ライトジギングのタックルは?基礎から考えるタックル選びを解説!のイメージ

ライトジギングのタックルは?基礎から考えるタックル選びを解説!

ジギングでは、とても広いポイントを探ることが出来ます。またライトジギングでは、大小様々な魚を狙うことが出来ます。幅広いポイントと魚をターゲットにしたライトジギングを始めたい!と思う方に向けた、タックルの選び方を紹介します!ぜひ、タックル選びの参考にして下さい!

2018年05月31日更新

siosaikouen
siosaikouen
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 2パターンのライトジギングタックルの選び方を紹介します!
  2. 【選び方1】自分で一つ一つタックルを選択していく方法
  3. 1-①釣る魚を決める!
  4. 1-②使うジグを知る!
  5. 1-③使うジグをキャストできるロッドを選ぶ!
  6. 1-④狙う魚から使うPEラインを選ぶ!
  7. 1-⑤PEラインが巻くことのできるリールを選ぶ!
  8. 1-⑥ジギングタックルを揃えるための予算を決める!
  9. 1-⑦予算の割り当てをする!
  10. 【選び方②】メディアで使われているタックル一式を真似る!
  11. 2-①『釣りよかでしょう。』で使われているタックル
  12. 2-②『釣り具メーカー』などで紹介されているタックル
  13. ライトジギングで他の釣りを楽しむ!
  14. ジギングでしか狙えないポイントを探る楽しさ!
  15. ライトジギングの次は、もっとヘビーなジギング釣りへ!

2パターンのライトジギングタックルの選び方を紹介します!

基礎から知るなら自分で一つ一つタックルを吟味する方法!

ライトジギングを基礎から知るなら、
ジギングタックルを自分で調べ
一つ一つ吟味し、購入することを
おすすめします。

タックル一つ一つに 特定の釣りに特化した 特徴やスペックが あります。 そういうことを 知ることが出来ると、 釣りにも多少詳しく なることが出来ます。

手っ取り早く揃えるなら、メディアで使われているタックル一式を真似る方法!

手早く間違えのない ライトジギングタックルを 揃えたいときは メディアで紹介されている ジギングタックルを 一式真似をすることです。 実際に使っているので、 使いやすさや使い方も 動画等で知ることが 出来ます。 最初の釣りで、 タックル選びに不安がある 初心者・入門者の方に おすすめの選び方です。

【選び方1】自分で一つ一つタックルを選択していく方法

タックルを選んでいく順番

この選び方では、
タックルを選択していく
順番があります。

左の図がその順番です。

ライトジギングの特徴や釣り方を知る事が出来る!

この選び方では、 ライトジギングの タックルの特徴を 知ることが出来ます。 そのため、ライチジギングの 特徴や釣り方など、 釣りに対する知識が 自然と身に付きます。

様々な選択肢から、自分のタックルを一つ一つ選べる!

様々なメーカーから、
様々なロッド、リールが
販売されています。

そのため、自分の予算に合わせて タックルを選択できます。 また、より自分が納得できる ロッド、リールを 選ぶことが出来ます。

買い替え時のことを考えて、釣り具のランクをタックルごとに選択する!

最初に予算があまりない場合、 ランクの低いライトジギング タックルを購入することに なります。 その場合、ロッドだけに お金をかけたり、 リールだけにお金を 掛けることで、 ハイランクのタックルを 揃える際に、購入する道具を 少なくすることが出来ます。

1-①釣る魚を決める!

まず初めに、釣る魚を決めます。

まずは、釣りたい魚を決めましょう!

