検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【ダッチオーブンのシーズニング】使用前のメンテナンスをご紹介!

キャンプをする際には欠かせないダッチオーブン。そのシーズニング(使用前メンテナンス)のやり方を詳しくご紹介! 他にもダッチオーブンの素材や料理の紹介など、疑問に触れていきます。 これであなたも『ダッチオーブンのシーズニングマスター!?』
2020年8月27日
ymzk810922

ダッチオーブンのシーズニング

新品のダッチオーブンにはシーズニングを必ず行わなくてはいけません。 そしてメンテナンスを怠ってはいけません。 面倒に思えるかもしれませんが、やっているうちに愛着が沸いてきます。 また、シーズニングをしたダッチオーブンはとても味が出てくるのでアンティーク調のインテリアとしても使っている方がいるようです。 絶賛人気急上昇中のダッチオーブンですが、どのようにメンテナンスをしていけばいいのか? 失敗しない、シーズニングのやり方を簡単に説明させていただきます。

シーズニングって??


シーズニングはダッチオーブンに欠かせない作業です。

画像検索をすると、出てくるのは黒色のダッチオーブンです。ですが、販売店へ行くとあるのはだいたい銀色のダッチオーブンです。 実は、新品のダッチオーブンは錆防止のコーティングがされていて銀色なものが多いです。 このコーティングを取る作業がシーズニングです。 ダッチオーブンは、使っていかないと錆びていきます。なのでシーズニングはダッチオーブンにとって欠かせない作業なのだとわかりますね。

シーズニングをするために準備するもの

出典: http://www.irasutoya.com/2013/10/openclosed.html

ダッチオーブンのシーズニングには欠かせないものです。 きちんと準備してから作業しましょう。

洗剤

洗剤の種類は、ダッチオーブンの素材によって異なります。 市販のものでよいものもあれば、使ってはいけないもの、中性洗剤のみ使用可なもの、とダッチオーブンの種類によって違うので気を付けてください。


洗剤で洗った後、ダッチオーブンに塗っていきます。 それから長い間使う予定がない場合など、きちんと塗ってからしまうと錆防止になります。 油の種類は塩分の入っていない油を使用してください。 オリーブオイル等市販のもので揃えられます。

たわし

コーティング剤を落とすときに使います。 金属のではなく、普通のたわしを使ってください。 洗い方によってはたわしではなく、スポンジを使うほうがいいものもあります。

キッチンペーパー

油を使う際にあると便利です。 家庭内で使っているものを使用してください。

お水

これはダッチオーブンを火にかける際と洗剤とたわしを使って洗う際に使用します。

捨てられる野菜など

ダッチオーブンの鉄臭さをなくす際に使用します。 ねぎやニンニク、そのほかにも捨ててしまうニンジンの皮やキャベツの芯などを使用してください。

シーズニングを始めましょう!!

道具の準備が整ったら、ダッチオーブンをシーズニングしていきましょう!!

1.まずはダッチオーブンを洗っていきます。

ステップ1/2 ~洗い方~

洗い方は人それぞれ違うと思います。 ですがダッチオーブンは、隅々まで丁寧にたわしで優しく洗ってください。 洗い方のコツとしては、繰り返し洗うという洗い方がいいと思います。

洗い方を間違えないようにしてください!!

ダッチオーブンには、洗剤やたわしを使用して洗ってはいけないものもあります。 なのでそのダッチオーブンをシーズニングする際は、洗い方に注意してください。

取り切れなかったコーティング剤は・・・

ステップ2/2 ~ダッチオーブンに水を入れ火にかけます。~

どんなに念入りに洗っても、コーティング剤は取り切れません。 なので、ダッチオーブンに水を入れ、コンロで火にかけます。

この時、とても熱くなるので注意してください!!!

2.乾かします。

完全に乾かしてください。

洗い終わった後、自然乾燥させてください。

3.ダッチオーブンに油を塗ります。

油を塗る理由

鋳鉄製のダッチオーブンは特にこの作業を怠ってはいけません。 なぜならシーズニングの際にコーティング剤を取り除いてしまうからです。 なので油を塗ってコーティングをしなおさなくてはいけません。 油を塗ることで膜ができ、錆びを防止します。 使用するたびに塗っていけば、段々と黒光りしてくるのでダッチオーブンに味が出てきます。

キッチンペーパーで

まんべんなく油を塗ってください。

裏面にもきちんと油を塗ってください。 取っ手も忘れずに!!!

4.から焼きをしていきます。

焼いていきます。

ガスコンロでダッチオーブンに火を通していきます。

煙がたくさん出ると一酸化炭素中毒になりかねないので、換気をきちんとするようにしてください。 屋外でできる方は、焚き火や火力の強いコンロを使って火を通すようにしてください。

煙が出始めると黒くなってきます。

煙が出なくなったら終わらせて大丈夫です。

裏面もきちんと火を通してください。

裏面にも火を通し、熱を全体に伝えてください。

熱いので気を付けてください!!

