観葉植物にわく虫の種類は?虫除け方法と駆除対策をご紹介!!

観葉植物にわく虫の種類は?虫除け方法と駆除対策をご紹介!!

観葉植物を育てる中で1番ショックことは「害虫に侵されてしまう」事です。今回は薬品だけでなく自宅にある手軽なもので、害虫駆除と効果・予防・対処方法などをご紹介します。観葉植物を元気に育てたい方には是非ご覧いただきたいです。

記事の目次

  1. 1.観葉植物の害虫とその予防!!
  2. 2.観葉植物につく害虫の種類と予防と対処
  3. 3.観葉植物の薬を使わない虫除け予防・駆除対策
  4. 4.観葉植物の土と肥料の虫除け予防!!
  5. 5.大事な土の6要素 害虫抵抗力と予防効果
  6. 6.観葉植物の土壌汚染対策
  7. 7.適量の肥料を=害虫対策~追肥5月から9月のみ~
  8. 8.観葉植物の害虫に効くダントツ
  9. 9.家庭で作れる観葉植物虫除け駆除・予防薬
  10. 10.観葉植物に使える「虫除け駆除対策」としての焼酎
  11. 11.観葉植物にも効果あり 「えひめAI」とは?
  12. 12.観葉植物と木酢水の効果
  13. 13.少し変わった観葉植物の虫除け対処
  14. 14.見直されるファイトレメディエーション
  15. 15.観葉植物「虫除け対処法」~剪定~
  16. 16.まとめ

観葉植物の害虫とその予防!!

観葉植物の栽培などで油断できない大敵は「虫」の発生です。日頃から丹念に手入れをしていた ものが突然しおれたり、腐敗枯死するなど致命的な被害にあうことが多いです。 特に観葉植物は、葉一枚でも鑑賞になる分、虫にかじられたり、病気に襲われ美観が損なわれると 価値がなくなってしまいます。そこで、このような被害に合わないためにも、害虫の特殊性と 被害に合わないためには、どうしたらいいか、また被害にあった場合のケースも合わせて、 ご紹介します。

観葉植物の虫除け予防対策

1、健康に育てて予防する。 健康な身体作りは良い環境から。それぞれの植物にあった日照条件の場所・通気性が良い場所などをしっかり把握しイキイキと育ててあげましょう。 2、清潔に保つこと。 1ヶ月に1回は、植物全体に散水してあげましょう。葉に着いたホコリや汚れを洗い流しましょう。枯れ葉を取りき、ソフトな濡れた布で、葉の表裏を拭いてあげたり、フォークなどで土の表面を軽く耕してあげましょう。 3、薬を使わない虫除け対策を心がけしましょう。 室内ですから、出来れば「薬」は避けたい所です。他の植物に感染してしまう前に早く捕殺し、 被害部分は除去。

観葉植物につく害虫の種類と予防と対処

コナカイガラ虫

カメムシ(半翅)目コナカイガラムシ科  《加害》葉・枝・果実 被害 雌成虫は3~4mmの楕円形で白色のロウ物質で覆われている。幼虫と雌成虫が枝、葉、果実に寄生する。枝の分岐部、葉の重なった部分などに発生する。大量の排泄物が、果実や葉にすす病が発生する原因となる。発生量が多いと新梢の生育が停止し、枝の枯死を引き起こす。 発生 主に1~2齢幼虫が幹や枝の割れ目や分岐部、葉と葉の重なったところで越冬する。雌は3齢を経過した後に成虫になる。1齢幼虫~雌成虫の各発育態とも歩行移動する。雌成虫は短期間に産卵して白い綿のような卵のうを形成する。主に施設栽培で問題になる害虫である。 駆除方法 幼虫発生時期(露地では6月中下旬と8月中下旬)に登録薬剤の散布を行う。多発している場合には散布前に多発枝を切除する必要がある。 薬剤(農薬) アクタラ、アプロード、アルバリン、オリオン、コルト、スタークル、スプラサイド、ダントツ、モスピランなど。薬剤を使用せず駆除する場合は、木を傷つけない様に歯ブラシでこすると良い。

