コルトスナイパーBBの魅力に迫る!インプレとモデル別に違いを比較のイメージ

コルトスナイパーBBの魅力に迫る!インプレとモデル別に違いを比較

シマノのロッドで非常に人気の高いコルトスナイパーBB!そんなコルトスナイパーBBのインプレ、そしてモデル別の紹介をします。 この記事を読めばお気に入りのコルトスナイパーBBがきっと見つかるかと思いますので、ぜひお読みください!

2018年05月31日更新

籔本大地
籔本大地
釣りが何よりも好きなので、記事を読んでいただいた方が釣りをしたい!と思っていただけるよう精一杯がんばりますのでよろしくお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. コルトスナイパーBBってどんなロッド?
  2. コルトスナイパーBBでショアジギングをやってみよう!
  3. コルトスナイパーBBにはどんな種類があるの?
  4. 一人目!コルトスナイパーBB S900M
  5. 二人目!コルトスナイパーBB S906M
  6. 三人目!コルトスナイパーBB S1000M
  7. 四人目!コルトスナイパーBB S906MH
  8. 五人目!コルトスナイパーBB S1000MH
  9. 六人目!コルトスナイパーBB S1000H
  10. コルトスナイパーBBにおすすめのリールは?
  11. シマノとダイワどっちのリールがコルトスナイパーBBに合う?
  12. コルトスナイパーBBにはやっぱりシマノのリール!
  13. 安価なシマノのリールでコルトスナイパーBBを楽しみたい!
  14. コルトスナイパーBBにダイワのリールを使いたい!
  15. コルトスナイパーBBにダイワの高いリールを使いたい!
  16. お気に入りのコルトスナイパーBBと釣りに出掛けよう!

コルトスナイパーBBってどんなロッド?

area_811さんの投稿
21909857 1437857549654438 1094040612535009280 n

スナイパーのように魚を仕留めるロッド!

kattsuanさんの投稿
17076082 1815117132076659 1166647292371927040 n

コルトスナイパーBBとは、安価であり使い勝手が良いロッドとして 評判のショアジギングロッドです。 初心者の方がショアジギングをやってみたいと 思うのであれば、非常におすすめのロッドです。 見た目もかっこよく、持っているだけでも 楽しい気分になるようなおすすめのロッドです。 名前にスナイパーが入っているので、 メタルジグを投げる=狙撃する、 というようなイメージも出来て 男心をくすぐられるロッドです。

コルトスナイパーBBでショアジギングをやってみよう!

motimi.85さんの投稿
19535174 644792722397572 7521782242733981696 n

コルトスナイパーBBでメタルジグをかっ飛ばせ!

eiji1821さんの投稿
20065713 1823241194658223 3425600932434411520 n

ショアジギングは、40gから100gといった重めの メタルジグをキャストして行う釣りです。 そのため、ロッドは専用かつ非常にパワーがあるものが必要になります。 コルトスナイパーBBは、安価でありながらも 非常にパワーを持っている評判の良いロッドです。 ブランクスには、ハイパワーXというものを 全身に採用してあるので非常におすすめです。 遠投性能はもちろんのこと、強烈な引きの 青物がかかっても決して負けることはありません。 リールも専用のものが必要になってきますが、 リールについては後半のほうでおすすめの リールをご紹介します。

コルトスナイパーBBにはどんな種類があるの?

norikosaitouさんの投稿
21689494 1953164218256446 4159252475544600576 n

コルトスナイパーBBは6人組グループ!

sumi_18sさんの投稿
21911035 942131622609304 7664068719634546688 n

コルトスナイパーBBは6種類あります。 型番を先に紹介すると、 S900M S906M S1000M S906MH S1000MH S1000H となります。 型番だけ見ても違いがわからない! という方もいると思います。 違いを大雑把に言うと、上から下にかけて パワーが強くなる、というような イメージを持っていただけたらいいと思います。 だからといって、S900Mは非力で頼りないロッド というわけではありません。 それぞれのロッドは、様々なシチュエーションを想定して 作られています。 各ロッドの違いや、私が実際に使用してみた結果の インプレや友人が使用した結果のインプレもご紹介していきますので、 お気に入りの一本を見つけてみてくださいね。

一人目!コルトスナイパーBB S900M

シマノ|2016 コルトスナイパーBB S900M
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ショアジギング入門におすすめ第一弾のコルトスナイパーBB!

osakanasan0228さんの投稿
21909551 1421888177906461 1018872586001448960 n

コルトスナイパーBB S900Mのスペックは?

