シマノ「コルトスナイパー」シリーズおすすめ厳選!これでショア攻略!のイメージ

シマノ「コルトスナイパー」シリーズおすすめ厳選!これでショア攻略!

シマノのショアからのジギング・キャスティングゲーム用のロッド『コルトスナイパー』シリーズ!このシリーズは様々なシチュエーションに応じて、適切なロッドを選べます。今回、このシマノの『コルトスナイパー』シリーズから、シチュエーション別におすすめロッドを紹介します!

2018年12月09日更新

siosaikouen
siosaikouen
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 【シマノ『コルトスナイパー』シリーズは3種類!】
  2. ー①お手頃モデル!『コルトスナイパーBB』新品価格1万5000円ほど
  3. ー②タフなショアゲームに!『コルトスナイパー』新品価格2万5000円ほど
  4. ー③大型スプリンター対応!『コルトスナイパー エクスチューン』新品価格4万5000円ほど
  5. 【どのようにロッドを選ぶか?ー①長さー】
  6. →サーフのみのキャスト→10フィートでもOK!
  7. →【堤防、磯に降りるときは短い方が無難!】
  8. 【どのようにロッドを選ぶか?ー②硬さー】
  9. シマノ「コルトスナイパー」の評価・インプレッション
  10. サーフからライトジギングゲームには「10フィート」「M」
  11. 離島・沖磯からのキャストゲーム・ジギングには「硬さ・H」のロッド
  12. 通常のショアジギングゲームには「硬さ・MH」のロッド
  13. 『コルトスナイパー』はシーバスには使えるのか?
  14. シーバスロッドでショアジギングは出来るのか?
  15. ショアキャスティングゲームには夢がある!

【シマノ『コルトスナイパー』シリーズは3種類!】

出典: https://www.naturum.co.jp

シマノ産!ショアジギングロッドは様々な価格帯から選べる!

シマノのショアキャスティングゲームに 特化したロッド『コルトスナイパー』ですが コルトスナイパーには3種類のランクがあり、 それぞれにロッドの長さ、硬さが異なる ロッドがあります。 ロッドの種類が多く、 ショアキャスティングゲームを 初めてする方には、 どういう基準で選べばいいのか? そういった疑問を解決していきたいと 思います。 基本的にはロッドを選ぶ際には、 予算とショアキャスティングゲームをする シチュエーション、使うプラグなどを 考えて、ロッドを選びます。 はじめに、コルトスナイパーシリーズの ランク・価格を紹介していきます!

ー①お手頃モデル!『コルトスナイパーBB』新品価格1万5000円ほど

シマノのお手頃高スペック『BB』シリーズ!

出典: http://fishing.shimano.co.jp

入門者向け!「コルトスナイパーBB」

BloodBrother「血のつながった兄弟」の 頭文字をとったBBシリーズ。 BBシリーズは、存在するシリーズの 廉価版としてシマノから リリーズされています。 なので、コルトスナイパーの 廉価版がコルトスナイパーBBと なります。

『Xハイパワー』搭載!

出典: http://fishing.shimano.co.jp

ロッド全体で力を出す!

ハイパワーXはロッドに
左回り、右回りの
両方向から、カーボン繊維を
巻き付ける構造のことです。

このXハイパワーのおかげで ロッドのねじれを防ぎ、 また少し曲げた状態~ 限界まで曲げた状態まで 力を発揮できます。

品番一覧6種類

長さが9フィート、9.06フィート 10フィートの3種類あります。 また、硬さがM~MH~Hの 三種類あります。 合計で6タイプのロッドが あります。

品番 全長(m) S900M  2.74 S906M  2.9 S1000M  3.05 S906MH  2.9 S1000MH 3.05 S1000H  3.05

ー②タフなショアゲームに!『コルトスナイパー』新品価格2万5000円ほど

シマノのキャスティングゲームの為のロッド!