アブラ虫

被害 茎や葉に口針を差し込み、汁液を吸収し、生育遅延や葉の萎縮等の被害をもたらす。また、排泄物による汚れが、すす病などの間接的な被害もでる。さらに、ウイルス病の媒介者としても注意が必要である。 駆除方法。 防虫網、シルバーマルチ等で有翅虫の飛来を防止する。捕食性天敵としてクサカゲロウ類、テントウムシ類、ヒラタアブ類などが見られるときは天敵に影響の少ない殺虫剤を選択した方がよい。また、アリが盛んに行き来をしているようならアブラムシの発生を疑いましょう。 薬剤(農薬) アクタラ、アドマイヤー、ウララ、オルトラン、ダントツ、チェス、マラソン、モスピラン、ロディー等。同じ成分の殺虫剤を連用し続けないように注意する。 化学的なものを使用せずに除去する場合、脂肪分の多い牛乳を薄めたものを霧吹きで散布すると、牛乳が乾燥するときにアブラムシの気門を塞いで窒息死させるので有効であると言われたことがある。同じ原理を利用し、濃度調整したでんぷんや食用油脂を主成分としたものや、木酢液やガムテープなどを使用し駆除もできる。

ハダニ

被害 葉裏に寄生して汁を吸うため、葉の表面から見ると、吸われた部分の葉緑素が抜けて、針先でつついたような白い小斑点を生じます。数が少ないと判別しにくいですが、数が多くなると白くカスリ状にまとまって見えるため、この時点で気がつくことが多いです。被害が進行するに従って葉色は悪くなり、草花や野菜では落葉して枯れることもあります。庭木などでは枯れることはありませんが生育が悪くなり、葉色もさえないため美観が損なわれます。 駆除方法 水に弱いため、定期的に葉裏に散水して寄生数を減らすことはできますが、室内や雨の当たらない軒下などの植物は被害の進行が速いので特に注意が必要です。「ハダニの専門薬」で退治します。応急処置的に使用するのであれば、パイベニカVスプレーやベニカXファインスプレーが便利です。

観葉植物の薬を使わない虫除け予防・駆除対策

害虫は「キラキラ」が苦手!!

野菜や観葉植物に集まる害虫の多くは黄色・緑色を好みます。 キラキラ輝く物・銀色・白は「アブラ虫・アザミウマ」を 防止する効果が高いです。アブラ虫が媒介するウィルス病の 生育初期の予防として効果的です!! ●農家さんがやっているキラキラテープ ●100均で売っている光もののオブジェ ●レースカーテンの活用 ●素焼きの鉢にキラキラのマスキングテープを張る などなど、対処方法は沢山あります。

観葉植物の土と肥料の虫除け予防!!

1、土は植物の住まいです。 鉢に植えられた植物は限られた量の土で生きなければいけないので特に「土作り」は大切。 自分でブレンド(上記:多肉植物に観葉植物の土を使用)鉢底には、水はけをよくするため 「軽石」や「市販の鉢底石」を入れておきましょう。

大事な土の6要素 害虫抵抗力と予防効果

窒素:N:arrow_right:植物の生育に最も大きく関わる養分で、茎葉を身長させ葉色を濃くするので     「葉肥」とも言われる。      ㊟:過剰に入れると病中害を誘発する。 リン酸:P:arrow_right:開花・結実を促進し「実肥」とも言われます。土作りの初めに窒素を少な目に       リン酸を多めに。       初期生育のスターターとして重要な養分。 カリウム:K:arrow_right:根の発育を促進し「根肥」とも言われ、病害や寒さに対する抵抗力をつけます。 カルシウム:Ca:arrow_right:根の身長を促す。植物のカルシウム濃度が高まると病害抵抗も高くなる。 マグネシウム:Mg:arrow_right:葉緑素の成分になり、活性酸素の毒を抑える。 イオウ:S:arrow_right:作物にはリン酸並みに必要で、イオウが不足すれば作物は軟弱になる。 ●観葉植物が、病気や害虫にやられない為にも。この6要素を欠かせない様にしましょう。

観葉植物の土壌汚染対策

太陽熱消毒(夏にしかできない方法)

(土壌汚染) 土壌の中にいる病原菌(糸状菌・細菌・ウィルス)が主に根部で植物に感染する病菌です。 下記のような病気がでた場合には、土の中に病原が残り、病害の拡大、伝染を防ぐ為に 土を消毒する必要があります。新しい土にしてしまえば問題ないですが、捨てる場所がない場合 これを活用してみて下さい。