釣る魚によって、最大の大きさ、
引きの強さ、生息する場所、
などが分かり、

使うタックルが決まります

釣る魚の大きさ

釣る魚が大きい程、 体重が重く、引きが 強くなります。 そのため、よりしっかりした タックルを揃える必要が あります。 また、魚が小さければ、 より快適に釣りをする タックルをそろえることが 出来ます。

釣る魚の引きの強さと引きのタイプ

【青物】 青物の引きは、とても強い引きが 長時間続きます。 しかし、根に潜ることがありません。 そのため、細いラインでもOKですが、 しかし、長めにメインラインを 巻かなければなりません。

【根魚】

根魚はヒットすると一気に
そこに潜っていきます。

そのため、力強いファイトが
求められます。

また、太いリーダーを用いて、
リーダーの根ずれを防ぎます。

しかし、一度根を離れると
あまり引きは強くありません。

魚の住む水深

【青物】

青物は表層~中層に
生息(回遊)しています。


【根魚】

根魚は、低層に生息しており、
上を通りがかった餌に
飛びつきます。

1-②使うジグを知る!

キャストする距離

基本的にジグは魚に関わらず、 遠投すればするほど良し! しかし!青物の場合、 ナブラ打ちをしたいので、 より遠投する必要になる 場面があります。

ジグの沈降速度

主に、ジグの重さによって
ジグの沈降速度が
決まります。

そのため、同じ潮流でも 根魚の場合は、 より重たいジグを使い (沈降速度速いジグを使い) 早く底を取ったり、 流されにくいジグを 使う必要が出てきます。

魚種別のジグの重さ

【シーバス】ルアーを多用する
      シーバスロッドでも投げれるような
      ジグの重さを使うことが多い。
      そのため、20g前後のジグを
      使うことが多い

【ヒラメ】…ポイントによって変わってきます。
      大型が狙えるポイントでは100g以下
      通常のポイントでは40g以下のジグ

【青物】……ポイントによって釣れる魚が
      異なるので、使うジグも異なる
      また、ライトジギングでは
      太刀打ちできないヒラマサや
      大型ブリなどがつれるポイントも
      あります。
      基本的に40g~100g以下の
      どちらかを選びます。

1-③使うジグをキャストできるロッドを選ぶ!

ライトジギングロッドの【MAXジグウェイト・硬さ】

yellowboy_ryoさんの投稿
14515701 1222520227806692 3514304926358437888 n

基本的にライトジギングで用いる ジグの重さは~100g以下です。 そのため、MAXジグウェイトが 40g、60g、80g、100gなど、 自分の使うジグの重さから ロッドを選んでいきます。

ライトジギングロッドの長さ

yasuhiro_osawaさんの投稿
15877214 454113978309600 7322154963134578688 n

ジギングロッドの長さは、 とても重要です。 ショアジギングでは基本的に 10フィートを基本的に。 オフショアジギングでは 基本的に6フィート前後の ロッドを選びます。 そこから、ポイントや 自身の体力を考慮して 数十センチずつ、 長さを決めていきます。

1-④狙う魚から使うPEラインを選ぶ!

魚の大きさとPEラインの太さ

出典: http://www.duel.co.jp

使うPEラインは魚の大きさや
使うジグによって決めていきます。

ライトジギングでは主に 1号~2号を使います。 大型が狙えるポイントでは PEラインの2号を、 シーバス狙いの時は PEラインの1号を 基本的に使います。

魚の生息するポイントとPEラインの太さと長さ

魚が生息するポイントによっては
根が厳しく、強引なやり取りが
必要であったり、


また、青物の場合は、
強烈な引きを強引に
止めなければならない時が
出てきます。

そのため、PEラインの太さは 大型底物≧大型青物>ヒラメ>シーバス といった風になります。 また、ライトジギングでは、 太刀打ちできない大物も 存在します。

魚の引きのタイプとPEラインの長さ

強烈な引きが長時間続く
青物系の場合、PEラインは
長く持ちましょう!

一般的には、ジギングの場合、 底物と回遊系(青物)を 一緒に狙っていきます。 なので、最低でも200mほど ラインが巻いてあると安心です。

1-⑤PEラインが巻くことのできるリールを選ぶ!

