食虫植物とは?知っておきたい16の基本情報をご紹介!のイメージ

食虫植物とは?知っておきたい16の基本情報をご紹介!

虫を補食して食べる「食虫植物」。ちょっと不気味……という方から、興味をそそられる方まで、さまざまなのではないでしょうか。他の植物と違うだけに、ナゾが多いように思われやすい食虫植物について、捕食の仕組みや販売場所、育て方など、16の基本情報をご紹介します!

2020年04月30日更新

三ツ矢ナオ
三ツ矢ナオ
ブルーベリー畑やってます。農・ガーデニング系、アイテム紹介系中心の専業ライターです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 美しくも妖しい食虫植物の世界
  2. 1.なぜ虫を補食するの?
  3. 2.定義が難しい食虫植物
  4. 3.食虫植物の生息地はさまざま
  5. 4.食虫植物の生息地はここ!
  6. 5.日本の国立公園と食虫植物
  7. 6.日本固有の食虫植物について
  8. 7.食虫植物の魅力って?
  9. 8.食虫植物は虫対策になる?
  10. 9.食虫植物の捕食の仕組み
  11. 1/4.はさみわな式
  12. 2/4.落とし穴式
  13. 3/4.粘着式
  14. 4/4.吸い込み式
  15. 10.食虫植物の代表種
  16. 11.育てやすい種類は?
  17. 12.販売場所は?
  18. 13.ハエトリソウの育て方
  19. 14.ウツボカズラの育て方
  20. 15.モウセンゴケの育て方
  21. 16.気に入った種類を直感で選ぶのが一番!

美しくも妖しい食虫植物の世界

ようこそ、食虫植物の世界へ

bakusuinobitaさんの投稿
21909855 129303544478540 7313039358905286656 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「食虫植物」。 ややグロテスクで、赤と緑の葉が毒々しくも感じられます。 ほかの植物と一線を画する、妖しげな雰囲気が特徴的です。 この外見が苦手だという方から、逆にユニークで好きだという方まで、さまざまでしょう。 いずれにせよ、「食虫植物って、いったい何?」「どんな仕組み?」「なんで虫を食べるの?」等々、興味をそそられる対象でありながら、一般的に詳しいことは知られていない植物でもあります。 食虫植物の生態には、面白い秘密がいっぱいです。 今回は、捕食の仕組みや販売場所、育て方など、食虫植物の知っておきたい16の基本情報をご紹介します。 妖しくも美しい食中植物の世界へようこそ!

1.なぜ虫を補食するの?

cobby_ruffさんの投稿
21909920 1921422204541303 4809457829205245952 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

捕食した虫を栄養にしている

食虫植物について、多くの人が真っ先に抱く疑問。 それは「なんで虫を食べるの?」という点なのではないでしょうか。 食虫植物は、虫をつかまえて自分の栄養にしているのです。

虫だけを栄養にしているわけではない

食虫植物は、虫を栄養にしていますが、それだけが栄養源なのではありません。 普通の植物と同じように、光合成も行っています。

なぜ虫も食べる必要があるのか

光合成ができるなら、あえて虫を食べなくても良いのではないか? と思えますよね。では、なぜ食虫植物は、わざわざ虫を食べるのでしょうか。 それは、土から吸い上げる栄養だけでは足りない分を補うためです。 植物の成長には、窒素やリンといった成分が必要不可欠です。しかし食虫植物は、他の植物との競争を避けるためか、この窒素やリンを根から吸収しにくい場所、痩せた土地に多く生えます。 そこで食虫植物は、窒素やリンが豊富な虫を食べるという術を身につけました。土の栄養だけでは足りない分を補えるようにしたのですね。

2.定義が難しい食虫植物

khampangdin999_22さんの投稿
21820096 132912067338124 1999733143770234880 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

捕まえるだけの種類は食虫植物?