コルトスナイパーBB S900Mのスペックは、 全長:2.74m 自重:217g 継数:2本 仕舞寸法:141.5㎝ プラグ重量:MAX40g ジグ重量:MAX60g PEライン適合:MAX2号 となっています。

コルトスナイパーBB S900Mは初心者向き?

コルトスナイパーBBの中でも一番長さが短くなっており、 ジグの重量もMAX60gと、初心者の方には 非常におすすめのロッドです。 初心者の方がいきなり10フィートを超えるロッドを 使用するのは、少し扱いにくい面が出てきます。 ですが、9フィートの長さなので取り回しもよく、 様々な釣り場で活躍してくれることでしょう。 硬さもミディアムなので60gのジグだけでなく、 軽めのジグやプラグもしっかりと重みを乗せて キャストすることが出来ます。 ショアジギングをやってみたいけど どのロッドを買えばいいかわからない・・・ という方はまずこのコルトスナイパーBB S900Mを 購入することをおすすめします! 非常に有効だと思いました。

コルトスナイパーBB S900Mのインプレ!

私のインプレ情報を言いますと、 まず一言目に出てくるのが軽い! という言葉です。 コルトスナイパーBB S900Mは、 コルトスナイパーBBグループの中で 最も軽量なものになります。 そのため、釣りをしていても 腕がロッドの重さで疲れることも少なく、 長時間しゃくり続けることができます しゃくることに加え、ただ巻きにも 非常に有効だと思いました。 また、魚への食い込みもよく、 ばらすことが少ないようにも感じました。 コルトスナイパーBBの評判が良いのも 頷けるロッドですので、ショアジギング初心者の方だけでなく、 ショアジギング上級者の方にもおすすめのロッドです。

二人目!コルトスナイパーBB S906M

シマノ|コルトスナイパーBB S906MH
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ショアジギング入門におすすめ第二弾のコルトスナイパーBB!

questsurfさんの投稿
21980718 293306971150913 1237994082207268864 n

コルトスナイパーBB S906Mのスペックは?

コルトスナイパーBB S906Mのスペックは、 全長:2.90M 自重:232g 継数:2本 仕舞寸法:149.5㎝ プラグ重量:MAX40g ジグ重量:MAX60g PEライン適合:MAX2号 となっています。

コルトスナイパーBB S906Mは初心者でも大丈夫?

最初にご紹介した コルトスナイパーBB S900Mとの違いは、 全長が長くなっていることです。 プラグ重量やジグ重量などに違いはありませんが、 少しでも遠くにルアーをかっ飛ばしたい! という方にはこちらのS906Mをおすすめします。 こちらのロッドも入門にはおすすめです。

コルトスナイパーBB S906Mのインプレ!

私は一度だけS906Mを使用したことがありますが、 S900Mよりも多少重量は増加したものの、 使いやすいと感じました。 硬さもS900Mと同じミディアムなので、 魚の食い込みが良いと感じました。 結果的にS900Mとそこまで大きな違いはありません。 初心者の方は、釣具屋さんで実際に手に取ってみて しっくりくる方のロッドを選べばよいと思います。 長さに関しては好みも出てきますので、 実際に持ってみた感覚の違いを感じ取り、 選ぶことをおすすめします。

三人目!コルトスナイパーBB S1000M

シマノ|コルトスナイパーBB S1000M
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ショアジギング入門におすすめ第三弾のコルトスナイパーBB!

bombeetsurishiさんの投稿
21909607 866050730224678 4685610106467909632 n

コルトスナイパーBB S1000Mのスペックは?

コルトスナイパーBB S1000Mのスペックは、 全長:3.05M 自重:246g 継数:2本 仕舞寸法:157.0㎝ プラグ重量:MAX40g ジグ重量:MAX60g PEライン適合:MAX2号 となっています。

コルトスナイパーBB S1000Mはどんな竿?

コルトスナイパーBB S1000Mは、 コルトスナイパーBBシリーズの中で最長となる 10フィートのロッドです。 10フィートの長さは飛距離を出すうえで 非常に大きな武器となります。 ただ、10フィートとなると長さもありますので 重さも当然増加してきます。

コルトスナイパーBB S1000Mのインプレ!