リールの番手とPEライン糸巻き量

リールのタイプ、番手によって PEラインの糸巻き量が決まっていきます。 基本的に、ショアジギングでは 太いPEラインを200m以上巻くので 通常の堀が深いスプールを 使います。 番手は、自分の使うPEラインが 200m巻ける番手を選びましょう!

【シマノ】リールの番手とPEラインの糸巻き量

出典: http://fishing.shimano.co.jp

PEライン1号220m→3000番 PEライン2号210m→4000番 主に3000番~4000番を使います。

【ダイワ】リールの番手とPEラインの糸巻き量

出典: http://www.daiwa.com

PEライン 1号200m→2500番

PEライン1.5号250m→3000番


主にダイワのリールでは
2500番~3000番を使います

【アブガルシア】リールの番手とPEラインの糸巻き量

出典: http://www.purefishing.jp

PEライン1.2号150m→3000番 PEライン1.5号150m→4000番 PEライン 3号200m→5000番 アブガルシアのリールでは 主に3000番~5000番の リールを選びます。

【ベイトリール】リールの番手とPEラインの糸巻き量

ベイトリールは 主にオフショアでの ジギングにおいて 用いられます。 オフショアジギングでの 【ベイトリールの特徴】は ①剛性が高い ②ハンドル長がながく、    巻き上げ力が強い! ③ルアーのキャスティングは不可! ④価格が高い!

【糸巻き量目安】

ベイトリールは
同じメーカーでも、
リールによって糸巻量が
変わります。

1-⑥ジギングタックルを揃えるための予算を決める!

最低限必要な費用は2万円弱!

ショアジギングタックルを
揃えるには、最低でも
2万円弱、1万8000円ほど
必要になります。

大体、ロッドが1万円 リールが6000円~8000円 のタックルが必要になります。 しかし、安いけれど (他の釣りに比べれば少し高い) しっかりとした釣りが出来る タックルです。 なので、初心者・入門者の方に おすすめできるタックルも 結構たくさんあります。

中級機が購入できる予算は5万円弱!

中級機を購入するには
最低でも4万円~5万円
必要になります。

大体、ロッドが2万円ほど、 リールが大体3万円弱ほど 必要になります。

ハイスペックモデルを購入できる予算は10万円以上!

釣り具メーカーが販売している
ハイスペックなタックルで
ショアジギングタックルを
揃えるには、10万円以上
必要になってきます

ロッドが5万円以上、 リールも5万円以上 掛かってしまいます。

オフショアのライトジギングタックルは高い!

naru_jiggerswさんの投稿
21576722 730280063822809 6196482629429100544 n

また、オフショアのライトジギングタックルは さらに高くなる傾向があります。 それは、オフショアのリール(ベイトリール)は 安いものがあまりありません。 お手頃なベイトリールが無い分、 費用が掛かります。

リールはルアー釣りに代用が効く!

ライトジギングで用いリールは
一般的なものなので、
他のルアー釣り、
(ミノーやプラグを使う釣り)で
用いることが出来ます

なので、高いリールを購入しても 他の釣りで使えるので、 少し高めのリールを 視野に入れてもいいかもしれません。

1-⑦予算の割り当てをする!

バランスよくタックルに予算を割り当てる

ロッド、リールを同じランクのもの
入門機同士、中級機同士など
そういう感じで揃えるのが
一番安くタックルをそろえることが
出来ます。

しかし、リーダーやラインは、 少し高めのものを購入することを おすすめします。

買い替え時のことを考えて、一つのタックルに予算を割り当てる

出典: http://fishing.shimano.co.jp

ある程度、予算がある場合には、
ロッドのみ、リールのみを
ワンランク上のものを
購入してもいいかもしれません。

ライトジギングにはまってしまうと、
やはり、良いものが欲しくなってきます。

とくにリールはいいものの方が 剛性、ドラグ性能がよく 大型の魚に対応できます。

タックルを安く抑え、余ったお金でジグ、リーダー等を買う!