実は、食虫植物は「どこまでを食虫植物とするか?」という定義づけが難しい存在です。 一般に食虫植物と言えば、虫をつかまえて食べる……というイメージでしょう。 しかし、獲物を捕まえはしても、消化を行わない植物というのも、この世には存在するのです。

消化液を分泌し、さらに吸収するのが食虫植物

しかし、虫を捕まえはしても、消化液を出してさらに吸収も行わなければ、「食べている」と言えませんよね。 なので現在は、「消化液を分泌」「吸収も行う」というのが、その植物を「食虫植物」と呼ぶための必須条件になっています。 食虫植物は英語で「Insectivorous Plants」。この「Insectivorous」は「食虫の」を意味します。捕まえるだけではなく食べなくては条件にあてはまらないことが、英語名からも分かります。 ただ虫を捕まえるだけの植物の場合、消化・吸収して栄養にする以外の目的があります。代表例は、花粉を運んでもらうために、花の中に虫を閉じ込める植物です。

3.食虫植物の生息地はさまざま

食虫植物はどこで暮らしている?

chocoski_rabbitさんの投稿
22157814 389726761446186 553110329375064064 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

食虫植物の生息地はさまざまです。 湿原に生息しているものから、 熱帯降雨林に生息しているもの、 さらには半分砂漠のような場所に生息している種類もいます。 食虫植物のおもな生息地をご紹介します。

4.食虫植物の生息地はここ!

1/6.モウセンゴケの仲間

michi_comichiさんの投稿
21480424 1424197827675844 158624098702852096 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ポピュラーな食虫植物のひとつである、モウセンゴケ。 このモウセンゴケの仲間は、非常に広い地域に分布しています。 ツンドラ地帯のような寒いところから、熱帯のアジア地域にまで生えているんです。 オーストラリアの湿地にも分布しており、この国全体では約60種類が分布しています。 全世界だと、約150種類のモウセンゴケの仲間が存在していると言われています。 ちなみに食虫植物全体の種類は、約600です。

2/6.ウツボカズラの仲間

人気の高いウツボカズラは、熱帯アジアを中心に生息しています。 他にもマダガスカルや、オーストラリアの北部、インドでもその姿を見ることができます。

3/6.ムシトリスミレの仲間

curiousplantさんの投稿
21576734 252525371935739 5992063781235064832 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

花が咲くムシトリスミレの仲間は温かい高山地帯に生息しています。 メキシコ、日本、南アメリカでその姿が確認されてきました。 ただし北アメリカでは、平地に分布しています。

4/6.サラセニアの仲間

サラセニアの仲間はアメリカ大陸に分布しています。 カナダ東部からアメリカ南部の湿地にかけてです。 サラセニアの仲間は数が少なく、全部で8種類しか知られていません。

5/6.へリアンフォラの仲間

へリアンフォラの仲間は、サラセニアの仲間よりもさらに少なく、4種しか知られていません。南米ギアナの高地に生えており、種類ごとに離れた場所に分布しているのが特徴です。

6/6.ハエトリソウ

toto_toshiyaさんの投稿
20905407 332780653847658 2932818950649544704 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ハエトリソウは人気の食虫植物ですが、限られた地域にだけ生息する種類でもあります。アメリカ東海岸、それもノースカロライナ州とサウスカロライナ州にのみ生えているのです。平地の湿地帯を好みます。

5.日本の国立公園と食虫植物

国立公園に食虫植物が生えている

尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原という東北~関東にまたがる国立公園には、 モウセンゴケやタヌキモの仲間が複数自生しています。 ただし、国立公園なので、勝手に採取するのは禁止です。

大雪山

また、日本最大級の国立公園である大雪山(北海道)にも食虫植物が自生しています。 ムシトリスミレという、あざやかでかわいい花が咲く食虫植物です。

日光国立公園

日本最古の国立公園・日光国立公園にも、ムシトリスミレが生えています。 このムシトリスミレは、コウシンソウと呼ばれる日本固有の種類です。 日本にしか生息していない食虫植物も存在するのです。