このロッドのインプレは 友人から聞いたものになりますが、 まず飛距離が抜群に出るということです。 10フィートの長さは、飛距離を出すうえで 非常に大きな武器になると書きましたがまさにその通りとのことでした。 しかし、長い分重さが出てしまうのはどうしても避けられません。 ショアジギングに慣れていればあまり気にならない 重さかもしれませんが、初心者の方だと厳しいかもしれません。 ただ、リールを軽いものにすれば腕への負担も減りますので、 初心者の方でも扱いやすくすることは十分可能になります。 ここまでご紹介してきた3本のロッドはすべてミディアムの ロッドなので、食い込みもよく初心者にはうってつけのロッドです。 長さは三種類ありますが、持ってみた感覚を大切にし、 お好みの一本を見つけることをおすすめします。 それぞれの違いを理解することで、良い相棒を見つけられるでしょう。

四人目!コルトスナイパーBB S906MH

シマノ|コルトスナイパーBB S906MH
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

本格的にショアジギングを始めたい方におすすめ第一弾のコルトスナイパーBB!

yamato0705さんの投稿
21878851 672783956264095 1339384846882963456 n

コルトスナイパーBB S906MHのスペックは?

コルトスナイパーBB S906MHのスペックは、 全長:2.90M 自重:248g 継数:2本 仕舞寸法:149.5㎝ プラグ重量:MAX60g ジグ重量:MAX80g PEライン適合:MAX3号 となっています。

コルトスナイパーBB S906MHは使いやすいの?

これまでご紹介してきたコルトスナイパーBBとの違いは、 まず硬さです。 これまではミディアムのロッドでしたが、 今回からはミディアムハードになります。 ミディアムよりも硬くなっていますので、 ルアーのしゃくりやすさも向上しています。 ただ、硬い分魚の当たりを弾いてしまう可能性も 出てきますのでメリットだけでなくデメリットも理解しましょう。

コルトスナイパーBB S906MHに他に違いはあるの?

次の違いは、扱えるルアーの重量です。 これまでは40gから60gまででしたが、 S906MHではプラグが60g、ジグが80gまで扱えます。 扱えるルアーの重量が増えるということは、 より飛距離を出せることに繋がります。 またメリットはそれだけでなく、潮の流れが速い場所では 軽いルアーでは底をとることが非常に困難です。 ですが、重いルアーは潮の流れに負けることなく 底を簡単にとることができます。 底をとることができれば、底を回遊する青物を 狙うことが出来るので釣果に期待ができます。

コルトスナイパーBB S906MHに違いはまだあります!

次の違いは扱えるPEラインの太さです。 これまではPEライン2号がMAXでしたが、 このロッドではPEライン3号まで扱うことが出来ます。 大型の魚を相手にすると、細いPEラインでは心もとないですが PE3号を使用すれば強い味方となってくれます。 ですが、太いPEラインを使用すると飛距離に影響が出てしまう というデメリットもあります。 ベイトリールであれば太いラインでもあまり影響がないかも しれませんが、ショアジギングは主にスピニングリールを使用します。 そのため、太いPEラインは摩擦が大きくなってしまうので 飛距離が落ちてしまいます。

コルトスナイパーBB S906MHのインプレ!

このロッドのインプレを友人に聞いたところ、 明石海峡大橋付近の潮の流れにも動じない釣りができる、 とのことでした。 80gのジグをキャストできることは大きなメリットとなる ことが分かりますね。 また、ジグ重量が重くなった分飛距離も伸びたので、 より広範囲を探ることが出来、釣果が伸びたとも言っていました。 初心者の方がいきなり80gのジグをキャストすることは 少し難しいかもしれませんが、ショアジギングに慣れてきたら 重めのジグをキャストできるS906MHをおすすめします。

五人目!コルトスナイパーBB S1000MH

シマノ|コルトスナイパーBB S1000MH
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

本格的にショアジギングを始めたい方におすすめ第二弾のコルトスナイパーBB!

yoooshipさんの投稿
21909388 129849067667051 8137197631152586752 n

コルトスナイパーBB S1000MHのスペックは?

コルトスナイパーBB S1000MHのスペックは、 全長:3.05M 自重:266g 継数:2本 仕舞寸法:157.0㎝ プラグ重量:MAX60g ジグ重量:MAX80g PEライン適合:MAX3号 となっています。

コルトスナイパーBB S906MHと何か違いはあるの?

S1000MHは、S906MHと大きな違いはありません。 違いがあるとするならば、コルトスナイパーBB最長である 10フィートであることでしょう。 10フィートの長さは飛距離を出すうえで非常に大きな武器になります。 10フィートの長さと80gを扱えるパワーは、 堤防や漁港だけでなく、磯場でも活躍することでしょう。

コルトスナイパーBB S1000MHのインプレ!