タックルの費用を抑えることで、
ジグやリーダー、ルアーといった
他の釣り具を購入できます。

ジグやルアーは(多少リーダも) 様々な種類をそろえておくことが 望ましいです。 なので、タックルの費用を抑え、 ジグ、ルアー、リーダーを 各サイズ、各色そろえるのも 一つの買い方です。

【選び方②】メディアで使われているタックル一式を真似る!

様々なメディアでライトジギングタックルセットを紹介している

現在では、ネット上で 様々な釣りメディアが 存在しています。 そういったメディアを 通じで、タックル一式の 情報を得ることが出来ます。 釣りを始めてする初心者の方は この買い方の方が、 間違えは少ないかと思います。 紹介されているタックル一式は YouTubeの「釣りよかでしょう。」さんと 釣り具メーカーで紹介されている プロのタックル一式を紹介します。 初心者・入門者の方はぜひ、 参考にしてみてください!

2-①『釣りよかでしょう。』で使われているタックル

【財布に優しい!】釣りよかでしょう。のライトジギングタックルセット

釣りよかでしょう。さんでは、 とても財布に優しく、 しかし!しっかりとした タックルを紹介しています。 まさに初心者におすすめの タックルセットです。

紹介されたライトジギングタックルセット【よーらい】さん:計1万8000円

タックル紹介のほかに、 もう少しヘビーなショアジギングタックルの 紹介やメインライン、リーダーの紹介が あります。 とくにリーダーはふと目を使っている そうです。 大物も視野に入れて、 ライトジギングでも太めの リーダーを使うと、 予期せぬ大物に リーダーをスパッと切られて やり取りせずにバラス! ということも防ぐことが出来ます。

メジャークラフト|ソルパラ ライトショアジギングモデル SPS-1002LSJ
9,622円

初心者におすすめのロッドです。

楽天で詳細を見る
シマノ|16 ナスキー 4000XG 03576
9,533円

動画で紹介されているのは 2013年に発売されたモデルです。 そして、このシマノのナスキーは 2016年に新モデルが発売されました。 こちらも初心者におすすめのタックルセットです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
アマゾンで「シマノ リール 16 ナスキー 4000XG」の在庫を確認

紹介されたライトジギングタックルセット【きむ】さん:計2万3000円

タックル紹介の動画です。 タックル紹介のほかに、メインライン リーダー、ジグなども紹介してくれます。 とくに、リーダーは、他の釣りで 余ったものを使う! というのは、とても節約に なりますね!

メジャークラフト|クロステージ シーバス CRX-902ML
12,744円

こちらも初心者の入門機として いいかなと思います。 30g前後のショアジギングに最適で 他にもビッグベイトや大型メタルバイブなども 投げれる、凡庸性の高いロッドです。 なので、シーバスもショアジギングやりたい という方におすすめです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
シマノ|17 アルテグラ 4000XG 03649
20,520円

動画で紹介されているのは 旧型になります。 こちらのリールは2017年に 新モデルが発売されました。 また、このモデルから、ボディが しっかりしてくるので 大物も釣り上げることが 出来るかも!?

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

2-②『釣り具メーカー』などで紹介されているタックル

【高いけど性能◎】釣り具メーカーのプロが紹介しているジギングタックルセット

釣り具各メーカーでも、 初心者~上級者に向けて タックルセットを紹介しています。 メーカーとして、 シマノ・ダイワ・アブガルシアの タックルセットを紹介していきます!

【シマノ】ジギングタックルセット:計4万円弱

シマノが紹介する、初心者向けの タックル紹介とショアジギングの 解説動画です。

【紹介されたタックルセット】

シマノ|コルトスナイパー BB S906MH 37063
14,952円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

シマノが発売しているショアジギングロッドの 一番安いロッドで、初心者や入門機として 作られています。 レビューや評価もいいので、 初心者の入門機としておすすめです。 しかし、メジャークラフトのロッドに比べ 少し高いです。

シマノ|リール 15 AR-CエアロCI4+ C3000HG
36,720円

少しお高い中級機!