ダッチオーブンはとても熱くなります。取っ手も鉄製なので熱くなります。 火を通すときは熱さに注意してください。

シーズニングを失敗しないように・・・

『シーズニング』と調べると関連に『シーズニング 失敗』と調べている方が多いです。 実は、その原因は火力にあったのです。 きちんと火を通してあげないと熱が全体に伝わらず、不完全燃焼…のような結果になります。 なのできちんと火を通し、熱を伝えてあげれば失敗も少なくなるでしょう。

シーズニングは自宅のコンロでは厳しいことも…

ダッチオーブンのシーズニングを失敗しないように、という気持ちはだれでもあると思いますが、自宅の家庭用コンロだと失敗する確率は高くなります。 なぜなら、最近の家庭用コンロは熱の上がりすぎを防止する機能がついています。この機能が作動してしまうと、勝手に火が弱まり、熱が下がってしまいます。 このことから、ダッチオーブンのシーズニングは家庭用コンロよりも屋外用の火力の強いコンロや焚き火などでやれば失敗する確率も少なくなります。

5.いらなくなった野菜を…

においの強い野菜が◎

鉄臭いのを抑えるために、野菜を焼きます。 この野菜は食べないでください。

6.覚えておこう!使用後メンテナンスの6ステップ!!

ダッチオーブンは使用前も大切ですが、最も大切なのは使用後・・・。 といっても過言ではありません。とても大切な作業なので、覚えておくといいと思います。

ステップ1 お湯を入れて火にかけます。

きちんと汚れを落としたい、からと言ってゴシゴシ洗うなどの洗い方はしません。 ダッチオーブンは使用後、お湯をたっぷり入れて火にかけ沸騰させます。 そうすることによって、汚れなども簡単に落ちます。 くれぐれも洗剤を使ったりたわしを使った洗い方をするのはやめてください。

ステップ2 汚れをへらなどで落とします。

沸騰した後、へらなどで汚れを落としてください。 この時、ダッチオーブンを傷つけないように木製のものなどを使うようにしてください。

ステップ3 水分を飛ばしてください。

汚れを落とした後、タオルなどを使って水分を落としてください。 そのあと火にかけて完全に水分を飛ばしてください。

ステップ4 油を塗ってください。

長く保管する場合は、きちんと油を塗っておくのを忘れないでください。 錆防止になるので忘れないように注意してください。

ステップ5 蓋や取っ手も忘れずに油を塗ってください。

蓋や取っ手も全部が鉄なので、きちんと油を塗らないと錆の原因になります。 忘れないように気を付けてください。

ステップ6 軽く拭き取ります。

油をたっぷり塗ったら、キッチンペーパーなどで軽く拭き取ります。 拭き取ったらメンテナンス終了。 保管の際は、蓋と鍋を別にして保管してください。酸化の原因になります。

こんなメンテンス方法は避けてください。

その1 熱いときに水をかけないでください!!

ダッチオーブンは急な温度差に弱いものです。 なので冷めないからと言ってお水をかけたりしてはいけません。

その2 シーズニング済みは洗剤を使った洗い方×。

シーズニング済みのダッチオーブンの洗い方ですが、洗剤を使ってはいけません。 洗剤を使うことによって、せっかくついた油を落としてしまいます。 油を落としてしまうことにより、錆びやすくなったり焦げやすくなる原因になります。 なので、シーズニングが終わっているものは洗剤を使った洗い方をしてはいけません。

その3 入れっぱなし厳禁

ダッチオーブンの中に作り置きはしないようにしてください。 錆の原因になります。

その4 湿気の多いところはNG。

ダッチオーブンは湿気に弱く錆びやすくなります。 なので保管する際などはなるべく湿気の少ないところで保管するようにしてください。

わかりやすいシーズニング方法です。

動画で紹介!!

わかりやすく説明してあります! 動画を見られる環境の方はぜひこちらも参考にしてみてください。

ここからはダッチオーブンについてです。

ダッチオーブン

キャンプには欠かせない調理器具の一つで、人気急上昇中のダッチオーブン。

ダッチオーブンって何??

まず、ダッチオーブンについて詳しく知らない人もいるのではないでしょうか。 どんな時に使うのか、ダッチオーブンで何ができるのか?そんな疑問をここで解消してください!!

ダッチオーブンの歴史

日本では、主にキャンプで使われているダッチオーブン。元になっているのはヨーロッパ製の鍋ですが、1600年代にオランダからアメリカへ。そこから西部の開拓者たちが改良を重ね、出来上がったのが今のダッチオーブンです。アメリカでは、家庭でも使うほど親しまれている調理器具の一つです。

この頃からほとんど変化していないですね。 それくらい昔からなじみのあるダッチオーブンは今でも屋外での調理には欠かせませんね。

ダッチオーブンの種類

煮る、焼く、蒸す、何でもできる万能調理器具のダッチオーブンにもいくつか種類があります。

キャンプオーブン

底に足がついているタイプのダッチオーブンです。 焚き火や炭の上に直で乗せられるようになっています。 さらに蓋の上にも炭などを置けるようになっているので、上下から熱を伝えることができます。 ローストビーフなどの料理に適しています。