私のインプレを言いますと、 S1000MHをメインに使っていた時期がありますが、 大物を相手にしてもしっかりと戦うことが出来ると感じました。 磯場で使った時も、長さがあるので取り回しが非常に良かったです。 唯一私が気になったのが重量です。 ロッドの重量が重いとジグをしゃくっていて非常に疲れますので、 しゃくって疲れ切ったところにいきなり大物がガツン! ということもあります。 ですが、私はショアジギングはスポーツだと思っていますので、 それはそれで楽しんでショアジギングをしていました。 重さがあるロッドではありますが、 ショアジギングを本格的にするならおすすめできる一本です。 私の友人に貸してみたところ、非常に評判が良かったです

六人目!コルトスナイパーBB S1000H

シマノ|コルトスナイパーBB S1000H
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

最強のパワーを持つコルトスナイパーBB!

コルトスナイパーBB S1000Hのスペックは?

コルトスナイパーBB S1000Hのスペックは、 全長:3.05M 自重:270g 継数:2本 仕舞寸法:157.0㎝ プラグ重量:MAX80g ジグ重量:MAX100g PEライン適合:MAX4号 となっています。

コルトスナイパーBB S1000Hは今までの竿と何が違うの?

このロッドはいままでのロッドと違い、 プラグが80g、ジグが100gまで扱える ロッドに仕上がっています。 また、長さも10フィートあり、 飛距離を稼ぐことにも貢献してくれます。 PEラインの適合号数も4号にレベルアップしているので、 超大型魚にもラインブレイクを恐れずにファイト出来ます。 難点を挙げるとすれば、コルトスナイパーBBの中で一番重いことでしょう。 扱うジグも重いものを使用するので、 重いジグ+重いロッド=腕がかなり疲れる、 ということにもなります。 大型の魚を狙うのであればS1000Hがおすすめですが、 30㎝ほどの青物やシーバスを狙うのであれば オーバースペックになってしまいます。

コルトスナイパーBB S1000Hのインプレ!

このロッドを所有していますが、 主に磯場での使用に貢献してくれています。 このロッドは、大型のブリを相手にしても怯むことがない 勇敢なロッドとして私の中で評判が良いです。 堤防からでは、そこまで大きな魚が狙えないこともあったので 出番は少なかったですが、磯場に行くとなると必ず使用していました。 太いPEラインを使うことで、根ずれへの恐怖も軽減できましたし、 不意な大物への対処も出来ました。 他のロッドとの違いは硬さにも表れています。 これまではミディアム、ミディアムヘビーでしたが S1000Hはヘビーになっています。 ミディアムヘビーよりも硬いハードは、 他のロッドよりもより筋肉質です。 もちろんミディアムのロッドでも大物とやり取りをすることは 可能になりますが、長期戦を免れることは難しいでしょう。 ヘビーのロッドであれば、大物を仕留めることにかける時間が 減りますので、よりキャッチ率を上げることが出来ます。 沖磯をメインにショアジギングをやってみたい方には 非常におすすめの一本です。

コルトスナイパーBBにおすすめのリールは?

sumi_zukiさんの投稿
21879280 1893106127367001 5162101281594015744 n

ここまでコルトスナイパーBBシリーズについてご紹介してきました。 では、コルトスナイパーBBには どんなリールをつければ良いのでしょうか? リールにはいろいろな番手があり、 ギアもノーマルギア、ハイギアなどがあります。 ここからは、コルトスナイパーBBにおすすめかつ 評判の良いリールをご紹介します。

シマノとダイワどっちのリールがコルトスナイパーBBに合う?

bariborifishingさんの投稿
21879482 853649541478380 8799635760341843968 n

番手さえ合えばコルトスナイパーBBは歓迎してくれる!

コルトスナイパーBBはシマノのロッドですが、 シマノとダイワのリールどちらを使っても ほとんど違いは出てこないでしょう。 違いがあるとすれば、 見た目はもちろんのこと、 ダイワとシマノでは番手も変わってきます。 ショアジギングにおすすめの番手は、 シマノなら4000番から5000番、 ダイワなら3500番から5000番となります。 次にリールのギアについてですが、 基本的にハイギアのものを選ぶようにしましょう。 ショアジギングは早いアクションで 魚を反応させますので、ハイギアのリールが使いやすいです。 ノーマルギアとハイギアでショアジギングをしてみましたが、 やはりハイギアのほうが私の中で評判が良いです。 シマノならHG、XGと表記されたもの、 ダイワならHと表記されたものを選びましょう。