6.日本固有の食虫植物について

日本にしか生息していない食虫植物は、コウシンソウだけではありません。フサタヌキモという、タヌキモ科・タヌキモ属の食虫植物もまた、日本の固有種です。秋田県・岩手県・滋賀県・新潟県に生息しており、水草のような外見と、微生物を吸いこむ袋が特徴です。 しかし、現状では絶滅寸前にあると言われています。コウシンソウも栽培が難しく、特定の場所にしか生えないので、日本固有の食虫植物は決して数が多いというわけではありません。

7.食虫植物の魅力って?

tamy.k.godさんの投稿
22277915 345041199289049 8853791892035338240 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

では、食虫植物の魅力とは何でしょうか? 不気味に思う人がいるいっぽうで、一部では愛されている食虫植物。そのミステリアスな人気の秘密に迫ります。

面白い

まずはその面白さ。植物が虫を食べるという、ユニークな部分に惹かれるという人は少なくありません。見た目そのものも、普通の植物とは大きく異なる場合が多く、見ていて面白いという意見です。

グロテスクなところが可愛い

グロテスクな見た目が逆に可愛い! と言う人もいます。植物といえばおとなしいイメージですが、虫をとらえて食べてしまう食虫植物は、そのギャップとも呼べる獰猛さが可愛くもあるのだそう。

人と違う物を育てられる

ありきたりな植物を育てるのではつまらない! という人に選ばれる植物でもあります。食虫植物の虫を補食する性質は、植物の世界の中でも異色を放っていますよね。個性の塊のような存在であることが、価値につながっているのです。

8.食虫植物は虫対策になる?

食虫植物の魅力をご紹介してきました。 実は、食虫植物のおもな購入動機はこれらだけではありません。「虫対策」として、食虫植物を購入する人もいるのです。 しかし、食虫植物に大きな虫とり効果は期待しないほうが良いでしょう。 自然界の食虫植物には巨大サイズのものも存在しますが、家庭用に販売されているものはサイズが小さく、虫が寄ってきてくれる面積もそのぶん少なくなります。 また、食虫植物の中には、虫を一度補食するとまた捕食を行うまでに時間がかかるものも存在します。 食虫植物を育てるときは、あくまで観賞をメインの目的とすべきでしょう。大量に育てるとなれば効果も変わってくるかもしれませんが、土から虫がわく可能性も忘れてはいけません。

9.食虫植物の捕食の仕組み

4つのトラップ別に捕食の仕組みを解説

食虫植物には、虫を補食するトラップの仕組みが大きく分けて4つ知られてます。 ・はさみわな式 ・落とし穴式 ・粘着式 ・袋わな式 それぞれの仕組みを解説していきます!

1/4.はさみわな式

獲物を挟む! 代表的な仕組み

最も多く連想されるのが、このタイプなのではないでしょうか。 閉じこめ型 、わな式とも呼ばれ、英語だと「snap traps」です。 ぎざぎざした葉、赤い口をぱっかり空けているような見た目で知られるハエトリソウ属も、この仕組みで虫をとらえ、消化します。また、ムジナモ属もこのタイプで知られています。 では詳しい仕組みを見ていきましょう。 葉の表面に感覚毛が付いており、ここにエサが入ると、すばやく閉じて獲物をとらえます。 その速さは、ハエトリソウで0.2~1秒、ムジナモでは約0.02秒ほど。 こんなに早い動きをする植物は、陸上植物だと他にいないとされています。 この動きには膨大なエネルギーが必要なので、何度も開閉させることはできません。 動きが面白いからといって、何度も葉を開閉させようとすると、植物自体の元気がなくなってしまうので注意してください。 エサをつかまえて押しつぶしたあとは、葉の表面の消化腺から消化液を出して消化・吸収します。これが終わるとまた開いていきますが、次第に挟み込むときの動きは遅くなっていくのです。葉の開閉はユニークな仕組みですが、それだけ植物にとって大変だというわけです。 ちなみに、消化できないものを挟み込んでしまったときは、ゆっくりと葉を開いて異物を逃がします。