出典: http://kakaku.com

定番ショアジギングロッド!「コルトスナイパー」

コルトスナイパーはショアからの
キャストゲームのロッドで、
価格帯は中級者に向けて
作られています。

なので、多くの要望に 答えられるように 多くの長さ、硬さの ロッドがあります。

追加機能『Xスパイラル』

出典: http://fishing.shimano.co.jp

さらにパワーを、さらにねじれない!『スパイラルX』

スパイラルXは、ロッドの内側、
ロッドの外側に、さらにカーボン繊維を
それぞれが互い違いになるように
巻き付けたものです。

xハイパワーよりもパワーがあり、 ねじれに強く、キャスト性能が アップしました。

品番一覧10(13)種類

コルトスナイパーには、 長さ、硬さが異なるロッドが 10種類あります。 また、最近発売された3ピースモデルを 含めると、13種類あります。 長さが、9フィート、9,06フィート、10フィート 10,06フィートの4種類、 硬さがM~MH~Hの3種類あります。

品番 全長(m) S900M 2.74 S906M 2.9 S1000M 3.05 S906MH 2.9 S1000MH 3.05 S906H 2.9 S1000H 3.05 S1006M 3.2 S1006MH 3.2 S1006H 3.2

3ピースモデル(仕舞い寸法106.7cm) 1000MH-3 3.05 S1000H-3 3.05 S1000XH-3 3.05 3ピースモデルでは、 磯釣り師のロッドケースにも 入るサイズになっています。

ー③大型スプリンター対応!『コルトスナイパー エクスチューン』新品価格4万5000円ほど

いつもは切られてしまうような大物を仕留める!

出典: http://fishing.shimano.co.jp

ハイスペックモデル!「 コルトスナイパー エクスチューン」

よりハイスペックに、 まだ見ぬ大物と出会うための ショアキャストゲームのための ロッドです。

追加機能『マッスルカーボン』

出典: http://fishing.shimano.co.jp

より密度の高いカーボンロッド!『マッスルカーボン』

マッスルカーボンとは
より細かく密度の高い
カーボン繊維を
編み込んで作られた
ロッドです。

なので、よりしなやかに、 より力ずよくなっています。

品番一覧3種類

コルトスナイパーエクスチューンには 硬さが「H」の1種類のみで、 長さが 9,08フィート 10.02フィート、 10,06フィート の3種類あります。

品番    全長(m) S1006H/PS  3.2 S1002H    3.1 S908XH    2.95   

【どのようにロッドを選ぶか?ー①長さー】

yuuutan15さんの投稿
21433938 1792369841053300 6366471284611612672 n

ショアキャスティングゲームを 始めたい方には、どのような長さ、 どのような硬さを選べばいいのか とても悩ましいと思います。 なんせ、10㎝程度の長さの違いが どのように影響するのか? 最初は違いが判りません。 一つ一つ丁寧に ショアキャスティングゲームの ロッドの選び方を解説していきます!

ロッドが長いほど遠投できる!

出典: http://www.jackson.jp

ロッドが長い程
同じ重さの
プラグ・ジグを
長い距離を
キャストすることが出来ます!

手元が同じ速度でも、 半径の大きい方が、 竿先の軌道の長さが 長いので、 その分、ルアーが 加速されるため 遠投できます!

ロッドが長いほど邪魔になる!

しかし、遠投できる
長い竿は、磯やテトラの
ポイントでは、
キャスト時に
背後の障害物に
邪魔になることがあります

そのため、ロッドの長さは、 自分のポイントにあった 長さを選ばなければなりません。

ロッドが長い程、足元の岩、足場の高さに対応できる!

ここに追加
ロッドが長いと、
足元の根や
足場の高さなどに
対応することが出来ます。

磯などのポイントで、 障害物が少ない場所では 長いロッドを好む人が 多いのも、 これが大きな理由です。 また逆に、オフショアでは、 少し短いロッドが好まれます

見逃してはいけない!【リールシート位置】!!

出典: http://www.jackson.jp

リールシートの位置は
ロッドの底部分からの
リールの位置を表しています。

『リールシート位置が高すぎる』 →キャスト時に邪魔になる 『リールシート位置が低すぎる』 →アクションしずらい →キャスト時に力を伝えにくい なので、これは買ってみてから、 店頭で触ってみてからしか 感じることが出来ません。 なので、実際にルアーをキャスト してみると、なんか違う気がする ということもあるかもしれません。 だいたい50㎝前後が一般的に なっています。

→サーフのみのキャスト→10フィートでもOK!

サーフ・砂浜には障害物がない!

サーフ・砂浜には、
障害物がありません。

なので、キャスト時には
後ろの障害物を気にせずに
フルキャスト出来ます。

なので、長くて扱いやすいロッドの長さ 10フィートのロッドを選びます。

思い切って遠投できる!