太陽熱で、土壌温度を高めその熱で土を消毒する方法の事です。土のリサイクル利用に便利です。 (作り方) 1、植物を育てる底土をビニール袋に入れ(なるべく空気をいれない) 2、約1ヶ月そのままの状態、ビニール袋の中40~50度で病原菌は死滅します。 3、それに綺麗な培養土を加えて再利用と浄化もできます。

熱水消毒

100均のレジャーシートの上に底土をトンボで平らに広げます。 熱湯90度以上の熱湯をかけ、その上に透明のビニールシートを 風に飛ばされないように、四方を釘で打ち込み、土が乾くまで 放置しておく。乾いたらリサイクル利用できます。

適量の肥料を=害虫対策~追肥5月から9月のみ~

無機質肥料:速効性(液肥)と緩効性(固形)がある。

●ハイポニカ:無機質肥料(速効性)

植物の生長には多量要素(窒素・リン・カリウム)中量要素(カルシウム・マグネシウム)微量要素(硫黄・鉄・マンガン・ホウ素・亜鉛・銅・モリブデン)その他にもたくさんの肥料成分が必要です。   小さな鉢やプランターで栽培していると観葉植物の生長とともに土に含まれていた中量要素や微量要素がなくなっていきます。それでも同じように土用の液体肥料だけを使っていると当然中量要素や微量要素の欠乏症が出て植物の生長は悪くなってしまいます。ハイポニカには全ての土の「6要素」が含まれています。 部分的に使用する薬よりも、全体的にどの栄養素が不足になってしまっても、害虫発生率が大きくなります。 そんな時はぜひハイポニカ肥料をご利用ください。しかも「害虫予防」にもつながります。

●ハイポネックス:無機質緩効性(粒状)

商品説明 「ハイポネックス 錠剤肥料 観葉植物用 70g」は、土の上に置くだけの簡単な、錠剤タイプの肥料です。葉の色を鮮やかにし、丈夫に育てます。早く効く成分(速効性)とゆっくり効く成分(緩効性)を配合しているので、安定した効果が約1ヶ月間持続します。臭いも無く清潔なので、玄関先や室内でも安心。かわいいハート型の錠剤がインテリアにもぴったりです。 使用方法 【使用量】 (鉢植え) 2-3号鉢:1錠、3-4号鉢:2錠、5-6号鉢:4錠、7-9号鉢:6錠 【使用方法】 ●土の上に置いてください。 ●錠剤と錠剤の間隔は離して置いてください。 ●植物に直接触れないように、鉢の縁近くに置いてください。 ●肥料を置いた後は、水をたっぷりと与えてください。 ●約1ヶ月ごとに新しい錠剤を与えてください。 ●植えつけ、植え替えをした植物には1ヵ月後から与えてください。

~どちらもお値段的には500円~1000円程度で購入できます。~

観葉植物の害虫に効くダントツ

●幅広い殺虫スペクトラム  幅広い殺虫スペクトラムを有し、アブラムシ、コナジラミ、スリップス、ハモグリバエ、  ホソガ、  ハモグリガ、シンクイムシ、カメムシ、カイガラムシ、カミキリムシ、ウンカ、  ヨコバイなど果樹  ・野菜・茶・水稲の幅広い害虫に優れた効果を発揮します。 ●優れた浸透移行性  浸透移行性があるので、葉裏や次々と伸びる新梢に寄生するアブラムシ類やミカンハモグリ  ガに対しても高い効果を示します。 ●長い残効性  2000倍から4000倍の茎葉散布で、残効性に優れ、2~3週間高い防除効果を示します。 ■適用病害虫・雑草■ ウンカ類、 ツマグロヨコバイ、 カメムシ類、 イネドロオイムシ、 フタオビコヤガ、 イネミズゾウムシ、 ミナミキイロアザミウマ、 アブラムシ類、 コナジラミ類、 トマトハモグリバエ、 ウリハムシ、 マメハモグリバエ、 ハモグリバエ類、 テントウムシダマシ類、 ナモグリバエ、 アオムシ、 コナガ、 ネギアザミウマ、 ネギハモグリバエ、 テンサイトビムシ、 カメノコハムシ、 テンサイモグリハナバエ、 カメノコハムシ、 マメシンクイガ、フタスジヒメハムシ、 クワイクビレアブラムシ、 ジュウシホシクビナガハムシ、 ナスコナカイガラムシ、 キンモンホソガ、 ギンモンハモグリガ、 シンクイムシ類、 コナカイガラムシ類、 リンゴワタムシ・ケムシ類、 チュウゴクナシキジラミ、 モモハモグリガ、 コガネムシ類、 オウトウショウジョウバエ、 ケシキスイ類、 チャノキイロアザミウマ、 フタテンヒメヨコバイ、 ブドウトラカミキリ、 カキノヘタムシガ、 カキノヒメヨコバイ、 ミカンハモグリガ、 コアオハナムグリ、 ツノロウムシ、 ゴマダラカミキリ、 アゲハ類、 アカマルカイガラムシ、 ミカンバエ、 ミカンコナジラミ、 ミカンキジラミ、 アザミウマ類、 ナガカタカイガラムシ、 ヒラタカタカイガラムシ、 オリーブアナアキゾウムシ、 チャトゲコナジラミ、 マダラカサハラハムシ、 チャノミドリヒメヨコバイ、 チャノホソガ、 コミカンアブラムシ、 ツツジグンバイ ●お値段1500円~2000円の間で購入できます!!●