2/4.落とし穴式

液に獲物を落とす仕組み

英語では「pitfall traps」と呼ばれます。 pitfallとは、「落とし穴」や「思わぬ危険」を意味する英語です。 落とし穴式のトラップをもつ食虫植物は、ウツボカズラ (ウツボカズラ科) やサラセニア (サラセニア科)、フクロユキノシタ (フクロユキノシタ科)などが知られています。 多くの落とし穴式の食虫植物は、ツボのような形の植物を落とすための袋を持っています。 この袋は「捕虫嚢」と呼ばれ、虫を誘いこむために目立つ色をしていることがあります。 毒々しく感じられるのも、虫を誘いこむための食虫植物なりの工夫なのです。 他にも、蜜を分泌するものも存在します。 落とし穴式でも、虫を落とし込むための特別なつぼ状の袋を持たない品種も存在します。 これらの食虫植物は、葉と葉が重なり合った葉腋部分に溜まった水に虫を落とし込みます。 はさみわな式の食虫植物は、基本的に消化液を出しますが、落とし穴式の多くは消化液を分泌しません。 ではどうやって獲物の栄養を吸収できるかたちにするのか? というと、分解を細菌等に任せているのです。 落とし穴式の食虫植物の捕虫嚢の中には、たまに虫以外にもネズミやカエルが落ちることがあります。 捕虫嚢の中は、一度入ったら出られないようになっているので(内側の壁に棘が生えている、等)、大きい生き物でも抜け出すのは容易ではありません。 また、この捕虫嚢の中に好んで生息する虫も存在します。

3/4.粘着式

ねばねばで虫をくっつける仕組み

santiagolabさんの投稿
21980879 360366657754249 1547138015627837440 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

とりもち式と呼ばれることもあります。 英語だと「flypaper traps」です。 flypaperとは、英語で「ハエ取り紙」を意味します。 粘着式のトラップを持つことで知られるのはモウセンゴケ属 (モウセンゴケ科) やムシトリスミレ属 (タヌキモ科)で、葉の表面に細かく生えている腺毛から出る粘液で獲物を捕らえる仕組みです。 多くの種類は、消化液も分泌し、これで捕まえた獲物を溶かします。 しかし、落とし穴式の食虫植物のように消化液を自分では出さず、バクテリアに分解を頼っている種類も存在します。 この捕獲のための粘液と、分解のための消化液は、同じ腺毛から出る場合と、別々の場所から出る場合があります。 腺毛を自分で動かせるものや、季節や成長段階の特定期にしかトラップを持たないものも存在します。

4/4.吸い込み式

圧力を利用する仕組み

英語で「bladder traps」と呼ばれるこのタイプは、水中や地中、水滴の近くで獲物を待ち受けています。 捕虫嚢のふたのところに突起がついており、これを虫が押し上げると、かすかにふたが開きます。 捕虫嚢は水中や地中といった、周囲からの圧力がかかる場所にあるので、ふたが開くことで虫は水と一緒に捕虫嚢の中に押し込まれてしまいます。これが吸い込み式トラップの仕組みです。 捕まった餌は、捕虫嚢の内側にある「四叉毛」から出る消化酵素によって分解されます。 分解された栄養も、この四叉毛によって吸収が行われます。

10.食虫植物の代表種

人気種をご紹介!

食虫植物について、だいぶ分かっていただけたのではないでしょうか。 自分も育ててみたい! と感じたとき、気になるのが人気の種類ですよね。どんな種類を選ぶかによって、育て方も変わってきます。ここでは食虫植物の王道と呼べる人気種についてご紹介します。

食虫植物といえばコレ! ハエトリソウ

stefano.bonalumeさんの投稿
22500036 139020180058484 3943851859831160832 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

食虫植物らしい食虫植物といえば、このハエトリソウです。 英語での名前は「Venus Flytrap」。この英語は「女神のハエトリ罠」を意味します。ギザギザの葉が女性のまつげに似ているから、こんな名前が付いたのだそう。英語名を知ると、確かにそんなふうに見えてきますよね。学名はDionaea muscipulaといいます。 食虫植物について詳しくない方でも、ハエトリソウだけは何となく見たことがあるのではないでしょうか。 近寄ってきた虫をパクッ! と食べる姿がユニークです。人気の種類なので、購入しやすいのもメリットのひとつ。ダーウィンはこのハエトリソウを「世界で最も不思議な植物」と呼び、研究を行っていたのだそうです。