10フィートのロッドは、 短いロッドに比べて プラグ・ジグを遠投できます。 そのため、10フィートのロッドが 様々なシチュエーションで 好まれています。 しかし、堤防や磯などで、 背後に障害物がある ポイントでは 10フィートのロッドは あまり使われません。

→【堤防、磯に降りるときは短い方が無難!】

背後のテトラ、岩がキャスティングに邪魔になる!

急な斜面になっているテトラや
磯では、10フィートのロッドでは
キャストしづらい場面が
出てきます。

そのため、その時には 9フィートのロッドを 選びます。 10フィートのロッドを 後ろの障害物を 気にしながらキャスト するよりも、9フィートの ロッドでフルキャストした方が プラグ・ジグを遠投できます!

ポイントによって、異なるので、多くのポイントでキャスティングしたいなら短い方が無難!

karen_yamanashiさんの投稿
21294901 1884582515203363 7799821219838033920 n

様々なポイント、堤防、磯へ 降りる方なら、 9フィートのロッドが 扱いやすく、 初心者におすすめのロッドです。 しかし、 ショアキャスティングゲームに はまっていくうちに、 より長いロッドが 欲しくなっていくのも 事実です。 なので、ショアキャスティングゲームを 極めたい人は、最初に10フィートのロッドを 購入しても良いかもしれません。

【どのようにロッドを選ぶか?ー②硬さー】

「ロッドの硬さ」=「キャストするジグ・プラグのウェイト」

ロッドの硬さで一番変わってくるのは
キャストできるジグ・プラグの重さです。

①釣れる魚を選ぶ ↓ ②釣行するポイントを選ぶ ↓ ③ロッドの長さ・硬さを選ぶ ということになります。

【ジグの重さ】=【ポイントの水深と潮流】

ここに追加
では、ジグの重さはどう選べばいいのか?

一般に、ジグの重さは ①ポイントの水深 ②ポイントの潮流 によって決めます。

30gのジグ→①潮流の緩いポイント、②水深が浅いポイント

ショアジギングをするにあたって、
30g前後のジグは、浅瀬や
潮流の緩いポイントで
使います。

なので、
潮流の緩いポイント→湾内での釣行

を考えている方は
硬さが「M」のロッドを
選びましょう。

逆に、 潮流の早いポイント→外洋に面したポイント などでは、重たいジグでないと そこを取ることが出来ないので、 60g~100gのジグを使います。 そのため、ロッドの硬さが「M」では 満足に釣りが出来ません。

40~70gのジグ→①潮流が速い、②水深が深いポイント

潮流が速い、水深が深いポイントでは
ジグの重さが40g~70gのジグを使います。

なので、竿の硬さが「MH」または「H」の
ロッドを選びます。

70g以上のジグ→①潮流がとても速い、②水深が超深いポイント

とても水深が深いポイントや潮流の早い
ポイントでは、100gのジグを使い
ジギングをすることがあります。

そのため、ショアジギングを 快適に楽しむためにも 硬さが『H』のロッドを 選びます。

【プラグの重さ】=【プラグの大きさ】【沈降速度】など

出典: https://www.naturum.co.jp

プラグの重さはどう選ぶのか?
実は、プラグの重さは

①プラグの大きさ
②沈降速度

などに影響します。

よって、ロッドに合わせた プラグを選びます。 プラグの種類は、様々なメーカーから 数多くの種類が出ていますので、 ①ジグに合わせてロッドを選び、 ↓ ②その次に使えるプラグを選びましょう!

通いたいポイントの適合したジグの重さを知る!

初心者の方では、 ポイントにあったジグのウェイトは あまり知らないことが多いと思います。 なので、 『ポイントに通うアングラーに聞く!』 ということが一番間違いないロッド選び・購入に 繋がります。 なので、ポイントへ出向き、 勇気をもって、声をかけてみましょう! 心優しいアングラーならば、 平均的なジグの重さを教えてくれると 思います。

シマノ「コルトスナイパー」の評価・インプレッション

出典: https://www.amazon.co.jp

アマゾンやネット上のインプレッション
評価を集めてみました。

購入の際の参考にしてみてください。

コルトスナイパー エクスチューンの良い評価・インプレ

・めちゃくちゃ飛ぶ!