オーガニック虫除けスプレー

【商品説明】 植物は環境の変化や外敵から身を守る(自己防衛)ための 成分を自ら作り出す力を持ち合わせています。 それが特に強力で代表的なものに、 ニンニク・ワサビ・トウガラシ・ヨモギなどがあります。 虫スプレーは、作物の自己防衛力を高めることを目的とした植物保護資材です。 JAS規格適合品ですので、安心・安全にお使いいただけます。 【商品詳細】 容量/500ml 成分/植物抽出液・・・ニンニク、ワサビ、トウガラシ、ヨモギなど植物エキス 【特徴】 ・虫が嫌う、植物エキスです。 ・植物がつくり出す自然の成分の効果により、大切な野菜や花を保護します。 ・苗が小さい頃から使用することで、より虫に強い植物に育ちます。 ・天然物100%の植物抽出エキスなので、安全性の高い商品です。 ・農薬ではありません。

家庭で作れる観葉植物虫除け駆除・予防薬

1、ニンニクスライス(すりおろしでも可):arrow_right:水にいれて葉の表裏にスプレー:効果有り。 2、ビール酵母(普通のビールで可):arrow_right:カーゼに浸みこませ葉の表裏を拭く:効果有り。 3、食酢(希釈で200~300倍):arrow_right:霧吹きで葉の表裏にスプレー:効果有り。 4、コーヒーの殻:arrow_right:乾燥させて、鉢土の茎から離れた場所に蒔く、ナメクジ対処:効果有り。 意外と簡単にできる「虫除け効果」知っている方も知らなかった方も多いと思いますが 簡単な家にあるもので対処できる「虫除け駆除・予防」試してみてください。 ニンニクは匂うので、それだけはご勘弁下さい。

観葉植物に使える「虫除け駆除対策」としての焼酎

一部の農家や観葉植物に利用され、効果のでている「焼酎」 「アブラ虫・カイガラ虫」の駆除に効果の高い「焼酎」です。 (上記の写真)それに鷹の爪うを入れ使用して虫除け・駆除など効果があります。 これを葉の表裏や、カイガラ虫の発生する茎枝の分かれ目・葉枝の間に散布すると かなりの効果が得られます。 ●本当は「特定農薬」に指定されるはずだった「焼酎」 宗麟水産省が「エチレン」「次亜塩素水」として、虫の駆除・予防にと提案までいきました。 (それだけ、アブラ虫・カイガラ虫駆除効果があるということですね) しかし、全国酒造連合会から「印象が悪くなる」との理由で 「特定農薬」にいかなかったのです。

観葉植物にも効果あり 「えひめAI」とは?

「えひめAI」とは? 納豆・ヨーグルト・ドライイースト・砂糖・水を混ぜ合わせた菌液の事です。 使い道としては「トイレの匂い消し」「葉の表裏の害虫対処溶液」「農業利用」 と幅広いものです。 (不確かな事も多いですが) 1、うどんこ病が止まった。  2、コナジラミのベタベタを分解した など、使用者から続々と、効果が報告されている「虫除け駆除液」でもあります。 皆様も使用してみての、効果をお聞かせ頂ければ嬉しいです!!

