ユニクロのパンツはトレッキングに使える?おすすめ5選をご紹介!

ユニクロのパンツはトレッキングに使える?おすすめ5選をご紹介!

トレッキングパンツは、山道を快適に歩くための機能が備わったパンツです。もし手ごろな価格で買えるユニクロのパンツに、トレッキングパンツの機能があると、便利だと思いませんか?ユニクロのパンツがトレッキングで使えるかを検証し、おすすめのパンツ5選を紹介します。

記事の目次

  1. 1.トレッキングパンツとは?
  2. 2.トレッキングパンツに必要な機能
  3. 3.ユニクロのパンツはトレッキングで使える?
  4. 4.トレッキングで使える、おすすめユニクロパンツ 5選
  5. 5.まとめ

トレッキングパンツとは?

登山やトレッキングでは、普段街中を歩くのとは違い、山の中を歩きます。山の中を歩くのに必要な機能を兼ね備えたパンツを、トレッキングパンツといいます。 山の中は、石がごろごろしていたり、傾斜が急なところがあったりして、歩きづらいものです。

そのような歩きづらい場所を長時間歩くには、動きやすく、汗をかいてもすぐに乾くなどの、普段履きパンツとは違う機能を持った、トレッキングパンツを使う必要があります。

トレッキングパンツに必要な機能

では、トレッキングパンツは、歩きづらい山道を快適に歩くために、具体的にどのような機能が必要でしょうか?以下に、必要な機能をリストアップします。

動きやすさ

山道は基本的に傾斜があるので、足を上げ下げして歩きます。平坦な道を歩くよりも、足の動きが激しくなるので、トレッキングパンツはその動きに追従するような伸縮性のある素材が望ましいです。

デニムやレザー素材のパンツは、生地が硬くて山道での歩行には不向きなので避けましょう。

軽量であること

歩行時に足への負担をできるだけ軽減するため、トレッキングパンツは軽量である必要があります。重いパンツだと、長い時間山道を歩くとだんだん足取りを重くさせてしまうため、できるだけ軽いパンツを選ぶようにしましょう。

吸湿・速乾性

登山やトレッキングでは、数時間にわたって山の中を歩くので、かなり汗をかきます。汗がしみこんで、パンツがべたべたすると、歩くのが不快になってしまいます。そこで、汗を吸い取り、すぐ放出する吸湿・速乾の機能が必要になってきます。

普段の生活で使うパンツは、綿素材のものが多いですが、綿だと吸湿速乾の機能はないため、汗をかくと吸ったままになり、べたべたして気持ち悪くなるでしょう。

そのため、登山やトレッキングでは、綿素材のパンツはおすすめできません。 一方で、ポリエステルなどの化学繊維素材のパンツは、吸湿・速乾の機能を持っているので、汗をかいてもすぐに乾いてくれて、快適に歩くことができます。

トレッキングパンツは、化学繊維素材のものを選ぶようにしましょう。

防風性

山ではかなり冷たく強い風が吹くことがあります。冷たい風に当たりながら歩くのはつらいので、トレッキングパンツには、防風の性能もあった方がよいでしょう。

透湿・防水性

山は平地よりも雨が降りやすいので、トレッキングパンツは、防水性がある方が望ましいです。一方で、汗で蒸れないようにする、透湿性の機能も必要です。

透湿・防水性があると、弱い雨や、草についた朝露などで、パンツが濡れるのをある程度防ぐうえに、パンツの内部は蒸れません。 快適に山を歩くために、トレッキングパンツは透湿・防水性があるものを選ぶとよいでしょう。

耐久性

登山やトレッキングは長時間の運動をするため、トレッキングパンツは摩擦による消耗が激しいです。また、登山道に生えている草や木などに当たって破れてしまう可能性もあります。それらを軽減するため、トレッキングパンツは耐久性をもっている必要があります。

ユニクロのパンツはトレッキングで使える?

トレッキングパンツは、普段使うパンツとは違い、いろんな機能が必要であることを紹介しました。 では、普段使いのイメージが強い、ユニクロのパンツは登山やトレッキングで使えるでしょうか?ユニクロの服は、とにかく手頃な価格が魅力なので、気になる方も多いのではないかと思います。

手頃な価格が魅力のユニクロのパンツ

特に、道具や装備をあまり揃えていない初心者にとっては、道具を揃えるには相当なお金がかかるので、高価なトレッキングパンツを買うのは躊躇してしまうでしょう。

手頃な価格の、ユニクロのパンツをトレッキングパンツとして使いたくなると思います。

また、登山やトレッキングはそんなに頻繁に行くわけではないし、難易度の低いコースしか行かない、という方にとっても、ユニクロのパンツを、トレッキングパンツとして代用したいでしょう。