・普通のルアーロッドを使っている方には
 「H」はめっちゃ固く感じる。しかし、ジグが
 めっちゃ遠投できる。

コルトスナイパー エクスチューンの悪い評価・インプレ

悪い評価・インプレはありませんでした。
価格が高い分、性能は申し分ない
ということだと思います。

コルトスナイパーの良い評価・インプレ

・すべての評価・インプレが高評価
 星5でした。

飛距離、使い勝手、耐久性など すべてにおいて満足という声が 多かったです。

コルトスナイパーの悪い評価・インプレ

・いい竿ですが、重心が少し後ろにあれば

という評価・インプレが1つだけありました。

コルトスナイパーBBの良い評価・インプレ

・コスパが最強で、使いやすく、買ってよかった

・最初の一本に最適

・飛距離が最高!

というインプレが9割でした。 また、初めてショアジギングを始めた! という方の声が多かったです。

コルトスナイパーBBの悪い評価・インプレ

・スペック表の値では「ジグのマックスウェイト:100g」
 だったが、ちょっと投げる時に不安になる。

・ロッド袋がない

という評価・インプレがありました。 しかし、総合すると、良い評価の方が ダントツに多いでした。

サーフからライトジギングゲームには「10フィート」「M」

シマノ|コルトスナイパー BB S1000MH
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
ナチュラムで価格をチェック!

サーフからのライトジギング・キャスティングゲームには コルトスナイパーシリーズの中で 長さ「10フィート以上」 硬さ「M」 のロッドがおすすめです! それは、ライトジギングでは 30g前後のジグを用いるので 硬すぎる竿では アクションが難しくなります。 そのため、 【サーフからのライトジギング】→【10フィート・硬さM】 を選ぶのが無難です。

離島・沖磯からのキャストゲーム・ジギングには「硬さ・H」のロッド

シマノ|コルトスナイパー S906H
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
ナチュラムで価格を見る!

沖の磯などの 潮流が速いポイントでは 場合によっては100gの ジグを使ってジギングを することもまれでは ありません。 そのため、100gのジグが投げれる 硬さ『H』のコルトスナイパーを 選びます。 長さは、ポイントによって 使いがってが変わるので ポイントによって変わります。 また、掛けた大物を仕留めるためにも コルトスナイパー、あるいは コルトスナイパー エクスチューンを 使いたい!

通常のショアジギングゲームには「硬さ・MH」のロッド

シマノ|コルトスナイパー BB S1000MH
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
ナチュラムで価格を見る!

通常のショアジギングには、 硬さ「MH」のロッドが無難です。 ジグの重さが「MAX80g」まで 使え、また、硬さ『H』に比べると アクションがしやすくなります。 なので、一般的なショアジギング・ キャストゲームには硬さ『MH』の コルトスナイパーがおすすめです! また、入門者には コルトスナイパーBBが おすすめです。

『コルトスナイパー』はシーバスには使えるのか?

正直7~10gのルアーなどを投げるのは困難!

ショアジギング用のロッド
『コルトスナイパー』シリーズでは
正直10g前後のミノーやルアーを
キャストするのは難しく
ストレスがたまります。

なので、主にルアー・ミノーを キャストするシーバスゲームでは 「コルトスナイパー」は おすすめではありません。 ルアー専用ロッドとは ジギングロッドと別と 考えましょう!

シーバスロッドでショアジギングは出来るのか?

シーバスルアーロッドでは柔らかすぎる!

シーバスロッドの中にも
硬い竿があると思います。

しかし、50gを超えるジグを キャストするにはやはり 10g前後のルアーを キャストする シーバスロッドは 柔らかすぎます。 シーバスロッドのスペックを きちんと確認すると、 ルアーウェイトに 80gなどはあまりありません。 なので、ショアジギングを するためには、 きちんとショアジギング用ロッドを 買いましょう!

ショアキャスティングゲームには夢がある!

ショアキャスティングゲームでは 大型の青物である 「ヒラマサ」「ブリ」「シイラ」 「カツオ」そして「GT」も 狙うことが出来ます。 また、大型の底物も狙うことが 出来ます。 ルアーをされている方、 そうでない方も、 この大型の海水魚を ルアーで狙う キャスティングゲームを 一度やってみましょう! その魅力にとりつかれることが 分かると思います。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