キッチンオーブン

キャンプオーブンとは違い、底が平らなので家庭内でのコンロやIHなどに乗せて調理をするのが可能です。 また、じっくり火を通すシチューやカレーなどの料理に最適です。

取っ手の部分を焚火の三脚につるして使用したり、焚火台に置いて使用します。 そうするとキャンプでもでも簡単に使えます。

スキレット

鉄製のフライパンのようなダッチオーブンです。

ウエスタン調の飲食店でよく見ると思います。 小さいサイズから大きいサイズまで、種類が豊富なのがこの形です。 また、フライパンのような形なので、様々な料理に使用できます。 アヒージョなどの料理からチキンソテーやパスタといった料理にも使えます。 普通のフライパンよりは重いですが、時間をかけて作りたい料理に最適なので比較的に失敗は少ないです。

コンボクッカー

深鍋とスキレットを組み合わせたタイプのダッチオーブンです。

コンボクッカーは、深鍋とスキレットの組み合わせで出来ているので蓋も料理に使えます。 なので一回に二品作ることも可能なのです。 例えば、深鍋でシチューなどを作りスキレットでパスタを作るなど、用途は様々です。

素材の種類もたくさんあります。

ダッチオーブンは素材も種類豊富なので自分好みを見つけられる!

ダッチオーブンは、自分に合っているものを使わないと失敗したり錆びてしまったり、使わなくなったりなどしてしまいがちな調理器具です。 ですが、自分に合ったものを見つけられれば長く使っていけると思います。 そこで素材についても少し触れてみたいと思います。

憧れのブラックポット…!!

鋳鉄製

ダッチオーブンを購入の際、一番多い素材といえば鋳鉄製です。 このダッチオーブンは錆びやすく、シーズニングや使用後メンテナンスが少々面倒です。 ですがメンテナンスを怠らず使っていくうちに、焦げにくくなりキャンパー憧れの『ブラックポット』と化していきます。 その変化が長年愛されている要素の一つなのではないでしょうか。

シーズニングいらずでメンテナンスほぼ不要!!

ステンレス製

最近になって新しい素材が増えました。 それがステンレス製です。 ステンレス製はシーズニングが不要なので、初心者向けのダッチオーブンです。 水洗いや市販の洗剤も使えるのでメンテナンスがとても楽です!! ですが価格が高いのが難点です。

錆びにくくてメンテナンスもシーズニングも楽です!!

黒皮鉄板製

あまり聞かない素材だとは思いますが、皮を使っているので錆びにくくなっています。 皮は簡単に剥がれないので洗剤を使用できます。 メンテナンスも鋳鉄製に比べると楽ですが、価格は少し高くなります。

素材の旨味を引き出してくれる万能さん!!

カーボン製

カーボンの遠赤外線効果で熱がよく伝わります。 なので料理をする際、ムラなく火が通るので食材の素材の旨味を引き出してくれます。

ダッチオーブン料理

ダッチオーブンには種類がたくさんあります。 なのでその用途に合わせて料理も作り分けることができます。

パーティーのメイン料理にも!!

ダッチオーブンは家庭でも使える調理器具です。 なのでちょっとしたパーティーなどで使えば目を引くこと間違いなし!! 煮たり焼いたり蒸したり、と万能なのでお家に一つあればいつでも簡単にパーティーができますね!!

パンだって焼けちゃいます。

コンボクッカーなどの深鍋を使えば、ダッチオーブンはパンだって焼けます。 簡単で失敗も少ないので、是非お勧めです。

野菜も一緒に…!!

野菜も一緒に調理することで素材の旨味を引き出してくれるのもダッチオーブンの強みです。

定番の料理のレシピです。

わかりやすく動画で!!!

お勧めのダッチオーブンシリーズ!!!

どんなダッチオーブンを買えばいいか悩んでいる方も多いと思います。 そこでお勧めのダッチオーブンをいくつか紹介させていきたいと思います。

シーズニング済み!!

Amazon | LODGE(ロッジ) ダッチオーブン・スキレット ロジック キャンプオーヴン ディープ L10DCO3 | ダッチオーブン・スキレット | スポーツ&アウトドア 通販
LODGE(ロッジ) ダッチオーブン・スキレット ロジック キャンプオーヴン ディープ L10DCO3がダッチオーブン・スキレットストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

シーズニングいらずなお得セット!!

Amazon | ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン10インチセット(収納ケース・リッドリフター付き) 【特別お買い得セット】 ST-910YS 通販
ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン10インチセット(収納ケース・リッドリフター付き) 【特別お買い得セット】 ST-910YSがダッチオーブン・スキレットストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

最後に

シーズニングは覚えてしまえば・・・

ダッチオーブンのシーズニングは丁寧に時間をかけてやれば失敗することは少ないです。 なのでこれを機にダッチオーブンを使いこなせる、ダッチオーブンマスターが増えればいいなと思っています。 一度シーズニングをしたダッチオーブンは、段々といいものに変わっていきます。 手順さえ覚えてしまえば失敗だって滅多にしません。 メンテナンスを怠らずに、自分好みのダッチオーブンを作り上げてくださいね。