トレッキングパンツに必要な機能を持ったユニクロのパンツ

実は、ユニクロは、トレッキングパンツに必要な機能を最低限満たしたパンツを販売しているのです。全ての機能を満たすわけではないですが、登山やトレッキングで十分使える機能が備わっているのです。

ユニクロのパンツはほとんど綿素材ですが、繊維メーカーの東レとの共同開発で、化学繊維素材を用いたラインナップもあります。

化学繊維を用いることで、トレッキングパンツに必要な機能を持つことができているのです。 現在のユニクロのラインナップで、化学繊維素材を活用したシリーズは、以下のようなものがあります。

■ドライストレッチシリーズ 吸湿速乾の機能を持っているため、汗をかいても乾きやすく、また、ストレッチ素材によって動きやすくなっています。 ■ドライEXウルトラストレッチ ドライストレッチシリーズの機能をさらに進化させたシリーズです。

激しい運動でも動きやすく、汗をかいても乾きやすくなっています。

■ブロックテックシリーズ 内側に防風フィルムがついており、冷たい風をブロックしてくれます。

また、防水性に優れているので、少しの雨ならはじいてくれます。さらに、透湿機能も持っているため、中は蒸れにくくなっています。

ユニクロのパンツをトレッキングで使う場合の注意点

ユニクロのパンツをトレッキングで使いたい場合は、タグに記載してある素材表を見て、ポリエステルやナイロンなど、化学繊維で作られているか確認しましょう。綿素材は、吸湿速乾性に劣るため、トレッキング向きではありません。綿を含まず、化学繊維で作られているパンツを選ぶようにしましょう。

ただし、注意したいのは、ユニクロのパンツは、トレッキングパンツに必要な機能を全て満たしているわけではないということです。難易度の高い登山では機能的に不十分となる可能性があります。

2,000~3,000m級の山や、テント泊登山、雪山などの登山では、登山専門店のトレッキングパンツを買うことをおすすめします。

ユニクロのパンツを使うのは、標高がそんなに高くない山での日帰り登山や山小屋泊登山、ちょっとしたトレッキングやハイキングなどにとどめておきましょう。

トレッキングで使える、おすすめユニクロパンツ 5選

トレッキングパンツの機能を持った、おすすめしたいユニクロのパンツを5選にして紹介します。

1.ドライストレッチジョガーパンツ (レディース)

ジョガーパンツに、ドライストレッチ機能を持たせたレディースのパンツです。ジョガーパンツとは裾をゴムで絞って、足元をすっきりみせるパンツのことをいいます。

足元がすっきりしているので、見た目もすっきりするし、トレッキングルートも歩きやすいでしょう。また、汗をかいてもすぐ乾き、動きやすいストレッチ素材を使っている点も、トレッキングにはよい効果を発揮します。

2.ジョガーパンツ ウルトラストレッチ (メンズ)

メンズのジョガーパンツです。ウルトラストレッチ素材により、非常に動きやすくなっています。また、ドライ機能も持っているので、汗をかいてもすぐに乾いてくれます。

3.ブロックテックウォームイージーパンツ (レディース)

防風、透湿、防水機能を持ちつつ、ストレッチ素材によって動きやすい、レディースのパンツです。裏地はフリースになっており、暖かいです。冬の寒い時期に、ちょっとした低山のハイキングに使うとよいでしょう。

4.ブロックテックウォームイージージョガーパンツ (メンズ)

防風、透湿、防水機能を持ったメンズのジョガーパンツです。冬の寒い時期のちょっとしたトレッキングやハイキングに使うとよいでしょう。ストレッチ素材で動きやすく、ドライ機能で汗をかいてもすぐ乾いてくれます。

5.ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ (メンズ)

高いドライ機能とストレッチ性を持ったメンズパンツです。通常のドライストレッチタイプのパンツよりも、激しい動きに対応できます。そのため、トレッキングで少し早足で歩く男性などにおすすめしたいパンツです。

まとめ

トレッキングパンツについて、快適な登山やトレッキングのために必要とされる機能を紹介し、それらがユニクロのパンツにも備わっていることを説明しました。また、トレッキングで使えるユニクロのパンツを5選にして紹介しました。

ユニクロは普段着だけでなく、スポーツやアウトドアの場面でも使える服を、さらにラインナップしていく可能性があって、今後も目が離せないところです。

登山やトレッキングを手軽に始めるために、手ごろな価格で入手できるユニクロパンツの活用を、是非おすすめします。本格的な登山にステップアップしたいと感じたら、より高機能なトレッキングパンツを登山専門店で買うとよいでしょう。

anntena
ライター

anntena

Article Ranking