安いエギボンバーでも、アオリイカの釣り行きには金額が張ります。交通費、燃料費、食費、場合によっては宿泊費、それにエギボンバーのロスト代は無視出ません。 このエギロストが軽減可能なエギが話題になっています。それがデフレエギボンバーです。エギロストは、費用問題だけでなく、逃がしたイカへの悔しい思いがマイナスのインプレになります。

デフレエギボンバーで最強のイカ釣りの改造とは?

一般的と想定できるイカが乗った状況です。イカの足は10本と言われます。ですが、2本は腕です。この2本で餌を掴みますます、この瞬間、エギの情報のカンナに乗っています。ここが釣れる第1ポイントです。

イカがエギに乗った写真をじっくり見てみましょう。全てがこの状態とはないでしょうが、釣れてるエギボンバーとの関係は想定でます。藻がなくすんなりと上がってきます。 実際は、藻が生い茂っている所を攻略がしないと簡単に釣果は上がりません。あたり前ですが、イカから見たエギは、エギの値段は無関係で、イカの目にエギが捉え、食い気が立つかが勝負です。乗った後は、イカの目は真横の方向です。 また、乗っている姿は、エギのカンナの上側にイカの2本の腕が絡んでいます。改造はイカの2本の腕が乗りやすくするです。

デフレエギボンバーの改造2点とは?

アオリイカの釣果を上げるデフレエギボンバー改造サンプルです。

改造のポイントは、イカの食い気を立てるエギである事。2つ目は、2本の腕にカンナの先端の差し込み外れない事です。同時に、藻のエギへの絡み付きが極力少ないようにする事、絡みつても簡単に外れ易い事事です。この2点の改造をします。 問題の藻の絡みですが、藻は、形、広さ、流れの度合いがあり、上下左右の動きをしています。藻は、海中で乱舞しているのです。アオリイカが棲み心地いい場所としている事が理解できます。 アオリイカの釣果を上げる攻略は、藻や障害物との戦いです。ですが、相手は自然の海藻であり、障害物もアングラーの事情には関係しません。 冗談ですが、AIを勉強して、藻を掻き分け、アオリイカの目前にロボットエギを泳がせ、イカ釣りロッドで自由自在に釣ってみたいものです。

エギロッド選び方の基本とは

エギロッド及びエギング用具としてはエギボックス、アイスボックスは必ず必要です。

最近は、種類が多く出まわっています。ポイントは、自分の身の丈に合った長さにし、キャスティングのイメージで振ってみます。握り部が自分の手のひらや指の感触に馴染めることが肝要です。 エギロッドの選び方には基本3条件とは高額なものは必要ではありません。3条件とは、ロッドの長さ、重さ、硬さです。 エギボンバーの投てきの範囲は、30m程度と見做します。竿先とエギにはかなりの遠心力が掛かります。また、キャスティング頻度激しい釣りです。疲れないロッドが必要です。

アオリイカロッドを選ぶ3条件とは

投げ竿であればアオリイカは釣れると思われるかもしれませんが、アオリイカ釣果を上げるエギング用のロッドがあります。多少金額がありますが、自分に身丈にあったロッドが推奨されます。

・ロッドの長さは、自分の身長の1.5倍くらいが馴染みがいいと考えられます。釣果にはロッドのシャクリの状態が大事です。この繰り返しは身長と腕力が必要で、身の丈と関係を大切にします。 一般には、初回段階で基本的に目安としては8.5フィート(2.6メートル)前後が扱いやすいといわれています。 ・ロッドの重さは、腕に直接負荷が掛ります。軽めのロッドが疲れません。一般には120grが推奨されています。 ・ロッドの硬さも重要とされています。一般的に、表示されている3.5号前後のM、MLなどのクラスが推奨します。 ロッドは、膨大といえるキャスティングをします。遠投性や破損の可能性が高いのです。多少、値段が張る物にします。

秋の醍醐味はエギボンバーで秋烏賊釣行だ

アオリイカの一生は1年、短い生命の盛りが秋です。釣れるアオリイカの醍醐味と美味しい秋烏賊の自然の恵みに感謝しましょう。エギボンバーでアオリイカ釣行しよう。

エギボンバーの秋イカ釣りは、イカ釣りの醍醐味が味わえます。最近は、家族揃って、カップルで、時には、女子会のイカ釣りが盛んではないでしょうか。 釣り行きは、負担具合が気に掛かります。ですが、格安のデフレエギボンバーの釣りではその負担を軽減します。 さらに、イカ釣果を上げるためのデフレエギボンバー改造釣りは、釣果アップ+感動アップのダブルがあります。 エギボンバーでイカ釣りの魅力を楽しく、体験・体感しましょう! 釣果の烏賊は、自然の恵みに感謝し、美味しく賞味しましょう。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【基本】地直しのやり方を解説!簡単すぎる作業でその後が変わる!

今回は地直しのやり方について解説させて頂きました!買ってきた生地はどうしても多少のゆがみがあります。また、天然素材は縮みやすいものが多いため、買った生地をそのまま裁断してしまうと、一度洗濯をしたら型崩...

釣りのラジオ釣りラじ「全部忘れちゃう第33回」

★プレゼント企画応募はコチラから★ kurashino.present@gmail.com ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?lis...

【基本】ファスナーの簡単な付け方を紹介!慣れればすぐ!

今回はファスナーの簡単な付け方をご紹介させて頂きました! ファスナーには様々な種類があります。一般的なファスナーや、玉つき、レース付きのものなど、あとはコンシールファスナーです。コンシールファスナーは...

21ツインパワーSW開封インプレッション!やっぱりシマノリールだね。

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

コルトスナイパーBB100M実釣インプレ・・・どころじゃない

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...