購入も容易なウツボカズラ

shirochannelさんの投稿
22580282 1686809158056938 3959826724400660480 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

誰もが知っている……とまではいかないかもしれませんが、ウツボカズラも非常にポピュラーでよく知られている食虫植物のひとつです。英語名は「Nepenthes」といいます。 暖かい季節なら、ホームセンターでも購入可能。 袋の中に虫を誘いこみ、落ちた獲物を栄養にしています。 この袋が、矢を入れる靫(うつぼ)に似ているので、「ウツボカズラ」と言うのです。 大型のものから、購入しやすい小型のものまで、100以上の種類が存在します。選ぶ楽しさがあるのもポイント。

神秘的なモウセンゴケ

sachikon_konさんの投稿
21909705 294346924377100 6036011982551777280 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

まるで雨に濡れたような姿が美しいモウセンゴケ。学名は「Drosera rotundifolia」、英語名は「Sundew」です。いかにも食虫植物! という外見のものより、ちょっと神秘的な種類を育ててみたい人におすすめです。

カラフルなサラセニア

mini.vaniさんの投稿
22580173 179055402651604 5015090456631967744 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

筒のような形のサラセニアは、落とし穴式のトラップをもつ食虫植物です。サラセニアは英語でもそのまま「Sarracenia(サラセニア)」と呼ばれます。ウツボカズラと同じように、1メートル以上ある大型のものから、家庭用に購入しやすい小型のものまで、大きさはさまざま。葉の色や模様がカラフルなもの特徴です。

小さな花が咲くミミカキグサ

am.u.ritaさんの投稿
1739501 654144397965150 1703424402 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

一見、ふつうの花と変わらないミミカキグサ(英語でUtricularia bifida)。これも食虫植物なんです。花を楽しめる食虫植物は多くありません。花が咲く種類が欲しいなら、ぜひ選択しに入れたいところです。

日本にも咲く花! ムシトリスミレ

crazyplantmanさんの投稿
19955489 656703131192576 5046969370350190592 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ムシトリスミレ(英語でPinguicula)は日本らしい花を咲かせる食中植物です。 基本的には葉で虫を捕まえますが、花にもネバネバした液がついており、この花で獲物をとらえることもあります。「スミレ」と名が付いているので、紫色の花を連想しますが、黄色や白など、べつの色をした花が咲くものもあります。

11.育てやすい種類は?

smile217さんの投稿
21984691 799774620224061 5683755051449843712 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

人気の種類だけでなく、育てすい種類も気になりますよね。 育て方がかんたんな食虫植物をご紹介します。

ハエトリソウ

まずはハエトリソウです。ハエトリソウが人気なのは、ユニークな見た目はもちろんですが、育て方が簡単なのも理由のひとつなのです。

ウツボカズラ

人気のウツボカズラも育てやすい種類です。 適した環境もハエトリソウと大きくは変わらないので、一緒に育てるのもおすすめです。 寒さと乾燥に弱くはありますが、ホームセンターで販売されている「アラタ」と呼ばれる種類は比較的低温や乾燥にも耐性があります。

12.販売場所は?

食虫植物の購入には、インターネットがおすすめです。 ポピュラーな種類ならホームセンターでも販売されています。しかし、必ず求めている種類が販売されているとは限りません。また、販売されているかどうかは、時期にも左右されます。お目当てのある人は通販サイトで探してみましょう。 オークションにも出品されているので、そちらで購入することもできます。

通販サイトで販売されているハエトリソウ

ハエトリ草 ☆ 食虫植物 ☆ 観葉植物
Amazonで詳細を見る

人気のハエトリソウは、インターネットでも多く販売されている種類です。自分で手に取って苗の状態を確かめることはできないのが難点ではあります。しかし、インターネットで信用のおける販売店を見つけられれば、以降も同じ出品店から安心して買うことができます。