コルトスナイパーBBにはやっぱりシマノのリール!

fish_shimanoさんの投稿
20968686 150374425546206 2056156910821834752 n

コルトスナイパーBBとの相性は抜群!ツインパワーXD

シマノ|17ツインパワー XD 4000XG 03747
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

まず最初にご紹介するのが、評判の良い リールとして有名なツインパワーXDです。 ツインパワーXDは、シマノの高価格帯リールであり、 非常に人気のあるリールです。 このリールのインプレ情報としてあるのが、 巻いた感じがなめらかだということです。 ハイギアのリールは、巻いた感じが重くなる巻き重りというものが つきもののようになっています。 ですが、このツインパワーXDにそんなものはなく、 むしろ巻き心地が良いので評判が良いです。 高価格帯ではありますが、性能は保証できるので 長くリールを使っていきたいという方には 非常におすすめできるリールです。

安価なシマノのリールでコルトスナイパーBBを楽しみたい!

fish_shimanoさんの投稿
19933150 294985690905012 2768149101362020352 n

安価でもコルトスナイパーBBの性能を引き出してくれるセドナ4000XG!

シマノ|17 セドナ 4000XG スピニングリール
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

続いてご紹介するのが、シマノのセドナ4000XGです。 セドナ4000XGは、安価であるにもかかわらず、 非常に良い仕事をしてくれると評判です。 私のインプレになりますが、 この価格でこんなに使えるのか! と驚いたのを覚えています。 ツインパワーXDよりも価格が大幅に抑えられている にもかかわらず、一回の巻き取り量も99cmという 驚異の数値を叩き出しています。 巻き重りは微妙にありますが、 価格のことを考えるとまったく気になりません。 高価格帯のリールが欲しいけど手が届かない・・・ という方には非常に心強い味方になってくれるリールです。

コルトスナイパーBBにダイワのリールを使いたい!

daiwafishingさんの投稿
11410756 1517737891870614 514156352 n

安価なダイワのリールもコルトスナイパーBBとは仲良しになれる!リバティクラブ3500

ダイワ|17リバティクラブ 3500 00059624
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

続いてご紹介するのは、ダイワのリバティクラブ3500です。 このリールにはハイギアの表記がありませんが、 巻き取り量83cmもあるのでショアジギングには十分使用することが出来ます。 また、このリールは投げ釣りなどのエサ釣りに 対応することも出来るので、一つのリールでいろいろな釣りを やってみたい!という方に非常におすすめです。 友人が投げ釣りで使ったインプレによると、 巻き心地もよく、ショアジギングにも十分 使えそう!とのことでした。 ダイワのブランド名を持ちながらも 驚きの低価格のリバティクラブは、 初心者の方にもしっくりとくる リールだと思います。

コルトスナイパーBBにダイワの高いリールを使いたい!

daiwafishingさんの投稿
12224064 1637865806462465 1658515727 n

メーカーの壁を越えたコルトスナイパーBBとの出逢い!キャタリナ3500H

ダイワ|16キャタリナ 3500H 00059581
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

最後にご紹介するのが、ダイワのキャタリナ3500Hです。 こちらのリールはシマノのツインパワーXDと 対をなす存在といってもいいでしょう。 キャタリナ3500Hはマグシールドと呼ばれる 防錆性能に長けたものを使用しており、 長く使い続けることに貢献してくれます。 私が使用したインプレになりますが、 巻き心地が非常に良く、操作性が非常に良いです。 ドラグも細かく調整ができ、大物とのやり取りも安心です。 近海ジギングに使用することもできるキャタリナ3500Hは 非常に評判が良いので、是非一度釣具屋さんで手に取って みることをおすすめします。 ただ、値段が高価格になるのでそう簡単に 手が出せる代物ではないのが痛いところです。

お気に入りのコルトスナイパーBBと釣りに出掛けよう!

ussy.kazさんの投稿
14590942 386648845010383 6478784928510115840 n

いかがでしたか? コルトスナイパーBB6種類とリールについてご紹介 してきましたが、お気に入りのものは見つかったでしょうか。 種類がいろいろとあり、どれにしようか悩むとは思いますが、 このまとめを参考にお気に入りの一本を決めていただければ幸いです。 どのロッドも評判の良いものですので、どれを選んでも 後悔することはないと思います。 お気に入りの一本を見つけた方は、 大物を探し求め海へと出かけましょう! 爆釣になることを心からお祈りしています。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