Amazonで詳細を見る

PE糸巻量(号-m)が1-400、1.5-270、2-180 であり、ちょうどライトショアジギングに おすすめのサイズ

【ダイワ】ジギングタックルセット:計3万円ほど

【みっぴ出演動画】DAIWA : THE FISHING 釣れまっせ!大阪湾ショアジギング
ダイワ|ジグキャスター MX 90MH 01474900
27,540円

ダイワのショアジギング用の入門機~中級機

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

この下位モデルのジグキャスターは もっと安く、初心者の入門機として人気!

ダイワ| 16EM MS3500H 00056278
16,848円

2016年にニューモデルが発売されました。

楽天で詳細を見る

ダイワの中級機セットで 上記のロッド、リールセットは おすすめです。

【アブガルシア】ジギングタックルセット

『Taku's Style ショアジギングの勧め!』(甲斐 拓也)
アブガルシア|ソルティーステージKR-X ショアジギング
34,452円

てもしっかりしたショアジギングロッド 初心者、そして中級者にもおすすめです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
ソルティーステージ スピニング|4000S
14,440円

楽天価格で『14,440 円』!

楽天で詳細を見る

アブガルシアは、低価格で高品質な 道具が多いので、 アブガルシアセットもおすすめ。

ライトジギングで他の釣りを楽しむ!

①ライトジギングで【プラグ】を楽しむ!

プラグはキャスティングするので スピニングリールを用います。 ベイトリールでは ルアー(プラグ)は 使うことが出来ません。

ルアー(プラグ)を使った トップゲームでは ジグにはない楽しみ、 トップゲームの 派手なベイトシーンが 見ることが出来ます!

ライトジギングで【タイラバ】を楽しむ!

出典: https://www.amazon.co.jp

タイラバはオフショアで
船から使う仕掛けです。

基本的にベイトリールで
タイラバは楽しむ釣りです。

なので、ロッドの MAXジグウェイトの 範囲内のタイラバを 選び、ジギングタックルで タイラバを楽しみましょう!

ベイトリールでなくてもスピニングで タイラバもすることが出来ます。 基本的には問題なく タイラバも楽しむ事が できるので、 タイラバ仕掛け、餌なども 一緒に準備しておくことが 好ましいです。

ライトジギングで【インチク】を楽しむ!

出典: http://fishing.shimano.co.jp

インチクは基本的には
オフショアで楽しみます。

しかし、キャスティング
(ショアから)でも
使うことが出来ます。

そして、ライトジギングの タックルでも使えます。 しかし、キャスティングを 行いたい場合は、 ベイトリールは使わず、 スピニングリールを 使います。 インチクも、餌を使うので ジギングで釣れない魚を 釣れる可能性があります。 なので、ジギングに行く際には インチク仕掛けと餌を 持っていくと、 魚の渋い時でも 釣果を上げることが 出来るかもしれません。

ジギングでしか狙えないポイントを探る楽しさ!

ジギングでは、ジグでしか届かない
ポイントにルアーを届けたり、

底から表層まで、ルアーで
魚を狙うことが出来ます。

つまり、他のルアー釣りに比べ 広い範囲を探ることが出来ます。 誰もが攻めたことのない ポイントにルアーを投げ入れ 自分だけの釣りポイントを 見つけ出すことも出来るかも しれません。 ルアー釣りの醍醐味である 広範囲にポイントを探る!その究極系の釣りである ジギング。 そして、大小様々な魚がターゲットの ライトジギング!

さらに幅広い魚を狙い、 ポイントを探っていく ライトジギングを ぜひ、楽しんでください!

ライトジギングの次は、もっとヘビーなジギング釣りへ!

出典: http://fishing.shimano.co.jp

そして、ライトジギングでは
釣り上げることのできない
大物が現れた際には、
ジギングタックルも
揃えて、さらに大きな
大物を狙いましょう!

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