通販サイトで販売されているウツボカズラ

出典: https://www.amazon.co.jp

(食虫植物)ウツボカズラ ネペンテス アラタ 3号(1ポット) [生体]

ウツボカズラも人気種だけに、インターネットで多く販売されています。こいらはアラタと呼ばれる、育てやすくポピュラーなウツボカズラ。丈夫で育てやすいウツボカズラです。

通販サイトで販売されているムシトリスミレ

出典: https://www.amazon.co.jp

食虫植物:ムシトリスミレ*

ムシトリスミレもインターネットで一定数の取り扱いがあります。一見ほかの植物と変わらないので、「いかにも食虫植物らしい見た目はちょっと……」という方にもおすすめ。きれいな花を咲かせるので、観賞の楽しみもあります。

もっと詳しく知りたいなら

出典: https://www.amazon.co.jp

ネペンテスとその仲間たち 食虫植物ハンドブック

食虫植物についてもっと知りたいなら、こちらの書籍もあわせて購入してみるのをおすすめします。この書籍は、日本屈指の栽培家である著者によって書かれた一冊です。そのため非常に情報が充実しています。ベテランの方でも満足できる内容だといえるでしょう。初心者の方でも、基本のデータから育て方までわかりやすく解説されているので、持っておいて損はありません。

13.ハエトリソウの育て方

patrizio_aspertiさんの投稿
21147600 131181137502423 250600668727869440 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

育て方のコツ

ハエトリソウを育てるコツは、夏の直射日光を避けた場所に置くことです。 日当たりを好みますが、夏の間は涼しい場所に移動させます。 また、湿地の植物なので、腰水で湿気を保った育て方をしましょう。受け皿を用意し、水をたっぷりと与えてください。

耐寒性がある

ハエトリソウは耐寒性があります。 寒い時期でも、屋外での栽培が可能です。 太陽の光が弱くても意外と枯れにくいので、室内でも育てられます。

14.ウツボカズラの育て方

nepenthes_idさんの投稿
20766889 821441991358339 3429070303936905216 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

育て方のコツ

ウツボカズラもハエトリソウと同じく、夏の直射日光が苦手です。 弱光でも育ち、寒さが嫌いなので、置き場所は室内を選びましょう。入ってくる光が強いと感じる場合、夏の間は置き場所を変えてあげてください。 ホームセンターでも販売されている代表種に、「アラタ」と「グラシリス」があります。 アラタはある程度寒かったり乾燥したりしても大丈夫ですが、グラシリスはややデリケートです。 グラシリスを育てるなら、アラタよりも温かく湿気のある環境を用意してあげましょう。 湿気を好みます。 土への水やりのほかに、霧吹きで葉の全体に水をかける作業も行いましょう。

15.モウセンゴケの育て方

abcd_sunnyさんの投稿
22352474 368091793622446 585845023916949504 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

育て方のコツ

モウセンゴケも湿気を保った育て方をしましょう。 受け皿を用意して、下から水を与えてください。 置き場所はムレにくさが重要です。 日当たりと風通しが良いところを選びましょう。 直射日光と暑さに弱いので、涼しいところが良いでしょう。 花用の培養土より、日向土を鉢底に入れ、ミズゴケで植え付けるのがおすすめです。 肥料分は必要ありません。心配して肥料を与える育て方をするのは、逆に良くないのです。

16.気に入った種類を直感で選ぶのが一番!

vi0raさんの投稿
21911420 799290233587129 8086735854233452544 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

さまざまな食虫植物を紹介してきました。 食虫植物に興味は湧きましたか? 「食虫植物を知れば知るほど、どれを育てようか迷ってしまう……」という事もあるかもしれません。 ちゃんと世話ができそうなものを選ぶのも、広く販売されているものを選ぶのも良いですが、一番は自分が気に入った種類を直感で選ぶことです。 食虫植物というと、ちょっと変わった存在なので、特別な育て方が必要に思えるかもしれませんが、愛情をこめて毎日観察してあげればトラブルにもすぐ対応できますよ! お気に入りの食虫植物と一緒に暮らしてみましょう!

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