(材料) ●納豆:0,1粒 ●ヨーグルト(飲むのでも可):25g ●砂糖:15g  ●ドライイースト:5g ●お湯:250ml (作り方) 1、だまになるので先に砂糖・ドライイーストをボウルに入れ混ぜる。 2、ヨーグルトを入れる 3、納豆を入れる(植物に使うなら粒のまま・消臭につかうなら茶こしでネバネバだけでOK) 4、お湯を加え、ドロドロになるまでよく混ぜる。 5、じょうごを使ってペットボトルに入れて、ペットボトルホルダーで保温する。   (仕込んだ後、ブクブク発酵し始めるのでフタは緩めておく) 6、24時間置き、舐めて酸っぱくなっていたら完成。水を500mlまで足す。   (雑菌侵入防止のためしっかりフタをする)

観葉植物と木酢水の効果

木酢液とは?:arrow_right:防虫のほか、土の微生物を活性化させたり、消臭に使ったりすることができます。        希釈濃度を変えることによって、万能に使える液のようです。 防虫効果には:arrow_right:500から1000に薄めるのが効果的です。 (作り方) 100均で購入したスプレーボトル380mlなので、0.38グラムで、1000倍です。 350mlくらいで考えて、500~1000倍とすると、だいたい、0.35~0.7グラムの範囲ということになります。 とても少量ですね。 そんなわけで、スプレーボトルの中にスプーンで入れてみることにします。

本当に少しですね。これに水を約380グラム入れます。 1、葉の表裏に散布。 2、鉢土の周囲に散布。 「木酢液」は万能です。ただし「スモーク」=焼いた後のニオイがします。 これも効果はありますので、お試しください。

少し変わった観葉植物の虫除け対処

コンパニオンプランツとは?

コンパニオンプランツ:arrow_right:単独で植えるよりも害虫予防に効果のある植物の組み合わせです。 (上記写真) ●なすの害虫対処として、相性の良い「バジル」を植えています。 これを応用し、観葉植物を守る事が出来ないか?考えてみました。 ●観葉植物:小型の場合 室内観葉 ベランダや窓際に近い位置に「プランター植えマリーゴールド」を置いておくと マリーゴールドは「センチュウ」に対する殺菌効果を発揮し「コナジラミ・アブラ虫」 からも守ってくれます。

見直されるファイトレメディエーション

植物が気孔や根から水分や養分を吸収する能力を利用して、土壌や地下水、大気の汚染物質を吸収、分解する技術の事です。 一般的な汚染土壌の浄化方法として多く用いられているのは、汚染された土壌を掘削・搬出して、有害物質を洗浄し、浄化された土をまた元の場所に戻すという物理化学的な方法だ。確実かつ速やかに浄化が可能だが、コストが極めて高い。  一方、今回開発されたマリーゴールドを用いた場合、掘削・搬出・洗浄・除去に比べて、10分の1から20分の1のコストで済むそうだ。しかし、植物の生長に依存するため、土壌が浄化するまでの期間は長く、生育環境によっては除去率に変動が生じる。  「有害物質を速やかに完全に除去するなら、コストが高くても掘削・搬出・洗浄・除去が一番いいでしょう。しかし、例えば環境基準値を少しだけ超えている土地があるのだが、環境基準をクリアしたい、あるいは環境基準は満たしているが、さらに汚染を処理したいという場合、土地所有者は高いコストをかけるより、安価なファイトレメディエーションという選択を考えることができるわけです。 http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/2009/2009-08/page07.html                           ~科学機構振興機能より~                     

観葉植物「虫除け対処法」~剪定~

~根腐れを起している観葉植物の対処法~ 風通しをよくするために「剪定」を行います。 通気性が悪いと菌が繁殖し「根腐れ」の原因にもなります。 夏にかけて「アブラ虫・カイガラ虫」などもつきやすいです。 また「観葉植物」としての魅力を損ないます。 「害虫予防対処」にはしっかり剪定をしてあげましょう。

まとめ

(今後の総合的有害生物管理=IPMでの取り組み) 1、複数の異なる防虫手段を組み合わせて用いる事。 2、害虫駆除対処には「天敵」の利用が必要な事。 3、害虫は「根絶」するのではなく、経済的被害が侵されない程度にする事。 「天敵」が自然に増殖し、その抑止力を発揮できるような環境をつくること 使う農薬も皆殺しタイプではなく、天敵に優しい「選択性農薬」が前提となっていく事 これらの「環境つくり」と「普及」を目指しています。エコロジーで「多剤耐性菌」 が、発生しないためにも私達自身これからの「自然のあり方」を考えていきたいです。

kerorin_7611
ライター

kerorin_7611


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking